毛利元就VS宇喜田直家VS尼子経久

1日本@名無史さん2018/04/12(木) 20:46:02.69
中国地方最強の謀略王決定戦!

11日本@名無史さん2018/04/14(土) 17:56:25.54
毛利最強

12日本@名無史さん2018/04/14(土) 21:16:12.73
断トツ毛利元就

吉川とか小早川みたいに元就が手を入れたのがはっきりしている家だけじゃないのが恐ろしい

そもそも元就が毛利宗家継いだのだってなんかしてんじゃないのか?と思わせる
高橋家の内紛だって元就に都合よすぎ

13日本@名無史さん2018/04/14(土) 23:11:45.10
全員天下取れなかった奴らばかりじゃんw しかも京から近いのにw

14日本@名無史さん2018/04/15(日) 00:42:45.68
宇喜多はともかく出雲安芸が京に近いはねぇわ

15日本@名無史さん2018/04/15(日) 19:27:45.32
宇喜多直家は本物の梟雄だわ

16日本@名無史さん2018/04/16(月) 12:06:12.48

17日本@名無史さん2018/04/16(月) 20:15:19.28
毛利よ

18日本@名無史さん2018/04/17(火) 18:02:37.07
宇喜多

19日本@名無史さん2018/04/17(火) 18:22:35.52
息子の秀家は八丈島送り

20日本@名無史さん2018/04/17(火) 18:44:22.13
中国地方は柔弱だからこそ突出した謀略家が生まれたのである。

21日本@名無史さん2018/04/17(火) 18:48:12.42
木戸孝允「肥前人と云、器械と云、陣制と云、尽相整居、殊に当候頻に進軍、兵士も一層之気力相振ひ、至て評判宜敷」

『無慮雑集』(文久二年)魚尽し之時評
肥後(熊本) 鰐の子 成人の後恐るべし
鍋島(佐賀) 鰐 呑もする、はねもする、恐るべき勢ひあり
紀州(和歌山) ゴマメ 魚の数のみ、取に足らず
芸州(広島) はりのむきみ 魚の数にはいらぬ

吉田松陰…安芸国内の「風教の退廃」憐れむべし。広島の街は子供の物売りと乞食で溢れている。
吉田松陰「殊に中国(山陽、山陰)最も柔弱と称す」

       ミ ⌒ 彡
       (∩Д∩)     シクシク
       (     )
        し⌒ J

22日本@名無史さん2018/04/17(火) 18:55:12.03
だよなww

23日本@名無史さん2018/04/18(水) 17:49:50.38
宇喜多最悪

24日本@名無史さん2018/04/19(木) 07:51:03.20
散るぞ悲しき〜辞世の唄
https://www.youtube.com/watch?v=_t675VZJgl4
歴史上の有名人の辞世の句に曲を付けたもの。
泣けるよ。凄く出来が良い。

25日本@名無史さん2018/04/19(木) 18:18:16.83
ふうん

26日本@名無史さん2018/04/19(木) 22:29:24.54
経久なら最強
脳筋晴久からだめになった

27日本@名無史さん2018/04/21(土) 20:51:42.13
尼子

28日本@名無史さん2018/04/26(木) 19:38:36.70
毛利

29日本@名無史さん2018/04/27(金) 13:19:23.61
宇喜多

30日本@名無史さん2018/04/27(金) 21:29:17.05
中国地方には中国大陸みたいに謀略家が多いね

31日本@名無史さん2018/04/28(土) 08:50:56.75
>>30
土地柄、そこに住む人柄とかがあるんだろうな
中国地方は山国で盆地ごとに小さな集落があるようなところ
と同時にどこも比較的海に近いから昔から交易も盛んだった
複雑な駆け引きが行われやすい土地柄だったんだろうね

32日本@名無史さん2018/04/28(土) 11:31:02.95
毛利の狡猾性は尼子と宇喜多を足して二で割ったようなもの

33日本@名無史さん2018/04/28(土) 18:13:01.73
まさに日本の中国人である

34日本@名無史さん2018/04/28(土) 18:18:15.40
毛利家は弱小国相手にすらなんべんも戦で大敗をして
相手が寿命で死ぬか、降ったと見せかけて騙まし討ちにするかで
元就さんが目立った活躍なんかしとらんなぁ有名で
厳島だって河野家(村上水軍は当時河野家所属)が陶軍を破ったのがほんまのところだし
晩年の支配領土だって四方八方で叛旗を翻されて
実質完全支配しょぉった領地なんて50万石くらいしかなかったじゃないかのぉ?

政治なんか評価されるようなこたぁ一切やっとらん
毛利家の年貢の高さは、もはやお家芸の域で長年、民を苦しめて来たし
海賊衆に利権をやるから仲間についてくれっちゅう懐柔策をするくらいじゃけぇ
信長んような新しい為政者たぁ真っ向から逆を行く旧来の政治家
頼みの石見銀山があったけぇ何とか国としての形を留めたばっかしで、要は資源頼みの政治
しかも、その銀山争奪にかけて本城氏如きの弱小豪族になんべんも大敗して
最後は銀山の利権をあげるから味方についてくれと頭を下げる始末。
その後、味方についた本城氏を、もんの見事に約束破って謀殺してるところは
謀略家としての高評価を受けてる由縁じゃが、実際は「ただ約束を破った」だけ

元就さんは、その時利用するばっかしで最初から約束破って殺す気満々じゃけぇな
人はプレハブ、人は仮設住宅、人はレオパレスじゃけぇ

      _,,,
     _/::o・ァ サッサ 彡 ⌒ ミ  
   ∈ミ;;;ノ,ノ     ミ(・ω・´ )つ サッサ
     ヽヽ  ・ 。・゚・c( U・ ゚U。彡・ 。・゚・

35日本@名無史さん2018/04/28(土) 18:26:54.53
実際の毛利元就は陰険で残酷な仕打ちが多かったみたいね

36日本@名無史さん2018/04/29(日) 11:00:16.08
>>31
ある歴史学者が北海道でも九州でもどこか日本人同士の共通点があるんだけど
中国地方だけは極めて大陸的で非日本人的だと。

37日本@名無史さん2018/04/29(日) 12:45:00.95
>>32
元就だろう。子孫は性格とか力量とか全く似ていない。
一番似てるのはスケールをだいぶ小さくした吉川広家。

38日本@名無史さん2018/04/29(日) 12:51:31.12
>>19
宇喜多も親子孫全く似ていないね。興家は愚 直家はあの通り 秀家は性格的に見事な男。

39日本@名無史さん2018/04/29(日) 18:25:09.79
>>37
息子の隆景はそっくりだろ
だから元就は隆景に、頭がいいからと言っていいきになるなよ、誠実に生きるようにしないと後で吠え面かくぞと散々注意している
ちなみに誠実な人柄だった隆元に対しては、誠実なだけじゃだめだ、戦国の世なんだから謀略してなんぼだ、謀略三昧の日々をおくれと注意してるw
こっちの方のアドバイスが有名になってるよねw
ちなみに姿かたちは孫の秀元がそっくりらしいね

40日本@名無史さん2018/04/29(日) 19:11:14.47
>>39
隆景は元就のような悪辣なイメージはないが。
元春はあれで良かったかな?

