日本語の起源 [転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2015/08/02(日) 04:45:21.95
わかる?

427日本@名無史さん2018/04/21(土) 01:22:02.36


428日本@名無史さん2018/04/21(土) 05:43:27.34
ネトウヨの多いスレだな
常識的に考えて、半島南部の韓族から稲作を伝授された九州の倭人が日本語族の発祥に決まっているだろう。
いや古代日本の賎民制から勘案するに一種のカースト文化が想定されるから、韓族が天孫族で倭人がシュードラの部民だったのかもな

429日本@名無史さん2018/04/21(土) 06:57:29.20
シュードラとか言ってる時点でウンコエベンキの妄想なんだよなあ
稲作と無関係に日本語族が分布している事実から目を背けるな

430日本@名無史さん2018/04/21(土) 06:59:51.56
>>429
どこのゴキブリなのか知らないけど、
そろそろ頭の病院に行ったほうが良いんじゃないのか

431日本@名無史さん2018/04/21(土) 08:09:25.86
>>428
当時の半島南部に、「日本よりはるかに進んだ文明の痕跡」がないんだけどね。
あったら誰も文句は言わんよ。
当時の半島に「韓族」なるものの文化は存在しない。
「ひとかたまりの進んだ文化」が移入された痕跡はない。
日本の弥生時代は、少しずつ新しいものが増えて少しずつ変化していく。
突然鉄と文明を持った支配層が現れるわけじゃない。
水田を作っても、相変わらず竪穴住居に住み、どんぐりを採集し、環濠集落は徐々に
大規模になる。
土器も縄文系の土器を相変わらず作り、少しずつ変化していく。

遠賀川式土器を人の移住だと決めつけるのは正しいのか?
それ以前に突帯文土器が広がっている。
何かが広がったら、「渡来人がやって来てムラを作った!」というならば、玦状耳飾が
日本中に広がるのは渡来人じゃないのか?

まあ、縄文人は新しもの好きの好奇心旺盛な民族だったんだろう。
旅が好きで、あちこちに出かけ、旅人を歓迎し、いいものはすぐに受け入れる。
縄文と弥生の明確な区別は、おそらく意味のないことで、現代に残る「渡来人」の
遺伝的影響は、1500年に渡る少しずつの移民の影響だろう。

432日本@名無史さん2018/04/21(土) 08:15:04.27
そこにない技術があったとしてそれが全体として優れた文化かどうかは別の問題
稲作は効率の良い食糧生産の手段だったから移入されたというだけ

どちらにしろ日本語の起源とは無関係

433日本@名無史さん2018/04/21(土) 08:45:53.02
記紀の記述は、日本海側が結構多い。
水田を作るには「水」が必要だ。現在の「大平野」を見て勘違いしてるやつがいるけど、大平野は新しい。そして危険だw大雨が降ると洪水になる。
洪水になるほど水があるから田んぼを作れると勘違いしている。
大量の水は制御できない。関東平野が今のようになったのは江戸時代だ。

江戸時代、大きな町は日本海側に多かった。知らんやつも多いけどな。
あの雪深いど田舎が何故?

平野があっても水がなけりゃ水田は出来ない。関東平野の台地は広々としているが
水田は作れなかった。山の上まで耕した「千枚田」は西日本の日本海側に多い。
あんなところに作らなくても、千葉や茨城の大平原に移住すれば良かったじゃん?と思う。だけどやらん。出来ない。

雪はダムだ。冬に水を溜め込み、少しずつ下流に流す。
豪雪地帯に古代の人口が多いのは「水」がありダムがあったから。
古墳時代、越(福井から新潟)、丹波(京都と兵庫の北部)、因幡〜出雲の記述が多く、「ど田舎」で大平野もないのに何故?と思うのは、そのへんを知らんから。
ああ、滋賀も出てくるな。滋賀も豪雪地帯だ。伊吹山の10mは有名だ。

