太平洋戦争は共産主義者の陰謀【3】 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/09(金) 21:02:11.95ID:QvcrZkC/0
亡国の思想、共産主義に精神を侵された売国奴どもの策動が日本近代史を狂わせた。

23名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/11(日) 01:19:13.98ID:8wldslne0
>>22 《続き》
          (中略)
・・・レーニンは、帝国主義国家同士を戦わせて社会を混乱、疲弊させて革命を起こすという「敗戦革命」戦略(「革命的祖国敗北主義」
として、第一次大戦中の1915年に始まり、コミンテルンの先駆となった「ツインマーバルト運動」の一環として定式化される)を唱えていた。
          (中略)
 実は、このレーニンの演説からさらに遡るロシア革命直後の段階から、日米対立を煽り、日米戦争へと導かんとする、共産主義勢力
による一大工作が始まっていたのである。
 その一端を示すのが、1917年12月19日付の『イズベスチヤ』紙(革命政権の主勢力であったボルシェビキやソ連政府の公式新聞)
である。同紙は、旧帝政ロシア政府と日本との間で結ばれた第四次日露協約(1916・大正5年7月)に、第三国(主としてアメリカを指す)
の満洲への影響力の増大、参入を阻止するために日露は対米を主眼とする攻守同盟を意味する秘密条項があることを暴露し、
「日本による対米戦争の陰謀」として全世界に報じたのである。
 たしかに日本は、日露戦争後に帝政ロシアと四度にわたって日露協約を結んでいる。山県有朋らが日露戦争の後、ロシアによる
復讐を恐れて、満州を南北に分割して日露で棲み分けるという、一種の親露外交を進めていたからである。そこから、満洲権益に
強引に参入しようとするアメリカを日露両国で牽制しようという動きにすぎなかった。
 ところが、ロシア革命で樹立されたソビエト政権は、帝政ロシアが各国と結んでいた秘密条約、あるいは条約に付随する秘密条項を
次々と暴露し始めた。そして、その第四次日露協約の秘密条項で日露両国が「敵」として攻守同盟の対象としている「第三国」とは、
アメリカ(およびイギリス)のことだと同紙は強く示唆して報じたのである。
 日本と英米、特に日米を離間させるソ連の最初の工作だったこの暴露記事の効果は大きく、アメリカのウッドロー・ウィルソン政権は
急速に日本に対する警戒の念を強める。記事が出る僅か一カ月前には、石井・ランシング協定が結ばれて、アメリカは日本の満洲での
特殊権益を認めてもいいと約束していた。ところがこの暴露によって、日本は帝政ロシアと組んでアメリカを排除しようとしていた、という
ことをウィルソンは強い危機感をもって受け止めた。そこから、満州から日本を排除しなければ、やがて日本の手でアメリカは中国大陸
から追い出される、とウィルソン政権は考え始めた(のちの大統領フランクリン・ルーズベルトは、このウィルソン政権の海軍次官として
政権中枢にあった)。アメリカは、「日本を満洲から排除すべし」という中国ナショナリズムに決定的に肩入れし始め、「日本の厄災」と
言われたワシントン会議への道が始まるのである。その「中国ナショナリズム」なるものの本質と内実は一体いかなるものだったの
だろうか。実はここから、共産主義にアメリカが衝き動かされて日米衝突への道が本格的に始まってくるのである。

24名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/26(水) 23:13:31.63ID:8kM/d3eT0
月刊WiLL:2016年8月号
外務省が日本を滅ぼす
■中西輝政×古田博司
脳内白人と化した官僚
ttp://web-wac.co.jp/magazine/will/2016%E5%B9%B48%E6%9C%88%E5%8F%B7
 最近、京都大学の佐々木太郎氏が刊行した『革命のインテリジェンス』(勁草書房)という本があります。その中で、
たとえばソ連の求めに応じて中国共産党が革命の主導権を握るように世論を主導していった孫文の未亡人、宋慶齢は
モスクワの利益を代弁していたソ連の手先だったことが、きわめて実証的に明らかにされている。彼女のことを
「中国人民の母」などというのはまったくのつくり話だったことを、最新のコミンテルン=KGB文書その他を縦横に引用して、
「影響力の代理人」という定義にあてはまることを明確に証明しています。

25名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/28(金) 07:56:07.18ID:agpY/Kdn0
アホアホしいな
共産主義なんてどこにも存在しない
資本主義の権化のロスチャイルドがマルクスに書かせた机上の空論だ
アメリカが中国に作った中国共産党の実態を見ても分かること

金貸し、軍産複合体に反発する連中を共産主義者と呼んで自分を正当化させようとしているだけ
やつらの新自由主義は少数の富裕層が国を支配する世界に行き着く
それって共産国家だろ?というツッコミを入れないといけない

ジョン・レノンの「イマジン」は共産主義者のように思える
戦争の無い世界、国境の無い世界、私有財産は認めない、宗教は禁止または1つに統一・・・
しかしこれこそ新自由主義、グローバリストが求めるものだ
実在しない「共産主義」で世の中を見れるわけがない
世の中はグローバリストvsナショナリストの戦いになっている

26名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/29(土) 08:54:40.90ID:w/FFtZtd0
ほんと正論とかWiLLのホシュ言論人は白々しくてうんざりする。
そのコミンテルンに金や知恵与えのはユダヤの銀行家だろうと。

