琉球王国以前の時代

1日本@名無史さん2012/01/16(月) 22:13:52.64
琉球(王)国に征服される以前の沖縄(本)島や他の島々の歴史を語り合いましょう。



2日本@名無史さん2012/01/16(月) 23:04:50.33
石垣は、オヤケアカハチとかの時代かな?

3日本@名無史さん2012/01/17(火) 13:54:35.07
入るんじゃない、その時代はまだ直轄地では無かった様だし。

4日本@名無史さん2012/02/09(木) 09:00:44.39
三山時代ドラマ化しろ

5日本@名無史さん2012/02/24(金) 09:49:15.48
台湾政府がいまだに八重山の領有権を
主張している件について

6日本@名無史さん2012/02/24(金) 13:50:42.53
英祖時代の元軍との戦いをドラマ化しろ

7日本@名無史さん2012/02/25(土) 00:12:00.62
せっかく本土とは異色の文化があるんだから
もっと琉球物のドラマ欲しいわな
韓流ババアにも受けるだろ

8日本@名無史さん2012/02/25(土) 10:31:36.22
アマワリ・護佐丸のあたりなんて
十分ドラマ化できる

9日本@名無史さん2012/03/03(土) 19:26:58.16
テンペスト

10日本@名無史さん2012/03/06(火) 14:57:56.82
テンペストは琉球王国末期だからアウト

11日本@名無史さん2012/03/06(火) 18:58:56.37
平和の国、琉球が八重山を蹂躙するドラマ作って。

12日本@名無史さん2012/03/06(火) 23:51:50.50
>>11
2ちゃんでは首里王府が離島に一方的に攻め入ったみたいな論調あるけど
奄美や八重山は地元の豪族が首里の力借りて敵対勢力を潰してるんだぞ実際は
与那国は別だがな

13日本@名無史さん2012/03/07(水) 01:18:58.33
奄美と言っても有人島は八つもあるし、それぞれ事情が違うだろ
北から喜界島は一方的に十回以上攻められた挙句に王自ら乗り込んで占領された
奄美大島も王が直接攻め込んでいるし、2度の反乱もそれぞれ王が乗り込んで潰してる
加計呂麻島と与路島と請島は奄美大島とセット
徳之島と沖永良部島と与論島は従えと脅迫されて降伏

それとあんまり話題に上らない久米島も一方的に攻め込まれてる

八重山侵攻は宮古が主体だって言われているけど、占領からたった2年で支配権は王府に移っているよね
怪しくね?

14日本@名無史さん2012/03/07(水) 02:27:32.76
どうでも良いこと。其々シマ事情も在るだろうし、島津も薩摩で権力基盤固める迄色々あるだろ。

15日本@名無史さん2012/03/07(水) 07:46:19.17
>>8
甘利?

16日本@名無史さん2012/03/07(水) 11:57:08.82
ロックな琉球三國志なるコンサートを見たよ
宮永英一さんのやつね


>>15
阿麻和利

17日本@名無史さん2012/03/07(水) 13:02:04.74
過去の定説

忠臣 護佐丸
逆賊 阿麻和利

ところがどっこい歴史の研究が進むに連れ

全ては首里の陰謀でしたに様変わり

当時、首里を脅かす力を持っていたのが二人の按司
首里の画策で二人を争わせ、勝った側を首里が叩く
こんなドラマ見たい奴いるか?

18日本@名無史さん2012/03/07(水) 14:37:56.74
琉球王国って、王統が
前期と後期と二系統あるんだよな。
その辺、沖縄人はどう思っているのか?
前期のほうが本来の正統な王統って思っているのか?
それとも、歴史の長さから後期のほうが正統だと思っているのか?
まあ、前期だって、もともと三山時代の一国の家臣からの下剋上だしな。

19日本@名無史さん2012/03/07(水) 15:06:33.73
天孫氏の末裔は西威で途切れてっから
そういった意味では前期も後期も正統ではない

20日本@名無史さん2012/03/07(水) 15:41:06.44
まあ、天孫氏と第一、第二の王家が無縁だったかというと
その二人の出身地、伊平屋、伊是名からして無縁だとも言い切れない。
第二尚家を起した尚円王金丸の童名は思徳金といい
琉球において名に(君)(思)(真)が入るのは高位の者にしか使われない字であり
琉球神道の神の名にも使われている字である。

21日本@名無史さん2012/03/07(水) 18:50:06.81
>>20
それって後付の脚色なんじゃね?

22日本@名無史さん2012/03/07(水) 19:36:29.66
沖縄民はいつも被害者顔するが、自分たちより弱い者がいれば攻め込むし
本土から来た者をヤマトンチューと言って差別するが
栄光の琉球史を作ったのは源氏の為朝。

23日本@名無史さん2012/03/07(水) 20:40:05.77
>>21 だな、秀吉の自称藤原出自と同じ程度

24日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:06:23.57
金丸の「禅譲」話って、かなりうさんくさいよなw
その前の王様は、暴君扱いされたあげく謎の死をとげているし

25日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:06:35.22
>>22
>琉球史を作ったのは源氏の為朝。は・・創り話の可能性大だよ。
死んだ地が伊豆諸島だか、伊豆半島で、どうやって、生き残って、沖縄に辿り着くんだっつー話W
陸路だと、絶対バレバレ出し、船だと黒潮海流とは逆だし、表層海流は、東電の件で、東寄りに流れてるので、帆を立てて夏の北風に乗っても星が読めて、太平洋は、南からの夏の台風の暴風雨でイカダだと確実に難破するのに、矛盾だらけ・・。
如何よっ!

26日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:11:40.80
「モノくれる人こそ我らが主!」って
すごいストレートな表現だよなw

やはり県民性かw

27日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:15:21.34
>>22
それは島津のでっち上げwこの時島津も源氏系騙ってるがな。

28日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:16:28.12
伊藤・グラント協定についてはタブー?

29日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:26:40.98
どっちにしろ、中国が羊と貝のパンドラ開ければ、東シナ海の底は一揆に抜ける。

30日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:26:50.68
スレだな

31日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:41:17.14
>>22
>琉球史を作ったのは源氏の為朝。
の件は・・
当の沖縄から本土に渡来して来たシナ面不ッ細工やドス黒デブカッペに良く学校や職場で出くわすがぁ
一度も、>>22
>琉球史を作ったのは源氏の為朝。の話は聞かなかったな・・
テレビで出てくる、為朝の自称の末裔だけだろう・・言ってんのん・・?W

32日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:43:11.03
>>28>>29
あんたらスレ違いだよ

>>24
阿麻和利と護佐丸の件も怪しいけど、その前の志魯・布里の乱も怪しいよね
共倒れパターンw

時代は後になるけどオヤケアカハチの件も、奄美の与湾大親の件も、
地元同士が争ってたから片一方に肩入れして王府軍が征討みたいな
与湾大親の死に方も護佐丸に似てるし
なんだろうねこれ

33日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:51:25.10
学校や職場で出くわす沖縄から本土に渡来して来たシナ面不ッ細工やドス黒デブカッペの話は
卑屈で陰湿隠顕か空元気んな性悪な態度と話ばかりで、本土の人間への妬み言か本土の女が鉱物としか聞かない。

34日本@名無史さん2012/03/07(水) 21:55:26.71
まぁ・・俺の名前が島津を連想する名前だから、余計に恨み節や妬みに成るのだろうがね・・。

35日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:06:35.06
今の沖縄県人の若い奴らの話は、もっぱら、PCやIT関連の知ったかアドバイスばっかしW

36日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:14:04.18
>>33-35
愚痴?

37日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:16:45.24
>時代は後になるけどオヤケアカハチの件も、奄美の与湾大親の件も、
>地元同士が争ってたから片一方に肩入れして王府軍が征討みたいな
>与湾大親の死に方も護佐丸に似てるし なんだろうねこれ

 琉球ではよくあること

38日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:18:27.03
沖縄人って、河野太郎の親と仲よさげだけど、もしかして、河野水軍の手下の末代多いのかねぇ・・?

39日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:23:12.96
>>32
奄美には、松浦党の日高さんが居たね。

40日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:25:22.78
松浦党の日高さんは、嵯峨源氏渡辺松浦党だから源氏方だけどね。

41日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:26:35.85
瀬戸内のどっかにハヤト系海岸地理呼称かなん付いてる処在るだろ。

42日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:32:20.05
奄美で思い出したけど千竈氏の本姓知ってる人いる?
本拠地は千竈荘で、今の名古屋市南区から熱田区あたりの国道一号線沿いまではわかったんだが。

43日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:42:09.47
海部、アマベこれも名古屋辺り関係してるのか?海部俊樹も渡来系の面構えじゃ無いが。

44日本@名無史さん2012/03/07(水) 22:43:03.73
奄美の1文字姓 琉球の3文字姓って薩摩統治の時代から?

45日本@名無史さん2012/03/08(木) 08:48:43.79
復帰前の沖縄で比較的簡単な弁護士免許とって
日本の司法試験うけず日本の弁護士に
なったひとを「琉弁」といったそうな

46日本@名無史さん2012/03/08(木) 23:25:36.04
元祖アマゾネス サンアイイソバ

47日本@名無史さん2012/03/09(金) 07:56:12.92
>>44
そうだよ
>>45
沖弁じゃなくて?両方スレち

48日本@名無史さん2012/03/09(金) 09:31:01.49
ライブハウスで唐船ドーイを
ききながら、豆腐ようをつまみに
久米仙をひっかけると沖縄いや琉球に
来た至高の悦びを感じる

49日本@名無史さん2012/03/09(金) 21:12:19.70
単なる金ずるの馬鹿ナイチャー

50日本@名無史さん2012/03/09(金) 21:42:34.20

トモダチがいないw

51日本@名無史さん2012/03/10(土) 07:24:06.75
>>18
琉球国王には天皇陛下みたいな権威も歴史もないから
県民には何の思い入れもないし、
正当性なんて心の底からどうでもいい。
まさに「物呉ゆしどぅ我が主」ですよ

52日本@名無史さん2012/03/10(土) 07:39:47.65
>>18
>時代は後になるけどオヤケアカハチの件も、奄美の与湾大親の件も、
>地元同士が争ってたから片一方に肩入れして王府軍が征討

アカハチの乱については完全な間違い。
そもそも正史「球陽」には「アカハチが貢物を絶ったので征伐しました」
とはっきり書かれてある。これはアカハチと琉球の戦いなんだよ。

確かにアカハチは、琉球と戦う前に
名田大翁主という地元の豪族を討伐しているが、
そもそもその原因が、アカハチに従って琉球に対抗するかどうか、という事だ。
「那礼塘・嘉佐成等、恒に忠義を存し、赤蜂に従ふを肯んぜず。
遂に他の為に殺害せらる。名田大翁主、洞窟の中に隠居す。」

53日本@名無史さん2012/03/10(土) 07:43:07.89
>>13
>八重山侵攻は宮古が主体だって言われているけど、

どこの馬鹿がそんな事を言っているのか知らんが、
46艘の中山軍をおしのけて主体になれるような兵力も資金も
宮古にはありません。

>宮古山の仲宗根豊見親、大将軍に随ひて八重山を征伐し、以て平治を致す。
このとおり、仲宗根豊見親は中山のオマケです。

54日本@名無史さん2012/03/10(土) 07:48:26.61
>>13
>占領からたった2年で支配権は王府に移っているよね
>怪しくね?

あなたが怪しいと思うのは勝手だが、「球陽」には
「地元から苦情が出たのでクビにしました」と書かれており、
疑う根拠は何もない。

「亦、真列金豊見親(仲宗根豊見親の次男)を
陞せて始めて八重山頭職と為す。
真列金、衿驕自恣にして人民を暴虐す。
彼の島の人民、みな疏文を具し、豊見親を中山に告訴す。
即ち頭役を革め去り故郷に摘回す。」

55日本@名無史さん2012/03/10(土) 08:14:35.59
>>24
どこに金丸が禅譲を受けたって書いてあるの?
参考までに教えてくれる?
ちなみに「球陽」には、尚徳王の死後開かれた会議で
推薦を受けて即位したって書いてあるね。
ちなみに尚徳王の奥さんと幼い子供は殺したともはっきり書いてある
「王妃・乳母、世子を擁着して真玉城に隠る。兵、追ひて之れを殺す。」

56日本@名無史さん2012/03/10(土) 08:39:28.53
>>24
ぐぐってみたが、金丸が禅譲を受けたなんていう話は
あなたのカキコしか見つからなかった。
英祖と混同してない?

>>32
>阿麻和利と護佐丸の件も怪しいけど、その前の志魯・布里の乱も怪しいよね
>共倒れパターンw

王位継承を巡る骨肉の争いっていう、
ありがちな話のどこが怪しいのか分からないが、
仮に陰謀なら、首里城を全焼させるようなヘマはしないと思います。

57日本@名無史さん2012/03/10(土) 08:42:00.05
>>6
>英祖時代の元軍との戦いをドラマ化しろ

英祖が元軍と戦ったなんて話は「中山世鑑」「中山世譜」「球陽」
其の他あらゆる史料に存在しません。
元軍がマジで来てたら英祖ごときが勝てるわけねーじゃん。
常識で考えろよ。

58日本@名無史さん2012/03/10(土) 11:27:24.04
日本は島といっても決戦の場が九州くらいの大きさだったから補給もでき、迎え撃つことが出来た。
壱岐、対馬、松浦、五島列島は大きな被害を出しているんで、沖縄では無理でしょうな。
まとまった水軍を含めた兵が沖縄にいたとしても戦うだけなら戦えても勝つのは難しい。
それに日本を攻めた経路が違うので、元軍は沖縄を通過すらしていないだろう。
江南軍が沖縄を確保しようと思えば出来ただろうし、そうすれば薩摩を目指したはず。
当時の航海技術で大船団を組んで上手く沖縄経由で島を伝っていけたかどうかは知らないが。
>>45
おれの知り合いはそのころ取った弁護士で裁判をやって、知り合いが判例から何から全部、
自ら調べて戦略を練って、その弁護士を指示して裁判を勝ち取ったといってたよ。
でないと、どうなっていたかわからなかっただと。
依頼人が高学歴沖縄人だったから出来たものの、専攻も違う依頼人のニワカ知識より
劣る弁護士ってどうなのよって思った。

59日本@名無史さん2012/03/12(月) 21:01:45.60
りうぼう

60日本@名無史さん2012/03/13(火) 19:32:53.24
>>51-57
あくまで個人的感想だが、
琉球王国の正史とは、薩摩以前は勝者の歴史、以後は敗者の歴史だよね
その時代ごとの都合に合わせた理由付けが行われているから
完全無欠の正しい歴史だと言い切ってしまうのは間違いではないかな
具体的にはあげないが、正史に載っていない遺跡もあるからね

61日本@名無史さん2012/03/13(火) 19:40:58.80
歴史は勝者のもんだからよ。それは島津も一緒。

62日本@名無史さん2012/03/13(火) 19:42:26.17
歴史は韓国のもの。琉球人は韓国系。

63日本@名無史さん2012/03/13(火) 19:46:59.37
>>62
場所選べよ。大和朝鮮同祖の枠をはみ出るな中国も基地外レベル上げてるぞ。

64日本@名無史さん2012/03/13(火) 19:51:26.52
>>61
そうそう、島津にも言えるよね
そして沖縄被害者史観に沈泥してる奴らも
薩摩以前の事を知らん振りだよな

65日本@名無史さん2012/03/13(火) 19:54:56.43
>>64
民族分離した以上両者共身動きとれんのよ。詰んだ側面も在る。

66日本@名無史さん2012/03/13(火) 20:02:29.41
>>65
民族分離とは?

67日本@名無史さん2012/03/13(火) 21:25:31.46
>>60
薩摩の属国となりはしたが、国が滅んだわけではあるまいし、
中国で王朝が滅亡した時のような大きな改訂はなかっただろう。
薩摩の侵攻以前のものが存在したのなら残ってるはずだよ。

68日本@名無史さん2012/03/14(水) 05:35:54.24
〉60
あなたの個人的感想とでは、史料的価値では比較にならないけどね。正史は。
つーか前王の女房子供ぶち殺して即位しました、
なんて身も蓋も無い話のどこに改ざんした形跡があるの?

あと正史は遺跡カタログじゃないので
どうでもいい遺跡が載ってないのは当たり前です
あなたの先祖が載ってないのと同じです

69日本@名無史さん2012/03/14(水) 09:35:58.26
君南風の戦いを参考にして
スターリンはドニエプル川渡渉作戦を立案したといわれている

70日本@名無史さん2012/03/14(水) 11:09:27.23
>>68
琉球弧の遺跡は馬鹿に出来ないぜ。
日本の考古学観点からも。

貝塚時代は土人が貝齧って暮らしてたなんて言われていたが
日本や中国との交易の跡も出てきてる。
※翡翠の製品、古代中国の貨幣、穀物など

古代墓の遺跡もあるが、鹿児島の横穴墓に似た形態してるのも
意外に知られていないよな。
グスク自体が謎に包まれてる遺跡そのものでもある。

71日本@名無史さん2012/03/14(水) 11:35:09.56
土人が金玉出して貝齧ってたでも何でも良いんだがよ、静かに暮らせれば。

そうも行かなく成った。

72日本@名無史さん2012/03/14(水) 11:41:56.75
民俗学的見地からも琉球・沖縄は面白い。

北部のとある祭りで神女が歌う歌に
勾玉を買いに大和に上る歌がある。

日本で勾玉を使った祭祀が行われていたのは古墳時代まで
奈良時代には勾玉は消えている。
上記の歌の成立時期はそこまで遡ることが出来るということでもある。

また、上記の近くの地域の祭りでは
紀元前の中国の文献に記されている神祭りの系譜も存在する。

73日本@名無史さん2012/03/14(水) 14:14:41.46
>>70
あなたが遺跡好きなのは分かりましたが
それと正史の信頼性とでは何の関係もありませんよね。

あなたにとって特別な遺跡でも
琉球王国の大多数にとってはどうでも良かった。
それだけの話です。

74日本@名無史さん2012/03/14(水) 14:39:09.45
>>73
ん?ここは琉球王国以前を語るスレだろ?
つまり先史時代を語る上で遺跡は重要だが?

75日本@名無史さん2012/03/14(水) 14:41:23.27
>完全無欠の正しい歴史だと言い切ってしまうのは間違いではないかな
>具体的にはあげないが、正史に載っていない遺跡もあるからね

どうでもいい遺跡が載ってないのは当たり前です

ファビョーン!!ウリの大好きな遺跡は重要ニダ!
それを無視する正史は不完全ニダ!

(失笑)

76日本@名無史さん2012/03/14(水) 14:43:23.19
>>73
あと>琉球王国の大多数にとってはどうでも良かった。

遺跡は聖地やらあるから各村々で大事に管理されてる。
どうでもよかったという事は有り得ない。


77日本@名無史さん2012/03/14(水) 14:48:50.30
>>76
あなたの御先祖様の位牌はあなたが大事に管理してるでしょうが、
沖縄県民の大多数にとってはどうでもいい存在ですよね。

それと同じで部落レベルでは大事だろうが大多数にとってはどうでもいいことです。
正史にはスペースの都合上、どうでもいい事は載りません。

あなたが歴史上どうでもいい事に感心を持つのは結構ですが、
その事物が大多数にとってどうでもいいという事実を覆す事にはなりません。

78日本@名無史さん2012/03/14(水) 14:57:40.32
>>77
74とスレタイを読めない子なの?

79日本@名無史さん2012/03/14(水) 15:01:22.54
>>77
あと【おもろさうし】って知ってるかい?
あれは各地の伝承などを纏めた琉球版叙事詩みたいなもんだが。


80日本@名無史さん2012/03/14(水) 15:51:17.64
>>75
朝鮮人に関わり過ぎw

奄美、宮古、石垣でも中国と貿易していた痕跡ががあるしな
正史には書かれていないけど

81日本@名無史さん2012/03/14(水) 16:15:50.65
>>80
何が彼を朝鮮化させたのか知らんけど
正史以前の先史時代を調べる上で遺跡は重要なのになw
浦添ようどれとか琉球の正史には関係なくとも
古琉球を調べる上では第一級の遺跡だわw

82日本@名無史さん2012/03/14(水) 16:23:14.38
石垣の積み方とか瓦どうの朝鮮の海賊がどうので妄想史観振りまけないからかな?w

まあ、どっちにしろ歴史妄想史観は程々にしないと危ない領域も在る。

83日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:03:30.03
>>79
文学史上は重要だよね「おもろさうし」
歴史学上は無価値だけど。

>>82
石垣の積み方は、アカハチの乱の真実には何の関係もないよね。
それと正史の信頼性とは全く別次元の問題。

84日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:17:48.58
とりあえず「ウリの大好きな遺跡を無視してる正史は不完全ニダ!」氏は、
あなたの大好きな遺跡とかおもろそうしを元に、
>>51-57に反論してもらえる?
できなければ史料的価値は
正史>>>>越えられない壁>>>>>>遺跡で確定ね。

ていうか個人的に琉球史で遺跡研究してる奴ほど
妄想炸裂してる気がするんだよね。

85日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:21:52.68
>>80
>奄美、宮古、石垣でも中国と貿易していた痕跡ががあるしな

それこそ、だから何?だよね。
奄美でも宮古でも石垣でも、本島との交易や百姓からの搾取の方が
収入の大半を占めているよ

離島も中国と貿易してたなんて、歴史トリビア並みの価値しかないよね。

86日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:37:36.24
>ていうか個人的に琉球史で遺跡研究してる奴ほど
>妄想炸裂してる気がするんだよね。

追加。
おもろさうしを根拠にして歴史を語るに至っては
正気とは思えないね。
御先祖様はわざわざ、ファンタジー小説と歴史書は
別々に編纂してくれてるのに、
それをご丁寧に混同するとはね。

87日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:37:38.88
>>84-85
朝鮮の真似して火病るのは個人の自由だが
スレタイ読めないのか?

88日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:41:41.19
琉球王国以前の時代とは正史以前の先史時代も含まれるんだぞ
このスレそのものがファンタジーだボケ
先史時代の意味が解らないならggrks

89日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:42:10.85
>>87
鏡見て言ってるの?
火病ってるのはどうみてもあ・な・た

俺はより真実に近い歴史を語ってるだけ。

尚円王が禅譲を受けたとか、
アカハチの乱は宮古が主体だとか、
史料的根拠は皆無で、
遺跡大好きな研究者が妄想しただけの戯言は訂正しなくてはね。

90日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:43:18.41
>>84
紙の歴史にしがみつく様は民俗学無くした朝鮮そのもの。落ち着けよ

91日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:47:48.07
民俗学(笑)
歴史学とは無関係だと思うがね

とりあえず民俗学(笑)で51-57に新たな知見を加えてもらえる?

92日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:51:28.57
足元見た工作員かい?都市化した領域じゃ無いぞオイ

93日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:52:07.73
>>89
いやいやwスレタイ読めってw
日本語が理解出来てないニカ?w

尚円王もアカハチも関係ねーw

94日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:53:54.70
>>92
工作員認定とか朝鮮人認定とかはいいからさ、
遺跡研究でも民俗学でもいいから、
>>51-57に反論してくれる?

結果出せなきゃ無価値。

95日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:56:41.19
>>91
民俗学や考古学以外で先史時代を語れる術はないw
お前と会話が成り立たないと思ったら
お前が琉球時代を語ってるからだwスレタイ100回よめw
スレタイの意味はスレッドタイトルだw

96日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:57:54.54
>>93
じゃあ琉球王国成立以前の英祖対元軍について考えてみようか。
正史はもとより民間伝承にも
元軍が来たなんて話すら無いんだけど、
どういうわけか民俗学とか遺跡研究を熱心にやっておられる
センセイ方は「英祖が元軍を追い払った!」なんて言っておられるんだよねwww

さて、民俗学や遺跡研究はどんな論拠を与えてるの?
まさか根拠ゼロなんて事はないよねwww

97日本@名無史さん2012/03/14(水) 17:58:42.24
>>95
>>96

あなた方の遺跡研究がマトモかどうかの試金石ですwww

98日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:00:29.21
最近有名になった喜界島の城久遺跡、
奄美大島の赤木名城跡・小湊遺跡・倉木崎海底遺跡、
徳之島のカムィヤキ古窯跡群などは琉球正史に書かれているのだろうか?

99日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:04:23.09

100日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:04:25.28
>>96
沖縄や日本のセンセイとやらが元軍を追い払ったといってるのか?

俺が知る限りでは中国側の資料に載っている
元軍は琉球に侵略している
侵略できずに帰ってるがな

だがその琉球が台湾なのか沖縄なのかは別の話だ

草はやして盛り上がってるようだが、スレタイの意味理解してるか?

101日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:04:49.89
そもそも、琉球史ですら中国は洗いざらい沖縄や日本の研究者に資料晒してんのかさえ胡散臭い。

102日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:07:05.62
スレタイを理解出来ない子に遺跡研究がどうたら言われても・・・w
相手するだけ駄目だなこりゃ

103日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:08:24.60
>>100
>元軍は琉球に侵略している
>侵略できずに帰ってるがな

琉球史の問題点はね、そもそも史料が読めないってことだよwww
「之を降す」「之を伐す」これのどこが侵略できてないの?www

『元史』巻211・列傳第97・外夷3瑠求「世祖至元二十八年九月、海船副萬?楊祥請以六千軍往降之、不聽命則遂伐之、朝廷從其請。」

人間の言語すら解せない連中が、物言わぬ遺跡から、
正しいメッセージを読み取れるとは到底思えないなwwww

104日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:12:51.65
>>99
琉球正史には書かれていないのね
中山は、それらを作った勢力を無かったことにしたでOK?

105日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:15:41.98
>>103
日本語に訳して

106日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:23:25.46
>>103
嘘吐き乙

107日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:23:26.26
>>104
どうでも良かったでOK

正史にはあなたの御先祖様の事は書かれてないが、
別にあなたの御先祖様を無かったことにしたいわけではない。
いようがいまいが関係ない。どうでもいいってだけ。

108日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:28:06.80

109日本@名無史さん2012/03/14(水) 18:32:26.92
103にとって都合のいい部分だけじゃなくて108には前文のってるぜw


110日本@名無史さん2012/03/15(木) 21:14:31.51
台湾と沖縄は違うと思うんだが。

111日本@名無史さん2012/03/24(土) 10:26:43.09
>>103はどうしたんだろうね?
>>108の史料が出たから都合が悪くなって逃亡したんだろうか?

112日本@名無史さん2012/03/27(火) 22:37:26.69
>>103の意見を鑑みると、いかに琉球王国が離島の歴史をおざなりで、
しかも都合よく記述している事が良く分かったなw

113日本@名無史さん2012/03/29(木) 16:17:39.06
民族血統分離したから仕方ない部分もあんのよ。今更沖縄責めるのも酷な話しだ。

114日本@名無史さん2012/05/06(日) 17:22:43.78
>>113
民族血統分離とかよくいうけど沖縄-奄美-鹿児島本土-宮崎の一般人ってわりと連続的だよね見た目にも。
九州側は早くから渡来人系の支配者が来て文化的に本州他と一体化してるけど、
庶民レベルではそんなに分離してないんじゃないの。

115日本@名無史さん2012/05/06(日) 22:02:04.38
>>114
宮崎-高知-徳島-熊野-伊勢

116日本@名無史さん2012/05/12(土) 18:54:06.71
>>7
同意同意
今、NHK地上波でやってるテンペスト面白い
あと、東京MXテレビでやってる琉神マブヤーも面白い

117日本@名無史さん2012/05/19(土) 07:43:15.71
>>1
※琉球国に征服される前の沖縄本島×
※琉球国が成立する前の沖縄本島〇

118日本@名無史さん2012/05/24(木) 11:34:48.86
>>112
あなたのおしゃってる
離島ってどの島のことなの?

119日本@名無史さん2012/05/25(金) 01:00:52.91
>>113
どっか他でも民族血統分離とか見た記憶があるんだけどさ
具体的に何と何が分離されたと言いたいわけさ?

120日本@名無史さん2012/05/25(金) 01:25:20.79
国立博物館系も堂々と大和民族、琉球民族演ってたが口ごもりかけたな最近w

121日本@名無史さん2012/05/25(金) 16:34:25.51
>>112
離島と言ってもたくさんあるがアナタの言う
離島ってどの島のこと?

122日本@名無史さん2012/05/26(土) 16:49:16.03
>>121
たぶん八重山諸島のことだろうな
八重山住民はかつて首里王府に搾取されたのは
八重山だけだと思っているからな。

123日本@名無史さん2012/05/27(日) 00:57:01.05
>>121-122は自作自演

「雇われた自分が攻撃対象になれば逆にクビにできないと思った」
・・部落差別自作自演を描いたルポに「犯罪小説顔負け」の評
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1334160171/1-100

124日本@名無史さん2012/05/27(日) 07:56:25.12
朝まで生テレビでも触れられた沖縄独立論。
ただし、少なくとも八重山諸島は歴史的に見て沖縄ではないな。
薩摩の琉球侵略と同様に、琉球王朝が八重山を一方的に武力侵略して、
そして植民地として無理矢理に、支配下に組み入れたのだから。
仮に将来、沖縄が琉球として独立し親中の国になるにせよ、
石垣や宮古島、与那国島や尖閣他の八重山群島が
それに黙って同調する筋合いは、公平に歴史的に見ても全くない。
昔の王朝時代と違い、各島は沖縄本島の植民地じゃないんだから。

125日本@名無史さん2012/05/27(日) 11:25:27.50
>>124
それは八重山住民が決めることですね
薩摩が一方的に武力侵略して植民地統治した
奄美が鹿児島県への編入を決めたように。

126日本@名無史さん2012/05/27(日) 13:31:09.38
>>125
>薩摩が一方的に武力侵略して植民地統治した奄美

それに先駆けて、

琉球が一方的に武力侵略して植民地統治を開始した奄美

沖縄本島以外の事は、当然そこの島民・住民が決めること。
にもかかわらず、本土から流れ着いた運動家や沖教祖、
更には外国の工作員?が充満している不思議。
都合が悪くなると話をすり替えるのが、彼らの得意技なのか。

127日本@名無史さん2012/05/27(日) 14:12:47.56
沖縄本島以外の方々の未来の選択肢

@沖縄と共に日本からの独立
A日本からも沖縄からも独立
B日本であり続ける(東京都に編入の選択肢含む)
C日本であり続ける(沖縄県からの分離・独立=宮古・八重山県になる)
D中国になる

沖縄本島以外の事は、そこの各島々の住民の方々が決めること。

128日本@名無史さん2012/05/27(日) 16:09:57.61
>>127
正解は

E韓国になる

沖縄本島の帰属も含めて、韓国と協議して決めればよい

129日本@名無史さん2012/05/27(日) 17:30:28.45
なるほど、良いアイディアだね。

130日本@名無史さん2012/05/27(日) 17:31:35.48
ぷw

131日本@名無史さん2012/05/27(日) 18:06:40.07
明日から琉球域は全域韓国に属します。云った瞬間中国は言い掛かりモード全開で朝鮮半島は北も南も半日持つかな?

132日本@名無史さん2012/05/27(日) 19:02:13.53
>>126
薩摩は奄美を奴隷統治したが琉球は
そんなことはしていない。

133日本@名無史さん2012/05/27(日) 19:04:58.49
>>128>>131
なんでそんなに韓国を引き合いにだすんだ?
どんだけ韓国が気になってるんだよ(笑)

134日本@名無史さん2012/05/27(日) 19:37:11.81
>>132
琉球は先島を奴隷統治したが薩摩は
そんなことはしていない。
>>133
なんでそんなに薩摩を引き合いにだすんだ?
どんだけ薩摩が気になってるんだよ(笑)

135日本@名無史さん2012/05/27(日) 20:07:11.73
やはり在ちょんスレになってきたな。

136日本@名無史さん2012/05/27(日) 20:10:36.23
先島島民を奴隷統治したのは地元の役人
人頭税は薩摩の琉球侵攻後から

137日本@名無史さん2012/05/27(日) 20:35:17.88
>>136
先島島民を奴隷統治したのは琉球王府が指図した地元の役人
人頭税は薩摩の琉球侵攻前から

138日本@名無史さん2012/05/27(日) 20:39:43.47
地元役人は悪くないニダ
全て琉球王府が悪いニダ

琉球王府に払う税の他に私服を肥やすために
二重に税をかけてた先島の役人は悪くないニダ

139日本@名無史さん2012/05/27(日) 20:56:37.42
グスク時代は韓国人によって始まったことが証明されているからな
沖縄人は韓国系

140日本@名無史さん2012/05/27(日) 20:57:38.00
>>138
琉球王府は悪くないニダ
全て地元役人が悪いニダ

琉球王府は取り立てる税の他に私服肥やしをみとめて
六重に税をかけて上前をはねたけど悪くないニダ

141日本@名無史さん2012/05/27(日) 21:42:35.12
島役人が私服を肥やす為に
税を多目に取り立ててたのは
知ってるんだなw
その上前をはねたってのは初耳だが

ソースはあるの?

142日本@名無史さん2012/05/27(日) 21:48:09.94
>>137
人頭税は薩摩の琉球侵攻後の1637年から
人頭税そのものは世界中にその歴史はある

143日本@名無史さん2012/05/27(日) 21:57:12.97
慶来慶田城用緒とは何者なんだ?

144日本@名無史さん2012/05/27(日) 21:58:43.49
長田大主とは?

145日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:14:05.87
先島諸島が中国領土にならなかったのは
誰かが嫌ってる元琉球王府の1役人のおかげだが

これはとても酷いことだったのだろうな
先島諸島は中国になりたかったんだ!

146日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:22:30.01
>>141
王府役人が私服を肥やす為に
税を多目に取り立ててたのは
知ってるんだなw
島役人の上前をはねたってのは知ってるのだが

否定するソースはあるの?

147日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:24:52.40
>>142
人頭税は薩摩の琉球侵攻前の王府成立から
人頭税そのものは世界中にその歴史はある

148日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:25:42.03
八重山にとって薩摩は琉球尚王朝の圧政から救ってくれた解放者のはず

149日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:25:46.75
慶来慶田城用緒とは何者なんだ?
長田大主とは?

150日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:28:06.58
>>145
先島諸島が中国領土にならなかったのは
誰かが嫌ってる日本が戦争に勝ったおかげだが

これはとても酷いことだったのだろうな
沖縄本島も中国になりたかったんだ!

151日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:29:09.89
鸚鵡返しの馬鹿は八重山嫌いのアナゴか?
馬鹿丸出しの所が似ているなw

152日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:30:54.77
>>150
その日本は率先して先島を中国に売り渡そうとしてるんだがw
琉球の帰属問題で清と揉めてる時になw

153日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:34:40.20

「不逞鮮人ギルー」を嫌っている皆様へご連絡。

現在ギルーは固定IPで投稿を繰り返している模様。
指定のIPを解析し、晒して下さいね。

ギルーらしき固定IP
>>136>>138>>141>>142>>145

154日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:35:19.37
追加
>>152

155日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:37:22.68
>>154
ギルーが152を知ってるわけないだろw
150のアホウも知らないようだがw

156日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:37:44.84
>>152
その清は真っ先に先島を自国に併合しようとしてるんだがw
琉球の帰属問題で清は自国の利を考えて提案したんだよなw


157日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:40:02.16
>>155
不逞鮮人ギルー本人、お疲れw

158日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:42:04.70
>>156
併合つうか先島に中国の属国としての琉球王国
他の離島や沖縄本島は日本の沖縄県ってな

最初に提案したのはアメリカ
先島諸島を中国に分断統治の案を作成して
中国は最初それをつっぱねてるが
最後は日本側に折れて調印一歩手前までいってる

159日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:44:20.89
>>157
ニュー速で確認すっか?

つかお前が150のアホウなん?

160日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:46:52.14
>>158
解説ありがとう、>>152は嘘吐きなんだなw

161日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:48:12.52
>>158
その調印一歩手前を白紙に覆したのはどうしてでしょうか?

162日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:49:17.43
>>159
ここは日本史板ですが?

つかお前が連投してるアホウなん?

163日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:50:38.35
>>160
152も同一だっつうのw

最初に案を作成したのはアメリカだが
日本も先島諸島はイラネつって
中国属国の琉球王国にしろよwってってんだからよw

それを阻止したんは元琉球王府の役人だw

164日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:53:33.13
>>163
あれ〜?
>その日本は率先して先島を中国に売り渡そうとしてるんだがw
言ってる事が変わってきてますねえw

日本は要らないといったんだねえw

165日本@名無史さん2012/05/27(日) 22:55:57.97
>>164
そうだよw

先島イラネーから中国の好きにせーってな

それを阻止したのは元琉球王府の役人www

166日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:06:28.05
琉球を沖縄県にした日本
清ブチ切れるも日本はスルー
清は困って第三者であるアメリカに相談

アメリカ 先島諸島は清に、その他の島は日本にOK?
日本 先島諸島イラネーからそれでいいわ
清 いやいやそれはないわーとごねるも結局は折れる

そこで空気だった元琉球の役人登場

琉 ファッキン!と叫び切腹抗議

清 アイヤー!琉がマジ切れしてるアル!
この話は無かったことに→沖縄県はそのままに

167日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:10:33.80
>>165
はいはい、あんたは嘘ついたと正直に言うから好きだよwww

168日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:12:14.30
>>166
そうそう、清がどん引きしただけだなwww

169日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:15:22.29
>>167

>>166が先島諸島を巡るやり取りを簡略したもんだ

少なくとも元琉球の役人が居なければ
先島は未だに中国の属国の琉球国なんだが
知らなかった?

170日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:17:37.05
>>167
>先島諸島が中国領土にならなかったのは
>誰かが嫌ってる日本が戦争に勝ったおかげだが

おまいもこんな嘘はやめようなw

171日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:18:03.55
琉球の歴史で誇れる役人って一人だけなの?

172日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:23:33.21

お前ら馬鹿じゃねえの?
スレタイ完全無視で日清戦争前の話をしてんじゃねえよ。

173日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:25:05.20
>>170
お前もアホだな
帰属を確定させたのは日本のお陰だろうが

174日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:27:11.45
>>169
なんだ琉球王国潰しに貢献した切腹役人の話だったのか。

175日本@名無史さん2012/05/27(日) 23:45:53.41
>>173
先島諸島に限っては例外
日本のおかげではない

真実から目を背けるのに必死な姿は
不逞鮮人ギルーと一緒ですね

176日本@名無史さん2012/05/28(月) 00:00:07.82
>>175
そうかい?
切腹役人たちが戦争決着までの時間稼ぎをしてくれたお陰である事は認めるよ
でも日本領である事を戦争で決定的にしたのは日本だろ。

切腹役人が清の分割意欲を諦めさせたと言う証拠でもあるのかい?

177日本@名無史さん2012/05/28(月) 00:29:45.36
日清戦争で清国が勝利してたらどうなってたかな?
結果論で百年以上経てばいくらでも卑怯に都合良く言えるわけ
そもそも当時は日清間で戦争が起きるか分からない
ましてや戦争の勝敗なんて誰も知り得ない当時の琉球役人が
日清間の国際条約調印一歩手前を土壇場で白紙に戻したというのは
紛れもなく当時の琉球役人の血と汗と涙のとてつもない努力の成果だと思うが

178日本@名無史さん2012/05/28(月) 00:30:07.35
まじギルーみたいな奴だな

少しは手前で調べろよ

林世功 毛鳳来

分島・改約条約案

179日本@名無史さん2012/05/28(月) 00:39:45.51
手前は146でソースも出さずに
逆に要求するギルーみたいなことして
よう人にソース要求できるな
何が証拠でもあるのかい?だ
手前が先の質問に答えてからにしろよ

薩摩憎しで日本や鹿児島を叩くギルー
琉球憎しで琉球を叩く>>176

恨の精神か?朝鮮メンタルなのか?お前も

慶来慶田城用緒や長田大主も琉球が悪いんか?

180日本@名無史さん2012/05/28(月) 00:55:48.46
>>147
八重山の人頭税が王府成立からというソース

181日本@名無史さん2012/05/28(月) 01:02:56.84
八重山は朝鮮人漂着者が流れ着く場所

182日本@名無史さん2012/05/28(月) 01:21:22.74
八重山の人は具志堅ヨーコーのことも嫌い

183日本@名無史さん2012/05/28(月) 08:45:30.05

どうもスレ建て主です。

このスレの趣旨は、
琉球(王)国に征服されるまでの国々・地域・島々の歴史を語り合おうです。
征服された後の歴史、それも遥か後の歴史など想定しておりません、ご自重ねがいます。

琉球王国を絡めた議論を欲する方はこちらへどうぞ。
【桓雄】李氏朝鮮VS琉球王国6【阿摩美久】(盛んです、お勧めですね)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/korea/1337305823/401-500

【尚巴志】琉球王国の450年【金丸】(停滞しております)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1334948602/1-100

他にこの様なスレもありますが、どなたかがTwitterの様に利用しているだけですね。
琉球王国・蝦夷共和国 part2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1321112001/601-700

184日本@名無史さん2012/05/29(火) 03:51:33.93
脱清した首里士族が先島分島案に抗議して
自殺したという話をなぜ切腹というのか?
自殺=切腹ではない。

185日本@名無史さん2012/05/29(火) 07:32:19.28
>>184
切腹が不適当だと言うなら割腹と表現すればいいだろう
自殺したことには変わりないしな
どっちにしろスレチ

186日本@名無史さん2012/05/29(火) 11:03:14.51
>>185
てか自ら腹に刀を刺して切り裂いたの?
自殺=切腹ではないよ。

187日本@名無史さん2012/05/29(火) 12:26:46.79
>>186
誰かに刺されたとでも思ったのか?
自ら腹に刀を刺して切り裂いたのは間違いないのよ
本によっては切腹とか割腹とか書いて無くても
はっきりと自殺だということは書いてあるしな

ところで自殺=切腹ではないと言う理由はなに?
意味がよくわからんので理由を先に述べて頂戴

188日本@名無史さん2012/05/29(火) 14:15:27.57
>>187
切腹や割腹とかいてある文献はないよ
琉球人は切腹の習慣はなかったし。

189日本@名無史さん2012/05/29(火) 15:11:02.31
>>188
中国側の文献にある
クズチョンギル

お前は2チャンしてないで
ヒヌカンでも拝んでろヘーガサー婆

190日本@名無史さん2012/05/29(火) 15:18:11.74
>>184 186 188は

クズチョンギルという基地外
朝鮮大好きで日本嫌いの反日工作員
携帯を駆使して2チャンや、まちbbsで
沖縄vs本土の対立工作を煽るも
基本設定が馬鹿なので
本土側からも沖縄側からも
キチガイ扱いかスルーされてる
↓がクズチョンギルによる最新の発言

375 名前: ちゅらさん 投稿日: 2012/05/29(火) 11:30:16 ID:3Ttjw+DQ [ 05004014386750_ec.ezweb.ne.jp.wb74proxy01.ezweb.ne.jp ]
沖縄県民にとって日本国民の肩書きは
とても便利でありがたい称号だよ
あと30年ほどはね。

191日本@名無史さん2012/05/29(火) 15:29:25.20
チョンギルの生息場所

2ちゃん 沖縄、琉球の歴史関係スレ 方言スレ

まちbbs 西原町スレ、その他

沖縄や琉球の歴史関係スレに出没するが
偏り誤った歴史しか知らない為に
住人にフルボッコされることがしばしば

192日本@名無史さん2012/05/29(火) 15:47:33.75
>>188
>切腹や割腹とかいてある文献はないよ
>琉球人は切腹の習慣はなかったし。

なら死因はなんだろうね?

てっきり切腹が自殺で無いと言ってるのかと思った
紛らわしい書き方する人だね

193日本@名無史さん2012/05/29(火) 17:43:01.16
>脱清した首里士族が先島分島案に抗議して
>自殺したという話をなぜ切腹というのか?
>自殺=切腹ではない。



>てっきり切腹が自殺で無いと言ってるのかと思った
>紛らわしい書き方する人だね

馬鹿すぎワロタw
日本語もまともに理解できのかw

194日本@名無史さん2012/05/29(火) 17:56:49.27
自殺=切腹ではない
自殺だから首を吊ったとみるのが自然。

195日本@名無史さん2012/05/29(火) 18:07:21.24
不逞鮮人ギルーの妄言ショー

196日本@名無史さん2012/05/29(火) 18:18:48.34
>>193->>194
↑不逞朝鮮ギルー、30代くらいと歳を誤魔化す。

【奄美・沖縄】琉球方言・琉球語3【宮古・八重山】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dialect/1325331818/

>458 :名無す:2012/05/23(水) 10:03:34.29 ID:0PTO9YJ3
>私が幼いころ明治生まれのお年寄りの中には
>共通語を解さない人はいましたけどね。

>462 :名無す:2012/05/23(水) 16:54:59.31 ID:0PTO9YJ3 返信 tw しおり しおりを削除する
>>461
>昭和57年に近所に住んでいた高齢者の方ですよ
>共通語を話すことはありませんでした。

とこのように発言しているに、続く

197日本@名無史さん2012/05/29(火) 18:19:35.73
>>196続き、こちらではこのような事を言う

【懐古】みんなが忘れていた昔の事を思い出すスレ-21【回顧】
http://www.machi.to/bbs/read.cgi/okinawa/1335508662/l50
>145 名前: ちゅらさん 投稿日: 2012/05/24(木) 01:16:19 ID:NxiyTG3A [ 05004014386750_ec.ezweb.ne.jp.wb74proxy01.ezweb.ne.jp ]

>ドルに慣れていたから
>聖徳太子の一万円や五千円札が
>デカく感じたよな

あれ〜、昭和57年(1982年)に幼かった不逞鮮人ギルーは、
昭和47年(1972年)5月15日ドル・円交換時には、
なんとドル札に慣れすぎて円札がでっかく感じたそうですw

文章力や発想がめちゃくちゃで、そのうえ嘘を絡める、とても会話困難な人物ですねw

198日本@名無史さん2012/05/30(水) 09:25:33.73
結局他人の広告灯の役割を果たしてくれてます
事実を再告知してくれてご苦労さん。

199日本@名無史さん2012/05/30(水) 10:29:19.18
>>198
不逞鮮人ギルーさん、いえいえどう致しまして。

>>198は不逞鮮人ギルーと言うアホです、他の方々は関わらないようにしましょう。
前々から、まともな会話を試みる方々が多数居られましたけれど、
不逞鮮人ギルーはいつもこのような調子でまともな会話が出来ません。
また、歴史的事実に対して執拗にソースを要求するマヌケではありますが、
わざわざ提示してあげても、捏造と叫ぶか、読めないとほえる読解力の無い馬鹿です。
逆に、不逞鮮人ギルーに対してソースを要求しますと、100%逃走します。
常に「恨」と「捏造」の精神で生きているので意思疎通は無理です、無視しましょう。
捏造するためには自作自演すら平気で行う基地害でもありますからね。

年齢は50代以上、沖縄戦の後、沖縄へ不法残留した朝鮮人軍夫か慰安婦の子女です。

IPアドレスはこちら「05004014386750_ec.ezweb.ne.jp.wb74proxy01.ezweb.ne.jp」
proxy○○は接続場所で変化するようです。
携帯なので「日本@名無史さん」が青く表示されますがクリックは禁止。
「恨」と「捏造」の精神でレスしているので慣れると判別は簡単です。
投稿は24時間、レスはつぶやき多し、寂しがり屋さんのようでもあります。

繰り返します、この手の嫌がらせ、絡みつきは無視しましょう、他の方は放置が一番。

200日本@名無史さん2012/05/30(水) 13:44:39.41
広告灯の役割ご苦労さん(笑)

201日本@名無史さん2012/05/30(水) 14:19:25.86
>>200
ばーか(笑)

202日本@名無史さん2012/05/31(木) 09:27:38.75
広告灯ご苦労さん

203日本@名無史さん2012/05/31(木) 17:23:46.83
>>202
キチガイ(笑)

204日本@名無史さん2012/05/31(木) 18:15:33.37
漢字間違えてるのは仕様だろうか

しかも

>事実を再告知してくれてご苦労さん。

と自分がキチガイの朝鮮人だというのも肯定してるし

205日本@名無史さん2012/05/31(木) 19:38:13.46
オウムの松本何チャラと同じように
自分でも理解できずブツブツ言ってるだけなんだろうかと

206日本@名無史さん2012/05/31(木) 20:17:01.44
病んでるのね

207日本@名無史さん2012/05/31(木) 20:26:04.11
不逞鮮人ギルーは他人が誤字脱字するとしつこくあげつらうよ。
決まって、論破されたり、読解力の無さを指摘されたり、
無知などなどを誤魔化したりするときに良くやる卑怯者ね。

208日本@名無史さん2012/05/31(木) 21:33:39.81
アルツハイマー患ってる耄碌婆だからな

209日本@名無史さん2012/05/31(木) 21:45:58.52
ひねくれた婆婆ほど質が悪いものはない

210日本@名無史さん2012/05/31(木) 21:53:35.04
せやなギルーほど質が悪いものはない

211日本@名無史さん2012/06/01(金) 09:43:21.05
>>204
このレス訂正しないの?

212日本@名無史さん2012/06/01(金) 17:57:38.51
>>207
誤字脱字
訓読み苦手
指摘され
すぐに逆ギレ
雑魚な鮮人〆m(_ _)m

213日本@名無史さん2012/06/01(金) 18:42:33.99
不逞鮮人ギルーが妄想モードに入ったようです

214日本@名無史さん2012/06/02(土) 05:05:06.12
状況の〜
確認できず自らの
無能を棚に
あげて悪態〆m(_ _)m
※アンチギルーの常でございます

215日本@名無史さん2012/06/08(金) 00:40:31.27
>>207
朝鮮人に訓読み表記が間違ってると指摘しただけ(笑)

216日本@名無史さん2012/06/12(火) 10:17:31.76
朝鮮人は漢字が苦手

217日本@名無史さん2012/06/16(土) 08:16:09.10
朝鮮人は誤字を指摘されるとキレる。

218日本@名無史さん2012/06/20(水) 14:01:13.43
朝鮮人は誤字を指摘されてもどこが誤字か
解らないから逆ギレするのだ
しかも簡単な訓読み表記も満足に書けない。

219日本@名無史さん2012/06/21(木) 09:23:19.35
まるで「ゆとり」じゃないか

220日本@名無史さん2012/06/23(土) 05:00:23.42
在日でも日本人に紛れて日本の学校に
通った者はある程度読み書きできるが
朝鮮学校に行った者は漢字が苦手だ
漢字教育を廃止してハングル一辺倒だからね

221日本@名無史さん2012/06/24(日) 09:38:31.70
進学の為に日本の教育制度に準拠していると聞いてたんだけど違うんだ
あんた詳しいな朝鮮人だね?

222日本@名無史さん2012/06/24(日) 16:19:58.94
>>221
あんたに教養が足りないだけだよ
自分の顔を鏡でよく見てみなよ。
なに人に似てるんだ?

223日本@名無史さん2012/06/28(木) 11:18:19.39
鏡よ鏡
きれいに映しておくれ

224日本@名無史さん2012/07/04(水) 06:46:05.43
漢字を知らない朝鮮人

225日本@名無史さん2012/07/05(木) 22:21:36.79
漢字を書けない君

226日本@名無史さん2012/07/07(土) 02:50:11.69
大韓民国と書けない
韓国人

227日本@名無史さん2012/07/07(土) 04:51:29.03
薔薇って書ける?

228日本@名無史さん2012/07/07(土) 07:14:43.89
>>227
薔薇って書ける?×
バラって書ける?〇
答見せてどーすんねん

229日本@名無史さん2012/07/07(土) 13:45:13.94
だからCMネタは風化するって言ったのにw

230日本@名無史さん2012/07/08(日) 01:44:32.87
大姦民国

231日本@名無史さん2012/07/16(月) 09:41:11.89
大姦民酷

232日本@名無史さん2012/07/18(水) 20:16:07.84
朝鮮民死主義インキン共和国

233日本@名無史さん2012/07/21(土) 13:54:57.09
キモじょんうん
蛙みたいな独裁者(笑)

234日本@名無史さん2012/07/25(水) 11:55:08.03
故金正日の元専属料理人の藤本氏
キムジョンウンの招きで北朝鮮へ。

235日本@名無史さん2012/07/26(木) 18:42:10.92
節操のない奴だな

236日本@名無史さん2012/07/29(日) 18:22:18.15
帰国できなかったりして…

237日本@名無史さん2012/08/12(日) 06:52:04.80
王朝発祥が源為朝というのは馬琴の椿説弓張月の話でまったくのフィクション
史実かそうでないかを議論すること自体不毛なことだから

238日本@名無史さん2012/09/03(月) 01:11:42.81
為朝伝説はフィクションというより、民間伝承として日本中に見られる

239日本@名無史さん2012/09/06(木) 23:02:35.64
古琉球時代は先島諸島どころか沖縄・奄美でさえも手巾などの織物の柄は台湾原住民風と言うか華南の少数民族めいている。入れ墨と洗骨あたりが古俗の代表で、ちょっとおどろおどろしいイメージ。湧き水場の石組なんかから感じる濃厚なオーラなんかも古琉球っぽい。

240日本@名無史さん2012/09/06(木) 23:06:42.47
王国以前ではないけれど、王廟の浦添ようどれの漆喰壁や首里の玉陵の丸っこくてちょっと気持ち悪い獅子像なんかもユニークで古琉球めいている。

241日本@名無史さん2012/09/09(日) 07:45:37.68
中城御殿って復元工事始まったの?

242日本@名無史さん2012/09/13(木) 01:53:00.04
>>240
洗骨が古俗??

243日本@名無史さん2012/09/13(木) 19:15:21.74
>>242
どうしましたか不逞鮮人ギルー、毎度の知ったかぶり疑問符ですか?
いつもそれだけ、まともに説明も出来ないのに馬鹿を晒してますよ。

244日本@名無史さん2012/09/13(木) 19:46:52.10
台湾の先住民たちとの関係はどうなんでしょ?

245日本@名無史さん2012/09/13(木) 21:38:16.27
>>239
はぁ?織物の“柄”?
そんなものあんの?ソースよろ。
朝鮮王朝実録見る限り藍色単色で染めてるだけだが。

「一, 無麻、木綿, 亦不養蠶, 唯織苧爲布, 作衣如直領,
而無領及襞積, 袖短而闊, 染用藍。
中裙用白布三幅, 統繫於臀, 婦人之服, 亦同。 」

246日本@名無史さん2012/09/14(金) 12:01:22.95
>>244
台湾先住民も色んな柄の機織りしますが
沖縄との関係は不明ですね
沖縄には大交易時代にジャワやマラッカから
伝わったと考えられます。

247日本@名無史さん2012/09/14(金) 15:42:33.95
>>246
どうしまたか不逞鮮人ギルー、そんな無知を晒す発言を偉そうに恥ずかしくないのですが?
>>241-242>>244の様に質問だけだけ厨ですね、逆に質問されると逃走は得意でしょ。

248日本@名無史さん2012/09/14(金) 16:47:39.78
>>247
「どうしまたか」??

普段は何語をお使いで?

249日本@名無史さん2012/09/14(金) 18:01:51.87
「どうしましたか」なんでしょうが
日本人なら〔どうしました?〕と言うし、そう書くよね
「どうしましたか」なんて余計な〔か〕を
つけるのは朝鮮人の特徴です。

250日本@名無史さん2012/09/14(金) 18:27:51.43
>>248>>249
どうしましたか不逞鮮人ギルー、朝鮮版日本語教科書でのお勉強だけなんですか?
またまた逆質問ですね、言い訳できなくなると逆質問で言い逃れするのも鮮人の特徴ですね。

251日本@名無史さん2012/09/14(金) 23:08:56.39
>>250
また余計な〔か〕をつけてますね
朝鮮人の特徴が現れてます。

252日本@名無史さん2012/09/15(土) 09:55:34.15
>>251
ぷw不逞鮮人ギルー、やはり日本語を理解していなかったのねw

253日本@名無史さん2012/09/15(土) 10:06:36.79
日本人なら
〔どうしました?〕
〔どうかしましたか?〕と言う
※〔どうしましたか?〕とは言わない
奇妙な日本語になってることに気づかない朝鮮人。

254日本@名無史さん2012/09/15(土) 10:07:55.54
>>252
朝鮮人である

255日本@名無史さん2012/09/15(土) 10:13:40.60
>>253-4
ぷw不逞鮮人ギルー、やはり日本語を理解していなかったのねw
必死に言葉尻を捉えようとしてもこの程度w
そして鮮人らしく、逆朝鮮人認定でアイムザパニーズw

256日本@名無史さん2012/09/15(土) 13:10:53.49
>>255
この者は朝鮮人である
奇妙な日本語を使い自分で気づかない。

257日本@名無史さん2012/09/15(土) 14:25:08.06
>>965
どうしまたか不逞鮮人ギルー、日本語が読めませんか?
他所のスレでも貴方の日本語能力の不備が指摘されますね、朝鮮人だから仕方ないですね。
ちみの発言はまたまたパクリになってますね、朝鮮人だと言い返すのもパクリですねw


桓雄】李氏朝鮮VS琉球王国6【阿摩美久】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/korea/1337305823/

>964 :懐疑主義者 ◆E/9nfHuGUg :2012/09/15(土) 08:19:41.11 ID:TBhrXWs8
>>963
>「どうしましたか ? 」と言うのは普通の日本語に有りますよ。
>状態を尋ねる疑問形の問いかけ用法としてね。
>もっと本を読みましょうよ。
>いや、実際に店舗等に行くのが良いかも知れない。
>こちらが困っているそぶりをしていると、店員がそういう問いかけをして来るから。
>居るんですよね。仔細な間違いを捉えて、"朝鮮人認定"かます人って。
>本当に怖いのは、反日の執念で完璧なまでに日本語に堪能になった韓国・朝鮮人なんですが。
>君の言い方だと、そうした連中の脅威から逃れる事は出来ないのだから。

258日本@名無史さん2012/09/15(土) 14:25:53.36
×>>965、○>>256、訂正

259日本@名無史さん2012/09/15(土) 18:16:08.36
>>257
〔どうしまたか〕←
どういう意味??
ところでお前さんは
総連系?民団系?
どっちの朝鮮人なの?

260日本@名無史さん2012/09/15(土) 19:39:00.03
>>259
ぷw、不逞鮮人ギルー必死だなあw
逆・鮮人認定ご苦労さま、そんなものにもパクリー精神が染み付いてるねえw

261日本@名無史さん2012/09/15(土) 20:03:05.51
>>259
そうそう、>>240のレスに対して>>242で「洗骨が古俗??」ってレスしてたけど答えはなに?
それと他所のスレで「古九州」なる土地名称を騙ってくれたけど何所の事を言ってるのかな?
まあ質問(詰問)だけ厨の不逞鮮人ギルーの事だから、
詳しそうに偉ぶってても質問されると必ず逃走するのは理解してるけどw

262日本@名無史さん2012/09/15(土) 21:24:41.20
同士股化

263日本@名無史さん2012/09/15(土) 22:38:23.58
>>262
ぷw

264日本@名無史さん2012/09/16(日) 00:12:14.20
朝鮮人は自分自信が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う
特徴があります。

265日本@名無史さん2012/09/16(日) 00:42:53.85
>>264
不逞鮮人ギルー自己紹介乙w
この時間帯にも必ず現れるな、24時間工作してるのねw

266日本@名無史さん2012/09/16(日) 01:13:08.29
>>264
不逞鮮人ギルー、>>261の質問くらい答えるの簡単でしょ、
毎度お馴染みの逃走ですか?誤魔化しですか?

267日本@名無史さん2012/09/16(日) 07:19:29.18
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
竹島問題でもわかるように朝鮮人はそのくらい
したたかなのです。

268日本@名無史さん2012/09/16(日) 07:24:32.60
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
竹島問題でもわかるように朝鮮人はそのくらい
したたかなのです。

269日本@名無史さん2012/09/16(日) 08:46:34.15
>>267-268
不逞朝鮮人ギルー、自己紹介乙w
朝鮮人を「したたかなのです」とさり気なく同胞を褒め称えてますねw

「したたか」の意味
粘り強くて、他からの圧力になかなか屈しないさま。しぶといさま。

流石は不逞鮮人ギルー、質問されると逃走する癖、逆・鮮人認定と言うパクリー行為、
相変わらずだなあw

270日本@名無史さん2012/09/16(日) 13:14:48.60
イ・ミョンバクの
首をはねるべきだ!
はねた首は晒し首にしたらよい。

271日本@名無史さん2012/09/16(日) 13:21:51.36
>>296
朝鮮人です
おそらく在日朝鮮人でしょう
イ・ミョンバク共々首をはねるべきだ。

272日本@名無史さん2012/09/16(日) 13:33:02.41
不逞鮮人ギルーが逃走しましたw

はい皆様、>>270をご覧下さい。
ギルーは自らが鮮人である事を誤魔化す為、また自己暗示の一環として、
そして他人からの質問からも逃走する手段として、この様な独り言を始めます。

琉球関係スレで、無意味なレスが並んでいたら、それは不逞鮮人ギルーです。
たまに、ギルー自身のレスにも質問したり返答したりするのはご愛嬌w

こうなりましたら、放置してナマ暖かく見守ってあげましょうw

273日本@名無史さん2012/09/16(日) 14:41:26.76
>>272
朝鮮人です
おそらく在日朝鮮人でしょう
イ・ミョンバク共々首をはねるべきだ。

274日本@名無史さん2012/09/16(日) 14:48:36.65
>>273
不逞鮮人ギルーが殺人予告ですね、怖いですねw

275日本@名無史さん2012/09/16(日) 15:45:42.77
>>272
朝鮮人です
イ・ミョンバクのことを言われ悔しいのでしょう。
イ・ミョンバク共々愚か者です。

276日本@名無史さん2012/09/16(日) 15:50:08.36
>>274
おまえ等の大統領がした愚かなことは
忘れないよ。

277日本@名無史さん2012/09/16(日) 18:22:14.45

不逞鮮人ギルー必死ですw

278日本@名無史さん2012/09/16(日) 19:10:29.35
なんで為朝スレが朝鮮人スレになってるんだ?

279日本@名無史さん2012/09/16(日) 19:19:04.11
沖縄の基地外新報、中共タイムス、地元メディアも中共や朝鮮の工作員が多いしな
大学とかもほとんど乗っ取られてるからスレが乗っ取られるのもしょうがないよ

280日本@名無史さん2012/09/16(日) 19:38:34.07
まあ不逞鮮人ギルーの妄想スレって事だね。
放置していると自作自演が激しすぎてねえw

281日本@名無史さん2012/09/16(日) 20:44:14.93
ネズミあきひろ

282日本@名無史さん2012/09/17(月) 09:28:57.76
>>280←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人でしょう
先日は奇妙な日本語レスしていて朝鮮人自身は気づかずにいました
朝鮮人トン・チンカンと言ったところです。

283日本@名無史さん2012/09/19(水) 09:59:40.79
>>280
お前ら朝鮮人の大統領が行った非礼な言動は
許せないし忘れないぞ。

284日本@名無史さん2012/09/19(水) 18:45:18.36

540 名前: 不逞鮮人ギルー 投稿日: 2012/09/19(水) 14:14:53 ID:CwS0cVzA
事実として沖縄に米軍基地を押し付けている
日米安保が大事から本土は沖縄より多くの
米軍基地を負担するべきである

542 名前: ちゅらさん 投稿日: 2012/09/19(水) 14:26:33 ID:C4kpzu8g
>>540の言い分、泥棒(支那)が我が家(沖縄)に侵入し盗み(領海侵犯や不法占拠)を働くのを防ぐために、
我が家ではなく隣近所(日本本土)に防犯をさせよう。

元スレ、http://www.machi.to/bbs/read.cgi/okinawa/1346947722/

285日本@名無史さん2012/09/19(水) 18:46:03.84

547 名前: 不逞鮮人ギルー 投稿日: 2012/09/19(水) 17:42:16 ID:CwS0cVzA
>>542
アメリカは尖閣問題に介入しないと
言ってるのを知らんのか?
中国艦船や中国漁船による領海侵犯は
海上保安庁の役目だよ
中国が武力で侵略してきたら自衛隊の出動となる。

548 名前: ちゅらさん 投稿日: 2012/09/19(水) 17:56:14 ID:C4kpzu8g
>>547の言い分はよーく理解した。これ以上の工作は無駄だから早く支那へ帰りなさい。
>>540の段階で怪しいヤツと思っていたけどね。

549 名前: ちゅらさん 投稿日: 2012/09/19(水) 17:58:48 ID:hkig+r2Q
>>547
武力衝突すれば、参戦せざるを得ない。
逆に、「参戦しない」と踏めば、中国は喜んで武力行使する。
なぜかって?
自衛隊に「勝てる」と思ってるからではないよ。
「日米同盟」を崩壊させる千載一遇のチャンスだからさ。

元スレ、http://www.machi.to/bbs/read.cgi/okinawa/1346947722/

286日本@名無史さん2012/09/19(水) 19:41:27.35
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人でしょう
イ・ミョンバク共々愚か者です。

287日本@名無史さん2012/09/19(水) 19:49:38.75
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人でしょう。

288日本@名無史さん2012/09/19(水) 22:46:02.76

天皇家に謝罪と賠償を要求した連コリアン(連呼厨コリアン)不逞鮮人ギルー。

工作員をばらされて都合が悪くなったので韓国大統領(自演)批判。

289日本@名無史さん2012/09/20(木) 12:29:30.47
>>288←朝鮮人
自ら朝鮮人であることを認めたも同然!
嘘を平気でレスし始めました
イ・ミョンバク批判が余程気に入らないのでしょうね(笑)

290日本@名無史さん2012/09/20(木) 17:37:11.71


スレたて主より謹んでご連絡します。

このスレでは「不逞鮮人ギルー」が自作(嘘)・自演・妄想(プロパガンダ)・自慰を繰り返しております。

大変危険ですので隔離スレに指定いたします、今後、一般の方の投稿はご遠慮下さい。

291日本@名無史さん2012/09/20(木) 21:47:24.92
>>290←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人でしょう。

292日本@名無史さん2012/09/28(金) 16:01:02.86
10月スタート
NHK朝の連ドラ
☆「純と愛」大阪大正区と宮古島を舞台にした
人情ドラマです。

293日本@名無史さん2012/09/28(金) 16:37:05.10
2ch連ドラ
「チョンギル」2chの琉球・沖縄関連スレで展開される
不逞鮮人ギルー涙の妄想劇
遁走と妄言を繰り返し火病ります

294日本@名無史さん2012/09/28(金) 19:09:11.47
来年度、もしくは再来年度の朝の連ドラ
日本人の差別に負けず、健気にキムチ屋を切り盛りする在日朝鮮人が初の主人公『キムチ屋チョンちゃん』ほぼ確定?

295日本@名無史さん2012/09/29(土) 10:09:01.73
>>293←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと
言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人なのでしょう。

29612012/09/29(土) 12:37:32.35

スレたて主より謹んでご連絡致します。

このスレでは「不逞鮮人ギルー」が自作・自演・妄想・自慰・詐欺などを繰り返しております。

大変危険ですので隔離スレに指定いたします、今後、一般人の方の投稿はご遠慮下さい。


なお当方警告>>290以降、>>291-292・295は「不逞鮮人ギルー」の詐欺(己の悪行擦り付け)と、
自慰(無用な独り言・無駄な番組案内&観光案内)です。

いつものアホな所業を繰り返しております、一般人の方はなま暖かく見守ってあげて下さいね。

297日本@名無史さん2012/09/29(土) 14:05:58.27
>>296←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
在日朝鮮人の屈折した精神状態が伺えますね。

29812012/09/29(土) 15:28:55.76

自称沖縄人・不逞朝鮮人ギルーのレス一例

3 :不逞鮮人ギルー:2011/11/13(日) 16:58:00.05 ID:I2b81vZmO
是非とも奄美大島の悲哀を語って欲しい
自ら語りたかったと言っていたしね
ひーあーい!ひーあーい!さっさと、ひーあーい!かしゃ餅
へく奄美の悲哀語って
たもんせ。

元スレ、http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1321112001/

299日本@名無史さん2012/09/29(土) 20:52:28.84
>>298←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人なのでしょう
脳裏に焼き付いたギルーという存在に呪われてます。

300日本@名無史さん2012/09/29(土) 20:57:03.48
>>296←朝鮮人
朝鮮人らしく誤字と表現の間違いがあります
指摘してもどこが間違いか解らないのが朝鮮人です。

30112012/09/29(土) 23:10:51.91

自称沖縄人・不逞朝鮮人ギルー独善的レスに対する非難一例

>454 名前: ちゅらさん 投稿日: 2011/10/27(木) 16:07:37 ID:EJWO2dkg
>最初っから438が聞いてるんだけどねw
>その後、他人を馬鹿にした喋り口がデフォなちんちくりんが出てきたからこうなったと思うの。
>聞いてるのに、桃原のシーサーの情報じゃなくて、極々私的な沖縄県民 基準を披露するのはコミュニケーション能力低いと思うの。

元スレ、http://okinawa.machi.to/bbs/read.cgi/okinawa/1185649315/
>>436レスから不逞鮮人ギルーが登場します。
ギルーIPアドは、05004014386750_ec.ezweb.ne.jp.wb74proxy○○.ezweb.ne.jp、です。

注意、不逞鮮人ギルーは沖縄生まれ沖縄育ちの在日らしく己の知識自慢が大好きです、が内容は馬鹿そのものです
あれでも60才前後らしいんですよね。

302日本@名無史さん2012/09/30(日) 05:42:53.48
>>301←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人なのでしょう
>>296
文中に誤字があるし
表現の間違いもあります
やはり朝鮮人なのです。

30312012/09/30(日) 20:22:07.19

自称沖縄人・不朝鮮人ギルーの詭弁レス一例、当スレ>>302の解説

>302 :日本@名無史さん:2012/09/30(日) 05:42:53.48
>>301←朝鮮人
>朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
>日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
>おそらく在日朝鮮人なのでしょう

この様に、不逞鮮人ギルーは自身の正体を誤魔化す為、間違いや悪行を指摘する者に罪を擦り付けます。
これは「アイムザパニーズ」と呼ばれてる、鮮人が日本人に化ける行為そのものですね。
また、連コリアン(同じ内容の文章を繰り返す癖)などもそうです。

30412012/09/30(日) 20:22:46.40

>>303続き、当スレ>>302の解説

>>296
>文中に誤字があるし
>表現の間違いもあります
>やはり朝鮮人なのです。

これも鮮人が常習的に使う詭弁の手口ですね。
相手の文章を読み解いて反論するよりも、あら捜しを優先、そして己の悪行を誤魔化そうとするわけです。
なお、この様に上から目線で連呼しておりますが、具体的なソースを提示して説明することは皆無です。
当然ですね、矮小な鮮人詭弁家ギルーにとって、大事だと勘違いしている小ネタを失う事になりますから。

>>301での非難一例も、不逞鮮人ギルーのこの様な悪癖・悪行を的確に指摘しています。

305日本@名無史さん2012/10/01(月) 00:35:24.03
>>303>>304←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人なのでしょう
日本語の文章も誤字がありますし
表現も間違ってます。

306日本@名無史さん2012/10/01(月) 10:33:09.58
チョンギルは不逞鮮人故に
壊れたリピート機能を火病とともに発動してますが
コピペ機能は使えないのです
機械音痴火病鮮人無知蒙昧厚顔無恥

307日本@名無史さん2012/10/01(月) 11:56:29.52
>>306←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
おそらく在日朝鮮人なのでしょう
漢字の誤字が度々あるのも朝鮮人ならではです
普段はハングルばかり使用してるからです。

308日本@名無史さん2012/10/01(月) 12:44:35.96
この朝鮮人おもしろいなw

309日本@名無史さん2012/10/01(月) 16:38:19.66
朝鮮人って、本当に嫌われてるよな
こういう指摘も将来は人権擁護委員により摘発対象になるんだよな
言論弾圧っていつからだっけ?

310日本@名無史さん2012/10/03(水) 07:24:38.52
不逞鮮人とはかつて犯罪や不法な行為をした
朝鮮人「不逞な朝鮮人」を略して不逞鮮人と
言ったものでした
それだけ朝鮮人による犯罪率が高かったと言う事です。

311日本@名無史さん2012/10/03(水) 09:02:13.59
なるほど朝鮮ギルーそのものやね。
だから不逞鮮人言われてるのか納得!

312日本@名無史さん2012/10/03(水) 22:24:04.62
>>311←朝鮮人
朝鮮人は自分自身が朝鮮人なのを棚に上げて
日本人に対して鮮人だの不逞鮮人だのと言う特徴があります
このひとは在日朝鮮人なのでしょう。

313日本@名無史さん2012/10/20(土) 10:27:45.94
なんか日本人より朝鮮人のほうが多いのかな?

314日本@名無史さん2012/10/20(土) 12:27:00.91
琉球がらみは歴史を捏造しようとする朝鮮人ばっかりだわ

315日本@名無史さん2012/10/20(土) 15:14:38.53
朝鮮に比べて琉球は
わりと自由に中国と交流してたから
やっかんでるのでしょう。

316日本@名無史さん2012/11/10(土) 03:27:57.37
テレビ東京
朝8時25分〜
チャングムの誓い放映中〜

317日本@名無史さん2012/12/03(月) 10:05:14.11
オナラ♪

318日本@名無史さん2013/01/10(木) 07:28:21.15
朝鮮

319緊急警告反日シナの企て沖縄全土の断末魔2013/04/09(火) 08:50:21.60

即行動を起こさねば沖縄が中国の自治区になってしまう

メ左翼組織とマスゴミと政治屋に、大多数の県民が洗脳され私たちの沖縄が乗っ取られる寸前まで来てしまった(恐)

メ赤メを強調した共産党デモを見て気付きませんか!?
このような、事態はマジに超ヤバ過ぎです

メ中国共産党メ在日コリアン朝鮮の工作員が沖縄はおろか本土、乗っ取りにも本腰を入れ、水面下で洗脳活動中ですフ絶対に反日マスゴミの偏向報道に騙されてはなりませんツ

チベットの悲劇は明日の沖縄http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1438.html
『オスプレイも基地も絶対絶対に必要です』無ければ速攻侵略され完全奴隷化されます中国にとって基地は侵略の邪魔だから偏向報道し垂笂V皇、本土を揶揄し弱体化を企てる!
`早く気づいて下さい。目を覚ましてください。

Lgウチナワから全国に周知し立ち上がろうツウチナーもヤマトも我らの領土を日本人で団結して守るぞフ・

●至急検索YouTube
【沖縄左翼黒幕の正体】http://m.youtube.com/watch?v=N85HYX2aNd8&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DN85HYX2aNd8
真相真実
http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/522841/246483/category

320日本@名無史さん2013/05/22(水) 23:20:20.45
がんばれ共産党
シニサラセアタマのわるい右翼ばか

321日本@名無史さん2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
日本共産党が何をしたか。
http://81.xmbs.jp/piroshigogo-222215-ch.php?guid=on
日本共産党は戦後の紛争で、コミンテルンから
武器を受け取り党員や同調者、在日朝鮮人に武器を渡し
各地で暴動を起こして警官殺し、民間人巻き添え殺害をしてた。
さらに○害した人間の遺族の自宅周辺を
多数で取り囲み恫喝したり、誹謗中傷の
文章をばら撒いたりしていた。

それに日本共産党は30万人の民兵隊を組織して
思想統制をはかる なんてことも公言していた。
今ではなかったことにしてるが。

日本共産党の下部組織としての日本教職員組合をはじめ、日本主要機関の内部には
それぞれこちこちの共産党員が下部組織作っている
共産党の目的は日本国解体である。破防法適用が相当する。

322日本@名無史さん2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
>>321
ふー
右翼はなるほどアホだな

323日本@名無史さん2013/09/20(金) 15:17:42.20
>>322
痛いところを疲れて涙目おつw

324日本@名無史さん2013/09/21(土) 01:58:32.62
沖縄人の歴史には大きく3つの空白がある。
第1は日本人研究の出発点である港川人と縄文人の間の1万年以上の空白,
第2は日本列島への南の入口である先島地方でグスク時代以前の保存良好な人骨が未発見という空白,
第3は沖縄の歴史の変革期である貝塚時代からグスク時代への移行期の状況が分からないことである。

325日本@名無史さん2013/09/21(土) 15:39:43.84
琉球民族は韓国起源

326日本@名無史さん2013/09/23(月) 09:01:00.62
このハプログループD2はアイヌ人・本土日本人・沖縄人の3集団に多く見られるタイプであり、
朝鮮半島や中国人(漢民族)にはわずかしか見られません。

そして、アリゾナ大学のマイケル・F・ハマー (Michael F. Hammer) のY染色体分析でも
YAPハプロタイプ(D系統)が研究されて、チベット人も沖縄人同様に50%の頻度でこのYAPハプロタイプ(D系統)を持っていることが分かりました。

現在では世界中でもD系統(古モンゴロイド)は極めて稀になっており、。
日本人以外の民族では、遠く西に離れたチベット人に強頻度でD系統が存在するだけであります。
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20121101/1351744208

327日本@名無史さん2013/09/24(火) 03:04:29.33
身勝手に南下して来た後発の韓国人に侵略され、土地を奪われ
更に民族浄化により滅ぼされた(朝鮮)半島南部における先住民である倭人たち。
今の日本人は韓国人の歴史上の侵略責任を追求し、正しい歴史認識を持つべきです。

328日本@名無史さん2013/12/16(月) 14:29:13.77
古琉球のスレかと思ったら朝鮮クソスレだった

329日本@名無史さん2013/12/19(木) 05:04:49.10
琉球列島の某地域では酒のつぎかたが朝鮮と同じだった。
舌打ちもごく普通にしてる。
これらの習慣って単なる偶然なんだろうか?

330日本@名無史さん2013/12/19(木) 09:42:16.67
某地域ってどこね?
うちの地域ではそれ底なしの下品か、生意気ととられるのだが。

331日本@名無史さん2013/12/19(木) 09:53:13.13
某と言ってる時点で嘘確定だろ(笑)

332日本@名無史さん2013/12/19(木) 10:39:54.68
確かにw

333日本@名無史さん2013/12/19(木) 11:56:13.20
イェッエェー、チッ

334日本@名無史さん2013/12/19(木) 18:06:48.11
>>4>>6-10

テンペストは近世だしのう
やはり尚巴志の天下統一から第一尚氏王統滅亡まであたりを見たい

335日本@名無史さん2013/12/30(月) 16:16:06.49
現代の沖縄県と同じく、琉球の解釈も政治的なイデオロギーにまみれてボロボロだ。
俺には琉球王国民の血が全身に流れているが、あまりに哀れで島の土を踏みしめることに躊躇するほどだ。
内地の人間はそんなことお構いもなく、正義感にかられてドヤ顔で島を荒らす。
右も左も全ての内地の人間は島から出て行け!全てのナイチャーを島から叩き出せ!
島が泣いている。

336日本@名無史さん2014/02/01(土) 11:42:35.49
もっと泣けw

337日本@名無史さん2014/02/01(土) 20:28:53.35
>>336
きちくすぎわろたwww

338日本@名無史さん2014/02/04(火) 12:18:46.31
>>326
その考え危ないのよ。
YーD系はYーE系ユダヤとも近いイスラエルと中国の親し過ぎる関係中国国内の分布発表の不自然さDとEが分岐上近いと言っても赤の他人イスラエルから真顔で日本と沖縄に調査に来る胡散臭さ。

339日本@名無史さん2014/02/05(水) 15:59:21.35
>>338
古モンゴロイド、南方モンゴロイド、中央モンゴロイド、北方モンゴロイド
形質で見ると日本は古モンゴロイド、南方、中央の混雑
遺伝子で見るとMTで一番近いのが北アジアのブリヤート
Y染色体で見るとo2の東南アジア〜Dの古モンゴロイド
北方系の染色体C系は少ない
ユダヤの遺伝子構造はどうなんだろうな?

340日本@名無史さん2014/02/05(水) 17:22:27.63
イスラエルが日本や沖縄に調査来るのは
あれだろ日ユ同祖論の検証の為

341日本@名無史さん2014/03/13(木) 14:15:31.64
キリシタンはどこの分野でも荒らし回って、仕方がないな
キリストが表れたのはイスラエルであって、欧州でもアジアでもないのは明白だのによ

342日本@名無史さん2014/04/25(金) 21:23:49.07
気になる

343日本@名無史さん2014/05/13(火) 09:16:07.98
♪だんだん 好きになる 気になる 好きになる

344日本@名無史さん2014/05/14(水) 04:01:36.75
イユぬぬぎてぃいちゅたん。

345日本@名無史さん2014/09/13(土) 20:13:29.16
小島孝之は沖縄県知事選挙に出馬を目指す時だ。
国政選挙に民社党や民主党公認で六度出馬、千葉県議選にも出馬しているが
小島よしおによると「プリティ長嶋は当選したがうちの親父は落ちた。」とのこと。
小島孝之の夫人、つまり、小島よしおの母は琉球王国・第一尚氏王統第2代目国王の尚巴志王の子孫。
小島孝之は小島よしおを王と戴く琉球王制復古を唱え、
普通選挙制度による両院議会制民主主義の輔弼を基調とする立憲王政の実現を具体化させよ。
琉球王国は日本国の保護国として、琉球王は日本国の天子より冊封という形で即位。

通貨は日本円と等価の琉球圓を制定し、日本国政府に鋳造と発行を委任。
日本国政府に信託して琉球王を肖像とする琉球圓の紙幣を発行、日本銀行券と同等の法的価値を持たせる。

346日本@名無史さん2014/09/17(水) 06:38:10.36
オキナワの歴史

629(舒明天皇元)掖玖(屋久島)に大和朝廷から使者を派遣
682(天武天皇11)多禰人・掖玖人・奄美人に禄を与えた
699(文武天皇3)多禰・掖玖・奄美・度感が朝貢
714(和銅7)信覚(石垣島)・球美(久米島)などの人が大和朝廷に朝貢(『続日本紀』)
715(和銅8)信覚・球美・度感・奄美・信覚が朝貢
720(養老8)南島232人に位階を授ける
727(新亀8)南島132人に位階を授ける
→琉球ではなく大和朝廷に服属してる島があることがわかる

古琉球時代
17世紀 流刑となった源為朝が琉球に流れ着き琉球の始祖舜天となったと伝わる(『中山世鑑』『おもろさうし』『椿説弓張月』等)

1422 沖縄本島を統一する(第一尚氏王朝)
1470 クーデターにより重臣金丸即位(第二尚氏王朝)
この頃 八重山を侵略
1524竹富島を強制的に服属させる
1447奄美大島に侵略
1466喜界島に侵略(奄美併合完了)
1571再び奄美を服属させる
→どうみても平穏に南西諸島を統一してない

347日本@名無史さん2014/09/17(水) 06:38:43.43
1609 薩摩藩が琉球侵攻のため奄美に立ち寄る。奄美の親方(地主)たちから服属したいとの申し出を受ける
琉球に到着した薩摩藩兵に琉球王国は戦わずに降伏し服属する
1610 尚寧王、徳川家康、秀忠に謁見
薩摩藩領となる。奄美は薩摩藩の直轄となる

明治5 琉球藩となる
明治12 沖縄県となる
明治18 大東諸島を編入
明治27 下関条約で清国日本の主権を認める
明治28 尖閣諸島を編入
→大東と尖閣は琉球の範囲でないことがわかる

昭和20 米国に接収される
昭和27 トカラ列島が返還される
昭和28 残りの奄美群島が返還される
昭和47 沖縄が日本に返還される
→沖縄と奄美はアメリカも別とみなしていたことがわかる

348日本@名無史さん2014/11/16(日) 11:42:53.51
>ひとつの仮説を提示する。城久遺跡群を中心とした喜界島で9〜12 世紀にかけて,グスク時代的な農耕技術やグスク時代人の祖型
>も含めた「グスク文化の原型」が形成され,そして,グスク時代的農耕の展開による人口増大で島の人口圧が高まり,11〜12 世紀に
>琉球列島への移住がはじまることでグスク時代が幕開けしたのではないかという仮説である。

7〜12世紀の琉球列島をめぐる3つの問題 安里進(沖縄県立博物館・美術館館長)
http://www.rekihaku.ac.jp/outline/publication/ronbun/ronbun8/pdf/179013.pdf

349日本@名無史さん2014/11/16(日) 13:54:13.40
宮古島の西海岸は渡来系だろ呉の太伯の子孫だと言ってると思う
沖縄を発展させたのは渡来人が宝貝を中国に輸出して儲けたから

350日本@名無史さん2014/11/16(日) 14:06:42.80
>>349
呉の太伯の子孫だと言ってるのは、具体的に誰?

351日本@名無史さん2014/11/16(日) 14:11:00.29
「羊と貝」は中国の血統論に抵触する。
あんまり妄想垂れ流すと核撃ち込まれ地球上から消えるぞ。

352日本@名無史さん2014/11/16(日) 14:16:22.30
中国の神話と日本の神話が同じもので中国人には読めないが日本の古代語で読めることを知らないんだな
って言うかお前以前にも出て来たな

353日本@名無史さん2014/11/16(日) 14:27:57.56
>>351
殺人予告か

354日本@名無史さん2014/11/16(日) 14:58:07.31
陰謀論は専門スレでやってくれ

355日本@名無史さん2014/11/16(日) 15:20:39.20
万葉集も朝鮮語で読めるらしいからまあ便利な世の中だなw

356日本@名無史さん2014/11/16(日) 18:39:55.20
>>355
草付きだし皮肉だと思うけど
万葉集を読む時現代朝鮮語を使っているが現在わかっている中期朝鮮語とすらズレまくりだそうだな

357日本@名無史さん2015/01/14(水) 18:13:23.96
平和主義をとなえる沖縄での反米軍基地活動を語る前に琉球の歴史を振り返ってみよう。
建前としての平和主義で礼賛される弱小武装国家であった琉球王国は、薩摩との戦争で負けいとも簡単に奄美を捨て石にした史実がある。
領土と住民を守る国として最低限の分を守ろうとした戦いもなく、奄美で琉球の名の下に戦った住民を見捨てるように薩摩の直轄植民地となることを認め、
250年に及ぶ奴隷の苦難を奄美に押し付けた。

この史実は沖縄の琉球歴史教育ではほとんど触れられず隠蔽され、自分たちだけが歴史を通じた被害者だと洗脳される。
武力反対、平和の島沖縄、命どぅ宝の正体は弱者切り捨て言うなれば離島切り捨てにある。
弱小武装国家の現実は琉球として戦った奄美の住民を捨て石にするという歴史的結果につながった。

かたや大東亜戦争時の大日本帝国は、沖縄を全力を挙げて守ろうとした。
それが第一義的に国民を守る戦いではなかった、領土のための戦いであったと批難されてもその努力は感じられる。
奄美を捨て石にした琉球には努力が欠片も感じられないのにだ。
だが沖縄はその歴史を沖縄は日本の捨て石にされたとご先祖様まで中傷し、イデオロギーのためにその悲劇を利用する。
琉球は奄美を切り捨てた史実があるのにも関わらずその歴史を隠蔽しながらだ。
武力を否定し、戦いを避けることは、最終的に自分たちだけが生き残り弱いところを切り捨てる結果につながるという歴史の反省もない。

武力放棄を掲げる沖縄平和主義の正体は、いざとなれば尖閣だけでなく、宮古八重山諸島も切り捨てればいいと言うことなのだろう。

358日本@名無史さん2015/01/15(木) 05:11:31.02
>>357
>>346
>>347
奄美は琉球王国に与しておりません
むしろ琉球は侵略してくる敵です

359日本@名無史さん2015/08/13(木) 06:42:39.43
そもそも日本もめっちゃ沖縄捨て石にしたじゃねーか。色々勘ぐって沖縄人殺した例もある

360日本@名無史さん2015/08/14(金) 23:44:33.76
ウチナン

361日本@名無史さん2015/10/01(木) 18:27:14.07
沖縄本島人によるレイシズムとは、対立する意見に「オ(ウ)ーシマー」、「ミャーク」という奄美や宮古などの離島のレッテル、「幸福」、「桜」などの思想や信仰のレッテルを貼り他人を貶める暴力的レイシズム。
例をあげると、恵隆之介や奥茂治などのように対立する発言者が奄美からの移住者の子や孫、そして先祖が奄美から来た場合に、それをあえて持ち出し都合の悪い対象にだけ『奄美』などの離島のレッテル貼って貶める。
酷い場合には例え沖縄で生まれ育っていても偽沖縄人など「偽物」呼ばわりさえするレイシズムで貫かれている。
悪質なのは、普段は内地に侵略にされた、植民地にされたと言って内地を批難しているが、当のナイチャーが沖縄の大便者ヅラして周辺離島をヘイトするような言説をしても、沖縄本島小中華主義者はナイチャーを批難するどころか一緒になってヘイトするレイシズムぶり。
琉球民族独立などと看板掲げていても、それは民族主義に名を借りた沖縄本島小中華主義者による本島中心主義のスターリニズムであることが透けて見える
彼らのヘイトが立脚するところは、沖縄のためでもなく、南西諸島全体のためでもなく、いわば沖縄本島小中華主義によるスターリニズムであり、選民主義なのだ。
捏造の民族主義によるスターリニズムであるところは、恣意的な「民族」視観にも見られる。
彼らの論理で「奄美」のレッテルを貼るとすれば、例えば沖縄芝居の藤木勇人も奄美人と言えばいいのにそうは言わない。
自分たちに都合のいい人間は「本物」の沖縄人で、都合の悪い人間は「偽物」だという血統に基づいた党派主義であり、選民スターリニズムだ。
そんなレイシズムが許されて良いわけがない。
自分たちが憎む対象に対してだけ「幸福」や「桜」などの思想信仰のレッテル、そして「奄美」などのレッテルを貼って離島をヘイトする。
それが沖縄本島で猛威を振るっているOKINAWANレイシズム
FUCK THE OKINAWAN RACISM!!

362日本@名無史さん2015/10/01(木) 20:16:33.04
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

363日本@名無史さん2015/10/01(木) 20:17:01.79
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

364日本@名無史さん2015/10/01(木) 20:46:15.69
ウチナンチューとヤマトンチューの二元論的な歴史観はプロパガンダだぞ

第一に琉球は奄美だの久米島だの残酷に抑圧搾取していた悪の帝国だし
第二に沖縄人を搾取していた支配階層の中には
沖縄土着人でも島津系でもない中国人(唐人系)が多かった
ちなみに今でも沖縄の名士というか田舎大名みたいな連中は先祖が中国人だぞ

日本に侵略されてかわいそうみたいな単純な話は与太話なw

365日本@名無史さん2015/10/01(木) 21:18:25.53
歴史的な事実を淡々とすればいいのに、政治色を持って語ろうとするの辞めなよ

366日本@名無史さん2015/10/01(木) 23:25:02.92
そんなナンポーチンコロみたいなクッサイ汚らしい醜悪極まる
東南アジアゴリラに侵略されるとは全く恥ずかしい。

沖縄人は死ねよ。

367日本@名無史さん2015/10/01(木) 23:28:36.37
自生していたのと裁判していたのは違うがな

368日本@名無史さん2015/11/22(日) 06:50:04.53
こんなスレでもイタコ芸人カルトが湧いてたのか

369日本@名無史さん2016/05/05(木) 15:57:45.90
琉球の三山時代(山北、中山、山南)からすでに港町の那覇久米村には「華人」がいたようだね
明国から楊載が朝貢の招論使として琉球へ渡り、初めて中山王察度が入貢のために、明国皇帝の洪武帝へ琉球使節団長として送ったのは同じ琉球人で義弟の泰期だが
やはり最高政治顧問の「国相」には亜蘭匏という久米村の華人が就き
「長史」として程復、王茂という久米村華人を置いて通訳や外交文書作成も任せていたようだ
山北、山南も続いて明と朝貢したが明国への進貢が一番多く琉球の最大勢力となっていったのは中山だった

370日本@名無史さん2016/05/05(木) 19:41:04.39
舜天王統〜英祖王統、察度王末期まで中山国の王都は浦添城を中心とした場所であるなら
琉球統一以前は牧港、泊港が中山国の貿易港か?察度王初期に小島であった那覇に波之上宮護国寺はでき中華や大和や南蛮など外国人商人と大和人僧侶が寄港し移住したり私交易をするだけの市場の島?
山南国は糸満港や馬天港が貿易港で山北国は運天港が貿易港だったが
明国から琉球へ初の冊封使を迎えた中山国武寧王の頃には首里にも王城ができ那覇の港町に天使館、親見世、御物城、迎恩亭などが創られた

371日本@名無史さん2016/05/05(木) 22:21:06.00
三国各地域の勢力では
中山国の茂知附や阿摩和利は南風原港を交易港として勝連城で勢力を強め
山田城にいた山田按司と養子の護佐丸は久良波港を交易港として勢力を強めた
そして後に琉球統一に成功する山南国の佐敷按司だった思昭、巴志の親子も馬天港を交易港にして勢力を強め
同じく山南国、八重瀬按司の汪英紫も「山南王叔」として独自に明国に進貢し力を強大化
明国から正式に「王」と認められてた山北王の怕尼芝、中山王の察度と、山南王の承察度が三国それぞれの王として君臨するが
群雄割拠の琉球三国はまだまだ地域按司も王を脅かす力を蓄えて勢力争いをしていたのか

372日本@名無史さん2016/05/07(土) 17:22:22.64
琉球各地域の有力按司たちは私貿易で東南アジア(蘇木、胡椒、象牙)や日本(漆器、屏風、刀剣)の物を輸出入し琉球産の硫黄や馬、貝等を輸出して富を得ていたが
海禁政策をとっていた明国から山北国、中山国、山南国のそれぞれ一国の「王」と認められた正式な朝貢貿易は量も質もはるかに優れ莫大な富を得る物だった
当時は倭寇(海賊)も琉球に来て密貿易を行っていた可能性も有る
中山王察度は倭寇に捕われた高麗人(朝鮮人)捕虜を高麗に送還し高麗(朝鮮)との交易も始め
琉球にいた華人、大和商人、大和僧侶、時には倭寇も琉球交易の使者として利用されていた
さらに中山国、山南国は王族や若按司から選出し明の国子監に官生(留学生)を送りエリート教育で人材を育てた

373日本@名無史さん2016/05/08(日) 07:18:32.36
山南国、馬天港を持つ島添大里城を拠点とした「汪英紫」は山南王叔(下の世の主)の肩書で明国に独自進貢し
甥である山南王(承察度)より明国への進貢回数も多くなり山南領内を東西二分するほど各集落の按司を従え勢力拡大した
それでも勢力下に入らず対立的だった隣集落の大城グスク按司真武とついに衝突、
大城グスク按司真武一族を討伐し滅ぼしたがその一族は思昭の母、巴志の祖母の一族だった。
この時には与那原港を拠点に佐敷城を築城し佐敷按司となっていた思昭と息子の巴志は打倒汪英紫と琉球統一を誓ったか?思昭の妹は「馬天ノロ」になり、兄親子の守護神となった

374日本@名無史さん2016/05/08(日) 10:04:34.44
1388年に宮古、八重山から沖縄本島に来た与那覇勢豊見親が1390年には琉球三国最大勢力の中山国に入貢し宮古八重山はその勢力下に入った
「山南王叔」の島添大里城の汪英紫は長男の達勃期を八重瀬城の八重瀬按司とし、二男で後に山南王となる「汪応祖」を浮島那覇港のすぐ近くに豊見城グスクを築城させ豊見城按司にしていた
攻め落とした大城グスクには三男の屋富祖を入れて大城グスク按司とした
山南国に一大勢力を築いた汪英紫を甥である山南王承察度は恐れ朝鮮に亡命
王の南山城(島尻大里城)を奪いついに事実上の山南王となった
そして二男の汪応祖や三五郎尾を留学生として明国の国子監に送る。三五郎尾は特に優秀で何度も留学して国子監で特待生扱いに成っていった

375日本@名無史さん2016/05/08(日) 14:42:02.09
南山城(島尻大里城)を山南王から奪った汪英紫はそれまで拠点としていた大里城に三男の屋富祖を入れ島添大里按司にした
港町那覇の久米村にも華人が増えて上天妃廟や龍王殿や天使館、親見世、御物城、迎恩亭が創られたのもこの頃らしく
1395年には中山王察度が逝去、山北王・も逝去と両国の世代交代が相次ぎ中山王武寧、山北王攀安知とそれぞれの世子が新王となった。
数年後に明国留学から帰国した山南国の汪応祖は明国で見た龍舟を真似た舟を作り
豊見城グスク城下の国場川で今日まで伝統行事となった爬竜船競漕(ハーリー)を始めた

376日本@名無史さん2016/05/08(日) 17:50:24.53
父から王位を継いだ山北国の攀安知王はすぐさま明国へ使者を送り進貢している。
新たに自分が山北国の王位を継いだ事を早く皇帝に知らせたかったのだろうか。
中山国はしばらく国相の亜蘭匏(華人)が先代王(察度)の死を明国に伝えないまま明国へ進貢を続けた
洪武帝が崩御し間もなく明国で内乱が起き朝貢貿易は一時中断、明国から密貿易船が那覇港に多く来航したという
一方で「おもろそうし」で「佐敷の鬼鷲」と讃えられた若き巴志は父の思昭に代わり立派な佐敷按司として着々と山南国で小按司勢力と民を味方につけていた

377日本@名無史さん2016/05/08(日) 19:19:04.91
明国の皇位継承争いが終わり三代目皇帝が永楽帝になると琉球の密貿易船は大陸に帰っていった
そして今度は「山南王叔」として事実上の山南王、汪英紫が64歳で逝去した事で長男の「達勃期(八重瀬城按司)」と二男の汪応祖(豊見城グスク按司)の家督争いが起こった。
その機を逃さなかったのが「佐敷の鬼鷲」こと山南国、佐敷按司の巴志だった
明国に留学経験を持ち中山国那覇の久米村華人達とも親しい汪応祖は中山王武寧と同盟し実兄である達勃期と八重瀬軍を抑え山南王位についた
三男の屋富祖は大城グスク按司から島添大里城按司となって島添大里城にいたが兄達の家督争いに心を痛めていたかもしれない
この時、山南国の覇権争いが不安定になった事は確かで
佐敷按司の巴志はチャンスとばかりに隣の島添大里城を小按司勢力を従え攻め討った

378日本@名無史さん2016/05/09(月) 00:53:26.90
大きな賭けだったが巴志の作戦は見事成功し島添大里城を攻略した事で祖母の一族を滅ぼされた仇を伐ち、
さらに馬天港と与那原港という二つの交易港を持ち山南国を二分する強大勢力である島添大里城按司となった。
「佐敷按司の巴志とは何者だ?」山南国はもちろん中山国まで巴志の名は知れ渡り
配下の小按司達や民と戦勝の宴を盛大に催したという。

379日本@名無史さん2016/05/10(火) 20:50:42.78
中山国世子武寧は、偉大な父である先代察度王が築いた琉球最大勢力の王という地位に胡座をかき
巴志が山南国の一大勢力、島添大里城按司となった翌年に明国から琉球へ初めての冊封使節団を迎え正式に中山国の王と認められたが、
父の察度の死後、武寧王は酒宴を頻繁に催しては富を消費し外交は国相の亜蘭匏など程復や王茂といった久米村華人達に任せていた
領内の政治は配下の按司達の好きにさせていたようで領内按司達の統率力は落ち民から信頼を失いつつあった。
そして生前に首里の高台に高楼を築いた父(先代察度王)の首里遷都計画の意志を継いでいた

380日本@名無史さん2016/05/10(火) 21:53:59.23
同じ頃、山北国は与論島や沖永良部島が領内支配下に有るが
沖縄本島内では中山国や山南国より遠く離れたうえに山部が多く繁栄は遅れていた。
これまで中山国や山南国より明国への進貢回数も少なかったが
山北王の攀安知は「自恃武勇、武芸絶倫」と言われるくらい武勇に優れた人物で王位についた直後に明国へ進貢し朝貢に努め
自領内按司達の政治的支配権を強める為と
大国の権威を背景に外の山南国、中山国に勢力を張る事を狙ったのか
1403年には「国俗を変ず」と自ら明国に冠服を要求している

381日本@名無史さん2016/05/10(火) 22:48:29.91
山南王叔(汪英紫)の家督争いで兄の達勃期を撤退させて山南王になった汪応祖は、
弟の島添大里城按司(屋富祖)を討って山南国の一大勢力を奪った巴志に攻めこむ事はせず
山北王攀安知と同様に大国の権威を背景に巴志に圧力をかける事を狙ったか
外交を重視し明国留学経験で得た知識と居城の豊見城グスクが港町那覇と近い事で明国で見た爬竜船競漕(ハーリー)を毎年の恒例行事としたり
那覇の久米村華人達とも親交を深めながら進貢使者の李仲(久米村華人)を按司として迎えて山南領地を与えた
また中山王武寧と同じ1404年に冊封使から正式に王と認められ冊封使節団にも爬竜船競漕を見せて接待したり
積極的な進貢で富を得て山南国は最盛期を迎えた。
汪応祖は山南王として配下の按司達の統率力と民の信頼は先代王より高まっていた

382日本@名無史さん2016/05/11(水) 00:27:52.09
山南国の島添大里城按司となった巴志は
積極的進貢で繁栄し臣下按司達の結束力も高めている山南王(汪応祖)を討つ事は困難だと悟ったか
今は同盟共存しながら山南国のさらなる勢力拡大を目指す方針に切り替えたのか?
中山王武寧は那覇港や泊港に近い首里遷都計画を進めていたが
相変わらず酒色に溺れ配下の按司達や民、外交を任せて中山国政の要職いた久米村華人達までも武寧王への不満がくすぶっていた。

383日本@名無史さん2016/05/11(水) 03:58:37.43
明国皇帝の機嫌を取るためか、臣下が自分に抱く不信に気づいてか
1406年、中山王武寧は強権を振るった。なんと去勢した男の琉球人数人を宦官として明国皇帝に献上したのだ
確かに皇帝・永楽帝は宮廷で宦官を使用していたが朝貢に人を献上するのは異例で流石に激怒したという
そして永楽帝は
「彼等も又、人の子ではないか?罪も無いのに宮刑に処して宦官にしてしまうとは何事か!このような事で朕が喜ぶとでも思っているのか!」
と言って家臣(宦官)に去勢した琉球人を送り返すように厳命した。
配下の役人は「送り返すような事をすれば、琉球も気分を害して、あいさつに来なくなるかも知れません、ここは穏便に、、」
と説得しますが、永楽帝は聴き入れず
「ここで、朕が穏便に処置し宦官を受け取らば、琉球は気に入られたと思い、更に宦官を送ってくるであろう、断じて送り返せ!」

去勢された琉球人は宦官になれず送り返された。

384日本@名無史さん2016/05/11(水) 06:11:28.99
明国皇帝から宦官を送り返された中山王武寧の失態は致命的だった
もはや琉球最大勢力の中山王の威厳は完全に地に落ちてしまったようで配下の諸按司と民は呆れていた。
山南国で琉球統一の野心を持つ「佐敷の鬼鷲」の巴志は、情勢を見極め琉球でその名が知れ渡った勢いのまますぐに狙いを中山王武寧に定めた
配下の按司達と奇襲作戦で果敢に中山王城である浦添城に攻め入った。琉球最大勢力を誇るはずの中山王武寧を支え応戦、援軍につく中山配下の按司は無く、内応者が続出する始末
1406年、35歳の巴志は中山王武寧を討ち取る事に成功した。

385日本@名無史さん2016/05/11(水) 17:14:32.38
父の思紹を中山王に就かせ巴志は父の補佐役として自由に動ける位置で中山国を治める事を決めていたのだろうか
中山王武寧を征伐後、琉球最大勢力の中山国を治め勢力を保つ上で
やはり那覇の久米村華人達や領内の諸按司に協力を願う為に根回しに動き回っただろう
恐らく山南王(汪応祖)も山北王(攀安知)も中山国制覇の巴志親子の目的も薄々分かり
その機敏な決断行動力に警戒感を強めてもおかしくはないはずである

386日本@名無史さん2016/05/12(木) 22:17:56.83
1406年、新たな中山国王は巴志の父、思紹が52歳で即位した
これで後に琉球を統一した第一尚氏王統初代国王となったが
思紹と巴志父子には当時の世界先進国であった大国明朝との正式な交易は初めての経験になるもので
中山武寧前政権にいた程復や王茂という那覇久米村の華人が
そのまま中山王思紹の外交をサポートする要職(長史兼国相)につき指導補佐していた
後の琉球統一後まで第一尚氏王統で琉球歴代王を国相として長く補佐する有能な外交のスペシャリスト
「懐機(華人)」もまだ若かったがこの頃に中山王に仕えただろうか
まずは思紹を先代中山国武寧王世子と偽り明国に進貢を始めた。

387日本@名無史さん2016/05/15(日) 18:50:05.19
翌年の1407年、明国は中山国武寧王の訃告を受け中山王世子とした思紹の襲爵を認めて皮弁冠服を贈り
正式に詔書で「中山王」の称号を与えた。
巴志親子は新たに中山国王城の首里城を築城すると前王統(察度王統)から続く首里遷都計画と
港町那覇を国際流通港としての整備を進めた
1409年には朝鮮にも使者の阿乃佳を派遣し通交
1410年には後に三司官となる王族の模都古ら3名を官生(留学生)として明国国子監へ入監させ
1411年にも懐得(懐機の子か)と「寨官の子(按司の子)」祖魯古が官生として国子監へ入監1413年にも寨官の子(同、志久、周魯毎)3名を国子監へ入監
朝貢と同時に続々と留学生を大陸へ派遣していった

388日本@名無史さん2016/05/15(日) 20:14:06.13
佐敷を中心に山南国の東半分も領地に治める思紹、巴志の親子は
山南王(汪応祖)とは共存関係にあったのか山南国も中山国と競い合うように明国に進貢を重ね
明国の国子監への官生(留学生)派遣も李傑(華人で山南国按司、李仲の子)をはじめとして継続しており
1392年に山南国初の留学生として明国国子監で学んだ「三五郎尾」は
その後、中山国の進貢船で帰国、渡航を繰り返し
この頃には中山国使者となって活躍していた
佐敷を中心とした山南国の東半分と今や琉球最大勢力の中山国も攻め取った巴志親子を牽制するように
山南王汪応祖は富と権力を強固なものにして勢力を張っていたが
山南国内でただ一人この汪応祖政権の栄華を怨む人物がいた
1402年に先代山南王(父、汪英紫)の家督争いに敗れた汪応祖実兄の達勃期だ

389日本@名無史さん2016/05/17(火) 22:32:10.55
>中山王武寧を討ち取る事に成功した。

城を出て行っただけで打ち取られてはいないだろ

390日本@名無史さん2016/06/04(土) 09:00:23.58
先代山南王(汪英紫)はまだ若い次男の汪応祖には
新たに築城した豊見城グスクを与え明国へも留学させていた
当時ではエリートの道を歩ませ早くから次男を後継者に定めていたのか
長男の達勃期には羨ましい限りであったろうか
父の死後、達勃期は弟との王位争いに敗れた
また山南王となった弟は外交力や諸按司の統率力、民の信頼の厚さも有った
それは王兄である達勃期の劣等感を刺激し妬みは以前に増して蓄積されていたのか
1414年、ついに自ら実弟汪応祖を暗殺し強引に山南王位を奪った

391日本@名無史さん2016/06/04(土) 10:23:39.58
これまで琉球山南国の繁栄を築いた山南王汪応祖
その山南王を突如暗殺し王位に就いた実兄達勃期に従う者は無く
配下の按司や民は抗議し反旗を翻した
汪応祖政権下で結束力も強かった配下の按司勢力に直ちに達勃期は征伐され
汪応祖の長子である「他魯毎」が新たな山南王として擁立された
1415年に他魯毎は明国から冊封使(陳季芳)を招き
正式に山南国王と認められた

392日本@名無史さん2016/06/04(土) 21:25:01.15
大和の室町幕府は3代将軍足利義満が明国の冊封を受け貿易していたが
4代将軍の足利義持は属国扱いを懸念し
それまでの日明勘合貿易を止め1411年には明国と断交した。
1414年、その足利義持将軍から中山国思紹王に宛てに返礼書が送られている
「御文くハしく見申候
しん上の物ともたしかにうけとり候ぬ

応永廿一年十一月廿五日


りうきう国のよのぬしへ」
よのぬし=世の主、琉球国王の事であるが
中山国は室町幕府にも博多や境の商人を介して度々進貢していた

393日本@名無史さん2016/06/06(月) 11:17:52.26
山北国王攀安知は
中山王思紹と息子巴志の急速な勢力拡大により
中山国との戦は時間の問題だと警戒していたか
琉球三国の中では明国への進貢や交流が一番少なく山岳林の多い山北国だが
沖永良部島や与論島を勢力下に置き
緒按司は勇猛な者が多かった
特に攀安知王の右腕としていた剛勇の側近「本部平原」は攀安知王に中山国攻略を進言し
「自恃武勇、武芸絶倫」の山北王攀安知は中山攻略戦に備えて兵馬を整え訓練に努めていた

394日本@名無史さん2016/06/06(月) 14:01:07.75
1416年に明国で中山国使節団の事件が発生した
「先キ遣ス所ノ使臣法ヲ犯シテ誅セラル
明主諭シテ曰ク比コロ王ノ使臣「直佳魯」等京師ニ来ル朕特ニ優遇ス
還ルニ及ヒ福建ニ至リ海舟ヲ奪ヒ官軍ヲ暴殺シ
中使ヲ毆傷シ其衣物ヲ奪フ「直佳魯」首罪タリ刑スルニ
大辟ヲ以テス其餘阿勃馬結制等六十七人同悪ニシテ罪死ニ當ス
王ノ忠誠ヲ眷リミ赦シテ遣帰セシム令ヨリ
使者ヲ遣ス宜シク謹戒ヲ加ヘ朝憲ヲ犯ス事母ラシムヘシ」
琉球側首謀者の直佳魯は死罪となったが皇帝と明国側の寛大な処置で
琉球中山側の他67人は強制送還で済んでいる
中山国王思紹は同年に明国皇帝へ謝罪使と献上品を送り事態の収拾をはかった

395日本@名無史さん2016/06/06(月) 18:30:12.30
山北国の国頭按司、羽地按司、名護按司は
密かに中山国思紹王と巴志に接触していた
山北王攀安知政権に不満を持つ山北国の按司達は
攀安知王が中山に攻め入る準備を進めている事を告げた
「山北の軍事策動は今や中山を襲わんとす。事態は急を要す。機先を制せんば、悔ゆるとも及ぶなかれ」

それを聞き中山王思紹は王命で巴志を総大将に山北国征伐を命じた
巴志は中山国内から読谷山按司、越来按司、浦添按司を招集し
山北国の国頭按司、羽地按司、名護按司の兵を率いて連合軍での山北国征伐を決めた

396日本@名無史さん2016/06/06(月) 20:24:29.97
今帰仁城はその昔から山北勢力争いに勝利した山北を治める世の主の王城であった
1322年に攀安知の高祖父、曾祖父の怕尼芝が先の今帰仁城世の主一族を滅ぼし
新たに今帰仁城で怕尼芝王統を築いた
1383年に初めて山北国王として明国に冊封を受け
1385年には明国皇帝から山北王之印である「駱駝鍍金銀印」を贈られた
山北王怕尼芝によって滅ぼされた一族は中山国の伊波按司、読谷山按司として落ち延び
いつしか先祖の敵討ちをするべくと山北国の国頭按司、羽地按司、名護按司もその家系だったのだ

397日本@名無史さん2016/06/07(火) 23:56:23.12
恩納村山田城城主であった読谷山按司の「真牛」は
まだ20代の若武者で先祖が怕尼芝に滅ぼされた先の今帰仁城世の主の家系だった。
この山北王征伐は先祖の敵討ちには絶好の機会で気合いも入っただろうか
100騎の兵を率いて中山軍として参戦した
この若武者こそ後の「護佐丸」なのである
1416年3月11日、山北国の国頭按司、羽地按司、名護按司
中山国の読谷山按司、越来按司、浦添按司の軍勢は
6路それぞれに山北の寒汀那港を目指し
中山軍総大将の巴志も2000の兵を従え首里城から出陣し
泊港から海路20余艘の軍船団で寒汀那港を目指した

