アジア・太平洋戦争のことを大東亜戦争と言ってる奴w [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/26(月) 15:19:04.05ID:aHC6Q9tx0
右翼「『大東亜戦争』の『大東亜』はイデオロギー面とは無関係であり、戦争の範囲をあらわす名称(キリッ」


アラスカ・アメリカ西海岸も大東亜って言うの無理があるだろ
この言い訳、完全に破綻してるんだよなぁ…

2名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/26(月) 16:48:40.12ID:8r6qUts0O
藤田信雄「せやな」

3名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/26(月) 20:58:16.37ID:XQXxJW000
インド洋をアジア・太平洋と言うのも無理があるな

4名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/26(月) 21:22:23.90ID:QFTYChPN0
大東亜戦争
太平洋戦争
アジア太平洋戦争
先の大戦
あの戦争

あなたはどの呼び方をしていますか?

5名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/26(月) 21:36:08.53ID:eQ6bdzg10
風船爆弾の最遠到達場所はアメリカ中西部ミシガン州らしいから、
もはや太平洋ではなく、アメリカ大陸だ。

だから「アジア・オセアニア・アメリカ・太平洋・インド洋戦争」が正しいか。

マダカスカルをアフリカに入れれば、
「アジア・オセアニア・アメリカ・アフリカ・太平洋・インド洋戦争」だ。

6名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 00:14:33.34ID:7bdCDENm0
呼ばれたらしい(´・_・`)

7名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 00:30:13.47ID:aRrGdud70
アジア・太平洋で括れる範囲と大東亜で括れる範囲なら、アジア・太平洋で括れる範囲の方が広い
まずアメリカの西の方は太平洋に隣接してるし、オセアニアも太平洋に隣接してるでしょ
インド洋はアジアと接している

だからマダガスカルが問題になるけど、マダガスカル人はアジア人寄りの系統だからアジアで括ってOKじゃない?

8名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 00:56:25.42ID:5zgIOFmW0
「日本によるアジア解放の戦い」だねw

9名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 01:58:20.68ID:xBOg8mc00
>>8
嘘は良くない。
開戦の詔勅に、”亜細亜開放”なんて文言はない。

10名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 06:06:50.90ID:jpVpV+000
>>7
「マダカスカルはアジア」は珍説すぎる。

「ヨーロッパと南アメリカと大西洋以外の地域戦争」が良い。

11名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 12:10:16.56ID:5zgIOFmW0
>>9
終戦の詔勅でアジア解放の戦いと総括してるから嘘じゃないねw

12名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 12:27:58.00ID:5zgIOFmW0
開戦の詔勅と終戦の詔勅とどっちが重要かというと、これは一般的には
甲乙つけがたいだろうねw まあどちらも公文書としての効力があったことには
違いないね。 俺は終戦の詔勅のほうが重要だと個人的に考えるねw

13名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 12:36:16.42ID:5zgIOFmW0
開戦の詔勅と終戦の詔勅、どちらも公文書としての効力があったのならば
開戦の詔勅にアジア解放と書いていなくても、終戦の詔勅にアジア解放と
書いてあれば、公的に戦争目的はアジア解放であったと述べたことになると
いえるねw

14名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 13:24:40.15ID:xBOg8mc00
>>13
そんな馬鹿な理論が通じるわけがない。
アメリカに
「大東亜戦争はアジア開放戦争である。」
なんて安倍首相が言えるのか?

後になって自己弁護するのを
”言い訳”
というんだよ。

結局。ネトウヨは馬鹿しかいないんだな。www

15名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 13:29:28.83ID:5zgIOFmW0
>>14
まあ安倍がそのことについて言及しようとしまいと、終戦の詔勅にそう書いて
あるのは事実であるからねw そもそも最初の話は詔勅などの公文書に
アジア解放という文言があるかどうかということから始まったので、現在の
政治家が日本の戦いはアジア解放のためであったと認めるかどうかという
論点とは別といえるねw 政治家の認識や判断については、個々の政治家に
よって違うわけで、侵略戦争と考えるものもいれば、それには反対という
政治家もいるわけだねw 終戦の詔勅は公文書であって、それにアジア解放と
書いてあるというのは、政治家の歴史認識がどうであろうと認めざる得ない
客観的歴史事実といえるねw 政治家がそれを言えない言わないというのは
政治的な都合であって、歴史事実の確定とは関係ない話であるねw

16名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 13:48:12.14ID:5zgIOFmW0
安倍やその他現代の政治家がどういうかが、開戦の詔勅や終戦の詔勅に書いてある
より重要で、開戦や終戦の詔勅に何が書いてあろうと、どうでもいい話なら、そもそも
開戦の詔勅にアジア解放と書いてあるかも歴史的にどうでもいい話ということになって
そんなことについて議論する価値がそもそも無く、現代の政治家の解釈にしたがって
すべての歴史は解釈すべきで、資料に直接あたる必要もないといえるねw

17名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 15:06:26.04ID:F5MbQdJd0
開戦の詔勅と終戦の詔勅を見てみました。
「アジア」ではなく「東亜」ですね。
開戦の詔勅では「東亜の安定」です。
終戦の詔勅では「東亜の安定」と「東亜の解放」です。

「東亜」には通常マレーシアやフィリピンは入りませんね。
開戦時に東亜で不安定だったのは中国だけでしたから、
限定的に『「中国の安定化」のために米英と戦争する』で良かったでしょう。

終戦の詔勅の内容は支離滅裂で、東亜は元々、植民地にされていないので、
東亜の解放のために戦っていた、という事はあり得ません。
朝鮮・台湾を植民地と解釈し、満州を傀儡だと解釈すれば、
これらの東亜の解放の為に戦っていたのは、むしろ連合国になってしまいます。

18名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 15:25:20.38ID:F5MbQdJd0
日本が東亜で解放した地域もありました。
それは、イギリス領香港と中国各地の租界だけですね。
中立国のポルトガル領マカオは解放していません。

19名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 15:41:45.22ID:5zgIOFmW0
>>17
よくまあここまで支離滅裂な文章書けるもんだと感心するわw
日本軍はフィリピンやマレーシアでも戦争やってたので
日本政府による戦争の呼称は大東亜戦争だったのだから
フィリピンやマレーシアも「東亜」に含まれるのは自明であるし

日本軍が戦争やったフィリピンマレーシアインドネシアビルマ
ベトナム、すべて西欧の殖民地であったことも歴史的事実で
これらの国も「東亜」に含まれるわけであるねw まあ終戦の
詔勅では東亜の解放のために協力していたとあるので、終戦の
時点で東亜の解放、アジアの解放が実現したわけではなく
東南アジア諸国やインドが独立したのは戦後の話になるわけだねw
そのような戦後におけるアジア諸国の独立と解放を、終戦の詔勅は
予告していたといえるねw

20名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 16:31:04.72ID:Fx4TIfY+0
あの戦争でFA?

21名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:05:17.49ID:DfJtwHbS0
>>19
日本語を正しく使おうな

東亜=東アジア
大東亜=東アジア+α(東南アジアなど)
だよ

22名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:12:48.81ID:DfJtwHbS0
>>19
>日本政府による戦争の呼称は大東亜戦争だったのだから
>フィリピンやマレーシアも「東亜」に含まれるのは自明であるし

なぜそうなる?
日本政府による戦争の呼称は大東亜戦争だったのだから
フィリピンやマレーシアも「大東亜」に含まれるのは自明であるが、
「東亜」に含まれるとは言えない

23名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:24:34.51ID:5zgIOFmW0
>>22
終戦の詔勅における「東亜」は東アジアで大日本帝国に協力した汪兆銘の中華民国や
満州国のみを指すという解釈は成り立たないと思うねw まあ東亜の解放に協力した
諸盟邦であるとはいえるだろうが。日本と戦争前から協力していたところをなんで日本が
また解放する必要があるのか意味わからないしw まあ「東亜」も「大東亜」も結局
アジアを指す言葉と解すれば、アジア解放という意味にとるが適正といえるねw

24名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:26:55.44ID:5zgIOFmW0
戦争当初から大東亜戦争という名目で戦ってきたのに、終戦の詔勅において
大東亜から東亜に縮小する意義もよくわからないし、この詔勅における「東亜」は
「大東亜」とほぼ同じ意味と考えるのが妥当のように思うねw

25名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:42:28.15ID:5zgIOFmW0
まあ「安定」の前にある「東亜」は東アジアに極限して考えることもできるが
「解放」の前の「東亜」はそれだと辻褄があわないねw やはり日本の戦争は
解放戦争と宣言するのは非常に大それた話だからってんで、書くのが
躊躇われたことがうかがわれるねw

26名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:48:17.81ID:DfJtwHbS0
>>24
>戦争当初から大東亜戦争という名目で戦ってきたのに、終戦の詔勅において
>大東亜から東亜に縮小する意義もよくわからないし、

「東亜の安定」が謳われた開戦の詔勅は1941年12月8日で
「大東亜戦争」の呼称は12月12日からのようだ。

終戦の詔勅における「東亜の安定」は
開戦の詔勅における「東亜の安定」を受けたものであることは明らかである。

終戦の詔勅において、並び立つはずの無い「東亜の安定」と「東亜の解放」を並べてしまっているのは、
戦争に負けて気が動転して、何がなんだか分からなくなっていたからだろう。

27名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:50:44.36ID:5zgIOFmW0
>>26
何が何だかわからないって、それなら「解放」なんて書かないよw ポツダム宣言
受諾の公文書でとても重要な文書なのに、そんないい加減な話じゃとても納得
できないねw

28名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 17:55:07.41ID:5zgIOFmW0
まあ東亜の解放というのは、アジア解放のことであるとすれば、やはり日本の
戦争はアジア解放戦争であったといえるねw

29名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 18:18:27.09ID:DfJtwHbS0
>>28
あなたは痛々しい。
「東亜の解放」としか書いていない「終戦の詔勅」から「アジアの解放」を言うから無理が生じる。
アドバイスしてやる。
「大東亜共同宣言」あたりを持ってくる方がいいぞ。

30名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 18:27:06.27ID:5zgIOFmW0
>>29
まあ大東亜宣言では東アジアの国だけでなくて、他のフィリピンやタイや
インドの代表もきてたわけで、「解放」の対象となる国は東アジアだけでは
ないことは明白といえるねw つまり「東亜の解放」とはアジア解放を意味すると
いえるねw 「東亜」と「大東亜」の違いにこだわったところで、「解放」を説明
できなければ何にもならないわけだねw 挙げ句の果てに支離滅裂とか
いいだすが、自分の頭が支離滅裂になってることに気づかないわけだねw

31名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 18:33:38.97ID:DfJtwHbS0
>>30
だから、「終戦の詔勅」を持ち出すな、って事。
あと、「大東亜」を「アジア」に拡大するのもダメだよ。

「アジア」はどんだけ広いか分かってんのか?

君に言っても無駄そうなので、さよなら〜

32名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 18:45:07.47ID:5zgIOFmW0
>>31
なんで持ち出しちゃいけないさw 何も明白な理由がないねw
どっちにしろ「解放」が説明できないようじゃ、おまえの解釈は
すべて支離滅裂といえるねw

33名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 21:34:09.49ID:EZXdUhBaO
「大東亜戦争」or「第二次世界大戦アジア太平洋戦線」

34名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 22:51:49.98ID:xBOg8mc00
>>32
どう読んでも、お前の方が異常。
なんで、戦争が終わる時の定義が、全体定義になるのか?
どちらにしても、安倍首相は”アジア解放戦争なんて、口が裂けても言わないだろうが。

お前、オナニーしているとしか見えないよ。

35名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 22:52:52.07ID:xBOg8mc00
>>32
お前が支離滅裂だ。
バカか?

36名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 22:58:37.99ID:5zgIOFmW0
>>34
始まるときの定義のほうが全体定義ってほうがおかしいじゃんw 始めるときは
戦争の期間や規模や結末がどうなるかという全体像なんてわからないだからねw
戦争が終わる直前ならば、戦争の期間や規模や勝敗そのほかについて、全体像は
戦争前よりもずっとよく把握できるといえるねw

37名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 23:02:58.77ID:5zgIOFmW0
>>34
安倍がいおうというまいと、日本がアジア解放のために戦ったことは
歴史的に明らかと言えるねw 靖国神社が日本によってアジアが解放
されたという歴史観をもっているとすれば、靖国を参拝すれば、言葉で
いわなくても、行動によって日本によってアジアが解放されたという
歴史を示すことができるといえるねw そして安倍は総理になってから
既に靖国に参拝しているわけだねw しかし靖国に参拝するだけでも
内外から圧力が強いわけで、アジア解放の歴史観を公人が口外するのは
現在も難しいとはいえるねw

38名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 23:40:30.14ID:xBOg8mc00
>>36
そりゃ研究者や学者が総括して客観的な判断としての定義することは問題がないが、
当事者が、最後の定義を変えること、特に悪い結果になった時の変更は、
見苦しさを伴った”言い訳”にしかならない。

詔勅の内容に責任を持つ政府は明らかに当事者だろ。

>>37
何か勘違いしているようだが、アジアの開放を直接行ったのは、明らかにアメリカだ。
アメリカはWW2で戦った相手は、枢軸国だけではなく、ブロック経済の打破が一番の
目的であって、自由貿易を獲得するために、戦後戦勝国にも圧力をかける。
インドネシアなどは、独立を認めなければ、オランダへの物資供給を中止することを
チラつかせて独立させる。

アメリカ製品を売るためにブロック経済を潰すことが、アジアの開放になった。

少しは歴史を勉強しなさい。
日本がアジアを解放したんて信じているのは、キチガイの頭の中だけだぞ。

39名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/27(火) 23:53:57.14ID:xBOg8mc00
>>37
>靖国神社が日本によってアジアが解放されたという歴史観をもっているとすれば、
>靖国を参拝すれば、言葉でいわなくても、行動によって日本によってアジアが解放
>されたという歴史を示すことができるといえるねw

やっぱり脳が膿んでいるんだな。病院に行きなさい。

40名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 00:12:20.77ID:RHvWOp9E0
>>38
前半何いってるのか訳わかんないけど、詔勅にある「解放」の説明に
まったくなってないことは確かであるねw 説明できないから、支離滅裂とか
いいだすわけで、それはおまえの頭が支離滅裂な証拠といえるねw
頭が支離滅裂だから、前半部も支離滅裂で論理も何もないわけだねw

後半部

アメリカがアジアを解放した? 寝言は寝ていいなさいw そもそもアメリカは
日本によってアジアが解放されるまで、人種平等を認めていなかったわけでねw
インドネシアがオランダから独立する手助けをしたって、インドネシアの自由を
願っての高邁な目的かどうかは疑わしいし、インドネシアが中共よりになって
いったら、共産主義者を大虐殺する工作やったという話もあるねw

そもそもインドネシアが独立宣言やった日時は1945年8月17日であって
この独立宣言にはいかなる形でもアメリカはかかわっていないわけで、つまり
アメリカがアジアを解放したなどというのは寝言なわけだねw

41名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 00:19:58.96ID:RHvWOp9E0
アメリカはインドネシア独立戦争が何年も続いて、新興国からオランダへの
非難が相次ぎ、インドネシア独立が避けられない情勢になってから、オランダへの
圧力をかけたので、それをアメリカがアジアを解放したなどというのは、当時の
流れというものをまるで理解していないといえるねw

42名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 10:15:20.07ID:pxJuGmYI0
くだらねーなしかし

43名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 10:24:33.17ID:R/Frt8eD0
日本軍は降伏後イギリス軍の下でインドネシアの独立運動弾圧したんだよな
アジアの解放笑は金日成伝説なみのファンタジー

44名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 12:37:35.25ID:AZ+oqI3M0
どこの誰ともしらねー有象がいいだした造語より
日本政府の公称のほうが制式なの、あたりまえだろ。
アジア太平洋戦争なんざ、べつに太平洋アジア戦争でも
かまわねーんだからよ。

45名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 12:42:58.49ID:fTbEecVS0
>>38
そもそも旧日本軍が暴走したのは、世界恐慌で日本がブロック経済で追い詰められていったのが原因。世界恐慌が無ければ満州や朝鮮は堂々と日本から独立していたかもしれないし、日中戦争や太平洋戦争も無かったかもしれないからな・・・。

世界恐慌は1929年にNYで起きた株式市場の大暴落であり、未曾有の大不況により、その後十年以上、世界はこの恐慌に端を発した不景気でズタボロになり、その衝撃は後の歴史を劇的に歪めるほどに痛烈なものでした。
イギリス・フランス・オランダなど欧米列強は世界各地に広大な植民地を持っていたので、
関税を高く設定することにより、自国経済圏と外部との貿易を制限し、金の海外流出を阻止して経済と利権を維持しつつ、自国の制御下に置こうとしました。
これは「ブロック経済」政策と呼ばれます。しかし、これは植民地貿易の利権を独占して厳しい重税等で植民地に本国の失政のツケを全部押し付ける事ができたからなのです。

一方のアメリカは大規模な財政出動を行って経済を刺激しようとしました。いわゆる「ニューディール政策」というやつです。
だが、実際のデータなどを見ると、確かに一時期のような落ち込みをくい止めることこそできたものの、実態は焼け石に水でした

世界恐慌で最も大打撃を喰らったのは高額な関税や革命により英国・フランス・オランダ・アメリカ・ロシアなどの経済圏との貿易で不利な条件を課せされてしまった日本、ドイツ、イタリアなど植民地を「持たざる国々」です。
さらなる成長と景気対策のためには「侵略して何らかの資源が獲得できそうな植民地を新しく作る」しか選択肢は無くなったのです

・・・だから戦争や侵略に走ったのです。

46名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 12:57:17.37ID:fTbEecVS0
世界恐慌のとき、日本は、いわゆるリフレーション政策が採られました。

どういった政策かというと、簡単に言えば、政府が積極的にお金を使うことで、国民全体が持っているお金の量=通貨供給量を増やせば、皆が再びお金を使うようになるから景気が回復する、という方法です。
そのために、高橋是清は、まず金輸出再禁止を行い円安にしました。こうして、円安によって輸出を増やすと同時に、軍事費と時局匡救費を増やして国内の通貨供給量を増やしました。
軍事費は簡単に言えば戦車や軍艦などを作るためのお金、時局匡救費は貧しい小作人を働かせることを目的にした公共の土木事業に支払うお金です。
これらの政府の支出を増やすことによって国民の間に金周りがよくするようにしました。
この政策によって、日本経済は順調に回復を見せ、1932年には当時の先進国(当時は“列強諸国”)の中では最も早く恐慌前の水準まで経済を立て直すことに成功しました。

だがしかし、そのツケは大きかった。

強制的な円安によって造られた安い日本製品は、世界各国との間に貿易摩擦を発生させ、世界のブロック経済化を進めることになりました。
ブロック経済化とはつまり、自国だけ景気がよくなればよい、他国がどうなろうが知ったこっちゃないという近隣窮乏化政策を展開したのである。

さらに、財政再建のため軍事費を増やしたため、軍部にはいわば軍備拡張の名目を与えてしまう結果になりました。
そして世界恐慌で荒んだ当時の日本では軍部に軍閥とその取り巻きのイエスマンがさかんに『大陸進出(中国大陸侵略)を行えば、世界恐慌から脱出できる』『大陸進出(中国大陸侵略)を行えば、大地主になれる』と説いていた。
この宣伝文句は貧しい小作人にとって夢のようなことばだった。

高橋是清は日本経済が立ち直った時点で軍事費の増額はやめ、逆に軍縮を志向していましたが、
この頃の政党は、普通選挙の始まりによって多くの政治資金が必要になり、汚職事件が多数発生しており、
政党や内閣、その取り巻きの財閥への国民の不満と怒りが急激に高まっていた。

そのため、結局二・二六事件の原因になりました。

今思えば、強引にでも地主制を廃止して、所得の再分配をする必要があったのです。
しかし、地主が既得権益者になっていた当時の日本では無理だった。地主制を廃止できたのは戦後の話である。

47名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 14:37:24.27ID:yX1VGa1G0
日本人はいつ本当の真実に気づくのか

なぜ日本が数々の戦争に突入したか
そんなこと決まりきってる 
ただただ黒船来航でのショックが全て
幕末の攘夷と大東亜戦争を切り離して考えるからおかしなことになる
富国強兵も帝国主義を採用したのも全ては欧米の脅威から来るもの
先の戦争だけ切り離ししてやれ「日本は悪だった」なんていうアメリカが言うインチキ歴史に洗脳されてる馬鹿が沢山いる
更に言えば幕末から1945年終戦までの軍部は武士道精神を根底に置いていただけであって、
それを先の戦争だけ切り取ってやれ「軍国主義」だの「軍靴」だの批判するのは大間違い
サムライの時代から日本軍になってからの数々の活動までたった数十年しか経ってないわけで、
幕末の攘夷から1945年終戦までは繋がってるんだよ
ていうか当時の世界情勢や倫理観や道徳を無視してさ、
現代の価値観で当時を批判するのは本当に愚かな行為だね
先の戦争の本当の原因はさ、
アメリカによる陰湿な経済圧力や経済封鎖とソ連スパイなどの暗躍なんであって、
それに対して堪忍袋の緒がキレた武士道精神が根底にある軍部が馬鹿正直に蜂起しただけの話。

48名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 18:37:51.55ID:xRe8oo0S0
>>4
私の場合、文章で書くときは
・「大東亜戦争」(日本中心の記述の時)
・「第二次世界大戦」
・「太平洋戦争」は日米戦に限定して使用する。
口で言うときは
・「戦争」、「第二次大戦」など

中学の歴史教科書でどう記載されているか?
・すべての教科書で「太平洋戦争」が使われている
・シェア約半分の教科書で「大東亜戦争」、「アジア太平洋戦争」も併用されている。

<資料>
平成24〜27年度中学校歴史教科書
http://tamatsunemi.at.webry.info/201107/article_40.html
平成24年度使用 中学校教科書シェア
http://blog.goo.ne.jp/project-justice/e/e7fbf5562ce5574dd7ea2f8e5fffd0c5

■主に使っている戦争名
出版社 シェア% [注釈などにおける戦争名]

■太平洋戦争
東京書籍 52.8% [ー]
教育出版 14.6% [大東亜戦争、アジア太平洋戦争]
帝国書院 14.1% [大東亜戦争、アジア太平洋戦争]
日本文教出版 12.6% [大東亜戦争、アジア太平洋戦争]

■太平洋戦争(大東亜戦争)
育鵬社 3.7% [ー]

■アジア太平洋戦争(太平洋戦争)
清水書院 2.1% [大東亜戦争]

■大東亜戦争(太平洋戦争)
自由社 ー% [ー]

49名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/28(水) 19:18:02.00ID:pebuffgX0
正論スレ

50名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/29(木) 09:49:17.41ID:Az1L7qN40
>>45
横レス失礼
>そもそも旧日本軍が暴走したのは、世界恐慌で日本がブロック経済で追い詰められていったのが原因。
ブロック経済が本格的に始まったのはオタワ協定で1932年8月。
満州事変の方が先なんだが。
旧軍の暴走の始まりは張作霖爆殺からとも言えるが、であれば世界恐慌よりも前からになる。

>世界恐慌が無ければ満州や朝鮮は堂々と日本から独立していたかもしれないし、
それはないな。

>日中戦争や太平洋戦争も無かったかもしれないからな・・・。
こちらは可能性はなくもないだろうけど、あのままだったら旧軍の暴走は止められなかった可能性の方が高い。

あなたも>>46で言ってるように、構造改革が必要だったわけだが、日本が自力でやれるか難しい。
日本の権威と実権が乖離した二重構造、派閥の連合体は根本的な改革は難しい。
加えて地主解体を主張してたのが社会主義、共産主義勢力だったからねえ…

51名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/29(木) 17:45:31.29ID:Cc9lfS3G0
世界恐慌で侵略に走った論は、日本はむろんドイツだって当てはまらないよ。
そもそも日本の場合は明治初年の台湾出兵から一貫して行われた民族拡張
政策の延長戦なわけだし、そもそも満州事変は新規国家の独立であって侵略
でもなんでもない。つーかすでに半植民地状態だったわけで。ドイツのばあいだって
ナチスが政権をとってラインラント進駐の36年までとってもすでに英米仏を先駆けて
恐慌以前の経済規模の回復してしまってるわけ。「なんとなーく」の進学塾の
学生アルバイトが考える程度の歴史観で近代史語っちゃダメだよ。

52名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/29(木) 17:49:38.43ID:Cc9lfS3G0
「恐慌で失業者があふれたから、新規の領土が必要になった」ってのは
まったく事実をみてない妄想にすぎない。1929年の大恐慌がなかったら
大東亜戦争がなかっただの第二次世界大戦がなかっただのといった立論は
まあありえないわけ。

53名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/29(木) 17:54:46.75ID:Cc9lfS3G0
恐慌の爪痕にいつまでも苦しんだのは英米仏の自由経済諸国
とりわけアメリカであってソ連、ドイツ、日本は生産の国家統制で
急速に回復したんだ。つーかソ連はそもそも5か年計画中だから
影響すらほとんど受けてない。まずこの前提を押さえてもらいたい。
恐慌から離脱し失業問題を解決するために侵略戦争が必要不可避で
あるなら、まっさきにアメリカこそがやらなきゃならなかった。

54名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/29(木) 20:53:31.52ID:lOo8/8vb0
日本が爆発的な人口増加したのちの恐慌だったということ

55名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/29(木) 21:05:14.99ID:lOo8/8vb0
大正期の人口ピラミッドを見たら、移民や領土拡張は
急激な人口増加の結果とわかる

日本の現在のすべての問題も人口ピラミッドでほとんどのことが
説明できるのと同じ

56名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/30(金) 01:35:05.45ID:0sPMgRGP0
【ドイツ】
・世界恐慌→米国からの復興援助がなくなる→不況→ナチスの台頭&生存権(市場)の確保へ

【日本】
・世界恐慌→昭和恐慌→不況→経済圏の確保→大陸進出→満州事変

日本もドイツも世界恐慌後に急進的な勢力が台頭した。
それはなぜか?世界恐慌で市場がなくなったことが原因だ。

【米英仏】
・世界恐慌→ブロック経済を実施・米はスムート・ホーリー法で高関税率の実施→新興国(独・日・伊)が経済圏からはじき出された
新しい経済圏を求め国民はよりリスクが高い侵略を許すことになる。

57名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/30(金) 01:43:33.50ID:0sPMgRGP0
世界恐慌の原因を総括したら3つにまとまる

第一の原因は、バブルがはじけて人々が株で大損をしたために、消費を極端に控えるようになったからである。
第二の原因は、アメリカが金本位制度をとっていたことと関連する。金本位制のもとにあっては、中央銀行は保有する金に見合った量の紙幣しか発行できない。
つまり、不景気になっても金融マネーサプライを増やすという緩和政策を実施することができないのである。
第三の原因は、国際経済制度に不備があったことと関連する。すなわち、不況に直面した先進資本主義諸国は為替切り下げ競争に走り、ブロック経済を実施したのだ。


世界恐慌の最大の教訓は経済制度に不備があったことである。

世界恐慌に直面した日本を含めた先進資本主義諸国は為替切り下げ競争に走り、ブロック経済を実施したのだ。
つまり、自国の輸出が増えれて輸入が減ればいい、今さえ良ければいい、自国さえ景気がよくなればよい、そして他国がどうなろうが知ったこっちゃないという近隣窮乏化政策を展開したのである。
それが世界貿易を急激に縮小させ、旧日本軍やナチス・ドイツ、ムッソリーニ政権のイタリアが歴史の表舞台に出た一因となったばかりではなく、
さらには北半球の多くが生きるか死ぬかという過酷な戦場へと化けた第二次世界大戦の原因ともなったのである。

このときの失敗を反省して第二次世界大戦後、為替切り下げ競争を回避するためにIMFを作り、 自由貿易を推進するためにWTOの前身であるGATTを作って
現在に至るまで世界経済のグローバル化・ボーダーレス化と自由貿易を貫いているのは世界恐慌や世界大戦を絶対に繰り返さないためなのである。

今度第三次世界大戦になったら・・・。

「リアルマッドマックス」「リアル北斗の拳」「リアル猿の惑星」「リアルFallout」「リアル攻殻機動隊」「リアルエンドオブザワールド」「リアル風の谷のナウシカ」「リアル未来少年コナン」の世界になるしか無いからね

58名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/30(金) 09:24:11.55ID:+nFpwaZo0
>>56 いや因果関係が混乱してるんだよ。日本の大陸進出は
明治初年から一貫した政策なんだから「大恐慌で侵略が〜」では
解説にならない。むしろ欺罔してるからタチがわるくて指摘せざるを
えなくなる。1929年以降に世界各国でおこったのは行政府による
議会権力の簒奪であって、これはアメリカでも明確に発生したこと
なんだ。日本やドイツだけの話ではない。ルーズベルトは33年の
就任直後の100日議会で修正対敵通商法を成立させて
国家の非常事態を戦争ととらえマーシャルロー(戒厳)の法理で
重要案件をどんどん成立させたんだよ。

59名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/30(金) 09:27:57.69ID:+nFpwaZo0
それからドイツからアメリカ資本が撤退したから(一時撤退したのは事実だが)
ナチスが台頭してドイツが復興したというのも微妙に誤謬があって、ナチス
政権下でフォードやデュポンがドイツ復興に貢献したことはよく知られてる事実。

60名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/04(火) 02:36:47.59ID:VB1ORbob0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃             J( 'ー`)し                 ┃
┃              ( )                 ┃
┃               | |              ┃
┃           【カーチャン】             ┃
┃                                  ┃
┃.  カーチャンを見た人はいつでもいいので     ┃
┃      生きている間に親孝行して下さい。    ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

61名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/15(土) 22:13:59.18ID:Q4ESSMHZ0
大陸への侵略は明治維新政府の国是だよ。
昭和期になって俄かに日本は侵略的になったのではない。

62名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/16(日) 00:25:23.25ID:z5w2U//f0
なんで1929年の世界恐慌を脱するために侵略戦争を〜みたいな妄想を
いまだに熱弁するやつが多いんだろうな。学校でもそんなこと教えてない
はずなんだけど。仮に満州事変が1929恐慌を脱するための関東軍の謀略
だったと仮定しても(そんな馬鹿げた仮定自体無意味だが)、満州事変は
あっというまに収束して日中の全面衝突にはならなかったし、満州事変の
けっか日本が米英から経済制裁を受けたという事実もない(国際連盟は
中国の採決要請を拒否してる)わけで。1937年の日中戦争開始時点では
すでに恐慌前の水準に回復してむしろインフレ気味で歳出抑制しなきゃ
いけないくらいだったというのにだ。ましてや1941年開戦にいたっては
ABCD包囲による経済制裁が直接の開戦理由であって、すでに恐慌など
何の関係もなかった。

63名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/20(木) 08:56:41.26ID:1mg7bAjf0
>>62
少なくとも満州事変以降、特需が起こった事は事実なのだから、それは認めないと。
満州事変は、日本が世界恐慌から脱するきっかけに成ったが、現地軍暴走という、悪弊を作り出した事が事実だろ。

64名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/20(木) 13:24:53.00ID:N7oQQVa/0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/vX3ERl

65名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/20(木) 13:28:11.77ID:GMf0zuNS0
きっかけにはなってないよ。単に恐慌の底のタイミングで
発生しただけ。日本が恐慌を脱出したのはそれまで内地では
ほとんど行われてこなかった大規模投資を内地でおこなう
ようになったからだよ。高橋の積極財政の対象はほとんどが
内地。むろん満州事変により鞍山や撫順の権益がようやく
安定したというのもあるが、それは前後関係にすぎんよ。

66名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/20(木) 13:32:14.16ID:GMf0zuNS0
それに「円ブロック獲得のために中国に侵略を〜」みたいな勘違いから
恐慌が侵略戦争につながったみたいな話しにしたがるヤツもいるが
そもそも円ブロックなんてものはなくて、ようはポンドやドル、フランから
締め出されて残った残余が円ブロックにすぎんわけで、日本はアメリカや
イギリスと交易したかったのに、「むこうが」一方的に関税をものすごく
引き上げたんだよ。そこ無視して「円ブロック拡大のため〜」とか論じるのは
ナンセンスそのもの。

67名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/20(木) 14:25:31.45ID:H/qUHXLgO
むしろ、世界恐慌での列強のブロック経済を見て、次に同様事案が発生した場合の為の「対策」として
日満支での円通貨圏構築が必須だと痛感したんじゃないのか。
日本でもブロック経済で乗り切れる様にしておかないといけないと考えたならば
世界恐慌の経験が後々に影響を与えたのは否定出来無いだろう。

68名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/20(木) 14:43:29.54ID:GMf0zuNS0
とはいえじっさい当時の交易品みてみると日中間で取引されてるものって
卵だとか乾燥野菜だとか木工品だとかタワシだとかそんなものばっかなんだよ。
日本が欲してた製造装置だとか電気機器、通信機やモーターなんかはほぼ
ぜんぶがアメリカから来てて、日本はそれを絹製品や茶やタバコなんかで支弁
してるような状況だったんだよ。満州からは鞍山から鉄鋼品がようやく入るように
なったけど恐慌の発生で中華民国が「輸出税」を課そうとしはじめたりしてた
ような状況。円ブロックなんてのは理屈の上だけの構想であって、現実には
そんなものはありえないし、日本帝国が必要としてたものがその中ではぜんぜん
自給できてなかった。

69名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/21(金) 12:25:33.48ID:sbWG+tINO
>>68
実際に欲していた資源を始め、確かに日満支だけでは難しかったんだろう。
だから
日満経済ブロック→日満支経済ブロック→大東亜新秩序→大東亜共栄圏
へと構想が拡大したんでしょ。

大東亜共栄圏では円通貨経済圏として域内コントロール出来る様に考えたんじゃないのか。

世界恐慌の不況脱却や次期対策として円通貨圏を構想し
域内での効果が希薄であるとして、更なる拡大を試みたとするならば
世界恐慌の経験が主因である事は否めないでしょう。

70名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/21(金) 18:18:40.13ID:QKvysXZx0
いやだからwバカはなんでそーやって空間的領土さえ拡張すれば
すべて解決すると考えるんだよwwいってんだろ日本帝国が必要な
ものはすべてアメリカから来てたんだってw南方行ったってとれるのは
せいぜい生ゴムと原油とわずかばかりの鉱石くらいだっての。

71名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/21(金) 18:20:58.48ID:QKvysXZx0
もっとも当時の学歴のない庶民が新聞読んでる程度だと、だいたいそういった
考え方じたい持っていたことまでは否定せんけどね。「円ブロック拡張のため
大陸や南方に侵略戦争を仕掛けた」なんてのは因果関係どころか前後関係で
すら間違ってますってお話し。

72名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/10(木) 23:51:18.10ID:unbSOz5u0
大東亜の解放を目的とした聖戦だとかぶっちゃけ後付けじゃん

73名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/11(金) 04:38:15.45ID:VmGSSq1Y0
勝ってりゃそれで通ったんだから戦争なら言ったらいいんだよ。
後付けとか関係ない。米英だってあとから侵略戦争だの日本国民の
開放だの好き勝手言ってたんだよ。

74名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/11(金) 08:28:49.47ID:5x1GM9WT0
日本を普通の国にさせたくない反日研究者の「上から目線」

勝者の正義と偏見・無知

日本の近現代史研究で知られるジョン・ダワー氏は日本の近代化への歩みを「急速・果敢・順調」と
まずは肯定的にとらえながらも「最終的には狂気に駆られ、残忍となって自滅した」と結論づけています。
ダワー氏の論にくみする日本の研究者も大勢いますが。
http://ironna.jp/theme/133

75名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/11(金) 11:00:21.17ID:j35Ig1g50
>ダワー氏の論にくみする日本の研究者
むしろそういう研究者は平衡感覚があると思います

戦前の日本の「狂気」と「残忍」にも
無知な痛い日本人がまだいますから

76名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/11(金) 11:07:16.55ID:VmGSSq1Y0
中共や米国がいまげんざいもとらわれてる狂気や残忍には
触れないのが「平衡感覚のある学者」であるための資格

77名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/11(金) 12:04:23.99ID:a6mVYI/40
アメリカの狂気と残忍はネイティブを虐殺しながら西へ西へと進んでいた頃からの筋金もんだな

そいつ博士論文が森鴎外についてで、金沢の短大で英語の先生やってたんだよな
アメリカではハーバード卒のエリートが、日本では聞いた事もないような女子短大にしか就職できなかった事への恨みがあると見た

78名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/11(金) 13:53:21.17ID:VmGSSq1Y0
常識でみて今の日本ほど平和で公正な国なんかあるわけないのに
過去ほじくり返して「ダメだダメだ」と叩いてるヤツが中立なわけあらへん
そういうことやってるからトランプみたいなんが大統領になるんやで

79名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/07(水) 00:19:51.88ID:WsxPuTQZ0
昭和16年頃の武蔵も

80名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/07(水) 07:42:38.81ID:RnFZm6v60
>>65
それは石原莞爾に対して失礼だ。
公共事業としての事変を世界恐慌脱失の要素があったことは間違いない。
そこが石原の天才たる由縁だよ。

しかし、独善という大失態をしているが。

>>68
満州事変以降の満州国建設の物資はどこから来たのか?
一国を作り出す特需が日本に恩恵が無かったのか?

そんな馬鹿な事は無い。

81名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/07(水) 17:17:41.99ID:1cJ8pqJk0
石原信者はそう思いたいんだろうけど、日本が恐慌を脱出したのは金本位離脱が理由。
ちょうどその直前に柳条湖事件おこしたから前後関係が錯綜してるだけだよ。恐慌の
悪化を天与の機会ととらえた可能性は十分あるだろうが、満州事変が日本経済に与えた
影響などなにもない。皆無。

82名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/07(水) 17:32:19.77ID:1cJ8pqJk0
金解禁が1930年で、それにより国内の準備金がいっせいに海外に流失(おもにフランス)
していったので、日銀は不況の真っただ中なのに公定歩合を6%にまで引き上げてたんだよ。
それは世界中のどの金本位制国でも似たような状況だった。で、31年12月に離脱して段階的に
3%代まで引き下げることでようやく恐慌から脱した。これが通説。石原の出る幕などない。

83名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/07(水) 19:36:40.36ID:dNDKr7Wp0
>一国を作り出す特需が日本に恩恵が無かったのか?
鮎川財閥さんがその恩恵とやらの大半をもっていきましたとさw

84名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/07(水) 20:14:07.93ID:Jj291lDk0
アカの連中はもう「15年戦争」呼称定着作戦はやめたのかw

85名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/08(木) 21:20:07.87ID:I+FXRM9Q0
>>81
は?
満州国建国で日本から人、金、モノが満州に大量に渡っているのだから、明らかに景気浮揚
なっている。
いったいどんな頭があれば、満州国建国が景気に影響しないなんて答えが出るのか?

世界で戦争になって戦勝国が不景気になった国があるのか?

知ったかぶりは、たいへんみっともない。

86名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/08(木) 21:30:06.46ID:sAFyLIyL0
そういう感覚論はどうでもいい
右翼ですらもうちょっと勉強してる

87名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/09(金) 00:46:23.24ID:cXnIyBY30
>>86
言っていることが分からない。
満州国建国で、日本から人金物が満州にいった事実は知らないのか?
こうゆうの戦争特需というんだよ。www

いったいこれのどこが感覚論なのか?

88名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/09(金) 06:42:22.05ID:gdYlrnT20
戦争特需というのは貿易が堅調じゃあなきゃ起きない。
当時満州利権にありつけたのは、一部の新興財閥だけ。

89名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/09(金) 12:54:57.14ID:eiI6HfgB0
>>88
歴史を教科書や、インチキウヨク本しか読まないから、こうゆう馬鹿が蔓延る。
満州事変以降、日本からいわゆる満州ゴロと呼ばれた、一攫千金を目指した日本人がどれだけ渡満したのか知らないのか?
少なくとも、人の移動は確実にあった。

90名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/10(土) 11:13:57.58ID:YxREUyNg0
内地の景気にはいっこうに影響してないんだよ。満州国建国で
国内の金利とインフレが進んだくらい。日本人の富になってない。

91名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/10(土) 11:16:15.29ID:YxREUyNg0
日清戦争に勝ったから日本がゆたかになった ほんとう
日露戦争に勝ったから日本がゆたかになった うそでした
朝鮮併合したから日本がゆたかになった うそでした
満州国建国したから日本がゆたかになった うそでした

92名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/10(土) 11:25:49.18ID:YxREUyNg0
「満州国建国や中国侵略で日本経済は好転した」というパサヨの妄想は、じつは
戦前の「満州国建国や中国侵略で景気を回復させろ」というアホウヨクとおなじ
妄執の上に立ってるんだよ。当時の日本は国力の増強や対米戦略にとって必要な
すべてをアメリカから購入していて、その対価として支弁できるものは生糸や茶・タバコ
くらいしかなかった。当時の日本にとって必要なのは(欧米とはちがって)金塊そのもの
だったんだよ。金塊が必要だから中国を侵略して「金塊を獲得」できればよかった。
土地など必要なかった。ところが日清戦争とはことなりすでに植民化されつくした
中華民国には金塊などなく国際的な決済力のほとんどない銀と公益性のほとんど
ない木工製品やら美術品やらしかなかった。これが現実だよ。小日本主義をとなえて
いた東洋経済新報派こそが経済の側面から正確に日本の国益を把握していた。

93名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/11(日) 08:31:23.09ID:hlr2PGUuO
1941年12月12日、大東亜戦争の呼称を閣議決定

94名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 08:08:44.34ID:72zD1OFs0
>>92
おいおい、渡部昇一先生は、
>しかも日本が金解禁を止めた年と、満州事変が起きた年が同じであったために、
>満州事変が景気恢復の女神のように見えたのである。関東軍の暴走が国民的支持
>を得たのも、ここにその一因があった。
http://blog.goo.ne.jp/chorinkai/e/a292a14300710e571e76b0161970a5ff

と言っているぞ。
渡部昇一は信用できないのか?

また、満州事変が大戦景気のケースの一つだとしている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%88%A6%E6%99%AF%E6%B0%97


満州事変が景気浮揚に役立たなっかたソースを出しなさい。

95名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 09:32:33.36ID:xT1eQaQM0
ちゃんと「〜女神のように見えた」って適切に書いてあるじゃん。満州事変は9月で
金本位離脱は12月だよ。国民には満州事変で景気がよくなったようにみえたんだろう。

後半のは31年末から高橋財政がはじまったからだよ。軍事費拡張もその一環だから
とうぜん財政支出増→総需要拡張につながる。そもそも軍事行動がすぐ納まった満州事変が
(熱河攻略まで含めたとしても)大戦景気なわけがないだろ。満州への投資で内地の景気が
よくなったんじゃなくて、内地でそれまで低調だった財政支出をばんばんやりだして、金本位
離脱で金利が6→3%になったことが景気回復の原因だよ。

96名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 09:50:46.68ID:72zD1OFs0
>>95
満州事変の景気浮揚は、大戦景気だとのソースを張っているが?

俺は、金利を下げたことも景気浮揚の一要因であると思うが、満州事変が景気浮揚の
要因にならなかったというのは、明らかに恣意的だと断言する。

当時の景気の回復に満州事変が全く関わらなかったというソースを示せ。

97名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 09:56:01.38ID:72zD1OFs0
>>95 追記
>高橋蔵相は,赤字公債を発行して日本銀行に引き受けさせ,それを財源とする積極財政
>を展開した。軍事費を増大して満州事変の戦費を確保するとともに,それによって軍需関連
>の民間需要を拡大させて景気を刺激したのだ。さらに円為替相場の下落を容認し,円を低い
>水準(1ドル≒3円強)で安定させる低為替政策をとって輸出に有利な条件を確保,他方では
>輸入関税を引き上げる保護政策も実施した。

当時の景気浮揚について、経済政策と共に満州事変による戦費調達も要因だと言っている。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/8536/pre.htm

さぁ、当時の景気回復に満州事変が全く関係が無いと言うソースをだせ。
出せるよな?

98名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 10:22:16.17ID:xT1eQaQM0
不存在の証明なのでだせません。きみが納得するとはとうていおもわないが
参考までに過去の軍事予算についてデータは示してやろう1932年度予算が
1.5倍になったのが高橋財政がはじまったからだ。

https://www.teikokushoin.co.jp/statistics/history_civics/index05.html

99名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 10:24:46.31ID:xT1eQaQM0
日露戦争が始まった1904年度や日中戦争のはじまった1937年度の急増も
ついでに確認したまえ。これが戦争特需というものだ。

100名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 11:17:17.89ID:72zD1OFs0
>>98
あのさぁ〜、馬鹿か?
満州国建国が1932なんだぞ。満州国建国と共に関東軍の増強があったため軍事費が
増えたと言う解釈をどのような論理で全て否定できるのだ?

お前たちは、自分の思想で歴史を改ざんしようとする中国共産党のような輩だぞ」。

1931年以降の景気回復には、満州事変が関わっていたことは、否めない。

これが真実だ。

101名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 11:18:17.86ID:72zD1OFs0
>>99
だから、日露役も満州事変でも勝ち戦なら特需が発生するんだよ。

少しは勉強しろ。

102名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 11:20:14.26ID:72zD1OFs0
>>98
不存在じゃないだろ。

「満州事変が当時の景気回復には関与していない。」

というのは、しっかりとした”命題”であって、それを証明できななければ、その命題は
”偽”ということになる。

当たり前の話だが?

103名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 22:55:34.66ID:YiSQioLb0
>>85-102
一連の議論を斜め読みしたかぎりの戦後サヨクからの雑感。
両者、景気を長期で語るか短期で語るかの違いにみえた。

【長期】
長期視点でみれば「事変」で利益得るのは「軍需産業」ぐらい。
賠償金なしの戦争で真の「景気回復」は期待すべくもない。
ベトナム戦争で米国の軍需は儲かったが、トータルの国力は極端に低下。
(※日本にとり対岸火事的ww1、朝鮮戦争、ベトナム戦争は真正特需)

肝心の満洲国も「建国債」は禁じ手の「アヘン専売益を担保にする」と
公言しないことにはプロの銀行団は相手にしないリスキーなモノだった。
結局、「東洋経済=湛山〜グラッドストン路線」が長期的、総合的に
正論というのは同意。しかしその一方、↓

104名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/12(月) 22:59:31.10ID:YiSQioLb0
【短期】
戦争は「超大型公共事業」。短期なら軍需中心に経済は動き、カネは廻る。
ツケはあとから来るにせよ、以前は極端にカネが廻らない景況だったゆえ、
当座のシゴトにありつけた国民は歓迎した。これを真の景気回復という
べきかは別にして。

なお「事変」は、中国の権利拡大にともない窮地にたたされてた日本の
関東州の「特殊権益=特殊貿易=密輸密売」が存続できることを意味した。
で、濡れ手に泡の麻薬密売などめざす「一旗組」も大挙して大陸へ。
その泡銭が邦人社会に流れ込み……の効果はじっさいにあった。

ということで、サヨク的視座もよければ眼をとおしておいていただきたし。
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1480227180/780-791

105名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/13(火) 00:16:21.04ID:YBUPkeHD0
>>103
感想ありがとうございます。
私としましては、景気回復の要因として長期も短期も認めているのだが、
私の議論相手は、満州事変(短期要因)を完全に否定している。
これは、歴史を思想で捻じ曲げている行為だと解釈している。

だから、この思想に偏った事を指摘している。

106名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/13(火) 01:54:21.32ID:+xupW7mV0
>>100 現在の物価で軍事費6兆円くらいのが8兆円くらいに
ふえた程度だから日本経済を支えるほどの規模じゃないんよ。
たいした規模ではない。

107名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/13(火) 07:13:22.27ID:YBUPkeHD0
>>106
俺は満州事変を軍事費増加だけの景気に対する効果だけではなく、満州事変から派生する
満州国建国を含んだ一連の動きが景気浮揚に繋がったと主張している。

108名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/13(火) 19:09:28.99ID:+xupW7mV0
朝鮮併合みたいに領土領民に対する課税権を得たのなら意味はあるが
満州国のばあい満州領土・領民に対する徴税権は満州国にあるんだから
満州が豊かになろうが日本の国庫には関係なかった。しかも主要な財源は
関税で、内国税は塩たばこ酒に対する消費税、出産税、営業税くらいしか
なかった。現代の視点での国の富(国富)とはまったく違うんだよ。

109名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/13(火) 19:10:29.31ID:+xupW7mV0
戦後のアメリカが日本やドイツの復興のために大量に資本投下して
日本やドイツの国民は豊かになったけど、アメリカ国家には直接は
関係なかったろ。おんなじこと。

110名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/13(火) 19:39:52.50ID:YBUPkeHD0
>>109
やっぱり、お前か。相変わらず馬鹿だな。
満州鉄道はなんだ?株式会社だぞ。満州鉄道の利益はどこに行くのか?
その他日本の資本の会社が満州に渡ってないのか?
現在日本が、世界各国に現地法人を作ることで、日本企業が利益を得ることになるだろ。
関係あるだろ。おんなじこと。www

111名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 04:01:41.21ID:Mdo/3fa90
1932年には6100万円ほどの純利益あげてるけれども(現在価値で6100億ほど)これの
大部分は地方貸付債の利息の未収分を満州国から一括して回収したためで、翌年からは
4000万くらいに落ち込んでるよ。しかも回収したというのは帳簿上だけのはなしで、じっさいは
満州国への貸付という形で処理され、最終的には鉄道事業を満州国に移管する時点で
相殺されチャラにされてる。つうか、国策企業とはいえしょせん1企業だぞ。それの動向で
日本国家や国庫が維持されるわけないだろ。

112名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 04:31:39.81ID:Mdo/3fa90
なんかホント、期待しすぎなんだよ。「不況脱却のため満州事変をおこし中国侵略を
おこなった」っていう妄想は、戦前の「不況脱却のため中国を侵略しろ」というウヨクの
議論とおんなじで、計数上はなんの根拠もない。戦前ウヨクの論法に戦後サヨクが
検証せずのっかっただけ。事実は東洋経済新報がいうように日本国家および日本社会に
とって必要だったのは金塊であって、その金塊は満州なんかになかったんだよ。

113名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 07:18:08.90ID:9kaqpvGx0
>>111
で?
満州事変から満州国建国の一連の流れが、日本の景気の浮揚に関係がなかったと
する学者、研究家の書いたソースがあるのか?
お前のトンでも説はどこから来るのか?

満州国にいった日本企業はなかったのか?
なぜ、日本から国民が渡満したのか?

やはり馬鹿か?

114名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 11:12:36.74ID:8eQB9Vyk0
満州に渡った日本企業の多くは新興財閥だよ。
日本国内は旧来の財閥が資本を占有していたから、
新興財閥にとって満州のビジネスは渡りに船だった。
それから、渡満した農民は退役軍人の関係者が
多かった。理由は日本が摂取した土地から立ち退いた
先住者らが不満を持って度々反乱を起こし、
武装を余儀なくされたから。

115名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 12:18:20.53ID:Pw8xlLzk0
>>114
は?
その根拠は?
満州に行った日産は新興財閥か?
適当な事を言うな。
満州国建国が日本に対して景気回復に役立っていないソースを示せ。

116名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 12:44:43.84ID:Mdo/3fa90
ちな関東州に進出した日系企業の大半は赤字経営。南満州鉄道だけ例外的に黒字体質の
強企業だった。それでこの程度。

117名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 12:49:45.46ID:Mdo/3fa90
>>115 満州事変前後のGDP推移などちょっとぐぐったらいくらでも
落ちてるだろ。まともな恐慌分析論で「満州事変によって日本経済は
不況から脱却した」などと記述してる論文など無いんだから、証明の
しようがないっていってんの。

経済学の通説では金本位離脱と高橋財政で恐慌を脱した、とくに
為替は金本位離脱で対ドルで半減したため輸出産業が一気に息を
ふきかえし、公定歩合も3%まで下がった一方で、急激な輸出増は
イギリスのオタワ会議やアメリカの反発を招き貿易制限体制(関税
引き上げ・ブロック制作)を招いた、高橋財政は35年にはすでに顕著な
インフレ傾向をまねき財政縮小論をまねきこれが226につながった。
これが通説。石原や満州事変の出る幕なんかないんだよ。書いて
ないんだから。