27共産主義を卒業しませんか2016/11/20(日) 13:13:36.37ID:P69nVzG30
鳥や、哺乳動物でもやっている自由主義経済(競争による進化と質の保持)は、強いシステムだが弱肉強食という、あまりに辛い現実がある。
それなら、計画経済で弱肉平等分配すればいい。それが涙とロマンの共産主義イデオロギーである。
ところが<計画>あるところに権力の集中と腐敗が必然で、分配をめぐって権力闘争と暴力装置の争奪戦、汚職の横行が必然だ。
共産主義の唯一の可能性は、完全な正義としてのAI(碁の世界チャンピオンに勝った、深層学習型人工知能)にすべての権力を委託する、人が介在しない純粋奴隷制世界しかない。
ユダヤ国際金融資本が打ちたてようとしているMWO(New World Order)こそ、これである。ユダヤの選民思想は自分らユダヤは神で、ユダヤ以外はゴイム(家畜)である。
共産主義の発明者でユダヤ人・マルクスの脳内にあったのは、国境ゆえに2000年間いじめ抜かれた国土を持たない漂流する民族・ユダヤの脳内選民意識と怨念とあふれる復讐心である。
ユダヤにとって土の上に生え育った国民と国土・国境は、自分たちをバカにし、排除し差別する根本である。世界から疎まれる原因に写る。そこではぐくまれた歴史・文化・経済・
それを守り抜く警察・議会・裁判所・軍隊はユダヤであるゆえに永遠に禁じられている。そこに寄生するのみである。
寄生し、やがて乗っ取り、国家を亡き者にする。それがユダヤグローバリズムだ。あらゆる戦争の背後にユダヤグローバリズムがあるのだ。
その心境を見事に歌にしたのがレノンの「イマジン」で、きわめて危険な反国家イデオロギーをまきちらしづづけるNWO宣伝歌だ。
この憎しみのイデオロギーは、朝鮮人によって反日イデオロギーに翻案され使いつづけられようとしている。
この共産主義の根本的な欺瞞を見抜くところからしか、日本共産党や、朝鮮民進党や、中国共産党との戦い始まらない。

28名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/20(日) 18:06:20.74ID:A4jGroIA0
>>18 東宮鉄男は妄想家?

29名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/21(月) 05:26:02.26ID:XOK+7KKL0
正論2016年12月号
共産主義と日米戦争―ソ連と尾崎がやったこと・ 中西輝政
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LYAOOPT/

30名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/22(火) 18:13:36.72ID:Kh4pWBp20
浜矩子・著
『アホノミクス完全崩壊に備えよ』
『どアホノミクスへ最後の通告』
『みんなで行こうアホノミクスの向こう側』


抑制のない成長に基づく経済政策は終焉

日本国民はどう対処すればいいのか。
新しい政権は民意を反映し、
食糧、住宅、健康、教育、最後に防衛です。
国民の意志を裏切ることは、
極端な場合、自殺や殺人にまでつながります。
民衆の指導者は
職業的政治家ではない人々から見つかるのです。

世界平和の脅威は、
イスラエル、イラン、アメリカです。
イスラエルの役割は跪いて、
パレスチナに許しを請うことです。
アメリカによる他国の虐待に
反対の声を上げなければなりません。
彼らは今世紀(21世紀)を
この帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。
しかし、そうはならないでしょう。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したい
という衝動(世界を支配する)をコントロール
するのは、マイト レーヤの任務です。

非常に間もなく
マイト レーヤをテレビで見るでしょう。
彼は「匿名」で働いております。

31名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/28(月) 09:07:20.54ID:Rz5i8mL80
https://www.youtube.com/channel/UCBWx5mzeNavl9cno30KTCTA/videos

デイブフロムショー最高
平日18時〜20時だけど面白すぎる
リンク先の陰謀コーナーは水曜日17時半からだけど他の曜日は個人的に好き
ロック好きにはたまらんよ

32名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/08(木) 20:40:22.89ID:KZ+bqPc00
【日中】実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻[8/24](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1472006914/
 打算的で、利益優先の中国研究をイデオロギー面で支えているのは、日本独特の左翼思想とマルクス主義的精神文化だ。
19世紀末の明治維新の直後からどの国よりも多数のマルクスやレーニンの著作を翻訳した日本には、ソ連と中国以上に強い
共産主義礼賛の伝統がある。共産主義の危険な思想を広げる運動家やアナーキストでさえも、「象牙の塔」に守られてきた。
 彼らの弟子たちはずっと、日本の有名大学の主要なポストを独占することができた。彼らにとって、ソ連が崩壊した後は
唯一、中国だけが「憧憬の地」であり続けてきた。
 「理想の共産主義国家」には労働者問題はあってはいけないし、人権弾圧の事実もあるはずはない。 ましてやチベット人や
ウイグル人、モンゴル人が主張するような民族問題なども、「文明人と夷狄(いてき、野蛮人)」の対立という漢民族史観で
中国を研究してきた日本の中国研究者は耳を貸さない。

33名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/15(木) 22:44:49.16ID:WPilqDUw0
【日中】日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか[6/23] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1467200642/
【中国】人民が党の真相を知ったら、政府を転覆させるだろう――1979年、胡耀邦元総書記[8/31](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1472642939/
【国際】ワシントンで「毛沢東」国際シンポジウム――日本軍と共謀した事実を追って[9/07](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1473175385/
【中国】『中共壮大之謎』(中国共産党が強大化した謎)――歴史を捏造しているのは誰か?[9/12] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1473758760/
【遠藤誉】毛沢東は、実は日本軍と共謀することで中華人民共和国を築き上げた「中国こそ正しい歴史と向き合うべき」[10/04] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476182031/
【遠藤誉】中国大陸ネットに「日本軍と共謀した毛沢東」の独自評論出現[10/19] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476963553/

34名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/22(木) 08:08:32.55ID:7riJu7fy0
>>22
http://mimizun.com/log/2ch/history/1121091165/903

