【硬貨・紙幣】貨幣コレクション【古銭】その21 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
1名無しのコレクター2017/05/09(火) 08:47:05.88ID:c/7uqi4d
日本並びに外国の貨幣をコレクションする人たちが集うスレッドです。
頻出及び初心者向けFAQ
Q.古いお金をみつけました。これって幾らで売れますか?
A.状態によります。「おおよそ」でも、「大体」でも答えられません。
  現行貨幣なら額面の価値は最低限あります。
Q.珍しい番号の紙幣を見つけました。幾らで売れますか?
A.完全なゾロ目なら、額面より多少高い評価を受けます。
  あとは状態次第です。
  幾つか数字が揃っている or 珍しい番号程度なら、額面の価値しかありません。
Q.エラーコインを見つけました。幾らで売れますか?
A.エラーの状態や、コインの状態にもよります。売ってみなければ分かりません。
  「おおよそ」でも、「大体」でも答えられません。
Q.コインやお札は、どこで売れますか?
A.ヤフオク等のネットオークションか、コイン商で売って下さい。
  現行貨幣なら銀行で両替して下さい。
Q.ギザ十(十円青銅貨ギザ有)に金が含まれてるって本当ですか?
A.初年度の昭和26年のものに、微量なら金が含まれています。
  ただし、微量なので金としての価値は望めません。
Q.過去スレはどこですか?
A.http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/collect/1427987945/です。
Q.記念コインは、幾らで売れますか?
A.ごくごく一部(東京五輪千円・カラーコイン等)を除いて額面です。
纏まった量であれば、ヤフオクなら少しだけ+αが付くかも。
Q.ギザ10・フデ5(明朝体五円黄銅貨)が○万円で売れるって本当ですか?
A.それは「未使用」での話です。一般に流通している物の価値は、殆どが額面です。
特定年号(昭和32年5円・33年10円)を含むなら、数を揃えてヤフオクで売れば少しはプレミアが付くかも。
○○は幾らで売れますか?という質問は、こちらで検索をどうぞ。
・Yahoo!オークション 貨幣カテゴリ
http://list5.auctions.yahoo.co.jp/jp/20452-category.html
現行貨・記念貨の製造枚数、ミントセットの一覧はこちら。
・独立行政法人造幣局
http://www.mint.go.jp/

914名無しのコレクター2018/07/27(金) 23:13:30.86ID:S8wqiyrE
乞食wwwwwwww

915名無しのコレクター2018/07/28(土) 00:23:34.31ID:zXfOMMUu
Vコインで昭和38年 前期 Aa型(タイプ)が5000円で売られていましたが「日本貨幣カタログ2017」でも完全未使用で3000円、未使用で1000円なので若干高く購入しませんでした。中間の4000円だったら買っていたかもしれない。2000円が適度な価格だと思います。
そのほか、出展されている業者のうちで販売がされているブースですべての10円青銅貨 未使用 を見せてもらいましたが新手変わりは見つかりませんでした。
今回は10円青銅貨を持参してくれた業者が非常に少なかった気がします。CCFのバッジを持ち帰ってきてしまう。今までよりも早めに帰宅できました。
Nコインは去年、10円青銅貨を持参してくれましたが今年はないという返事でしたので残念に思っています。東京の催事には遠く参加は出来ないようなので期待していました。
RコインでPCGSスラブ入りコインの大体の製作時期についての疑問があり質問をしてきました。大体わかるということで香港経由のものと曖昧ですがアメリカに送付されるものとは異なるということです。PCGSスラブ入りコインの番号からわかります。
気になるものや価格のお安いもの、お買い得品を見て、書信館出版株式会社の「銀」2000円は結局、控えることにしました。立ち読みができました。すべての書物が並んでいました。「収集」誌は7月号と8月号が600円でした。

916名無しのコレクター2018/07/28(土) 09:07:06.88ID:2A3B3VHM
>>915
今日行ってみます!!

