WW2のドイツと日本はどちらが強い?【中国の反応】 [転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/25(日) 05:31:50.00ID:oPTQJOYD0
( `ハ´)「解放軍はアメリカ連合軍に勝てたのに、なぜ国軍は日本軍に勝てなかったのか」 【中国の反応】
http://asiareaction.blog.fc2.com/blog-entry-1681.html
海外「中国って日本に勝ったっけ?」 中国が抗日戦争勝利記念の式典を開催
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1289.html
「第二次世界大戦時のドイツと日本はどちらが強かったアルか?」 【中国の反応】
http://asiareaction.blog.fc2.com/blog-entry-1685.html

>17.とある中国人
>ドイツの相手であるイギリス、フランス、ソ連、みんな強国のなかの強国だった。
>すべて工業化国家だった。

ドイツのメルケル首相は、演説の中でドイツのポーランド侵攻はヨーロッパや世界
に多大な危害を加えたと謝罪し、
http://www.forumpoland.org/db/okano09.pdf

>日本の相手である中国、朝鮮、フィリピン、東南アジアは農業国家だから、比べものにならない。

1942年春、アメリカのルーズベルト大統領は子息に向かい、中国がなければ、中国が壊滅させられていたら、
日本はどれだけの兵力を他の地域の作戦に投入していたか。彼らはオーストラリア、インドを手中にし、
中東まで攻め入ってドイツと共同作戦を張って、大規模な軍事行動に出ただろう。中近東で合流して、
ソ連を孤立させ、エジプトを併呑して、地中海の一切の交通ルートを絶ったに違いないと語っている。
http://www.rmhb.com.cn/chpic/htdocs/rmhb/japan/200508/2-1.htm

>もし狂ってアメリカを潰そうとしなかったら、あんなに早く負けなかっただろうね。

 戦勝国の地位に対する不敬。中国の抗戦は、辛く苦しいものだった。中国は反ファシズムの東洋の主戦場で、
日本軍国主義と決戦を繰り広げた。中国は一部の重要な国際会議に出席し、国連創設に参与したが、
西側の一部の国は中国の戦勝国としての地位を尊重しなかった。戦後の日本の領土範囲の処理、
東京裁判、サンフランシスコ平和条約の締結などの重大な件は、すべて米国が独自に主導した。同盟国の戦時中、
終戦当初の共通認識は米国に放棄された。「冷戦」は世界の反ファシズム戦争の勝利の成果を奪い取った。
西側の一部の歴史学者は第二次世界大戦について記述する際に、米国とソ連の力を一方的に強調し、
米国の原爆投下、ソ連の出兵が日本を打ち負かしたとする説まで浮上した。
日本の右翼勢力は、中国の長期的な抗戦によって敗北したなど最初から考えていない。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/03/content_33418762_2.htm

>ドイツと比較することはドイツを侮辱することだ。

同じく敗戦国のドイツについては、シュレーダー前首相は「歴史を変えてはならないが、
私たちの最も恥ずべき1ページから多くのことを学べる」と話した。日本もドイツのように、
痛みを教訓とし、戦争問題を徹底的に反省、清算できるとよい。そうすることが、
アジア太平洋にとって望ましく、日本にとっても望ましい。(中国戦略文化促進会常務副会長・秘書長 羅援)
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-08/17/content_29746211_2.htm

 一九三六年四月八日、顧振を団長とする中国国民政府訪独団と、経済大臣兼国立銀行総裁
シャハト(Hjalmar Schacht)との間で、一億ライヒスマルクにおよぶ借款供与を内容とする
中独条約(別称HAPRO条約)が調印された。
http://www.seijo-law.jp/pdf_slr/SLR-079-045.pdf

 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係の維持は不可能となり、
ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、あらたな軍事的パートナーを必要とするにいた
ったのである。この面でドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が存在した。なぜなら、
両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防経済は、ロシアとの関係悪化後、
技術刷新の継続のためにも、また付加的な輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、
中国側は、ドイツからの工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。
<ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著 >

