マルクス経済学 第4章

333名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/11(水) 22:08:07.83ID:KKLYkv2+
労働価値説というのは、人々が雇用労働を通じて購買力を得ている資本主義社会に特有な価値形成システムを理論的に指している。
資本主義が崩壊すれば労働価値説も終わる。マルクスはそう予言していた。そのときこそが共産革命の契機だと。

新着レスの表示
レスを投稿する