古代銅鏡は二十四節気の暦カレンダーだった

1アッシー2018/12/13(木) 03:08:18.21
画文帯神獣鏡や三角縁神獣鏡には、二十四節気暦が3年分1サイクルとして円周上に配置されている。
古代銅鏡がどのような用途で製作されたものかいろいろ説があるものの、二十四節気の農耕暦が銅鏡に配置されていると言及されたことはこれまでない。
これが事実であれば、古代の祭祀者が行った農耕祭祀とこの二十四節気暦を鋳込んだ銅鏡は、切っても切れない関係にあったことが想定されることになる。
また、祭祀王たちの棺の方位の確定や墓域の設定なども、この二十四節気暦を配置した銅鏡を用いてなされたことが推測される。
こうしたことから、二十四節気暦を配置した銅鏡のひとつ一つの実例を、これからみてみることにしよう。

2日本@名無史さん2018/12/13(木) 06:45:15.61
ばかだな

3日本@名無史さん2018/12/13(木) 08:56:18.32
かばだな

4日本@名無史さん2018/12/15(土) 01:24:19.21
今、準備中だ。
鼻の下長くして、待ってろ。

5日本@名無史さん2018/12/15(土) 07:08:26.64
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

6日本@名無史さん2018/12/15(土) 08:38:30.24
◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

7日本@名無史さん2018/12/16(日) 02:56:51.63
       埼玉県の埼玉古墳群中稲荷山古墳第一主体出土品の画文帯環状乳神獣鏡
  及びインターネットサイト・邪馬台国の会第327回記録が掲載する画文帯神獣鏡の一例の平面図について。

8日本@名無史さん2018/12/16(日) 08:24:03.07
アー タノシーデスネー 長江の鬲!wwww


http://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%95%B7%E6%B1%9F+%E9%AC%B2&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa



アー タノシーデスネー 江南の越式鼎!wwww


http://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%B6%8A%E5%BC%8F%E9%BC%8E&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

9日本@名無史さん2018/12/16(日) 18:59:54.08
この埼玉の画文帯環状乳神獣鏡と邪馬台国の会の画文帯神獣鏡の一例平面図は同系の鏡とみられる。
そこで、鏡の置き方がほぼ東西南北軸に合っている邪馬台国の会の平面図を中心に述べて行く。
まず、邪馬台国の会の鏡の中央の紐を吊るすための小突起を中心点とし、この中心点からみて左右の二つの黒く塗られた図像の中心部と中央小突起の中心点の3点を軸線で結ぶ。
そして、この軸線上の左側の黒色の図像を二十四節気の春分点を示すものと設定する。
この春分点を示す黒色の図像から下のやや小さめの色を塗っていない図像の中心部に中央小突起の中心点から軸線を引く。
中央小突起の中心部に分度器の中心部を置き、そこからみて、春分点の東西線に対してこの色を塗っていない図像の中心部はきっちり15度の角度になる。
二十四節気では、この位置にある節気は立春点に当たる。
この線引きの作業を次の下の黒色の図像に対しても同様に行う。
そうすると、この黒色の図像の中心部も中央小突起からみて、きっちり15度の角度の位置にあることがわかる。
この位置の二十四節気は、冬至点に当たる。

このようにして、東西線上の春分点からすぐ上の色を塗っていないやや小さめの図像とその上の黒色の図像に対しても、中央小突起の中心点から軸線を引くと、それぞれの図像が15度ごとの角度の位置にあることが分かる。
この最初のやや小さめの色を塗っていない図像は二十四節気の立夏点、黒色の図像は夏至点に重なることが分かる。
このように、この5個の図像は、きっちりと二十四節気の冬至から立春、春分、立夏、夏至の各節気に重なる位置に鋳込まれており、この一致は偶然とは考えにくい。
また、この等間隔の角度に合う別の規則性を持った何かの事柄が別にあるとは思えない。