917名無しのコレクター2018/07/28(土) 12:24:48.76ID:zXfOMMUu
現在、コインの価格は史上最低と言われるほど安値になっている。これ以上下がるだろうか。第29回さくらコインショーに行った限りは最安値更新しているといってもいい。ただし、一部の貨幣のみで徐々に割安になっていく傾向が高い。
購入する側にとってはうれしいのだが売る側にとっては厳しい。所詮、趣味の貨幣なので定価が定まっているわけではない。貨幣の下取り、買取は驚くほどになっています。手放すときに考えたい。
昭和62年50円白銅貨のようにマスコミでこの年号だけはミントセット(収集家用)とプルーフセット(観賞用)しか製造されなかった稀少な貨幣というようにクイズ番組などで取り上げてくれれば再度、昭和62年のコインの価値の上昇も十分に期待できる。

918名無しのコレクター2018/07/29(日) 16:25:17.68ID:+xorIQcg
現行貨が上がるわけねーだろアホか

919名無しのコレクター2018/07/29(日) 21:12:16.28ID:9zayzX4C
先日、ヤフオクで昭和46年の10円青銅貨を落札しました。画像と明らかに違う。出品者が意図的に前期と後期の画像を加工して出品したものということが判明。
昭和46年の珍しい手変わりとして購入したのだが、見ると後期のBa型(タイプ)で多く見つかるものであった。明らかに画像を加工している。
隅棟(すみむね)のところが見たことがない形をしており、隅棟:跳び上がり、隅棟:楔形 のいずれも見られるものだと判断して自己責任で落札したものだ。
今までの経験からこのような珍しい貨幣は見たことがないので、もしかしたら海外ミントセットに組み込まれている10円青銅貨の未使用にはこの新しい手変わり品がまれに見られるのかもしれないと想像したりもした。
うまい話はそうあるものではない。皆さんも個人の出品されるオークションの画像には十分に注意をしていただきたい。私のように悪意の出品者と取引をしてしまうと大きな損失になります。
だまされた画像と到着した画像の両方のものを掲載したい。無断で公開すると、著作権法に抵触するかもしれない。
今回、700円の損失であったが手変わり品は値段が極めて安く収集できる分野である。次回以降はより良い状態の超稀少手変わり品と出会えるのを楽しみにしています。

920名無しのコレクター2018/07/29(日) 21:14:36.79ID:9zayzX4C
10円銅貨 昭和46年 未使用の光沢有り 極美〜準未使用
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r178858658

https://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/qanda?aID=r178858658
Q質問1 投稿者:carehonkan0080 くろいぬ/ 評価:-1 7月 8日 21時 33分
お忙しいところ恐縮ですが、画像が鮮明でないために購入をためらっていますので平等院鳳凰堂側の画像を明確なものを追加してもらえませんか。はっきり分かれば購入します。
A 回答 7月 8日 23時 14分
申し訳ございませんが、精密な写真は撮れません。この画像以上は困難ですのでご了承ください。

Q質問2 投稿者:rysyy913 くろいぬ/ 評価:46 7月 9日 20時 39分
信用しますのでxspcd163のアカウントが使えませんのでブラックボックスから解除してください。
A 回答 7月 10日 16時 52分
返品を前提のご入札はお受けできませんのでブラックリストへ登録させていただきました。元には戻せませんので悪しからずご了承ください。

https://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=artauc&author=carehonkan0080&aID=r178858658
落札者から 「 非常に悪い 出品者 」 と評価されました。
落札者からの コメント : 商品説明と全く違うので人を騙している故意の悪意の出品者です。

921名無しのコレクター2018/07/30(月) 01:25:29.02ID:iaFb+TFt
>>919
お手元に届いた物の画像も拝見したいと思いました。

922名無しのコレクター2018/07/30(月) 02:05:44.88ID:aWm+ZFof
鈴木和三郎氏は「左宝珠」と表現されておられます。実際の平等院鳳凰堂では6種類の部材から成っている。
私見ではまず楼閣の宝珠の下の四角い箇所は露盤(ろばん)だと思われる。
本当は露盤宝珠といって6つの部材からなっている。
上から宝珠(ほうじゅ)、宝茎(ほうけい)、返花(かえりばな)、宝n(ほうびょう)、伏鉢(ふせばち)、露盤(ろばん)です。貨幣にするに当たり省略されています。
露盤の切れ目には中央にあるもの、高いもの、低いものや彫の深さが浅いもの、深いものなど様々あるため細分類はしていない。
同じように、鳳凰の形状も首が変形したものや眼が有るものと無いものなどが見られ細分類をすると数が多すぎるために省略した。
「左基壇のへり」に関しては、実際の平等院鳳凰堂にはない線で「亀甲石積」であることから昭和大修理前の姿であることが分かり、その輪郭を太くデフォルメして表現されたのだと考えられる。
貨幣の種印を作る際に、貨幣としては不適当とみなされ省略されてあえて造られたものと推測される。
鈴木和三郎氏によると、「左石積」と表現されている。昭和25年(1950年)から昭和32年(1952年)にかけて行われた昭和の大修理前は、「切石積」(きりいしづみ)、もしくは「亀甲石積」(きっこういしづみ)としており現在は他の積み方になっている。
つまり基壇の種類が変更された。修理中に10円青銅貨が発行されました。つまり、10円青銅貨の図案は昭和の大修理以前の姿といえる。

923名無しのコレクター2018/07/30(月) 15:41:48.50ID:99iu7Jd2
奉祝 満光元年

924名無しのコレクター2018/07/30(月) 19:15:06.37ID:jC0Os7pq
64年500円は価値ある?

925名無しのコレクター2018/07/30(月) 19:46:33.87ID:99iu7Jd2
ない

926名無しのコレクター2018/07/30(月) 21:59:13.56ID:aWm+ZFof
手変わりとは刻印自体の変化であることが条件となる。それゆえ文字欠け変化、エラーは含まないのが一般的だ。
この難解な手変わりを現代の貨幣に当てはめてみて、誰でもコレクションを始めやすくなるようにして、分かりやすく興味を抱いてくださるように説明ができればコイン収集の文化の発展に貢献したといえるだろう。
そのためできるだけ手変わり分類を少なくして、「日本国」などの文字の太さや「国」の文字形状は省いた。
厳密にいえば、これも立派な手変わりだが500円の手変わりがキュリオマガジン誌に掲載された後も人気が出ないことから10円青銅貨の手変わりも同様なことが言えるだろう。
貨幣の評価のポイントは「状態の良さ」「稀少性」「人気のデザイン」が重視される。明治の加納夏雄氏のデザインは人気があり今年のTICCのタイトルにも取り上げられるほど非常に高くなる。
10円青銅貨で採用された「平等院鳳凰堂」のデザインがこれに当てはまるかが重要で今のところ、昭和61年後期のみで特に「人気のデザイン」とは言えないと思う。
収集家にとっては、唯一の助けで手軽に購入できる要因も兼ね備えているといえるだろう。

927名無しのコレクター2018/07/31(火) 21:51:27.05ID:1euBIpwY
>>924

925に騙されないでください。
現行貨幣なので500円の価値あります。

928hide2018/08/01(水) 02:53:00.59ID:lbfv0u7a
>>927
プレミア価値は0だから925は合ってる。

929名無しのコレクター2018/08/01(水) 04:36:14.21ID:tyl/2giy
「鬼瓦とその上にある鳥衾:連結」「階段切れ目:無」、「日本国」の文字形状の違い、鳳凰形状の違い、左の露盤の切れ目の高さの違いなども省略した。
平成14年に500円の手変わりがキュリオマガジン誌に掲載されたが一向に盛り上がりを見せることはなく、近代銀貨の100円銀貨だけは研究会のおかげでコインコレクションフェア‐で販売されるほどに成長した。
10円青銅貨の手変わりも500円の手変わりと同様に議論が盛んにされるとは思えない。
唯一、昭和61年後期のみ別扱いを受け未使用なら数万円の高いプレミアが付く。手変わりファンとしては大きなチャンスといえるだろう。
今後、10円青銅貨の手変わりの熱心な収集家によって研究されない限りは稀少性が高く、状態も良いものが比較的安価で入手できると考えるのがごく自然といえるだろう。
そして分類番号は頻繁に変更させることなく仮に新種の発見があり変更をしなければならない時には慎重に分類番号を変更することになるだろう。とりあえずしばらくはこの分類番号でいいと思う。

930名無しのコレクター2018/08/01(水) 08:53:57.23ID:C5hmPw3k
>>924 踏んだり蹴ったり

931名無しのコレクター2018/08/01(水) 09:06:59.21ID:tyl/2giy
近代銀貨の手替わりなど貨幣の勉強をしています。貨幣・紙幣の歴史を知ることが重要です。
過去の「収集」誌、50銭銀貨の手替わり、1円銀貨の手替わりなどの資料、図書館などから借りた関連書を読んでいる途中です。
平成5年 Cg型を記載してからしばらく時間が空いてしまい深くお詫び致します。
昭和56年 Bd型(タイプ) 「枕:上下無し」 は研究者により「日本貨幣カタログ1994」と「収集」2006年19ページに存在の報告はあるが現品未確認のものとしてあるが正式には確認できておらず、未見であり現在調査中。
仮に見つかれば珍品といえる。収集家のご協力を求める。

