★★ 邪馬台国は【葛城】である【4】 ★★

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1日本@名無史さん2017/12/28(木) 22:23:17.78
邪馬台国は葛城である。
葛城に住んでいたヒミコが判明したからである。

10代崇神天皇がいつごろの人物なのか。

これで邪馬台国論争は終了する。
崇神陵=行燈山古墳=布留1式=4世紀初頭から前半。

2015久住編年でもこれが最有力。

そして卑弥呼擁立の時代=庄内0式(2世紀末)まで文化断絶がない。
という事は崇神から卑弥呼の時代までを普通に遡れるのだ。
にもかかわらず古代史家、考古学者の誰一人ヒミコを探そうとしない。
ヒミコは記紀に登場しないという固定観念があるからであろう。

わしは探した。 ほらヒミコもトヨもいた。

I崇神(310年頃 318年没)
H開化
     G孝元
          F孝霊   
トヨ津        E孝安 D孝昭
トヨ津   (250年頃)C懿徳 
ヒメ踏鞴        B安寧
ヒメ踏鞴        A綏靖
ヒメ踏鞴 (200年頃) @神武 

神武から6代孝安まで宮は葛城である。
また神武から孝安まで不自然な事に正后はいても「妃」がいない。
彼らは複数の妃を持つ大王ではなかったからである。

つまり魏志に書かれた女王国とは神武〜孝安時代の事であり、 それは葛城王朝であった。

952日本@名無史さん2018/04/16(月) 04:31:27.87
朝貢年

266年 台与        トヨ津
 ・
238年 卑弥呼       ヒメ踏鞴
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
107年 倭国王・帥升     スサノオ



つまり邪馬台国=大和朝廷はその初現の段階から中国に朝貢していた。

スサノオはわざわざ海を渡り、後漢・安帝に謁見、土下座した。

この屈辱的な史実を日本書紀は書けなかった。

だから基点となる神武時代をBC660年と大きく古くずらし潤色した。
その結果100歳を超える天皇が誕生した。

そして実際には女王国であった時代も、やたら猛々しい神武東征紀で男王国であるかのように演出した。

さらに神武とヒメ踏鞴に「天皇・皇后」という新称号を与え、

女王であったヒメ踏鞴を皇后にした。

そして高天原の場所もまるで九州ともとれるように潤色した。

これが日本の歴史の真相である。

953日本@名無史さん2018/04/16(月) 07:27:24.31
倭国大乱で筑紫を追い出された天孫族の移動が神武東征。
その後で筑紫で共立されたのが卑弥呼。
倭の王都はずっと筑紫のまま。
卑弥呼の死後に大和を含む各地にまた再編の動きを生じて、畿内には前方後円墳の時代がやって来たのだろう。

954日本@名無史さん2018/04/16(月) 07:34:33.15
妄想しているときはワクワクする

955日本@名無史さん2018/04/16(月) 10:32:12.46
>>952


で、殷系の水稲の民が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと龍信仰は?


で、殷系の水稲の民が渡来定着したとウソブいているサギサギ考古学者の
氏名と所属団体は?



早く言えよおまえ!

956日本@名無史さん2018/04/16(月) 16:24:38.37
朝貢ゆうより物々交換やったん違うの?
当時の倭国は大国やった説は信憑性高いと思うわ。

957日本@名無史さん2018/04/16(月) 16:45:38.32
朝貢と言う名の物々交換だけど、形式上は倭王が中国の皇帝の家臣。

958日本@名無史さん2018/04/16(月) 17:09:59.12
ココの人たち放置好きそうだから貼っとくね
https://goo.gl/Hgammx

959日本@名無史さん2018/04/17(火) 21:01:17.27
家臣?無いと思います。

960日本@名無史さん2018/04/17(火) 23:37:20.28
冊封体制を知らんのか。

961日本@名無史さん2018/04/18(水) 00:06:06.75
畿内の勢力は2世紀末に大きく変わる。
纒向遺跡でも、東海や山陰、吉備などの外来系土器が突然現れる。
記紀にもヤマト征伐によって大和朝廷が始まる様子が記述されている。

