洋書・読み終えた本の感想スレ・【別室】2部屋目 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 7f67-gUMS)2017/04/14(金) 14:28:53.39ID:YDnJBf6x0
このスレは
「洋書・読み終えた本の感想を書きまくれ」
というスレから派生したスレです。
それで【別室】とことわっています。

元のスレが雑談を歓迎しないスタンスで、「感想は長すぎず、短すぎず」
などの縛りもあるので、もっと自由な書き込みがしたくて、こちらを
起ててみました。

(ただし、現在、元のスレはほぼ休止状態のようです。
もう次回から派生スレとか【別室】とことわる必要はないかもしれません)

書き込む内容は、洋書、読み終えた本についての気ままな感想、雑談、
文学論、原文の引用・解釈・訳、出版情報、翻訳・翻訳者の評価、等々、
なんでもアリ。

前スレ
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/english/1462370044/

692◆bKaGbR8Ka. (ワッチョイ 0b45-O3bg)2018/01/06(土) 01:45:00.34ID:UKV7dRZZ0
というわけで、ワイルドの童話集が届きました。
イギリスの古本屋の便所の脇で四十年間眠って
いたのだろうか?とてつもなく臭い!とほほ。

また読めない本を買ってしまった…。

693名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ eb81-pP+2)2018/01/06(土) 07:58:24.16ID:y1Scf5FO0
>>683
But my shelves have CDs that have never been played
★特定されているからthe CDs★

>>681 の方が実力がはるかに上なのに、その英文を >>683 という、やっと
大学受験をパスした程度の低レベルの奴が批判しているところが笑えるな。

何が「得意呈されているから the CDs」だよ?高校や予備校の教師が教壇で
言ってることを鵜呑みにして、自分で英文を読み続けて確かめたこともないから
どういうデタラメをいつまでも信じるんだ。

今から Corpus of Contemporary American English (COCA) という無料コーパス
から引き出した用例を挙げる。すべて、関係代名詞 that 以下の関係節によって
特定されてはいるが、books, CDs などには定冠詞がついていない。

(1) Because of decisions made for purposes other than conducting this study,
we ★have books that have★ retained publisher-generated information, and others
that are presented to patrons with plain covers.

上記の文章の著者: Knowlton, Steven A.; Hackert, Lauren N.;
Source: academic paper, Library Resources & Technical Services

(2) The idea is to ★have CDs that★ mature at intervals of six months to a year
one after another but that earn the higher rates available for longer-term
investments.

Source: Washington Post, 1999

(続く)

694名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ eb81-pP+2)2018/01/06(土) 07:58:49.82ID:y1Scf5FO0
>>683 への返答の続き

(3) What we need ★are books that hit★ us like a most painful misfortune,
like the death of someone we loved more than we love ourselves, that
make us feel as though we had been banished to the woods, far from any
human presence, like a suicide.

Source: Nebula Awards Bookcase 2016, by Mercedes Lackey

こういう例は、探せば腐るほどある。もちろん、こんなことはいちいち検索しなくても、
普段からたくさん英文を読んでいる >>681 のような奴にとっては常識だ。
>>683 みたいな超初心者は、今後二度とでかいツラして >>681 などの
洋書読みの連中をたたくなどという暴虐なことをしでかさないよう、ここに警告する。

695名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ eb81-pP+2)2018/01/06(土) 08:00:49.26ID:y1Scf5FO0
>>693 でのタイポ
何が「★特定★ されているから the CDs」だよ?

696名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 08:42:33.53ID:zOA3+CjC0
こいつは本当に馬鹿で貧乏人だろう。

貧乏人の思考法3

ユーチューバーで有名なatsuは独学とオンライン英会話だけで、ほぼ完璧な英語力を
身に着けたからネイティブに習わなくても英語は完璧にマスターできる。

→仮に本当だとして他に誰がいるのか?すぐに複数でてこないのは例外だから。
ものごとにはかならず例外がある。これを一般化するのが貧乏人の特徴。
たとえば、ジョージファアマンは刑務所出身でもボクシングの世界チャンピンになり、世間の尊敬を
集めている。
だから刑務所に入っても問題ない。
おろかとしかいいようがない。

theが付いてる方が圧倒的に多い。
例外を一般化するのがアホの特徴。

二度と書き込むなよ!!
いいな!!

697名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 08:48:21.49ID:zOA3+CjC0
ますますこのスレが貧乏臭くなったな。
このスレには貧乏人をひきつける何かがある。

698名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 2bbd-v93c)2018/01/06(土) 09:26:41.73ID:lGHiqTM40
自分語りかな?