2名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/25(日) 05:34:55.63ID:oPTQJOYD0
日本を(フィリッピン等占領された)これら地域から排除することは簡単な仕事では無かった。
大日本帝国の兵士達の降伏率は大戦を通じて驚くほど低く1〜3%だった。しかも
そのうち自発的なものはその3分の1だ(残りは自殺できないほど負傷した者)。
その結果太平洋戦線での米国兵の損耗率は欧州戦線と比較して3.5倍に達した。
Removing Japan from these lands - which fell primarily to the United States- proved
no easy task. Imperial Japanese soldiers surrendered at appallingly low rates.
According to some sources, only one to three percent of Japanese forces surrendered
throughout the war, and only one third of these troops actually wanted to surrender
(the rest were too sick or wounded to commit suicide or continue fighting.)
As a result, most estimates suggest that America’s casualty rate in the Pacific
theater was about three and a half times larger than in Europe.

The 5 Most Precarious U.S. Allies of All Time
米にとって最も危険だった同盟国   ナショナルインテレスト誌 2015/01/21
http://nationalinterest.org/feature/the-5-most-precarious-us-allies-all-time-12075

3名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/07(土) 18:35:34.18ID:19cLPAqr0
軍事力ではドイツがはるかに上だろう。日本はまだ新興国だった。
ただ日本はけっして降伏しない精神構造だったので、そういう意味では手強い相手だったろう。
ベトナム戦争でも軍事的に圧倒的優位だった米軍もベトコンゲリラには悩まされ、結局米軍は撤退したしな。

4名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/11(水) 14:00:04.68ID:PPpDpaqr0
相手にしてた兵力考えれば論ずるまでもない

5名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/16(月) 04:04:24.26ID:cqu8ORfZ0
そもそもナチスドイツの技術は当時世界一だぞ。
アメリカはA級戦犯のドイツの科学者を経歴を偽造してアメリカの科学者として
働かせた。それも超大金を使って。
アメリカでさえドイツの技術には歯が立たなかった。だから物量差でそれを
ねじ伏せた。
日本も十分すごいけど(軍艦のスペックは世界最強だったし)
でもWW2のランキングをつけるとしたら
ドイツ
アメリカ
日本、ソ連
イギリス

これが妥当

6名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/17(火) 03:55:39.59ID:rZrp5fJI0
ドイツはソ連に攻め込むまでに完全にイギリスを平定してほしかったよね。

7名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/18(水) 19:04:32.82ID:6A4heT2o0
単純な軍事力ならドイツの圧勝
精神力なら日本の勝ち

8名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/18(水) 23:30:29.43ID:ny0jlFd80
イタリアから見たら、日本軍もドイツ軍も異次元の軍隊

9名無しさん@お腹いっぱい。2015/04/14(火) 18:14:36.20ID:v9ZI90Dw0
バカしかいない、、、大きさ考えろよw
大体陸軍主力と海軍主力じゃ考えれんな。

10名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/02(土) 01:40:26.61ID:DXC3yBvY0
長期的な軍事力
瞬間的な軍事力
は違うから

11名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/05(火) 02:03:34.10ID:WKtFGtbP0
そうだ。

12名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/05(火) 02:19:23.62ID:Wi6oO2Sw0
日本

13名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/05(火) 08:23:20.19ID:gXIJM6Gz0
>>10同意

14だつお ◆t0moyVbEXw 2015/09/23(水) 13:13:15.78ID:zipQriL40
30、中国人のお言葉
俺は信じないぞ。ドイツ人はあんなにも厳格なのにどうしてこんなことが
起きるというのか。こんなにいい車に問題があるはずがない。アメリカの陰謀だ!!
31、中国人のお言葉
あり得ないわ。ドイツの神車は鋼板も厚いし、燃費も良く、品質も高く、
環境保護に優れているというのにどうして不正が必要だと言うんだ。街で運転していても
日本車なんて秒殺だ。間違いなく神車!アメリカ人は車を理解していないんだ。

