先祖探しのエピソードを語る正し血族先祖に限る4

1日本@名無史さん2018/11/16(金) 12:41:46.51
純粋に自分の血統先祖のみ(直接DNAがつらなった先祖。養子断絶はダメ)でどこまでさかのぼれるか調査するスレです。

先祖を探す方法を何でも幅広く語りませんか?
テクニックやエピソードなど・・・
初心者からエキスパートまで
先祖を探す情報交換の場にしましょう!!!

1 なにか質問されたり困っている住人がいればみんなで協力してあげよう(ググレ禁止)
2 HNを使うとみんな分かりやすいのでは?(誰が誰だか混乱するので)
3 画像をUPするとみんな一目瞭然で分かりやすいですよ
4 たまにチャット化しますが皆さん遠慮なく入ってください
5 荒らしは無視でマターリと

※UPの方法
@デジカメやスキャナなどで画像をPCに取り込む
(ファイル名を当たり障りの無いものにしとく。UPしたらファイル名晒されるので)
Aペイントソフトなどで危なそうな箇所を消す(よく確認して!UPしてからでは遅いです)
BアップローダでUPする(一応利用規約は読んで)
アップローダは↓など
ttp://www.imgup.org/
ttp://www.uploda.org/
CURL貼り付けたかったら貼る

前スレ
先祖探しのエピソードを語る正し血族先祖に限る@
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history/1294631599/l50
先祖探しのエピソードを語る正し血族先祖に限るA
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1316186196/
先祖探しのエピソードを語る正し血族先祖に限る3
https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/history/1337303208/

182日本@名無史さん2018/12/22(土) 16:14:28.69
◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

183日本@名無史さん2018/12/29(土) 14:53:05.16
明治の戸籍
戸主の弟夫婦や妹夫婦も1つの戸籍に入ってるだけど、これって一緒に暮らしてるのか?
ちなみに甥姪や叔父叔母も。

それとも本籍が同じだから戸籍に入ってるだけで、実際は別々に暮らしてるの?戸籍に住所の記載ないよね?

184日本@名無史さん2019/01/04(金) 01:14:06.44
youは何しにの番組で外国人が、大阪出身の祖母の生まれた場所を探しに来てたが、住所までわかってるのに、戦災で焼けて戸籍が残っていないとか、そんな地域もあるんだな。

185日本@名無史さん2019/01/04(金) 04:25:39.20
>>183
俺もそれ気になった!
私の婆さんの戸籍は、婆さんを本人とすると、本人および兄弟11人、兄の妻子、父母、祖母、父の弟夫婦、父の弟の子7人。25人が一ッ屋根は無理だよなw
>>184
空襲が激しい地方は戸籍残ってないの?生存者から聞き取って復元したりしないのかな?

186日本@名無史さん2019/01/04(金) 05:44:30.62
戦災で焼失させないように疎開させていた都市が多いので番組みてて少し引っかかったわ
ネットで検索してみたらあの近辺で同じ名字で商売している店があるみたいなんだけどそれも気づいていないのかと番組関係者の仕事ぶりに疑問を抱いている 

187日本@名無史さん2019/01/04(金) 12:37:57.32
長江下流域に龍が伝わったのは約5000年前。



「遼河文明」から伝播したと思われる、約5000年前の長江下流域・良渚(りょうしょ)遺跡の玉龍も、
角と耳がありイノシシの顔だ。

http://www.seibutsushi.net/blog/2012/01/1238.html


.

188日本@名無史さん2019/01/08(火) 13:03:30.92
>>183について知ってる人いないのか?
俺も少し気になってた

189日本@名無史さん2019/01/08(火) 14:10:28.69
ここはホントに馬鹿ばっかしだな。

俺が昔の戸籍(現在の夫婦単位で構成されている戸籍じゃない、いわゆる階段戸籍)
について説明してやってもいいのだが、そうすると長いとかシッタカだとか言うに決まってるわ。
ここを仕切ってるのが嵐みたいな小僧だからな。

馬鹿が集まって永遠に実りのない議論していくんだろうな、このスレは。

お前らは知識に対する謙虚さが無いよ。ほんと馬鹿ばっかし。

190日本@名無史さん2019/01/08(火) 17:28:14.84
>>189
知らねえんだろボケ

191日本@名無史さん2019/01/08(火) 18:14:54.94
日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土するイネは、
中粒種と短粒種が約半々の割合で混交したもの。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古のイネの現物は短粒種のみ。

そして、日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土する耕作用農具は、
石耜という石刃のスキと、石鋤という日本には存在しない石刃の除草用農具と、
石犂という石刃の牛耕用の農具、この3つだけ。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古の耕作用農具は、
木製のエブリという地をならす農具と、木製のクワだけ。

石刃が伝わっていない上に、同期する中国と同じ耕作用農具が一つも
伝わっていないのだ。

それどころか、同期する中国には存在しない耕作用農具が日本最古の
耕作用農具として日本の最古水田には伝わってしまっている。

オール木製で。

しかも、鬲や鼎といった、三足や耳の付いた同期する中国系炊飯器も
日本の最古水田には一切伝わっていない。

日本稲作が中国から伝わったというような話は、太陽が西から昇って東に沈むと
言っているのと同じレヴェルの話である。

ちなみに、スキという耕作用農具が伝わったのは、最古水田から200年以上も
経ってからの事で、やはり木製であった。

石犂は5C頃に鉄刃のものが朝鮮経由で伝わるが、石鋤に至っては、木製でさえ
永遠に日本に伝わる事はなかったのである。

192日本@名無史さん2019/01/08(火) 21:12:44.77
>>188 >>183 昔は戸主制度だったから、独立できる力がなければ誰かの戸主の元の戸籍に入ってたんだろう。

うちも一時期いとこの戸籍に入ってたことがあり変だなと思ったことがあった。 多分朝鮮から引き上げてきた時に土地がなかったから従兄弟の戸籍に入ったのだろうと思う。
何年かでぬけてるけど。

193日本@名無史さん2019/01/10(木) 00:01:29.18
>>189
何?構ってほしいんか?

194日本@名無史さん2019/01/10(木) 00:07:56.28
気になる材料を羅列してみると、


渡来系弥生人骨はコンピュータ形質解析で朝鮮人骨とは一致せず、オロチ、
ギリヤークなどの沿海州の北方民族にかなり近寄った数値を示す人骨。

弥生土器が始まったのは最古水田・菜畑遺跡より50年以上前の山陰あたりで、
その土器は同期する沿海州南部の土器と特徴が一致している。

最古水田はイネの粒種、耕作用農具、炊飯器から考えて、明らかに朝鮮南部の影響で
始まっているのに、その人々はなぜか朝鮮土器を一つも作っていない。


複合的に考えて、まず沿海州あたりから渡来人の渡来があり、渡来後に朝鮮南部から
稲作をパクってきただけのように考えざるを得ない。

195日本@名無史さん2019/01/10(木) 10:18:13.82
>>190 >>193

先祖の話とか昔の戸籍の話とか嫌がる人いるよな

なんでだろうなwww

196日本@名無史さん2019/01/10(木) 10:26:14.09
日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

197日本@名無史さん2019/01/11(金) 23:23:21.56
俺の男系の先祖は源頼兼(源頼政の子)でしゅ
俺の家系は幕末時代に養子同士が結婚して家督相続したので、家系の先祖と血筋の先祖は異なりましゅ
幕末時代のひひひおじいちゃんの先祖が源頼兼でしゅ
幕末時代のひひひおばあちゃんの先祖は藤原の公家の方に辿り着きましゅ
家系の先祖は桓武平氏の鎌倉御家人だったのでしゅが、有力御家人過ぎて没落させられたのでしゅ
家系も、おじいちゃんの実家も、おばあちゃんの実家も、明治維新まで武家の、維新後は士族でしゅた
源氏と平氏と藤原氏の先祖を持っていましゅ
こういう先祖だったため、維新後は、急降下で没落したのでしゅ
具体的には、上級武士ではなく、おじいちゃんの実家は代官とか勤めていたり、
おばあちゃんの実家は城下町の本陣役つまり今でいう市役所みたいな大富豪の廻船問屋をやっていたりして、
家系の先祖は家禄300石の平士だったりなど、中級の武士だったためでしゅ、
いちお上級武士の名簿には連なるかたちで連名されてましゅた
だから農地なんて持っていませんでしゅた
維新後は、おじいちゃんの実家は軍人家系、おばあちゃんの実家は戊辰戦争で全てを藩に持っていかれ没落して絶家今では分家が一族会の宗家を名乗っていましゅ、家系の先祖は商売やったりしましゅた
藩に救済された上級武士や、農地持ってた農家は、あまり変化はなかっただろうと思います
でも、ウチの先祖みたいな中間管理職は、激動だったと思うんでしゅよね