制御可能な水がある地域に水稲稲作が広まり、人口を増やした。
「渡来人」が軍事力で植民した痕跡はまったくない。
日本語は。日本列島にいた縄文人の言葉であり、「方言」はありながらも国家が税を
徴収するために文書化した大和言葉で一体を保った。
「ラテン系言語」が、ローマ崩壊後にばらばらになり、後に「国家語」として
「独立」したのとは別の道を歩んだ。

434日本@名無史さん2018/04/21(土) 12:12:53.19
日本人の古来の世界観にインドとシナはあってもチョン半島はシナの一部で存在しないので、チョン半島起源の日本文化はありません。残念でした。

435日本@名無史さん2018/04/21(土) 12:14:36.09
>>433
中国山地は北斜面の勾配緩いからな。

436日本@名無史さん2018/04/21(土) 13:16:50.54
>>428
最古水田の弥生人たちは朝鮮土器をさーっぱり作っていない。

搬入した朝鮮無文土器の壺が一点出土しただけ。

最古水田に韓人なんて居ない。

沿海州から渡来した北方系弥生人が第一倭人。

縄文系弥生人が第二倭人。

437日本@名無史さん2018/04/21(土) 13:36:52.96
>>427


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と飲食器が中心の中国系青銅器と
土壁の中国系住居と石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと漢字の金石文と
龍信仰と亀卜は?


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着したとウソブいている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



早く言えよクッサイ汚らしい台湾のブタとボルネオニグロの中間種。

438日本@名無史さん2018/04/21(土) 14:37:22.96
>>414 アマゾンのあたりの先住民の言語状況はどうなってんでしょ?
ジャングルの中に生きてるから、ヨーロッパ系勢力の影響を
あんまり受けていないのではないかと勝手に推測しとるんですが…

439日本@名無史さん2018/04/21(土) 19:41:33.07
>>414も言っているけど歴史的に言語の統合が進むのは
外部からの強力な圧力が原因である可能性が高い

粒状の語族間の交易があるだけでは言語の統合が起きないというのは
ニューギニア高地が良い例

440日本@名無史さん2018/04/22(日) 02:17:06.56

441日本@名無史さん2018/04/22(日) 03:15:55.82
>>431
九州北部から山陰で北方モンゴロイド形質の渡来系弥生人骨が数千体出土してるから、
渡来人があった事だけは確かなんだわ。

ところが、この渡来系弥生人骨をコンピューター形質解析にかけると、朝鮮人骨とは
全然違っていて、沿海州の北方民族に近い形質の数値を示してくる訳だ。

それに朝鮮系土器がメインの弥生遺構もないんだわ。

一番多く朝鮮系土器が出土した遺構でも全体の3割ほどで、オリジナルの朝鮮土器とは
かなり違った作りなので、これらの作り手は弥生人自身だろうね。

搬入した朝鮮土器を基に弥生人自身がコピーしていただけ。

渡来人自身の土器は最初の弥生土器である刻目突帯文土器で、沿海州南西部の
青銅器時代頃の土器文化と文様の特徴が一致している。

442日本@名無史さん2018/04/22(日) 03:23:11.06
ベンベンは鴨緑江と豆満江の区別もできない池沼だから黙ってろンゴwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
オベンキランドブタニガーとは無関係

443日本@名無史さん2018/04/22(日) 03:41:10.71
日本語族は日本語派と琉球語派とに分かれ
琉球派語は北琉球語群と南琉球語群とに分かれる

日本語派と琉球語派の分岐年代は大和王権の成立・拡大の時期と重なり、境界線も大和王権の支配が及んだ限界(トカラ列島と奄美諸島の間)に一致する
北琉球語群(奄美語、国頭語、沖縄語)はかつて縄文文化があったが大和王権の支配下になかった地域に分布し、
南琉球語群(宮古語、八重山語、与那国語)は縄文文化がなかった地域に分布している

少なくとも8〜10世紀のグスク時代初頭まで下らないと琉球諸島で稲作は開始されない
もし琉球の諸言語が日本本土が稲作を受容した以降の新しい時期に初めて琉球諸島にもたらされたものだとしたら、
現在の北海道方言の様に各地の方言が混ざった没個性的な新方言となることだろう
しかし実際の琉球の言語は本土と比較しても琉球諸島内各地域を比較しても非常に異なっており、グスク時代の入植者によって初めて日本語族が琉球諸島にやってきたとは考えられにくい