932名無しのコレクター2018/08/01(水) 16:20:20.96ID:SzKZ0VDg

933名無しのコレクター2018/08/01(水) 17:20:14.34ID:T3WCsdL4
>>932
ヤフオクでよく見かける偽物

934名無しのコレクター2018/08/01(水) 17:47:18.58ID:SzKZ0VDg
あ、やっぱり(笑)

935名無しのコレクター2018/08/01(水) 22:01:07.58ID:7daS/eJU
◆平成6年 Cg型(タイプ) 
Cg型のものであるため他の年号のCg型と同じ特徴を持つ。平等院鳳凰堂の図案は平成元年Cg型、2年、3年、4年、5年と同じで、同じ図案を流用していると推測します。
なお、プルーフにはCh型(タイプ)「左露盤切れ目:有」「階段切れ目:有」があるが通常貨には現在の時点では未見。プルーフに見られる特徴は通常貨にも見られることが期待できるために目下のところ調査中です。
なお、プルーフの分類方法についてはこの通常貨の分類方法が終了したのちに紹介します。

936名無しのコレクター2018/08/02(木) 01:08:23.09ID:q5DMuMtw
>>921
こいつ、一度入札を試みて断られてるのに、さらに捨て垢から入札して落札しては
結局出品者に難癖つけて悪い評価付けてるw

このスレに本文が転載されてる十円玉乞食のブログ
http://sironeko98.cocolog-nifty.com/blog/

こいつのヤフオクID
https://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=xspcd163

悪い評価13 www ブロック推奨

937名無しのコレクター2018/08/02(木) 01:33:14.31ID:PMPXfPgR
平成20年 Cm型(タイプ)
自動販売機は中断しています。周りに自動販売機を設置している場所が非常に少ないためと熱中症になりやすく控えています。きちんとマナーと法律は守っていますので安心してください。
昨日、熊谷で41.1度の観測史上最高を更新する猛烈な暑さを記録した。熱中症対策として水分は喉が渇かなくてもこまめに取ること、部屋ではできるだけ冷房を使うこと、医療機関に掛かったら費用も大変だし、死亡したら元も子もない。
意識がもうろうとした経験もあるので今年は要注意をしていました。
クーラーは夜もつけていました。電気代が心配です。
CCFに行くため、過去の『収集』を読み直して様子をよく思い出しておいた。書籍はほとんどが割安200円程度になっています。お買い得です。開場すぐの時刻に低額品コーナーに行くのに道順など考えておく。
店舗を見る順番、昼食の場所、カメラの使用なども下調べをしておく。
8月5日(日)に水戸京成百貨店9階イベントホールにてプロ棋士が来店するイベントがあり「水戸京成将棋まつり」10周年の記念として渡辺明棋王が来店されます。
本田小百合女流、山口恵梨子女流、山根ことみ女流、塚田恵梨花女流の女流棋士にも会えます。興味は十分にあるので頭に入れておきます。
当日、水戸黄門まつりがあります。時間は10:55から17時まで。入場無料です。色紙などの販売もあるので転売目的で買われる方もいると思います。

938名無しのコレクター2018/08/19(日) 22:58:08.59ID:acRd1Pr/
知恵袋で回答が得られなかったのでこちらでお願いします。貨幣商組合の鑑定書が偽物であった、または鑑定員が偽物を本物とも見誤って鑑定書を発行した、という事例はありますか?