198日本@名無史さん2019/01/11(金) 23:26:40.94
長江下流域に龍が伝わったのは約5000年前。



「遼河文明」から伝播したと思われる、約5000年前の長江下流域・良渚(りょうしょ)遺跡の玉龍も、
角と耳がありイノシシの顔だ。

http://www.seibutsushi.net/blog/2012/01/1238.html


.

1991972019/01/11(金) 23:39:30.88
源頼兼って
源氏嫡流だと思うんでしゅ
だって源頼朝とか足利尊氏とかって源頼信の子孫でしょ
庶流じゃん?
源頼光の子孫がやっぱり源氏嫡流だよね
その中でも源頼政の子孫がやっぱり源氏嫡流
そのなかでも源頼兼の子孫がホンマモンの源氏嫡流でしょ
しかも源頼兼の子孫って世の中にあんまいない
おそらく僕の一族くらい

200日本@名無史さん2019/01/12(土) 01:36:04.41
名字は源なのか?

201日本@名無史さん2019/01/12(土) 01:44:15.36
うち、かなり珍しい名前で、有名人には同じ名前がおらず、ネット検索しても同名の地名がヒットするくらいなのね。
ただ、出身地の歴史なんかを見ると、ほぼ間違いなく平家の落人なの。
平氏の苗字一覧なんかを見れるページとか無いかな?

あと、平家関係者でもただの家臣なら全然関係ない名前だったりするの?

2021972019/01/12(土) 01:44:52.48
>>200
苗字は畠山

203日本@名無史さん2019/01/12(土) 11:16:53.36
>>201 家臣の苗字は全く関係ないよ。

204日本@名無史さん2019/01/12(土) 11:39:12.23
俺は母方の先祖の苗字が珍しくて、ネット情報だが全国に20人しかいないっぽい
山がついてて平凡なんだが、びっくりした
由来も何もないから明治時代にてきとうに付けたんだろうな

205日本@名無史さん2019/01/12(土) 11:50:08.92
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

206日本@名無史さん2019/01/12(土) 12:59:24.76
源姓を名乗ってる、源氏一族がいると思ってる人がいて驚き。
藤原家ですら、藤原姓名乗ってる家はひとつも無いのに。

207日本@名無史さん2019/01/12(土) 16:28:12.79
>>204 ただ旧漢字を使ってたと言う事じゃないの?

208日本@名無史さん2019/01/12(土) 18:29:37.76
>>206
傍流の遠いとこなら新規苗字を得られなかったりで藤原を名乗り続けてた可能性はあるぞ
主要な分家は(もちろん本家もだが)違うけどさ。

209日本@名無史さん2019/01/12(土) 20:07:27.62
>>207
大○山という苗字や
○に入る字も新字体や

210日本@名無史さん2019/01/13(日) 02:04:10.98
>>208
ねーよ

211日本@名無史さん2019/01/13(日) 12:40:33.66
清水徳川家が、幕末にいったん清水姓を称して徳川姓に改めたりはしてるから、何らかの理由で、自分の家の名前じゃなくて藤原を称した人がいても不思議はないとは思う。
俺は実例は知らないけどね。

212日本@名無史さん2019/01/13(日) 14:05:21.86
安藤とか遠藤とか近藤とかの苗字って「安房藤原」「遠江藤原」「近江藤原」を略しただけの、地名苗字じゃない藤原姓のままの苗字だぞ
藤原を名乗り続けた部類の一派だろ

その仲間で冠すら付かないヤツなら藤原苗字で通しただろうに、なんで無いと言い張るんだよ。論拠がないと納得できない案件だぞ

213日本@名無史さん2019/01/13(日) 17:29:42.90
必死

214日本@名無史さん2019/01/16(水) 14:14:33.08
自分の家系が源氏だの平氏だのと信じる人は遺伝子検査受けてみましょう
奇跡的に男系で伝わってたらY染色体ハプログループD1b1a2b1a1が出るはずだ
遺伝子検査スレではD1b1a2b1a1のヤバい家系がたくさん出現して完全に冷温停止状態になった
真実を知る覚悟が出来たらやるが良い

215日本@名無史さん2019/01/16(水) 15:01:16.30
自分の名字由来検索してみたら、全国人数約2500人ほどの比較的珍しい?名字だった。
それでルーツが清原氏(天武天皇の皇子舎人親王の子孫)ということだった。

216日本@名無史さん2019/01/16(水) 16:01:04.22
>>215 あんなのほとんど信用できないよ。 自分の苗字も珍しかったが、あまりにもデタラメが書かれれてたから訂正させた。
人数だって全国400人くらいになってるがそんなに少なくはないはず、少なくとも2〜3倍はないとおかしい。
俺の本籍地に200人くらい住んでるからね。

そんな噂もある土地がある程度のこと。
ただ、そんなに少ない苗字なら何か残ってる可能性は高いが農民だったらほとんど何も残っていないだろう。
全国で一番多い土地が多分ルーツの土地の可能性は高い。

217日本@名無史さん2019/01/16(水) 16:30:38.25
>>214
また肝心のことは知らないDNA馬鹿か?
家系は遺伝子関係ないだろ。
当然傾向の差はあれどこの誰も混じってるだけの話。
皇統でさえ実際のDNAはどうでも良いのよ、「認められた系譜」が残ってるかどうかよ。

218日本@名無史さん2019/01/16(水) 17:57:28.37
皇族 D1b1a2b1a1
物部氏 D1b1c1
藤原氏 O1b2a1a1
秦氏 O2a2b1a1a
百済王 C2c1a
豊臣氏 C1a1

219日本@名無史さん2019/01/16(水) 18:13:29.98
>>218
O2a2a1a1は?

220日本@名無史さん2019/01/16(水) 18:26:23.02
>>219
漢服部氏やね

221日本@名無史さん2019/01/16(水) 18:30:31.43
細川護煕(源護煕)近衞忠W(藤原忠W)

222日本@名無史さん2019/01/16(水) 18:40:00.50
>>216
人数が一番多い県に住んでて、
名前の由来となった地名もお隣の県だからあながち間違いでもない気がして…

223日本@名無史さん2019/01/16(水) 18:58:46.39
>>217
男はY染色体がそのまま受け継がれるから関係あるよ
遺伝子検査で全て分かる時代に来てしまった訳か
恐ろしいことだ

224日本@名無史さん2019/01/16(水) 19:35:45.45
ケツの穴が狭いと源氏、広いと平家

225日本@名無史さん2019/01/16(水) 19:48:35.81
曽祖父の母親(岐阜県)が全国で300人くらいしかいない比較的珍しい名字なんだけど、その分布が岐阜県と大分県に殆ど集中している
同族の可能性はまあまあ高いと見ているが、調べようもないからなぁ

226日本@名無史さん2019/01/16(水) 20:02:51.98
父方、母方の高祖母にそれぞれ希少な姓の人がいる
どちらも全国で30名程度らしいけれどあれって電話番号簿で統計取ってるんだろうから実際はその10倍くらいではないかと思う

227日本@名無史さん2019/01/16(水) 22:45:52.58
>>225
海外のどっかの研究では姓を共有している人は人数が少ないほど同族の遺伝子を持っている比率が高いそうだ(見たものでは数百人で7割〜8割だった)
人数が多くなれば多くなるほど比率も下がるらしい

228日本@名無史さん2019/01/16(水) 23:09:14.64
>>227
そんなもん大袈裟に研究しなくてもわかるわなw

229日本@名無史さん2019/01/17(木) 01:51:19.21
>>226 そう、特に最近は電話番号を隠すようになってきてるから全く信用できない。

230日本@名無史さん2019/01/17(木) 01:52:03.52
>>227 そんなん当たり前だ。

231日本@名無史さん2019/01/17(木) 11:58:28.74
>>208
だな。
でもそれたいがい僭称(笑)

232日本@名無史さん2019/01/17(木) 12:26:07.02
>>231
分かってない人だから、放置しておきましょうW

新着レスの表示
レスを投稿する