118名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 12:52:52.25ID:Mdo/3fa90
ソース示せいうまえに「満州事変が日本経済にもたらした効果」について論文書いてくれよ。
むしろ興味あるわ。こっちの理解では顕著な影響などどの論文にも記述されてないし
客観的な数値みるかぎりべつに影響などみられなかったとしか評論できないんだよ。

119名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 13:36:18.10ID:8eQB9Vyk0
満州重工業は日産コンツェルンとは別会社だよ。

120名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 18:57:07.27ID:9kaqpvGx0
>>117
渡部昇一著
”戦後七十年の真実”より
”満州国の建国がもたらした日本国内の好景気”
http://inumimi.papy.co.jp/inmm/sc/kiji/1-1069555-84/

しっかりと書いてあるので読むように。

さて、お前の妄想以外で、満州国建国が日本国内の景気に関係が無かったという
ソースを示せ。

121名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 19:17:39.73ID:8eQB9Vyk0
渡部昇一(笑)

122名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 19:22:14.64ID:9kaqpvGx0
>>117
報知新聞 1933.8.31(昭和8)

>満洲事変以来我国にはいわゆる満蒙景気なるものが起った、満州国と我国との間
>の貿易額は躍進に躍進を重ね、

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00464242&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1

123名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 21:44:37.65ID:Mdo/3fa90
ばかたれ。とんでもなく入超になっとるやないか。
ほんまこんなレベル相手に議論せなあかんのか・・・

124名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 22:00:42.43ID:Mdo/3fa90
まず、日本の経済学者、経済史学者には、日本において大恐慌は“軽微”だったという
認識がない。例えば、昭和恐慌期によって疲弊した日本の農村では、娘の身売りが相次ぎ、
それが現状を打破しなければならないという世論を強め、青年将校の憤激を招き、紆余曲
折のあげく、戦争にまで突き進んでしまったという議論がある。娘の身売りが相次いだと
いう話は、高校の日本史の教科書にも載っている。戦前、日本の貧しい時代に娘の身売り
−借金のかたに年季奉公で娼妓に売られる−ということはあった。しかし、昭和恐慌期に
それが急増し、しかも、継続的に増大していたという証拠はどこにもない。

ただし、最近の高校の日本史の教科書では、昭和恐慌だけでなく、それ以前からの米価
の低迷、アメリカ大恐慌による生糸輸出の激減、凶作、昭和恐慌により都市で仕事を失っ
た人々の帰農など、恐慌に関する要因と凶作による要因が相まって娘の身売りをもたらし
たと説明している7。教科書によって、これらの要因の強弱に多少のニュアンスの違いがあ
るが、ほとんどの教科書が複合要因説を採用しているようである。いずれの説も、これら
の要因が娘の身売りを発生させた(それまでほとんどゼロであったものを大きな数にさせ た)、
または増加させたということを前提としている。 しかし、このような関係を裏付けるデータは
存在しない。各社の教科書も、それが依拠したであろう経済史の文献も、いずれもデータを
示していない。これに対して、原田・安 中(2015)は、『警視庁統計書』を用いて、昭和恐慌に
よって娘の身売りが増加したという事 実はないと結論付けている。

ではなぜ、昭和恐慌によって娘の身売りが急増したという主張が今日においても残って いるの
だろうか。その理由は、第 1 に、日本の歴史家が、資本主義は邪悪なものであり、 特にそれが
もたらした恐慌は、経済社会を悲惨なものにしたと主張したいからであろう。 第 2 は、戦争は悲惨な
経済社会の状況から生まれたと結論づけたいからである。社会が安 定していたにもかかわらず、
日本が戦争に突き進んだのであれば、戦争を引き起こした人々の責任はより重い。ここには責任
回避の思想がある。本稿の分析範囲を逸脱する問題であ るが、私は、日本の歴史家は、このより
重い責任を追及すべきだと考える。

http://jshet.net/docs/conference/80th/harada_full.pdf

125名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 22:06:12.05ID:Mdo/3fa90
46年9月に大蔵省がまとめた「海外活動」報告は・・・満州事変を契機とした軍事費の増大が
景気回復の要因の一つであるとしていることや、正貨流出と金融政策の関係を分析して
いないことなど、石橋の分析と比べると不十分で、かつ、石橋の考えと 異なるところがある
http://jshet.net/docs/conference/80th/harada_full.pdf

126名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/14(水) 22:23:32.20ID:Mdo/3fa90
満州事変で英貨公債が暴落
1931年9月18日、柳条湖事件が勃発し、9月20日にイギリスが金本位制から離脱した。
柳条湖事件に始まる満州事変の勃発は、海外の投資家から日本が国際協調路線を
伯耆し、中国侵略を本格化させる兆候と見られ、ロンドン市場の日本公債に大きなリスク
プレミアムが求められた。

イギリスの2.5%コンソル公債の市場価格が8月には額面の57.6%、9月55.6%、10月55.6%と
ほとんど暴落しなかったのに対して、日本の4%利付英貨公債のロンドンでの市場価格は、
8月平均79.56%、9月高値78.75%から、9月安値は額面の60%に急落した。

https://www.nri.com/jp/opinion/chitekishisan/2005/pdf/cs20050702.pdf

127名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/15(木) 00:21:03.60ID:5sOEiVcm0
いいかげんにしろよ

128名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/15(木) 00:28:55.99ID:5sOEiVcm0
>>123
>>124
>>125
>>126

あのさぁ〜、聞いてもないことをグジュグジュ書いているが、満州事変以降の満州国建国に伴った
日本経済への影響について、どこにも書いていないが?
娘の身売りと満州国と何の関係があるのか?
満州事変に伴う軍事費の増大だけではなく、満州国建国に伴う日本企業の進出、投資を
含めると書いているはずだが?
満州事変直後に日本の公債が下がることは当たり前、どうなったのか?

結局、満州事変以降の満州国建国に至るまでの要因が、日本経済に全く影響しなかった
というのは、全然書いてないな。

だいたい、満州国を日本の傀儡にしたことは、GDPを見ても明らか。

http://www.geocities.jp/kingo_chuunagon/kikaku/kokuryoku.html

残念でした。

129代理屋 ◆XFizselqIb3B 2016/12/16(金) 19:53:23.01ID:7NRGzUJn0
えっと……、いろいろ混乱あるようなので事実関係を。

>>124
>昭和恐慌期によって疲弊した日本の農村では、娘の身売りが

東北の「身売り/出稼ぎ」が激増し出したのは事実ですが、
理由は「大恐慌」でなく「大凶作」。天明の大飢饉以来とか。
秦郁彦『慰安婦と戦場の性』p33〜などにもデータありです。

'31年を頂点に連年の凶作で身売りの深刻化はむしろ事変後。
不況との関係でいえば好景気ならマシな仕事も……などかな。
こうした疲弊が'36年の226事件や満洲移民の背景となる。

ついでに雑感。
あなたの主張が「事変による庶民ミクロ視点の好景気感は幻。
長期、マクロでいえばみせかけ」「長期開発成功したとしても
いずれ軍事コストが利益を上回るから小日本主義が正論」と
いうなら、当方も他の方も異議はないのではないかと……。

130名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/17(土) 15:33:16.65ID:ABY2BaUq0
「私の知る限りでは、中国側は繰り返し、ロシアに対し、非公式に契約を持ち掛けてきた。
ロシアが日本に対する紛争で中国を支持するかわり、中国はクリル諸島をめぐる紛争で
ロシアの支持を取る、と。中国は、実際には、今の日本とロシア間の紛争では、日本よりの姿勢だ。
しかし、ロシアは中立を原則としているため、これを否定している」
https://jp.sputniknews.com/opinion/201608232677302/

中露同盟は明らかにロシアが主導権を握っており、ロシアは中国の要求を拒否することができる。

ソ軍烈士記念塔
訪れた約1週間前、2010年9月26日にロシアのメドベージェフ大統領がこの場所を訪れています。
そのときに供えられた花輪が残っています。この記念塔の後に旅順陣歿露兵弔魂碑でも花を供えたようです。
上記の旅順陣歿露軍将卒之碑の写真では風で左側へ飛ばされていましたが、去るときに中央に戻しておきました。
http://www.dllocal.com/enjoy/595.html

逆に中国はロシアの要求を拒否することはできない。1945年夏のソ連参戦は中国抗日戦争への支援とも考えられるが、
1905年の日露戦争についてはそうではないはずだ。つまり外交条約というのは、締結国の力関係がそのまま反映される。

声明書   条約締結時の声明です。条約本文では有りません。
大日本帝国政府及ソヴィエト社会主義共和国連邦政府は 千九百四十一年四月十三日
大日本帝国及ソヴィエト社会主義共和国連邦間に締結せられたる中立条約の精神に基き両国間の平和及友好の関係を保障する為
大日本帝国が蒙古人民共和国の領土の保全及不可侵を尊重することを約する旨
又ソヴィエト社会主義共和国連邦が満洲帝国の領土の保全及不可侵を尊重することを約する旨 厳粛に声明す
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/HoppouShiryou/NissoChuuritsujouyaku.htm

現在の尖閣諸島と北方四島は中露で交換条件にはならないのに、戦前のモンゴルと満州は日ソで交換条件になっている。

131名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/24(土) 23:13:00.37ID:pyaufWno0
★日中戦争は中国都市無差別爆撃を強行した
海軍と山本五十六によって計画的に引き起こされた。

■山本五十六海軍次官が牛耳る海軍は陸軍に対抗できる予算獲得を
最優先の目的に海軍を主導し、日中全面戦争を画策。
大山事件を企てて船津和平交渉を妨害阻止し国民に戦意を煽り
中国に対し無差別爆撃を強行。
陸軍参謀本部が進めていた日中停戦交渉を絶望的にさせた。

第二次上海事変を口実に(船津和平工作などから見て停戦は十分可能だった)
南京無差別爆撃を強行し、反日勢力を刺激し、全中国人を抗日で一致団結させる結果を招く。
日中間は泥沼戦争状態になった。

海軍次官・山本五十六が主導したと考えられる南京無差別爆撃の結果

・米国大統領が歴史上初めて日本を批判(隔離演説)
・国際連盟は海軍による南京無差別爆撃に対し非難決議を採択。
・国共合作が実現。バラバラだった全中国人が抗日で一致団結してしまった。
・蒋介石夫人がアメリカ議会で日本の無差別爆撃を非難。アメリカ議会の賛同を得る。

以後、山本五十六海軍次官は米内海相とともに
黒潮会(山本五十六が育てた戦争宣伝組織)を利用して
徹底して新聞で中国討伐を煽りまくり
陸軍参謀本部の日中停戦工作(船津和平工作、トラウトマン工作)をことごとく妨害し潰した。
何もかも、海軍の利権拡大が目的だと考えられる。

