太平記 vs 平家物語

1日本@名無史さん2018/02/09(金) 21:41:59.60
軍記物語として優れてるのはどっち?

118日本@名無史さん2018/04/17(火) 07:08:49.38
太平記は結末がグダグダすぎて

119日本@名無史さん2018/04/17(火) 08:23:24.50
>>118
小島法師に言って下さい。

120日本@名無史さん2018/04/19(木) 20:32:13.03
だれや

121日本@名無史さん2018/04/19(木) 21:17:49.67
>>120
太平記の作者。

122日本@名無史さん2018/04/21(土) 22:06:33.99
平家物語は日本人の魂

123日本@名無史さん2018/04/27(金) 17:43:21.29
うむ

124日本@名無史さん2018/05/02(水) 22:41:05.94
同じ悪役でも平清盛と北条高時では格が違いすぎる。

125日本@名無史さん2018/05/02(水) 23:34:42.28
儒教や漢文が好きな人は太平記の方がいいよ

126日本@名無史さん2018/05/03(木) 00:11:22.48
日本人が作った中国風文学の最高峰が太平記だからな。

127日本@名無史さん2018/05/03(木) 06:56:27.51
>>124
清盛はそれほど悪人じゃなく。高時はタダのアホボン。大内義隆や今川氏真の同類。

128日本@名無史さん2018/05/03(木) 22:17:26.35
>>125
太平記は漢詩の宝庫

129日本@名無史さん2018/05/04(金) 00:52:45.63
清盛や高時と平氏ばかり悪者にされる

130日本@名無史さん2018/05/05(土) 17:03:36.74
>>129
平将門 平忠常

131日本@名無史さん2018/05/08(火) 02:03:39.80
キリシタンが日本に侵略してくるときに太平記で日本語習ったらしい

132日本@名無史さん2018/05/09(水) 23:54:50.99
へえ

133日本@名無史さん2018/05/10(木) 07:08:47.47
ザビエルもか?

134日本@名無史さん2018/05/10(木) 22:54:50.39
どうなんだ

135日本@名無史さん2018/05/12(土) 05:52:57.65
多分そう
反キリスト教的な内容がないからってことでお墨付きになっていたんだって

136日本@名無史さん2018/05/13(日) 00:17:50.65

137日本@名無史さん2018/05/13(日) 00:19:40.45
連レスでごめんね

内容紹介
戦国時代、訪日宣教師はみな『太平記』を読んでいた。それは、この書物が当時の日本人の百科事典であり、
絶大な人気を誇っていたためだった。『太平記』受容を通して時代を分析した、革新的一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
本書が扱うのは、宣教師と『太平記』の意外な関係だ。南北朝~室町期の武士の生き様を描いた『太平記』は、
戦国時代最大のベストセラーであり、数々の武将たちに愛好されていた。だからこそ、宣教師もこの作品を
「日本を知るための最高の教科書」とみなして、必死に読み解こうとしたのであった。
『太平記』と宣教師との接点に注目することで戦国時代に生きた人々の心性に迫ろうとする画期的論考。

138日本@名無史さん2018/06/02(土) 00:42:35.72
太平記

139日本@名無史さん2018/06/02(土) 01:04:38.56
1991年の大河ドラマ太平記は足利尊氏が主役

140日本@名無史さん2018/06/05(火) 01:22:33.64
>>126
太平記は三国志演義と作りが似すぎてると思ったがそれだったんだな

141日本@名無史さん2018/06/05(火) 06:59:48.80
>>139
じゃ梅松論にすれば良かったのに?

142日本@名無史さん2018/06/10(日) 10:14:31.86
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/-wF31xbwqPM

143日本@名無史さん2018/06/11(月) 21:40:27.65
平家物語は色んなドラマ、映画あるけど源義親、藤原基衡辺りを描いたドラマや映画ないんかな?
大河炎立つもその辺飛んでるし。
マイナーやからかな。

144日本@名無史さん2018/06/12(火) 01:13:54.44
太平記には夢がある

145日本@名無史さん2018/06/12(火) 11:22:06.25
>>143
一年続かないよ。

源義親なんか「俺たちに明日はない」とか「明日に向かって撃て」的な
映画になるのが関の山だよ。

1461432018/06/12(火) 12:18:40.60
>>145
そういう事やでな。流石にそれで一年間見たいとは思わんが、炎立つでもそこは一気に飛んでるし、
他でもその辺りは見た事ないから淋しいなと思って。

147日本@名無史さん2018/06/12(火) 17:14:03.75
そう言えば 菅原道真や藤原道長 足利義満 はやらんな。

148日本@名無史さん2018/06/12(火) 18:09:45.98
足利義満は日本史上最大級の悪党みたいな扱いだからな

149日本@名無史さん2018/06/13(水) 00:30:47.04
改めて炎立つ見出したけどやっぱりおもろいな〜。
特に経清。平家物語もいいけど、この前九年の役がおもろいな。