2015年09月23日
【中国人の反応】ドイツ神話根強い中国でもフォルクスワーゲンの不正が話題に!!( `ハ´) 「また小日本が悪さしたアルか?」
http://chinesestyle.seesaa.net/article/426555827.html?reload=2015-09-23T13:10:36

15だつお ◆t0moyVbEXw 2015/09/24(木) 17:38:08.58ID:RyI1GJnI0
バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ソビエト大祖国戦争と中国抗日戦争。その格差は、火を見るより明らか。

ドイツと日本の決定的な違いは、ドイツは戦後直後から譲歩せざるをえない弱い立場だった点です。ドイツは東西に分断され、
そのままではNATO(北大西洋条約機構)にも、国連にも参加できない状況でした。周辺国との早期和解が不可避だったのです。
それに比べて日本の戦後処理は、52年の台湾との間の日華平和条約、65年の日韓基本条約、72年の日中共同声明と、
終戦から時間が経っていました。空白期間に復興が進んだことで、日本はアジア諸国よりも経済的に優位な立場で戦後処理に臨めたのです。
<神戸大学大学院 国際協力研究科 教授 木村 幹 呉 承鎬=構成>
http://blogos.com/article/134914/

>ドイツは戦後直後から譲歩せざるをえない弱い立場だった点です。

日中戦争の賠償金ゼロ、野球なら「0点に抑えた」 [転載禁止](c)2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1438673670/

大陸打通作戦の輝く栄光の3000キロ勝利行軍は、中国からの賠償請求を蹴り飛ばす効果があった。
まさに日中戦争は野球で言えば、守備側が「0点に抑えた」ということなのだ。

欧米人「対日戦は片手間だった」
おれさま「日中戦争はどうなんだ」
欧米人「さらにどうでもいい」
おれさま「どうでもいい中国人を3500万人虐殺した」
欧米人「アジアへの謝罪と賠償と和解が大切だ」
おれさま「アジアはどうでもいいんだろ?」
欧米人「・・・・・・・」

朝鮮戦争で中国チンピラゴロツキも撃破できなかった米軍が、どうして日本本土上陸で皇軍を撃破できるのか教えてくれよ。

              教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ !

おれさま「大陸打通作戦3000キロ!」
欧米人「弱小な中国軍に勝っても自慢にならん」
おれさま「朝鮮戦争の米軍は中国軍に大苦戦w」
欧米人「いや朝鮮戦争はソ連の支援が・・・」
おれさま「フライングタイガー覚えてるか?」
欧米人「いやあれは・・・」
おれさま「中国人はフライングタイガーを忘れない!」
欧米人「・・・・・・」

朝鮮戦争で中国チンピラゴロツキも撃破できなかった米軍が、どうして日本本土上陸で皇軍を撃破できるのか教えてくれよ。

              教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ !

16名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/24(木) 23:54:40.01ID:1PBrUX5CO
アメリカは当初、ドイツを片付けてから日本にあたろうとしてたらしいが、
太平洋の戦局が予想より有利に進んだのでほぼ同時進行で勝ちぬいてしまった。

17名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/27(日) 00:06:38.18ID:z7ikfTmE0
ナチスドイツとどこで戦うかによるな
仮に補給が対等であったとしたら、
普通の陸戦で欧州でやればボロ負け
シナ大陸でやるなら、互角だが死者は日本の方が多いな
武器がね、余りにもお粗末なんだよ
海戦決戦なら、ほぼ日本圧倒
まあ、これもどこの海かって話だが

18名無しさん@お腹いっぱい。2015/10/07(水) 16:41:32.14ID:vO5EqDKp0
ヒトラーに成算があったのかどうかは疑わしいな。
復讐さえすればドイツ国家が破滅してもかまわないと
おもっていたとしか考えられない。あきらかに勝てたのに
なぜあそこまで破滅的な戦略をとったんだろう。