山本五十六は記者クラブ(黒潮会)を利用し、
新聞社を戦争扇動機関に育てた日本の先駆者である。

132名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/27(火) 14:40:40.26ID:GUtSOFqZ0
今北産業
ざざっと、満州国論争読んだ。基本的には129氏に概ね同意するね。
昭和に高校・大学生時代を送った我々は「世界恐慌原因説」を授業で刷り込まれてきたが、当時から違和感を持っていた。
129氏の一連の書き込みですとんと腑に落ちた。数年前に「もういちど読みたい山川出版の日本近代史」を読んだら、
高橋財政で世界恐慌を脱したとの記述(満州事変の特需もプラス材料としていたが)があり、
あー 最近は世界恐慌主犯説を取らないんだなと感得した。
渡部昇一は真正のバカなので、昔から相手しないことにしており、挙げられたソースも熟読せずに書くのもあれだが、
満州国建国が短期的に景気浮揚につながったと主張している128氏も具体的な数字を出して反論するべきだと思うね。
>>128の資料では満州事変が景気浮揚につながったかどうかさっぱりわからない。
戦争が日本の重工業化を進めたのはそのとおりだが、「満州国論争」のポイントは
@ 世界恐慌が満州事変の主因なのか否か
A 満州事変及び満洲国建国が日本の景気浮揚につながったのか否か
B 「つながった」とすれば、それは第一要因(主因)なのか第二要因以下(副因)なのか

この3点を128氏は数字を以て反証すべきだろう。途中で誰かが指摘しているが、
景気浮揚の短期要因であるとすれば それはどの程度の効果なのかデータが必要だ。
学生時代からずーっと俺はここに不満を感じていたんだな>世界恐慌主犯説

133名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/27(火) 17:47:07.97ID:Mo9FiZfn0
軍部の暴走は満州事変からではなく張作霖爆発事件から始まっている。
これは1928年の事で、29年から始まる世界大恐慌とは無関係。
ブロック経済も本格化したのは32年のオタワ協定から。
31年の満州事変より後だ。
大恐慌やブロック経済は軍部の暴走の理由にはならんよ。
後出し的にこじつけた旧軍養護の言い逃れに過ぎない。

そもそも、満州事変自体は、国家総動員体制を確立するために自分たちが国家の主導権を握るという、永田鉄山ら一夕会の策動の一環として企画されたもの。
中国大陸の資源を抑えるという発想が恐慌前から彼らにはあったんだよ。

134名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/27(火) 21:42:58.84ID:GUtSOFqZ0
暴走したのは関東軍だけではなくこの親父も罪深い。
森 恪
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%81%AA

当時のマスコミも「満蒙、マンモー」一色だったしな。マスコミも罪深い。
俺はパヨクの日本悪玉説と正反対の立場なんだが、学術的な見地からみて、
世界恐慌主犯説も全く同意できない。軍需関連生産が一時的な需要喚起を迎えるのはあたりまえの話であって、
満州事変はそれが目的とは思えないし、実際に満州開発が日本内地に多くの富をもたらしたとも思えない。ここんところの数字を拝ませてくれんことには
俺の長年の疑問は払拭されない。

シナ事変や対米英戦争の件は少し脇において、「そもそも満州事変は成功だったのか?」を議論するのは面白いね。

135名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/27(火) 22:02:20.99ID:GUtSOFqZ0
>>133
個人的解釈でソースはないのだが、満州事変の主因は張学良が国民党政府に走ったからではないのかと考えている。
これまでの既得権益保持に危機感が関東軍にはあった。ついでにこの権益を拡大もさせたい野心もある。
幣原らの国際協調外交路線が崩れたことが張作霖爆殺や柳条湖事件のトリガーとなったと。

136名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/27(火) 22:45:05.09ID:KV4SeiSL0
当時の日本は本当に気が狂っていたからね。ある意味ドイツよりも罪深いよ。
ドイツは少なくとも蜂起に追い込まれた点は同情に値する。(だからと言って
ユダヤ人組織的絶滅政策などの非人道的行為が許されるわけではないが。)

日本は連合軍は蜂起に追い込むようなことはしなかったし、ABCD包囲網
だって、日本が仏印インドシナに進出したことで、アメリカ、イギリス、
オランダが侵略の脅威に晒された結果だからな。

137名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/27(火) 23:16:43.37ID:GUtSOFqZ0
>>136
俺が世界恐慌主犯説に同意できないのはむしろドイツの方なんだよ実は。
ナチスは公共事業ばんばんやって、1939年までに恐慌からの危機を完全に脱した。
アメリカのニューディール政策とナチス経済はよく比較研究の対象となるが、アメさんの「脱世界恐慌」は
結局第二次大戦への参戦でしか完遂できなかった。ドイツが世界大戦おっぱじめる理由は「脱世界恐慌」でないことは明らかだ。

満州事変とポーランド侵攻が日独にとって、世界恐慌対策である根拠について、
論理的な説明にお目にかかったことが無い。理由は他にあると考える方が論理的だ。

138名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/28(水) 09:06:57.19ID:BYpGjsOe0
>>137
すまん。説明不足だった。
ドイツがボロボロに破壊されたのは1920年代。ハイパーインフレとか、
それに伴うフランス、ベルギーのルール占領とか、あれで恨みを持つな
とか蜂起するなとかいう方が無理。

日本はそれほどの地獄も苦痛も味わっていない。だから、日本の方が
その点では救えない、というわけ。

139名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/28(水) 12:38:34.44ID:cThJoVhZ0
>>135
>張学良が国民党政府に走ったから
その主因は張作霖爆殺事件だから因果応報、自業自得

>幣原らの国際協調外交路線が崩れたことが張作霖爆殺や柳条湖事件のトリガーとなったと。
逆だ。張作霖爆殺や満州事変で国際協調路線が潰されたんだ。
それまでは国際協調路線で進んでいた。
満州事変勃発時の外相は幣原だよ。
一夕会は、国際協調路線を潰して軍拡に転じて国家総動員体制を作ることを企んでいたんだよ。

140名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/28(水) 21:28:58.72ID:MADsUD6Y0
>>139
>張作霖爆殺や満州事変で国際協調路線が潰されたんだ。 それまでは国際協調路線で進んでいた

たぶん、浜口内閣までを国際協調路線としているんだろうけど、若槻と浜口の間、つまり田中義一内閣の外交は、
別にみるべきだろう。 参照>森恪 (田中内閣外務政務次官>>134

第2次山東出兵で、国際協調路線は転換したね。で、浜口がまた元に戻した。
ちなみに山東出兵と東方会議は張作霖爆殺前ね。

参照:東方会議(ウィキぺディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E4%BC%9A%E8%AD%B0_(1927%E5%B9%B4)

141名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/29(木) 00:13:33.82ID:zffpyp790
日本人はまるでATM扱い?


ふざけんな!!生活保護で暮らす外国人が増加!韓国朝鮮人2万8700世帯、中国人 ...
https://youtu.be/i81-EGru3io

日本人は生活保護打ち切りで餓死
https://youtu.be/kolIf3oNKzk

「悲しくて悔しくて」電通社員過労自殺 母親が手記
https://youtu.be/4IDKzhrfuFw



在日特権の問題を指摘するチラシ
http://yamatonoibuki.seesaa.net/s/article/407985080.html

142名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/29(木) 18:56:56.79ID:8aXdU3ig0
大東亜戦争とは、資源獲得のための戦争を植民地解放という口実で正当化するために生まれた言葉だと思います。
戦後東アジアは独立を遂げましたが、それは、抗日運動が独立運動に転化したことで達成されたものであるに過ぎないので、その独立を以って太平洋戦争を大東亜戦争とするのは、結果論だと思います。

143名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/29(木) 19:05:31.42ID:WFpCGlYL0
白人の虐殺は良い虐殺ってかw

1441322016/12/29(木) 22:46:38.35ID:nfHdsYxI0
あー、アンカーミス ちゅうか相手氏のレス番間違ってた。訂正
「129氏に同意」ではなく、123−126氏に同意だ。128氏と延々論争している人。
ようするに
@満州事変は世界恐慌以前から計画されていた事実
A満州事変による短期的な軍需喚起より高橋財政の方に、より「恐慌克服」の効果があったこと。
B満洲の産業開発が日本内地の国富にあまり繋がらなかった事。

まあ、@の時点で時系列的に世界恐慌と満州事変は無関係なのだが、これによって第二次世界大戦の原因に世界恐慌を挙げるのは無理筋。

145133=1392016/12/30(金) 15:51:30.11ID:7AWMq37c0
そういや横レスだった 明記せず失礼
>>140
1930年にロンドン海軍軍縮条約が締結され、日本でも批准されている。
山東出兵と言っても一時的で撤兵してるから、国際協調路線を転換したとは言えんよ。
田中義一も口では何といっても張作霖爆殺事件が起きると腰砕けになるなど、具体的行動はしていない。
転換しようと掛け声だけ出したが実行に移せずに終わった。
ベルサイユ-ワシントン体制に留まっている内は国際協調路線と言えると思う。

146名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/30(金) 21:57:28.88ID:Dv5LYWDk0
>>145
あー、横レスは解ってる。おれが単に128氏のコテハン見逃して人違いしただけ。
>>62>>65の中の人に概ね同意しただけ。
で、>>140も俺だが「国際協調路線から転換」という語句が気に入らなければ、
「従来の対中政策からの転換」でいいよ。俺の文章も正確さに欠けていた。
森恪や一夕会の連中が機を一にして「満蒙問題」の解決に取り掛かった。これらが満州事変の淵源だということ。

第二次世界大戦の原因を世界恐慌やブロック経済に求めだしたのは一体誰が最初に主唱したんだろうか?
資本主義の暴走が戦争を引き起こすーーことにしたい経済学者や歴史学者が多いのだろうね

147名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/30(金) 22:03:18.58ID:Dv5LYWDk0
128氏× →129氏 またやっちったw

148名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/02(月) 10:45:14.65ID:Qsx83RHM0
>>146
国際協調路線でも対中政策でも同じことただよ。
満州事変当時にそれらが転換しきっていたわけではないでしょ。
転換させようと言う動きの一環として張作霖爆殺や満州事変が企画実行されたわけで、
「幣原らの国際協調外交路線が崩れたことが張作霖爆殺や柳条湖事件のトリガーとなった」
とは言えない、と言うのが私の論旨。

>森恪や一夕会の連中が機を一にして「満蒙問題」の解決に取り掛かった。これらが満州事変の淵源だということ。
これも、転換したから取り掛かったんじゃなく、転換させるために取り掛かったんだよ。

