【消印】ヤフオク使用済切手・古封筒【郵便史】 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
810名無しのコレクター (オイコラミネオ MMb6-d5E7)2018/03/12(月) 17:35:31.07ID:qQU/7Nr5M
>>756, 761, 770, 793, 794
非常通信に関しても貴重な情報があった。

賀田直治の「台湾中央山脈横断記」の後半は、同行した台湾日日新報記者、益子逞輔による旅行記。
そこにセラオカフニ非常通信所の事が1段落8行に渡って書かれている (p.103)。

訪問の前月、6月の通信量。
取扱い電報1,771通 (文字数で25万字余り) (もし普通料金だと1986円余りとあるから発信数だろう。)
郵便21,630通
内訳、内地宛9,238通、台湾島内の内地人宛11,220通、台湾島内の本島人宛1,060通 (内訳の合計で21,518通)
(「受取った郵便」と書かれてあるが、「内地行」なので、窓口で受け付けたという意味だろう。)

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています