大東亜戦争 [無断転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2016/04/10(日) 20:13:08.21
大東亜戦争は自存自衛の為の戦いです。

270日本@名無史さん2018/01/28(日) 14:11:26.19
「大東亜戦争の開戦目的」を検索してみるといっぱい出てくるぞ。

271日本@名無史さん2018/01/28(日) 14:40:06.36
【8】大東亜戦争は日本の自衛です。

露清密約、露朝密約が帝政ロシアの南下政策に拍車をかける。

日本の交渉を無視し、帝政ロシアは朝鮮半島39度線を越える。

日露戦争勃発。

露清密約や露朝密約が無ければ日露戦争など起きない。 シナ朝鮮の不甲斐なさが日露戦争を招く。

272日本@名無史さん2018/01/28(日) 15:05:16.28
【9】大東亜戦争は日本の自衛です。

日本は日露戦争で勝利。 ポーツマス講和条約を締結。

ポーツマス講和条約で、日本は帝政ロシアに満州を清国に返還させ、南満州鉄道の権利及びそれらに付随する権益を得る。

273日本@名無史さん2018/01/28(日) 15:29:49.66
【10】大東亜戦争は日本の自衛です。

日本はポーツマス講和条約締結後、清国と満州善後条約を締結する。

清国は日本に対し満州での経済活動の権利を認める。

清国にとって労せず満州を取り戻せたのであるから、満州善後条約は恩情のある条約。

満州善後条約による日本の満州進出。

274日本@名無史さん2018/01/28(日) 16:04:49.90
【11】大東亜戦争は日本の自衛です。

1914年、第一次世界大戦勃発。

日本は同盟国である英国からの要請により、ドイツに宣戦布告。

シナ駐留のドイツ軍を撤退させる。

辛亥革命により、清王朝が滅び中華民国。

日本と中華民国による日華条約締結。

二十一ヶ条の要求を過度な要求と非難する輩がいるが、条約締結までの交渉過程において、高めの条件を出すのは交渉時時の常套。

日華条約により、日本はシナでの権益を得る。

275日本@名無史さん2018/01/28(日) 16:33:31.40
【12】大東亜戦争は日本の自衛です。

満州に進出した日本は莫大な投資をし、満州を急速に発展させる。

発展した満州にシナからの移民が押し寄せる。

満州の急速な発展後、シナによる抗日運動が起こる。

そもそも満州は満州人の土地であり、シナ人に「出ていけ!」と言われる筋合いは無い。

満州善後条約の枠内で経済活動をする日本に非は無い。

276日本@名無史さん2018/01/29(月) 09:11:06.26
【13】大東亜戦争は日本の自衛です。

満州事変以前、シナ軍閥(張学良)による満州でのテロ事件が頻発。

1930年〜1931年の南満州鉄道に関わる事件
鉄道運行妨害 ― 171件
鉄道運行中の強盗 ― 189件
鉄道施設の略奪 ― 92件
電線の略奪 ― 26件

「柳条湖事件は関東軍の自作自演説」が流布しているが、テロ事件が頻発する満州で、関東軍が自作自演する必要性など無い。

「関東軍の自作自演説」が生まれたのは大東亜戦争終結後。

板垣征四郎も石原莞爾にしても、柳条湖事件の関与を否認。

満州事変はテロ討伐。 自衛の為のテロ討伐。

満州事変は日本の自衛です。

277日本@名無史さん2018/01/29(月) 12:08:36.27
愛国史観よ永遠なれ

278日本@名無史さん2018/01/30(火) 13:49:51.31
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

GLIRU

279日本@名無史さん2018/02/03(土) 14:40:45.75
>>248
昭和16年「帝国政府声明文」はあります。画像検索でも出ます。

280日本@名無史さん2018/02/09(金) 12:24:27.10
先の戦争の再評価については歴史に過剰な正しさを求める戦後体制への反発がそういう形で現れているだけだろう。
何故誰も止められなかったのかを掘り下げるのは今後の為にも必要。

281日本@名無史さん2018/02/09(金) 15:10:25.49
戦争に大義があるかどうかにこだわっていることが、戦争に私的な価値観を持ち込んでいる
という意味で、ウヨもサヨも大した違いはない。侵略戦争かどうかにこだわるのも同じ。
大した戦略もなく中国に深入りし、ルーズベルトに手玉に取られた東条に思想がなかったってだけ。