次に考古学的に大きな変化があるのは4世紀後半。
神功皇后応神に該当する時代。
記紀や各地の伝承。
忍熊皇子、飛騨の顔が二つ頭が一つの怪物を討つエピソードがあったり、出雲の生馬の神がもう荒ぶらないと宣言したり。
神功皇后が三韓征伐の往路復路で、八雷神に似た頭が八つで牛の姿をした塵輪鬼を討つ話があったり。
纒向遺跡の外来系土器の中心、東海(飛騨の怪物)、山陰(出雲の生馬の神、牛荒神の木)、吉備(塵輪鬼)が討たれるエピソードばかり。
全て牛というキーワードが共通する。
同時代の若草山山頂古墳。かつては牛塚と呼ばれていた。牛頭天王と何か関係あるのかもしれない。

962日本@名無史さん2018/04/18(水) 00:18:35.63
>討たれるエピソードばかり。

もえあがれ
もえあがれ
もえあがれ キナイコシ

百余歩 走れ

まだ 箸墓にこだわる 闘志が有るなら

巨大な 内行花文を 討てよ 討てよ 討てよ

勝者の怒りを ぶつけろ キナイコシ

無鉄器戦死 キナイコシ キナイコシ

963日本@名無史さん2018/04/18(水) 00:37:35.36
たちあがれ
たちあがれ
たちあがれ キナイコシ

銅鐸よ 叫べ

神武の 東征に屈した 悲しみあるなら

倭国に 生口として 行けよ 行けよ 行けよ

うず巻く 内行花文に 萌えろ キナイコシ

無鉄器戦死 キナイコシ キナイコシ

964日本@名無史さん2018/04/18(水) 00:46:55.54
よみがえる
よみがえる
よみがえる キナイコシ

小枝を 掴め

まだ 罪悪感にふるえる 良心があるなら

真実を求めて 翔べよ 翔べよ 翔べよ

伊都へ 向かって 翔べよ キナイコシ

無鉄器戦死 キナイコシ キナイコシ

965日本@名無史さん2018/04/18(水) 00:56:31.25
おもろいと思ってやってるんやろなぁ

966日本@名無史さん2018/04/18(水) 01:02:57.65
>>965
勝者の貫禄w

967日本@名無史さん2018/04/18(水) 01:07:19.89
お前の脳内だけではな

968日本@名無史さん2018/04/18(水) 04:29:52.22
>>961

>纒向遺跡でも、東海や山陰、吉備などの外来系土器が突然現れる。

物部神社社伝に書かれてるウマシマジ。
東海を征したあと山陰に行く。
彼の父であるニギハヤヒは筑紫、讃岐、播磨の物部集団を伴い畿内入り(先代旧事本紀)。
その主力=主体は吉備であろう。

先代旧事本紀は上田正昭や森浩一も復権を言ってたにも関わらず、
無視し続けるのは橿原考古学研究所の勝手である。
しかし上記のような「史実」に気づかない失態を演じるわけだ。

寺沢薫など筑備讃播と言いながら気づかない。

アホである。

969日本@名無史さん2018/04/18(水) 06:06:00.60
>>968
それもこれもみんな忌部物語

物部も忌部一族のひとつ  @阿波

970日本@名無史さん2018/04/18(水) 06:11:05.59
冊封ねえ。

「冊封体制論」は日本だけのガラパゴス理解なのである。
1962年に西嶋定生という東大教授が提唱し、媚中ブームに乗って定説化しただけだ。
冊封は中国の皇帝が家臣に肩書きと任命書を与えて領土の支配権を認め、挨拶にやってきたり軍役につく代わりに保護するという関係だが、それと類似の関係を外国君主にあてはめたものだ。

日本の赤い学者らは突然こう言うこと言い出すんやね。
遣唐使説なんかもちょっと深く調べると其の出鱈目ぶりが よう解るからねえ。

971日本@名無史さん2018/04/18(水) 06:56:59.44
高天原(御所市高天)にある最古の明神大社「高天彦神社」の境内に、
径百余歩の「塚」があり、
周囲に奴婢(土蜘蛛)が埋葬されている。

