古事記以前の書物について [無断転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2017/08/31(木) 16:49:17.24
ウエツフミ、豊国文字など本当の日本の歴史について
詳しいかたいますか?
時系列が難しすぎて混乱しています。
だれか教えてください。

207日本@名無史さん2017/12/15(金) 19:01:50.91
古事記で売れてんのは竹田のやつかな
読んだことないけど

208日本@名無史さん2017/12/15(金) 19:44:24.92
>>206
具体的にどの本の何処がそうだと思われますか?
私は逐語訳をその通りに理解できるほどの知識も教養もないので、先達による注釈と解説が欲しいと考えますが、まあ、そうなればある程度には専門家個人の偏見が入り込んでしまうことを許容しなければなくなる訳です
ですので現在の学界での評価がその偏見を何処まで許容し得るかの指標になると思います
しかし歴史に絶対はないので、現代の学説ばかりを盲信するのではなく、素人なりにテキストを読み込むことが第一でしょうね
>>207
竹田本はカジュアルなことに現代訳オンリーなのでちょっと原文、書き下し文と参照しづらいと思いました
史実というものがあるとすればですが、竹田先生ご自身の特異なお立場も含めて、学術的にシビアな解釈を求めるならば避けるべき図書だと思いましたが、穿ち過ぎでしょうか
それなくしても、訳がややフランクすぎるのでわたしの肌には合いそうにありません(汗

209日本@名無史さん2017/12/19(火) 00:34:29.70
神々の名前の読みが外国というかインドっぽいことについて、古事記が書かれたのが仏教伝来の後であり
仏教はインド由来なので…という説があるようですが、皆さんはどのような背景があるとお考えでしょうか?

210日本@名無史さん2017/12/19(火) 06:50:05.78
アメノミナカヌシ天御中主が
ミチュウヌシ
ビシュヌ神

とかそういうこと?>インド由来

211日本@名無史さん2017/12/19(火) 07:01:42.90
>>207
あとは三浦のやつだな
読んだこと無いけど

212日本@名無史さん2017/12/19(火) 13:19:59.81
空耳アワー

213日本@名無史さん2017/12/21(木) 01:12:53.45
天智と天武って漫画はどうですか?

214日本@名無史さん2017/12/21(木) 20:26:16.32
日本書紀をなぞっただけじゃない?
真実とは遠いような気がする。

215日本@名無史さん2017/12/21(木) 20:38:25.65
鎌足百済人説だったかな

216日本@名無史さん2017/12/22(金) 00:03:24.60
>>210
じゃなくてそのままでインドっぽくないですか?ということです

217日本@名無史さん2017/12/22(金) 08:28:21.16
>>216
公式の仏教伝来は6世紀だけど
実際はもっと早かった可能性がある。
中国朝鮮経由ではなく、インド直輸入の可能性。

日本じゃないけど、三国遺事だったか
インドのアユダ國から新羅にやってきた女性のことがかかれてるけど
インドから半島にこれたなら日本にもこれたんじゃないかと思うけどね。

日本語にはパーリ語の痕跡があると指摘する人の
本を最近読んだわ。パーリ語は印欧語だけども。

218日本@名無史さん2017/12/22(金) 08:29:01.79
>>216
どの辺がインドっぽい?

219日本@名無史さん2017/12/22(金) 09:28:13.17
国記、天皇記は確実に存在したのだろうけど、それ以前の歴史書はあったのかな。継体、欽明天皇の頃に歴史書を編纂しても良いような気がするが。

220日本@名無史さん2017/12/23(土) 00:41:10.98
ばっかじゃねーの
断片的なサンスクリット語の知識を以って神の名が似てるだの似てないだの
日ユ同祖論者並みに低レベルな陰謀論を説いてるという自覚ある?

221日本@名無史さん2017/12/23(土) 00:44:08.05
エビデンスが弱すぎ
神話の内容が類似してるとかそういうエビデンス無しに神の名がインドぽいって(笑)
統合失調症かよ
こういう病人に歴史書を読む資格はなし

222日本@名無史さん2017/12/23(土) 02:12:14.66
>>217
興味深いです。インドと繋がりがあった可能性は十分あるということですね。

>>218
なんとなくのイメージでしかないのですが、当て字っぽい漢字や音を含んだ名前はそういう感じがします。

223日本@名無史さん2017/12/23(土) 11:08:44.52
「敵を刺す」から「テキサス」
日本語が北米の地名にある!だから北米はもともと日本だった!

という話は昔からあるのですw

224日本@名無史さん2017/12/23(土) 12:37:39.80
>>222
ねーよカス
病院行け

225日本@名無史さん2017/12/23(土) 18:48:45.95
あんまり排斥するような言葉をかけるのはひどいけど、
あんまり思いつきだけで出鱈目なファンタジーっぽい説を堂々と展開するのも感心しない。

根拠ありそうな理由を付けて説明しなきゃ、だれも納得しない。
馬鹿にされるだけだよ。

発想は奇想天外でも、納得する理由があれば、一目は置かれるよ。

226日本@名無史さん2018/01/07(日) 08:26:40.58
4世紀あたりに裸形上人というインドから漂着した人物が、熊野那智山を開いたというし、頭から否定は出来ないと思う。

227日本@名無史さん2018/01/08(月) 22:18:50.69
そのインド人は何故熊野だったんだろう

228日本@名無史さん2018/01/09(火) 09:05:57.47
複数の人が関連する事柄を紹介しているのに出鱈目なファンタジーと決めつけることこそ出鱈目でファンタジックなんじゃないの?
根拠を示せという自分が何の根拠も示していない。
俺はそういう人のことも馬鹿にはしないけどね

229日本@名無史さん2018/01/19(金) 11:54:11.29
よく読んでみろよ
ただただ神様の名前がインドっぽいとしか言っておらずどこがどうインドっぽいのかとかも無い意見だぞ

230日本@名無史さん2018/01/30(火) 14:53:19.59
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

1HZYE

231日本@名無史さん2018/02/06(火) 18:46:54.61

232日本@名無史さん2018/03/07(水) 21:44:44.82
古事記以前の書物以外(石碑等)で、天皇家や大和朝廷について残ってるものありますか?

