【Y-DNA】ハプログループで語るスレ44【mtDNA】

1名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 339b-rcHW [14.132.106.210])2018/04/22(日) 00:15:06.17ID:02RjFovh0
!extend:checked:vvvvvv:1000:512

ハプログループを学術的に議論するスレです。
スレの内容とは無関係な政治的言動、形質と文化の関連への排除的言動は控えてください。
                           
次スレを立てるときの注意

!extend:checked:vvvvvv:1000:512
!extend:checked:vvvvvv:1000:512

↑をコピペして2行以上になるように書き込んでください

●日本人Y-DNAハプログループ比率
D1b--32%
O1b2-32%(旧表記O2b)
O2---20%(旧表記O3)
C2----6%
C1----5%
O1b1--1%(旧表記O2a)
O1a---1%
N1----1%
D1a,Q1--1%未満
(2013 徳島大 佐藤等 サンプル数2390)

自分のハプロタイプが調べられる機関
https://genelife.jp/genesis2.html?_ga=2.118042889.1091383604.1503315419-1291393617.1469780480
https://genographic.nationalgeographic.com/
https://www.familytreedna.com/
https://www.23andme.com/

最新ツリー -ISOGG、YFull
https://isogg.org/tree/
https://www.yfull.com/tree/

前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/geo/1511869257/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

344名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 072b-msj4 [106.73.7.0])2018/06/06(水) 13:16:57.39ID:+1umsJxx0
まあ、日本人の起源を探る話もこれまでの流れはひっくり返るね
アフリカからの流れ、旧人との関係
これを考えないといけない

345名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 87d7-3n9u [112.68.131.18])2018/06/06(水) 21:28:33.81ID:/Rc1dV680
中央フォーカス台湾2018/06/02 16:33

6月1日に台湾東部の海辺に運ばれた竹のいかだで約3万年前に
人類が台湾から沖縄に渡った航海ルートと手段を考察する
日台共同の「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」の
研究チームが9日、昨年に引き続き台湾東部の海で、
竹で作ったいかだによるテスト航海を実施する。
日本の国立科学博物館(科博)と台湾の国立台湾史前文化博物館(史前館)
が行う同プロジェクト。
沖縄では約3万年以上前の遺跡が発見されており、台湾から海を
越えて移民してきた人々が暮らしていた可能性が指摘されている。
ただ、航海の詳細はまだ解明されていない。
研究チームは今年、台湾原住民(先住民)アミ族に残る
竹のいかだを参考に試作した昨年の「イラ号」に改良を加えた
「イラ2号」を製作。イラ2号は1日に出発点となる東部・台東県長浜の
海岸に運び込まれ、
2日に進水式が行われた。日本、台湾、ニュージーランドから
集まった漕ぎ手たちが、数日間のウオーミングアップを経て、
9日のテスト航海に臨む。
来年には沖縄県与那国島までの本番航海が予定されており、
今回はあくまでも本番前のトレーニングとして地形を覚えたり、
黒潮上での長時間航行などを体験し、途中で伴走船に曳航されて戻る予定。
(盧太城/編集:塚越西穂)
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/20180602000

346名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 072b-NLsb [106.73.7.0])2018/06/06(水) 22:25:17.85ID:+1umsJxx0
台湾からマダガスカルまで行ったからな
まあ、Dより後の時代だが

347名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 9bd7-psTc [112.68.131.18])2018/06/07(木) 21:08:19.05ID:DoiD+ZRr0
ジョン・F・ケネディとマリリン・モンローのDNA。
アメリカのTV番組より。
https://m.youtube.com/watch?v=r6E3pdSFbiM

348名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 9bd7-psTc [112.68.131.18])2018/06/08(金) 03:41:40.44ID:DxQHtGlT0
7000年前の人類に起きた奇妙な出来事。
子孫を残せる男性が激減、女性17人に対してたった1人。
その理由とは?
2018/06/05 09:00

