【権力の】伊藤博文・山縣有朋・井上馨【亡者】

1名無しさん@お腹いっぱい。2010/09/29(水) 01:14:30ID:1NkqNcjR0
明治政府を牛耳ったヤツらです

525名無しさん@お腹いっぱい。2016/01/06(水) 12:31:10.56ID:2R83UO0iO
伊藤博文公は
日本に近代議会を築いた功労者じゃないですか!

526名無しさん@お腹いっぱい。2016/01/06(水) 12:36:17.78ID:2R83UO0iO
元老てのは幕末の動乱を
生き抜いてきたサムライ政治家たちだろ。

最後の元老西園寺公が
いなくなってから
誰も軍官僚の暴走を
止められなくなったのは
事実。

江戸時代の侍教育を
見直すべきではないか。

527名無しさん@お腹いっぱい。2016/01/21(木) 00:24:07.06ID:DrTfl+sp0
……………………
大雪の都心に現れたドクタイエローの動画

https://www.youtube.com/watch?v=DPlkjhoYWXA
……………………

528名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/09(土) 08:03:32.82ID:Mzux2Xz00
>>526
西園寺も止められていない
山形が死んでから。

529名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/12(火) 01:12:38.62ID:vcW3ThNW0
井上馨の娘・千代子のマッマは誰なのさ!

530名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/12(火) 23:16:19.97ID:ktaOiRM2O
>>528
単純な身分制度のサムライだからではなく
使命感の強い「志士」だったんだよ
志に殉じた
元勲たちは真のラストサムライなのだ

まあ最後のほうはややあやしくなってくるが

531名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/15(金) 19:49:59.59ID:3Z3o4TCQ0
松陰は英才教育の犠牲者。馬車馬のように左右を見ず、
がむしゃらにつっこんだチンピラ。大昔の全共闘みたいな
ものさ。残党がまだいるね。
必死に受験勉強して東大さへえった。空しい。ちょっと騒いでやれ。
ややや教授も専門馬鹿だから政治っぽいもの、一見進歩っぽいもの
を持ち出し議論を吹っ掛ければ、答えられないさ。んなら大学解体
と大きく出てやれ。ややや教授連のなかにも我々におべっかいう奴
がいるぞ。おもしろい。世の中チョロイ。

532名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/22(金) 18:59:21.84ID:AVwnHkC50
>>530元勲たちは真のラストサムライなのだ

まちがいなく、元勲どもはうまく立ち回ったにせサムライなのだ

533名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/25(月) 00:38:32.31ID:ndP6dVU80
>>532
感情論乙
会津信者君が認めたくない気持ちはわかるけどね

534名無しさん@お腹いっぱい。2016/05/06(金) 02:27:07.47ID:v5jnmR5+0
山縣有朋に彼女を寝取られた

535名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/29(水) 21:44:18.59ID:BAzJtKEN0
伊藤の何が素晴らしいって高杉が功山寺で決起した際に河瀬と共に真っ先に駆けつけた点だな!
正に漢の中の漢だよ
流石初代総理大臣

山縣は慎重といえば聞こえがいいが、ただ単に日和ってただけのクソ野郎

536名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/11(月) 21:34:04.43ID:DRUbREdF0
伊藤博文っていいやつだったんだね。昨日知った。
暗殺された。きっと嫌なやつだったんだろう。くらいの安易なとらえ方してたんだが、全然違ってた。
俺と同程度の人間多いと思う。いかんなあ。

537名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/11(月) 22:59:31.39ID:keq5Tu6L0
>>536
凄く気さくなんだよな
金銭にも淡泊だし
散歩中に農民とかにも話しかけたりね

伊藤博文は頭がキレるのは勿論だが男気と人柄で位人臣を極めたのさ

538名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/12(火) 00:31:53.28ID:U35sic3Y0
しかし伊藤博文は、軍務以外で人を殺したことがある唯一の総理大臣だぜ(黒田の妻殺しは噂の域を出ない)。

539名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/12(火) 14:02:48.11ID:4CGuTj2Z0
【暗号文】皇族の暗号(仁和寺宮蝦夷開拓ニ付申立并職務任免ノ御達)★