699名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 09:33:13.26ID:zOA3+CjC0
COCAには(shelves have 物)という使い方は一つも載っていない。
COCAを引き合いに出すなら、この文章がunnaturalという証明になる。
本当に馬鹿な奴だ。

700名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 09:35:05.61ID:zOA3+CjC0
shelf+hold or contain が原則だからだ。

701名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 09:56:20.14ID:zOA3+CjC0
”compulsion is buying”これもUKじゃ用例ゼロ
Google booksでも用例はこいつだけ
この文章はデタラメ。

702名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 10:00:57.52ID:zOA3+CjC0
最初に書いた通り結論は

>わざと崩してるわけだが、これをnon-nativeが読むと百害あって一利なしだ。
>nativeはおもしろいんだろうけど。

分かったかアホ

703名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 10:31:39.93ID:zOA3+CjC0
つうかこのじじいも俺と同じで作家の書いた文章じゃなくて、「翻訳本見比べ野郎」の
書いた文章だと誤解してるんだな。
そうだろ。一読すればひどいのが分かる。


>>681 の方が実力がはるかに上なのに、その英文を >>683 という、やっと
>大学受験をパスした程度の低レベルの奴が批判しているところが笑えるな。

704名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 10:33:56.05ID:zOA3+CjC0
この「COCAじじい」みたいな馬鹿も珍しい。

705名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 9f1e-/HwQ)2018/01/06(土) 12:56:38.17ID:NN2u9ayY0
作家にもよるが、日本語の小説で使われてる文章で、素人が普通の会話、手紙文や
報告文などで使ったら、意味は通じるが可笑しく思える文章はいくらでもあるからな。

三島や大江や春樹の小説の文章だって、そういうのがゴロゴロある。場合によっては
「そんな表現は一般には使われない」というのもあるし。
いい例が出てこないが、小説ではないが古いやつで、糸井重里の「おいしい生活」とか、
ハーフタレントが最初に使って広まった「・・・・・っぽい」も今は市民権を得てる。
(タレントのタメ口は対極の意味で安易に真似できないが新しい表現という意味では似てる)

英語だってそうだろう、作家の文章はそもそも個性的、時には斬新で前例がないものもあり、
読者はそれに気づいて感心したり楽しむもんじゃないのか。
 

706名無しさん@英語勉強中 (スッップ Sdbf-kkqX)2018/01/06(土) 13:02:02.94ID:qwbvxMwgd
ドヤる暇あったらその長文レスを英語にしてみろよカス

707名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW ebf5-Fn7p)2018/01/06(土) 13:02:33.55ID:skpJTo/w0
>>676
洋書に限らず、日本語の本でも再読する本ってなかなかないから、激安本や古本でいいじゃない

708名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイWW 2bbd-EQVH)2018/01/06(土) 14:22:04.69ID:CxWtjErF0
なんか気違いが住み着いて
糞スレになっちゃったな

709名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 18:40:44.33ID:zOA3+CjC0
朝鮮人の口癖はキチガイ
思考法も朝鮮人そのものだな

710名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 2bbd-v93c)2018/01/06(土) 19:26:57.07ID:PO7s44sZ0
ネトウヨはどこにでも湧いてくるな

711名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/06(土) 19:46:24.97ID:zOA3+CjC0
とっくに朝鮮てばれてるよ

712名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-jocT)2018/01/07(日) 08:58:10.02ID:2zBsOlhJ0
Fire and Fury: Inside the Trump White House
https://www.amazon.com/Fire-Fury-Inside-Trump-White-ebook/dp/B077F4WZZY/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=
これは面白そうだ。
try a sampleするよ。
こういう翻訳のないを読め。

713名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 2bbd-v93c)2018/01/07(日) 09:56:07.15ID:8uhRvYsO0
話題だね
イヴァンカが大統領選に出る計画とか

>712
一番面白い所は、各種アメリカメディアで紹介済みでつべにもいろいろ上がってるよ
作者のインタビューとか面白いので探してみたらいいかも

715名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 2bbd-8avC)2018/01/07(日) 19:50:53.48ID:2zBsOlhJ0
https://www.amazon.com/Fire-Fury-Inside-Trump-White-ebook/product-reviews/B077F4WZZY/ref=cm_cr_dp_d_hist_5?ie=UTF8&filterByStar=five_star&reviewerType=all_reviews#reviews-filter-bar

これ読め

716名無しさん@英語勉強中 (AUW 0Hbf-Q68w)2018/01/09(火) 04:03:11.16ID:dPUf1tIfH
To dig ever more. Read “ Fast and Furious” .
Having said that though, I have zero interest in these books. I am pennywise the dancing medicine man.

