大鳥圭介って過小評価されてるよね?

1名無しさん@お腹いっぱい。2010/11/27(土) 00:52:15ID:iEsIi4360
落ちたので

49名無しさん@お腹いっぱい。2011/05/30(月) 08:11:58.85ID:eqZT4zrP0
常敗無勝。戊辰戦争では指揮により人を遣わすと勝つが、自身が戦うと連戦連敗。
しかし、「またも負けたか」と笑い飛ばし、人望があって五稜郭まで戦い抜いた。

50名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/02(木) 23:05:18.57ID:OF7nZISR0
>>49
少なくとも、小山、武井村、藤原、峠下、木古内、七重村とそれぞれ勝っているが。
常敗無勝や連戦敗が大嘘であることは、記録を見ればすぐに分かる。

51名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/05(日) 18:50:22.23ID:tKOISHEKO
大鳥と薩摩藩の関係性が気になる
薩摩藩とはどの程度の関わりがあったのか
同時期に蘭書の翻訳、化学的研究・開発に携わっていた人物との関係性を知りたい

52名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/12(日) 17:21:44.94ID:Z/nySGiI0
適塾に居たんだから当然薩摩の蘭学者とのつきあいはあっただろうな。

53名無しさん@お腹いっぱい。2011/07/08(金) 21:59:54.27ID:PSpPPWCK0
大鳥圭介
幕府歩兵奉行、連戦連敗の勝者
星亮一 著

大鳥圭介は稀有な幕臣である。播磨に生まれ、蘭学を学び、幕府歩兵奉行として陸軍の指揮を任されるに至る。
戊辰戦争では連戦連敗するが、「またも負けたか」と笑い飛ばし、五稜郭まで戦い抜いた。
二年にわたって牢に繋がれたのちは工部大学校校長や清国公使などを歴任、富国強兵策を実行した。
「最初からよい地位に恵まれることなどない」「屈するは後に大いに伸びる基」と言い、不撓の精神で逆境を乗り越えた人物の生涯。
http://www.chuko.co.jp/shinsho/2011/04/102108.html

54名無しさん@お腹いっぱい。2011/07/09(土) 13:14:53.93ID:faDpJI720
星亮一ってのがネックだなw

55名無しさん@お腹いっぱい。2011/07/09(土) 22:36:26.29ID:0R9EXYFkO
☆さんなので読む気すらおこらないw
大鳥圭介伝が優れもの過ぎる。
それ以外にオススメがあれば教えて下さい

56名無しさん@お腹いっぱい。2011/07/26(火) 20:00:16.29ID:UGOV0ild0
星亮一、期待した以上のテキトーな本だった。
いつもの会津関係の記述に
とりあえず、没後百年だし大鳥書いとけ、程度の。

57名無しさん@お腹いっぱい。2011/08/17(水) 05:33:22.58ID:653kW4H1O
>>48
漫画ならとある大鳥のサイトにうPされてます
伝承の類を引用しすぎかと
漫画としては充分おもしろい

58名無しさん@お腹いっぱい。2011/08/17(水) 06:05:16.11ID:+6lCl87w0
★亮一

 過去の著作で、大鳥をさんざん「所詮会津藩士ではないから、会津をあっさり見捨てた」とさんざんボロカスにしていた。
その著者が、大鳥を評価しまくった本でしょw。
相変わらず、評価の基準が定まらない人。
似たような扱いの勝海舟w。著作ではボロッカスに書いているのに、講演とかだとベタ褒めする★w。

59名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/05(月) 19:47:22.77ID:o1GhPpO+0

60名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/06(火) 09:46:58.41ID:BVd25GiaO
いつもdat落ち寸前でageてくれる人ありがとうww

遅ればせながら件の☆本読んでみた。
以下感想。
☆さんよりもその辺の資料読む歴女の方がマトモ。
胡麻擂りでズル賢いとか、何の資料みたんだよ老害。
間違った解釈で落として、特筆しなくて良いところで無理矢理あげてるから訳が分からない本に仕上がってる。
あと会津関連に頁割きすぎ。

やはり読む必要のない本でした。


私としては維新より前の大鳥に惹かれるので、その辺誰か詳しく書いてくれないかなぁ。
大鳥と言えば講武所〜脱走軍>>>>明治以降>>>>>>>>>>>>>>維新以前だから難しいか。