233日本@名無史さん2018/03/07(水) 22:17:30.68
千年以上かけて廃棄し尽くしたから、ない。

234日本@名無史さん2018/03/07(水) 22:25:16.27
稲荷山鉄剣銘文

235日本@名無史さん2018/03/09(金) 21:26:08.40
稲荷山の鉄剣級の発見が今あったら、ネットは盛り上がりそうだ

236日本@名無史さん2018/03/10(土) 20:18:39.55

237日本@名無史さん2018/03/10(土) 20:30:19.94

238日本@名無史さん2018/03/17(土) 20:03:45.14
記紀は徹頭徹尾上級国民のためのものだからなあ
ギリシャみたいに文学に神話が語られてればよかったんだけど古代日本だとせいぜい虫麻呂くらいか
みっともない民族ですよはっきり言って

239日本@名無史さん2018/03/28(水) 20:04:16.55
https://youtu.be/7FFlT32G5cI
潜象界と現象界
左目から天照大神
右目から月読尊
鼻から素盞嗚命が生れた理由

240日本@名無史さん2018/03/29(木) 05:12:29.74
http://www.youtube.com/watch?v=SwbN0jRm314          

http://www.youtube.com/watch?v=Jy6NCbnezE0         


                        

241日本@名無史さん2018/03/29(木) 05:13:45.07
http://www.beach.jp/circleboard/ad28005/topic/1100101613802         

                        

242日本@名無史さん2018/03/29(木) 05:15:34.44

243日本@名無史さん2018/03/29(木) 05:16:56.96
http://www.youtube.com/watch?v=Y8xgwjBH4yg                         

244日本@名無史さん2018/05/04(金) 23:04:12.73

245日本@名無史さん2018/05/05(土) 16:48:23.98

246日本@名無史さん2018/06/14(木) 13:10:45.75
このスレの人めっちゃ詳しいね
古事記に出てくるスサノオの和歌
八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に
八重垣立てた その八重垣を

これの意味ってさ
妻籠って神様の妻として一生籠る巫女の家の事じゃない?

八重垣は大事な物守る垣や、近衛兵の事じゃない?

妻籠めの材料は女と家だから、やろうと思えば貧困村でもできる
しかし八重垣はそれなりに金ないと出来ない立派な物なのでは?

つまり妻籠め用意したとは、国を立てたという意味では
そして、立派な国を立てたと強調したくて、八重垣を連合してるのでは?

意味としては、
出雲に立派な立派な国を建てました
スサノオ

と解釈してるのは、今は俺だけのようです

247日本@名無史さん2018/06/16(土) 13:29:58.23
>>205
少し違った回答で大変申し訳ないが

古事記の流れに目を通す程度なら
ホツマツタエ の現代語役がネットにあるから、それ見れば十分だと思う
古事記もホツマツタエもほとんど同じだから

つまり古事記の大元の本があって、それぞれ自分の都合のいいように編集した本がたくさんあるのよ
どれもある程度真実が書いてるが、都合よく嘘も書いてる
ネットにある、ホツマツタエの現代語役が一番手軽でさらっと読みやすい

いろいろ解説ありすぎると、逆に最後まで読めない、あきるし、うざい
研究する時やマニアなら、いろいろ解説あった方が楽しいだろうけど、最初の一読に解説はいらんわ

248日本@名無史さん2018/06/23(土) 00:20:14.64
偽書でしょ?

249日本@名無史さん2018/06/23(土) 02:08:19.56
神代文字が出てくる時点で偽書確定

250日本@名無史さん2018/06/23(土) 08:20:55.64
秀真伝は読むとすぐ理解できる程度には現代語に近く、とても上古文ではない。

251日本@名無史さん2018/06/23(土) 15:39:45.43
偽書です

252日本@名無史さん2018/07/12(木) 14:27:44.23
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

RX3

253日本@名無史さん2018/07/13(金) 01:35:04.58
広開土王碑みたいの日本にないの?

254日本@名無史さん2018/07/13(金) 05:47:08.75
多胡碑でどうよ

255学術2018/07/13(金) 09:50:28.61
ツクヨミやスサノオ というと食事や酒にも重要な記述があってうましくには
いいものだとおもえる、記録と、歌の交差に発展していっていることが
更にいい時代を創出していってほしい。

256日本@名無史さん2018/07/13(金) 16:39:17.83
飛鳥時代に書かれた上宮記は鎌倉時代後期まで存在したそうだが、もしかすると写本が発見される可能性もあるのかな。

257日本@名無史さん2018/07/15(日) 00:00:30.29
>>254

結構いくつも古い石碑が残ってるんですね・・・

古事記以前の石碑はあまりないのね

新着レスの表示
レスを投稿する