邪馬台国畿内説 Part361

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
89日本@名無史さん2018/07/12(木) 22:42:33.55
>>632
>を通説どおり、比定地と考えるが、ここまででも、 距離と方角はあてにならないと考えている 実際、海峡横断部分も行程によって距離が2倍程度異なるし、<

有効数字1桁程度の差異内。

>末慮国ー伊都国間と伊都国ー奴国間で、里の換算距離が4倍異なる<

奴國の比定地のインチキ。

>方角も、海峡横断部分も南ではなく南東だし<

朝鮮海峡と玄界灘は、目視できるから書かれていない。対馬海峡も南は出発方向であり、対馬海流に乗るから、間違っていない。

>末慮国ー伊都国間で90度方角が狂っている<

「東南」は、出発時点での出発方向であり、間違っていない。

>それ以降も、北部九州から水行で長距離で、投馬国、邪馬台国の順に進むと 考えているよ 否定はしない<

投馬國は、側副傍線国説明であり、「水行十日陸行一月」は「女王之所都」の説明だから郡からの日数。

>ただ、日数は10日単位に丸めた数字だと考えるし、<

有効数字1桁近似日数。

>方角は間違っていると考える九州説のように、いきなり起点を帯方郡に戻したりはしないww<

wwの脳が間違っていると考える。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています