邪馬台国畿内説 VS ネッシー実在説

1日本@名無史さん2018/04/13(金) 12:36:31.70
好勝負ではないのかな。。。

411日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:39:42.47
国語には「石砮其長尺有咫」、列子には「其劍長尺有咫」という表現がある

412日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:40:49.66
亦不言其長二尺也。

413日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:41:36.94
またその長さ、二尺と言わざるなり。

414日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:43:27.24
(天威咫尺で二尺と言わなかったように)また、二尺とは言っていない

415日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:44:42.15
「左伝」でも「国語」でも「列子」でも、

416日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:45:09.66
咫と尺を並べて使っていても、二尺とはしていない

417日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:45:39.20
是可證周未嘗八寸爲尺矣。

418日本@名無史さん2018/05/24(木) 18:47:40.31
是れ、周未だ嘗て八寸を尺と爲さざる證なるべし。

419日本@名無史さん2018/05/24(木) 19:06:54.56
こうしたことは、周の時代にいまだかつて八寸を尺と

420日本@名無史さん2018/05/24(木) 19:07:04.09
したことはないという証と見てよいだろう

421日本@名無史さん2018/05/24(木) 19:08:44.18
咫と尺はあくまで区別されている

422日本@名無史さん2018/05/24(木) 19:10:05.41
説文解字では、咫の項に「中婦人手長八寸,謂之咫。周尺也。从尺只聲。」とある

423日本@名無史さん2018/05/24(木) 20:48:58.42
これだけだと、「咫」の長さは婦人の手の大きさの八寸で

424日本@名無史さん2018/05/24(木) 20:49:28.51
かつ、周尺の長さ(=八寸)のように読める

425日本@名無史さん2018/05/25(金) 00:51:15.27
それは倭人の解釈と通じるところがある。

426日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:29:01.23
>>425は邪魔

427日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:33:27.61
しかし、段玉裁の《說文解字注》を見ると

428日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:34:16.28
周代でも尺は10寸であり、

429日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:35:45.44
咫の八寸とは区別されていたことが分かる

430日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:36:47.94
周代には、春秋戦国時代も含まれる

431日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:37:45.12
段玉裁の《說文解字注》でいう六国時だ

432日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:38:24.09
この時期には、各国の制度が

433日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:38:53.41
度量衡も含めばらばらになった

434日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:39:42.50
それで、周代の尺の長さが

435日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:40:50.24
10寸なのか8寸なのか混乱し、分からなくなっていた

436日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:41:53.91
それで、秦の始皇帝による度量衡の統一が必要だった訳だ

437日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:43:06.40
その際に咫は、もともと身体尺だったことから、

438日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:43:56.66
統一公定尺の体系には入れられなかった

439日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:44:31.58
さらに、咫は使いどころがほぼない

440日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:45:29.33
八寸の言い換えで、八寸を咫という以外に使い道がない

441日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:45:56.26
それで十分

442日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:46:37.65
7寸や9寸は、寸で示すしかないのだから、

443日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:47:45.45
8寸も寸で示せば、もう咫の使いどころはない

444日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:48:46.33
そうして、咫が「咫尺の書」などの決まった言い方でしか使われなくなって

445日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:49:31.36
それから、3世紀までには400年くらい時間が経っている

446日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:49:58.72
ここまできちんと把握すれば

447日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:50:39.19
円周が八咫になるように作ったとか、

448日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:51:13.18
円周を測ったら八咫だったとかいうのは、

449日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:51:43.65
時代背景を考えれば意味がない

450日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:52:29.89
昭和の時代に思いついた人がいるってだけの単なる憶測だよ

451日本@名無史さん2018/05/25(金) 07:53:57.35
史記での「咫」の字の使用全例
矢長尺有咫
長尺有咫
  尺有咫は、尺(10寸)+咫(8寸)で、18寸の長さ
八寸曰咫
咫尺,八寸
  咫は8寸である
徒欲日夜望咫尺之地
舜無咫尺之地
奉咫尺之書
今拘學或抱咫尺之義
言拘學守義之士或抱咫尺纖微之事
  咫尺で、「少しの(ながさ)」程度の意味
  日本語で「ちょっと」を「一寸」と書くのと同じ発想

咫を円周を測るのに使っている例はない

452日本@名無史さん2018/05/25(金) 12:30:15.80
漢書での「咫」の字の使用全例
長尺有咫
石砮長尺有咫
  尺有咫で、18寸
八寸曰咫
張晏曰:「八寸曰咫。」
  咫は8寸
豈其與水爭咫尺之地哉?
奉咫尺之書
但日夜望咫尺之地
履咫尺之難
臣聞天威不違顏咫尺
且盲不見咫尺
咫尺者,言其簡牘或長咫,或長尺、喻輕率也。
  咫尺は、それ「あるいは長さ咫あるいは長さ尺」を簡単に言うもので、比喩である

咫を円周を測るのに使っている例はない

453日本@名無史さん2018/05/25(金) 12:30:35.07
三国志での「咫」の字の使用全例
未能進咫尺之地
終日行不離咫尺
加咫尺之書
  咫尺は、一咫か一尺程度の少しの長さの意味