FACTA 2016年11月号
闇から白日へ「二・二六事件」軍法会議記録
ttps://facta.co.jp/article/201611028.html
「皇道派が非合法の反乱を起こすように仕向け、統制派がこれを鎮圧するという合法的な手段によって、
事実上の軍事政権樹立を図ったのが二・二六事件の本質とする説もある。」

35名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/26(月) 06:31:06.86ID:FBn6vdaH0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/vX3ERl
https://youtu.be/Kgp4ZCK6sW4
https://youtu.be/1yjRBMVEKFs
https://youtu.be/XPywXIvckI8
https://www.youtube.com/watch?v=dCEJ7TUY06w

36名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/01(日) 07:08:40.69ID:xZD778vX0
>>14-17
巨額の内閣機密費を握った「大政翼賛会」 その使い道のナゾに迫る
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50294
日米開戦直前の第二次・第三次近衛内閣の書記官長をつとめた富田健治に対するGHQの尋問が2日目を迎えている。

尋問の焦点は、陸海軍が近衛内閣に秘密裡に上納していた年間総額1000万円の機密費だ。今の80億〜90億円に
相当する金はいったい何に使われたのか。

富田「風見は近衛首相の側近のなかでも絶対的信頼を得ていた人だ。私は、金が大政翼賛会による国会操縦のため
議会のボスたちに渡ったことは知っているが、金を受け取った者の名前など子細な事情は知らない」

37名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/10(火) 07:34:13.95ID:TximMt3q0
Voice 2017年1月号
日米で異なる近衛文麿の評価 渡辺惣樹
ttp://www.php.co.jp/magazine/voice/?unique_issue_id=12469
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/93685fa6c8d6c291b466d45fa1b19b23
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/4f19eb4efd847041555b7b10fa0ff4f5
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/9ddfdfea908ead62d6d2fedc17d343ec

 したがって、米国の史家は、盧溝橋事件以降の日華事変への拡大については近衛の失策というよりも
ロシア(スターリン)の工作の見事さに驚きを見せる。そのことは次の描写によく表れている。
「この事件(盧溝橋事件)で、ロシアが極東でこそこそと行なってきた工作がはっきりと表に出てきた。
世界がこの事件に注目した。それでもこの事件の引き起こす結果がロシアの狙いであることに気付く者は
ほとんどなかった。中国も日本もそしてアメリカもロシアの入念なシナリオが用意された『極東外交劇場』の
舞台に引きずり出されたのである。これほど効果的な舞台演出はめったに見られるものではなかった」(※)。
 ルーズベルト外交を批判し、彼がスターリンの仕掛けた対中・対日外交の巧みさに鈍感であったことを
指摘するアメリカの史家は、日本の外交政策に変化があったから盧溝橋事件が起こり、それが日華事変に
拡大したと考えない。日華事変はロシアの工作が原因であって、近衛の外交はその結果として生じたと考える。

※(Charles Callan Tansill. Back Door to War; The Roosevelt Foreign Policy 1933-1941, pl64)

38名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/10(火) 09:18:13.09ID:SuwCq64T0
秋葉原通り魔事件で逮捕された加藤智大氏は、明らかに冤罪

http://youtu.be/gj0X2qLNbUg&t=54s

39名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/11(水) 06:18:04.54ID:KJ5yvsIW0
歴史通:2017年1月号
総力特集@開戦75年目の真珠湾 「最後の真実」
渾身の書下し100枚
真珠湾「奇襲」ルーズベルトに操られた日本 序説
■長谷川煕
やはり「海軍暗号」は解読されていた!?激突対談
■原 勝洋/白松 繁
http://web-wac.co.jp/magazine/rekishi/2017%E5%B9%B4%EF%BC%91%E6%9C%88%E5%8F%B7-2
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/e737b6d938b0188d886fafd4e60f137c

AERA 2012年12月10日号
山本五十六「真珠湾は奇襲だったのか」
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14453
大戦時、日本の情報は漏れていた? スパイを示す公文書
https://dot.asahi.com/aera/2012120900001.html
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1355022699/170
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1354966436/873

戦後70年の新事実…旧日本海軍が望んだ「ソ連との提携」
https://dot.asahi.com/dot/2015021300089.html

40名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/15(日) 16:04:09.98ID:e7uqxbti0
日本が国家ぐるみで隠してきた決定的な真実がこれ

★日中戦争は海軍と山本五十六、マスコミが
謀略によって引き起こした侵略戦争である。

■山本五十六海軍次官が主導する海軍は、陸軍に対抗できる予算獲得を
最優先の目的に海軍を主導し、日中全面戦争を画策。
自作自演の大山事件を企てて、船津和平交渉を妨害阻止し
記者クラブを利用して国民に戦意を煽り
中国に対し無差別爆撃を強行。
軍参謀本部が進めていた日中停戦交渉を絶望的にさせた。

第二次上海事変を口実に(船津和平工作などから見て停戦は十分可能だった)
南京無差別爆撃を強行し、反日勢力を刺激し、全中国人を抗日で一致団結させる結果を招く。
日中間は泥沼戦争状態になった。

海軍次官・山本五十六が主導した南京無差別爆撃の結果

・米国大統領が歴史上初めて日本を無法国家だと激しく非難(隔離演説)
・国際連盟は海軍による南京無差別爆撃に対し不戦条約違反の侵略戦争であると
非難決議を全会一致で採択。
・ついに国共合作が実現する。全中国人を抗日で一致団結させる結果を招く。
・蒋介石夫人がアメリカ議会で日本の無差別爆撃を侵略戦争だと非難。アメリカは中国支援を決定する。

以後、山本五十六海軍次官は米内海相とともに
黒潮会(山本五十六が育てた戦争宣伝組織)を利用して
徹底して新聞で中国討伐を煽りまくり
陸軍参謀本部の日中停戦工作(船津和平工作、トラウトマン工作)をことごとく妨害し潰した。
何もかも、海軍の利権拡大が目的だと考えられる。

山本五十六は記者クラブ(黒潮会)を利用し、
新聞社を戦争扇動機関に育てた日本の先駆者である。

41名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/21(土) 09:35:53.99ID:ff28wZKv0
【入門・日米戦争どっちが悪い(5)】
日本を追い込んだルーズベルト 背景に人種偏見と共産主義
http://www.sankei.com/premium/news/170101/prm1701010007-n1.html

42名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/26(木) 23:31:17.62ID:SJSfrMpw0
慰安婦報道で露呈した朝日新聞の「体質」
「崩壊 朝日新聞」を書いた元記者に聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/104422

戦前から貫かれているマルクス主義的思考

──朝日新聞社の体質?

