地名の日本史

1日本@名無史さん2013/01/06(日) 22:46:08.40
地名に関してウンチクを語ろう

813日本@名無史さん2017/01/13(金) 06:03:28.75
そらもう三廻部よ

814日本@名無史さん2017/01/13(金) 08:09:12.67
>>812
あれっもう一回やってみる。
三𒌞部

815日本@名無史さん2017/01/13(金) 08:10:24.41
7plusにみくるべ変換できないバグ。ニュースになるかな。

816日本@名無史さん2017/01/13(金) 08:52:26.36
ニュースになるほど三𢌞部は有名なのか

817日本@名無史さん2017/01/14(土) 09:44:17.12
>>811
>川はベツというよりショーとかソウの感じだった・・・・・・・・・・・・
読解不能なんだが、三𢌞部地域の○○川の川幅が広くなく狭かったの?
ショーって何なの?ソウって何なの?

818日本@名無史さん2017/01/14(土) 18:00:46.49
>>817
本州のアイヌ語風地名とか古代語とか参照して。

819日本@名無史さん2017/01/15(日) 09:43:27.26
京都府愛宕郡愛宕郷は、『和名類聚抄』に「於多木」とあるから「オタキ」と
読むのだろうが、「オタキ」の語義は何?
一方、京都府愛宕郡&桑田郡の式内社は、愛宕(阿多古)神社。
上記地以外の各地愛宕地名の読みは、勧請神社名由来で「アタゴ」が多いの
だろうが、「アタコ」の語義は何?

820日本@名無史さん2017/01/15(日) 12:17:10.03
そんな古い地名のそのまた語源なんてとっくに忘れられてるだろ

821日本@名無史さん2017/01/25(水) 15:29:09.80
>>2
読んだ
圧倒的な説得力

822日本@名無史さん2017/01/25(水) 19:59:43.82
4年前の書き込みを今頃読んだのか

823日本@名無史さん2017/01/26(木) 00:14:43.19
狭山事件の堀兼。掘りかねるほど農地開発が難しい地質だったからの縁起は信じがたい。ホリガネのネは太古はナイだったのではないかな。
ご家族が被害者を探しに行った入曽駅のイリソも気になる地名。

824日本@名無史さん2017/01/29(日) 23:23:45.86
>>819
愛宕の原音は、地名の愛宕(オタギ)郷だったのだろうが、
愛宕郷以外の「オタキ」地名といえば、愛知県東加茂郡旧稲武町
小田木(オタギ)、三河国設楽郡小田木村くらいか?
「タキ」ならば、多岐(タギ)神社の坐す美濃国多芸(タギ)郡とか
近江国甲賀郡土山の瀧樹(タギ)神社とかが現存する。

825日本@名無史さん2017/01/30(月) 01:04:15.91
島根に田儀ってのもあるけど、万葉仮名では別になったりするかな?

826日本@名無史さん2017/02/25(土) 15:51:32.34

827日本@名無史さん2017/02/25(土) 19:03:34.70
沖縄はもともと琉球王国という日本の統治権が及ばない独立国だったから日本固有の領土ではない。

828日本@名無史さん2017/02/25(土) 23:39:35.45
>>824
伊勢神宮の辺りも多気郡。
神様にはタギつ姫命(宗像三女神の一柱)。別伝では大国主命/大己貴命の別后。神屋楯姫命。天道姫命/高光姫命(下照姫命)の母親

829日本@名無史さん2017/02/26(日) 03:02:47.54
>>824
「オタキ」の語義は、薪の奉納産地名「オ・タキギ」が通説だろう?

830日本@名無史さん2017/03/20(月) 03:44:32.83
>>829
地元紙「京都新聞」地名取材班説では、以下だね。
「オタギ」、「アタゴ」の語幹「タギ」・「タゴ」は同源で
”山道が狭く凹凸し曲折しているさま”をいう。
「タギ」・「タゴ」は、古語形容詞「タギタギシ」、動詞「タグ」からの
派生語だと。
現代語「手繰(タグ)ル」、「蹴タグル」、「引ッタグル」、「ボッタグル」等と同源か?
なお接頭辞「オ」・「ア」は、「逢(アフ)坂関」と同様の「オ」・「ア」だと。
因みに京都新聞社説では、以下地名も、同義「タギ」地名だとされている。
    大和「当麻」=「タギ+マ」、丹後「間人」=「タギ+磯(イソ)」

831日本@名無史さん2017/09/02(土) 19:27:14.72
>>830
本居宣長『古事記伝』説では、「あたご」は、イザナミ最後の子・カグツチ=
火の神を指す「仇子(あだこ)」由来らしい。
愛宕・おたぎ地名由来・愛宕山は火打石の産地ではない  2017/01/28
ttps://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/57792383.html

832日本@名無史さん2018/01/30(火) 16:15:22.82
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

I4S69

833日本@名無史さん2018/03/28(水) 23:48:14.23
>>707
各地の「○生」地名の続き。
     高知県南国市稲生(いなぶ)
     愛媛県東宇和郡旧宇和町稲生(いのう)
     三重県鈴鹿市稲生(いのう)
     山形県鶴岡市稲生(いなおい)

834日本@名無史さん2018/06/09(土) 19:50:44.39
>>831
柳田国男『地名の研究』では、三河・東濃などに散見される日陰地「アテラ」地名に続けて
以下の記事があります。
      山城愛宕・遠江磐田郡阿多古の「アタゴ」は、「命名者のいる所と反対側に
      あること」を意味する・・・・・・

835日本@名無史さん2018/06/11(月) 02:31:44.14
アテラといえばどこかで聞いたと思ったら奥多摩の地名だった。安寺沢

836日本@名無史さん2018/07/09(月) 12:07:35.46
倉敷市真備町、「まきびちょう」だと思ったら「まびちょう」か

837日本@名無史さん2018/07/09(月) 12:40:14.02
>>836
町名としては「まび」だが
町内の中学校は真備中、真備東中どちらも「まきび」と読む

838日本@名無史さん2018/07/09(月) 15:00:24.08
>>833
福島県南会津郡南会津町針生(はりゅう)

839日本@名無史さん2018/07/12(木) 13:43:08.54
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

5ID

840日本@名無史さん2018/07/13(金) 03:26:13.58
>>39
超〜遅レスだけど

祖母井の地名の元になった姥ヶ池という泉のあたりは古代から人が済んでいたんだって
古代人は漢字を使わないので音のほうに注目したほうが良いと思う

ウバ、オバ読みは岩地や崖地の地名にされやすい
カイ、ガイは狭い谷のような所の地名にされやすい
航空写真を見ると分かりやすく森山と川谷の地形だから、そんな地形から付けられたのではないか

ちなみに明治に祖母井村として統合された近隣村
・稲毛田イナゲタ村
→(接頭語)イ+薙ナギ+田タが訛った?
地形を見ると草木を薙いだ?山を切り開いた?ような所だね
・与能ヨノウ村
→ヨネ、ヨナは川が押し流す土砂を指すらしい、それが訛った?
地形を見ると川に挟まれた場所だね

841日本@名無史さん2018/08/08(水) 01:55:56.68
>>837
       ミ   ∧_∧
     ミ ⊂ ヽ(・∀・ ) ヘェーヘェーヘェー
       ∩⊂~~  ⊂~)
     ━━━━━━━┓

842日本@名無史さん2018/08/08(水) 02:04:46.28
>>840
単純なネーミングだと同じような場所で同じような名前になるところがいくつもあると思うけど、実際問題として案外そういうものかもね。
川が曲がりくねっているあたりを和田とか、けっこうあるみたいだし。

843日本@名無史さん2018/08/08(水) 12:09:53.86
讃岐山脈以外の四国の山の名前は森が多い。

三方ヶ森、明神ヶ森、天狗森、貝ヶ森、鍋が森、鈴が森、二ノ森など。

森と山が未分離?

844日本@名無史さん2018/08/09(木) 14:40:13.70
高知県だと小川川,上八川川,立川川とか川川が多い。

何でこんな名前なんだ?

845日本@名無史さん2018/08/09(木) 15:43:20.84
>>843
古代朝鮮語のmori、muruから来た山を指す言葉という説
 九州にはナントカ牟礼という山がある
 四国ではモリとして受け入れたか
あるいはモリは盛り上がった所の意か
ナントカ牟礼は山に限らない地名としても多いので「むれ」(群)という和語かも
‥古すぎる言葉ははっきり分からんね

846日本@名無史さん2018/08/09(木) 18:15:10.08
いきなり古代朝鮮語って言われてもなぁ。
年代で分ければ、あの国は日本が統治するまで古代だよ。
過去の歴史が気に入らないからと自国の史料を処分しちまったから
僅かな石碑を除けば紙史料は千年前のが最古だし。

その古代朝鮮語って何年前のなんという史料で確認できるんだ?