男性の数は減らずに子孫を残せる男性の数が激減

 アメリカ・アリゾナ州立大学のコンピューター生物学者、
メリッサ・ウイルソン・セイヤーズらの研究グループによる
モデル解析によると、この謎めいた現象を引き起こしたのは、
父系クラン(集団)同士の戦争が原因だという。

だが、新石器時代におけるY染色体ボトルネック(障害)は、
2015年の発見以来、謎になっている。

それは、父親から息子にだけ受け継がれる遺伝子のY染色体だけに
見られるものなので、男性にのみ影響が現われるからだ。

これは環境というより、社会的な要因を示していて、
1万2000年から8000年前に、人類が父系構造から農耕文化へ
と移行した時期に、社会が再編されたことと関係がありそうだ。

実際は、遺伝子的多様性の減少は必ずしも人口の減少を
意味するわけではない。
男性の数はまったく同じなのに、子孫を残せる男性の数が
減ったということなのだ。

これは2015年に論文を執筆した科学者たちが提唱した
シナリオのひとつだ。

「生物学的感覚で"もっとも適したものが生き残る"のではなく、
富や権力の蓄積が、限られた数の"社会的に適合した"男性や
その息子たちの生殖成功数を増加させた可能性があるかもしれない」と。
http://karapaia.com/archives/52260642.html

349名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 9bd7-psTc [112.68.131.18])2018/06/08(金) 03:48:04.14ID:DxQHtGlT0
Cultural hitchhiking and competition between patrilineal kin groups
explain the post-Neolithic Y-chromosome bottleneck
Tian Chen Zeng, Alan J. Aw & Marcus W. Feldman
Nature Communicationsvolume 9, Article number: 2077(2018)
doi:10.1038/s41467-018-04375-6
Download Citation
AnthropologyEvolutionary geneticsEvolutionary theory
Received:
20 November 2017
Accepted:
24 April 2018
Published:
25 May 2018
Abstract
In human populations, changes in genetic variation are driven
not only by genetic processes, but can also arise from cultural or
social changes. An abrupt population bottleneck specific to
human males has been inferred across several Old World
(Africa, Europe, Asia) populations 5000–7000 BP. Here,
bringing together anthropological theory, recent population
genomic studies and mathematical models, we propose
a sociocultural hypothesis, involving the formation of patrilineal
kin groups and intergroup competition among these groups.
Our analysis shows that this sociocultural hypothesis
can explain the inference of a population bottleneck.
We also show that our hypothesis is consistent with current findings
from the archaeogenetics of Old World Eurasia, and
is important for conceptions of cultural and social evolution in prehistory.

https://www.nature.com/articles/s41467-018-04375-6

350名無しさん@お腹いっぱい。 (マクド FFa7-psTc [118.103.63.156])2018/06/08(金) 08:21:18.66ID:v+S4bJLSF
All Japanese emperors and shoguns and most daimyo shared
the same Y-DNA lineage

The Emperors of Japan belonged to haplogroup D1b1a2 based
on the tests of various descendants. Another presumed descendant
of the imperial family tested at samples of many Japanese genoms
and also belonged to that haplogroup, and more precisely to the
D-Z1504 subclade. Many database claimed that 6 million Japanese men
(10% of the male population of Japan) carry the same Y-DNA lineage
as the Imperial family and that they share a common ancestor
about 1000 years ago.

Many medieval emperors had illegitimate offspring (Emperor Saga
alone fathered 49 children), who were bestowed the surnames
Minamoto (Genji), Taira (Heike) or Tachibana, who in turn became
powerful aristocratic clans of their own. The Minamoto and
Taira became the ancestors of dozens of samurai clans (see below),
while the Tachibana became one of the four most powerful kuge
(court nobility) families in Japan's Nara and early Heian periods.
A few samurai clans descend from Japanese emperors through
imperial princes. This is the case of the Asakura clan.