717◆bKaGbR8Ka. (ワッチョイ 0b45-O3bg)2018/01/09(火) 13:27:18.91ID:Knve1mfg0
ワイルドの童話で十分だよ。彼の文体には、
ヘミングウェイの平易さとカポーティの
抒情がある。

性は失敗したぜ。

718名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 2bbd-v93c)2018/01/09(火) 13:33:40.03ID:GLNgqUbs0
ワイルドの童話はいい文体だけど
テーマにバリエがないんだよな
若干しりつぼみも多い

トールキンは何気に文体家で
版もいろいろあるからおすすめ

719◆bKaGbR8Ka. (ワッチョイ 0b45-O3bg)2018/01/09(火) 17:16:58.65ID:Knve1mfg0
>テーマにバリエがないんだよな
>若干しりつぼみも多い

正直言って、哀しいところが欠点…。


今日は、歯医者に行ってきました。今日はバイトは休み。
とりあえず、ティファニーの単語調べをもう少しやろう。

720名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ eb31-hvih)2018/01/09(火) 21:21:19.77ID:vaFAlfJw0
I used to read a book to the end before beginning another but, increasingly, I start new books
without finishing the old ones ― so I have more and more books with strips of marker sticking
out of them.(lol.)

Now, I am reading four books as follows.

・The Scarecrow (by Michael Connelly)(almost finished.)
・The Empress File (by John Sandford)
・Great Speeches 20th Century (edited by Bob Blaisdell)
・THE DECISION TO USE THE ATOMIC BOMB(by Gar Alperovitz) (almost finished.)

721名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイWW 4bbe-EQVH)2018/01/09(火) 21:47:05.86ID:/cMLAjrB0
基地外同士仲良くやってください

722◆bKaGbR8Ka. (ワッチョイ 0b45-O3bg)2018/01/09(火) 21:49:02.45ID:Knve1mfg0
>>720
ほうほう。


一曲訳しましたので、どなたか洋楽スレを上げて
下さいませ。

723名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイWW 4bbe-EQVH)2018/01/09(火) 22:21:08.58ID:/cMLAjrB0
100回朗読しなきゃならないというのに
よく洋楽のオナニー邦訳する暇があるな

724名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイWW 4bbe-EQVH)2018/01/09(火) 22:23:01.10ID:/cMLAjrB0
✕オナニー邦訳
○オナニー超訳

725名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ eb31-hvih)2018/01/10(水) 21:06:16.59ID:R9YdA7kA0
「Great Speeches of the 20th Century」なんてのは、自分が偉人になったつもりで聴衆に訴え
るように格調高く音読すれば、気持ちよいかも知れない。しかし、音読したら英語嫌いの家人
から、「あんた、うるさい!うるさい〜!聞きたくない〜!」って怒られることは必至であろう。
1人カラオケでマイク片手にやったら、これも顰蹙を買ってしまうだろう。

結局、音読は「つぶやきシロー」になるしかないのだな。

ところで、>>621 性さんに尋ねるのだが、初歩的でまことに恥ずかしいが、「John」は「ジョン」
と音読するのか、それとも「ヨハネ」なのか、どっちがいいのですかな?

726名無しさん@英語勉強中 (AUW 0H3a-okCY)2018/01/11(木) 05:50:43.42ID:PZMC8zMeH
Good leaders are good readers. They read tons of books as written below. :O
https://qz.com/668514/if-you-want-to-be-like-warren-buffett-and-bill-gates-adopt-their-voracious-reading-habits/

727名無しさん@英語勉強中 (AUW 0H3a-okCY)2018/01/11(木) 05:54:40.84ID:PZMC8zMeH
Though. Seems like many are strictly non-fictions.

728名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ b5bd-jusK)2018/01/11(木) 10:07:17.30ID:iLjPbGo30
The New York Review of Books
http://www.nybooks.com/

I highly recommend that you visit the above website
so that you won't waste your precious time reading useless reviews here.