398日本@名無史さん2016/06/09(木) 19:41:02.58
1416年3月12日、巴志を総大将にした中山連合軍の兵力約3000騎が山北国の寒汀那港に集結した
父の思紹の後を継ぎ21歳で山南の佐敷按司になった若き「佐敷の鬼鷲」巴志は
31歳で初めて100騎の兵で島添大里城を攻め落とし
35歳で琉球最大勢力の中山浦添城を500騎の兵力で攻略した
いずれも冷静な状況判断でわずかな兵力での短期決戦であり敵の不意を突く奇襲作戦だった
だが今回の山北征伐は琉球最大勢力の中山王軍として圧倒的優勢な兵力である
勝敗は決まっていたが山北王攀安知には既に中山連合軍勢の情報が入り
山北王として望むところと言わんばかりに今帰仁城に兵馬を集め
後世に恥じぬ為に覚悟を決めていた

399日本@名無史さん2016/06/11(土) 21:03:48.62
山北今帰仁城は
標高100mの兵上にあり断崖を要したその立地から天然の要塞と化し
さらに城主である歴代山北世の主たちが城郭の拡張整備を続けて
規模も琉球最大級、曲線を描いた城壁高い難攻不落の堅城となっていた
中山連合軍は寒汀那港から2手に別れて移動し今帰仁城の平朗門(正門)に巴志を総大将とする2700騎馬の本隊と
志慶真門(裏門)に案内役の名護按司と越来按司、読谷山按司の軍勢800騎を配置し
その分隊大将として読谷山按司の真牛(護佐丸)が指揮した
対する山北軍も攀安知王と猛者揃いの一騎当千300騎の兵力が城壁に待ち構えていた

400日本@名無史さん2016/06/12(日) 05:13:43.44
閧の声を合図に山北今帰仁城を攻め込んだ中山連合軍だったが
城壁上から敵の矢と大石が雨あられの如く降り注ぎ負傷者が多数
城門に近づく事も困難であり予想以上に苦戦を強いられた
中山軍浦添按司とその兵が決死の覚悟で威勢よく挺進し
なんとか城壁によじ登るも山北軍が城壁上から槍や長刀で城壁をよじ登ってきた中山兵を切り落とした
挺進部隊に続けと中山連合軍は波状攻撃を仕掛けたが
城内には侵入できず城壁下や城門前には中山軍の死傷者があふれた

401日本@名無史さん2016/06/12(日) 08:32:00.02
中山連合軍VS山北軍の戦闘は3日間続けられたが
中山連合軍は今帰仁城内に攻め込めないまま死傷者は増していた
山北軍も攀安知王が指揮する決死の籠城戦で兵を失い矢も尽き、残る兵力はおよそ100騎であった
中山軍総大将である巴志は作戦を練り直した
「攀安知、淫虐無道千軍ありと雖も心服するに非ず
其の副将『本部平原』は勇ありて智なく且貧人なり、謀を用い之を破るべし」として山北羽地按司に今帰仁城の地形を問い
最も険祖で敵の防御が手薄であろう西南隅から
城内にスパイを1名侵入させ「勇力極強」と言われた敵副将の本部平原を寝返らせる謀略を仕掛けた

402日本@名無史さん2016/06/12(日) 11:18:40.14
3月15日夜、巴志の命で羽地按司が闇夜に紛れて密かに西南隅から今帰仁城内に潜入した
そして敵の副将である本部平原との接触に成功
平原に幣帛を贈り利害を説いて説得した結果
本部平原は内応を約束したのだった。
夜が明けた16日、戦闘が再開されたが山北軍は既に疲労困憊だったであろうか
城内の味方の兵に檄を飛ばし指揮する攀安知王に副将本部平原が進言した
「久しく出て戦わずは、敵、必ず我々を卑怯なりとせん。臣、王と交番に出て戦わば敵を敗る事必せり」
「武芸絶倫、自恃武勇」の攀安知である。見事に本部平原の策略に嵌まり
城を本部平原に居守させ王は自ら兄弟一族17騎の兵を率いて城門を開いた

403日本@名無史さん2016/06/12(日) 14:15:40.13
山北王攀安知は
城門を開き外に押し寄せている中山連合軍の2000騎余の大軍を前に怯む事なく
わずか17騎兵で正面から果敢に斬り込んで行った
武術に優れた攀安知は奮闘し次々と中山兵を討ち取るその鬼神の勢いに押され
中山軍前線の軍勢はジリジリと後退してしまうが
実はこれも攀安知を今帰仁城から引き離す巴志の作戦であった
敗走する敵兵に攀安知は馬を走らせ追撃し逃げ遅れた雑兵を斬り息巻いていた
それを見た巴志は西南隅へ城内突入部隊を向けていた

404日本@名無史さん2016/06/12(日) 17:59:50.96
城門からかなり離れた場所まで来て攀安知は深追いに気がついたか
ふと振り返って今帰仁城の方を見ると
城からは煙と火の手があがっていた
本部平原が裏切り城内に火を放っていたのだ
次に平原の手引きで裏門(志慶真門)に攻めていた読谷山按司の若武者真牛(護佐丸)を大将とする中山軍分隊が城内に突入
西南隅からも中山軍の突入部隊が城壁を乗り越え攻め入った
数で劣る城内の山北軍は次々討たれ散り散りに逃亡し大混乱に陥っていた
攀安知は驚き共に斬り込んだ兄弟一族17騎の内、生き残った7騎を連れてすぐさま城に引き返した

405日本@名無史さん2016/06/12(日) 22:12:18.06
攀安知王が炎上する今帰仁城に駆け戻った時には
城内の屋敷が燃え崩れる中に中山軍に討たれた味方の兵の死体があちこちに横たわっていた
そこに刀を抜いて待ち構えた山北軍副将の本部平原が立っていて攀安知に向かって
「汝既に無道、今汝を斬り中山に降らんとす」と言い放った
平原の謀反だと気づいた攀安知は怒り腰に携えた愛刀「千代金丸」で本部平原に襲い掛かった
燃え盛る城内で一騎打ちの斬り合いの末に攀安知は本部平原を討ち取るが
攀安知も傷だらけの体でもはや為す術もなく
城守護神のイベ石を崇奉した今帰仁城内で最も神聖な御嶽へ向かった

406日本@名無史さん2016/06/13(月) 00:07:07.25
今帰仁城で最も神聖な「テンチジアマチジ御嶽」は男子禁制の御内原の中にあった
テンチジアマチジの御嶽にはその昔から常に城守護神として崇奉されてきた
「カナヒヤブの霊石」がある
攀安知王はその霊石の前に来ると
「今はイベも神も諸共に冥土の旅に赴かん」
と叱して千代金丸で十字に霊石を斬りつけ反す太刀で自害し
城下に流れる志慶真川に愛刀を投げ捨て果てた
生き残った7騎の者も城内それぞれの場所で自害した。
難攻不落と言われた山北今帰仁城は陥落し45歳で巴志は山北国征伐を達成した

407日本@名無史さん2016/06/14(火) 20:07:12.77
1322年から94年間続いた山北国の怕尼芝王統は中山の巴志とその連合軍によって滅ぼされ
攀安知王の王妃と長男(仲宗根王子)は自害したが
次男(志慶真王子)と王女(真亜佳度金)は叔母や叔父(湧川大主)と共に逃げ延び、山南国の兼城按司の元で暮らしたという
攀安知の側室(真加戸金)とその子である三男(外間子)四男(喜屋武久子)と五男(虎寿金)は捕虜として
島添大里城で養育された後に三男と四男は佐敷間切津波古に住まわせ
五男は南風原間切の内嶺按司に引き取られた

408日本@名無史さん2016/06/14(火) 21:21:50.55
伊是名島 千代金丸

409日本@名無史さん2016/06/15(水) 01:44:44.86
山北征伐後、巴志は中山軍から読谷山按司真牛(護佐丸)を
今帰仁城に留まらせ「山北監守」役に任じて山北を統治させた
真牛が怕尼芝に滅ぼされた先の今帰仁城世の主の子孫である事を巴志は知っていたのだろう
およそ100年の時を越えて先祖の敵を討ち今帰仁城を奪還した殊勲である。
この山北監守職は1422年に護佐丸から巴志の次男(尚忠、第一尚氏王統・第3代国王)に引き継がれ
第二尚氏王統の1665年に廃止されるまで王族や重臣が引き継いだ
その理由は今も残る「山北今帰仁城監守来歴碑記(1749年)」の碑文にある
「然れども山北の諸郡、地険祖に係り人もまた勇猛なり、中山を離れること遠く教化敷き難く、復た険阻を恃み而して変乱を生じることを恐る」

410日本@名無史さん2016/06/16(木) 22:49:42.58
攀安知王の使用していた重代相伝の金色の名刀「千代金丸」は
攀安知が自刃した時に城下の志慶真川に投げ捨てたがその後に
伊平屋島の者が拾い中山王に献上したと伝わり
後世まで尚家伝来の宝剣三振りの1つとして受け継がれ
現在では実物は那覇市歴史博物館所蔵で国宝に指定されている。

411日本@名無史さん2016/06/19(日) 19:01:20.83
琉球中山国は
山北攻略により与論島や沖永良部島、徳之島も勢力下に入り
山北監守役の真牛(護佐丸)の下で奄美大島まで勢力を拡大していった
中山王思紹と巴志の優先事項は中山国のさらなる発展、つまり東アジア交易と首里遷都計画
首里城と国際流通港の浮島那覇港周辺の環境整備であったのだろう
1418年、思紹は朝鮮に外交使者「賀通連」を送っているが
この2年前の山北国征伐の最中に琉朝交易で唯一となる朝鮮通信使の「李芸」が公的に琉球を訪れ
倭寇に売られた朝鮮人奴隷44人を連れ帰っていた
その後、賀通連の琉球使節団は帰国途中に暴風で船が遭難し
70人以上が溺死して生き残った者が朝鮮領内の閑山島に漂着し朝鮮王世宗から衣服を賜っている

412日本@名無史さん2016/06/25(土) 01:32:12.14
1418年は久米村華人の「懐機」が初めて史料上に登場した年でもある
思紹の命を受け中山国の「長史」として明国に渡り進貢
明国皇帝・永楽帝に拝謁し皇帝は宴を催し懐機を歓迎している
この「懐機」は生没年不詳の謎の人物であるが琉球統一を果たした第2代尚巴志王〜第5代尚金福王まで仕えた王の側近
琉球統一初期の東南アジア外交、政治と首里城周辺や浮島那覇の大規模な環境整備まで担当した統括責任者「王相(国相)」となり
通常は国王の名で送っていた外交文書であるが
懐機は「王相府王相」の肩書きで琉球の外交を担当
明国皇帝へも琉球国王とは別に王相として貢物を送ったり
皇帝から王相(懐機)宛に賜り物を与えられるなど
琉球史上で唯一単独で皇帝とやり取りができるほどその外交能力と地位は高く認められていた

413日本@名無史さん2016/06/26(日) 05:45:42.20
中山国は東南アジアの品物を仕入れる為に
1419年に交易使者として「阿乃佳」を暹羅国(シャム)現在のタイに派遣し
翌年1420年にも使者「佳期巴那」と通訳「梁復」を再度暹羅国に派遣している

暹羅国(シャム)との交易によってタイ米を原料とする蒸留酒「泡盛」の酒造技術が琉球に伝わったのはこの頃だと言われる

一方、山南国王「他魯毎」は1417年に明国に進貢使を送っていたがその後の数年間山南国の朝貢は途絶えた

414日本@名無史さん2016/06/26(日) 15:31:42.70
室町幕府第4代将軍足利義持が明国と断交し日明貿易が途絶えている時期であった1419年に「応永の外寇」が起きた
翌年の1420年に李氏朝鮮は室町幕府に事態の経緯と後処理の説明するための使者を送っているが
一時沈静化したように見えた対馬や瀬戸内海の倭寇(海賊)がまた猛威を振るい始めていたのだろう
この時の朝鮮通信使「宋希」は京都に向かう途中に泊まった瀬戸内海蒲刈で蒲刈の海賊衆が
「朝鮮の船は則ち本より銭物なし。彼の後より来る琉球船は多く宝物を載せたり。若し其の船来らば則ち奪取せん」
と話していた事を同行していた部下から聞かされ「老松堂日本行録」に記している

415日本@名無史さん2016/06/30(木) 20:20:56.55
沖永良部と徳之島が千竈氏のもとから離れて北山の手に落ちたのはいつ頃のことだろ

416日本@名無史さん2016/07/04(月) 20:43:11.71
>>415
鎌倉幕府が滅びた後のおそらく室町時代からか

417日本@名無史さん2016/07/05(火) 19:58:53.15
奄美のグスクって九州の中世山城と同じ様式だけどあれ千竈氏が築いたんだろうね

千竈氏の支配下にあった頃の奄美群島は日本の境界域という位置づけだったか
その外は異国(異界)で奄美群島も海外との私交易によって中国朝鮮の陶磁器や徳之島のカムィ焼きも
琉球列島全体に広く流通した

「応永の外寇」から2年後の1421年、朝鮮に向かっていた琉球進貢船が対馬海域で倭寇船20余隻に襲われる事件が発生した
海賊による交易品略奪、殺戮と船の焼失で多数の琉球側死傷者が出てしまう
これ以後、琉球進貢船は自衛の武器を備えて遠国に渡るようになり1431年まで朝鮮への琉球進貢船派遣は途絶える

そして第一尚氏王統初代王・思紹が67歳でこの1421年に逝去した
山南国与那原港を要する佐敷間切から「苗代大親」として身を興し「佐敷上グスク」を築城
長男巴志の活躍で勢力を拡大し1406年に琉球最大勢力である中山王に即位後は
首里城を居城として明国との冊封体制を軸に大和室町幕府や朝鮮、東南アジア(シャム)との交易や山北攻略など
琉球三国統一の流れを作った巴志の父
墓所の「佐敷ようどれ」は現在の沖縄航空自衛隊知念分屯地内にあり
妃の美里子之娘(巴志の母)、思紹の両親夫妻(鮫川大主、大城按司之娘)ら家族7人と共に葬られている

420日本@名無史さん2016/07/17(日) 09:21:14.97
1422年、巴志は51歳で中山王に即位した
先代思紹王政権では長史であった久米村華人「懐機」を国政の顧問、相談役の「国相」に置き初の三司官職には明国留学経験のある王舅「模都古」を就かせた
そして明国側へは父思紹の訃告は時期尚早とみて進貢を続けた
山北監守役に就き数年間今帰仁城で山北を治めていた真牛(護佐丸)は
その間に自身の生まれ故郷である読谷山の山田城から西南に約4Kmの読谷山座喜味に築城中であった新たなグスク「座喜味城(読谷山城)」がこの年に完成し
家族と共に「座喜味グスク」に移る事になった
赤土の軟弱な地盤の上に造られたこのグスクは屏風状の美しい曲線を描いた城壁で堅められ
築城の際には勢力下にあった喜界島、奄美大島、沖永良部島、与論島からも人夫を徴用し山田城の石垣を崩して運ばせたという
現存する沖縄最古のアーチ門がこの座喜味城に造られ護佐丸が名築城家としても名を上げた城でもある
山北監守役は巴志の次男(尚忠)が引き継ぎ今帰仁城に居を移した

421日本@名無史さん2016/07/17(日) 17:39:59.21
基地反対を訴える沖縄を批判する本土人は多いが、本土人こそ1950年代に全国的に反基地闘争を行っている。
その結果、本土にあった基地の多くが沖縄に移され、沖縄の在日米軍専用施設の割合は74%にまで増えることになった。
本土人は1950年代に自分たちがやった反基地闘争を棚に上げて沖縄の基地反対運動を批判するのは明らかに矛盾している。

422日本@名無史さん2016/07/18(月) 20:24:41.24
1422〜23年、第一尚氏王統・第2代王となった中山王巴志
その巴志の命を受けた国相懐機の主導で首里城外苑の整備を始めたのはこの頃だろうか
首里遷都計画の一環であり王城の首里城拡張工事と共に外苑として周辺を庭園整備し
冊封使など国賓を迎えるにふさわしい王都とする事で交易で繁栄した国力の誇示ともなる
懐機が中山国長史として1418年に明国へ渡った時
そこで明王朝と王都の壮大な繁栄ぶりを見せつけられていた事は帰国後の首里城外苑整備工事の参考になった
また巴志は首里城から山南や遠くの山北まで延びる「宿道(国内幹線道路)」の整備と
「宿次」と言われる首里王府(首里城)と領内全域の間切(市町村)間にリレー方式で人馬を使った情報伝達システムの構築も進めた

423日本@名無史さん2016/07/19(火) 20:53:29.56
1423年、琉球から朝鮮への進貢船は途絶えていたが
「偽使」と呼ばれる琉球使節の名を騙った博多商人の船が朝鮮に出現する
交易を目的としたその博多商船は朝鮮側に偽りの使節と見破られ拒否されたが
その後、1524年までの約100年間に度々琉球使節の名を騙った偽使が朝鮮に出現した
この時代の日朝貿易では朝鮮側の負担が大きく朝鮮側の認める交易船のみの制限付きの抑制的な日朝貿易であった為に
交易拡大を欲した対馬や博多の大和商船による架空国家の使節や幕府の名を騙った多くの「偽使」が横行していた
幕府側も朝鮮側も様々な形態で巧みに偽る私商船をなかなか取り締まる事ができず江戸時代まで日朝間の偽使の通交は続いた

424日本@名無史さん2016/07/24(日) 12:38:59.20
1424年に琉球中山国は明国に正式に先代王思紹の訃告と世子巴志の中山王即位を伝える使者を送った
訃告を受けた明国側からの使者(周彜)が先代思紹王の功を評した皇帝の勅書を持って琉球に派遣され
諭祭(先代王の葬儀)が行われた
那覇の久米村に中国の道教「航海安全の女神(媽祖)」を祀った「下天妃廟」が久米村の華人達によって創建されたのはこの年といわれている
そして明国では第3代皇帝・永楽帝が65歳で崩御
永楽帝は「世界帝国」を目指して積極的な外征で領土を拡張
北京に紫禁城を完成させ帝都を南京から北京に遷都
外交では「日本国王」とした将軍足利義満を含む東アジア〜アフリカ東海岸まで30ヵ国以上を朝貢国に封じ明朝の最大版図を築いた皇帝
当時の情報伝達事情においては公式に琉球側が永楽帝崩御を知るのは翌年になってからだった

425日本@名無史さん2016/07/31(日) 11:21:03.74
先帝(永楽帝)薨去後の1424年9月には
嫡男の明国第4代皇帝・洪煕帝が即位していたが情報は琉球まで届いておらず
琉球中山国は翌年の1425年に明国へ永楽帝の万寿聖節(皇帝の誕生日)を祝う進貢使者を送ってしまう
その後に琉球に明国から派遣された宦官の冊封使「柴山」によって詔書で伝えられ
初めて琉球側は先帝の薨去と洪煕帝即位を知る
そして皇帝の勅書を読み上げる中山王巴志の冊封の儀を行った
『〜ここに特に内官柴山を遣わし勅命を齎し、尓世子尚巴志を琉球国中山王となし、
以てその世を継がしむ。於戯、尚わくば忠を立て孝を立て藩服を恪しみ守り、徳を修め善を務め、
以て一国の人を福せば、則ち爵禄の栄、究り無きに延ばん。尚わくばそれ祗しみて朕が命を承け、怠るなかれ、忽にするなかれ
故にここに勅諭す宜しく至懐を体すべし。
 洪煕元年二月初一日』

先帝薨去の影響なのか
これまで武寧王、思紹王と明国から中山王に下賜されてきた皮弁冠服はこの時には下賜されなかった

426日本@名無史さん2016/07/31(日) 18:38:14.73
1425年6月に冊封を受けた中山王巴志は
7月に明国へ新皇帝即位の慶賀使、先帝の喪礼および冊封の謝恩使として
王舅「模都古」長史「鄭義才(華人)」と「実達魯」などの進貢使者を柴山ら明の冊封使節団の帰国船に便乗させ派遣した
巴志はこの時、礼部宛てに自身の皮弁冠服給賜を要望する書も送っている
ところが洪煕帝は1425年5月に在位わずか8ヶ月で崩御し6月には長男・宣徳帝が即位していた
現地に派遣されていた中山国使者「阿蒲察度」が琉球へ帰国しその事を巴志に知らせている
明国の皇位交代と改元の情報は中山国を通して山南王「他魯毎」にも知らされ
この年12月に山南国も進貢と喪礼の使者「安丹結制」、「謂慈渤也」と通事「梁報」を明国へ派遣した
当時琉球から北京までの道のりは片道約2ヶ月、往復で5ヶ月〜半年という過酷な長旅だったため
琉球中山国と山南国の使節団が明国の帝都北京に到着した時には
琉球の使者達は明国第5代皇帝・宣徳帝の即位を慶賀し先々帝(永楽帝)、先帝(洪煕帝)の陵墓「明の十三陵」に進み香や供物を捧げた

427日本@名無史さん2016/08/01(月) 20:46:28.50
1425年の中山王巴志は東南アジア産の蘇木、胡椒などを仕入れるため暹羅国(シャム・現タイ)にも
使者「浮那姑是」の交易使節団を派遣していた
以前から暹羅国との交易では琉球交易船に対して暹羅国側が公的な官売買の取引しか認めておらず
巴志は琉球船が持ち込む琉球産の硫黄や日本の腰刀、摺扇と明国の織物、陶磁器などを現地商人と
自由取引できるように許可を求める書状を暹羅国側に度々送っている
一方、冊封使柴山に随行し北京に滞在中の
模都古や鄭義才らの進貢使者は冊封使節団の船に便乗して来た理由を
その昔に明国から中山王が賜った琉球船が経年劣化や海風による破損箇所が目立ち航海が困難であったとして
今後の朝貢のためにも船1隻の給賜を願い出ていた
中山国の進貢使節団は宣徳帝の命を受けた工部から新たに船1隻を賜り帰国の途についた

428日本@名無史さん2016/08/07(日) 13:17:40.39
はじめまして。まず最初にスレ違いをお詫びします。琉球王国関係のものがこちらしか見つからなかったので
やむを得ずこちらに投稿させていただきました。こちらにしか頼る所もなかったので。

それで質問の方なんですが、質問内容は称号についてです。

琉球国王は明王朝・清王朝から冊封を受けて琉球国王となっています。

ですが国王自身の書状は「琉球王」ではなく「中山王」と署名していたり、羽地朝秀が書いた書物の名前も
「中山世鑑」となっていますがなにか意味があるのでしょうか?

もちろん琉球の歴史は凡そは知っております。初めて明に朝貢したのは共に洪武五年ですが、中山の記録が
不明なのに対して南山は22回も記録がある事から元は南山が明に認められていた事。南山の一豪族の尚氏
が中山を滅ぼして王位に着いた後、北山に続いて南山も滅ぼして本島を統一した事等々

で、明や清の朝廷から「琉球国王」の称号を認められていたので自身が権威付けの為にも積極的に琉球国王
を名乗るのが普通なのに、琉球国王という書状が一つも無くもっぱら中山王という一地方政権の王号を名乗
っていることが不可解でなりません。

実際日本国も朝鮮国はきちんと○○国王と名乗ってますし、阮朝も印綬と同じ「安南国王」と名乗っています。ところが琉球
の書状に至ってはただただ「中山王」なのが不可解なのですが、統一志関連の問題なのでしょうか?

どなたか是非教えてください

429日本@名無史さん2016/08/07(日) 22:43:22.74
中山氏なんじゃない?

430日本@名無史さん2016/08/08(月) 07:55:51.18
◆なぜ稲作が長江江南ではありえないのか


日本に水田稲作が伝わった当時の長江江南の遺跡から出土するイネは
中粒種と短粒種が約半々の割合で混ざって出土してくる。
ところが、日本の最古水田から出土した炭化米は短粒種のみ。
しかも、当時の長江江南の主力農具だったはずの石スキが伝わっていない。
というか、最古水田にはスキという器種自体がないし、石刃の農具もない。
それどころか、当時の長江江南には無いエブリとクワといった農具が最初に
伝わってしまっている。
しかも、当時の長江江南の炊飯器だった鬲や鼎といった三足土器も
最古水田にはさっぱり伝わっていない。
日本稲作が長江江南から伝わったなんて2兆パーセントありえません。

431日本@名無史さん2016/08/08(月) 21:03:36.83
>>428
明王朝には琉球国中山王統の正統性をアピールする事が大切だったのかもしれない

第二尚氏王統からは中山「尚」姓の信頼性にも頼った

当時の冊封関係や諸外国との外交をスムーズに行うにはやはり琉球国に突如出現した新興勢力より
「中山」という琉球国王の伝統的な正統性や信頼性が重要視されたのはではないか?
高良センセイや上里センセーなら分かりやすく答えてくれるだろう

432日本@名無史さん2016/08/09(火) 00:09:30.60
>>431
ありがとうございます。一つの参考にさせていただきます。

>「中山」という琉球国王の伝統的な正統性や信頼性が重要視されたのはではないか?

なるほど。ただの「琉球国王」だと解りにくいので、その出自を強調したと言ったところ
でしょうか?