61名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/06(火) 18:48:44.61ID:NEsKxwbH0
>>60
大鳥サイトのブログで坪井塾について詳しくあげられていたよ
大鳥ファンはしっかり調べている人多いね

62名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/07(水) 01:28:56.73ID:rBDtl6U3O
大鳥を主人公にしたアニメってソフト化予定は無いのかなあ
これ見るだけの為に地元のケーブルTV契約しなおすのはしんどいが、一度見てみたい

63名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/28(水) 14:21:36.96ID:fgWXyPq+0
大鳥の連戦連敗だとか土方との対立説なんて誰が言い出したんかね。
野口武彦あたりも「幕府歩兵隊」で土方と比べて大鳥をくさしてる
だったら大村の大鳥評は何だっつの。母成峠の件も会津藩首脳がのんびりしてたのが大きい
結局外人部隊は最後は悪評押し付けられるんだよ

函館戦争に興味があるけど、大鳥に関しては特に対朝鮮・清外交での外交官としての活躍も見逃せないところ
榎本は比較的穏健無難な解決を望む傾向があったが、大鳥は仕掛ける所では仕掛けるタイプだった

64名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/05(水) 10:39:00.59ID:H9Vjb4ZyO
>>61
ありしゃす
色々みてみたんだけど、上でもあげたんだけど薩摩の学者との関わりを知りたくて
本人が残していない以上わからないよね
大鳥以外から攻めていくことにしますw

>>63
個人的にはやっぱり司馬大先生()が問題かなーと。
燃えよ剣での書かれ方が余りにひどいと聞いた
だから読んでないけどw


あと地元も最近まで赤穂浪士のひとりを推してて大鳥なんか空気扱いだったみたいだし、それに関しては元が医者の息子って言うのがネックなのかと思ってる。
政治家の地盤じゃないけど、元々が武士の家系ってどんなに落ちぶれても過去の栄光を語り継ぐような所があると思う。

でも、大鳥はそんなの気にしなそうだなーw

65名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/09(日) 10:02:31.30ID:f5+PAwJJ0
大鳥は成彬公に乞われ
藩士たちに英語や砲学を講義している
だから西郷とは交流はあったと思われる
江川太郎左衛門の塾で塾頭だった時の教え子が
黒田 大山

66名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/11(火) 01:48:56.09ID:42643FAM0
貧乏書生の頃に、薩摩藩邸に拾われて翻訳バイト開始、
それから薩摩藩のために台場の設計したり、蒸気船の模型作ったり、
写真の撮り方を教えたり。
名前が売れてきたのは江川塾の講師のころからだが。
その前の無名の頃から薩摩との関わりは深かった。
後ろ盾もコネも全くない平民が、才覚だけで伸し上がったのは凄い。

67名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/11(火) 14:52:28.56ID:Pxr5P1bP0
歴史的な漫才師だからな

68名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/11(火) 17:17:30.22ID:iHmc1uTD0
幕藩システムってのはどうしようもない身分制だけど
そういう才人を丁寧に拾っていく枠組みみたいなのがあったんかね。

69名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/11(火) 17:56:49.20ID:0sjMymb30
学者はあんまり身分関係ない。

70名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/11(火) 21:34:05.60ID:hmg71HTiO
うんうん、私は坪井塾に移ったのが転機だと思ってる。
元々知り合いだった何とか(名前失念)の親が薩摩藩邸の留守居役で、その縁で研究・翻訳を重ねていたようだけど、斉彬との御目見得はなかった。
坪井のその後を見れば、坪井の後押しがあって当然かと思うんだけど、まだ坪井サイドを調べてないw


英語を教えてたって資料もみたことないな。
斉彬の死後ならあるけど。
薩摩にはジョン万もいたし、大鳥自身はジョン万から習った英語では満足できてなかったようだし…

例えば同時期にガス灯を発明した人等との繋がりはあったのか知りたい。
大鳥側からは確認できなかったよ〜

71名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/24(月) 01:05:45.73ID:aG456rKQ0
>>70
ガス灯の発明者マードックは1754-1839没、没年で大鳥6〜7歳。
まず繋がりは無いかと思われる。
大鳥は、米国の炭田か油田由来のガス灯の描写を石炭編か石油編で行っていたから、
その二つを見れば何かわかるのでは。