939名無しのコレクター2018/08/19(日) 23:12:31.76ID:yrrkUkPU
「国の文字形状の違い」や「鳳凰の形状」、「鳳凰の眼」や「鳳凰の足の長さの違い」、「唐草模様の違い」などの近代銀貨の手替わり研究に分類される細分類は今回は省いた。
10円青銅貨の手変わりが収集家の間で議論され始め、細分類が必要になってからでも公開は遅くはないと思っている。もっとも私も細分類していません。一つの分類例を示したものにすぎない。
本来、各収集家がそれぞれの収集目的と趣向に合わせた独自の分類方法を持っていてもよいように思う。今後、この分類方法をたたき台として修正されより有用な分類方法ができればよいと願っている。

940名無しのコレクター2018/08/20(月) 00:34:11.61ID:PyLc6TtW
ツイッターの貨幣界隈最近荒れすぎだろ

941名無しのコレクター2018/08/20(月) 02:03:10.08ID:h8dfb2U9
★平成7年 前期 Cg型(タイプ) 平成元年Cg型、2年、3年、4年、5年、6年。
これも平成元年Cg型から続いている刻印で7年間にわたり製造された。普通に見つかります。
「鬼瓦とその上にある鳥衾:連結」、「左露盤切れ目:有」、「階段切れ目:無」。
なお、この型はプルーフには見つかっておらず調査中です。

942名無しのコレクター2018/08/20(月) 15:30:04.31ID:mSJXi7+M
>>940
なに、それ?なんかやってるの?

943名無しのコレクター2018/08/20(月) 15:46:28.76ID:h8dfb2U9
近年、ネットオークションに「手変わり品」が出品されるようになり浸透してきたが前期と後期のごくありふれた手変わり品に異常な高値がついていることが大いに疑問に思いながら眺めてきた。
確かに前期と後期の2枚一緒に出品されるならば少々割高でも納得がいくが自分で着眼点をつかんで分類すれば裸のコインホルダーの状態からでも十分見つけられる。
近代貨幣の手替わりも同様に割高であることが理由。
それもネットであれば1セットだけであり、選択は限定される。健全な貨幣収集とは言えないのではないだろうか。
ミントセットの中身も業者のブースから探して稀少価値のある貨幣の入っているものを選択してみたい。

944名無しのコレクター2018/08/24(金) 13:12:14.33ID:Un415kEv
きっしょ

945名無しのコレクター2018/08/24(金) 13:16:50.22ID:h4YH6Tzs
10円青銅貨 昭和61年(1986)後期 未使用品 PCGS MS64RD
https://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/qanda?aID=k305483524
Q質問2 投稿者:xspcd163 くろいぬ/ 評価:145 5月 11日 19時 35分
商品の返品は可能ですか。ブースの規定を読みました。もし、手変わり品が一般のものであった場合は返品できますか。
一度落札して、現品を自宅で拡大鏡で見て未分類の手変わりと確認できた場合のみ購入します。このような場合でも返品できますか。明らかに後期です。通常貨幣の場合、1種類ですが未見品のものがあり探しています。

A 回答 5月 12日 14時 05分
お問い合わせありがとうございます。 大変申し訳ございませんが、ご質問内容の理由でご返品は対応致しかねます。 よろしくお願い申し上げます。 (株)銀座コイン

946名無しのコレクター2018/08/24(金) 16:48:40.30ID:DIwyV8ck
10円玉の図柄(平等院鳳凰堂)が微妙に違えば、通貨としてはどうかな?

947名無しのコレクター2018/08/24(金) 22:48:14.37ID:h4YH6Tzs
こちらでも暑い日が連日のように続いてクーラーをつけて熱中症対策をしています。
金融機関より両替したほうが庶民からは白い目で見られる可能性はなくなります。
法律、モラル、マナーを順守していれば自販機を利用しても一向にかまいませんが知らない第三者がいるのが問題です。
この自販機問題は弁護士ドットコムに説明して解決しています。
今年になって昭和61年 Cf型(タイプ) 後期は一枚も見つけ出していません。
昨日の京成百貨店将棋まつりも熱中症対策のため自宅で休ませてもらっていました。本当はこのようなイベントに参加しなければいけないのですが体を休ませることも大切です。

948名無しのコレクター2018/08/29(水) 20:15:45.08ID:LrK2JfTz
すいません、
これ、何かの古銭とかではないでしょうか?
穴が大きくて丸いから、違うのかな…
ご存知の方がいらっしゃいましたら、何か教えて下さい。
https://i.imgur.com/yStqPRo.jpg
https://i.imgur.com/yQoQ4jW.jpg

949名無しのコレクター2018/08/29(水) 21:28:45.07ID:KPrgMHR1
鈴木和三郎研究者により「階段切れ目:有り」が新たに分類表に加わることになった。収集家向けの観賞用に仕上げられたプルーフ貨刻印にも同じタイプが存在する。
Ch型(タイプ)の刻印は平成8年、9年、10年の約4年間にわたり使用される。
存在率は前期の「階段切れ目:無し」と比べて大きな隔たりはなくプレミアム的には同等のものと考える。つまり、容易に見つけることができます。

950名無しのコレクター2018/08/29(水) 22:20:56.61ID:Zbqi/rDy
>>948
平座金では?