咫を円周を測るのに使っている例はない

454日本@名無史さん2018/05/25(金) 12:30:54.75
後漢書での「咫」の字の使用全例
其長尺有咫
石砮矢長尺有咫
長尺有咫
  尺有咫で18寸
八寸曰咫
八寸為咫
  咫は8寸
舜無咫尺之地
今拘學或抱咫尺之義
咫尺天儀
咫尺龍沙
咫尺言不以為遠也
夫欲千里而咫尺未發
去營咫尺
今以曲俗咫尺之羞
  咫尺は、一咫か一尺程度の少しの長さの意味

咫を円周を測るのに使っている例はない

455日本@名無史さん2018/05/25(金) 12:31:16.81
平原1号墓出土鏡を、円周が八咫だから、八咫の鏡という人がいるが、
咫=8寸という長さの単位ではあっても、史記から後漢書の範囲で
咫を長さを表すのに使っている例は、石砮や矢の長さで「尺有咫」という慣用句的な
決まった表現で18寸を表す場合だけで、基本的には「咫尺」で「わずかな長さ」を
比喩的に表す熟語でしか使わない

平原1号墓が卑弥呼の頃であることを想定するならば、その時代に「咫」で
具体的な長さを測ることはない

したがって、平原1号墓出土鏡が円周が八咫であると認識されることもないし
八咫鏡と呼ばれることも、考えられることもない

しかも、破鏡供献されているので、千年以上後になって、発掘され復元されるまで
その間、その周囲の長さが知られることもない
この鏡が八咫鏡の語源となることもない

つまり、どうやっても平原1号墓出土鏡は八咫鏡とは無縁の鏡である

456日本@名無史さん2018/05/25(金) 20:44:31.60
>>449
八咫鏡はいつ作られたの?

457日本@名無史さん2018/05/25(金) 22:16:26.84
>>456
現物も見ずにわかるものか

458日本@名無史さん2018/05/26(土) 05:09:47.00
鏡の直径は、尺・寸(センチでもよい)で計るし、
鏡の円周を測るとしても、尺・寸(センチでもよい)で計る、だけ
「咫」では測らないし、そもそも円周を測る例がない

魏志倭人伝の時代で既に、「咫」は計量単位としての実質を失っており
「咫尺」という熟語か、伝承中での「尺有咫(=18寸)」という使い方しかなくて、
「尺有咫」が使われる場合もいちいち「八寸曰咫」が必要な状態

459日本@名無史さん2018/05/26(土) 05:10:21.47
史記、漢書、三国志、後漢書での「咫」の字の使用例を全例検索
史記9件、漢書12件、三国志3件、後漢書13件 の、全37件
うち、咫尺    で使われているのが23件  
   尺有咫   で使われているのが 7件
   八寸曰咫  で使われているのが 6件

「咫尺」は三国志の「未能進咫尺之地」(未だ咫尺の地を進むに能わず)のように、「一咫あるいは一尺程度のわずかな(距離)」程度の意味で、慣用句的に使われている

「尺有咫」は、矢の長さなどを表すのに用いられ、史記では「矢長尺有咫」(矢の長さ、尺あまり咫(=18寸))のような使われ方になる

「八寸曰咫」は、「咫」の長さの説明、つまり 咫=八寸

ここまでで、全37件中36件
残りの1件は「咫尺」の説明中に使われているもので、漢書の「咫尺者,言其簡牘或長咫,或長尺、喩輕率也。」
咫尺は「あるいは長さが咫あるいは長さが尺」を簡単に言うもので、軽率の喩えなり
というものだ

要するに「咫」は、
「尺とあまり変わらないわずかな長さ」 咫尺という熟語として使う
「具体的な八寸という長さ」      長さの単位として使う
という二つの意味での使い方しかない
そして、円形のものの周囲を測るために使われている用例は「一つもない」

咫を丸いものを計る単位に使った例は、邪馬台国前後にはない
咫を使っていたとされる周代を記録した大陸史書は史記しかないが、もちろん、史記にも咫を丸いものを計る単位に使った例はない

これによって、「咫は、円周率を3.2で近似するための便利な単位」という平原出土鏡を「八咫鏡」に『する』ための戯れ言は、完全に否定されたね

つまり、平原出土鏡は「八咫鏡」ではない

460日本@名無史さん2018/05/27(日) 07:35:04.68
咫 
中婦人手長八寸,謂之咫。周尺也。从尺只聲。

461日本@名無史さん2018/05/27(日) 07:35:38.81
周尺也。
通典引白虎通曰。夏法日。日數十也。日無不照。尺所度無不極。故以十寸爲尺。
殷法十二月。言一歲之中無所不成。故以十二寸爲尺。
周據地而生。地者、陰也。以婦人爲法。婦人大率奄八寸。故以八寸爲尺。
 按奄字未詳。疑是手之誤字。
上文曰十寸爲尺。此及夫字下云周制八寸爲尺。
別周制之異乎古也。王制曰。古者以周尺八尺爲步。今以周尺六尺四寸爲步。
鄭注曰。周尺之數未之詳聞。案禮制。周猶以十寸爲尺。
 葢六國時多變亂法度。或言周尺八寸。以步㪅爲八。八八六十四寸。
鄭意八寸爲尺。周末始有之。與許說異。然許亦曰諸侯力政。
分爲七國。田𤲮異畮。車涂異軌。律令異法。則其說亦未嘗不合也。
左傳。天威不違顏咫尺。咫尺並言。不云二尺也。
國語、列子皆言其長尺有咫。亦不言其長二尺也。是可證周未嘗八寸爲尺矣。

新着レスの表示
レスを投稿する