薩摩については、大鳥が設計に関与した品川台場を阿部伊勢守に案内した際、
大鳥は斉彬候と顔合わせはしている。

72名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/24(月) 10:13:04.63ID:hQH/8iXHO
あげ
>>71
おおすまん
書き方が悪かったです。
マードックでなく、八木玄悦です。
他にも集成館事業に携わっていた人達、と書けばよかった。
ごめんなさい

石炭編、石油編漁ってみます〜
ありがとう

でもでも、お目見得と顔合わせは違うと思う。
その台場建設の説明の時も、終わってから阿部・斉彬らは会食を楽しんだけど大鳥は呼ばれてない。
その後の繋がりも全く確認できてない。
写真の件も間に人が入っているし、御目見得がない以上、斉彬に乞われてっていうのは成り立たないと思う。
揚げ足を取りたいわけではないんだけど、斉彬から何らかの力が加わると全く違ってくると思うから。
しつこくてすみません。

73名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/24(月) 13:01:18.22ID:l9O9kJDY0
京唄子とどっちが過小評価?

74名無しさん@お腹いっぱい。2011/10/24(月) 19:35:31.88ID:hQH/8iXHO
>>73
IDすげぇww
伊藤と荒井のなくなった年だねww
縁があるねww

75名無しさん@お腹いっぱい。2011/11/07(月) 16:13:39.64ID:b82k+EvN0
荒井って海軍→陸軍伝習所→海軍と両刀なんだな。
さすがの大鳥も榎本が逝去した時は「これで荒井と俺しか函館以来の奴はいなくなった」
と言ったみたいだから、荒井の翌年の逝去はショックだっただろうね。

幕臣はとにかく数が多いんで…幕臣が網羅できるような研究書ないかな…

76名無しさん@お腹いっぱい。2011/11/08(火) 23:14:51.50ID:Mqq40llm0
>>75
榎本死没時の大鳥の懐旧談は涙を誘うね。

樋口武彦氏の著作が、さまざまな人物の調査が深くお勧め。
明治の文章が苦にならないなら、「旧幕府」「同方会誌」あたりを。

77名無しさん@お腹いっぱい。2011/11/10(木) 19:12:22.84ID:4HEKuqfy0
大鳥は適塾の優秀な先輩の大村益次郎を尊敬していた
2年半投獄されている時に大村の暗殺を知り
この事態は個人の悲しみとともにこれはまさに国家にとって大損失と語って号泣した

榎本は伊藤の暗殺を知らずに亡くなったのはよかったような
榎本が亡くなったのは伊藤が暗殺される前年のこと…
伊藤の暗殺は誰もが唖然としたわけで…
井上馨は高杉と伊藤に先立たれ号泣した

78名無しさん@お腹いっぱい。2011/11/10(木) 23:06:56.72ID:DQP1e74jO
>>77
大村も、大鳥は役に立つから助命してくれ、と減刑するよう働きかけたらしいね。
榎本と伊藤の命日が同じ日なのは知らなかったわ

79名無しさん@お腹いっぱい。2011/12/07(水) 23:22:14.94ID:1bnGoGjE0
大鳥よりも荒井郁之助の方が優秀。

80名無しさん@お腹いっぱい。2011/12/10(土) 04:44:08.58ID:g/IKYogn0
>>79
お互い得意分野が違うのだから、比べるのは無粋だと思うが。

81名無しさん@お腹いっぱい。2012/01/12(木) 22:20:18.39ID:2/I8zpMA0
荒井郁之助は大鳥、榎本、勝海舟らが長く明治政府にいるよう説得したけど
駄目だったみたいだね
函館戦争で戦って降参して牢獄した後政府に出仕して
長く活躍したのは榎本 大鳥 沢太郎左衛門の3人

星亮一さんが大鳥の書籍を去年刊行している
政府に出仕して渡米後伊藤と意気投合して才能を認められ
工業の技術者としてトップに任命したのが伊藤(薩長閥の枠を超えて)
榎本がすごい出世で元の幕臣たちもみんな驚いてていたとか…


82名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/12(日) 12:13:28.13ID:CrTqL3j10
age
>>81
☆本は・・・・
大鳥に限っては薩長閥とか関係ない気がしますが。

83名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/14(火) 23:04:59.42ID:H2YDXjSp0
>>73

京唄子のほうが格上

84名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/19(木) 14:42:28.11ID:4HFaERY20
大鳥は天才

85名無しさん@お腹いっぱい。2013/01/14(月) 19:22:24.64ID:XbtUqrmI0
よっ幕軍の大村!