I have made my own research and found that the Minamoto are
the patrilineal ancestors of daimyo clans such as the Akamatsu,
Akechi, Amago, Ashikaga (Muromachi-era shoguns), Hatakeyama,
Hosokawa, Ikeda, Imagawa, Kitabatake, Kuroda, Matsudaira, Miyoshi,
Mogami, Mori, Nanbu, Nitta, Ogasawara, Ota, Rokkaku, Sakai,
Sasaki, Satake, Satomi, Shiba, Shimazu, Takeda, Toki, Tokugawa
(Edo-era shoguns), and Tsuchiya. A few kuge (court aristocracy)
families also descend from the Minamoto, such as the Koga.

If this is correct, it could mean that all Japanese emperors and
a great number of daimyo (feudal lords) and samurai families
would have belonged to haplogroup D1b1a2, if non-paternity
events did not occur.

351名無しさん@お腹いっぱい。 (マクド FFa7-psTc [118.103.63.156])2018/06/08(金) 08:25:01.75ID:v+S4bJLSF
The Taira clan descends from four 9th-century emperors
(Kanmu, Ninmyo, Montoku and Koko) and were the ancestors
of several daimyo families such as the Ashina, Chiba, Hojo
(Kamakura-era shoguns), Miura, Soma, and Oda (whose most
famous member was Oda Nobunaga, who started the reunification
of Japan during the Sengoku period).

Only a few daimyo clans did not descend from the Y-DNA line
of the Imperial family. Most, however, descend from the Fujiwara family,
who intermarried with the Imperial family almost every generation during
the Heian period(794-1185) and therefore can be considered
the same family (the maternal branch). The Fujiwara clan customarily
served as regents and ministers (sadaijin and udaijin), which allowed
them to dominate Japanese politics throughout the Heian period.
Their descendant remained court nobles until 1945. Only a few notable
samurai families descend from the Fujiwara Y-DNA line.
These include the Adachi, Ashikaga (Fujiwara), Azai, Date, Gamo,
Honda, Ii, Ito, Niwa, Tsugaru, Uesugi and Utsunomiya. Among
them the Date and Uesugi in eastern and northern Honshu distinguished
themselves during the Sengoku period. The HTsugaruonda and
Ii were retainers of the Matsudaira/Tokugawa clan and became
powerful after Tokugawa Ieyasu established the last shogunate.

At least many descendants from the Fujiwara clan tested their Y-DNA
at samples of many Japanese genoms and all belonged to
haplogroup O1b2a1 (formerly known as O2b1a), and more specifically
to O-47Z(aka CTS10674 or CTS11986).
This haplogroup is found in 24% of the Japanese population.
Y-full list a few deeper branches but more research is needed
to determine the deep clade associated specifically with the Fujiwara.

352名無しさん@お腹いっぱい。 (マクド FFa7-psTc [118.103.63.156])2018/06/08(金) 08:28:23.41ID:v+S4bJLSF
I could only find a handful of notable daimyo clans that didn't descend
either from the Imperial lineage or from the Fujiwara lineage.
The most prominent was the Mori clan (not to be confused with
the Mori clan above), who were descended from the Oe,
a court aristocratic lineage from the Heian period related
by marriage to the Imperial family.

Another one was the Abe clan, one of the oldest in Japan,
said to be one of the original clans of the Yamato people.
The Hata clan is equally old and was founded by Chinese immigrants
with the surname Qin (秦 ; Hata being the Japanese reading
of that Chinese character) during the Kofun period (250-538).
They became the ancestors of a number of samurai clans, such as
the Akizuki, Chosokabe, Kawakatsu and Tamura. Descendant testing
at many database showed that that lineaged belonged to
haplogroup O2a2b1a1 (formerly known as O3a2c1a), the most common
lineage among Han Chinese, and specifically to the O-CTS10738
subclade found in both China and Japan.

During the Sengoku period, there was also the Saito clan (founded
by a merchant who seized power in Mino province and became
Oda Nobunaga's father-in-law) and the Toyotomi clan, founded
by Toyotomi Hideyoshi, Oda Nobunaga's general who gradually
rose in power a peasant family. They were recent parvenus whose
lineage didn't last more than a few generations.