>高良センセイや上里センセーなら分かりやすく答えてくれるだろう

今すぐにでも質問したいんですけどね^^; 連絡方法を知らなくて

433日本@名無史さん2016/08/12(金) 20:08:50.28
1426年、琉球中山国は明国に「長至令節」の慶賀使者「宗比結制」と「佳期巴那」を派遣した
名目上は夏至5月の季節を祝う使節団だが目的は朝貢であった
そして中山国は昨年に続き東南アジア暹羅国へ「阿勃馬結制」や「浮那姑是」などの交易使節団を派遣して蘇木、胡椒などの東南アジア産の交易品仕入れにも積極的だった
この頃には中山王巴志が国相「懐機」に命じて進められた首里城外苑の整備工事も完成間近となっていただろう
対して、琉球内ではすっかり小規模となった「他魯毎王」の山南勢力は
他魯毎が山南王となって10年余り、山北を平定した巴志の中山勢力に軍事力と外交力で圧倒され
明国への進貢回数も減り山南国は衰退の一途をたどっていた

434日本@名無史さん2016/08/13(土) 18:56:43.70
1427年、明国から宦官の使者柴山が琉球に派遣された。柴山は1425年中山王巴志の冊封使として訪れて以来2度目の来琉となった
用件として琉球中山国に生漆と磨刀石(砥石)の買いつけの依頼であり購入資金として明国側から大量の「銅銭」が支給された
巴志が「中山王の証」として要望していた「皮弁冠服」も明国宣徳帝より勅書と共にこの時に下賜されたのである
そして首里遷都計画整備工事を進めていた首里城外苑もこの年に完成した
国相「懐機」が「風水を取り入れ中国の王宮に倣う」とした王城の北に大きな人工の池を掘り魚を放し「龍潭」とし
土を盛り「安国山」を築き樹木と花々を植え庭園を造営した首里城の築城がほぼ現在の形に完成したのもこの頃である
首里城外苑完成を記念して龍潭付近にその経緯を記した「安国山樹華木之記碑(1427年)」が建立された
琉球にはない中国産の「輝緑岩」が使用されたこの石碑は現存する沖縄最古の金石文とされ
沖縄県立博物館美術館に所蔵されている

435日本@名無史さん2016/08/14(日) 09:16:32.96
明国から生漆と磨刀石の買いつけ依頼を受けた琉球中山国は
すぐに生漆と磨刀石の調達にかかり翌年1428年2月に明国礼部宛てに返答文書を送っている
「切に坐買せる第六様磨刀石は本国(琉球)の採弁するに縁りて自ら進むるを除くの外、その余の所産も曷ぞあえて違うあらんや
随即に合に的当の頭目を差わし人船を管領して銅銭を装載し隣国(日本)の産有地方に前み去きて収買せんとするも
彼国の争戦に遇い、客路通ぜず。もし完日を候たば誠に用に応ずるに*りあるを恐る
いま時価によりて生漆270斤、銭22万9000貫400文に該る、第五様磨刀石計3855斤、銭53300文に該るを買到して先に欽差内官柴山の来船に付し
装載して京(北京)に赴き進収せしむ
その余の銅銭171万7300文は、続いて後に再買して至るの日、別に進用を行う。咨もて施行せられんことを請う
須く咨に至るべき者なり
 右、礼部に咨す
宣徳三年二月十一日 咨す 」
まだ調達できていない品は次回購入分として
初回調達分の生漆、琉球産の磨刀石は明国使者柴山の帰国船に積み込み明国へ送られた

436日本@名無史さん2016/08/15(月) 16:10:32.88
首里では1428年、王都入口から首里城まで続く約500mを大手道として整備している
道幅約12mに琉球石灰岩を砕いた白粉を敷き詰め漆喰や御香原料となる香粉(タブ粉)などで固めた白い舗装道路
「綾門大道」別名「香粉道(こうぐーみち)」がつくられ
その綾門大道の入口に首里城に続く第一の門「建国門」も創建された
門には明国の使者柴山から贈られた「中山」の額字の扁額が掲げられた事から「中山門」と呼ぶようになった
この約100年後に創建された同形同大の第二の門「守礼門」とは対となり
守礼門を「上の綾門」、そこから約500m下った中山門を「下の綾門」と呼ぶようになっていった
後には首里城に向かう多くの冊封使節や薩摩軍勢や薩摩役人、ペリー提督一行もこの「綾門大道」を通る事となった
入口の「中山門」は琉球処分後の明治時代まで存在し古写真が残るが1908年に民間に売却され老朽化のため取り壊された
現在ではその場所には紅型店と「中山門跡」の説明板がある
綾門大道の舗装は沖縄戦前まで残り記憶に留めている古老も健在だという

437日本@名無史さん2016/08/15(月) 22:01:50.80
1428年9月には中山王巴志は東南アジア交易で新たに旧港(パレンバン、現インドネシア)に青磁器類を礼物として使者「実達魯」を派遣した
既にパレンバンは大陸から移住した漢民族の華僑商人集団が交易をしている港市であった
この時から懐機も「琉球国王相 懐機」の名でパレンバンの管事官(華僑)宛てに書簡を送っている
懐機の書簡によると1421年に旧港(パレンバン)から南九州に着岸した南蛮交易船が博多に廻航中に破船してしまい
日本国九州官の源道鎮(九州探題、渋川道鎮)からその南蛮旧港使者20人余りの本国送還を頼まれたが
当時の琉球国中山と旧港との通交はなく
よって暹羅国(シャム)に派遣する琉球使者「闍那結制」の琉球交易船に南蛮旧港の使者を便乗させて暹羅国まで送り
さらに暹羅国経由で本国送還を依頼していた
「あれから未だ到るや否やを知らず」と懐機は気にかけていた事を伝えながら
旧港側に今琉球が派遣した使者「実達魯」の交易使節団とすみやかな通交を要請したのだった
同時に王相懐機からの礼物として摺扇、刀剣と中国製の鎖子甲などを送った

4384322016/08/15(月) 22:44:59.26
432です。>>437さんが皆同じ人と仮定して質問します。

>>396
>1385年には明国皇帝から山北王之印である「駱駝鍍金銀印」を贈られた

と書かれていたのですが、それは間違いなく「山北王之印」ですか? それと琉球三王は「琉球国王之印」では
なくそれぞれ三王の印を貰っていたのでしょうか? 何故このような質問をするか? というと、安南国の例から
見ても非常に異質で変わっているからです。

冊封国の場合はそれぞれの国の王印というのはありますが、その国の中の一地方の王の印綬を授けるというのは
やはり中国史からの観点から見ても変わっているように思えます。

「山北王之印」「中山王之印」?「山南王之印」を授けたとすれば、一体どういう理由だと思われますか?
私見でもよろしいのでぜひ意見を聞かせてもらえれば幸いです。

4394322016/08/16(火) 00:27:15.38
追記
三王の印綬、現物があるのでしょうか?

それとも『明史』の中に記述があるのでしょうか?

440日本@名無史さん2016/08/16(火) 08:26:44.68
>>438-439
すいません、
現物は見つかっていないが王印である事は確かでおそらく「山〇王之印」と彫られていたかという推測ですね
明側史料の「明実録」に記述があるのは「王」とあるようで
初代皇帝・洪武帝は琉球から帰国した使者からの報告で琉球では三王が互いに争い覇を競っている事を知っていた
最初に鍍金銀印を賜ったのは1383年中山王察度でその皇帝の勅諭では
『「王」、滄溟の中に居り、崇き山環(めぐ)れる海に国を為す。事大の礼行わざるとも亦た何をか患(うれ)えんや
「王」能く天を体して民を育て、事大の礼を行う朕即位してより十有六年、歳ごとに人を遣わして朝貢す
朕、「王」の至誠を嘉し、尚佩監奉御「路謙」に命じて「王」の誠礼に報わしむ何ぞ期せん、「王」復た遣使し来りて謝す。
今内使監丞「梁民」をして前の奉御路謙と同(とも)に符を齎(もたら)して「王」に渡金銀印一を賜わしむ
近ごろ使者帰りて言わく琉球の三王互いに争いて農を廃し民を傷つく、と。
朕甚だ焉(これ)を閔れむ。詩に曰く、天の威を畏(おそ)れ、時(ここ)に于て之を保たん、と。
「王」其れ戦を罷め民を息(やす)ましめよ、務めて爾の徳を脩むれば則ち国用永く安からん』

441日本@名無史さん2016/08/16(火) 09:07:35.64
>>438-439
同じく1383年
山南王承察度・山北王怕尼芝への皇帝の勅諭
『上帝生を好めば、寰宇の内に生民衆(おお)し。天、生民の互相に残害するを恐れ
特に聡明なる者を生じ之に主たらしむ。邇者(ちかごろ)「琉球国王察度」、事大の誠を堅くし遣使し来りて報ず
而して「山南王承察度」も亦た人を遣わし使者に随い入覲せしむ。其の至誠くを鑑(み)、深く用て嘉納す
近ごろ使者、海中より帰りて言わく「琉球の三王」互いに争い農業を廃棄し人命を傷残す、と。
朕、之を聞き憫に勝(た)えず今遣使し「二王」に論して之を知らしむ「二王」能く朕の意を体し
兵を息め、民を養いて以て国祚を綿(つら)ぬれば、則ち天必ず之を祐(たす)けん
然らずんば悔ゆるとも及ぶことを無からん』
この以前からすでに中山王察度と山南王承察度は明国と朝貢関係にあって
この年12月に山北王怕尼芝も初めて明国に進貢した
明実録では山南王と山北王が鍍金銀印を賜ったのはこの後1385年とあり
最近(2015年)では1385年に山南王と山北王に直接に鍍金銀印を渡したと記した
明国使者「蔡英夫」の史料が発見されています

442日本@名無史さん2016/08/16(火) 14:54:45.05
>>441
ありがとうございます。大変参考になりました。

それを聞いて何故琉球国王が日本国や安南国と違い銀印なのか? というのも何となく解かるような
気がしてきました(まあ朝鮮国王印の銅印は別という事でw)

国力や国の格としては決して比較しても下という事もありません。にも関わらず銀印というのはやは
り内乱が詳らかに把握された故の事という事でしょうね。

443日本@名無史さん2016/08/16(火) 19:32:20.66
BC3C末、徐福一行の故郷、華北では三足土器で炊飯していました。
粗製灰陶で出来ている鬲です。
灰陶を焼く穴窯も、炊飯器の鬲もさっぱり伝わっておりません。
秦王朝のシンボルでもあった鼎も土器にも青銅器にもさっぱり伝わっておりません。
中国青銅器の雷文や龍文はもちろん、龍信仰さえさっぱり伝わっておりません。
簫、磬、鐘、鐃、ロ于、鉦など、様々な古代中国の楽器もさっぱり伝わっておりません。
三足やラッパ型の様々な酒器もさっぱり伝わっておりません。
金銀細工や金銀メッキもさっぱり伝わっておりません。
龍などをモチーフにした様々な玉器もさっぱり伝わっておりません。
瓦や箸や傘もさっぱり伝わっておりません。
漢字の前身、篆書などを刻んだ遺物などもさっぱり出土しません。
瓦屋根の戸建てや木骨泥墻などの住居もさっぱり伝わっておりません。
帯の付いたローブ状の古代中国の服飾も靴もさっぱり伝わっておりません。
徐福どころか古代中国人なんて縄文から弥生を通して一切定着しておりません。
ただ、無知で、馬鹿で、低脳の、頭の弱い人間だけがダマされる創作デムパです。

4444322016/08/17(水) 00:08:24.40
おっと申し訳ありません。思わず読み過ごすところでした。

>>441
『大明実録』の記述は非常に興味深いですね。

>邇者(ちかごろ)「琉球国王察度」、事大の誠を堅くし遣使し来りて報ず

これは既に琉球国王に中山王が命ぜられた、という事なのでしょうかね。当時の世相について混迷の度を
増しているように思えます。

445日本@名無史さん2016/08/17(水) 11:11:52.31
>>444

>>441の皇帝の勅諭の年に王印を下賜されたのは誰であったか?
それだけだと思います

それは皇帝から山南王・山北王へ停戦(休戦)の勅諭となります

446日本@名無史さん2016/08/24(水) 12:16:34.24
>>428
>自身が権威付けの為にも積極的に琉球国王
>を名乗るのが普通なのに、

この辺が勝手な勘違い、思い込みだね。

日本でも、源頼朝も徳川家康も、
日本国王号は使わず征夷大将軍を名乗っている。
秀吉も日本国王は名乗らず関白を名乗っているでしょう。

むしろ伝統的な称号を継承する方が、
権威づけとしては普通だよ。

また、征夷大将軍もそうだが、
古代ギリシャ語で「王」を示すバシウレウスは
ミケーネ時代には単なるムラオサ程度の意味だった。
ミケーネの「王」はアナクスと呼ばれている。
当初は単なるムラオサだったバシレウスという称号に
歴史的経過の中でいろんな権能がくっつけられていき
最後には王として振る舞ってもみんな納得するようになったわけだ。
それで言えば、伝統的な中山王を使っても
皆が「中山王ということはこいつがナンバー1なんだな」と
納得するのであれば
わざわざ新しい称号を使うのはむしろリスキーでしょう。

447日本@名無史さん2016/08/24(水) 12:18:44.77
権威というのは、
皆が共有する伝統や習慣の中で成立する
いわば惰性の産物。

自分勝手な考えは通用しない。

448日本@名無史さん2016/08/24(水) 12:29:47.01
>>442
後、琉球の格は普通に朝鮮未満だから。
琉球風情が朝鮮どころか日本と同格とか頭おかしい人?

朝鮮は元の頃からは金印をもらっている。
中国における朝貢国の格付けでは
朝鮮は常にトップだよ。
琉球は2位が最高。

俺は妥当な判断だと思うけどね。
むしろ琉球の2位は高すぎな気がする。
いずれにせよ普通にみて琉球が朝鮮未満なのは当然。

449日本@名無史さん2016/08/24(水) 19:05:34.43
印の格には遠路はるばるたいへんよくがんばりました
って意味もあるから琉球が銀印なのはまぁ妥当

450日本@名無史さん2016/08/24(水) 19:24:19.91
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルは稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

451日本@名無史さん2016/08/25(木) 12:55:36.79
沖縄県は日本固有の領土ではない。

以上。

452日本@名無史さん2016/09/01(木) 22:05:45.40
中山王巴志は
1428年2月に明国へ調達分の生漆、磨刀石を送ると共に明皇帝・宣徳帝へ皮弁冠服給賜の謝恩と
以前に派遣した王舅「模都古」長史「鄭義才」ら中山使節団が皇帝より船一隻を賜り無事帰国できた事の謝恩使として
その鄭義才を派遣し同じく長史の「梁回」と使者「南者結制」などの進貢使節団を派遣している
さらに9月にも明国宣徳帝の万寿聖節の慶賀使を乗せた進貢船を北京に向けて出航させていた
中山国はこれまで進貢品として毎年のように主交易品の硫黄、馬、蘇木、胡椒の他に多数の長短の刀、摺扇、金箔銀箔の屏風、螺殻、などの品々を送っては明国皇帝に喜ばれていた
同じ年12月に琉球山南王「他魯毎」も明国への進貢使者「歩馬結制」の使節団を派遣して蘇木、硫黄と琉球産の馬を送っているが
山南は外交をサポートする久米村の華人達との親交も薄まり勢力の衰退した山南国の進貢は数年に1度となってしまい
琉球山南国の精一杯の朝貢でも中山国との格差は広がる一方だった

453日本@名無史さん2016/09/01(木) 22:18:03.97
かつて山南他魯毎の亡き父「汪応祖王」が王位についてから小按司勢力の争いの絶えなかった山南を治め
久米村に住む華人達との親交を深めて明国との積極的な朝貢外交で山南国に富をもたらし最盛期を築いた
それは中山国を制覇した思紹、巴志の親子とも対等に強固な勢力を張るほどであったが
暗殺によって父を失った若き王の他魯毎政権下では外交力は落ち山南国の繁栄は過去のものとなっていった。
他魯毎王はこの衰退した山南国の復興には中山国のような豪華な交易品で富を得たいと考えただろうか
また「佐敷の鬼鷲」と呼ばれた中山王巴志も57歳となり
これまで琉球三国で戦に次ぐ戦で築いた最大勢力の実力と繁栄の余裕なのか
一目置いていた最大の友敵の遺児である山南他魯毎王を叔父のような気持ちで見ていたのか
勢力の衰退した山南に兵を向け力で攻め落とす事はなかった

454日本@名無史さん2016/09/04(日) 13:31:23.10
山南他魯毎政権下の諸按司や民の中には密かに琉球中山国と通じて繁栄の恩恵に預かる者が出てきた
中山王巴志にも山南国の内情は耳に入っていたのだろう
伝承によると、山南王他魯毎に対して巴志は交易で日本から仕入れた金箔屏風をいくつか譲る話を持ちかけた
ただしこれはあくまで琉球の中山王と山南王の互いにビジネスライクと割り切った話し合いだった
「吾聞く、大里に泉有り、名づけて嘉手志川と曰ふと。此れを以て之れに換ふるは如何か」
巴志が目をつけていたのは山南国王城(島尻大里城)の城下にある泉だった
島尻大里城の城下に大量の湧水が溢れる「嘉手志川」と呼ばれた泉があった
この嘉手志川の水源の周りには田畑が広がり水田から多くの米も収穫できる地となっていた
干ばつの日々も決して枯れる事もなく湧き出る嘉手志川の泉は
山南の民の洗濯や水浴びもできる生活の支えとして貴重な水源だった
中山王巴志は金屏風との交換条件として嘉手志川の水源を要求したのだ

455日本@名無史さん2016/09/04(日) 16:01:49.56
他魯毎にとっては一度ぜひ間近で見てみたかった豪華な金箔屏風である
富を得る交易の品としても手に入れたいと欲していたところであり巴志の持ちかけた話しに応じたのだった。
だが他魯毎配下の家臣「国吉グスク」の按司「国吉大屋久(他魯毎の弟?)」はこの話を巴志の策略だと怪しんでいた
「嘉手志川を中山に割譲すれば民の反感を買い後に必ず禍根を残す事になりましょう、交換話には応じず思いとどまるべきです」と
国吉大屋久は他魯毎王に忠告したが聞き入れられず
中山王巴志と山南王他魯毎の交換話はまとまった
金箔屏風を手に入れた他魯毎に国吉大屋久は尚も食い下がり
「中山王巴志の狙いは山南攻略にあります、嘉手志川は民を支える大切な泉であり、今からでも金屏風を返し嘉手志川を取り戻さねばいずれは山北の二の舞になるかと」
国吉大屋久は他魯毎に訴えたが実は山南にはもう一つ、「与座グスク」城下に「与座ガー」と呼ばれた水量豊富な湧水の出る泉がある。
ここで他魯毎政権の重臣であった与座グスクの按司「与座大主」が割って入り国吉大屋久の反対意見を退けたという
そして他魯毎王は国吉大屋久に謹慎を命じたのだった

456日本@名無史さん2016/09/05(月) 20:43:44.81
山南大里の「嘉手志川」を手に入れた中山王巴志は
嘉手志川に中山の兵を送り嘉手志川の水源一帯を包囲し立ち入りを禁じた
そして踏み絵を踏ませるように中山国に従う者のみ嘉手志川水源の使用を許可する事とした
一方、美しい金箔屏風を手に入れた山南王他魯毎は度々酒宴を催すようになっていたが
山南に富をもたらす事はなく民は生活が苦しくなっただけであった
「王の私欲の為に嘉手志川の泉と金屏風を交換した」という話が山南の民衆の間に広まり
生活を支えた泉を突然失った多くの民は他魯毎王に失望し怨むようになった
民の信頼を失った他魯毎は、これは中山王巴志の策略だったのか?としだいに苛立ち年貢を滞納する者には兵を向け捕らえて罰するようになった
そしてこのような恫喝的政策を敷いた王を山南の諸按司と民は恐れるようになった

457日本@名無史さん2016/09/06(火) 20:32:05.57
山南「他魯毎王」の恫喝的強権政策に虐げられた民衆の間で他魯毎は
「王の器ではなかった」と囁かれるようになり
山南の民は逃げるように次々と中山側に服従していった
それを知った他魯毎は「賊奴巴志と同に謀りて乱を倡ふ、悉く誅滅せざれば吾が怒、息まず」と怒りをあらわにし
軍令を出して兵馬を徴集し中山側についた諸按司と民の弾圧に乗り出した
慌てて中山側に保護を求めた山南の民も多くいたのだろう
1429年、中山王巴志は山南での騒乱の報告を聞き「時、至れるかな」と呟き騒乱鎮圧の兵を山南へ派遣した。
中山国の首里から「国場川」を越えて山南国に進軍してきた中山軍に山南の民は抵抗する事もなく
いよいよ圧政からの解放軍だとして歓迎していた
その様子を見て山南王他魯毎はさらに怒り王弟の「南風原按司守忠」や「豊見城按司」等と少ない兵力の軍を従えて
中山軍を迎え討つべくと王城(島尻大里城)を出たのである

458日本@名無史さん2016/09/06(火) 21:06:15.11
山南騒乱の鎮圧部隊として巴志が派兵した中山軍は
すでに弱体化した山南王他魯毎の軍勢と交戦状態に入ったが
この戦いで中山軍は隙を突かれ百戦錬磨の中山軍武将「平田大比屋」が敵の矢に射たれ戦死した
これまで20年余り、佐敷按司時代の巴志と共に山南島添大里城戦、中山浦添城戦、山北今帰仁城戦と
戦の場では常に巴志の右腕となり影から支えた巴志の実弟「平田大比屋」が討たれたと聞いた中山王巴志は哀しみ
遂に自ら軍を率いて出陣し圧倒的兵力で山南王他魯毎討伐に向かった。
小国の意地と奮闘していた山南王他魯毎とその兵であったが
やがて琉球のほぼ全土を治めている中山王の大軍勢が山南に押し寄せ一斉に攻撃を開始すると
他魯毎の率いていたわずかな兵力では太刀打ちできるはずもなく一気に大敗し敗走した
他魯毎は王城である島尻大里城に退却しようとするも、城門は開かず城壁上からは
他魯毎王を裏切り中山側についた山南の兵達が矢を浴びせてきたのだった

459日本@名無史さん2016/09/07(水) 21:59:15.04
山南王城から攻撃してきた反乱兵と迫り来る巴志の中山軍に挟み撃ちにされた他魯毎王は
王妃や子らを連れて王城から海側に西へ3km敗走し文字通り死に物狂いで辿り着いたのは海沿いにある高台「山巓毛(さんてぃんもう)」だった
そこは標高25m程度の小さな丘だがその頂上からは山南の領地が一望でき
眼下には山南の漁師(海人)たちの舟が出る港と、広がる海を見渡せる場所だった。
他魯毎の父「汪応祖王」が豊見城グスク城下の入り江で始めた爬竜船競漕(ハーレー)は、この「海人の港」でも大漁と航海安全を祈願する行事として毎年開催されていた
山巓毛は海上の舟からは目印とされ、爬竜船競漕(ハーレー)のスタートの旗が振られる場所であると同時に
山巓毛の拝所では山南の神女(ノロ)と漁民で神事が行われて山南の民には神聖な山巓毛の高台でもある
逃げ延びた山巓毛の頂上から見た景色は他魯毎にはどう映っただろうか
その景色を最後に目に焼き付けて他魯毎王は山巓毛で自害した

460日本@名無史さん2016/09/08(木) 23:25:10.24
>>321
おい、熱でもあるか?
確かに日共には自分へ与しないが、あんたの発想からは頭脳の退化しか感じられない。

461日本@名無史さん2016/09/11(日) 16:30:00.38
1429年、山南王「他魯毎」が王妃や子と共に自害し山南国は滅亡した
他魯毎の弟「南風原按司守忠」は一族を絶やすまいと、山南具志頭(ぐしちゃん)間切「安里大親」のもとで身を隠して落ち延び
後に守忠の子孫は、首里王府に仕官した「花城親方守知(尚真王の養父)」や
「華后(尚清王の母)」といった「第二尚氏王統」王族も輩出し再び琉球士族の家系となった。
「山巓毛」の高台は、現在は公園に整備されており
最後の山南王となった他魯毎が葬られた墓が山巓毛の南側下に残されている
その高台から見下ろす海人の港、糸満漁港で旧暦5月4日に開催される「糸満ハーレー」は伝統を重んじて
爬竜船のスタートの知らせる旗は現在も山巓毛の高台で振られている。
そして中山王の金屏風と交換された伝説が残る糸満市大里の「嘉手志川の泉」は、
水量豊富な湧水が今日まで枯れる事なく溢れ、今も市民の憩いの場として知られている

462日本@名無史さん2016/09/12(月) 20:58:33.52
1429年、琉球山南国を滅ぼした巴志はその年10月に
明国皇帝(宣徳帝)の万寿聖節の慶賀使「佳期巴那」、「郭伯茲毎」等の進貢使節団を送り
同時に琉球三国の統一を果たした事を明国・皇帝(宣徳帝)に上奏した。
「我が琉球国、分れて三と為る者百有余年、戦の止む時無く臣民塗炭す。
巨巴志悲嘆に堪へず此れが為に兵を発し、
北は攀安知を誅し、南は他魯毎を討ち、今太平に帰し、万民生に安んず」
皇帝はこれを特に嘉し、翌年1430年8月に宦官の使者「柴山」と副使「阮漸」を琉球へ派遣した。
三度目の来琉となった柴山だが、この時の琉球への航海は暴風に遭い、困難を強いられたようで
仏教に帰依していた柴山は、無事に琉球に到着できた事を仏に感謝し
琉球到着後に私費を投じて「大安禅寺」を建立した

463日本@名無史さん2016/09/12(月) 21:40:09.27
1430年8月、琉球三国統一を果たした中山王巴志には、
明国皇帝から頒賜品として巴志と王妃(伊波按司の娘)へ錦、紵糸、紗、羅などの絹織物で仕立てられた衣服が贈られ
また王相「懐機」にも皇帝から同様の絹織物の頒賜品が贈られている。
そして皇帝の勅諭では巴志のこれまでの功が讃えられ
『爾琉球国、分かれて鼎足を為す。人民塗炭すること百有余年、此に爾が義兵復び太平に致す。
是、朕が素意なり。今より以後、終を愼しむこと始の如くし永く海邦を綏(やすん)じ、
子孫は之を保ち、欽(つつし)めよ哉、故に諭す』
として、ここに巴志と父の思紹は「尚」姓を授与された
既に没していた先王の思紹は「尚思紹(第一尚氏王統初代王)」となり、巴志は琉球国中山王『尚巴志』と名乗った。
琉球国王家「尚氏」の始まりであり、これにより山北、中山、山南の琉球三山時代は終わり
尚巴志が57歳で本島統一を成し遂げた統一「琉球王国」の始まりとなった。

464日本@名無史さん2016/09/16(金) 01:02:12.62
南琉球は本土縄文文化も後の弥生文化も伝わっておらず,
11・12 世紀まで本土と北琉球との間に交流がなく,狩猟採集を中心としたまったく異なる文化圏をなしていた*12。
したがって日琉系の言語が南琉球に入ったのはそれ以降であろうということは直ちに推測できる。
北琉球においても,日琉祖語を日本列島にもたらした弥生文化*13も後の古墳文化も見られないが,
本土の縄文時代と平行した貝塚時代(前6400 年〜紀元後11 世紀)には縄文文化に似た狩猟採集文化が存在していた(安里・土肥1999)。

465日本@名無史さん2016/09/16(金) 01:03:22.24
北琉球の貝塚文化が九州とネットワークを結んでおり,貝を陶器と交易していた(安里・土肥1999,安里他2004)。
しかし本土の弥生・古墳文化と接触していたにも関わらず,貝塚人が農耕を取り入れることがなかった。

466日本@名無史さん2016/09/16(金) 01:05:09.87
琉球列島で農耕が行なわれはじめたのは10・11 世紀ごろで(高宮2005),
稲を中心としながら麦と粟をも含めたという,当時の本土と似た農耕が始まった(木下2003)。
琉球列島における狩猟採集社会から農耕社会への移行が急で,人口も急激に増加した
狩猟採集の先住民が農耕を取り入れたと考えるだけでその急な変動が説明できず,
移民が行なわれたと考えざるを得ない(安里他2004, 高宮2005)。
10〜12 世紀のこの「原グスク時代」という短い期間において農業・冶金術・陶器・交易に基づいた階級社会が築かれ,
後に琉球王国へ発達していった。
その時期に本土との交易が拡大した他に,初めて南琉球が同じ文化圏に取り入れられるようになった。

467日本@名無史さん2016/09/16(金) 01:07:01.26
一般的に,本土(九州)からの移民がグスク文化成立の引き金となったと考えられている(安里・土肥1999, 木下2003, 安里他2004, 高宮2005)。
琉球祖語の語彙の中に耕作(稲・籾・麦・粟・黍・芋・畑・田)や家畜(牛・馬)関連の語彙が再建され(Pellard2014),
日本語とも規則的に対応することからグスク時代以降の借用ではないといえる。
琉球祖語の話し手が,貝塚人とは異なり,元から農業の技術を持っており,
グスク文化を琉球列島にもたらしてきた人々だったと見ることができる。

468日本@名無史さん2016/09/16(金) 01:08:55.05
人骨やDNA の研究成果によって現代琉球の住民が系統的にオーストロネシア人とは直接つながっておらず,
本土日本人に系統的にもっとも近く,縄文人とはより離れていることが分かっている
(安里・土肥1999, Tajima et al. 2004, Li et al. 2006,Shinoda & Doi 2008, Matsukusa et al. 2010)。
また,現代琉球列島の住民の直接の祖先が貝塚人ではなくグスク時代人であると考えられている。
先史時代において交流のない独自の文化圏をなし,
異なる民族が住んでいた南琉球と北琉球の現代住民が同じ系統グループに属していることは移民によって先住民が置き換えられたことを示唆する。
この移民によって琉球祖語も伝播したのであろう。

469日本@名無史さん2016/09/17(土) 01:34:12.21
日琉祖語の分岐を奈良時代以降と想定したら説明できない特徴を琉球諸語が数多く保持しており,中古・中世分岐説が成り立たない。
しかしそれと同時に,琉球祖語が中古・中世日本語と接触していた証拠もある。
これは移民の時期の問題と関係しており,
上代において大和朝廷に反抗していた隼人の一部が圧力や征伐を逃れるために琉球へ逃亡したという説(上村1977, Serafim 1994,上村1997)も
西暦紀元前後に琉球祖語が琉球列島に入ったという説(上村2010)も成り立たない。

470日本@名無史さん2016/09/17(土) 01:36:45.44
琉球祖語がいつ琉球列島に入ってきたかという問題に関しては考古学や人類学の側から参考になる研究成果があり,
数千年前から琉球列島に住み着いていた先住民が琉球祖語を取り入れたという説も,
古い時代に本土からの移民によって琉球祖語が伝播した説も完全に否定される。