150日本@名無史さん2018/06/13(水) 06:27:59.16
>>148
足利義満は海音寺潮五郎の「武将列伝」ではなく「悪人列伝」で書いてるからな。

151日本@名無史さん2018/06/13(水) 13:52:12.93
名前からしてギマンの人

152日本@名無史さん2018/06/13(水) 18:55:04.75
アニメ一休さんが受けたのは小坊主が天下の将軍しかも義満公をやりこめるのが痛快だったからか

153日本@名無史さん2018/06/13(水) 19:41:25.52

154日本@名無史さん2018/06/22(金) 00:58:09.06
ふうん

155日本@名無史さん2018/06/22(金) 02:22:26.80
>>137
その割には天草版(キリシタン版)ではNifon no cotoba to historia uo narai xiran to fossvrv fito no tameni xeva ni yavaragvetarv Feique no MonogatariはあってもTaifeikiは無いな

156日本@名無史さん2018/07/04(水) 15:24:01.99
石母田は平家を日本五大古典に入る
と言っていたがあとの4つはどれだと
思ってたんだろな

157日本@名無史さん2018/07/04(水) 15:52:41.37
>>148
アニメの一休さんでは、一休少年を苛める将軍さまだったからなw

158日本@名無史さん2018/07/12(木) 14:03:16.57
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

9HF

159日本@名無史さん2018/07/12(木) 17:43:32.55
まあた

160日本@名無史さん2018/07/18(水) 23:41:44.27
平家物語読んでてよくわからないから教えてください
なんで比叡山とか園城寺とか、僧侶が戦争に加担するの?

161日本@名無史さん2018/07/19(木) 08:35:22.68
>>160
中世は自力救済の時代だからな。
網野義彦の本の中に、お坊様が人殺しをするのはおかしいだろう?と指摘されたときの
延暦寺の坊様の反論が出ている。
「まだ末法の世でもない時代の聖徳太子でさえ、仏法を守るために
物部守屋を誅殺したのだ」
「まして今は末法の時代、そうでもしないと仏法は守れぬわ」

162日本@名無史さん2018/07/19(木) 10:30:20.90
>>157
部下に無理難題を押し付けるわがまま将軍さまだけどイジメてはいないだろ
一休が見事な頓智を披露すると満足して褒めているしな

163日本@名無史さん2018/07/19(木) 11:17:57.79
>>161
1052年より前は僧兵がいなかったかしら?
神人はどういう理由で暴れたの?出雲の神様は平和の神様なのに。

164日本@名無史さん2018/07/19(木) 12:49:22.36
>>161
善悪の問題じゃなくて、なんで政に宗教が武力で関与するのかがわかんないんです...
当時、境内の敷地内では中央集権の法が及ばなかったはずなのに

165日本@名無史さん2018/07/19(木) 15:03:40.61
>>164
寺社の境内を守っていたのは国家
しかし平安時代末期になってくると国家の軍事力が弱ってきて
勝手に寺社領を横領する輩が出てきた
寺社は自力で領地を守る必要性に駆られて武装した
その結果、大寺院では多くの僧兵が雇われ、自力で寺領拡大を行い始める

平家物語の話に戻すと仏教はもともと国家事業として始められたもので
有力な寺のトップは天皇や大貴族の子弟が勤めていたんだよね
寺のトップが政界大物の息子なのだから寺も政治に関与する
天皇の子である法親王が延暦寺や園城寺に入り
延暦寺のトップである天台座主や園城寺のトップである園城寺長吏となる
上皇や法皇が延暦寺や園城寺に武力援助を要請することもあった

166学術2018/07/19(木) 18:56:32.02
家父長か 守護職 選べってことか。制度、職能 比叡も悲惨だし、園城のほうだよ。

167学術2018/07/19(木) 19:01:59.82
園城 といっても 籠城癖なあ。 採点しただろ。

168日本@名無史さん2018/07/20(金) 09:24:09.34
>>163
あの時代の平和主義と、今の平和主義とでは全く別物だと思うぞ。
そもそもあの時代の平和と言うのは、単に家庭内、村落内だけの
平和かもしれないしww
まあそれはともかくとして、
あの時代の神社仏閣は、金貸しや貸金庫業、教育や福祉事業場合によっては
近隣の商売人ややくざ者、協業関係者の利害調整や、調停も
やっていたからな。
あの時代は商売でもめたら、即実力行使だし、
物を運搬するのですら、護衛が必要だったからな。

新着レスの表示
レスを投稿する