これは偶然ではない。

972日本@名無史さん2018/04/18(水) 07:28:05.28
>>970
>冊封は中国の皇帝が家臣に肩書きと任命書を与えて領土の支配権を認め、挨拶にやってきたり軍役につく代わりに保護するという関係だが、それと類似の関係を外国君主にあてはめたものだ。

倭王であることの証として金印紫綬を受け取っていたのだから、まさにこの冊封体制だよ。
自分たちで作った印ではなく、漢や魏から与えられた印を身分証明に使っていたわけだからね。
倭に王を名乗る者は多かったが、その中で支配権を認めてもらうために朝貢したんだよ。
そのかわり、卑弥呼のように狗奴国などの勢力との戦いにおいて魏の保護支援を期待したわけだ。
典型的な冊封体制だよ。

973日本@名無史さん2018/04/18(水) 07:42:42.83
>>952


で、殷系の水稲の民が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと龍信仰は?


で、殷系の水稲の民が渡来定着したとウソブいているサギサギ考古学者の
氏名と所属団体は?



さっさと言えよおまえ! 

974日本@名無史さん2018/04/18(水) 07:58:51.65
>>972
其の金印自体、下賜された!!と言えるものなのか…
何処かにもカキコしたけど金印は大陸の一方の旗頭騎馬民族の大月氏國と倭国の二國のみが受けている、としたら其れは外交上の単なる贈答品やね。

媚中ブームとか言うプロパガンダが横行してた時代に刷り込まされた史観やろ。
「歴史終生者!!」と声高に言う人らの術中に嵌められた人間が多すぎると思うわ。

975日本@名無史さん2018/04/18(水) 08:09:21.17
金印の意義がジョーカーやと思わせるのも赤い学者の思惑やろ。
俺も日教組の日本史の教員にそう教えられた記憶あるわ。
その教員は異を唱える者を力で捩じ伏せるヤカラやったし。
(殴られた事は無かったがヘッドロックで押さえ込まれた)
卑弥呼は後ろ盾を求めて魂を売った的な事を授業中に抜かしてたのに違和感を感じて、実際に派兵されたり他の国に其れがどれ程の抑止力になったのか聞いただけでね。

976日本@名無史さん2018/04/18(水) 08:09:40.77
>>974
>其の金印自体、下賜された!!と言えるものなのか…

典型的な下賜だよ。
歴史を歪曲しようとしても無駄。

977日本@名無史さん2018/04/18(水) 08:17:33.07
>>975
悪い教師に当たったことには同情するが、個人的な思いで歴史を捻じ曲げるなよ。

顧問が派遣されたが兵は来なかったことは、卑弥呼にとって期待外れだったろう。
ただし黄幢は与えられたので、卑弥呼の軍は形式としては魏の軍であり、それに弓を引く狗奴国は魏の皇帝への叛逆者の立場になる。
後世の「錦の御旗」と同じ役割だね。
それに加えての金印紫綬であり、典型的な冊封体制。

978日本@名無史さん2018/04/18(水) 10:03:20.66
まあ遣唐使の件なんかでも、見識が広いと認められた司馬遼太郎でも、明治の学者が捻じ曲げた学説を踏襲して彼方此方で拡散してたようやし。
捻じ曲げたものが正史にされてるからな。
一旦、決め付けられたら覆す事なく信じれば楽やからな。

979日本@名無史さん2018/04/18(水) 10:08:10.40
古代中国の柵封制度は彼方の国内の制度。

980日本@名無史さん2018/04/18(水) 11:04:36.63
>>974
金かどうかはわからないが、
216年に曹操は、呉の支配下にあった山越族に印綬を与えて、呉へ挙兵させている

981日本@名無史さん2018/04/18(水) 11:11:32.71
>>977
卑弥呼が魏の兵を期待していたとは思えんな
もともと南船北馬の言葉もあるように、魏軍は船より騎馬がメインだ
そして日本に軍を派遣するには多数の軍船が必要だけど、
魏が軍船を使って敵と戦ったのは対呉戦のみ
しかも249年に卑弥呼は亡くなるが、
魏は223年の魏呉戦以来、軍船を使った戦いをしていない

982日本@名無史さん2018/04/18(水) 12:57:20.87
>>981
期待しなかったわけはない。
黄幢までもらっているわけだし。
しかし期待外れだったろうね。