729名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ e531-J8Na)2018/01/15(月) 20:50:40.16ID:bzJw6Psy0
The Empress File (by John Sandford) 1991年(1.8〜1.13)

英文は大衆的で、英語学習者としては英文を読み解くスリル・刺激はなかった。おまけに、プロ
ットが雑だ。ネイティブならば、一日で読んじゃうだろうな。

ミシシッピー州の小さな町で、黒人少年が白人警官に射殺されるというプロローグから始まる。
ひったくり犯と誤認されたためだが、白人警官を襲ったからと処理され隠蔽される。もしかし
て、黒人差別告白の社会派サスペンス?・・と思いきや、そうではない。

白人に牛耳られ汚職と不正にまみれた市政運営が元凶だと、市長はじめ、白人議員の悪を暴
き、市政の運営権を多数派の黒人へと奪取しよう・・その助っ人として「Kidd and LuEllen」の登
場だって感じでストーリーが展開しでゆくが、市政奪還プランの現実性(市長や議員の更迭に
よる・・)、オカルトにはまる市長、捕獲した野犬等を面白半分に射撃の的にする市幹部、市長
や議員宅、市役所等どこでも簡単に家宅侵入する万能感、乱闘の跡や疑問点が明白なのに
自殺として処理する警察の鑑識能力と、いちいち細かい矛盾点を感じてしまった。まあ、ディテ
ールは突っ込まず、我らが「Kidd and LuEllen」の痛快な活躍を楽しもう!って感じなのかな。

アマゾン・レビューは大量だから相当売れたんだろう。そして、大半が5★・4★の高評価なんだ
よな。この程度のストーリーで不思議だ。稀に1★・2★が散見できるが、こっちが正解だろう。

730名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/18(木) 21:10:23.02ID:TycSnkqQ0
The Decision To Use the Atomic Bomb(邦題『原爆投下決断の内幕』)(by Gar Alperovitz)
1995年・819頁(2017.〜 2018.1.16)

最近のアメリカでの調査によると、原爆投下を支持する割合であるが、性別では(男72%、
女51%)、年齢別では(55歳以上は73%、18〜34歳は50%)、人種別では(白人66%、ヒスパ
ニック44%、黒人34%)が正しかったと回答している。性別、年代、人種による差が興味深い。
戦後73年経過しても、「男・高齢者・白人」の多数は、原爆投下は正しかったと思っているわ
けだ。1945年当時は、100%のアメリカ国民が原爆投下を支持したといっても過言ではない。

中共・朝鮮のような独裁国家では、思想統制によって歴史的真実は、独裁者に都合のよいよ
うに改変されてしまう。「1984」の世界そのものだ。民主国家では、一定の年月が経過によっ
て情報開示が行われ、歴史の真実が次第に明らかになる。少なくとも、歴史を研究する上で
の第一次資料が保存され、公開されてゆくことで、歴史家始め国民が検証できることは非常に
意義のあることだ。(次へ続く)

731名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/18(木) 21:17:01.12ID:TycSnkqQ0
(続き)
アルベロヴィッツは、戦後50年後の情報保護法による開示によって明らかにされた会議資料、
公式文書等に加え、戦後出版された当事者の回想録、日記等を引用しながら、「原爆投下の決
断の内幕」に鋭く迫っている。本書によって最終的に真相が解明できたかというと、そうではない。

トルーマン大統領とバーンス国務長官との間の私的議論等は闇の中であり、決断の内幕は永
遠に知ることはできないだろうと著者は断言して筆を置いている。「原爆投下は、日本本土上
陸作戦で予想される連合軍将兵100万人の生命及びそれ以上の日本国民の生命の損失を
防ぎ、戦争を早期に終結させるため必要だった。」との米国政府の公式見解を、当時の資料を
元に検証を試みている本書は、必読の価値があるであろう。

付言するが、自分は翻訳本は持っていない。長期にかけて読んでいたから、読み始めた日は
覚えていない。終戦に向けた日本側の動きと併せて読むと、非常に考えさせるものがあった。

732名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 25bd-KOA5)2018/01/18(木) 22:16:04.10ID:xNIZJAjL0
原爆投下した側は当然は正当化するし、戦勝国の見解が正しいとされるだろう。
結論は最初から決まっていて理由は後付けだ。
敗戦とは悲惨なものだ。

733◆bKaGbR8Ka. (ワッチョイ 7545-UszA)2018/01/18(木) 22:57:55.61ID:AEOnQJzJ0
>>723
今週は翻訳は休みます。

