日本の古代史 Part37

308縄文狼2018/01/09(火) 09:16:23.62ID:+qjl5bE2
わお〜わお〜わお〜
>>306の続き

まもなく弥生系縄文人と第2波渡来人との間で、対馬海流を通じた交易や協働が行われ、両者の混血を生み出した
いつしか埋葬様式も、縄文人由来の支石墓下にあった石棺墓が主流となっていた
こうして弥生前期には、東シナ海〜玄界灘〜響灘〜山陰沿岸〜周防灘〜瀬戸内を結ぶ広域の石棺墓文化圏(一部木棺墓)が、鯨面文身する海人族の弥生系縄文人と第2波渡来人との交流で形成された

しかし弥生前期後半になると、情勢が大きく変わる
朝鮮半島と強い結びつきのある第3波渡来人が、半島由来の青銅器を傘に、筑紫平野を中心とした九州北部で勢力を拡大した
彼らの生業は、これまでの漁労採集や小規模農業とは異なる大規模稲作であり、大陸や半島から得た耕作技術を駆使した
彼らの墓制は石棺墓とは異なる甕棺墓文化であり、これまでの巫女の統治とは異なる武力を背景とした男王が崇められた

続く
本当に小笑い

新着レスの表示
レスを投稿する