本文が長いとエラーメッセージが出るので、このあとは「続く」とする。

10日本@名無史さん2018/12/16(日) 19:53:51.14
踏み返しの画文帯

11日本@名無史さん2018/12/16(日) 21:57:48.65
>>9
このようにして、5個の図像が二十四節気の冬至点から夏至点にちょうど重なることが分かった。
そこで、さらに同じ作業を続けて夏至点の図像から上に進むと、色なし図像と黒色図像がやはり15度の等間隔で並んでいることが分かる。
夏至点の図像の次の図像からを3個目の図像は、ちょうど二十四節気の立冬と重なり、この立冬の期間中までが最初の冬至点からの1年分となる。
こうして、15度ごとの等間隔の図像の位置は、すべて二十四節気の冬至、立春、春分、立夏、夏至、立秋、秋分、立冬に重なることが分かったのであるが、
これまでの作業と同じ作業を続けて線引きすると、次の黒色図像が新たな冬至点に重なるので、その後の図像に順次二十四節気の各節気を重ねて行くと、
ぐるっと回ってさらに2年分の二十四節気と鏡の図像がぴったりと重なることが分かる。
図像は全部で等間隔に24個あり、二十四節気の上記の節気がちょうど3年分、その図像にぴったり重なることになった。
これは、おそらく偶然ではないであろう。

なお、文中で用いた角度は現代の角度概念であり、鏡製作当時にこのような角度概念があってそれが用いられたというわけではない。
二十四節気では1節気当たり15日として、1年を360日としていたようだ。
したがって、この画文帯神獣鏡では冬至点から立春点までを45日、春分点まで90日、立夏まで135日、夏至まで180日などと日数で節気の到来を数えた可能性が高い。
角度は、あくまで便宜的に等間隔であることを示すために用いているもの。

次回は、奈良県広陵町新山古墳出土の三角縁三神三獣鏡をみてみることにしたい。

12日本@名無史さん2018/12/16(日) 22:06:06.54
>>10
踏み返し鏡であっても、図像の位置は変わらない。

13日本@名無史さん2018/12/19(水) 07:10:40.81
          奈良県広陵町新山古墳出土三角縁三神三獣鏡について

インターネットサイト・ウィキペディア「三角縁神獣鏡」が掲載している神獣鏡のうち、広陵町新山古墳出土の鏡を見てみる。
まず、この写真をプリントアウトする。
鏡の置き方が南北軸が真横になっているため、印刷した鏡を九〇度左へ回転させる。そうすると、南北軸が正しく上下になる。
さて、鏡の中ほどに、六個の小突起が円形をなしている。
その円形の中央に紐を吊るす小丘があり、その小丘の中心点と上下の小突起の中心点の三点を軸線で結ぶ。
そして、小丘の中心点に分度器を置き、分度器の九〇度の角度の線と南北の軸線がぴったり重なるように合わせ、
分度器の左側の〇度と右側の一八〇度の位置に印を付けておき、分度器をはずして、その両方の印と中央の小丘の中心点を軸線で結ぶ。
この東西線の左側は、二十四節気の春分点と重なる。また東西線の右側は秋分点と重なる。
次に、左側の東西線から下にある小突起の中心点と中央小丘の中心点を軸線で結ぶと、その角度は東西線に対して三〇度となる。
この三〇度の角度は、二十四節気の冬至点と重なる。
そして、この作業と同じ作業を東西線の上の小突起についても行うと、中央小丘の中心点と小突起の中心点を結ぶその軸線の角度は東西線に対して三〇度となる。
この三〇度の角度は二十四節気の夏至点と重なる。
ということは、この上下の二つの小突起は、二十四節気の冬至点から夏至点までの半年分の間隔に重なっていることが分かる。

                            続く

14日本@名無史さん2018/12/19(水) 07:13:42.06
気になる材料を羅列してみると、


渡来系弥生人骨はコンピュータ形質解析で朝鮮人骨とは一致せず、オロチ、
ギリヤークなどの沿海州の北方民族にかなり近寄った数値を示す人骨。

弥生土器が始まったのは最古水田・菜畑遺跡より50年以上前の山陰あたりで、
その土器は同期する沿海州南部の土器と特徴が一致している。

最古水田はイネの粒種、耕作用農具、炊飯器から考えて、明らかに朝鮮南部の影響で
始まっているのに、その人々はなぜか朝鮮土器を一つも作っていない。


複合的に考えて、まず沿海州あたりから渡来人の渡来があり、渡来後に朝鮮南部から
稲作をパクってきただけのように考えざるを得ない。

15日本@名無史さん2018/12/19(水) 07:43:31.34
                            続き

そして、ここまでの作業と同じ作業を、右側でも行う。
東西線の右側の下の小突起の中心点と中央小突起の中心点を結ぶと、小突起の中心点は東西線に対して角度が三〇度となる。
この角度上にある小突起の中心点は、二十四節気の冬至点と重なる。
また東西線の上の小突起の中心点と中央小丘の中心点を結ぶと、小突起の中心点は東西線に対して角度が三〇度になる。
同じく、この角度上にある小突起は、二十四節気の夏至点と重なる。
つまり、東西線の左側と右側を南北線で折り返せば、両方の小突起がぴったり重なるようになっているもの。
このことから考えると、東西線の左側の小突起の配置は、二十四節気の1年の前半の冬至点から夏至点に至る半年分と重なり、
右側の小突起は、二十四節気の1年の後半の半年分と重なることになり、そのような小突起の構成になっていると考えることが可能になる。
ところで、一方、それぞれの小突起の間は、単に空白にはなっていない。
等間隔に図像が配置されている。
これらの図像の中心点と中央小丘の中心点を軸線で結ぶと、小突起との間の角度がすべて三〇度の角度になるように配置されていることが分かる。
ということは、これらの図像も二十四節気の特定の節気とぴったり重なっており、小突起と図像を合わせて最初の冬至点から数えると、冬至点、春分点、夏至点、秋分点、冬至点、春分点、夏至点と続いて行き、
3年分の二十四節気のこれらの節気がぴったり円周に収まる配置となっていることが分かる。
つまり、この鏡の構成は、1年の半年ごとの二十四節気にも対応し、また3年連続の二十四節気にも対応している可能性を考えることができる。
なお、中央小丘の周りや外縁にも小球や山形が鋳込まれていて、これらが二十四節気と対照しているものかどうか注目されるが、今は保留とする。

16日本@名無史さん2018/12/19(水) 08:35:35.21
日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

17日本@名無史さん2018/12/19(水) 12:23:35.00
>>16
そうでもないだろう。
中国式の土を塗りこめた土壁は、防寒・防風効果も考えた上で作り出されたものだろう。
日本の竪穴式住居が半地下式となっているのは、この土壁と同じ効果を持つ建築方法だろう。
日本は中国ほど寒くなく、湿気があるので通風効果も考えて、その土壁を高くしなかったということだと思う。
こうしたことを考えると、一概にどちらかの優劣を判断するよりも、気候風土に合った建築のあり方があったのだと考えるのが妥当。
したがって、日本にやってきた中国人は、日本の気候風土に合った建築を選んだということが考えられ、中国式の建物がないからといって、中国からの渡来人がなかったとは言いきれない。

18日本@名無史さん2018/12/22(土) 10:43:50.80
>>15
                          続き

    インターネットの「古墳出土の銅鏡・とりネット・鳥取県公式サイト」の鳥取県博物館掲載銅鏡について

この銅鏡は、中央の小丘の周りに12個の小突起を配置している。
中央小丘の中心点と、この中心点の左右にある任意の二つの小突起の中心点を軸線で結び、次にこの作業をその他の小突起に対しても行う。
そうすると、小丘の中心点と左右の小突起を通る6本の軸線を引くことができる。
これらの軸線は、中央小丘の中心点から測ると、すべて等間隔の30度の角度になっている。
ということは、12個の小突起は中央小丘から見てそれぞれ30度の等間隔の位置に配置されているということになる。
そして、この中央小丘を通る6本の軸線の任意の1本を東西線として定めると、この東西線上の左側の小突起が二十四節気の春分点と重なり、
この東西線の下30度の位置の小突起が二十四節気の冬至点と重なる。
また、東西線の上30度の角度の小突起は二十四節気の夏至点に重なる。
このようにして、この銅鏡の12個の小突起は、ぐるり一周で冬至点、春分点、夏至点、秋分点を1年とする二十四節気の3年分の節気にぴったり重なっていることになる。
前回挙げた奈良県広陵町新山古墳出土の銅鏡の小突起と図像の配置と、まったく同じ配置がなされていることが分かる。
これらの銅鏡の小突起や図像が、二十四節気の特定の節気とぴつたり重なる位置に配置されていることは確かなことであるように見える。
そうすると、問題なのは、それらの小突起や図像が二十四節気の特定の節気を表示するためにそこに配置されたのか、
それとも二十四節気の特定の節気を表した単なる模様なのか、あるいはまたまったく二十四節気とは無関係なのかということになってくるが、
今はそれに対する答えは保留しておくことにする。
以上のように、鳥取県博物館サイトの銅鏡も含めて、これらの銅鏡に配置された小突起や図像の位置に、二十四節気の特定の節気がぴったり重なることは間違いないといえそうだ。
次回は、椿井大塚古墳出土三角縁四神四獣鏡の円周の山形図像について見てみることにする。
 

19日本@名無史さん2018/12/22(土) 10:44:17.21
◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

20日本@名無史さん2018/12/28(金) 17:40:53.01
          インターネットの「第336回邪馬台国の会 仁徳天皇陵古墳」が掲載している椿井大塚山古墳出土三角縁四神四獣鏡の平面図について

京都府木津川市にある椿井大塚山古墳出土三角縁四神四獣鏡のこの平面図にみえる中央小丘の中心点と小丘の南北に位置する二つの小突起を結ぶ南北軸線を引くと、その軸線は南北小突起のすぐ外側にある円周上の山形図像の頂点も通過する。
(但し、南側の小突起では、軸線は中央点ではなくやや左にずれる)
次に、中央小丘の中心点と小丘の左右に位置する小突起を結ぶ東西軸線を引くと、その軸線は東西小突起のすぐ外側にある円周上の山形図像の頂点も通過するこの南北と東西のそれぞれの軸線によって、鏡面は四つの区画に分けることができる。
この四つの区画には、中央小丘に最も近い円周上の山形図像がそれぞれちょうど一八個配置されている。
ということは、この最も内側の円周上には、山形図像が一八個×四区画=七二個が等間隔で配置されていることになる。
そこで、全周三六〇度を七二個で割ると、一個当たり五度の値が出る。
このことは、一個の山形図像の頂点から次の山形図像の頂点の直前までの空間が五度の角度であることを示していることになる。
ここで、東西線の西側の山形図像から下に六個目の山形図像の位置は中央小丘からみて東西線に対して三〇度の角度となり、この三〇度の角度の位置にある六個目の山形図像は二十四節気の冬至点と重なる。
この東西線から下へ六個目の山形図像を冬至点とし、そこを起点として五度ごとに逆に上へ移動すると、それぞれの山形図像は二十四節気の冬至点、小寒点、大寒点、立春点、雨水点、啓蟄点にぴったり重なる。
そして、次の東西線上の山形図像は春分点と重なるが、そのまま五度ごとに上へ移動すると、それぞれの山形図像は春分点、清明点、穀雨点、立夏点、小満点、芒種点とぴったり重なる。
つまり、東西線から下に三〇度の角度の位置を起点として、ここから上へ五度ごとの山形図像移動して六〇度の位置まで進むと、この間の十二個の山形図像は二十四節気の冬至点から芒種点までの半年分の各節気とまったく完全に重なっているということである。