983日本@名無史さん2018/04/18(水) 12:58:43.17
>>979
前漢以来、倭はガッチリと中国の冊封体制に組み込まれているよ。
冊封体制から外れるのは隋の時。

984日本@名無史さん2018/04/18(水) 13:54:57.88
>>983
勝手に組み込まれてただけじゃないの?東大の教授に。

985日本@名無史さん2018/04/18(水) 19:13:15.16
>>973

おまえ、誰と間違えてるのか知らんが失せろや、基地外。

986日本@名無史さん2018/04/18(水) 19:23:52.98
>>985


で、殷系の水稲の民が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと龍信仰は?


で、殷系の水稲の民が渡来定着したとウソブいているサギサギ考古学者の
氏名と所属団体は?



早く言えよおまえ!

987日本@名無史さん2018/04/18(水) 21:48:54.86
誰かれ構わずあん

988日本@名無史さん2018/04/18(水) 22:16:54.55
魏志倭人伝 邪馬台国の官

官は伊支馬有り。次は弥馬升と曰う。次は弥馬獲支と曰う。次は奴佳鞮。
伊支馬は生駒。生馬。火の神。
弥馬升は三見宿禰、出雲醜大臣の子。
弥馬獲支はミミ鷲、日鷲。
奴佳鞮は中臣。
邪馬台国の官は、大和朝廷の官と瓜二つ。

出雲地方には生馬神が祀られているんだな。
生馬神社境内には「牛荒神の大木」と呼ばれる木があり木に藁が巻き付けられている。
出雲風土記かな、生馬神の子は、もう荒ぶらないと言ったとか。

邪馬台国の官の筆頭
伊支馬。これがどういう勢力か解明できれば、邪馬台国卑弥呼に近付ける気がする。

伊支馬、生駒、生馬、伊熊、猪熊、生目などの地名が、ヤマト、出雲、三河、遠賀川、宮崎に見られる。
何か関係あるのか?

生駒は火の神。
生馬も藁が巻きつけられ、荒ぶって燃えると自らが燃えるようになされている。火の神か。

古い海神と関係あるのか?BC1000年頃水稲栽培をもたらした勢力か?陶塤と関係あるのかな。
陶塤は、宗像以東、周防出雲丹後半島など日本海側中心に分布。
水稲栽培が伝わった時期、緯度を考えると殷からの難民がもたらしたのか。
殷に纏わるもの、亀ト、河伯信仰、生贄など。

カミイクスビ、イノヒメ
クマノクスビ クスビは奇し火
クマは篭った、奥まったという意味か。
イノクマ、生馬、生駒、伊熊、猪熊と何か関係あるのか。イン+クマ?

989日本@名無史さん2018/04/18(水) 22:41:34.14
>>988

案外、7世紀以降に「天皇」と言われた人が官であったかもよ。
なにせ女王国なんだからね。

安寧=たまてみ
懿徳=すきつみ

こんな感じの名前がいそう。

990日本@名無史さん2018/04/19(木) 06:50:16.26
>>984
卑弥呼のほうから皇帝へ使者を派遣して、
王位を任命してもらってるから

日本の戦国時代に、地方大名が天皇や将軍に接近して名誉な官位を拝領して権威付けしたように、
古代では中国の皇帝から官位を拝領することが権威付けになったのだろう

991日本@名無史さん2018/04/19(木) 07:35:09.34
>>989
亀卜が日本に伝わったのは奈良時代だこの大バカ。


で、殷の難民が渡来定着して水稲をもたらした事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと龍信仰と亀卜は?


で、殷の難民が渡来定着して水稲をもたらしたとウソブいている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



今すぐ言えよおまえ!

992日本@名無史さん2018/04/19(木) 12:46:57.47
キチガイが居ついてしまった。
そろそろ次スレの用意するわ。

993日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:09:58.86
うめ

994日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:10:12.87

995日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:10:34.48
うんめ〜

996日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:11:04.18
ウメ

997日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:11:23.18
う〜〜〜め

998日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:11:47.16
UME

999日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:12:10.89
ume

1000日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:12:23.11
ume

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 111日 14時間 49分 6秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。