稲作の普及・弥生文化と結びつけることができるのはあくまでも日本語派(日本語、八丈語)だけであり、日本語族それ自体は弥生文化以前から存在していたと考える他ないだろう

444日本@名無史さん2018/04/22(日) 07:02:09.30
>>440 サンクス。

445日本@名無史さん2018/04/22(日) 07:10:59.67
最新の遺伝子解析の結果、縄文人の遺伝子は周辺国の遺伝子よりも古く
それとは大きく異なってることがすでに判明しているのだから
日本語の起源といっても単純な話ではないことはわかる
さらに、近年神社を中心に岩に掘られた文字が多数あらためて発見され
海外からシュメール文字との同一性が指摘されるなどしており
従来の歴史学からは何も見えなかった世界に
多様な分野からの総合的なアプローチが問題の核心に迫ろうとしている

446日本@名無史さん2018/04/22(日) 07:24:34.58
要するに日本語が一番古いから、手掛かりが見つからんのだわ。

447日本@名無史さん2018/04/22(日) 12:39:12.91
>>442


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
三足や耳の付いた中国系青銅器と石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと
漢字の金石文と龍信仰と亀卜は?


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着したとウソブいている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



さっさと言えよ台湾ブタチックトムヤムクン。

448日本@名無史さん2018/04/22(日) 12:44:39.33


449日本@名無史さん2018/04/22(日) 15:08:50.08
>>445
神代文字はトンデモだが日本語の起源は世界一と言って過言ではないレベルで古いというのは事実

450日本@名無史さん2018/04/22(日) 18:27:37.07
同系統が全滅してるんだろうなあとは思うね

451日本@名無史さん2018/04/23(月) 10:50:14.32
>>445
いわゆる「ペトログラフ」は田舎史家の暴走だから捨てとけ

452日本@名無史さん2018/04/23(月) 10:56:10.24
最大の「論拠」がムーの連中にんなこと言ってもねえw

453日本@名無史さん2018/04/23(月) 11:35:14.47
>>403
アイヌは、わりと歴史が新しくてね。よくいわれる13世紀以降だけの話ではない。
あれはアイデンティティの問題で、言語系統の問題とは必ずしもリンクしない。

北海道の続縄文文化自体が、やはり2000年ぐらい前に北海道道央付近で発生して、
まずは5世紀頃を中心に道南・東北を南下し、北上する大和民族と東北南部で衝突した後、
大和との戦いに敗れて、今度は北方に移動し、北海道道北を押さえて、樺太や千島へ広がっていく。
アイヌ語も、おそらくこの2000年前前後の道央文化の担い手の部族の言語が一気に広がったものだろう。
軍事衝突とは言っても、民族レベルでの文化交流はかなりあり、
8世紀頃の道南・道央では、大和の影響を受けてかなりレベルが高い農耕も行われていた。

454日本@名無史さん2018/04/28(土) 09:53:08.82
>>448


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
三足や耳の付いた中国系青銅器と石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと
漢字の金石文と龍信仰と亀卜は?


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着したとウソブいている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



早く言えよおまえ!

455日本@名無史さん2018/05/05(土) 22:18:08.84
素戔嗚命の話、酒を飲ませて酔いつぶれる隙に八岐大蛇の寝首を掻くというような発想が出る時点で、
日本人は神代から酔っ払い易い体質なんだよ。
酒飲んでヘベレケで寝潰れたりしない人はガリなら、そんな作戦思いつかない。

456日本@名無史さん2018/05/09(水) 09:36:02.39
>>453

>北海道の続縄文文化自体が、やはり2000年ぐらい前に北海道道央付近で発生して、
>まずは5世紀頃を中心に道南・東北を南下し、北上する大和民族と東北南部で衝突した後、
>大和との戦いに敗れて、今度は北方に移動し、北海道道北を押さえて、樺太や千島へ広がっていく。
>アイヌ語も、おそらくこの2000年前前後の道央文化の担い手の部族の言語が一気に広がったものだろう。
>軍事衝突とは言っても、民族レベルでの文化交流はかなりあり、
>8世紀頃の道南・道央では、大和の影響を受けてかなりレベルが高い農耕も行われていた。