19名無しさん@お腹いっぱい。2015/10/07(水) 18:47:01.60ID:ySGMxArQ0
ドイツ海軍はクソと思って舐めてかかると日本海軍全滅しちゃうよ。
日本海軍の対潜兵装では潜航したUボートを攻撃してもほぼ無効。
大戦末期の米潜水艦との絶望的な戦いの再現。

20名無しさん@お腹いっぱい。2015/11/01(日) 00:52:49.14ID:bgqjyFrG0
ドイツにきまってんだろwソ連に宣戦しなければ完全に勝ってたし
アメリカに宣戦さえしなければソ連にさえ勝ったかもしれんぞ

21名無しさん@お腹いっぱい。2015/11/01(日) 00:54:27.21ID:bgqjyFrG0
たぶん国力でいえば

ドイツ=アメリカ>ソ連>>日=英仏>イタリア

こんなレベル

22名前がない2015/11/09(月) 20:38:41.98ID:uVOoKfm/0
....

23名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/27(水) 00:31:43.67ID:8NXuoHD70
ドイツの国力っつってもチェコやフランスの工業力も合わせてるだろ。
EUのGDPならイギリス抜いたって世界一だろう。

24名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/27(水) 02:21:30.09ID:8NXuoHD70
>そもそもナチスドイツの技術は当時世界一だぞ。

分野によるだろ。航空機産業はドイツがジェット機を開発したとはいえ総合的にはアメリカが上。
金属の精錬技術はソ連が一番進んでいた。これが戦車の生産力の差に直撃した。

25名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/27(水) 11:16:27.97ID:R9rds/sT0
ドイツが負けたのは技術じゃなくて物量だよ。英仏だけならまだしも
自国の何倍も人口と生産力のあるソ連とアメリカまで相手してんだから
押し込まれるに決まってるよ。対ソ宣戦だけはありえなかった。
スターリンはヒトラーと本気で組んで後背地やる気マンマンだったんだぞ。

26名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/27(水) 20:20:34.68ID:8NXuoHD70
地味だが航空機製造における軽量で強力な接着剤をイギリス・アメリカは開発できたが、
おなじ物をドイツでは開発できなかった。
また冶金・金属精錬においてはソ連はドイツをリードしていて、
アルミ製のエンジンの大量生産や、砲塔の一体鋳造はソ連には出来たが、ドイツには出来なかった。
ドイツは米ソの大量生産に負けただけだ、というが大量生産にもそれを支える地味な技術が米ソにはあって、
ドイツには無かった。

27名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/27(水) 23:17:55.97ID:R9rds/sT0
独ソ戦にさえ踏み出さなきゃ石油はソ連から買いたい放題だったんだし
アメリカはきほんソ連とおなじで後方策源地・供給地としての利益を取る
ことくらいしか考えてなかったんだから、余裕でドイツと英仏の休戦講和が
成立したとおもうんだけどな。そのばあい、フランスは親独のヴィシー
体性が維持できたろうし、ポーランドからチェコスロバキアにいたる東方
問題も一挙に解決したろう。もっともそれはユダヤにとっては最悪の結末
だったろうけど。

日本にしてみても、独ソ戦さえはじまらなきゃ日米開戦なんか考えなかった
可能性高い。

28名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/28(木) 07:56:40.09ID:acssV/jt0
>>5
ひでえ認識

29名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/28(木) 07:58:47.55ID:acssV/jt0
ソ連に勝つために英国と戦い英国に勝つためにソ連と戦う。

30名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/28(木) 07:59:14.99ID:acssV/jt0
>>21
こういうやつの脳内ドイツってすごいな。

31名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/28(木) 12:33:43.08ID:7mVO0oxC0
ソ連が主敵だったのなら英仏となかよくしつづけるべきだろw
どっちからか石油調達するしかねーんだからよ。両方敵に
したのはさすがに戦略眼なさすぎだよ