>>725
英語読みでは必ずジョンになります。


性は、『黒い雨』を少しずつ日本語で読んでいます。
この小説は英訳されていますが、ひどい英訳らしい。
アメリカはひどい英訳者をわざと起用したと思われる
のです。

734名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/19(金) 20:56:36.47ID:BcknYR8h0
>>733
偶然なのか自分も「黒い雨」を昨年から読んでいる。遅々として進まず、69頁にしおりがはさんで
ある。面白いという内容じゃないからね。自分の場合は、原作よりも先に、「日本映画チャンネル」
で「黒い雨」ノーカット版を見てしまったな。北村栄一(閑間重松)、田中好子(矢須子)が抑えた演
技の好演をしていて心を打たれた。

カラー映像の特別編は、死期の迫った2人がとぼとぼと助け合いながら四国88箇所の歩き遍
路を続けて行くシーンだったな。涙が出たね。

井伏鱒二は太宰治との親交があって、太宰は井伏鱒二を嫉妬していたとか猪瀬直樹の「ピカリ
スク」に書いてあったから、その代表作「黒い雨」を読まなくてはと長年思っていた。こういう小
説は海外に翻訳されて広く読んでもらいたいね。

735名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/19(金) 21:00:01.13ID:BcknYR8h0
(続き)
自分は、独学だし、まだ洋書130冊しか読んでいないから、日本語を英語に翻訳できる能力は
ない。300冊くらい読んだら、多少は翻訳できるかなとも思う。最終的には、「光文社」あたりの
戦記物を翻訳したいと思っている。これは、自分のドリームだね。

今は遊びがてら、翻訳めいたものにトライしているが、「黒い雨」もちょっとやってみた。「黒い雨」
は戦記ではないけどね。まあ、文法や単語の選択の間違いや翻訳の正確性に難があるのは
承知だけど、頭の体操と自己満足みたいなものかな。性さんは洋楽だけど、自分は最終的には
「戦記物」を目指そうと、その過程でちょっとやってるんだ。

736名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/19(金) 21:04:43.85ID:BcknYR8h0
The Black Rain(「黒い雨」井伏鱒二)

Shizuma Shigematu, who lived in Kobatake village of Hiroshima Prefecture, felt these days
something like guilty to his niece, Yasuko. He had a premonition that this feeling will last not
only now but also for long times from now.  It was like heavy layers of the feeling guilty were
piling up on top of another in his heart every days.

(この数年来、小畠村の閑間重松は姪の矢須子のことで心に負担を感じてきた。数年来でなく
て、今後とも云い知れぬ負担を感じなければならないような気持であった。二重にも三重にも
負目を引きうけているようなものである。)

For him, what caused of this feeling was very clear and simple. It was prevailed villager’s
baseless and irresponsive rumors about his niece Yasuko, for that make Yasuko’s match-making
always failed.
Rumors said, at the near end of the Pacific War, Yasuko was a student of Hiroshima second
junior high school, and, they said, served as a voluntary girls units for war effort, worked at
cooking section, somewhere in Hiroshima city.

737名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/19(金) 21:08:44.90ID:BcknYR8h0
(続き)
So they rumored, Yasuko was contaminated by radioactivity, and she was a atomic disease
patient. Mr. and Mrs. Shizuma kept that fact secret, and tried to arrange her marriage many
times. They rumored,and the person who came to village to check up her record, once knew
the rumor immediately went away. Thus she could not marry.

August 6,1945, when the first atomic bomb fell on Hiroshima, student of Hiroshima junior high
school, organized the patriotic labor unit, received morning lecture from instructor, on the
bridge which was somewhere of the center of Hiroshima city. At that instant, their whole
bodies were burned up terribly. The head teacher ordered let sing in chorus of “(if we are)
Going on the sea”, Japanese navies ritual song, play with pianissimo. Singing “willing to die,
on the sea, on the land, for the emperor”. When the song was over, head teacher dismissed,
then took the lead to jump off the bridge into the liver at high tide. All students followed him.
Only one student barely survived. From him, they knew what was happening that day. He
also died after.

738名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/19(金) 21:12:28.70ID:BcknYR8h0
(続き)
There was a person who voluntary served National Labor unit from Kobatake village at that
times, came back after War, with the news what happened at Hiroshima as Atomic bomb
felled in, soon spread all over the villagers. Yasuko’s rumor in it. However, Yasuko had never
served voluntary unit, nor attended Second Junior high, so it is completely unconnected.

Even if it is true, cooking section could not had worked with that labor unit on bridge site.
In fact, Yasuko had worked Huruichi factory of Japan Textile Inc. at that time. She was
appointed in charge of transmission and reception to Fuji factory chief. Japan Textile Inc.
and Hiroshima junior high school were unrelated.