41日本@名無史さん2018/04/29(日) 19:19:34.46
>>40
隆景は元就から散々注意されたから悪辣とのイメージがつかないようになったんじゃないの?
とにかくしつこく知恵に溺れるな、相手から信頼されるようにしろと注意されている
誠実な隆元には謀略の限りを尽くせとアドバイスしてるのに隆景には謀略のぼの字も言わないからな

42日本@名無史さん2018/04/30(月) 07:20:42.68
>>41
輝元には帝王学を教えこまなかったのかな?。

43日本@名無史さん2018/04/30(月) 08:01:40.76
>>42
素質がよほどなかったのでは?
隆元、元就、元春、隆景が教育してああだったんだから

44日本@名無史さん2018/04/30(月) 16:20:24.51
>>33
そして毛利元就は日本の毛沢東
なぜなら『毛』一族であるからだ

45日本@名無史さん2018/04/30(月) 21:19:49.94
毛さん

46日本@名無史さん2018/05/05(土) 22:56:42.17
宇喜多は二代で終了

47白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/08(火) 02:29:48.07
前回でも云うたが、中国者の律儀ゆえ、中国地方人は九州人みたぁ悪どい
謀略は使わんし、戦闘も正面激突の中国勢にオカマ迂回戦法の九州たぁ違う。
こっちでも書いとるけどのう。
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1508498009/97-161

48日本@名無史さん2018/05/14(月) 14:54:12.61
>>47
>中国者の律儀ゆえ、中国地方人は九州人みたぁ悪どい
>謀略は使わん
こういうのをご都合主義という

49白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/17(木) 01:42:43.56
>>48
具体的にどこん部分が御都合主義か云わずっとで、レッテル工作じゃの
しょってもつまらんど。

50日本@名無史さん2018/05/17(木) 18:12:44.43
やはり中国最強武将は毛利元就かな?

51日本@名無史さん2018/05/21(月) 23:29:26.49
それは時代によって変わるとしか

52日本@名無史さん2018/05/22(火) 10:08:46.14
>>51
山名宗全→大内義興→尼子経久→毛利元就 あたりでは。

53白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/24(木) 02:53:52.23
>>50
武将に最強概念じゃのあるまあ。戦さの荒仕事は特に西日本じゃ戦闘のプロの
足軽(侍)がやるんじゃし。
>>52
尼子氏は、戦闘のプロの被差別民芸能集団抱えたゆえ、正規武士より余程戦力が
あったけぇのう。
http://rekisizatugaku.web.fc2.com/page085.html
「経久主従は相談の結果、月山山麓に住む鉢屋賀麻(はちやかま)党を味方に誘う
ことにした。 鉢屋というのは、祭礼や正月などに芸を演じる芸能集団だが、兵役も
つとめていた。…
賀麻党70余人は、笛・太鼓もにぎやかに城の大手門に繰り込んだ。… 
賀麻党も、烏帽子・衣装をかなぐり捨てて、見物の城衆に襲いかかった。」
遊撃ゲリラ戦も巧みな戦闘のプロじゃし。幕末でものう。
 http://peoplestar.web.fc2.com/list/data/4992-4.htm
{数十倍の幕府軍を打ち破る
…とくに緒戦で重視された苦の坂の斗いで、遊撃軍の先頭にたって、勝ち戦に大きく
貢献したのは、 玖珂の久原(現高森町)の未解放部落住民の部隊・維新団である。
石川小五郎は「維新団の 働驚眼事に御座候」と報告している。
国の未来を思う若者
 維新団が小瀬川のたたかいでは、一番先頭にたった…道なき道をとおって、
幕府軍にさきんじて頂上を占拠し、山の上から下をくる幕府軍を砲撃、銃撃した
ため、幕府軍は 総崩れとなったのだ。
…当時の武士は無能であった。下のほうが力があった。」

54日本@名無史さん2018/05/25(金) 10:32:19.77
何でもいいけど方言で読みづらい

55日本@名無史さん2018/05/25(金) 16:31:51.58
糞弱い黒田も加藤も小西も小早川も九州に本拠地を移すと強くなったからな。
広島は元就のときに近隣勢力の内紛に付け入っただけの偶然で、ずっと弱いままで、他から来た福島だの浅野だのの殿さんも武の面では弱くなったからな。
まあ、殿さんは兵に支えられた神輿に過ぎんよ。
不敗の名将立花宗茂評
「温純、寛厚で人徳があって驕ることがない。功があっても自慢することがない。人を使うのも、おのれの意にしたがってしかも自然である。善にしたがうこと、
あたかも自然の流れのようである。佞人を避けて遠ざけ、奢侈を禁じ、民に対しては撫するように恩を与え、士を励ますには義をもってした。そのため士はみな、
宗茂の役にたつことをしようと楽しみにした。その用兵ぶりは、奇襲といい正面攻撃といい、いずれも天性の妙を発揮した。ゆえに、攻むれば必ず取り、戦えば
必ず勝利を得た。」
というこっちゃ。

56白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/26(土) 02:12:30.81
>>55
へこさか云うなや。播磨生まれ育ちの黒田勢に蹂躙されまくりが九州勢じゃし、
時代が後世になると、九州生まれ育ちの福岡藩の黒田勢は、戊辰戦争でも相馬藩に
敗戦し、砲も奪われ、寡兵ながら正面白兵戦闘で奥羽同盟軍を撃破し、砲を奪い
返したんは、広島藩の安芸神機隊じゃし、九州諸藩は、東北勢たぁ弱かったのう。
立花虚言物語の立花宗茂の義理の親父の立花道雪も陰謀ばっかしの糞汚れで、
浦(乃美)宗勝さんを闇討ち計画じゃの陰湿なやり方しょうとしたが、実行させられ役と
なった麻生隆実さんは、じゃが、麻生隆実さんは、立花道雪ら大友三将の姑息な
調略で武士道を汚す行為に服さず、 毛利側に報告したわ。麻生隆実さんに対して
小早川隆景さんの感状に、 「殊従豊州三老之調略状 具令披見候」とある。
立花宗茂勢じゃの「碧蹄館の戦い」で奇襲要員の分際で疲弊したくせに不敗じゃの
笑わすなや。

57白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/26(土) 02:17:23.41
>>55
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E5%AE%97%E8%8C%82
 『立花盗人虚言物語』
「上記の他に次のような武勇伝も伝わっている。
明将・麻貴率いる明・朝鮮軍2万9500人が蔚山倭城を再度攻撃し(第二次蔚山城の戦い)、
守備に当たった加藤清正が包囲され窮地に陥っていることを知ると、釜山で近所の
日本軍諸将は会議を行う。日夜対策が評議されたがなかなか結論が出ず、
辛抱強く議論を聞いていた宗茂もさすがにしびれを切らし「評定のみに日を送っても無駄なこと
です。思いますに、まず蔚山城の敵を追い払えば泗川の敵は退き、泗川の敵が退却すれば順天の
敵もおのずから退却いたすでありましょう。拙者が蔚山城を救援いたしましょう」と進言した。
それを聞いた総大将・ 小早川秀秋は「それはよいことを申された、わずか3,000にも満たない
兵であれば、 万一やり損なっても味方の難儀にはなりますまい」と言い放った。宗茂はわずか
1千の兵を率いて救援に駆けつけ5百の兵を率いて夜襲を敢行、別の5百兵が鉄砲で攻撃し明軍の
先陣5,000人を撃退し、その後は偽情報を拡散するために先の夜襲した際の捕虜40人余を解放し、
その夜、偽の陣地や營火と伏兵を使って明軍を引き出して分断包囲撃破し、翌日蔚山城に到着、
加藤清正を援助した[15] 。その後、清正も5,000の軍勢で明軍を追撃し、戦後ともに蔚山城に
入り、清正から 「日本軍第一の勇将」と絶賛された[16]。『立斎旧聞記』
なお、これらの武勇伝は同時代史料に記録が無く、話の信憑性には疑問符が付く。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%94%9A%E5%B1%B1%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
 『真実』
「日本の赴援軍では毛利秀元の陣所より、吉川広家が真っ先に進み出て明軍に向かって突撃し、
続いて総勢が一度に突撃した。そのとき明軍の敗走が始まる[8]。 『清正高麗陣覚書』」