32名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/30(土) 19:13:52.75ID:CQJNCsaR0
>もっともそれはユダヤにとっては最悪の結末
>だったろうけど。

ユダヤ人の大量殺戮始めたのってモスクワで敗退して対米宣戦した後だし、
まだ対ソ対米で決定的な対決と破綻をきたさない限り、対ユダヤ政策も一定の歯止めがかかるかも・・・

33名無しさん@お腹いっぱい。2017/07/12(水) 00:33:58.81ID:C5MNsyTC0
第一次大戦の恨みがあるから英仏と仲良くなんてできるわけない
ソ連は共産主義という伝染病の病原だから潰さないといけない

ユダヤについては、生き残りがアメリカに建国してもらったイスラエルで
ナチスみたいに原住民を虐殺してるので、特に擁護の必要はない

34名無しさん@お腹いっぱい。2017/07/29(土) 14:07:05.35ID:IhVBGad00
>>5
バトル・オブ・ブリテンで、イギリスの強固な防衛網を崩せなかったのに、なんでイギリスがそんなに下になるんだよ?

35名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/01(火) 02:55:02.35ID:peooGe+40
ドイツはバッタ戦闘機しか作れなくてそれが致命傷になったから
エンジンはともかく航空機設計に関しては日米よりも下でしょ

36名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/06(日) 13:49:29.46ID:/9JxhQSy0
あのさ、ドイツは一撃必殺兵器の製造にこだわりすぎたからだろ

大体あんな驚愕兵器を戦時中に造り上げられること自体が凄すぎる。

37名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/16(水) 01:17:06.53ID:4W3QIqba0
イギリスを落とせなかったのは戦闘機の航続距離が短かったからだよ
爆撃機の護衛も勤まらなかった

それは設計思想の違い
ドイツは戦闘機の航続距離なんて短くて良いと思ってた
ご自慢の機甲師団が突撃すりゃよかったわけで

という事で最初からイギリスを狙ってたわけじゃないという事が伺える

38名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 13:52:39.98ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

XQNXG

39名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/13(金) 06:21:15.51ID:pegqJS3X0
いろいろと役に立つ嘘みたいに金の生る木を作れる方法
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

Q8C

40名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/24(金) 21:58:24.15ID:SMGY2+Qk0
>>21
アメリカ=英+独+ソ+仏+伊+日
※原爆は無しで

41名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/25(土) 21:02:53.12ID:5QlEKyud0
突撃させるときに覚せい剤を飲ませる
ドイツが開発した覚せい剤より、日本が明治時代に開発したメタンフェタミンの方が強力
よって日本兵の方が強力

と言えるかどうか
効き過ぎると命令に従わなくなるのではないか
しかしなんだな
覚せい剤を飲まされて、家族を守るためでもなく、国を守るためでもなく
天皇一味の金もうけのために殺し合いをさせられるって悲しいことだな

教科書に書いてないのだが、日本は大正時代にもロシアと戦争している
宣戦布告もせずに、ロシアに侵入してロシア政府を倒して金塊12トンを盗み出した
極寒の地で日本兵は1万人も死んだのだが
これは何のための戦争なのかと日本人は疑問にすら思わないようだ
バカなのかも知れない

42名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 01:36:15.80ID:Depo6yC+0
>教科書に書いてないのだが、日本は大正時代にもロシアと戦争している
それロシア政府じゃなくてボルシェビキ政権だろ。
>宣戦布告もせずに、ロシアに侵入してロシア政府を倒して金塊12トンを盗み出した
いや、だから日露協約を一方的に破棄したのはボルシェビキ政権だし、
条約を破棄された他の諸国も干渉軍を出兵させ赤軍と交戦している。

43名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 16:09:47.12ID:1F8KyKWQ0
【米日気象戦争】 風船爆弾 VS 人工地震津波兵器
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1538546569/l50

新着レスの表示
レスを投稿する