353名無しさん@お腹いっぱい。 (マクド FFa7-psTc [118.103.63.156])2018/06/08(金) 08:32:07.07ID:v+S4bJLSF
It all looks like a big family feud between different branches of
the Imperial family vying for supremacy and never leaving any
space for outsiders (except very briefly as with Toyotomi Hideyoshi).
What is amazing is that all the famous samurai in history were members
of the imperial paternal lineage, and that basically the same family
controlled every aspect of society in Japan, from religious (emperor) to
cultural and socio-economic (ministers and court nobles) to military
(daimyo) for over 1000 years, since Japan exists as a unified country.
Many of these aristocratic and samurai families still play an important
role today, as politicians or presidents/chairmans of companies
or organisations. For example, Morihiro Hosokawa, the head of
the Hosokawa clan, served as Prime Minister of Japan in 1993-94.

It's approximately 1000 years, which corresponds to the Heian period,
when emperors were particularly prolific sexually.
The Taira clan dates back to the 9th century. The Minamoto clan started
with Emperor Saga (also in the 9th century) who had 49 children.
18 emperors gave the Minamoto surname to their illegitimate offspring
between the 9th and 17th centuries, but the most successfully lineage
by far was the one descending from Emperor Seiwa (Seiwa Genji branch
of the Minamoto) who included most of the daimyo clans listed
above under Minamoto. Many of them descend from the Ashikaga shoguns
(e.g. the Hosokawa, Imagawa, Hatakeyama, Shiba, Mogami, Takeda,
Ogasawara, Nitta, Matsudaira, Tokugawa, Kira, Hachisuke, Ueno, Sakurai, etc.).
Only the Nitta branch of the Ashikaga spawned the Tokugawa, Matsudaira,
Yamana, Wakiya, Horiguchi, Odachi, Iwamatsu and Sakai.
There are so many surnames because every time a cadet branch moves
to a new fief, they adopt the name of the village/town where they settle.

354名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ dbbe-qQ7q [58.95.211.228])2018/06/09(土) 19:49:46.04ID:I1JJn5tb0
コッチがIP表示か

失礼

355名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ dbbe-qQ7q [58.95.211.228])2018/06/09(土) 19:51:31.88ID:I1JJn5tb0
裏スジスレなんかほっときゃいいのに

有名人のハプログループ管理人が無知を晒して暴れているようですが

356名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 0f36-OM2J [180.36.246.31])2018/06/12(火) 13:57:30.37ID:/449Fddx0
結局D1bはアンダマン発祥でO1b2が満州発祥ってことでいいの?

357名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 62bd-z315 [221.52.219.121])2018/06/12(火) 17:09:29.61ID:bPw0h90i0
O は元々コーカソイドだよ

>>357
コーカソイドのOなんて、どこに居るん?w

359名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 62bd-z315 [221.52.219.121])2018/06/12(火) 18:13:33.88ID:bPw0h90i0
黄河文明人はコーカソイドのO2だよ

360名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 62bd-z315 [221.52.219.121])2018/06/12(火) 18:15:28.69ID:bPw0h90i0
南方の黒いのと混血して O はモンゴロイド風に変化したんだ

元々、西域や華北にはコーカソイドしかいなかったんだよ

361名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 62bd-z315 [221.52.219.121])2018/06/12(火) 18:22:45.50ID:bPw0h90i0
中国語は英語に一番近いし

漢字は楔型文字の一種

麦作はメソポタミアから伝わったものだから

華北の O は メソポタミア系のコーカソイドだよ

メソポタミア系は日本やチベットのDでしょ?

