【国民民主党】スリランカ出身二重国籍にしゃんた氏が参院選に涙の出馬表明【大阪】

1無党派さん 2019/01/11(金) 10:50:03.62
国民民主が新体制になった後、党内では参院を中心に異論が上がる。特に、国民と自由の統一会派が先行し、その先の合流を見据えたものだったことから、反対論がヒートアップ。

「小沢一郎代表への警戒心はもちろんのこと、自由党参院議員の森ゆうこや山本太郎について、『彼らとは一緒にやれない』などの声があった。もっとも強硬だったのが榛葉賀津也・参院幹事長でした」

こうした党内情勢に玉木氏も最終決断できず、結局、臨時国会冒頭での統一会派は断念となった。

「玉木さんは代表としてがんばってはいる。頭はいいが、どうも八方美人になってしまうきらいがある。代表なんだから、いざという時は『自分が責任を取る』というような決断があっていい」(国民民主関係者)

そんななか、国民民主と立憲がいがみ合っていることにオロオロしているのが、支持団体の連合だ。組織内候補が比例区に多数出馬する参院選は、連合にとって重要な選挙。
組織が又裂きになり、支援体制が小さくなるのを避けたかったため、両党の合流を熱心に仕掛けてきた。もっとも、その目的が自らの組織防衛だということは明白。そのうえ、国民民主と立憲は一緒になってほしいが、「共産はNO」「原発ゼロはNO」というスタンスだ。

https://biz-journal.jp/i/2018/11/post_25425.html
 10月25日、永田町の国民民主党本部に、こんな厳しい声が響いた。玉木雄一郎代表(49)ら国会議員や秘書、党職員ら約50人が参加した、支持率アップのための勉強会での一コマだ。

 声の主は、ユニクロを展開するファーストリテイリングの古川啓滋社長室部長。

「パナソニック在籍時代には『ナショナル』ブランドを『パナソニック』に統一するのに携わった人物で、同党参院議員でパナソニック労組出身の(事実婚の)妻・矢田稚子氏の紹介でお越しいただいた」

広報のプロである古川氏はダメ出しを連発。議員と交換した名刺を並べた画像を示し、党のロゴの有無にバラツキがあり、ある幹部は党名すら入れていない

「身内の家族にここまで酷評されるとは」

 古川氏は勉強会の少し前、知人に「妻が、このまま国民民主にいていいのか悩んでいる。党は広報がまったくなっておらず、
批判されたらされっぱなしだ」と漏らしており、夫婦そろって危機感は強かったというわけだ。出席者の一人は「それにしても身内の家族にここまで酷評されるとは」と落胆を隠せなかった。

政党支持率は1%前後と低空飛行のまま

実は、第一会派を維持する動きがあった。それは小沢一郎氏率いる自由党との統一会派構想だった。9月下旬から水面下で交渉を開始。
小沢氏は乗り気だったが、玉木氏が党内に諮ると異論が噴出。小沢氏と袂を分かった同じ岩手の階猛衆院議員が反対し

肝心の参院側からも「原発ゼロを主張する山本太郎氏や森裕子氏らと一緒にやれない」などの意見が出て頓挫した

世論調査では党の認知度が何と5割程度で、半数の国民に存在すら知られていない実態が判明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00009520-bunshun-pol

「にしゃんた氏」って誰やねん
テレビとかラジオ見てないので知りませんが、有名な方なんでしょうかね?
二重国籍らしいですね
にしゃんた氏はツイッターもやってるようですが、フォロワーもイマイチ少ない感じだし・・・。
国民民主は大阪にはあまり力入れてない感じ
VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured

2無党派さん2019/01/12(土) 11:19:53.59
おは

3無党派さん2019/01/13(日) 10:35:59.07
おは

4無党派さん2019/01/13(日) 11:31:23.97
おは

5無党派さん2019/01/13(日) 12:31:08.89
>>1
ホスト名:p9f1c43ef.tokynt01.ap.so-net.ne.jp

立民マルチコピペ犯

[159.28.67.239]立民マルチコピペ犯によるスレ潰しの例

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/giin/1539963967/5-18

6無党派さん2019/01/13(日) 13:34:08.19
おはよう

7無党派さん2019/01/14(月) 09:42:58.94
国民民主玉木代表が党勢低迷に危機感!童話に例えて党勢拡大決意「私は今もがいておりますうう」
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1547356698/

国民民主党の玉木雄一郎代表は12日、都内で開いた定期党大会であいさつし、イソップ童話で語り継がれてきた「教訓」を引き合いに、党勢拡大に向けた思いを語った。

「3匹のカエルの話です」と切り出し、
3匹のカエルがミルクのつぼの中に落ちてしまった話を披露した。
1匹目は、悲観的な性格であきらめ何もしないまま沈んでいき、
2匹目は楽観的ゆえに何もせずに、同様に沈んでしまったと指摘した。

その上で、3匹目のカエルについて「今できることは、とにかくもがくことだと考えて、あきらめることなく、手足をばたつかせているうち、
いつの間にかミルクがバターとなって足場ができて、外に出ることができた」と述べた。

「私も今、もがいています。(もがくうちに)ミルクがバターになるように、次の飛躍への足場が形作られると信じています」と訴えた。

同党は昨年5月の結党以来、党勢が低迷したまま。この日、来賓であいさつした連合の神津里季生会長からも、「認知度が上がらないのは残念というしかない」と、嘆きの声が漏れた。

玉木氏は、「(党の支援者は)嫌みを言われながらも、全国でポスターをはってくれている」と、所属議員らに訴えた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00443927-nksports-soci

8無党派さん2019/01/17(木) 17:37:39.94
また始まった

新着レスの表示
レスを投稿する