よく東北の蝦夷は先住民と言われるけども、あれは半分でまかせだよね。
弥生時代の稲作農業は青森県北端まで達していたのだが、古墳時代初期の寒冷化によって稲作が不可能になって、弥生文化は宮城県南部、つまり多賀城付近まで後退する。
恐らく東北弥生人は死滅したか、土地を放棄して南に移住していったのだろう。

そして入れ違いに無人化した東北に入ってきたのが北海道の続縄文・擦文文化人。
これが後に蝦夷と言われる人達となる。
西欧で4世紀からの寒冷化がローマ帝国を南に退かせたのと同じような構造だ。

南に撤退した弥生人が倭人で、北海道から移住してきた人が蝦夷。

古代の大和政権には往古の昔に日高見国を服属させたという伝承があり、東北蝦夷から日高見国つまり東北地方を奪い返すのは征服ではなく自分たちの権利の回復と考えていた。
弥生時代に東北地方を蝦夷に奪われた記憶が神話化して弥生人達に残っていた証拠なのだろう。

457日本@名無史さん2018/05/09(水) 22:08:54.19
続縄文文化がアイヌだか知らんけどよ
エゾ(蝦夷)ってのが樺太アイヌを指すエンチウ enciwと同じ語だって説はどこまで信じれるんかね?

もしそうならエゾの初出である平安時代中期になって初めて大和朝廷の支配域とアイヌの領域が接することになったと言える訳だがどうなんだろう
811年の「三十八年戦争」終結から2世紀以上の長きにわたり秋田と気仙を結ぶラインから北には郡が設置されていなかった様だが、
その頃の北東北は原アイヌだけの土地だったのかそれとも元は倭系民族の住む土地だったのが混住地となったのかどちらなのか

458日本@名無史さん2018/05/09(水) 22:40:06.23
恐らく「えみし」はアイヌ語のenchu。上古の関西方言で訛って発音されたもの。そして「えぞ」は平安時代の東北方言でenchuを鈍って発音したもの。
両者同じものの可能性高し。

459日本@名無史さん2018/05/09(水) 23:05:16.20
>>457
奥羽のエミシは縄文人がアイヌと弥生人に分岐する前のまま取り残された連中だから
強いていえばアイヌと和人の中間。移行形態。

460日本@名無史さん2018/05/09(水) 23:16:13.39
今の東北人は蝦夷と混血しているものの基本は大和政権が送り込んだ移民の子孫。
北海道アイヌはあの広い土地に住んでいたにも関わらず、全盛期でも人口は3万〜4万ほど。
ちなみに江戸時代末期の衰退期の北海道アイヌは2万強。
江戸の街だけで150万人いた倭人と混じったら消えてしまうほどの少数民族。

農作してない民族は農作民に吸収される運命にある。
それは人口比が比較にならないから。
東北蝦夷は農業をしていた移住民に同化されたと思われる。
マタキなどの山岳民に一部に蝦夷の習俗を残してね。

461日本@名無史さん2018/05/10(木) 08:47:54.54
エミシに蝦夷の漢字が宛てられたのは何ででしょうか。
文献的にたぶんこれかなとあてはめたのか、より根拠があるのか。

462日本@名無史さん2018/05/10(木) 21:22:11.43
もしかして「蝦」が「エビ」だから音の似てる「エビス」「エミシ」に充てたってオチか?

463日本@名無史さん2018/05/11(金) 12:03:55.75
>>448


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
三足や耳の付いた中国系青銅器と石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと
漢字の金石文と龍信仰と亀卜は?


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着したとウソブている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



さっさと言えよおまえ!