363名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 62bd-z315 [221.52.219.121])2018/06/12(火) 19:07:31.16ID:bPw0h90i0
メソポタミア農耕文明を興したのはY-DNA「J」系の「J2」

364名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 62bd-z315 [221.52.219.121])2018/06/12(火) 19:14:13.15ID:bPw0h90i0
J は中東のハプログループで、北方のJ2と南方のJ1に分かれる。


・J2はメソポタミア北部で誕生し、西はアナトリアからヨーロッパ南部、東はペルシアからインドまで広がっていった。
古代のエトルリア人・ミノア人・アナトリア人(南方)・ポエニ人・アッシリア人・バビロニア人がそれに当たる。

・J2はギリシャに数多く見られ、特にJ2bはギリシャで誕生したと思われる。
また、J2aが最も集中しているのはクレタ島であり、この地に起源を持つものだろう。
興味深いことに、J2aはインドのカースト上位者にも多く見られる。
バラモンは主にR1a・R2・J2aで構成されている。
これら3つのハプログループがアーリア人の侵入における遺伝子の移動経路を示している。


・J1はアラビア半島の人々のほとんどに見られ、中でも72%に達するイエメンが発祥の地と思われる。
中世のイスラム人の侵攻によって中東・アフリカ北部からスペイン南部まで広がった。

365名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ eb2b-LHz9 [106.73.7.0])2018/06/13(水) 07:36:12.25ID:Ot52Qazv0
すごいな
先史時代のことがかなりわかる
言語の謎もかなり解けた気がする

366名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ eb2b-LHz9 [106.73.7.0])2018/06/13(水) 07:39:24.56ID:Ot52Qazv0
西洋人はネアンデルタール風の容姿が強すぎる気がする
もう少しサピエンス寄りの方が、良いルックスになる

367名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ eb2b-LHz9 [106.73.7.0])2018/06/13(水) 11:00:24.91ID:Ot52Qazv0
日本人独特の愛嬌みたいなものってアフリカ系かもな
他のアジア人には見られないし、アフリカの人は独特の愛嬌があって
白くすると日本人に似てるかもしれない

368名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ eb2b-LHz9 [106.73.7.0])2018/06/13(水) 11:03:31.03ID:Ot52Qazv0
DQNの方向性とかもアフリカと同じかもしれない
無意味な威圧系だ
他のアジアの犯罪者とかとは違う

369名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sa5b-l3U5 [106.129.213.160])2018/06/13(水) 12:08:09.29ID:CpXdPWuqa
同じだろ
お前の勝手な主観で美化すんなよ

370名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ eb2b-LHz9 [106.73.7.0])2018/06/13(水) 14:17:27.53ID:Ot52Qazv0
他のアジアの犯罪者は金とか欲望
それに対して日本のDQNは金なんかよりも原始的な他人への威圧感を重視している気がする
原始的なアフリカっぽさを感じる

371名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sa5b-l3U5 [106.129.213.160])2018/06/13(水) 14:50:13.53ID:CpXdPWuqa
ブツブツ独り言とか自閉症の特性かな?

372名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 9b9c-qQ7q [122.133.103.179])2018/06/13(水) 21:36:21.59ID:pR02DBQv0
有名氏族の出でもない奴が自論を語ったりしたい厨二なんだろう

根拠が全て妄想とか

373名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 07:52:17.96ID:ifOg68kg0
D系の女の子は独特の愛嬌がある
あれは他のアジア人にはない
アフリカ由来

女にY-DNAは無いぞ???

375名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 08:08:09.80ID:ifOg68kg0
サピエンスは女性に最適化されている感じはあるな
それに対して、ネアンデルタールは男性に最適化されていた
ネアンデルタールはイケメン遺伝子と呼ばれているしね

376名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 08:09:11.38ID:ifOg68kg0
>>374
Y-DNA自体は集団を示すマーカーでしかないから
機能とはまた別

377名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 6bf5-NWLL [180.4.156.109])2018/06/14(木) 09:39:09.50ID:SUSfAsAu0
>>3
徳川氏(松平氏)は史実では源氏の旅坊主
賀茂氏説は婿入りしたオリジナル松平氏の方ですよ

378名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 09:42:20.97ID:ifOg68kg0
D系固有の素質は100%Dのアンダマン諸島の人たち
あとは、混血されまくってるからD系固有の素質はぼやけてしまう

379名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 09:48:07.29ID:ifOg68kg0
それはサピエンス固有の素質と言い換えてもいいかもしれない
純粋サピエンスであればA〜Dで、混血サピエンスと比べればその違いは
小さいと思われる