1 :teda wakou@g .com:2016/07/12(火) 13:04:36.69 ID:HOEH6syn
皇族が残した明治維新に関連する暗号文。(公文書)
あなたには、この謎を解けるか!?

googleで下記を検索すると出てきます。

仁和寺宮蝦夷開拓ニ付申立并職務任免ノ御達 公文書
kimitujyouhou/koubunsyo

540名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/12(火) 14:17:07.55ID:L88ArKrm0
>>538
しかしそれも渋沢が言っただけやろ?
別に事実でも構わんけど

後は英国公使館焼討ち事件とかな

541名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/14(木) 00:13:31.55ID:7Az2egKv0
>>538
そら同郷の警察トップがモミ消したからな

542名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/14(木) 08:01:05.89ID:+YaxznQa0
警察は薩摩じゃ……って黒田の話か

543名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/14(木) 14:16:14.64ID:hXyCq5E20
伊藤博文のは加藤甲次郎暗殺テロだろ。

544名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/15(金) 09:30:03.38ID:Ba+rYQh30
>>535
洞ヶ峠決め込むわ維新早々汚職するわ(山城屋事件)で山県はカス野郎だな

545名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/15(金) 13:15:32.54ID:BJapXrp/0
>>538
でも伊藤って戦にはあまり参加してないんだよな
どちらかというと戦が苦手なのかな
長州が巻き起こした禁門から下関戦争までの戦乱には不参加で
戊辰戦争時も兵庫県知事やってたし

でも高杉決起にいの一番に駆けつけたのが
戦争畑を歩んできた山県と違うところ

546名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/16(土) 23:05:38.10ID:YsKXJiWE0
いやまぁ山県は日清戦争では現地に赴いたがクソだったから帰国させられてんじゃん
日露戦争でも満洲軍総司令官になりたがったが児玉に嫌がられてるしよ

対する伊藤は日露開戦には飽くまで反対だがロシア軍が日本列島に攻め込んできた場合は一兵卒として最前線で戦うと明治天皇に奏上して漢気発揮してるからな

役者が違うんだよそもそも

547名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/17(金) 19:33:04.97ID:DP+iloRt0
山県にとって戦争は「出世の手段だから、リスクは負いたくない」

伊藤にとって戦争は
「できるだけ避けなければいけない最終手段、しかしやる時は命を懸けてやる」

548名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/19(日) 11:30:08.93ID:2FN3TH780
山縣について色々言われてるけど
昭和の軍事官僚とは天と地との差だぞ

549名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/19(日) 11:33:43.05ID:OfypECeV0
伊藤博文、大隈重信、大久保利通、山縣有朋、井上馨ら幕末から明治維新にかけての日本の政治家は「琉球人は日本人ではない」と言っておきながら、
1871年に宮古島の島民が乗った漁船が台湾に漂着して台湾の先住民族である蛮族に54人が殺害された事件の報復措置として1874年に台湾出兵を決行している。
そのときの明治政府の主張は「琉球人は日本人」。
明治政府が琉球人を日本人と主張して台湾出兵を決行したのは、当時、日本の領土ではなかった琉球を奪い、領土を拡大するという国家としての野望があったからで、
そのため琉球の人々を「日本人」としなければ台湾に対する報復措置の名目が立たなかったのである。
日本の明治政府は政治的な理由で、あるいは都合が良いときだけ「琉球人は日本人」と言って外国に対して嘘をついていた。

550名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/19(日) 17:49:11.46ID:cWj7Y0uG0
この三人を同列に評価するのは無理がある
大久保、木戸が飛車角なら伊藤は金
山県、井上はせいぜい歩

551名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/19(日) 18:21:35.84ID:OfypECeV0
安倍晋三首相はよく「日本を取り戻す」と言うが、安倍首相が言う「日本」には沖縄が入っていないことがよく分かる。
そのことは以下の事実が証明している。

2013年4月の国会答弁で安倍首相は「サンフランシスコ講和条約が発効された1952年4月28日は日本が完全に主権を回復し独立を果たした日。4月28日には主権回復を祝う式典を開催する」と語った。
そのサンフランシスコ講和条約が発効された1952年4月28日に沖縄は主権を回復していないのに、安倍首相ははっきりと「1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効で日本は完全に主権を回復した」と語っている。
安倍首相の答弁が正しいなら沖縄は日本ではないということになる。