847日本@名無史さん2018/08/09(木) 19:33:58.67
古事記の最古の写本は14世紀、600年の歴史しかない

848日本@名無史さん2018/08/09(木) 20:52:27.06
朝鮮国士様「マウントとったニダ」(キリッ

頭が悪いからこんな意味のないレスでドヤ顔できるんですね
わかります

849日本@名無史さん2018/08/09(木) 21:05:11.62
古代半島語って見事に残ってないんじゃなかったか?
なのに
「古代韓国語で万葉集がわかる」
などというぶっ飛び本がw

850日本@名無史さん2018/08/09(木) 22:51:41.49
都合が悪いウヨ、許さないウヨ

851日本@名無史さん2018/08/10(金) 11:05:34.46
青森県も山の名前が森が多い。
シナパクリ文化到来前の形態なのか?

852日本@名無史さん2018/08/12(日) 04:08:48.18
>>843
東北でも山の意味になってなかった?
「盛りあがり」?

853日本@名無史さん2018/08/12(日) 04:11:32.21
>>845
オオムロ山なんてのもあるね。

三鷹の牟礼は盛り上がりはちょっとあるにはある程度。

854日本@名無史さん2018/08/12(日) 04:20:39.18
>>847
史記なんかも断片以外は新しいが、それが何か?

855日本@名無史さん2018/08/15(水) 16:47:15.12
なんだよ
チョンを馬鹿に出来ないじゃん
くやしい

856日本@名無史さん2018/08/21(火) 17:30:55.97
チョン家があるのチョンとの関連性がないとはこれいかに?

857日本@名無史さん2018/08/26(日) 14:11:06.92
>>843
>森と山が未分離?
森と山は、別概念だろ?
高低差に関わらず樹木の生い茂った地域が、森。
樹木の有無に関わらず周囲から屹立した地域が、山。
四国には、樹木の生えぬ岩山はないかもしれぬが。

むしろ「山」と未分離相似語は、「岳」だよ。

858日本@名無史さん2018/08/29(水) 00:38:44.28
すんません、別スレに書いたけど過疎なのでそのまま書き込ませてください。

昔の土地台帳を閲覧しました。

  
土地台帳、読めば読むほど謎だらけ。

まず、「○○村□浦550番地」が除籍謄本に載ってる地名。
現在は「■郡○×町□浦??番地(550は現存しない)」
上記ともに小字は存在せず。

しかし、土地台帳には小字の欄に「小浦駄場」と書いてある。現在、そんな地名は一切存在しない。これは何だろう。
あと、駄場という言葉に差別めいたものを感じるけど、勘違い?

また、土地台帳に記載された番地は「8番耕地550番地」となっている。住所や大字で○番耕地なんて存在するの? 
また、もとは耕地で登録され、後に宅地になったけど、先祖は代々そこに住んでいたはず。住んでるのに耕地ってありえる?

859日本@名無史さん2018/08/29(水) 00:42:42.16
あ、間違えつあるわ。
耕地から宅地になったんじゃなく、郡村宅地から宅地に変わってて、番地が8番耕地なだけだったわ。

860日本@名無史さん2018/08/29(水) 05:29:55.58
まるで被差別地区だったのではないかと期待していていそうな質問
ググればヒント出てくるのにマルチするなんてバカなのかな
地域が言えないなら図書館の郷土資料で自身で調べろよ


◆Wikipedia(源氏ヶ駄場)
>駄場とは山頂や山腹の平坦地という意味から山頂の平坦部分を指す。

◆こうち森のささやき(唐人駄場遺跡)
>駄場とは平らな土地という意味だそう

◆法務省(いわゆる「山地番・耕地番」の解消作業について)
>明治時代に行われた地租改正の際,一つの地番区域(大字)内の耕作地に1番から順に地番を付した
>耕作地の地番を「耕地番」

861日本@名無史さん2018/08/29(水) 05:35:01.75
こういう奴がいるから
各地で台帳閲覧が廃止されていくんだろうな

862日本@名無史さん2018/08/29(水) 11:20:57.28
>>29
びわ首
ビワクイ(古地図)
ヒワクヒ(古地図)
という古い地名が地元や旅行先や古地図で良く見られて気になってるのだけど
クビタが焼畑した場所を指しビヤは古語で牛のことだとする説があるらしい
牛首や丑首は確かに地名としては全国的にある

もしかすると琵琶湖も牛湖だったのかも

863日本@名無史さん2018/08/31(金) 00:23:23.33
>>858
良く知らんけど、住居の表示と土地の区分はどっちも変遷があるし、登記で金をむしられるのが馬鹿馬鹿しいからって放置していて、
ワケ分からんことになってる場合もあるみたいね。

新着レスの表示
レスを投稿する