464日本@名無史さん2018/05/11(金) 13:49:08.21
>>458
エミシ emisiとエゾ ezoとエンチウ enciwの原型を考えるならemciwとかそこらへんだろ
元々何語なのかすら謎だけどwwwww

465日本@名無史さん2018/05/11(金) 16:57:16.52
アイヌ語のユーカリも倭語で起源譚をあらわすユカリ(縁起)と同語源だよな
倭語とアイヌ語で言語同士の借用は結構あると思うわ。

466日本@名無史さん2018/05/11(金) 20:11:38.84
その系統の語で一番有名なのが「カムイ(神)」だな
神(カミ)のミは乙種なので元はmuiだったと想定されている
原日本語を原アイヌ語が借用した例だと思う(「上」「被る」「皮」「壁」など上部を意味する似た発音の語があるので日本語側の発祥だろう)

467日本@名無史さん2018/05/11(金) 20:33:39.22
北海道のど真ん中に江別古墳群という遺跡がある。
ここは大和政権から下賜されたと思われる品々が大量に出土している。
まだアイヌ文化が生まれる前の時代、本州以南が奈良時代・平安時代だった頃の話だ。

恐らくアイヌは巷の想像以上に大和からの強い文化的影響を受けている。言語面でも日本語とアイヌ語には単語レベルで色々と関わりが見られる。

そもそも大和文化の影響が無ければ、続縄文文化からアイヌ文化への変遷もありえなかった。
相当古くから大和文化が入り込んでいたことは間違いないだろう。

468日本@名無史さん2018/05/12(土) 13:48:14.53
俺は江別古墳群は倭人の遺跡ではないかと思ってる。
江別古墳の副葬品も土師器や須恵器などもある。
アイヌ人ならば擦文土器を用いていただろう。

江別古墳群や茂漁古墳群の構造はアイヌの墓と若干異なっており、道外から渡った役人や有力者じゃまいか?
飛鳥時代の阿倍比羅夫は渡島の後方羊蹄(しりべし)に郡領を置いているし。

北海道の石狩平野のどこかに大和政権の政庁があって、江別古墳はその官人の墓か何かじゃないのかな?

469日本@名無史さん2018/05/12(土) 16:56:29.36
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/-wF31xbwqPM

470日本@名無史さん2018/05/13(日) 02:44:20.73
縄文時代には北海道と本州以南とで原日本人と原アイヌとして区別できる文化の差異はあったんだろうか?
長きにわたる縄文時代の間にそれら2言語集団へ収束していった形跡があれば完全に日本語族は日本列島独自のものと言い得るのだが

471日本@名無史さん2018/05/13(日) 07:44:51.57
アイヌは縄文人+オホーツク人で
どちらの言語の文法が優先されてアイヌ語になったのかは不明
日本人は縄文人+弥生人+渡来人で
どの言語が優先されて日本語になったかも不明

472日本@名無史さん2018/05/13(日) 09:55:55.48
>>468
> 飛鳥時代の阿倍比羅夫は渡島の後方羊蹄(しりべし)に郡領を置いているし。
そんなことまでしていたのか。もっと知れ渡るべきだよな


あさ、ひる、よる の 「ひる」
血を吸う「ひる」
怯えたりする意味の「ひる」

この三つはどれも同じ語源だろうか

473日本@名無史さん2018/05/20(日) 21:57:23.34
日本語の起源は韓半島です。
今でも福井弁などは韓国語に似ていると思います。

474日本@名無史さん2018/05/20(日) 22:49:17.33
 
もののあはれ の あはれ と
あばれる の あばれ は 語源が同じなのかどうか

475日本@名無史さん2018/05/20(日) 23:57:56.86
>>448


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
三足や耳の付いた中国系青銅器と石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと
龍信仰と亀卜は?


で、中国南部から下戸遺伝子中華ブタが畿内に渡来定着したとウソブいている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



今言えこのサギ中華ブタジジイ! 

476日本@名無史さん2018/05/21(月) 04:03:42.85
「あばれる」は元々下二段活用の「あばる」だよなあ

477日本@名無史さん2018/05/21(月) 23:12:47.30
痴呆老人にいちいちレスすんなよ

新着レスの表示
レスを投稿する