552名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/21(火) 21:47:10.05ID:LfoDqlMK0
>>551
頭の狂ったシナチョンパヨクは、
「米国の独立記念日の1774年7月4日の時点で、13州の国だったのだから
今の50州はおかしい。37州は米国の領土ではない」と言ってるのと同じだなwwww

553名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/21(火) 23:35:21.15ID:9ZmTH25v0
「日本人の境界」(新曜社刊)
http://www.shin-yo-s...ks/4-7885-0648-3.htm

第1章 琉球処分―「日本人」への編入
「国内に人類」への統合と排除/外国人顧問の提言/「日本人」としての琉球人/歴史をめぐる争い

第2章 沖縄教育と「日本人」化―同化教育の論理
旧慣維持と忠誠心育成/「文明化」と「日本化」/歴史観の改造

第12章 沖縄ナショナリズムの創造―伊波晋猷と沖縄学
沖縄にとっての同化/二重のマイノリティ/防壁としての同祖論/沖縄ナショナリズムと同祖/排除と同化の連鎖/啓蒙知識人として

第18章 境界上の島々―「外国」になった沖縄
「少数民族」としての沖縄人/「琉球総督府」の誕生/「アメリカ人」からの排除/「日本人」であって「日本人」でない存在


皇民化政策のもと、日本人ではない沖縄人を無理やり日本人になるように強制したり、
逆に「沖縄人」というだけで差別をしてきた日本の明治政府の醜さを余すところなく紹介した秀逸本が「日本人の境界」。

554名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/22(水) 01:18:30.70ID:iycO1KEc0
>>553
>日本人ではない沖縄人を

沖縄の言葉は日本語の方言で、文法も全く同じで
沖縄県民が日本語の標準語を覚えるのは、ごく簡単
沖縄県民にとってシナ語は完全に外国語で、習得するのに数年掛かる。

沖縄文化は、柳田国男によって東北地方との文化の類似性が
明確に記されているように、日本の古い伝統的な文化や伝統が、
沖縄や東北など、辺境の地でよく残っている。

言語も文化も同じなのだから、完全に同一民族
別民族だとウソつきのシナチョンパヨクに洗脳されて、騙されているだけ。

日本の皇室は海族で、黒潮に乗って、華南から台湾・沖縄・日向・土佐・熊野
とやって来たのだから、むしろ日本の源流が沖縄

555名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/22(水) 01:51:50.49ID:VkQJIXgh0
「佐藤優 分析 安倍首相が沖縄知事と会わない理由 琉球王国外交文書が里帰りが意味するもの」
https://www.youtube..../watch?v=Mt5M97M1_m8

この動画の6分30秒のところで佐藤優氏が「私の父親は日本人で、母親は沖縄人」と語っている。
日本人の父と沖縄人の母を持つ佐藤優氏のアイデンティティーへのこだわりがよく伝わってきて実に興味深い。

556名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/22(水) 14:15:11.54ID:unVKlVv80
>>555
>母親は沖縄人

日本の習慣として地域性の強い所は「人」を付ける。
「関西人」「東北人」「長州人」「信州人」「会津人」「南部人」など

「関東人」「四国人」「山陰人」「北陸人」とは言わない


>沖縄人の母を持つ佐藤優氏のアイデンティティーへの

シナチョンパヨクが懸命に「日本人とは別人種だ」とウソを言っているだけで
言語も文化も同じ同一民族。沖縄文化は巫女やうたきなど、東北文化と極めて
類似性が高い事は、柳田国男が指摘している。移り変わりの激しい中央では
はるか昔に廃れてしまった日本古来の文化が、東北や沖縄のような辺境では
むしろ残っている。

557名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/23(木) 19:28:18.12ID:TKpqPMNx0
土木作業員として伊藤博文の家に出入りしていた田村半助の長女喜勢子が伊藤の妾にされた。
26年、その喜勢子が病死する。
だが間もなく伊藤は田村の次女を手に入れた。
30年、その次女つね子も病死する。
だが間もなく伊藤は田村の三女の雪子を手に入れた。