58白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/26(土) 02:49:27.71
>>55
九州は、先の大戦でもハッタリの伝統じゃし、
辻政信氏も「菊と龍の(九州兵団)の戦状報告は美辞麗句を並べ立て、勇(東北兵団)の
報告は、誇張も形容詞もない」
九州人は、虚勢張り、ホラ喇叭吹いて、自分らを大きゅう見せたがるけぇのう。
何が、「驕ることがない。功があっても自慢することがない。」(笑)なら。
大嘘こくなや。
吉川広家さんは、加藤清正さんから感謝として馬印を渡されたけど、広家さんの
独断奇襲に軍令違反と因縁付けたんが、戦さ知らずの石田三成で秀吉に密告まで
しよったんを、広家さんの戦いぶり尤もなことと徳川家康が取りなして、
広家さんは家康に義理を作って仕舞うたけぇ、関ヶ原戦でも動かんかったし、
家康の背後から襲うんは正面激突の中国者として恥じゃし二重に出来んよ。
まあ、吉川広家さんは、お人よしで賢明な方(小早川隆景)を失い、毛利家が
に成ったと愚痴ばっかし云う人じゃったが、逆にお人よしゆえ、部下家臣の
云うこたぁ聞くけぇ、蔚山独断奇襲も歴戦の家臣らが敵さんのわずかな乱れに
今じゃ!云う「時」は、そん通り逃さす断行する指揮官としての徳は持っとった
けぇのう。
指揮官の能力とは「戦利、戦略にあらず、その人徳の識見である」よ。

59白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/26(土) 03:15:36.93
ほいじゃが、>>56の浦(乃美)宗勝さんの子孫は、山口へ移住した一族と
広島県に残った一族がおってじゃのう。まあ安芸、備後の分家国衆は
広島県に残った方が多いかったけぇ、わしも遺伝子的にこの世におるわけじゃが、
遠い親戚の山口県へ移住した長州藩士系を山口もんとして違う土地柄の人間として
観るんも、同し中国地方でも土地柄風土の違いゆえよのう。

60日本@名無史さん2018/05/26(土) 14:59:49.15
黒田は小豪族城井を武力討伐できずに、やっと酒宴を開いてだまし討できた程度には強かったんと違うか(笑)。
その弱い黒田勢に存亡の危機に立たされたのが広島ちゅうわけよ。
そら黒田を無理にでも持ち上げないと弱い広島のものはやってられんよな。
そもそも九州征伐は九州でなく、島津一族のみと対峙するのに20万も兵を送って時点でまあその強さは知れてるがな。
あと、立花宗茂評は東北人がした立花宗茂の評価だからな。
残念だったな。

61白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/05/27(日) 02:22:37.41
>>60
黒田勢にゃ九州勢は九州征伐、関ヶ原と煮え湯飲まされる敗退ぶりじゃけぇ
採り上げたわけじゃが、当然広島の毛利勢に薩摩島津勢は負け続けの煮え湯よのう。
まあ、20万動員じゃの白髪三千丈の数じゃが、九州征伐での前線は、
中国(山陽道の播磨も含む)勢、四国勢で、薩摩島津勢正規軍は四国の土佐の長宗我部に
ゃ、正面激突で押されながら、遊撃戦戦党員の薩摩の下郎とも云われた「野郎」勢の
吊りの野伏せり戦法に引っ掛かりのオカマ掘って薩摩島津勢の勝利に成ったが、
遊撃戦も中国勢は被差別民を使うことで馴れとるけぇ通用せんで薩摩島津勢は
負け繰り返すわいや。
東北人が立花宗茂勢の戦闘なんか観とるわきゃ無ぁのにホラ吹くなや。

新着レスの表示
レスを投稿する