 どれほど個々の記者が意識しているか。強烈に意識している人もいるだろうし、一つの空気の中にいるから、
それが通常のことと思って考えたり書いたりしている人もいるだろう。基本的にはマルクス主義が思考の根本にある。
過去を否定する思想であり、最終的にプロレタリアート独裁の共産主義社会をユートピアとして考える。
 大正時代にロシア革命が起きた前後ごろから、戦争中も、そして現在に至るまで、その考え方が朝日新聞記者の
少なからざる部分、さらに空気としては大部分のところで貫かれていると、私の取材で結論を出さざるをえなかった。

──この本では戦中のゾルゲ=尾崎スパイ事件を詳述しています。

闇に包まれている部分もあるが、記者だった尾崎秀実をきちんと分析することで体質がはっきりわかる。

43名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/01(水) 23:45:28.29ID:lh2AaZrt0
歴史通:2017年1月号
総力特集A「歴史の常識」はウソだらけ
近衛文麿は「日本のマッカーシー」?
■新谷 卓
ttp://web-wac.co.jp/magazine/rekishi/2017%E5%B9%B4%EF%BC%91%E6%9C%88%E5%8F%B7-2
 しかも、近衛一人だけがこのような考えを持っていたわけではなく、この説を信じていた者が当時少なからず存在したという事実も
無視できない。例えば、2・26事件以降予備役となっていた皇道派の陸軍大将真崎甚三郎、弟の海軍少将真崎勝次の兄弟は、
日本の中枢には共産主義の魔の手が伸びていて共産主義革命を導こうとしているという認識を持ち、2・26事件ですら「アカ」の罠
だということを信じていた。真崎の釈放後、真崎の復活を期待して真崎邸には多くの人々が訪れていたが、例えば、岩淵辰雄、
予備役陸軍中将小畑敏四郎、田中義一内閣の総理秘書官であり台湾総督府殖産局長だった殖田俊吉などがこうした認識を
共有していた。さらに彼らの周辺にいた元外務次官で、戦後首相になった吉田茂もまた戦中、そして戦後も一貫してこの見方を
自分のものとしていた。いってみれば、それは支配階層の一部の人々のディスクール(言説)だったともいえる。
 さて近衛らがそのように考えるようにいたったのはなぜか。それなりの理由や背景があるはずである。まず殖田俊吉がこのグループに
及ぼした影響を見ておきたい。殖田は、独自の情報ルートから共産主義者の陰謀を真崎甚三郎に伝えた。さらにその情報は
小畑敏四郎、岩淵辰雄らを通じて近衛の耳にも入っていた。
 さらに、小畑の仲介によって殖田は直接近衛と会談の機会を持っている。殖田によれば、そのとき近衛は殖田の話に驚き
「あなたのお話は思い当たる事ばかりです。何故私にもっと早く話をしてくれなかったか」と驚きを隠さなかったという。
 ただし、殖田がもたらした秘密の情報のほとんどが、石原莞爾の下で宮崎正義が「日満財政経済研究会」で作成したものを
基にしたものであり、確かに彼らの作った案は、ソ連のやり方を模倣したものであったが、決して共産主義の実現を目的とするもの
ではなかった。
 近衛の下には、殖田経由以外でも共産主義に対する情報が寄せられている。外務省から入手した情報は、近衛が上奏文を
作成するにあたって参考にしていたと考えられる。・・・(略)・・・
          (中略)
《続く》