380名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 17:40:08.74ID:ifOg68kg0
しかし、アフリカ系の人は唇が厚すぎるな
アンダマン諸島の人たちはネグロイドそのものだが、唇は厚くない
あの唇の厚さは、サピエンス固有というよりも、アフリカ内で他の旧人と
混血した結果かもな
これも、アンダマン諸島で冷凍保存された出アフリカした当時のサピエンスが
そのまま残っているから推測できることだが

381名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 17:45:53.92ID:ifOg68kg0
結局、アフリカが一番遺伝子の多様性が大きいわけだから
アフリカ内の旧人が一番種類が多かったと考えるのが自然だ

382名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 17:52:51.61ID:ifOg68kg0
いずれにしろ、アンダマン諸島のサピエンスは全人類にとって
非常に貴重な天然記念物だ
あの状態は、アフリカを含めて、世界の他のどこにも存在していない

383名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/14(木) 18:14:22.83ID:ifOg68kg0
ハプログループAとかでも100%なんてところはどこにもない
ハプログループDが100%というのは素晴らしい
本当に天然記念物だ

384名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/15(金) 13:23:09.75ID:1uTc3ewZ0
サピエンスは目に魅力があるな
それに対して、ネアンデルタールは鼻筋が整っている

>>383
>ハプログループDが100%というのは素晴らしい
小集団にありがちな創始者効果

386名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/16(土) 09:23:03.15ID:6KmbjS6E0
まあしかし、女ってアフリカも日本も大して変わらん気がする
肌の色は違うが、仕草とか表情とか
サピエンス系は変わらん
ネアンデルタールが入るとまた違うが
男は文化の影響をより強く受けるな

387名無しさん@お腹いっぱい。 (ウラウラ ebaa-xr7Y [9000066678])2018/06/19(火) 01:10:31.97ID:36TY+4M10
>>367
東北人は愛嬌がないだろ。東北人は日本人じゃないのか?

388名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/19(火) 11:01:28.81ID:B02x21P40
Dは無邪気なんだわ
子供っぽい
アフリカのサピエンスはもともとこんな感じだったのかな
それから晩熟な感じ
Dとか旧モンゴロイド系のネアンデルタールがあまり入ってなさそうな
人たちは、子供っぽい感じがするね
ネアンデルタールは早熟だったのかもね

389名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/19(火) 11:02:36.04ID:B02x21P40
アフリカでもEとかネアンデルタールと混血している組は
大人びてる
それに対して、純粋サピエンスのAとかは子供っぽい

390名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/19(火) 11:03:58.33ID:B02x21P40
とにかくAからDまで、元は大して差なんてないと思われる
差が大きくついたのは、旧人との混血の有無だな

391名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/19(火) 11:15:10.40ID:B02x21P40
サピエンスはもともと小柄だった
おそらく、子供っぽい感じだったと思われる
それに対して、ネアンデルタールは大型
大きいということは、早く成長するからそれだけ早熟ってことだと思う

392名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/19(火) 13:39:05.25ID:B02x21P40
子供っぽいというのは、女性にとってはいい方向に動くが
男性にとってはDQN的な無意味な威圧のように悪い方向に動くが
男性は他の個体に勝たないといけないからな
原始的な子供っぽさが勝つことを目指すとDQN的な威圧になる

393名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/19(火) 14:01:56.54ID:B02x21P40
まあいずれにしろ、ネアンデルタール的要素がなければ、
サピエンスは原始人のまま文明を作ることも無かった
純粋サピエンスには、それが端的に表れているということだと思う

394名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ fb2b-Bw3Y [106.73.7.0])2018/06/20(水) 10:29:29.73ID:4mN5Iyo90
まあしかし、アフリカ方面の謎も解けたな
なぜアフリカの黒人に西洋人と同じ顔立ちの人たちがいるのか?
それはつまり、ネアンデルタールと混血したE型だからだ

新着レスの表示
レスを投稿する