282日本@名無史さん2018/02/10(土) 06:46:11.56
うちは関わりたくないから鎖国していたのに無理やり開国させられてるし
西欧は清国まで蹂躙の手が伸びてきているし、さらにソ連が満洲、朝鮮に来て軍港を開くに及んでは、うちと目と鼻の先だし黙っていられない。
それどころか日本まで取る気でいる。
ところが当時の日本は今と違って高度な精神文化を保っていた。そのことに気づかずに「取る行為」は蛮行でしかないんだが、そのことが分からないんだね。

283日本@名無史さん2018/02/10(土) 13:13:06.79
【14】大東亜戦争は日本の自衛です。

塘沽協定により満州事変は終結。

にも関わらず、支那軍閥による日本に対する軍事的挑発は続く。

明らかなる、支那軍閥の塘沽協定無視。

284日本@名無史さん2018/02/10(土) 23:34:58.44
帝国政府声明 昭和16年12月8日午後0時20分発表http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51494050.html よりコピペ
恭(やうやし)く宣戦の大詔(たいしょう)を奉戴(ほうたい)し茲(ここ)に中外に宣明す、
抑抑(そもそも)東亞の安定を確保し、世界平和に貢獻するは、帝國不動の國是にして、列国との友誼(ゆうぎ)を敦くして此の国是の完遂を図るには、
帝國が以(もっ)て国交の要義と為す所なり。然るに、曩(さき)に中華民国は、我真意を解せず、徒に外を恃(たの)んで、帝國に挑戦し来たり、支那事変の発生を見るに至り
たるが、御稜威(ごりょうい)の下り、皇軍の向かう所敵なく、既に支那は、重要地点悉く我手に帰し、同憂具眼の士国民政府を更新して帝國は之と善隣の誼を結び、友好列国の国民政府を承認するもの已に十一箇国
の多きに及び、今や重慶政権は、奥地に残存して無益の抗戦を続くるに過ぎず、然れども米英両国は東亞を永久に隷属的地位に置かんと頑迷なる態度を新たむるを欲せず、
百方支那事変の収結を妨碍(ぼうがい)し、更に蘭印を脅威し、帝國と泰国との親交を裂かむがため、策動至らざるなし、
仍(じょう)ち帝國と之等南方諸邦との間に共栄の関係を攝iせむとする自然的要求を阻害するに寧日(ねいじつ)なし、
その状恰も帝國を敵視し帝國に対する計画的攻撃を実施しつつあるものの如く、遂に無道にも、経済断交の挙に出づるに至れり、
凡そ交戦関係にあらざる国家間における経済断交は武力に依る挑戦に比すべき敵対行為いして、それ自體默過し得ざる所とす、
然も両国は更に與国を誘引して帝國の四辺に武力を増強し、帝國の存立に重大なる脅威を加ふるに至れり

285日本@名無史さん2018/02/10(土) 23:38:58.31
帝国政府声明 続き http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51494050.html よりコピペ
帝國政府は、太平洋の平和を維持し、以(もっ)て全人類に戦禍の波及するを防止せんことを願念し、叙上の如く帝國の存立と東亞の安定とに対する脅威の激甚なるものあるに拘わらず、隠忍自重八箇月の久しきに亙(わた)り、
米国との間に外交交渉を重ね、米国とその背後にある英国並びに此等両国に付和する諸邦の反省を求め、帝國の生存と権威との許す限り、互譲の精神を以て事態の平和的解決に努め、盡し、
為す可きを盡くしたり、然るに米国は、徒に架空の原則を弄して東亞の明々白々たる現実を認めず、との物的勢力を恃みて帝國の真の国力を悟らず、
與国(よこく)とともに露はに武力の脅威を増大し、もって帝國を屈従し得べしとなす、
かくて平和的手段により、米国ならびに與国に対する関係を調整し、相携へて太平洋の平和を維持せむとする希望を方途とは全く失われ、
東亞の安定と帝國の存立とは方に危殆に瀕(ひん)せり、事茲にに至る、遂に米国及び英国に対し宣戦の大詔は渙発せられたり、
聖旨を奉体して洵(まこと)に恐懼感激に堪えず、我等臣民一億鐵石の団結を以て蹶起勇躍し、国家の総力を挙げて征戦のの事に従ひ、以て東亞の禍根を永久に芟除し
聖旨に応へ奉るべきの秋なり

286日本@名無史さん2018/02/10(土) 23:42:21.89
帝国政府声明 続き http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51494050.html よりコピペ
惟に世界万邦をして各各その處を得しむるの大詔は、炳(へい)として日星の如く、帝國が日満華三国の提携に依り、共栄の実を挙げ、進んで東亞興隆の基礎を築かくとするの方針は、固より渝(わ)る所なく、
又帝國と志向を同じうとする独伊両国と盟約して、世界平和の基調を劃し、新秩序の建設に邁進するの決意は、益々牢固たるものあり、

而して、今次帝國が南方諸地域に対し、新たに行動を起すの已むを得ざるに至る、何等その住民に対し敵意を有するにあらず、
只米英の暴政を排除して東亞を明朗本然の姿に復し、相携へて共栄の楽を頒たんと冀念するに外ならず、
帝國は之等住民が、我が真意を諒解し、帝國と共に、東亞の新天地に新たなる発足を期すべきを信じて疑わざるものなり、
今や皇国の髑ヨ、東亞の興廃は此の一挙に懸れり、全国民は今次征戦の淵源と使命とに深く致し、
苟も驕ることなく、また怠る事なく、克く竭し克く耐へ、我等祖先の遺風を顕彰し、難関を逢ふや
必ず国家興隆の基を啓きし我等祖先の赫赫たる史跡を仰ぎ、雄渾深遠なる皇謨の翼賛に萬遺憾泣きを誓い、
進んで征戦の目的を完遂し、以て聖慮を永遠に安んじ奉らむことを期じさるべからず。

287日本@名無史さん2018/02/11(日) 12:01:08.10
自衛か侵略かなんてどうでもいいこと。
確かに靖国は戦勝国史観と対立する部分はあるが、
アメリカは力と力のぶつかり合いで日本も敵として立派に闘ったというリアリズムも一方で持っており、
中韓のヒステリックな反応とは分けて考えるべきだろう。

288日本@名無史さん2018/02/13(火) 11:06:35.48
【15】大東亜戦争は日本の自衛です。

盧溝橋事件は「中共のスパイによる発砲から始まった」と周恩来が証言してる。

松井秦徳純停戦協定により終結。

289日本@名無史さん2018/02/13(火) 16:01:20.64
旧陸海軍は誰が指揮をしたのでしょう

290日本@名無史さん2018/02/13(火) 16:33:20.49
内閣総理大臣

291日本@名無史さん2018/02/13(火) 16:36:02.43
防衛大臣 統合幕僚長

292日本@名無史さん2018/02/13(火) 18:02:27.32
大日本帝国陸海軍は天皇=大元帥 
の命により統率される皇軍であり、兵は神兵である
とされていたのです

293日本@名無史さん2018/02/23(金) 14:21:18.02
あっちはキリスト様信仰で一体化しとった
キリスト様の代理が平時は牧師とか神父だけど、戦時は大統領や軍人などの人間が代行する。
Chinaは軍閥(複数)かな?

294日本@名無史さん2018/03/11(日) 16:18:29.81
ルールあり
 &
ルールなし

295日本@名無史さん2018/03/18(日) 03:53:46.92
>>286
而して、今次帝國が南方諸地域に対し、新たに行動を起すの已むを得ざるに至る、何等その住民に対し敵意を有するにあらず、
只米英の暴政を排除して東亞を明朗本然の姿に復し、相携へて共栄の楽を頒たんと冀念するに外ならず、
帝國は之等住民が、我が真意を諒解し、帝國と共に、東亞の新天地に新たなる発足を期すべきを信じて疑わざるものなり、

これは珍しいことでなく日本の建国理念に準じることなので
アメリカの建国理念: 自由、平等、幸福追求の権利. と あまり変わらない。
これら理想追及する二か国を戦わせたのが誰であるかこそ問題なのでした。

296日本@名無史さん2018/04/02(月) 11:34:17.67
日本もアメリカも文化大国であろう。
しかしながら抵抗勢力があって、これが力を持っている- その思想を論ずるなら
世の中を決定づけている支配思想やキリスト教に強く作用するだろう。

2972018/04/12(木) 09:01:57.88
日本もアメリカも文化大国であろう。文化は先祖から受け継いだ伝統でもあり、生活や会話に哲学がにじみ出る。
しかしながら国家をつくる文明は力が強いのに未熟なまま世の中を構成する。
現在は改革の さ中なので大変だ。宗教や国家などの巨大組織とその投影であるマスコミは激しく抵抗している。
第二次世界大戦で両国は2つを戦った。一つは改革の先陣争いであり、一つは改革と守旧派の戦いである。