44名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/01(水) 23:46:04.52ID:lh2AaZrt0
>>43 《続き》
 まず、第二次近衛内閣の「基本国策要綱について見ておきたい。・・・(略)・・・この「基本国策要綱」の基になったのは、
国策研究会で検討されていた「日本綜合国策要綱」(「綜合国策十カ年計画」)ともいう)である。それは、陸軍軍務課の牧達夫と
満鉄の小泉吉雄が練ったたたき台を、青木一男、湯沢三千男、岸信介、武部六蔵、矢次一夫といったメンバーが揉んでできあがっ
たものであった。この中で近衛が「アカ」の中心と見なしていた軍人がいる。それは秋永月三である。秋永については、『細川日記』で、
「秋永一派が顧みて『赤い舌』を出し居る所なるべし」とされているし、『近衛日記』では、梅津の周囲にいる「アカ」の中心人物として
名前があげられている。秋永は、陸軍から東京帝大に派遣され、そのころ『偕行社記事』にマルクス主義についての論文を掲載した
こともある。
 秋永の指示の下働いていた満鉄出身の小泉吉雄にも注目したい。・・・(略)・・・
 小泉については、最近になって新資料が発見されている。「関東憲兵隊資料」がそれである(資料全体の概要や解説、そして
その発見・公開に至る詳しい経緯は、それを発掘した小林英夫氏・福井紳一氏の『満鉄調査部事件の真相』を参照)。この史料は
首都新京(現長春)にあった関東憲兵隊の司令部があった敷地内の土の中から発見されたもので、この中に小泉の手記もあった。
ここには、小泉が尾崎の組織の一員で、尾崎からコミンテルンの極東支部員を紹介されたということや、関東軍司令部の爆破計画に
関わっていたということが記されている。・・・(略)・・・
 ただし、この新資料については、そもそも憲兵隊が作成した調書であり、その信憑性に関して論争があり、小泉が共産主義者で
あったのかどうかははっきりとしない。・・・(略)・・・
 陸軍内に「国体の衣を着けたる共産主義者」は存在していたのであろうか。「アカ」と名指しされた軍人は多数いる。上記で
言及した秋永月三ばかりでなく、武藤章、牧達夫、梅津、池田、瀬島龍三、さらには驚くことに永田鉄山、東條英機、そして
統制派そのものが「アカ」ではないかと疑われた。・・・(略)・・・
 戦争の末期、陸軍は盛んにソ連と接触を持とうとしたが、それが、陸軍赤化の証拠だと言われる。確かにこの時期陸軍の重要な
将校が盛んに訪ソしている。「近衛上奏文」の一年前、秦参謀次長は、陸軍参謀本部戦争指導班(大本営20班)の種村佐孝に
ソ連行を命じている。時期は異なるが参謀本部のエリート将校瀬島龍三も訪ソしている。・・・(略)・・・
          (中略)
 なおも多くの未解明の部分が残る「近衛上奏文」であるが、拙著『終戦と近衛上奏文』(彩流社)において、さらに多くの事例に
ついて検討を加えているので参照願えれば幸いである。

45名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/01(水) 23:46:21.02ID:lh2AaZrt0
満鉄調査部事件の真相
小林英夫(早稲田大学教授)/福井紳一(敬愛大学講師)
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/MantetsuChousabuJikenNoShinsou.html

46名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/12(日) 12:21:41.38ID:gv3sT0+f0
歴史通:2017年1月号
総力特集A「歴史の常識」はウソだらけ
「東京裁判史観」戦勝国の「戦争責任」を問え!
■伊藤 隆/福井義高/江崎道朗
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/history2/1463184118/628-630n
【福井】 伊藤先生が1960年代に出されたフレームワークは、それまでの一般的な意味での右と左、あるいは復古と進歩と
いう横軸に、革新と現状維持という縦軸を加えた画期的なものでした。この枠組みでは、通常の横軸で見れば、左右の両極
として相容れないように見える共産主義といわゆる国家社会主義は、縦軸で見れば、革新あるいは革命勢力と言う点で同じ
グループなのです。当時、多くのマルクス主義者が一転して「天皇制ファシスト」になったことは、ある意味、自然なことでした。
 先生がこの枠組みを提唱された後、同じような見方が、海外で全然違う文脈で注目されました。ゼ―ヴ・ステンネルという、
かつてフランスで活躍したユダヤ人歴史政治学者の手になる、『Ni droite ni gauche』(1983年)という本があります。タイトル
は「右でも左でもなく」という意味ですが、世界的に話題になりました。英語版も出ています。彼はフランスを例に、従来の右
とか左では理解できない、戦前欧州の政治状況について、重要な指摘をしています。英国のように現状維持勢力である
伝統的保守が強い国では、革命勢力であるファシズムが弱く、逆に、現状維持勢力が弱い仏独伊では、マルクス主義と
ならんでファシズムが、大きな勢力となり、独伊では政権を取った。

47名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/18(土) 08:53:15.59ID:I3iRZQ/h0
>>18
月刊正論2017年2月号
世界の歴史最前線 プーチン的思考の源流?
青山学院大学教授 福井義高
http://seiron-sankei.com/10229
 トロッキー暗殺と無関係な箇所で、ヴォルコゴーノフ対象があえて張作霖事件に触れた背景には、ここで記された
以上の何かが存在することを示唆する。ロシアの歴史家ドミトリー・プロホロフ氏は本誌インタビュー(2006年4月号)で、
(ヴォルコゴーノフ氏は…トロッキー…の死因を調べている際に、偶然、張作霖がソ連軍諜報局によって暗殺された
ことを示す資料を見つけた」と発言している。
 プーチン政権になってから、旧ソ連機密文書へのアクセスは大幅に制限され、それまでに公開されたものを除き、
ソ連スパイ活動に関して、新たな証拠が近い将来に出て来る可能性は低い。

特別対談 ドミトリー プロホロフ 元谷外志雄| 1928年の張作霖の爆殺事件はソ連の特務機関の犯行だ
http://apa-appletown.com/bigtalk/1439

48名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/25(土) 09:59:56.24ID:dx7WKyXT0
中国人が日本人を大量虐殺した「通州事件」、中国共産党の関与が判明 日中戦争開戦前に多数の工作も [無断転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1483504301/

49名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/01(水) 08:00:16.32ID:dgQMEjgC0
やや日刊カルト新聞: ブラック企業対策NPO「POSSE」はブラックな左翼セクトだった
http://dailycult.blogspot.jp/2016/10/npoposse.html

>POSSEを持ち上げる知識人やメディアは、自らが宣伝に加担している団体の正体について、
>もう少し注意を払ったほうがよさそうです。ブラック企業という社会悪と戦っているからといって、
>その人々が必ずしも正しい存在であるとは限りません。

" #POSSE からは抗議メールも来ないしプロバイダへの削除要求が来ているという連絡もありません。"
https://twitter.com/daily_cult/status/785629556744925184