86名無しさん@お腹いっぱい。2013/01/15(火) 11:49:32.20ID:Th91ZXaZ0
ポテチン

87名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/03(金) 19:25:51.50ID:fZ51pxFR0
大河ドラマ級だよな?

松陰の妹(久坂の嫁)で松下村塾やるなら

適塾の戦前戦後の群像劇をやった方が面白くね?

88名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/08(火) 19:34:35.07ID:1qNWmF9o0
三谷さんが適塾のメンバーのい生涯を大河で製作したいらしいけど
生き残った人が大鳥と福沢だけなので 地味すぎて大河化は難しいかもしれない

大鳥は学者さんなので
幕府軍の大将なので 特に薩摩の西郷 黒田 大山 野津らはびっくり仰天だった
大鳥先生は戦をする人ではないので早く降参してくれとずっと説得 交渉していた
函館戦争で徹底抗戦せず榎本らを降参させたのは大鳥の功績…

明治政府に出仕後は 本来の学者さんで西郷 黒田 井上薫も安堵したらしい
実際は敵方のトップの榎本だけ最初はみんな警戒していたけどすごく優秀な人なので
明治政府の中心人物になった

89名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/07(日) 20:40:07.94ID:yw0zC+jN0
保守

90名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/07(日) 21:55:47.46ID:u7xas0ic0
>>88
その際はやっぱり吹越でやってほしいな

91名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/09(火) 19:05:51.58ID:nJlv/hik0
>>90
まだ、新撰組!を引きずっていますか。

92名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/06(月) 17:49:24.12ID:UKdXQKmM0
保守

93名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/07(火) 13:33:07.24ID:XPdQmn/40
>>88
三谷って佐幕派だよな
倒幕派は嫌いっぽい
でも三谷が書いたら面白くなりそうなのは絶対長州藩だと思う
あのドタバタはある意味喜劇だから

94名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/26(土) 03:38:28.37ID:9InH2f9h0
最近の日本史近代史板は会津・南京・慰安婦ばかり
もううんざり

95名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 12:16:39.32ID:TuLSvYDK0
http://www.sankei.com/west/news/170407/wst1704070033-n1.html

【訃報】
京唄子さん死去、89歳 漫才コンビ「唄子・啓助」女優や司会者でも活躍

漫才コンビ「唄子・啓助」で一世を風靡し、女優や司会者としても幅広く活躍した京唄子(きょう・うたこ、本名・鵜島ウタ子=うじま・うたこ)さんが、6日、肺炎のため大阪市内の病院で死去した。89歳。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長女、節子(せつこ)さん。
 京都市出身。簡易保険局で働いていたが、戦後「京町歌子」の芸名で舞台女優に転身。同じ劇団に所属していた鳳啓助と結婚。芸名を「京唄子」に改め、漫才コンビ「唄子・啓助」を結成。男勝りの唄子の突っ込みを、啓助がけむにまく芸風で人気となる。
昭和40(1965)年に離婚したが、コンビでの活動は継続。44年に始まったテレビのトーク番組「唄子・啓助のおもろい夫婦」は60(1985)年まで続く名物番組となった。
 一方で、昭和45(1970)年に「唄啓劇団」を立ち上げると、活動の中心は漫才から舞台へ。62年の解散後も「京唄子劇団」を主宰。テレビでも人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のレギュラーを長年務めた。
 昭和42年に上方漫才大賞奨励賞。著書に「花も嵐も踏みこえて」などがある。

96名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/06(土) 11:56:44.91ID:/GdaqaPt0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

97名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 11:53:18.40ID:JjFJe6jt0
この人の過小評価はほとんど司馬遼太郎のせい
人物像や性格が、「燃えよ剣」と史実では全く逆なんだもん

98名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 14:49:45.13ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

XII3J

99名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/13(金) 05:38:56.90ID:pegqJS3X0
いろいろと役に立つ嘘みたいに金の生る木を作れる方法
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

J1Q

新着レスの表示
レスを投稿する