At fast, Shigematu wanted to know who was the origin spreading such rumor first. At that
time, Mr and Mrs. Shigematu were in Hiroshima. Yasuko was also in there. Other person
were Voluntary Labor Corps young men, and Serving Unit .
Voluntary Labor Corps was the organization aimed to demolition of Japanese wooden houses
in Hiroshima, conscripted young men of various districts of rural places. Japanese houses
made of wood and paper, so concentrated, so vulnerable to fire that needed to create wide
fire breaks to preventing spread fire. Air raid of incendiary napalms bomb from the U.S. Air
forces impending. To prepare massive fire, they take forced evacuations. After people moved
to suburban area, left houses were need to destroy. But Japan had no bulldozer, needed
manpower but all young men conscripted to the final war stage , so, called voluntary labor
corps.

739名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/19(金) 21:21:23.11ID:BcknYR8h0
(続き)
To this purpose, Voluntary labor corps organized, formed each districts members. Kobatake
village’s member joined other district member, belonged to Kobu unit, combined from Jinsekis
and kumu. Their mission was houses distraction, sawed all house pillar 80% deep, and roped
main pillar, pull dawn to collapsed by 20 or30 men even more men, one storied house were
little hard, gradually collapsed with the sound “Gasa Gasa”, the tow storied house were very
easy collapsed at one stroke, could not approached 5 or 6 minutes more. However these
voluntary labor corps just began to work their mission, 2 days they arrived the atomic bomb
fall in. They were exposed to radiation. expect for instant death.

When voluntary rescue team was going to start, village mayor gave then send off speech,
vice village mayor as aid him. “ I am very sorry to have put you to so much hard works given
you such busy time of war. You already know that injured people get severe blister from
atomic heat ray. I should noticed you please take care them gentry don’t put more pain to
those injured, brought them to their homes. The enemy used so-called new weapon Hiroshima’s
sky,killed several hundred innocent citizens, exposed shrieking agony, hell. According voluntary
corps men, they heard the voices and crying, from the bottom of the ground”, save me, help me”,
like ground swelling. Hiroshima’s next city,Hukuyama also completely destroyed,old castle
tower lost, entire city was turned to no man’s land, only burning.,What was War! How quell
war! My heart almost exploded. Anyway, War still continued, it is the fact.

740名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 4531-VmjA)2018/01/19(金) 21:26:30.33ID:BcknYR8h0
(続き)
During the war time, a wild rumor was strictly forbidden in a censorship law of the military,
and there was a feeling that the topic of conversation of other person should be avoided in
common. People watched each other, and circular notice organization and neighbors units
always behind people. After the end of the war, various rumors started to overflowed like a
broken dams, they talked the story of the bandit, the rumor of the robbery, the story of the
gambling, the story of the stock of the military, the story of one night nouveau riche, and the
rumor of occupation army, etc. But when times passed by, those rumors were faded away,
and finally oblivion from peoples memory.

The rumor about Yasuko should be according to that rules, but the rumor that she was in
the cooking region of the second Hiroshima junior high school service corps is still repeated
again, whenever there was a person coming to the making inquiries by a marriage proposal
of Yasuko .At fast, when on earth who would hit such a rumor, Shigematsu intended to find
out who is the person in the beginning.
(間違い探しや指摘は時間の無駄だからしない方がいいですよ。自分はネイティヴに更正して
もらえますから。)

741◆bKaGbR8Ka. (ワッチョイ 7545-UszA)2018/01/19(金) 22:05:02.51ID:sTqP4d4T0
>>736-740
うはー。凄いですね!


性はまだ『黒い雨』を半分しか読んでいないのです。
布団の中で読んでいるのだけれど、淡々と書かれているのに
強烈で、目が冴えてしまう事がよくあるのです。

井伏先生は実は名文家として有名なのですが、性はこれまで
井伏先生の作品を読んだ事がなかったのです。もしかしたら、
高校の教科書に『山椒魚』が載っていたかもしれないけど、
まぁ、それは記憶の嘘でしょう。

まだ半分しか読んでいませんが、『黒い雨』は構成も凄いと
わかります。

742◆bKaGbR8Ka. (ワッチョイ 7545-UszA)2018/01/19(金) 22:09:18.48ID:sTqP4d4T0
>>734
太宰は、井伏先生の弟子ですよ。青森にいた頃に太宰は
井伏先生の作品を読んで、天才がここにいたと驚いたのです。

新着レスの表示
レスを投稿する