50名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/05(日) 07:49:54.80ID:gb59pHQo0
【政治】外務省が外交文書を公開 戦後ソ連の日本軍捕虜「赤化工作」が明らかに 政府に危機感「相当な効果」 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/ 1484184036/
http://www.sankei.com/politics/news/170112/plt1701120014-n1.html
外交官もソ連に抑留 スパイ容疑で尋問、拳銃突きつけられる
http://www.sankei.com/politics/news/170112/plt1701120023-n1.html
ソ連に拘禁され獄死、悲劇の外交官 邦人保護に奮闘
http://www.asahi.com/articles/ASK190DB2K18UTFK00W.html
「欧州戦終了後、対日参戦に転ずる確信を持った」ソ連参戦分析、生かされず 1945年6月、外相に報告
http://www.sankei.com/world/news/170112/wor1701120027-n1.html

51名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/15(水) 22:50:17.94ID:FtPLkriG0
ロシア革命100年 日米いがみ合わせた謀略体質は変わらない 論説委員・河村直哉
http://www.sankei.com/column/news/170115/clm1701150008-n1.html

52名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/19(日) 22:10:31.18ID:d428nmMN0
戦争の真実を知ったなら、
共産主義者なんてどこにも存在しないことが分かる
戦争の理由を知られたくない支配者どもが
「共産主義者」というのをでっちあげて、辻褄合わせをしているだけ

53名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/29(水) 21:26:29.45ID:0b1T0yhg0
【産経抄】「二・二八事件」70周年…多くの台湾人の命を救った1人の日本人がいた[2/25] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487974679/
 陸軍将校らがクーデターを起こした昭和11年の二・二六事件から、もう81年がたつ。「あのころ、マルクス理論の本
などを読んでいる将校がかなりおりましたよ」。地方紙、夕刊フクニチ(現在は休刊)の創設者、浦忠倫は日本新聞協会
のインタビューに、東京の歩兵第一連隊に勤務していた当時の空気をこう証言している。
 ▼浦は「青年将校の思想などは、一種の国家社会主義に近い」とも語っている。

54名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/06(土) 12:31:30.37ID:/GdaqaPt0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

55名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/16(火) 07:10:54.18ID:ZLXLFKuP0
中国共産党
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A#.E5.86.85.E6.88.A6.E3.81.A7.E3.81.AE.E3.82.A2.E3.83.A1.E3.83.AA.E3.82.AB.E3.81.AE.E5.82.8D.E8.A6.B3.E3.81.B8.E3.81.AE.E7.96.91.E7.BE.A9

内戦でのアメリカの傍観への疑義[編集]

1945年12月、ジョージ・C・マーシャル将軍はトルーマン大統領から中国における全権特使に任命され、13ヶ月中国に滞在したが、
ソ連とアメリカで世界分割を行う密約を行っていた外交問題評議会(CFR)、太平洋問題調査会(IPR)の勢力に組した彼は、内戦に
おいて本来劣勢であった共産党が優勢となるような行動を意図的に取った、と言う主張があり、下記の点が指摘されている[21]。
この疑惑は、後にアメリカ政界でジョセフ・マッカーシー議員によるマッカーシズム(赤狩り)にまで発展した。

56名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/08(木) 08:03:26.73ID:+7gDUIJq0
【白馬青牛】瀬島龍三を語ろう【廣島もみじ民】
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/history2/1322844948/

57名無しさん@お腹いっぱい。2017/07/05(水) 21:03:57.44ID:q7JDjtzq0
張作霖暗殺/その原因と真犯人はソ連説 【賢者の説得力】
http://kenjya.org/chosakurin.html

58名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/03(木) 00:06:49.70ID:1YbHSzLL0
月刊正論2017年6月号
世界の歴史最前線 [番外編]
張作霖はプーチンの大先輩が殺した?
青山学院大学教授 福井義高
ttp://www.fujisan.co.jp/product/1482/b/1496184/
 エイチンゴンに関しては、2003年に本格的な評伝がロシアで出版された。エドアルト・シャラポフの手になる
『ナウム・エイチンゴン:スターリンの懲罰の剣』である。
 シャラポフは、エイチンゴンの中国での工作活動の実態をかなり具体的に描いている。たとえば、日本の警察に
入り込んだソ連工作員「オシポフ」の協力の下に、日本側の工作員として働いていた白系ロシア人20名が秘密裡に
ソ連の市民権を得ようとしているという虚偽を記した文書をでっち上げ、これを入手した日本側は、偽情報を信じ、
自らにとって貴重な20名の工作員全員を処刑したとある。
 さらに、シャラポフは、張作霖爆殺に関して次のような「説が存在する」(существует версия)
と記している。
 
 
  1928年にモスクワで張作霖を抹殺する(ликвидировать)ことが決定され、エイチンゴンとハルビン
 の赤軍情報局非合法工作担当のトップだったフリストフォル・サルヌイン(「グリシュカ」)が、日本人に全ての
 嫌疑がかかるようにして(переведи все подозрении на японцев)、実行した。