                                                      続く

21日本@名無史さん2018/12/28(金) 18:26:38.94
>>20
                     引き続き

そして、地平線上の実際の太陽の場合は、この半年分の六〇度の角度の位置まで移動したあとは、そこから反転して南側へもと来た道を戻って残りの半年分を移動することになる。
しかし、この銅鏡では山形図像はそのまま舞えへ進んでいるので、さらに五度ごとの山形図像を十二個分進むと、その後半の角度は六〇度となり、最初の六〇度と後半の六〇度を合わせると一二〇度となる。
この一二〇度の角度は、実際の太陽が反転せずにそのまま前進した場合の一年分の角度に当たる。
この後半の五度ごとの角度の図像は、二十四節気の夏至点、小暑点、大暑点、立秋点、処暑点、白露点、秋分点、寒露点、霜降点、立冬点、小雪点、大雪点と重なることになる。
この作業をさらに続けて行くと、円周上の山形図像は五度ごとの角度で全七二個の図像でもって全周することになるが、
この七二個の山形図像は三年分の二十四節気の各節気とぴつたり重なることになるもの。
(なお、五度の角度は日数に換算すると一五日に相当し、冬至点から一五日目が小寒点の直前日となる。
したがって、二十四節気一年分の日数は三六〇日となり、全周三年分では一〇八〇日となる)
このように、椿井大塚山古墳出土三角縁四神四獣鏡のこの平面図では、最も内側の円周上の七二個の山形図像は、二十四節気の三年分の各節気にぴったりと重なることが分かる。
これまでにみてきた銅鏡では、図像や小突起が中央小丘からそれぞれ一五度の角度の位置に配置されていたり、三〇度の角度の位置に配置されていたりして、全ての各節気に重なるものではなかったが、
この椿井大塚山古墳出土の銅鏡は、全周三年分の二十四節気のすべての各節気と重なる位置に山形図像が配置されていることが分かる。
五度の角度は二十四節気の各節気の単位角度であり、日数にすると一五日間の幅を示すものである。
この単位角度(日数)が図像によって表されていることは、この銅鏡が二十四節気の基本的な配置を示す極めて重要な鏡であることになる。

                       続く

22日本@名無史さん2018/12/28(金) 18:46:49.36
>>21
                    引き続き

つまり、この図像が二十四節気の各節気に対応しているものであるならば、一五日ごとの細かい節気を示す図像によって一年の季節の到来をあらかじめ確実に予定することができる暦カレンダーが為政者の手元にあったということなのである。
中国の季節と日本の季節は一致しないが、基本的な季節の順繰りは同じであるので、多少の調整が行われるだけだったと思われる。
また、大雑把に冬至点、立春点、春分点、立夏点、夏至点だけを示す図像を配置した銅鏡であっても、その冬至点と立春点の間を三等分すれば、その間の各節気には対応できるのであるから、
知識のある暦技術者にしてみれば、手元の銅鏡が大雑把な図像配置だけであってもまったく不都合ではないということになる。
いずれにしても、二十四節気の各節気すべてに対応する位置に図像が配置されているこの椿井大塚山古墳出土の三角縁四神四獣鏡の存在の意味は大きいといえる。

さて、このようにして、三年を1サイクルとする三年分の二十四節気暦が銅鏡の円周に配置されている可能性が極めて高い実例を示すことができた。
次から、この五度の角度を単位とする二十四節気暦を配置した銅鏡が祭祀に用いられた可能性が極めて高い実例をみて行くことにしよう。
第一番目は、纏向遺跡の大型建物群である。

23日本@名無史さん2018/12/28(金) 20:26:07.34
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

24日本@名無史さん2019/01/02(水) 15:41:20.90
画文帯神獣鏡や三角縁神獣鏡には、二十四節気暦の三年分のカレンダーが円周上に配置されている可能性が極めて高いことをみてきた。
その銅鏡の暦カレンダーが日本で実際に祭祀に用いられていた可能性は高く、その実例をこれから見て行くことにしたい。

まず、奈良県桜井市にある纏向遺跡の大型建物群と大規模墓域について。

大型建物群の平面図は、http://www.eonet.ne.jp/〜yamataikoku/4910.html の画面の上から2番目、「纏向遺跡の大型建物(箸墓の幾何学)デジタル邪馬台国」を参照してください。