951名無しのコレクター2018/08/29(水) 22:43:39.04ID:KPrgMHR1
貨幣研究の権威鈴木和三郎氏が自著「日本の現行貨幣-収集の手引き-」ですでに論じられた。
これらに従えば、新たに分類表に追加され提唱された呼び名である「左宝珠」あるいは「左露盤」を支持するとしても、各人が自分に合った理解しやすい特徴表現や特徴のポイントを会得していただければと思う。
コイン収集は趣味道楽の一つであり高給取りのする遊びといえる。
たとえ10円青銅貨一本に絞って収集を始めたとしてもスラブケース入りのものは異常に高く、稀少価値の極めて高い完全未使用クラスのもの、昭和56年 Bd型 未見(見つかれば大珍品)、
昭和59年 Cb型などの珍品は一般市場では殆ど見つからないことがわかってきて収集をあきらめました。
ミントセットの中を見せてもらっても見つからなかった。
筆者としては手変わり収集分野としても、変化が多彩で注目すべきタイプも多く、大変面白くまだまだ多くの稀少品、珍品の新発見も期待できる収集分野なので、新手変わりの発見などにも挑戦しながら、存分に10円手変わりを楽しむことができるものと思う。
これらは10円手変わりが人気が出て、オークションなどで取引されるようになれば高い評価が付くと思われる。長い期間、収集を続ければ出会えるかもしれないが現状は困難だ。目覚めました。一度中断します。

952名無しのコレクター2018/08/30(木) 01:04:36.03ID:Z4MQA/Fc
ワッシャーやな
六角の跡もあるし

953名無しのコレクター2018/08/30(木) 01:21:40.26ID:Z4MQA/Fc
本物の貨幣コレクション?また始めたのか

954名無しのコレクター2018/08/30(木) 06:48:19.11ID:RYyos23i
神吉廣純氏は1993年ごろに10円青銅貨の手変わり(昭和61年前期、後期)を中心に分類表を発表され考察している。
この研究は鈴木和三郎氏によって踏襲され、さらに資料を集積したものとなった。これらが10円青銅貨の手変わりの実態考察の基本となる。
手変わりとは、刻印自体の変化(特徴の違い)を指す。
年号収集はこの基本型となる手変わり品を集めることで自然に達成され、かつ、標準的な特徴・変化をすべて収集できる。
今年のTICCは参加しませんでした。できなかったというほうが正確です。
お友達のBlog、Twitter、Facebookなどの写真を通して会場の様子は手に取るようによくわかりました。ありがとうございます。

955名無しのコレクター2018/09/02(日) 01:00:07.49ID:lqRsUq/A
>>953
前回の売れ残りでも叩き売るん?

956名無しのコレクター2018/09/02(日) 01:25:44.21ID:i6RSoM+f
今度は順番入れ替えるらしいしそのようだな
後々の購入人数少ない売れ残りを始まりにして在庫一掃狙いだろう

957名無しのコレクター2018/09/02(日) 02:17:50.49ID:nVamrpiD
撰銭を通して収集家は珍手変わりの発見をする。このほうが迅速に見つかるためだ。
撰銭とは日本戦国期から歴史がある。室町時代のころは悪銭という品質の悪い銭(経年劣化したもの、もともと品質の悪い私鋳銭)だけだった。
現代では金融機関からの両替や自動販売機からのつり銭などを通して撰銭をすることができる。
経験談で恐縮だが、私自身は毎日のように10円青銅貨を見ている。
ここで「見る」というのは、10円青銅貨の山を「眺める」という意味ではなく、一枚一枚手に取って、自分が未収の銭や稀少な銭、保存状態が良くてきれいな銭を抜き取ること(撰銭)をいう。
また、10円青銅貨の手変わりの収集についてはコレクターがまだ少ないと思われるが、現存する10円青銅貨は流通されているため量が市中金融機関から回収されていないため、掃いて捨てるほどあるだけに、これは残念なことである。
手変わり品を集めるものは、ほぼ完成された分類の後追いをしながら、稀少なものや新発見の銭を集めて楽しんでいる。
10円青銅貨の手変わり品の最初の分類は1993年に日本貨幣商協同組合から出版された『日本貨幣カタログ1994』特集(神吉廣純)によってほぼ完成された。
さらに、貨幣収集の専門誌の『収集』2006年、9月号、18頁にその後の分類方法も追加され発表された。
平成期に入ると、鈴木和三郎著、『日本の現行貨幣−収集の手引き−』 内外貨幣研究会、平成23年10月発行、が出版され、記載された手変わりの分類は、更に詳細になった。
10円青銅貨の手変わりを収集する者にとって、これらの3書は、いまだに欠かせない教科書的な存在である。
従って、関連資料の収集も心掛ける必要がある。
分類については、神吉氏と鈴木氏の分類に未知の貨幣を追加しただけになっている。
従って、本稿の記述には正確さを欠くと思うが、不勉強によるものであり、お許し願いたい。10円青銅貨の手変わりについて、少しでもご理解がいただければ幸いである。

958名無しのコレクター2018/09/02(日) 10:05:10.21ID:1Yux96L2
聖徳太子1万円札、聖徳太子五千円札の製造行程に違いがある。

1956-1960 戦前の機械で印刷
1961-1978 ドイツから輸入した機材で印刷
1979-1984 日本製新型機械導入で印刷

959名無しのコレクター2018/09/02(日) 13:07:53.54ID:dnnRMloT
手変わりの解説には必要で今の1円銀貨の分類方法が詳細に記載されている。
2003年に初版が発行されて以来1円銀貨の解説書がないため、現在の分類方法がわからず不便ということと近代銀貨研究会に入会した人だけ新しい正確な分類ができるというのは腑に落ちない。それこそ、コイン収集家を減らす要因になっているのではないかと考えたい。
コイン収集は個人の収入に合わせて無理のない程度で楽しめ他人に迷惑の掛からない趣味の一つだと考えている。
現在の手替わりがされた新しい分類方法がわからないのでは面白みが半減するし、分類方法を知るための情報収集する時間も余分に費やされることになる。
「日本の近代銀貨 第2部 50銭銀貨」で亀谷雅嗣氏も同様なことを述べられており、近代銀貨研究会に入会された方しか入手できないとすれば日本の収集文化の発展に寄与できる環境にあるとはいえないであろう。
加えて、暇があり資金も満足にあるという富裕層は非常に少ないと思う。
近代銀貨研究会より会誌「銀(しろがね)第3報」2018年4月23日発行がTICCの会場で販売されたのだろうか。今までは会員しか手にすることのできなかった非売品のものである。次回のCCFでは是非とも欲しいものである。
最も来年、1円銀貨の改訂版が出版される予定があるのなら購入は急がないつもりだ。まだ、読み終えていない「収集」誌が山ほどあるためであり、暗記するほど熟読する必要があるからだ。
いわゆる泉書は面白い。昭和27年銘10円青銅貨は前期のめんどり(鳩型鳳凰)、後期のおんどり(鶏型鳳凰)の手変わり2種から成る分類がすでに確立しており、近代貨幣手変わり研究会会長の枝重夫氏により「ボナンザ」誌上に発表されている。
また、昭和61年銘「前期」と「後期」においては「日本貨幣カタログ」上でもすでに分類記載がされている。「後期」は人気のある稀少手変わり品となっている。