298日本@名無史さん2018/05/04(金) 12:15:03.12
オバマは黒人だったから白人に対して強く出ることが出来ず弱い立場であり、結果的に国民を裏切ることになった。
しかしオバマを選んだ国民の変化に支配階級は懸念を抱いて保守的になってクリントンを応援したけれど
やっぱり国民が勝ってトランプが選ばれた。これで負けたのが軍産複合体。ん?China軍閥は宣言政治を独裁しており
ん?北と同じにゃん。
その憑き物を落とそうとしたらアメリカが潰しに掛かって時代の流れを止めて始皇帝の狂った昔に引き戻してしまった。

299日本@名無史さん2018/05/09(水) 13:51:55.47
>>4
日本が侵略したと言ってるのは、
植民地支配していた側の意見なんだよな。

実は今でもオランダなんかには日本が恨まれてる。

300日本@名無史さん2018/05/09(水) 14:05:16.25
>>292
戦前も天皇陛下は国政に口出し出来なかったんだけどな。

301日本@名無史さん2018/05/11(金) 20:30:06.49
>>299
せっかく夢を暴走させてたのに目を覚まさせてゴメンね。

302日本@名無史さん2018/05/12(土) 16:50:13.19
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/-wF31xbwqPM

303日本@名無史さん2018/05/14(月) 00:20:45.19
自分たちの文化と信仰が正しいことを確かめて楽しんでいたら「違うよ、間違ってます」と日本にやられて
諦めた諸君はECに引っ込んだが、非統一国家はあきらめていない。

304日本@名無史さん2018/05/14(月) 15:08:43.70
>>142
国連加盟国の半数は満州国承認してんだから、信号 赤ではない

305日本@名無史さん2018/05/14(月) 15:13:33.87
>>44
戦後の朝鮮半島のこれまでをみると、一番半島が平和でマシだったのは日本統治下の時代しかないんだよ

306日本@名無史さん2018/05/15(火) 06:02:10.63
うっかり平和になったらたちまち呑み込まれてしまう 怖い民族が隣にいるから
常に尖っていなければならない。当時の日本のような武力はとても持てないから性格を奇形にして補っていたけど
これからどうなるか、潜在的な敵国だけじゃない となると小国の立場は難しいわな。

307日本@名無史さん2018/05/15(火) 20:00:24.79
仏領インドシナに侵攻した後アメリカから石油がとめられ南進を考えたまではいい
しかし何故アメリカに攻撃したのか
日本軍部は東南アジアに侵攻すればアメリカ軍が必ず介入してくると思っていたが
ルーズヴェルト本人はフィリピンを無視して蘭領と英領に限定された場合
議会承認が得られる保障がないことを憂慮していたのに軍部が馬鹿過ぎるわ
まぁ戦後の情報を知ってる今だから言えることだと言ってしまえばそれまでだが
モンロー主義をとっていて介入に反対だったアメリカ世論くらい知ってるべきだろ

308日本@名無史さん2018/05/19(土) 03:57:19.60
日本の開戦目的は「帝国政府声明文」に明らかなように東亜一体の植民地解放と、その後の発展だった。
そう踏み切らざるを得なかったのはアメリカの介入があったからで、アメリカに足止めを喰らわせて、その間に植民地を解放して日本にとって不足する資源を確保する戦術をとった。
当初、アメリカは植民地を増やそうとしたのだろう、けれど実際にはそれまで植民地だったフィリピンを失い、代わりに日本を属国関係にした。それで胸算用がどうなったか知らないが、
大英帝国が消滅したように西欧の植民地で栄えていた国は撃退してしまった。
日本は、他の東洋諸国のように滅ぼされる直前で、西欧圧力に「半返し」をして南アジア文化を復活した。
アメリカの介入でヨーロッパの世界的繁栄はECに縮小した = 敗北したのだ。

309日本@名無史さん2018/05/21(月) 06:54:54.72
>>299
ポルトガルだけど、古き良き昔を偲ぶ歌。https://www.youtube.com/watch?v=EfWnEibYM9A