この平面図にある通り、大型建物D、棟持柱建物C、建物B、建物Aの中心を結ぶと、その軸線は一直線に通っていて、建物をこの軸線の方向に向けて並べて建築したことが分かる。
しかし、この軸線の方向が何を意味しているものか、研究者の間でも意見がさまざまで、定説を得るには至っていないようだ。
これまでに分かっていることは、この軸線は真東と真西を結ぶ東西線に対して南に約5度傾いていることだ。(桜井市教育委員会は、その傾きについて、4度〜5度の約5度の角度だと明らかにしている)。
大型建物Dは、多人数が集まって何かを行う施設とみられ、建物Cは棟持柱が両端にあることから物を収納する用途の建物とみられている。
建物Bは楼型の見晴らし場のような建物とされる。

25日本@名無史さん2019/01/02(水) 16:20:49.98
>>24
操作ミス。
続いて、

建物Aは井戸に屋根掛けした建物とみられている。
これらからすると、建物Bに登って軸線の方向の何かを確認し、そして建物Cに収納された何かを大型建物Dから眺めながら何事かを行った、ということが想定される。
したがって、この建物の軸線が向っている方位は西方であり、大型建物Dの中心点を通る東西線に対して南に約5度の角度の方位だということになる。
この約5度の角度が何を意味するものか、これまで定説がないわけである。
しかし、画文帯神獣鏡や三角縁神獣鏡の図像などの配置が二十四節気の特定の節気の配置と重なることや、椿井大塚山古墳出土の三角縁四神四獣鏡では5度の角度の等間隔で山形図像が円周上に配置されていて、
これが三年分の二十四節気暦の各節気の配置にぴったり重なることをみてきたことからすると、
この大型建物群は大型建物Dの中心点を通る東西線に対して南へ5度の角度の方位に向けて建てられているので、
その方位が二十四節気の東西線上の真西に当たる春分点から南へ5度の角度の位置にくる啓蟄点の位置とぴったり重なることになるものであることは、容易に理解できる。
つまり、この建物群は大勢が集まる建物Dの中心点からみて、二十四節気の啓蟄点の方角に向けて建てられているとみなすことが可能だと言えるのだ。
この想定に従うと、二十四節気の冬至点から76日目の啓蟄の日の初日の日没の太陽に向けて何事かの祭事を行ったのが、この5度の角度の意味するところだと言うことができる。
では、その祭事とはどのようなことが推測できるのか。
引き続きみて行くことにしたい。

26日本@名無史さん2019/01/02(水) 16:27:57.72
魏志倭人伝を読んでも、倭人は方角に大雑把だったことがわかる。
南を東に読み替えて平気な畿内説がわずか5度にこだわるのは笑止千万だ。

27日本@名無史さん2019/01/02(水) 16:28:29.13
気になる材料を羅列してみると、


渡来系弥生人骨はコンピュータ形質解析で朝鮮人骨とは一致せず、オロチ、
ギリヤークなどの沿海州の北方民族にかなり近寄った数値を示す人骨。

弥生土器が始まったのは最古水田・菜畑遺跡より50年以上前の山陰あたりで、
その土器は同期する沿海州南部の土器と特徴が一致している。

最古水田はイネの粒種、耕作用農具、炊飯器から考えて、明らかに朝鮮南部の影響で
始まっているのに、その人々はなぜか朝鮮土器を一つも作っていない。


複合的に考えて、まず沿海州あたりから渡来人の渡来があり、渡来後に朝鮮南部から
稲作をパクってきただけのように考えざるを得ない。

28日本@名無史さん2019/01/03(木) 00:30:05.73
>>26
この5度(15日)は、古代中国人がこだわった季節の間隔。
倭人は、中国製銅鏡に配置されたその季節暦を中国人がそうしたように農耕技術として祭祀に用いただけ。
北部九州の卑弥呼は、その銅鏡をかざしてみせたかも知れない。
大雑把な倭人の末裔である考古学者は、その銅鏡に二十四節気暦の図像が鋳込まれていることにまったく気がついていない。
実に、倭人らしいといえる。

29日本@名無史さん2019/01/03(木) 11:18:06.10
日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

30日本@名無史さん2019/01/03(木) 12:18:06.81
>>28
まだ、はっきりしないが、同じ中国製銅鏡でも前漢鏡にはこの二十四節気暦の図像は配置されていないような印象だ。
とすると、二十四節気暦の図像が銅鏡に鋳込まれて暦カレンダーとして用いられるようになるのは後漢鏡からかも知れない。
いろいろな鏡に当たってみる必要がある。

31日本@名無史さん2019/01/04(金) 14:20:44.19
>>25
纏向遺跡の大型建物群が建物Dの中心点を東西に通る東西線に対して南へ約5度振った方角に向けて建てられており、
この南へ約5度の角度は二十四節気の啓蟄点と重なることはすでに述べた。
では、大型建物群が二十四節気の啓蟄点の方角に向けて建てられていることが確かだとみなした場合、どのようなことが言えるのか。
啓蟄は、大地が暖まり冬眠していた虫が春の訪れを感じ、穴から出てくる頃とされる。
現在の太陽暦では3月6日が啓蟄初日。
そして、農業では、この頃が耕作の準備を始める時期となっている。
これが、二十四節気の啓蟄の意味のようだ。
そうすると、纏向遺跡の大型建物群がこの啓蟄の初日と位置づけられた日の日没の方角に向けて建てられているということは、纏向の連合政権はこの日の日没の太陽を目印として、加盟国全体の農耕の準備始めの祭祀を行ったのだと解釈することができる。
稲作と畑作が国の基幹であったことを考えると、農耕の準備を始めることは極めて重要な事柄であり、
その準備を始める日を定めてつつがなく準備に入ることができることは国家事業の基盤に関わることであるから、安寧に準備が進むことを願って盛大に祀りが行われたということになる。
その祀りが開始される時刻は、おそらく、日没の太陽を確認した時であったのだろう。
太陽が地平線の向こうに沈むと夜の闇が訪れるが、日没の太陽の光を宿すのが建物Dの前に建てられている建物Cの役割であろう。
この建物Cは倉庫の建築構造だとされているので、日没の太陽の光を宿す目的の施設としては、要件を満たす。
建物Cの中では、日没の太陽の光の代替物として灯火が点されたかも知れない。
そして、翌日に太陽が東から昇るまで、静かに祭祀が続けられた可能性が考えられる。
                           
                         続く

32日本@名無史さん2019/01/04(金) 14:29:11.03
>>31
この祭事に際して、二十四節気の図像が鋳込まれた銅鏡が、極めて重要な祭器として扱われたことは、想像に難くない。
以上は、建物群の向きが二十四節気の啓蟄点に向っていると考えた場合の祭事のモデルの一つに過ぎないが、二十四節気の啓蟄と関連した祭事を想定した場合としては、かなりリアルなものではないだろうか。
もちろん、大型建物群では、この啓蟄の祭事が最大の国家的祀りであったと推測することができるが、その他にも節気ごとの重要な農業祭祀が行われたと想定することはごく自然なことである。

次に、纏向の連合政権の墓域の設定について、見てみることにしたい。

33日本@名無史さん2019/01/04(金) 18:31:16.00
長江下流域に龍が伝わったのは約5000年前。



「遼河文明」から伝播したと思われる、約5000年前の長江下流域・良渚(りょうしょ)遺跡の玉龍も、
角と耳がありイノシシの顔だ。

http://www.seibutsushi.net/blog/2012/01/1238.html


.

34日本@名無史さん2019/01/11(金) 16:05:44.10
纏向遺跡の大型建物群は、最も大きい建物Dの中心点を通る東西線に対して、この中心点からみて南へ約5度の角度の軸線上に並べて建てられており、この約5度の角度が二十四節気の啓蟄点にほぼ重なることをこれまでに見た。
纏向の祭祀では、この啓蟄初日の夕日に向って行う祭祀が連合政権の祭祀としては最大のものであった可能性が高い。
農耕の準備を始めるための祭祀であったと考えることができる。
そして、このことは、纏向の祭祀が二十四節気の銅鏡カレンダーに基づいて執り行われていた可能性を指摘することができる。

