ストラヴィンスキーについて語りましょう

898名無しの笛の踊り2018/05/07(月) 17:41:55.09ID:GwnBg/gV
作曲・編曲という用語は商業音楽の分野では異常な使われ方をしている。
そこでは旋律を作ることが作曲、楽曲を作り上げるそれ以外の作業が編曲と呼ばれている。
本当は、そのどちらも作曲。しかも、作曲とはむしろ本来、既存の旋律や楽曲を元にして楽曲を仕上げることで、旋律を自作することは卑しいこととされた。

それまで価値の置かれなかったオリジナリティーを至高のものとして賞賛しはじめたのはロマン主義。そのロマン主義でさえ、既存の旋律や楽曲を引用することにケチなど付けなかった。

ここ数十年の商業音楽の異常な習慣を、音楽のすべてに通用すると思って文句を言っている人間は、自分はものを知らない、文化的でない人間ですと宣言しているに等しい。

新着レスの表示
レスを投稿する