960名無しのコレクター2018/09/12(水) 00:44:48.27ID:bKU00k62
これって、あれか
https://goo.gl/W7t7jw

961名無しのコレクター2018/09/12(水) 04:55:13.82ID:asCtAPLi
ここでは最新の「10円青銅貨に関する手変わり」情報として、「日本貨幣カタログ1993 特集」の分類を基本に、近年新たに確認された新手変わりなどを可能な限り漏れなく加え、初級〜上級者向けの主要分類(基本大分類、小分類)を分けて分類表を纏め直した。
本来であれば、中級〜上級者向けに細分類をするのが普通であるが現行貨幣の手変わりは日本近代銀貨研究会の100円銀貨(鳳凰、稲、第1次東京オリンピック)しか本格的に分類・研究されておらず
コイン業者さんでも手変わり表示されていないものがほとんどであるため、10円青銅貨の手変わりの細分類に関しては割愛した。
将来、10円青銅貨の手変わりが盛んに研究され、細分類されたときに改訂・改良したいと考えている。多くの収集家が分類方法に関する意見を出していただきなるべく意見を取り入れていきたいと考えている。
基本的な分類に関する考え方や分類番号、語句の使用法については、神吉廣純氏が執筆された「収集」2006年9月号、19頁に、可能な限り準拠するように努めた。
但し、神吉氏の研究成果は最近のものは含んでおらず、鈴木和三郎氏が分類を引き継いでいる。また、鈴木氏の「近現代・日本のお金」のWebページも参考にさせていただいた。
しかし、筆者が未見のものも含まれているため割愛させていただいた個所もある。
例を挙げると、@昭和54年左隅楼軒先:細い2本線、左裳階:枕無し、A平成10年左露盤:切れ目有、階段切目(片側):左無し、右有りB平成10年左露盤:切れ目有り、階段切れ目(片側):左有り、右無し の3種は調査中であり、見つかれば大発見と考えている。
やはり、神吉氏の分類表が「日本貨幣カタログ」に掲載されたことが大きく、信用度も高いと考える。昭和56年 Bd型(タイプ) 枕:上下無し は信頼できる報告者のものであるか不明だが存在すると信じて調査を続けたい。

962名無しのコレクター2018/09/20(木) 14:23:40.46ID:PpTuSksT
ミュシャの白銅貨ポチった
美しい…

963名無しのコレクター2018/09/20(木) 19:38:20.13ID:qXdmKRZv
街の風景のジオラマ作るときにコインをマンホールに使うとデザインが良さげ

964名無しのコレクター2018/09/20(木) 19:57:22.83ID:WOf0D5Q8
昭和27年銘10円青銅貨は前期のめんどり(鳩型鳳凰)、後期のおんどり(鶏型鳳凰)の手変わり2種から成る分類がすでに確立しており、近代貨幣手変わり研究会会長の枝重夫氏により「ボナンザ」誌上に発表されている。
また、昭和61年銘「前期」と「後期」においては「日本貨幣カタログ」上でもすでに分類記載がされている。「後期」は人気のある稀少手変わり品となっている。
ここでは最新の「10円青銅貨に関する手変わり」情報として、「日本貨幣カタログ1993 特集」の分類を基本に、近年新たに確認された新手変わりなどを可能な限り漏れなく加え、初級〜上級者向けの主要分類(基本大分類、小分類)を分けて分類表を纏め直した。
本来であれば、中級〜上級者向けに細分類をするのが普通であるが現行貨幣の手変わりは日本近代銀貨研究会の100円銀貨(鳳凰、稲、第1次東京オリンピック)しか本格的に分類・研究されておらず
コイン業者さんでも手変わり表示されていないものがほとんどであるため、10円青銅貨の手変わりの細分類に関しては割愛した。
将来、10円青銅貨の手変わりが盛んに研究され、細分類されたときに改訂・改良したいと考えている。多くの収集家が分類方法に関する意見を出していただきなるべく意見を取り入れていきたいと考えている。
基本的な分類に関する考え方や分類番号、語句の使用法については、神吉廣純氏が執筆された「収集」2006年9月号、19頁に、可能な限り準拠するように努めた。
但し、神吉氏の研究成果は最近のものは含んでおらず、鈴木和三郎氏が分類を引き継いでいる。また、鈴木氏の「近現代・日本のお金」のWebページも参考にさせていただいた。
しかし、筆者が未見のものも含まれているため割愛させていただいた個所もある。
例を挙げると、@昭和54年左隅楼軒先:細い2本線、左裳階:枕無し、A平成10年左露盤:切れ目有、階段切目(片側):左無し、右有りB平成10年左露盤:切れ目有り、階段切れ目(片側):左有り、右無し 
の3種は調査中であり、見つかれば大発見と考えている。
やはり、神吉氏の分類表が「日本貨幣カタログ」に掲載されたことが大きく、信用度も高いと考える。昭和56年 Bd型(タイプ) 枕:上下無し は信頼できる報告者のものであるか不明だが存在すると信じて調査を続けたい。

新着レスの表示
レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
レスを投稿する