310日本@名無史さん2018/05/21(月) 09:12:22.28
>>308
それはただの大義名分
織田信長が幕府再興を掲げて足利義昭を奉じて上洛したのと同じ
今でも戦争するうえでは、自国を正当化する大義名分を掲げるものである
大日本帝国は別に植民地を放棄したことはないし、
イギリス連邦のように植民地の自治を認めたこともない
民族自決の法則をヨーロッパだけ適用して植民地を放棄しない欧州諸国の矛盾にもいえるが、要は日独伊も米英連合国も、お互いに自国を正当化するための論陣を張っていたんだよ

311日本@名無史さん2018/05/21(月) 16:05:11.23
>>310
足利尊氏は大義名分の方が後だけと。

312日本@名無史さん2018/05/21(月) 20:43:07.34
単なる市井おじさんの床屋談義になるのだが・・・。
なぜ、日英同盟遵守でWW1では地中海へ駆逐艦派遣やら山東半島チンタオ攻略やら
やってきたのに、軍縮時代を経ると、いきなり、米英仏蘭および支蘇と対立するようになるの?
結果、大東亜戦争だ。

アジアの盟主で世界でも国際連盟(リーグ)、ユニオンじゃない、の理事国というトップクラスの地位を獲得した日本が、
なぜ、ナチスに加担し、米英に戦争で負け、その地位をすべて失ったのか?

日本エリートのその敗北への政治的戦略の軌跡がある意味理解できない。総括もしていないだろ?
アメさんのウォーギルトインフォメーションプログラムの桎梏からなんら解放されていない(パヨクはそのほうがいいのだろう)。
そろそろ、やるべきでは?

313日本@名無史さん2018/05/21(月) 22:15:04.37
日露戦争後の日米間の外交関係の急冷(桂・ハリマン協定の破棄以降)と
アメリカ世論(つまりメディア)の反日への急転換をうけて日米の戦争に
巻き込まれることを懸念し始めたのが日英同盟解消の発端というのが通説。
ドイツ皇帝は黄禍論を公然と論じるしアメリカ世論もそれに同調する傾向が
あったことも(1924年排日移民法などに結実した)アメリカ議会の急速な
反日化も影響したと思われる。この時代は世論とはすなわちメディアの
論調と議会主流派の意見であり、それらが金融界と密接にむすびついて
いたのは(いかがわしい陰謀論と取られるのは心外なのだが)理由の一つだったろう。

314日本@名無史さん2018/05/22(火) 11:22:00.34
戦前はメディアが世論そのものだった時代で、日本の外交記録などみると、アメリカの世論動向を
さぐると称して報告されているものはすべてメディアの社説。その社説の論調をみて現実に日本の
外交政策が判断されていたのだから笑えない。アメリカの個々の大衆がどのように考えているか、
あるいは連邦上院の動向がどうか、などほとんど顧みられている気配がない。現代の日本などに
引き写せば、あたかもすぐにでも内閣が崩壊るだろうと諸外国に見られていてもおかしくなければ、
諸外国は日本の内閣に対してそのような外交態度を取るだろう、というそういう時代だったといえる。

けっきょくこのような時代にはメディアの数十名のうちの重要なものの論調を支配することが現実の
外交に影響をあたえる有効な手段だったといえる。これをいかがわしい陰謀論ととられるのは心外な
話しであって、いかにあやうい基礎のうえに国家や外交が乗っていたかということである

315日本@名無史さん2018/05/22(火) 14:24:59.88
日本は多神教の国だから、支配者層に邪悪がいても驚かない。
ただ、スパイが多く、釣られる仲間が多すぎて面倒いがw

316日本@名無史さん2018/05/22(火) 14:45:57.15
http://kozou.gonna.jp/

これだよ!

317DJgensei artchive gemmar2018/05/22(火) 15:25:02.14
勝ったとこまでだけ覚えておくのが日本史か?

318日本@名無史さん2018/05/22(火) 16:03:24.57
きちがい無用

319日本@名無史さん2018/05/25(金) 05:42:31.83
>>312
結果論だけど、日本は植民地解放という大事業を戦前から準備しており、中野学校がその実行部隊づくり。戦後も現地の自主的な残留兵が指導もしたし戦った。
その日本人を嫌ったドイツ人や一部のアメリカ指導者は、精神的に戦後になっても進歩したとは言えないのではないか?つまり、宗教的呪縛を逃れていない。

320日本@名無史さん2018/05/25(金) 11:15:13.38
黄禍論については、もっと実証的かつ体系的に研究すべきだろうね

新着レスの表示
レスを投稿する