 シャラポフは、日ソどちらの犯行とも断定せず、「特殊工作の研究者たちは、今日に至るまで、誰が満州の独裁者
を『片づけた』(убрал)のか最終的に確定していない」としている。
           ・・・(略)・・・
 さらにソ連犯行説を支持する黒宮教授も論文で言及している、ミハイル・ムザレフスキーが編集した『栄光の
チェキスト』も注目に値する資料である。「チェキスト」とは、ソ連初期の秘密警察の略称がチェッカー(ЧК)で
あったことから、今日に至るまで情報機関員を指す言葉として用いられている。
           ・・・(略)・・・
『栄光のチェキスト』は1923年から1939年までの間に、「チェッカー・GPU栄誉職員(Почетный
работник ВЧК-ГПУ)勲章」を授与された工作員の略歴を記したアルファベット順の人名録で、1932年
までの第1巻2分冊、それ以降の第2巻4分冊(2014年改訂版、初版は3分冊)からなる。エイチンゴンは、第2巻の
第4分冊に登場する。
 さすがに大物工作員だけあって、他の受章者と比べれば詳しいものの、1頁半にわたって淡々と事実が列挙されて
いるだけである。そして、さりげなくこう書かれているのだ。「1928年、満州の独裁者張作霖将軍の殺害に直接関与
した(Причастие к убийству)」
 編者のムザレフスキーは勲章の専門家で、ボリス・エリツィン記念ロシア大統領図書館ホームページの赤旗勲章、
レーニン勲章及び赤旗勲章に関する記述の箇所でも、彼の(『栄光のチェキスト』とは別の)著作が引用されている。
この大統領図書館は「国内全図書館ネットワークの情報と連携の結節点たるべく」、2007年にプーチン大統領の肝いり
で作られた。
           ・・・(略)・・・
 もちろん、河本らがソ連情報機関の手先であったとすれば、ソ連犯行説とこれまでの関東軍犯行説は問題なく両立する。
           ・・・(略)・・・
 しかし、実在した関東軍の爆殺計画がソ連情報機関の工作とは無関係であったとしても、ソ連犯行説は十分成り立つ。
以下で述べる、アドルフヒトラー治下のドイツ及びスターリン治下のソ連のケースと類似のことが起こった可能性である。
 まずは、ドイツの事例、ヒトラー政権初期の1934年にクルト・フォン・シュライヒャー前首相が暗殺された事件である。
           ・・・(略)・・・
 要するに、シュライヒャーが同時に別々のグループによって狙われており、両者とも実行に及んだというわけである。
           ・・・(略)・・・
 次にソ連の事例、トロツキーの息子レフ・セドフの急死事件である。
           ・・・(略)・・・
 要するに、結果オーライで、やってもいないことであっても否定せず、そのまま自分の手柄にしてしまったわけである。
政治やビジネスの世界でよくある話である。
 この独ソ二つの事例類似の要素が張作霖爆殺事件に含まれているとすれば、関東軍の計画が杜撰なものだったのに
「成功」したことも、河本大佐が計画を「吹聴」していたことも説明がつく。

59名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/08(火) 12:44:59.62ID:BdyzZjdz0
勝共のペテン師どもはなんでもソ連やコミンテルンのせいにしがやるなあ
つきつめていったら自分たちの飼い主と同じところに行くからやったのはユダヤとは絶対にいえない

60名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/30(土) 08:46:40.63ID:XCnFQesc0
コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書) 新書 - 2017/8/11
江崎 道朗 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569836542

61名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/28(土) 07:27:43.60ID:p2CYbLE+0
昭和の怪物/吉田茂の戦後史−近衛上奏文を起草したのは吉田茂だった
◆保阪正康
サンデー毎日(2017/09/24), 頁:48
ttp://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2017/09/24/
https://www.zasshi.jp/pc/action.php?qmode=5&qword=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E6%AF%8E%E6%97%A5&qosdate=2017-09-12&qpage=3
 さてここで昭和史は貴重な問いを今に発している。本当にこれは近衛が書いたのか。近衛はここまでの状況認識を持っていたのか。
いずれも疑問なのである。これは私の知る限り、昭和史を検証している者の間では、「吉田が書いた」とみるほうが妥当性があると
して一致している。事実の経過を追うと、それがわかってくる。
 2月13日の夜遅く、東京・永田町の吉田の私邸にこっそりと近衛が訪ねてくる。翌日に近衛は天皇に会うことになっている。
吉田に上奏文の内容について相談しているのである。吉田は戦後になって自らの回想記(『回想十年』)に次のように書く。
近衛が敗戦イコール共産革命といった認識を持っていることに全面的に共感したというのである。
「私は公のこれらの意見には全く賛成であったので、二人して内奏文の補校に務めるとともに、私はその写しをとり、夜の更けるまで
語りあった。私が写しをとったのは、これを牧野伯に見せてほしいという公の希望に従ったものであるが、これが憲兵隊に捕われる
証拠品の一つになろうとは、夢にも考えなかった」
 吉田は遠慮深げに書いているが、実際には上奏文は吉田が書き、近衛は翌朝に目が覚めてこの内容に納得したというのが真実の
姿だった(近衛が周辺の者に語っていたという)。つまり吉田は、近衛上奏文を通じて天皇に対して「敗戦を受け入れてほしい」と
詰めよったといってよかった。私の率直な感想をいえば、共産主義の脅威を通じての、直截な回答を天皇に求めたともいえるように
思えるのであった。
 この上奏文は、吉田のもとに入りこんでいる工作員によって全文が写しとられ、陸軍の首脳部が目を通した節があった。参謀総長の
梅津美治郎は、天皇から「陸軍部内に共産主義者が多いのか」と問われ困惑している。その分だけ陸軍首脳部は、近衛は天皇に何を
伝えたのか、その背後にいる吉田茂はどんな戦略を練っているのか、疑心暗鬼だったのだろう。憲兵隊が、吉田が流言飛語を撒いて
いるとの名目で逮捕したのは、この年の4月15日であった。
 実際は和平工作グループともいうべき、ヨハンセングループを一気に追いつめようと計画したのである。

62名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/12(日) 20:13:43.77ID:lKA9uCKY0
敗戦はTOPと海軍が仕組んだことです
わざと負けたのです
勿論、TOP層とイルミ側とは協力体制にありました
世界中を敵に回し勝てない戦争をして国家解体する
今でもイルミ傀儡軍が駐屯して独立できないでしょ

63名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/14(火) 00:57:33.19ID:dTw7Y7Gd0
>>1
なんか集団ストーカーは創価学会の犯罪、
という言い種と同じだね。

64名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/10(日) 22:40:31.83ID:sIGIeT1W0
月刊日本2017年12月号
南丘喜八郎 吉田 茂(「にっぽん」再発見 第199回)
ttp://gekkan-nippon.com/?p=12751
 保坂氏の著書によれば、大本営の朝枝繁春参謀が敗戦後の昭和20年8月26日付でソ連側に要旨以下の文書を提出している。
 「日本はこの戦争を日本本土を拠点とする限りでは勝利はありえない。
 そこで日本の支配権が及んでいる満州国と朝鮮にその政治的意思を具現化する政府を移し、そこを拠点にさらにアメリカを
始めとする連合国と戦争を継続する。
 その場合、これらの地域はソ連の制圧下に置かれ、ソ連の傀儡国になるだろうが、その新しい国家に関東軍の軍人や民間人
の国籍を移し、ソ連の指揮のもとに戦を続けたい」
 実に恐るべきことだが、これが歴史の事実だ。敗戦直前の7月20日、大本営参謀瀬島龍三が敢えて関東軍参謀に転任し、
極東ソ連軍司令官のワシレフスキーと会談するが、これも不自然な動きだ。朝枝の動きと連動しているとも考えられる。朝枝は
満州で瀬島と頻繁に会い、対ソ停戦について協議したとの証言もある。

五十嵐仁の転成仁語:「陸軍はソ連と組み満州に社会主義国家を樹立して対米英戦の続行を計画」
http://www.asyu▼ra2.com/2003/bd24/msg/820.html

shuraba.com - 『沈黙のファイル』共同通信社社会部
http://shuraba.com/?p=book/review/20100625
shuraba.com - 『検証・昭和史の焦点』保阪正康
http://shuraba.com/?p=book/review/20100625

なぜわが国は『シベリア抑留』の実態解明調査を怠ってきたのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/?tag=%E6%9C%9D%E6%9E%9D%E7%B9%81%E6%98%A5

65名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/11(月) 00:02:59.76ID:tqAU2VCv0
そんなに権力と実力を持ってた割りにはショボい今。

66名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/11(月) 00:49:52.21ID:7Y/RWeG70
保阪ら文春系エセ保守らは海軍の戦争責任を隠蔽するため
その敵対者に対し、誹謗中傷宣伝をやっているにすぎない

保坂や半藤らインチキ作家の戯言は信用に値しない
こいつらは捏造創作された東京裁判史の宣伝しかやってない

67名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/11(月) 13:27:08.24ID:EWkd0JXr0
【抗議自殺】チベット・モンゴル・ウイグル焼身自殺(対中国)イスラム自爆テロ・神風特攻隊(対米国)
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1512959031/l50

68名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/24(日) 20:38:59.45ID:uuYp8vOO0
シリーズ!日本人のためのインテリジェンス・ヒストリー
(『日本は誰と戦ったのか』より構成)
江崎 道朗

現代に暗い影を落とす、コミンテルンと共産主義
http://best-times.jp/articles/-/7642
アジアの共産化に手を貸した、ルーズヴェルト政権の罪
http://best-times.jp/articles/-/7643
日米開戦の真の理由。『スターリンの秘密工作員』から分かること
http://best-times.jp/articles/-/7644
太平洋戦争終結を遅らせた「真の原因」
http://best-times.jp/articles/-/7682
日本の降伏を阻止したトルーマンの側近たち
http://best-times.jp/articles/-/7702
「ヴェノナ文書」が示す、米ソの危険な関係
http://best-times.jp/articles/-/7703
日本でタブー視されてきた「コミンテルン」「工作員」
http://best-times.jp/articles/-/7724
アジア独立で活躍した日本軍インテリジェンス・チーム
http://best-times.jp/articles/-/7725

69名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/28(木) 22:16:22.97ID:LeQRwNs70
皆様これ信じますか? 不安です
これを見た貴方は「今すぐ」に死にます死にたくなければ、このレスをコピーして他のスレに 10回貼り付けて下さい。1時間以内にです!もし無視した場合は、今日寝ている間に富子さんがやってきて
□貴方の首を絞めに来ます。富子さんは太平洋戦争の■
■時に1歳という若さで亡くなった女の子で、未だに成 □
□仏していないそうです。信じる信じないは貴方次第。 今年になってからこのレスを無視した人で、“呪われ □
□て死亡した人”が続出しています。これは富子さんの 呪い。呪われて死んでもいいのならこれを無視するこ□
□とでしょうね。
貴方がこうしているうちに富子さんが後ろから見ていますよ

70名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/28(木) 22:19:12.11ID:LeQRwNs70
>>69 皆様とこれの文は1行空けてお読みください

71名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 13:32:55.61ID:btVJP0h40
太平洋戦争に共産主義は全く関係がない
ソ連の対日参戦も朝鮮戦争にも共産主義はまるで関係ないのだ

これらが行われた理由は、金品略奪と原爆開発だ
それを隠すための共産主義だのコミンテルンだの、実にバカバカしいこじつけをしている
実にバカバカしいぞおまいらは

72名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 12:48:59.96ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

7YHPP

73名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/06(火) 22:59:19.83ID:sSeDltJs0
「リメンバー・パールハーバー」は変遷している
http://best-times.jp/articles/-/8001
日米開戦、スターリン工作説!
http://best-times.jp/articles/-/8021
アメリカでルーズヴェルト批判がタブーだった理由
http://best-times.jp/articles/-/8023
ルーズヴェルト大統領、四つの大罪
http://best-times.jp/articles/-/8024
ヴェノナ文書研究が暴いたスターリンの戦争責任
http://best-times.jp/articles/-/8031
連邦議会でもソ連のスパイ工作が追及されていた
http://best-times.jp/articles/-/8130

新着レスの表示
レスを投稿する