さて、次は、纏向に設定された墓域を見てみることにしよう。
インターネットサイトの「纏向学研究センター」トップページの最下段に掲載されている墓群をまず印刷して、墓群の位置が分かるようにする。
そして、例えばヤフーの検索で「ウェブ地図で緯度・経度を求める」と入力して、この地図によって地図上の地点の緯度・経度を知ることができるようにする。
この地図で、纏向遺跡の大型建物跡の(北緯34度32分46秒、東経135度50分25秒)の位置を定める。
具体的には、この地図上のjr巻向駅の西側にある鳥居のすぐ右側の田んぼのマークのやや右寄りがその祭祀跡である。

この大型建物群の位置を中心点として、ここから東西線を西へ延ばして行くと、その軸線上に纏向石塚古墳と纏向矢塚古墳の後円部が乗ることが分かる。
東西線は二十四節気の春分点と重なるので、石塚古墳と矢塚古墳は二十四節気の春分点の方角に向けて築造されていると想定することが可能である。
この東西線の軸線は二つの古墳の後円部の中心点を通っていないが、後円部上を通っているのは事実である。
そして、この二つの古墳のすぐ北にある纏向勝山古墳では、中心点から北へ10度の角度の軸線が後円部上を通っている。
この10度の角度は二十四節気の穀雨点と重なるので、勝山古墳は穀雨点に向けて築造されていると想定することが可能である。

                          続く

35日本@名無史さん2019/01/11(金) 16:18:12.28
                    引き続き

四つ目の東田大塚古墳は、東西線から南側に少し離れて造られている。
この東田大塚古墳の後円部を通るのは、中心点からみて東西線に対して南へ25度の角度の軸線である。
25度の角度は、二十四節気の小寒点と重なる。
東田大塚古墳は、二十四節気の小寒点に向けて造られているいると想定することが可能である。
これらの四つの古墳の後円部が、大型建物群の中心点からみて、いずれも二十四節気の春分点、穀雨点、小寒点の角度と重なる軸線上に乗っていることが分かる。
偶然とは考えにくい、と言える。
以上の古墳群を第一墓群と仮称することにする。

次は、箸墓古墳とホケノ山古墳をみてみることにする。

36日本@名無史さん2019/01/14(月) 14:34:58.35
>>35
纏向遺跡に造られた大墳墓の築造位置についてみているが、今回はホケノ山古墳と箸墓古墳の位置を見てみることにしたい。
大型建物群を中心点としてそこからホケノ山古墳をみると、大型建物群の中心点を通る南北線の真南線に対して東へ30度の角度の軸線にホケノ山古墳の後円部が乗っている。
この南北線に対して30度の角度は、銅鏡の最初の二十四節気の冬至点(大型建物群の中心点を通る西側の東西線から南へ30度の角度の位置)からみて、3年目の春分点と重なる。
ということは、ホケノ山古墳は二十四節気の春分点に向けて築造されている、と想定することが可能となる。
次に箸墓古墳をみると、大型建物群の中心点を通る南北線に対して東へ5度の角度の軸線に後円部が乗っている。
この5度の軸線は、ぴったり後円部の中心部を通っている。
そして、5度の角度は、二十四節気の芒種点と重なる。
ということは、箸墓古墳は二十四節気の芒種点に向けて築造されている、と想定することが可能となる。
大墳丘墓の後円部と二十四節気の特定の節気の関係については後に述べることにするが、箸墓を通る軸線の芒種点は6月6日頃に当たり、この芒種は芒(のぎ)のある穀物や稲、麦など穂の出る穀物の種をまく時期とされ、芒種点はその初日である。
箸墓の築造と二十四節気のこの芒種点が重なっていることは、箸墓の被葬者と稲などの種をまく時期を関連付けていると考えることを可能にしている。
このホケノ山古墳と箸墓古墳を第二墓群と仮称することにする。

37日本@名無史さん2019/01/14(月) 17:04:30.45
◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

新着レスの表示
レスを投稿する