遣隋使や遣唐使が日本、特に京都の歴史に与えた影響

1日本@名無史さん2019/01/10(木) 20:09:46.27
A氏:この問題で池上氏は、3月29日付東京新聞朝刊の「本音のコラム」での文芸評論家の斎藤美奈子氏の記事を引用しているね。

斎藤氏は次のように鋭く喝破している。



「日本のパンの元祖は、幕末の伊豆韮山の代官で兵学者でもあった江川太郎左衛門が兵糧として焼いたパンだったこと。
明治初期に木村屋が開発したあんパンは発酵に饅頭用の酒種を使ったこと。一方、和菓子は遣唐使が持ち帰った中国の菓子にルーツを持つこと。
和菓子の発展を促した茶の湯も、栄西が大陸から持ち帰った茶からはじまること。つまりどちらも郷土というより国際交流のたまもので、両者の間に差などない」

https://plaza.rakuten.co.jp/ryu32/diary/201703300000/

京料理のルーツも中国にあるんじゃないの?

2日本@名無史さん2019/01/10(木) 20:27:38.71
ポルトガル

3日本@名無史さん2019/01/11(金) 19:30:31.50
和菓子が中国の菓子をルーツって言っても
羊羹の元の物と日本の物とを比べると原型がほとんどなさそう

4日本@名無史さん2019/01/11(金) 23:54:07.57
>>1
タイトルと中身が一致してないぞ。

新着レスの表示
レスを投稿する