471日本@名無史さん2016/09/17(土) 01:40:20.01
まず,南琉球がグスク時代まで孤立した文化圏をなしており,
それまで琉球祖語が伝播する機会がなかった。
その後,文化と住民の転換があったということから,
琉球祖語が先島地方に初めて入ってきたのが11 世紀あたりで,
農耕と同時にグスク文化の担い手によってもたらされてきたとしか説明できない。
北琉球では,弥生・古墳時代に行なわれていた交流によって琉球祖語が入ってくる機会があったものの,
それを示す資料がなく,文化や人口の大きな変動もなかった。
北琉球の貝塚人が持っていなかった農耕文化を琉球祖語の話し手が持っていたと思われるので,
琉球祖語の伝播が貝塚時代に行なわれなかったと思われる。
逆に,(原)グスク時代は九州からの移民によって狩猟採集社会から農耕社会への急な転向と人口の急激な増加をもたらした時代で,
琉球祖語の伝播時期と見做したほうが妥当である*14。
Bellwood & Renfrew (2002) 等の提唱する「農耕言語同時伝播」モデルともよく合致する。

472日本@名無史さん2016/09/17(土) 01:43:02.89
日琉祖語の分岐が弥生時代に生じたとする言語年代学研究と考古学の成果との矛盾が取り上げられることがしばしばあり(高宮2005 等),
それを基に言語年代学を批判し分岐年代をグスク時代まで下げるべきだとする考えもある(高梨他2009)。
しかし,これは分岐の年代と伝播の年代を混同していると思われる。
言語年代学は問題が多いことからその結果を無視できても,
分岐年代を奈良時代以前に設定しない限り説明できない言語事実がたくさん存在する。
本稿で提案したように,日琉祖語が分岐したあとに,
(先)琉球祖語が琉球列島へすぐには伝播せず,
本土にとどまり数世紀にわたって日本語と接触したと考えれば上の矛盾が問題なく解決される。

473日本@名無史さん2016/09/17(土) 01:44:32.48
(先)琉球祖語が日本語と7・8 世紀以前に別れた後,
9〜11 世紀まで恐らく九州に在地し,日本語と接触し強い影響を受け,
その後琉球列島へグスク文化の一要素として移民によって伝播していったという総合的なシナリオを描いてきた。
しかし,今後の課題となるべき問題はいくつか残されている。

474日本@名無史さん2016/09/17(土) 01:45:20.16
まずは琉球祖語・グスク文化の伝播に関してまだ不明な点が多く存在し,
移民の詳細なタイミングやルート及び動機が未だに明らかになっていない。

475日本@名無史さん2016/09/17(土) 01:47:40.60
また,肝心の日琉祖語の分岐年代は下限の時期は特定できたが,
具体的な年代も上限も分からないままである。
絶対年代のわかる文献資料が発見されない限りこの問題は言語学だけでは解決できないかもしれない。
最近のLee & Hasegawa (2011) では紀元前3 世紀という分岐年代が推定されているが,
新年代の弥生時代中期に相当しており,2 つの語派への分岐を起こしえた社会・文化的な変動が思いつかない。
琉球諸語と日本語との言語学的な距離がさほど遠くないことも考えると,
日琉祖語が紀元後3 世紀の弥生時代末期または4〜7 世紀の古墳時代に分岐したと考えた方が妥当であろう。
弥生時代末期・古墳時代が日本各地に政治体が成立し,後にヤマト政権が現れる時期であり(Barnes 2007),
日琉祖語分岐の時代として一番相応しいと思われる*15。

476日本@名無史さん2016/09/18(日) 11:28:50.59
エージナ島はグスクか?
ttp://obotsu-sedi.jugem.jp/?eid=55

上里さんは、エージナ島が「防御性を持つ集落遺跡であることは確実に言える」根拠として、主に以下の2点を指摘されています。
(1)防御性を持つ石積みが存在する。
(2)島にはかなり広い平場があり、入口付近にグスク土器片が発見されたことからも、人が住んでいたことは明らか。

しかし、私の出した結論は、上里さんとはまったく逆で、
「エージナ島を城(防御性集落)とする根拠は何もみつけられなかった」です。

上里さんの挙げた2つの情報が「グスク」=「城」の根拠にはならないというのは、グスク論争のかなり初期の段階で指摘されていることです。

まず、(1)の「“防御性を持つ”石積み」ですが、石積みが防御性を持っていたかどうかは、基本的に表面観察で分かることではありません。
「グスク」=聖域説を唱えた仲松弥秀氏は、石積みがあるのが城の証明になるならば、たとえば波之上宮(別名「ハナグスク」)が将来遺跡として発掘されたとき、神社の石積みは城壁とみなされるのかと疑問を呈しています。

また、(2)「土器片から人の居住は明らか」という話ですが、これも、遺物が出てもそれは祭祀に使われたものである可能性があり、生活遺物とは限らないことが仲松氏に指摘されています。
実際、島そのものが御神体とみなされる玄界灘の孤島「沖ノ島」は、無人島でありながら多量の器が発見されています。

477日本@名無史さん2016/09/19(月) 11:02:45.43
>>474
奄美大島に入植した武士が残した記録が残ってる
いわゆる平家没落書と呼ばれるてるやつ
http://blog.livedoor.jp/neoairwolf/archives/44983288.html

478日本@名無史さん2016/09/19(月) 11:47:18.62
>>477
南走平家より、喜界島の城久遺跡と関係がありそう
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E4%B9%85%E9%81%BA%E8%B7%A1%E7%BE%A4

479日本@名無史さん2016/09/19(月) 19:42:30.19
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

480日本@名無史さん2016/09/19(月) 20:25:04.74
アマミキヨ

481日本@名無史さん2016/09/22(木) 07:48:50.68
城(ぐすく)じゃなくて、城(ぐす)久(く)なんだな

482日本@名無史さん2016/09/22(木) 08:58:47.96
琉球語と日本の分岐年代(旧説)
・琉球語諸方言は、すべての現代日本語諸方言が失った日琉語祖における対立を保持している(服部 1979 )。
・琉球語諸方言が保持する日琉語祖の対立一部は、上代日本語( 8C)の時代にすでに失われた (服部 (服部 1979 )。
・したがって、琉球祖語の分岐年代は奈良時より前( 7C以前)である (服部 1979 ; Pellard 2015)。

483日本@名無史さん2016/09/22(木) 09:05:27.61
琉球語派と日本語派の定義(旧説)
・琉球語諸方言に観察され、日本語諸方言に観察されない言語改新がある。

・日本語諸方言に観察され、琉球語諸方言に観察されない言語改新がある。

・したがって、琉球語諸方言のみを 子孫とする「琉球語派」と、日本語諸方言のみを子孫とする「日本語派」が定義される。

484日本@名無史さん2016/09/22(木) 09:12:04.21
旧説の問題点
・琉球語諸方言に観察され、日本語諸方言に観察されないとされてきた言語改新の一部は、日本語九州方言の一部に観察される。

・日本語諸方言に観察され、琉球語諸方言に観察されないとされてきた言語改新の一部は、日本語九州方言の一部に観察されない。

485日本@名無史さん2016/09/22(木) 09:21:17.54
新説
・九州方言に観察されないが、その他の日本語諸方言に観察される言語改心がある事実は、
 九州方言を除いた日本語諸方言からなる系統群の存在を意味する。

・琉球諸語方言と九州方言が特定の言語改新を共有している事実は、
 琉球語と九州方言からなる系統群の存在を示唆する。

・上の2つの事実から、琉球諸語方言と九州諸語方言からなる系統群(「九州・琉球語派」)と、
 (少なくとも九州方言の除く)日本諸語方言からなる系統群(「中央日本語派」)が定義される。

・したがって、すべての現代日本語諸方言を子孫に持つ「日本語派」なる系統群は成立しない。

486日本@名無史さん2016/09/22(木) 09:39:10.10
今後の課題
・本発表の提案する系統樹に基づくと、琉球語とともに九州諸方言が、奈良時代より前に中央語から分岐したことになる。

・中央語からの分岐後、琉球祖語話者は九州にとどまったが、10C〜12Cに琉球列島に移住し、九州に残った琉球祖語話者は、
 中央日本語に言語を置き換え、九州の琉球語は痕跡を残さず消滅したとする説(Pellard 2015)は再考すべきだろう。

・奈良時代より前に中央語から分岐したのは、九州・琉球祖語であり、この言語は九州で話されていた可能性がある。
 10C〜12Cに琉球列島に移住したのは、九州・琉球語派の一方言の話者であり、この話者の方言が琉球祖語である
 (すなわち琉球祖語の他からの分岐は琉球列島で生じた)という可能性を検討すべきであろう。
 したがって、現在の九州方言は、琉球祖語と姉妹関係にある言語(九州語)の末裔であり、九州における言語の取り換えは
 起こらなかった可能性もある。(当然、九州では中央語との激しい言語接触があったに違いないが)

・日本語と音対応のある琉球語における漢語の存在も、(九州で話されていた)九州・琉球祖語の段階で、中央日本語から借用された可能性がある。

487日本@名無史さん2016/09/22(木) 09:42:55.62
五十嵐陽介『琉球語を排除した「日本語派」なる系統群は果たして成立するのか?―「九州・琉球語派」と「中央日本語派」の提唱― 』
ttp://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=115317

488日本@名無史さん2016/10/23(日) 20:19:50.72
仲松弥秀氏のグスク=「聖域(葬所)」説
小島瓔禮氏のグスク=「聖域(山岳信仰)」説
嵩元政秀氏のグスク=「防御集落」説
当真嗣一氏のグスク=「按司居館」説

489日本@名無史さん2016/11/24(木) 00:54:01.86
>>462 >>463
この出典も『明朝実録』という事で良いのでしょうか?

490日本@名無史さん2017/01/13(金) 02:05:53.82
>>489
中山世譜、球陽

491日本@名無史さん2017/01/13(金) 14:38:30.43
読売新聞や産経新聞のような社論は沖縄ではまったく支持されていない。
その証拠に沖縄での読売と産経の購読部数は両紙合わせても1000部に届かない。
ちなみに沖縄タイムスと琉球新報は両紙合わせて購読部数は約32万部。
沖縄タイムスと琉球新報がいかに沖縄県民から支持され、逆に読売新聞と産経新聞がいかに沖縄県民から支持されていないか、この数字が如実に証明している。

492日本@名無史さん2017/01/14(土) 18:04:20.77
琉球新報社代表の富田詢一曰く「子どもを里子に出して、子どもはつらく苦しい思いをしているのに、その里子に出した日を、親が主権回復の日として祝う。
毎年やる予定だったはずだが、沖縄県民の強い反発にあい、式典は一回きりである。われわれは四三年前に、戦後のアメリカによる占領下で、父と頼り、母と慕った祖国に帰りたいと日本への復帰運動を展開して、ようやく祖国に帰ることができた。
しかし、帰った祖国は、思い描いた祖国ではなかった」だそうだ。

さすが、戦後に「オーシマー」の人間が犯罪を犯した!「オーシマー」による風紀紊乱!「オーシマー」による暴力事件!と「オーシマー」を連呼して、平然と奄美差別を紙面で展開したした沖縄の屑ヘイト新聞の代表だ。
沖縄のレイシズムメディアによるプロパガンダ被害者ヅラを指導するコーチか監督と言った役割だろうか。
1609年に薩摩の直轄植民地となった奄美の島々は沖縄本島の琉球中山王府の版図であった。
しかし、その島々は直轄植民地として忽然と琉球史から姿を消したが40年どころか、100年経っても200年経っても奴隷の島々であり続けた。
奴隷たちは戦うこともなくいとも簡単に薩摩の直轄植民地の奴隷として献上した琉球を祖国と思っただろうか、親だと思っただろうか、自分たちを里子と思っただろうか。琉球に帰りたいと思っただろうか。

自分たちは辛い里子に出され、父と頼り、母と慕った祖国日本と言ってのけながら、次の瞬間その親の本意を悪意で捻じ曲げ踏みにじり罵倒する。
そんな屑なことが出来る琉球を親だと兄弟だと認めることが出来るだろうか。
琉球を叫ぶことは周辺離島の安全保障を疎かにしても首里の権威と権力という国体を護持した奄美の悲劇を繰り返すことである。
忽然と琉球の歴史から姿を消した同胞を見殺しにしながら誇らしげに琉球の先住民族などと宣う人間は鼻で笑われている

493日本@名無史さん2017/01/14(土) 18:18:56.45
沖縄本島人によるレイシズムとは、対立する意見に「オ(ウ)ーシマー」、「ミャーク」という奄美や宮古などの離島のレッテル、「幸福」、「桜」などの思想や信仰のレッテルを貼り他人を貶める暴力的レイシズム。
例をあげると、恵隆之介や奥茂治などのように対立する発言者が奄美からの移住者の子や孫、そして先祖が奄美から来た場合に、それをあえて持ち出し都合の悪い対象にだけ『奄美』などの離島のレッテル貼って貶める。
酷い場合には例え沖縄で生まれ育っていても偽沖縄人など「偽物」呼ばわりさえするレイシズムで貫かれている。
悪質なのは、普段は内地に侵略にされた、植民地にされたと言って内地を批難しているが、当のナイチャーが沖縄の大便者ヅラして周辺離島をヘイトするような言説をしても、沖縄本島小中華主義者はナイチャーを批難するどころか一緒になってヘイトするレイシズムぶり。
琉球民族独立などと看板掲げていても、それは民族主義に名を借りた沖縄本島小中華主義者による本島中心主義のスターリニズムであることが透けて見える
彼らのヘイトが立脚するところは、沖縄のためでもなく、南西諸島全体のためでもなく、いわば沖縄本島首里小中華主義によるスターリニズムであり、選民主義なのだ。
捏造の民族主義によるスターリニズムであるところは、恣意的な「民族」視観にも見られる。
彼らの論理で「奄美」のレッテルを貼るとすれば、例えば沖縄芝居の藤木勇人も奄美人と言えばいいのにそうは言わない。
自分たちに都合のいい人間は「本物」の沖縄人で、都合の悪い人間は「偽物」だという血統に基づいた党派主義であり、選民スターリニズムだ。
そんなレイシズムが許されて良いわけがない。
自分たちが憎む対象に対してだけ「幸福」や「桜」などの思想信仰のレッテル、そして「奄美」などのレッテルを貼って離島をヘイトする。
それが沖縄本島で猛威を振るっているOKINAWANレイシズム
FUCK THE OKINAWAN RACISM!!

494日本@名無史さん2017/01/14(土) 18:27:06.03

495日本@名無史さん2017/01/14(土) 20:35:46.61
>>492-493
つまり彼らは沖縄の愛国者なのだろう
同じように恵隆之介は奄美の愛国者なのだろう
つまり民族が違うと
結局、マイノリティーはマジョリティーと同じ民族意識を有していない
だからマジョリティーのナショナリズムの高揚に過剰反応を起こす
悲しいかな、民族が違うんだよ
沖縄人は日本人じゃない

496日本@名無史さん2017/01/14(土) 20:42:57.84
マイノリティーは往々にして反戦・平和を隠れ蓑にしてナショナリズムを発揮する
というか、マジョリティーの力を抑え込むために反戦・平和を唱える
マイノリティーで反戦・平和を唱える人間の顔つきが妙にコワモテな理由がここにある
彼らは本来、愛国者なのだろう

497日本@名無史さん2017/01/15(日) 00:52:43.06
奄美も琉球王国とは別だと思うなら
奄美歴史スレでも立てて語ってた方が沖縄人や琉球王国への怨み辛み語るよりよほど有意義だろうに

498日本@名無史さん2017/01/17(火) 23:38:32.67
外務省国際法課の説明によると「併合した地域は固有の領土には含まれない」とのこと。
日本政府は1910年に朝鮮半島を併合してから1952年のサンフランシスコ講和条約発効によって朝鮮に対する主権が放棄されるまでの42年間、ただの一度も「朝鮮半島は日本固有の領土」とは言わなかった。
沖縄も琉球王国時代の1879年に日本が併合した地域だから日本政府はただの一度も「沖縄は日本固有の領土」と言ったことがない。
沖縄が日本固有の領土でないことは歴史が証明している。

499日本@名無史さん2017/01/18(水) 06:22:37.32
>>486
>九州に残った琉球祖語話者

これが、隼人って呼ばれてた集団なのかな?

500日本@名無史さん2017/01/23(月) 16:38:48.14
琉球語と日本語朝鮮語その他の言語は共に北東アジアルーツだが民族は違う
日本本土は氷河期時代大陸や朝鮮半島と陸続き、朝鮮人と日本人北東アジアが
殆ど同じDNAなのもうなずける、沖縄は北方ルーツの言語影響は有るが大陸や
様々な南方系が渡来し本土人と全く違う民族

501日本@名無史さん2017/01/29(日) 08:35:37.91
現代沖縄人の遺伝子解析の結果琉球人は中世日本人が祖先なのほぼ確定じゃなかったか?
主に九州南部からの移住者で言語は奈良時代の大和言葉が残ってるって

502日本@名無史さん2017/01/29(日) 20:48:29.09
沖縄独立論者のためにも指摘しておくと、沖縄には様々といえるほどの遺伝的多様性はない
むしろ本土の方が多様性に富んでいる
沖縄は逆に多様性に乏しく、辺境にあって人の渡来が少なかったことを示唆している
それは顔を見てもわかるだろう
沖縄はいうほど多様性はない
むしろ本土の方が多様性に富んでいる
沖縄の人間はまず縄文時代以来の貝塚時代人の影響が強い
貝塚時代人は本土の縄文人に比べると顔も頭も体も小さく、
種子島の広田遺跡人に似ている
この特徴は九州南部を中心に西日本全域に見られ、
おそらく西日本の縄文人の一部の特徴だろう
縄文人は東南アジア人とは人種が違う
縄文人はモンゴロイド的な特徴を備えながらも、オーストラロイド的な特徴を備えており、
なおかつ北方適応して体型はずんぐりしていて、すらっとしている東南アジア人とは、
見た目ですぐに違いがわかる
そして顔は原始的で、よりモンゴロイド的な特徴を有する東南アジア人とは、
この点でかなり異なっている

503日本@名無史さん2017/01/29(日) 20:59:46.73
次に沖縄の人間には本土人の影響がある
具体的には九州人の影響があり、沖縄の人間は近隣の九州南部や
九州西北部の辺境の長崎の離島の人々などに似ている
ちなみにこれらの地域とは言語的にもよく似ている
九州人は本州人に比べると、いくぶん大陸人的な特徴があるが、
それでもやはり本州人によく似ていて、九州人を通じて沖縄の人間にも本州人の特徴がある
そのわかりやすい例は瞼とあと鼻で、本土人の影響が強い人間は瞼が厚く鼻が細い
本土人の影響が沖縄人のなかで最も強い宮古人なんかがわかりやすい
それから沖縄の人間には中国南部人の影響がある
具体的には台湾人によく似ている
沖縄の中国系も福建省からやって来たと自称しているし、台湾人もその多くは福建省からやって来たと自称しているが、
どうも沖縄の中国系は言語的に江南からやって来た可能性が高く、
台湾人は現在の福建省人に比べると、いくぶん南方的なんで、
この辺がちょっとよくわからないが、いずれにしても沖縄人は台湾人に似ている
特に沖縄本島中南部人は台湾人に似ているところがあり、
この辺の人間は蔡英文みたいな台湾人の顔に自らのルーツを感じることだろう
逆に宮古人にはこの影響があまりない
八重山人は沖縄本島中南部人と宮古人の中間くらい
まぁ、いうほど宮古的でもないかな

504日本@名無史さん2017/01/29(日) 21:23:17.84
沖縄は大体この三つの集団からなっているが、さらに付け加えると、
八重山諸島には台湾原住民の影響がある
不思議なことに近隣の宮古諸島にはない
本土人の影響が強すぎて塗り替えられたのかなんなのかよくわからないが、
ともかく宮古諸島には台湾原住民の影響はないが八重山諸島にはある
それは頬を見ればわかる
八重山諸島人は近隣の宮古諸島人や沖縄本島周辺人に比べると頬が大きい
モンゴロイドは他の人種に比べると全体的に頬が大きい傾向があるが、
不思議なことに中国南部から東部あたりの一部、それから日本人(西日本人に顕著)は例外的に頬が大きくなく、
コンパクトな顔をしている
ところが八重山諸島人はいくぶん頬が広い
これは頬がかなり広めの近隣の台湾原住民の影響だろう

505日本@名無史さん2017/01/30(月) 02:36:11.70
新モンゴロイド化は基地外中国人の病気の本質だからよあの面がアジアの
デホジャ無かった後天的な歴史の影響だ「羊と貝」な東シナ海の本質わ

506日本@名無史さん2017/01/30(月) 02:52:18.87
>>503-504
遺伝学で完全否定されている。

残念。

507日本@名無史さん2017/01/30(月) 10:21:13.53
>>506
具体的に説明せよ

508日本@名無史さん2017/01/30(月) 16:34:26.49
>>506
そうなの、面白そうな話なのに

石器時代の場合、インドネシアから日本までの島嶼、中国南部まで一つと考えたほうがいい気がする
スンダランドが沈み始めて、海沿いに拡散し始めた第一波が縄文人で、アジア最古
台湾から出発して日本以外に太平洋の島々にも拡散した。

すいません、素人考えです

509日本@名無史さん2017/02/03(金) 09:45:35.36

510日本@名無史さん2017/02/04(土) 12:40:38.72
>>499

そうでしょう。

『大隅風土記』に「隼人の言葉」として紹介されている「海中之州」を意味する「必至」なる語は、琉球祖語の*pise「リーフ・サンゴ礁」に対応します。

海中之州者隼人俗語云必至

511日本@名無史さん2017/02/04(土) 13:31:53.47
ハヤトは大和に従った後は畿内移住やら移入支配層に上書きされるから
実態はどうなったか確か広島瀬戸内辺りにもハヤト由来の海岸呼称かなんか
あったと思ったがそれとハヤト馬何故か九州南部からトカラ与那国と馬が居る

512日本@名無史さん2017/02/04(土) 14:30:04.15
>>508
ホント素人だな。中卒並みの知能の。

舟が無いんだよ。

ボルネオから日本までイカダひとつで来れると思ってるの?

ボルネオから日本までサーフボードひとつで行くと言ってるのと大して変わらんのだぞ。

おまえサーフボードひとつで日本からボルネオまで行ってこいよ。

513日本@名無史さん2017/02/04(土) 14:47:31.84
それに、運良く日本までやって来れても一人でどうやって子孫を残すんだよ?

台湾からイカダで漂流してたどり着いたと見られる旧石器時代の遺跡が南西諸島に数ヶ所ある。

全部短命で滅んでいる。

なぜか?

運良くイカダで漂流してたどり着いても、一人だから子孫が残せなかったからである。

514日本@名無史さん2017/02/04(土) 15:08:33.21
8000年前の世界最古の丸木舟が韓国から出土している。

世界最古の舟は日本あたりで開発された可能性が高い。

それから丸木舟は瞬く間に世界各地に広がっていった。

5000年くらい前に台湾あたりからボルネオ経由で太平洋の島々に人類が拡散して、ポリネシア人やミクロネシア人が誕生した事が各遺跡から出土した土器で分かる。

南洋人たちの出現は日本あたりで開発された舟の誕生がなければ、無かった事なのである。

515日本@名無史さん2017/02/04(土) 17:38:31.36
>>501
琉球人は、他のアジアの人々より、アイヌ人と本土日本人に近いことが、遺伝子の研究で明らかにされつつあります。
日本本土から琉球列島への移住があり、この人々が現在の琉球人の主要な成員であろうと推定されます。これは近年の考古学的、言語学的成果とも整合性があります。
そしてその移民が九州から行われただろうことも、考古学的言語学的証拠から支持されます。
ただし、私の知る限り、遺伝子の研究からは、この移民が九州からの移民であることは、まだ主張されていないと思われます。日本人の遺伝子の地域差に関する研究はまだ始まったばかりだと思います。

516日本@名無史さん2017/02/04(土) 17:42:40.88
>>501
僕が思うに、言語学者(方言学者)がやっているように、集落ごとに調査をするような、粒度の高い遺伝子研究が求められると思います。
本土が政治的に統一されて以降、千数百年に渡って、本土日本人は、様々な地域出身の日本人同士で混血を繰り返しているはずなので。
人口の流動性が歴史上小さかった地域、島嶼部や山間部などでDNAのデータがとれると良いのですが。

517日本@名無史さん2017/02/04(土) 18:02:25.78
朝鮮みたいな真似はやめた方がいい

518日本@名無史さん2017/02/04(土) 18:08:53.93
母数の多い中共が戦略的に有利に働くんですよ奄美以南は色々と
逃げ場がない

519日本@名無史さん2017/02/25(土) 15:40:45.03

520日本@名無史さん2017/03/05(日) 13:30:37.37
中国は全民族の核遺伝子情報を国家的事業でやってるが、日本の情報は
中国大陸抜きの学説、D遺伝子は韓国にも僅かにある、外見黒人のジャワラ人も
D遺伝子が本土人よりはるかに多い、縄文人の出自経路は現在も謎のままで
中国抜きで不完全、中国には回族などのイランイラク系のが過去数十万人いた
その他の民族多数

521日本@名無史さん2017/03/05(日) 13:40:23.19
本土人は朝鮮含む北東アジア系人で列島で近種混血でD遺伝子が少し残ったが
DNAが朝鮮人と殆ど同じ、沖縄人は大陸各地と南方系のミックスD遺伝子は
ジャワラ人由来南方経由で、東アジアの中で日本本土人と沖縄人は最も離れた
遺伝子情報を持ち

522日本@名無史さん2017/03/05(日) 13:59:46.45
本土人と沖縄の歴史や人類学を現在の版図で判断は間違い、半島や大陸北部を
受け止めるように日本列島は有るいつの時代も人文化が渡ってきた
沖縄は遥かな南方のぜっかいの孤島で本土からの移住者は居なかった
沖縄人は日本国民だが民族は別、歴史人類学は常に多数派や侵略民族に歪曲される

523日本@名無史さん2017/03/07(火) 09:48:27.26
>>509の系統図って沖縄の琉球新報の報道なんだぜ

524日本@名無史さん2017/03/07(火) 19:45:54.22
>>506
遺伝学で完全否定されてるのはこっちのほう
>朝鮮人と日本人北東アジアが
>殆ど同じDNAなのもうなずける、沖縄は北方ルーツの言語影響は有るが大陸や
>様々な南方系が渡来し本土人と全く違う民族

形質人類学とか前時代の遺物が幅を利かせてた時代はこんなことが通説のように言われてきたけど
ハプロ系統から琉球人の大半は九州からの移民だとハッキリわかっている

>>521
北東アジアや朝鮮族にはハプログループDタイプそのものが見られない
ちなみに琉球人のハプロDはチベットのD1a1、D1a2、ジャラワ人のD*でもなく本土と同じD1b系統です

525日本@名無史さん2017/03/15(水) 14:38:59.41
>>506
全く根拠を示さず否定と抹殺
沖縄本島原理主義者w

526日本@名無史さん2017/05/05(金) 10:57:51.99
琉球列島で話されている言語は琉球「諸語」であって、琉球諸語は少なくとも五つの言語からなるという話はすごく重要だと思う。
なぜなら、琉球王国は言語的には統一されていないということになるからだ。

527日本@名無史さん2017/05/05(金) 14:07:44.74
沖縄本島首里方言こそが琉球共通語って言ってたろ?