殺してるー
小泉みたいな朝鮮人だ

558名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 01:22:39.67ID:I5CGQgxA0
伊藤と山縣は田中角栄と中曽根みたいな感じかな

559名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/30(木) 10:03:35.18ID:ErKXcvYD0
井上馨は木戸孝允の子分だったのに
いつのまにか大久保利通の子分になって
最終的には伊藤博文と山縣有朋の長州2大派閥の調整役になっている
経済面でも渋沢栄一を腹心とし三井、鴻池、藤田(久原鮎川)、大倉、古河といった三菱以外の財閥を牽引して
日本の産業近代化と経済統制に成功している

人気はないが掘り下げると相当味のある人物だな

560名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/31(金) 07:50:25.59ID:b7p6oRrG0
バリバリの上士出身なのに、親友が農民出身の伊藤だったり
ガチガチの攘夷派だったのが、英国留学で開国派に転向して
攘夷派に殺されかかったりと、人生波乱万丈すぎ

561名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/31(金) 08:55:51.52ID:UiPgh1AP0
井上馨はヘンな人だよなぁ
変な意味、汚職もダイナミックだしw
あらゆる分野で逸話があるし

お金の話で特に、らしいなーって思ったのが
志士時代、活動資金がなくなって困ってる高杉に頼まれて
わずかな日にちでお金を工面してくるんだけど
そのお金は井上が高杉のオトンに借りてきたもで
それを知らずに喜ぶ高杉っていうオチ

562名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/15(土) 22:06:18.61ID:W6Llu4c40
この三人には血を引いた子孫が健在なのに木戸には子孫が全くいないという皮肉

563名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/26(水) 17:10:06.17ID:x0fwzUdZ0
伊藤は実の息子がいるのに、実際に家を継いだのは
養子の井上馨の息子
愛人の子供だからっていうのもあるけど
伊藤の家で育てなかったり(ちなみによそで産ませた娘とは同居)
井上には気を遣ってる

上にも書いてる人がいるけど、身分が違うのに
伊藤と井上って終生の本当に信頼できる親友なんだな
普通は政府の高官とか偉くなると意見が合わなくなったりするのに
(西郷と大久保とか)、議論はしても政治的な意見はずっと一致してるんだよね

564名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/26(水) 17:22:36.97ID:x0fwzUdZ0
どうも勘違いしてたらしい
井上にも木戸と同じく息子がいないみたいだ
伊藤の養嗣子になったのは井上の甥だったので訂正しておく

565名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/26(水) 22:38:19.67ID:F1hVJ+rl0
井上は娘のみ
伊藤は両方いる
木戸は娘がいたが早世した

山縣は子供の殆どが夭逝という皮肉

実の子孫が現代まで残っているのが伊藤山縣井上

566名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/27(木) 14:58:09.70ID:K4N9Agcn0
1950年トヨタ自動車が経営危機に陥った時の対応

結束の住友(大阪銀行名古屋支店長・小川邦彦)
「機屋(豊田自動織機)に貸せても、鍛冶屋(トヨタ自動車)には貸せない」

組織の三菱(三菱銀行)
「中日本重工業と競合しているので潰れてしまえ」

人の三井(帝国銀行取締役・三井高長)
「販売強化のために販売会社を分離するなら緊急融資に応じよう」

567名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/06(土) 02:46:49.42ID:/GdaqaPt0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

568名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/04(金) 23:57:43.07ID:zdnZo/vV0
通名コリアン

通名コリアン

通名コリアン

569名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/10(日) 09:17:17.57ID:KPrqJ1xw0
明治14年の政変で大隈に勝てた勝因はなんだったのだろう?

570名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 00:04:11.66ID:Vj9huttf0
興味有る

571名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 10:37:48.07ID:1GQXD2Mj0
>>569

やはり藩閥パワー?

572名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 13:39:46.71ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

TRCQF

573名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 06:13:50.10ID:hEJOg9qz0
井上馨の娘の母親って誰なのさ
ググっても出てこない

574名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 06:44:58.74ID:gdb0+5CO0
>>573

井上千代子さんの母は不明らしいな。

575名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/02(金) 02:42:09.13ID:p29ZvBPZ0
井上馨は公式の子以外にも子がいたんでせうね

新着レスの表示
レスを投稿する