本土共通語沖縄への押しつけは文化と伝統の破壊!って騒いでるのと同じ構造だけどね

528日本@名無史さん2017/05/05(金) 15:33:32.06
琉球諸語は全部同じ系統なんだから方言と同じことだよ

529日本@名無史さん2017/05/05(金) 19:36:13.35
複数の−意志疎通が困難な−言語が話されていた琉球列島とその地域の人びとを、
「ウチナー」「ウチナーンチュ」と、沖縄本島の首里という特定地域の方言の、しかも「沖縄本島」「沖縄本島の人」を意味する語で、指し示そうとする人は、
琉球列島の言語的多様性を知らないかあるいは無視している。

530日本@名無史さん2017/05/13(土) 13:17:04.85
「琉球諸語は単系統群ではない(琉球祖語なるものは存在しない)」なんてことが証明できたら面白いな。
実際、琉球諸語の共通改新と見なせるものは実はそれほど多くないようだし。

531日本@名無史さん2017/05/28(日) 17:57:09.69
今どきの歴史 城久遺跡群(鹿児島県喜界町) 考古と文献、幸福な連携 毎日新聞2017年5月15日
https://mainichi.jp/articles/20170515/dde/018/040/051000c
城久(ぐすく)遺跡群(鹿児島県喜界町)の調査開始(2002年)から15年がたった。九州の南約380キロ、
奄美大島の東に浮かぶ小さな島の遺跡ながら、これまでの発掘と研究成果は古代日本国家の版図を広げ、琉球史像を
ひっくり返した。さらには新たな研究の可能性をみせている。


同遺跡群は喜界島中央部の高台にある8遺跡の総称で、計約13万平方メートル。9世紀から15世紀にまたがり、
本土の平安から室町時代ごろにあたる。

最初から異様な遺跡だった。九州の南に連なる琉球弧の他の島々と出土遺物が全く違う。早い段階から中国産青磁など
他島にないものが存在する一方、他島が使う在地の土器がない。さらに製鉄や米・麦の栽培開始も沖縄本島より早い。


何がこの島であったのか。吉成直樹・法政大沖縄文化研究所教授や発掘報告書によると、1期(9世紀〜11世紀前半)は
「大宰府の出先」とも言われる時期で、古代国家が南島に朝貢を促す拠点だったらしい。螺鈿(らでん)細工用の夜光貝が最重要品。

2期(11世紀後半〜12世紀)が遺跡群の最盛期。中国、高麗産の磁器、さらに西九州産の陶器などが大量に出土する。
農耕や製鉄開始もこの時期だ。

吉成さんは「交易が国家的な管理を離れ、南九州の勢力、日本商人、高麗商人らが移動しながら中継貿易を行った」
と考える。日宋貿易の活発化を背景に多民族が往来する活気ある光景が浮かぶ。

そして、この時期、高品質の陶磁器類が沖縄本島はじめ琉球弧全体に一気に広まった。喜界島を拠点に、ひとつの
広域文化圏が形成されたのである。

3期(13世紀〜15世紀)になり、遺跡の規模は縮小する。

2期を典型に、琉球弧の最先進地が喜界島だったのは明白だ。加えて重要なのは、琉球王国成立につながる沖縄の
グスク時代の始まる時期が2期と一致することだ。

532日本@名無史さん2017/05/28(日) 17:58:50.14
従来の琉球史では、琉球弧の文化は沖縄本島から周辺に波及したと考えられた。だが、変化の方向は逆で喜界島→沖縄本島だった。
本土の強い影響のもと、技術と知識で優位に立つ喜界島の人々が沖縄本島に移動し、当地の人々を動かし、沖縄の変化と発展を
促したのだ。喜界町教委で発掘を担当する野崎拓司主査は「この遺跡が発信し、技術や情報が南島全域に広がった」と評し、
吉成さんも「歴史像を一変させた。城久遺跡群の影響はそれほどに大きかった」。


遺跡群の発見前、その存在を予見する論文が歴史学から出た。1987年、鈴木靖民・国学院大名誉教授が古代の史料に
みえる南島の朝貢活動から階層化した社会への移行を考え採集経済社会像を描くにとどまる考古学との食い違いを指摘した。

考古学にも卓見はあった。池畑耕一氏(鹿児島県立埋蔵文化財センター=当時)が喜界島を試掘。98年、進んだ土器が
出る半面、在地土器が出ないことから島の特殊性、大宰府との関連を示唆したのだ。高梨修・奄美博物館学芸員は池畑論文を
評価し、吉成さんも「考古学と歴史学の非常に幸福な結びつきだった」と振り返る。


発掘が終わり、総面積約13万平方メートルのうち約6万平方メートルが保存された。今、現地は元の静かなサトウキビ畑に
戻っている。総括報告書も刊行された。ところが、これで終わりではなかった。

遺跡群南方の手久津久(てくづく)地区で、また中国産の高級磁器が大量出土したのだ。時代は14世紀から15世紀の
半ばまでと、城久遺跡群3期と同じ。文献によると、沖縄本島に成立した琉球王国(第一尚氏)がまさにこの頃、
喜界島を何度も攻め、3年でやっと征服した。

発掘した野崎さんも高梨さんも「(尚氏王朝に立ちふさがる)強力な勢力の存在を考古学的に裏付けられるかも」と、
文献史学との次なるコラボに期待している。【伊藤和史】

533日本@名無史さん2017/05/28(日) 18:05:26.50
>従来の琉球史では、琉球弧の文化は沖縄本島から周辺に波及したと考えられた。
>だが、変化の方向は逆で喜界島→沖縄本島だった。
>本土の強い影響のもと、技術と知識で優位に立つ喜界島の人々が沖縄本島に移動し、当地の人々を動かし、沖縄の変化と発展を
促したのだ。

アマミキヨか

534日本@名無史さん2017/06/04(日) 11:01:41.55
平成29年度第1回考古学講座(平成29年5月14日)
“石のなべ”の謎―滑石製石鍋と中世の日本列島―
神奈川県教育委員会文化遺産課 久我谷渓太
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/877136.pdf

滑石製石鍋についてとしては、ネットで見た分ではビジュアル含め今までで一番わかりやすかった。
城久遺跡群と絡めたグスク時代の論考もちょっとある。

535日本@名無史さん2017/06/14(水) 07:04:34.69
>>532
本土学者の何でも日本発祥の妄想。沖縄各地から秦から清までの古銭が大量発掘、
城時代の城跡から大量の中国朝鮮東南アジアの品々が発掘された、絣織り焼酎鰹節、胡弓
琉球音階も東南アジアから、三線空手も中国各地の影響で生まれた、沖縄各地の世界遺産の
アーチ門と曲線の美しい石の城壁は大陸由来、首里城と浦添城初期は全て高麗人に依る
高麗瓦使用後に中華人が赤瓦製造と技術伝達、日本人の政治的捏造歴史は沖縄にいらない

536日本@名無史さん2017/06/14(水) 07:24:49.15
現代の科学では日本本土人に近いのは、朝鮮ー北中国ー北東アジアー台湾ー沖縄
古代から本土一般人の沖縄移住は無かった、歴史後発の琉球は大陸と南方系で人工増殖
中世以前は頻繁に海外渡航、福州には琉球館琉球人墓地など今も省政府によって保護されてる
福州付近は古代からの国際港元の造船所の有ったところ、多数の元軍兵士〔殆ど福州人〕は琉球にも
上陸してるが戦いの痕跡はない厭戦気分で定住の可能性もある

537日本@名無史さん2017/06/14(水) 07:45:02.60
戦後生き残った沖縄人30万6割は女、よれよれも入れて男4割で女主役が戦後スタート
そして奄美台湾フィリピン朝鮮人沖縄系本土人その他で人口爆発が現在の沖縄人
元々本土系一般人の存在しない沖縄アメリカ統治下で軍人政治家全て排除された
現在東アジアで本土人と沖縄人は最も離れた遺伝子情報を持ってる
本土人は北東系で沖縄人はトロピカルシーサー系

538日本@名無史さん2017/06/15(木) 05:50:11.82
トロピカルシーサー系 ?意味不明

539日本@名無史さん2017/06/16(金) 09:30:49.47
>>538
本土人が想像するのは沖縄顔=シーサー顔で南方系シーサー顔
本土人は自分たちの顔がグチャペチャなのわからない

540日本@名無史さん2017/06/16(金) 15:11:15.00
>>535
>アーチ門と曲線の美しい石の城壁は大陸由来

大陸の城壁は版築かレンガ造なんだが

>古代から本土一般人の沖縄移住は無かった、
10世紀に南西諸島に移住して来たのがお前らの先祖いいね?

>首里城と浦添城初期は全て高麗人に依る

首里城正殿は本土の寺院建築由来だがな

541日本@名無史さん2017/06/16(金) 15:23:28.29
>>536
>多数の元軍兵士〔殆ど福州人〕は琉球にも
>上陸してるが戦いの痕跡はない厭戦気分で定住の可能性もある

元史の琉球は澎湖諸島と相対すとあるから台湾のことだろ
沖縄とか言ってるのは沖縄の連中だけ

>>536
>戦後生き残った沖縄人30万6割は女、よれよれも入れて男4割で女主役が戦後スタート
昭和10年の統計だと約59万2千人中うち女は約31万(52%)に対し、昭和25年には約69万8千人
うち女36万9千(52%)と1パーセントも変わんないんだが

つうかお前は自身の願望を断定調ではきちらす癖直したら?
沖縄の奴ってみんなそういうとこあるよね

542日本@名無史さん2017/06/16(金) 16:03:54.49
>>541
本土人の琉球解釈はどうでもいい、元軍が琉球上陸した事は事実後に元の皇子が亡命?追放
いずれも多くの従者を引き連れてた元軍の弾丸も発掘されてる。大陸の城壁はレンガだけじゃない石作も
有る本土城壁は土塁、首里城正殿は薩摩占領下で17世紀に建造され一部日本風

543日本@名無史さん2017/06/16(金) 16:20:33.93
>>541
昭和10年と25年の人口を持ち出して捏造無理だね、戦争でいくら沖縄人が死んだと思ってるんだ
戦前は日本政府の植民地政策で蘇鉄地獄で海外移民、戦後は日米の本土からの沖縄人移住計画で
多くの沖縄人、米軍関係のフィリピン人台湾人朝鮮人多くの奄美人その他の海外人で人口が増えた
本土人が沖縄に移住した証拠ない、溢れるように半島や中国北部が日本人のルーツ

544日本@名無史さん2017/06/16(金) 19:54:15.05
>>543
ほらよ沖縄県自治体による公式統計だぞ
http://www.pref.okinawa.jp/toukeika/pc/H27sokuhou.pdf

>米軍関係のフィリピン人台湾人朝鮮人多くの奄美人その他の海外人で人口が増えた

在日フィリピン台湾朝鮮人の都道府県別人口ググってみたら

545日本@名無史さん2017/06/16(金) 20:02:10.46
>>542
>本土人の琉球解釈はどうでもいい、
元史 卷210
https://zh.wikisource.org/wiki/%E5%85%83%E5%8F%B2/%E5%8D%B7210
>琉求,在南海之東。漳、泉、興、福四州界內彭湖諸島,與琉求相對
琉球は南海の東、漳、泉、興、福の四州の境界内にあり、澎湖諸島と琉球は相対している。

>いずれも多くの従者を引き連れてた
>元軍の弾丸も発掘されてる。
ソースは?

>大陸の城壁はレンガだけじゃない石作も
>有る
どこにあるの?具体例あげてみろよ

>首里城正殿は薩摩占領下で17世紀に建造され一部日本風

ほらよ上里の見解だぞ
http://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/tora/2005/04/post_956c.html
>実は、どのような形で首里城に寺院の様式が取り入れられたのか、詳しいことはまだわかっていません。
>ただ、その謎を解くヒントはあります。15世紀頃(日本では室町時代)から、日本本土から禅宗の僧侶がさかんに琉球に
>渡来していた事実があります。
>彼らは琉球国王のサポートのもとに寺院をつくり、琉球で禅宗を広めていたことがわかっています。当時の国王も仏教を
>信仰していて、そのなかで首里城をはじめとしたグスクにも寺院の様式が取り入れられたのではないかと推測されます。

546日本@名無史さん2017/06/16(金) 20:35:06.56
明実録で元朝の皇子が流されたという琉球も台湾なんだろうか?

その上里氏は明実録での琉球は沖縄間違いなしって言ってるけど

547日本@名無史さん2017/06/16(金) 21:51:07.55
気持ちの悪い何でも日本発祥本土人と沖縄人は東アジアで最も離れた民族
都合のいい推測しなくても首里城の正殿は出火で再建唐破風を取り入れたと記録されてる
坊主が来て寺を建てても信者はいない、滞在して帰国する坊主商人は沖縄人のDNAと関係ない
基本的に琉球は神や宗教は女性が係るもの、首里城内にも拝所がある、寺は城下町や那覇に
禅宗を広めようとしたが0信者、今でも受験就職では女性だけが拝所参り

548日本@名無史さん2017/06/16(金) 21:57:50.80

549日本@名無史さん2017/06/16(金) 22:28:12.45
>>544
日本管轄外の戦後沖縄と在日海外人となんの関係がある、戦争で沖縄人15万近く〔住民10万含む}
犠牲になり本土と違う人口推移、日米政府の沖縄人は日本人じゃないの認識で沖縄人の移住計画で
多くの沖縄人が里帰り、アメリカ統治下で日本人排除だが奄美人は与論経由の密入国多くのフィリッピン人
台湾人沖縄人と共に密貿易活動や血縁関係も、戦後アメリカ統治下の沖縄に都道府県別在日だってww

550日本@名無史さん2017/06/16(金) 23:06:34.75
でソースは?
お前の言ってることってすべてお前の願望だよな

>>546
さあな
地保奴が流された琉球は小琉球と書かれてないから沖縄だろうって推測だけど
元史にある琉球は彭湖諸島と相対するって明記されてるから100%台湾だがな

551日本@名無史さん2017/06/18(日) 11:27:22.20
>>550
台湾が本当の琉球国であっても、統一以前の琉球国の沖縄各地の豪族たちはそれぞれ琉球国を名乗り
明国と朝貢交易をおこない東南アジア交易を拡大していった、初期の中山浦添首里城も高麗瓦を使用
城跡から高麗人が製造した高麗瓦、朝鮮中国東南アジアの物品が発掘されてる、統一王朝成立後は
明国が沖縄の琉球王朝に軍艦型帆船30隻武器と技術者と技術を提供が現実、

552日本@名無史さん2017/06/22(木) 23:39:35.64
だからそれがどうしたの?
全然反論になってないが

553日本@名無史さん2017/07/10(月) 01:10:49.96
中国や朝鮮との結びつきは本土のほうがよっぽど深いだろうな
宋銭や明銭が自国通貨よりも流通して朝鮮国王の朝賀には冊封を受けた多くの九州の豪族たちが朝鮮王国の武官として出席していたし

554日本@名無史さん2017/07/26(水) 09:25:19.29
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

555日本@名無史さん2018/01/30(火) 16:46:38.47
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

NA24E

556日本@名無史さん2018/02/28(水) 17:09:27.40
616年、南島の夷邪玖(イヤク)(流求)人30名、大和朝廷に服属

630年、第一回遣唐使(奄美語通訳付)

698年、文忌寸博士ら8名が武装、南方新領土と新航路発見

677年、天武天皇、種子島島民を近江宮に招宴

681年、天武天皇、種子島島民を再び近江宮に招宴。多彌(タヤ)人(種子島人)、国の地図を
      朝廷に献上

682年、九州南部の隼人を近江宮に招宴

688年、東北の蝦夷を近江宮に招宴

699年、種子島、屋久島、奄美、徳之島、、朝廷に宝物を献上(続日本紀)

714年、朝臣・遠健治(とおけんじ)が南島(沖縄)、奄美、信覚(石垣)、球米(久米)の人、
      52名を連れ帰る

715年、元旦に元明女帝、奄美、屋久、徳之島、石垣、久米人らの貢物を受ける。蝦夷とともに77名に
      位階授与。

720年、朝廷、南島人232名に位を授ける

735年、大宰府、小野高橋を南島に派遣し調査、各地に碑を建てる

557日本@名無史さん2018/02/28(水) 17:13:17.92
1156年、保元の乱で敗れた源為朝が沖縄の今帰仁に上陸。南部の大里按司(おおざとアデ)の
       妹と結ばれ、尊敦(そんとん)をもうけ伊豆大島に帰った。

558日本@名無史さん2018/02/28(水) 17:20:34.12
みなさん、ご存知と思いますが、
昨年末の国立遺伝学研究所の斎藤教授の遺伝子研究により
沖縄人は日本本土人と同じ縄文人の末裔であることが科学的に
証明されました。

昨年の7月以降のレスがほぼ止まっているのはこの解明を受けての
ことだと思いますが。

559日本@名無史さん2018/02/28(水) 17:36:27.77
金丸らのクーデターにより尚氏王統は皆殺しにされてたんですね。

560日本@名無史さん2018/03/11(日) 22:35:10.81
>>559
金丸もその後は「尚円王」と名乗って尚姓を受け継いだけどな
でも第一尚氏王統の末裔たちは現在もいる

561日本@名無史さん2018/03/11(日) 23:55:07.54
>>27
島津は頼朝の乳兄弟の家系なんだから騙るもクソもないだろ あと為朝はバケモノ

562日本@名無史さん2018/03/12(月) 01:28:28.48
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

563日本@名無史さん2018/04/23(月) 16:30:01.39
>>560

金丸の「尚氏」はあきらかに僭称ですね。
冊封を受けるための。

第一尚氏王統の末裔が今もいるって本当ですか?
第二尚氏の末裔とはどういう関係になるんでしょうね?

564日本@名無史さん2018/04/23(月) 16:39:00.25
古代の沖縄を統治していた『天孫氏』。
のちの天皇と同じ天孫族の一族であると思われます。
今上天皇の沖縄訪問はまさに天孫氏の里帰りという
現代において神話が顕現化した事例だったのです。

565日本@名無史さん2018/05/12(土) 14:33:25.71
あげ

566日本@名無史さん2018/05/12(土) 16:11:17.17
>>72
これは面白い
グスク時代直前には琉球諸島に人がいた痕跡が見つからないというが継続して人が住み続けていない限りこのようなことはありえない筈
ということは絶対どこかに人が棲んでいた訳だ

567日本@名無史さん2018/05/13(日) 15:41:13.92
794 日本@名無史さん ▼ New! 2018/05/13(日) 14:42:04.36 [0回目]
沖縄はもともと琉球王国が統治していた場所だから日本固有の領土ではない。
その証拠に日本政府は軍隊を動員して沖縄の前身である琉球王国を武力併合している。
沖縄の前身である琉球王国が日本の領土だったなら日本政府が軍隊を動員して琉球王国を武力併合するわけがないし、併合する必要もない。
沖縄が日本固有の領土でないことは皮肉なことに日本政府自らが沖縄の前身である琉球王国を武力併合したことで証明してしまった。

568日本@名無史さん2018/05/16(水) 13:30:36.92
>>564

琉球王朝時代に親中派の大臣によって
伝えられる年代が中国の王朝より古いことや沖縄に固有の文字が
なかったはずなどを理由に否定されてしまったという歴史があるようです。

現代ではこのような口承による歴史も重要な研究対象であり、
天孫氏に関する伝承もその研究が待たれるところである。

569日本@名無史さん2018/05/16(水) 13:37:45.14
あげ

570日本@名無史さん2018/05/17(木) 14:33:14.53
沖縄は薩摩に武力併合され日本政府に帰属させられ滅亡したので
国際法上あきらかに日本固有の領土です

571日本@名無史さん2018/05/22(火) 23:06:33.04
>>566
普通に考えて琉球人の先祖が南九州に住んでいたときの伝承だろ
どこかにいたはずなら生活遺物が見つからないなんてないよね

572日本@名無史さん2018/05/23(水) 20:17:48.44
奄美大島の宇宿貝塚は縄文時代から中世まで継続して人が棲み続けたようだ
どうやら琉球諸島が無人だった時期があった訳ではないらしい

573日本@名無史さん2018/05/24(木) 09:24:14.57
でもそれは今の沖縄の人々とはまったく関係がない集団だよね
沖縄地方民には弥生時代以降でないと現れないハプロが半数を占めているのだから

574日本@名無史さん2018/05/24(木) 14:20:57.68
>>573
弥生時代以降でないと現れないハプロってなんだよちゃんと人骨調べてないのにそんなこと断言できんだろ
O12bのこと言ってるなら弥生時代以降に現れたとするにはと分岐年代がありえないくらい古いので無理がある
(日本人琉球人に特に多いO1b2a1-47zは日本列島または朝鮮半島のどちらかで7870年前に発生したと考えられているが当時の朝鮮半島は無人である)

そもそも琉球人の容姿は縄文要素が濃いのであるから、琉球人に多いハプログループももともと琉球諸島の縄文人が有していたものと考えた方が自然だ

575日本@名無史さん2018/05/24(木) 14:27:22.35
更に言えば朝鮮半島に特に多いO1b2a2a-L682の推定発生年代は6300年前だから、
O12bのサブグループの日朝それぞれに多いサブグループの推定分岐年代は縄文人(縄文類似文化)が無人だった朝鮮半島南部に進出してきた時期と一致しとるね

576日本@名無史さん2018/05/24(木) 17:04:05.06
>>572
そりゃあ無人とほぼ無人は別だもの

577日本@名無史さん2018/05/24(木) 20:38:30.82
明らかに住んでる人間の種類が断絶してるのは縄文文化がなかった先島諸島な

578日本@名無史さん2018/05/25(金) 00:44:22.33
>>574
>>575
わざとだと思うけど進出時期と発生時期を何故混同しているの?
1b2a1-47zが縄文時代からいたといのなら確固たるエビデンスを示してみろよ

579日本@名無史さん2018/05/25(金) 01:36:40.67
950 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/03/03(土) 12:52:15.70 ID:gv9v2PhP0

Y染色体のHGで重要なのは、そのHGの下位のHGの種類の数も重要。
下位のHGの種類の数が多いほど、その一つ上のHGはその場所にいた時代が長いことになる。
O1b2a1a1 (CTS713)(旧47z)は日本が高頻度だが、半島は日本よりも低頻度。
でも、そこだけが着目点ではなくて、
O1b2a1a1 (CTS713)(旧47z)の下位のHGの種類の数が、
圧倒的に、日本>>>>半島
つまり、O1b2a1a1 (CTS713)(旧47z)が存在した期間が、日本のほうが遥かに長いからである。
これは、つまり、O1b2a1a1 (CTS713)(旧47z)の発生場所が日本だったからで
それは、およそ3900年位前ということになる。
ちなみに、その上位のO1b2a1の発生時期は、約7800年前で、場所は、日本か朝鮮半島のどこか
さらに上位のO1b2-M176の発生時期は、約28000年前で、場所は、中国北部から朝鮮半島北部のどこか

580日本@名無史さん2018/05/26(土) 13:19:25.89
慶長十三年7月7日、徳川家康は琉球を島津家久に与えてるんですね。
(慶長十三年七月七日付家久宛家康黒印状、「旧記雑録」後編四、594)

これに基づいて薩摩藩は琉球に侵攻したわけですが、この時、琉球国王は

明に対し援軍を求めたがまったく黙殺されたわけです。

つまり、明も琉球の問題は日本国内の問題であると認めたわけです。

当時の徳川幕府と明という二大政府が認めているのだから、琉球は

間違いなく日本国の一部なわけです。

581日本@名無史さん2018/05/26(土) 13:23:38.25
捕虜となった琉球国王は島津家久とともに駿府より江戸に上った。

この時の様子は琉球国王は王や皇族の乗る鳳輦に乗り、臣下も馬上で幡を翻し、楽をかなでながら伏見を通過した

とあり厚遇されていたことがわかる(「大日本史料」第十二編之七、八月十四日条)

琉球国王は鳳輦に坐したまま玄関先まで乗り付け、家康は広間上段で「御対座」し「御対面」した。「王、日本の王(天皇)のことく」

とあるように、一国の王に対する接遇であった(「東アジアのなかの琉球と薩摩藩」)

8月28日、琉球国王は将軍秀忠に謁見した。秀忠は「琉球は代々中山国王が国なれば、他姓の人を立て国王と

すべからず、早く帰帆せしめ祖考の祀りを継べき旨台命ある」と琉球国王の地位を安堵した。尚寧の喜びのあまり

カチューシーを舞ったという。

この時以降、琉球国王の地位は徳川幕府の下に安堵されたものとなったのである。

582日本@名無史さん2018/05/26(土) 22:44:41.49
↑人質として連れ去られたんじゃないってことか
だったらなぜ連れ去られたといわれてるんだ?

583日本@名無史さん2018/05/27(日) 01:38:04.74
>>579
すげぇ滅茶苦茶な理論だな
なら何でアイヌ人や縄文時代の遺構からo1b2が検出されないの?
o1b2が縄文時代に進出してきたのならアイヌ人からも検出されないのはおかしいわな

584日本@名無史さん2018/05/27(日) 05:02:15.48
>>583
しらべられた結果O1b2aが出ないのは東日本の縄文人であって西日本の縄文人は調べられていない
(縄文人・縄文文化はそもそも均一な一つの民族・文化ではない)
おかしくも滅茶苦茶でもない

585日本@名無史さん2018/05/28(月) 11:42:24.93
話の結論は出て無いみたいだが、与那国の海底遺跡が人工か否かで此の国の歴史は大きく動く。
それにしても琉球、南西諸島、台湾と其の離島などは古代に於いて極めて重要な場所と言う事には変わりは無い。
敷島しきしま、とはそれらの島の群れを指す言葉とさえ思える。

後世、畿内へと進んだ民が大和にルーツを偲び「敷島」を擬えて呼んだのでは?
それは各所を画した八重垣、其々の「部落」を「しま」としていたのかも。

586日本@名無史さん2018/05/28(月) 11:50:09.01
>>585
と、ふ、と検索すると…やはり、既に誰かもそう感じてたのか。
琉球、奄美、南西諸島、、、しきしまの由来でそ。

https://baba72885.exblog.jp/6943029/

587日本@名無史さん2018/05/28(月) 12:58:29.10
と言うか、謎の多い古代豪族葛城氏の語源はグスクかもな。
葛くずグス城のグスク、しかも鯨面文身などは黒潮の民から太平洋の諸島、内陸地まで余りにも広く分布している。

原日本人の活動ループは現代人の想定が及ばない程の大きな輪を持っていたとしか、、、。

588日本@名無史さん2018/05/28(月) 13:34:16.84
グスクの語源は御宿であり漢語が由来
葛城とはなんも関係なし!

589日本@名無史さん2018/05/28(月) 14:04:48.58
御宿グスク…城…葛城、、、言葉の転訛ってそう言うものだろう。
グスク=御宿! (ホェー これと思ったら此れ!みたいな(マーイイヤ。

590日本@名無史さん2018/05/28(月) 14:06:40.04
あーもうめちゃくちゃだよ〜

591日本@名無史さん2018/06/06(水) 09:55:08.92
Nanking Massacre
南京大虐殺
In late 1937, over a period of six weeks, Imperial Japanese Army forces brutally murdered hundreds of thousands of people-including both
soldiers and civilians–in the Chinese city of Nanking (or Nanjing). The horrific events are known as the Nanking Massacre or the Rape of Nanking,
as between 20,000 and 80,000 women were sexually assaulted. Nanking, then the capital of Nationalist China, was left in ruins, and it would
take decades for the city and its citizens to recover from the savage attacks.

Nanjing Massacre / Rape of Nanking
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1528194834/38-56
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1528040066/27

Japscat
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1528099416/29-34

592日本@名無史さん2018/06/07(木) 22:41:54.58
1937年後半、6週間にわたり、日本軍は数十万人の人々を残虐に殺しました。
中国の南京(または南京)市では、兵士や民間人などが参加しています。 恐ろしい出来事は南京大虐殺または南京の強姦と呼ばれ、
20,000〜80,000人の女性が性的暴行を受けました。 ナショナリスト・チャイナの首都南京は遺跡に残っていた。
野蛮人の攻撃から都市と市民が回復するために何十年もかかる。

南京大虐殺/南京の強姦

593日本@名無史さん2018/06/07(木) 23:23:29.78
板違いコピペ荒らし

594日本@名無史さん2018/06/10(日) 00:08:43.58
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/-wF31xbwqPM

595日本@名無史さん2018/06/24(日) 12:37:26.98
国際法は武力による領土拡大をみとめている。それを阻止するためには特別な
条約を締約している必要があり、その条約の制限下において武力による領土拡大が
禁止されているにすぎない

沖縄は日本により武力併合された。よって沖縄は日本固有の領土。
反論は感情論ではなく国際法をもとにお願いします。

596日本@名無史さん2018/06/27(水) 17:09:15.95
眠そうな比嘉ちゃん
https://www.youtube.com/watch?v=vTXn-gfZzdo

597日本@名無史さん2018/07/12(木) 14:17:11.75
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

OH2

598日本@名無史さん2018/07/13(金) 00:54:29.69
南京大虐殺 は中国人が行った殺戮を日本軍に罪を押し付けた事件である

新着レスの表示
レスを投稿する