国際協調路線が崩れたからではなく、崩すために張作霖爆殺や満州事変が起こされたんだ。
因果関係が逆なんだよ。

149名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/02(月) 16:43:18.98ID:zELiX36D0
>>148
>国際協調路線でも対中政策でも同じことただよ
田中内閣は英米との協調路線は維持したという意味では第1次若槻内閣の路線を継承している。そこは同意できるので
転換した範囲を正確に限定する意味で「国際協調路線」を「対中政策」とした。

君と俺の違いは田中内閣と当時の国民世論・マスコミ論調に対する歴史評価が違うわけだが、
田中内閣の対中政策は転換している。ここを「転換しきってない」なんちゅうフレーズで田中内閣の外交政策を語られても、
それこそ「因果関係が逆でっせ兄貴」としか答えようがない
田中内閣による対中政策の転換と満州事変が無関係とする解釈には賛成できない。
当時のマスコミの論調に対する視点も欠けているように思える。
俺の文章の枝葉末節に気に食わないレトリックがあるなら適当に脳内補正してもらっても構わない。

田中内閣は対中政策を転換した。(東宝会議や山東出兵など) それを第二次若槻内閣が再転換しようとした。
そして満州事変が起こった。
時系列的に逆なことを「因果関係が逆。こっちが正論」と言われましても永遠に噛み合わんな。

150代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/01/06(金) 21:49:54.19ID:daXxifWN0
謹賀新年のことよろ。
各自議論するなら仮hnでもしたほうが判りやすいかと。

で、拙>>129補遺 「世界恐慌と身売り」について

戦前日本の最大の主力輸出品は錦糸など繊維系。
しかし世界恐慌以降、錦糸関連は贅沢品で売れなくなった。
そのため養蚕営む農家は大打撃。そこへ連年の大凶作が重なり……の構図。
(※満州事変以後は、さらに売れなくなる……)

ついでに戦後サヨクの視点から↓

151代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/01/06(金) 22:20:38.08ID:daXxifWN0
>>148-149両氏へ「満州事変の背景」について

満洲は日露戦役で得た貴重な先人の血の贈り物と軍もマスも考えてた。
それが中国の主権回復で「特殊権益」は風前の灯火となってきた。
産業の核の満鉄の経営圧迫と、「特殊権益=特殊貿易=雑貨、繊維品、
アヘン麻薬の密輸/密売」が不可能にされかけ、その動揺は関東軍・
居留地から本国へも広がった。>マスコミ世論の背景
 (※↓事情は当方の以下など参照)
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1439524235/29-45 

そこで将来の「人種戦争」を妄想する石原莞爾氏らが満蒙の大日本
「帝国」による「直接統治」を企図して事変をおこす。>非協調路線

が、「直接統治〜占領」は対外的に不利と「満洲国独立」路線へ後退。
(※この件は旺文社文庫『証言 私の昭和史〈1〉』の片倉衷や田中隆吉の
TV証言記録など参照のこと)
政府は軍の暴走を容認しつつ、再度「協調路線」へ軌道修正させたわけだ。
(※路線転換というより政府の軍へのことなかれ主義とみる方が適切かも?)

しかし国連の「満洲国承認=協調路線」は難しかった。
国連で審議がすすむ中、日本軍は熱河省へ侵攻してしまい、このままだと
国連規約違反で除名までありえる事態となり、ついに国連脱退を選択。
孤立化=非協調の道を歩むことに。
(※上は加藤陽子氏らの解釈だが一番合理的と当方は思ってる)

152名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/07(土) 16:32:56.31ID:e24mAvvh0
第二次大戦中の書籍は好事家や素人の「元兵士」「元官僚」なんかが好き勝手に垂れ流してる
エッセイばっかだから慎重に読み解かなきゃだめだよ。まともな歴史研究の対象になってる
領域なんてほんと少ない。南京事件なんかその最たるものであって小説家やえせジャーナリスト
自称元兵士とかそんなのばっかだもの。

153名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/07(土) 16:41:50.19ID:e24mAvvh0
あへんビジネスの里見機関なんかもまともな研究などいっさいなく風聞と証言だけで
史実あつかいされてるわけで。しかもあれ、もとは蒋介石のあへんビジネスを仲介
してるという話しなのに、いつのまにか関東軍があへん栽培して上海でうりさばいてた
みたいな話しに変えられてるし。ことほどさように玉石混交

154名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/08(日) 03:18:09.24ID:NftCicnu0
>>151
>孤立化=非協調の道を歩むことに。

それもせいぜい、ロシア制裁って次元だろ?

155代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/01/09(月) 23:07:51.49ID:K+cUD4jp0
>>153
>もとは蒋介石のあへんビジネスを仲介してるという話しなのに

またしても責任転嫁ですか? いい加減にしましょうよ。
戦前日本は、対外的に麻薬密売を「朝鮮人の仕業」と言い張ってました。
それが今度は、「蒋介石の仕業」でしょうか?? 

蒋介石が阿片戦争のサッスーン財団や黒社会の杜月笙とつながり、
アヘン益を財源としてたのは事実だし、三井物産などが密輸したアヘンの
1/3を里見甫が裁判で証言したように杜月笙の黒社会に流したのも確実。
しかし日本の民間商社や日本軍が実体の「昭和通称」は、蒋介石のために
条約違反のアヘン密輸を実行したのでしょうか? ヘンでしょ?

>>150のとおり戦前日本は繊維業中心の貧乏国。本来、経済面からは
戦争などできなかったんです。以下(↓)に解説。

156代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/01/09(月) 23:14:05.36ID:K+cUD4jp0
>>103-104
>>129
>>150-151のつづき

戦前日本の最大の輸出品は「生糸」で主に米国向けでした。
それが恐慌によるデフレで生糸価格は前年(1929)の半値以上に下落。
《「日本の二大産業である紡績と製糸業は、本月に入り殆ど行詰まりの姿」(昭和五年五月、日銀調査月報)……》を呈します。
   (*NHK取材班『金融小国ニッポンの悲劇』角川文庫)1995 頁203)
当然女工は仕事なく、そこへ大凶作……が満洲事変後の「身売り」の構造。

なお恐慌でドイツは外資が本国へ引き揚げ、そのドイツからの賠償金を
得られなくなった戦勝国もカネの循環が途絶え……世界が大不況となる。
これで資本主義への不信が高まりイライラ募らせたマスはナチのような
排外主義の台頭を許してしまい、そのナチスが日本の選択に影響していく
のですが……その話はともかく。(↓)つづく

157代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/01/09(月) 23:16:23.18ID:K+cUD4jp0
一次大戦の空前の特需で、日本はどんな粗悪品も輸出でき(※占領青島での
日本軍の麻薬密輸もふくめ)やっと債務国から債権国に転じました。

しかしww1が終わると、粗悪品メーカは一斉に不良債権化≠オます。
麻薬でいえば、朝鮮に建てたモルヒネ企業は在庫をかかえ、そのため半島
ではモルヒネ吸引を合法化して捌き、10万人規模の中毒者をうみます。
そうした不況下に関東大震災が襲いかかり、さらに世界不況が追い打ちを
かけてきたんです。
大震災の復興資金は米英から借款できましたが、日中戦争の戦費となると
日露の頃のように米英は貸してはくれません。
だから満洲建国資金や、その後の戦費調達にも禁断のアヘン・麻薬は必須
だったんです。

繰り返しますが、本来、戦争なんてできる経済状況じゃなかったんです。では。

158名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/10(火) 09:19:26.47ID:SuwCq64T0
秋葉原通り魔事件で逮捕された加藤智大氏は、明らかに冤罪

http://youtu.be/gj0X2qLNbUg&t=54s

159名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/10(火) 16:20:02.39ID:1rg0s0620
関東軍の活動資金がアヘンだとかいうのは週刊実話読んで
これが史実だと言い出すのとおなじようなもんだよ。
どこから出たかもわからないような証言となにもない物証、
中国側のプロパガンダと日本人売文屋の存在という状況しか
確認できない。

関東軍とは大日本陸軍の総軍の1つの呼称であってその
活動資金は帝国政府の軍事予算から尋常に支出されています。
なに馬鹿なこといってんだか。

160名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/10(火) 17:29:08.77ID:qEO8wpml0
里見は東京裁判で関東軍のアヘンビジネスについて
証言しているよ。

161名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/10(火) 18:46:00.05ID:stdabkM20
>>159
あんた勉強不足杉

162代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/01/10(火) 20:12:07.91ID:j9c6lwt30
>>159
う〜んと……

日中アヘン戦争を概括した拙「20世紀のアヘン戦争」シリーズの目次を

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1480227180/780-791

に散りばめときました。よろしければ辿ってみてくだされ。<(_ _)>
お代は無料^^

またアヘン/麻薬密売以外にも「尋常ではない」戦費調達の仕方を
日本軍がやっとった件は多田井喜生『朝鮮銀行』(PHP新書 2002)や
中山恒『戦争ができなかった日本』(角川書店 2009)などもご覧に
なられるとよろしいかと。では。

163名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/11(水) 04:12:16.00ID:ZWm519660
末端売上高が現在価格で年間100億円あったとしても関東軍(関東都督府)の
実収はずっと減るだろ。仕入れも販売も移送もタダじゃないんだぞ。しかも帝国内
および勢力圏内では阿片の需要に対して供給が足りてなかったからイラン産を
わざわざ輸入していたわけで。漸禁主義とってんだから違法性ないし。

164名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/11(水) 16:47:53.35ID:aGderwK40
著作者名すらまともに書けないのか
山中恒ってたしか児童文学の作家だったな

165名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/28(土) 16:36:46.56ID:3L5KNqEc0
「中華民国」は戦勝国代表を自負していてもその実体は名実ともに亡命政府で国家主権がなく、
従って戦勝国代表であっても国連(戦勝国クラブ)からは問答無用で叩き出される。

○池田国務大臣 それはそのときに、領土権はどうかという問題と、だれが支配しているかという
問題を区別しての御質問ならば、いまのようにはっきり答えます。だから、もしそういうように言って
おるとすれば、ここではっきり申し上げますが、台湾は中華民国政府が現に支配しておる、
そして日華条約はここに適用になる、こういう意味でございます。領土権はどうかといったら、これは、
日本が放棄しただけで、中華民国の領土権はカイロあるいはポツダム宣言にはそういうことを予定
してきめておりまするが、この規定は、われわれの調印したサンフランシスコ平和条約の規定とは違います。
われわれ平和条約によって日本の外交をやっていくのであります。これが私の考えであります。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/046/0514/04602290514017a.html

1945年9月に日本政府が降伏文書に調印したとき、台湾を実効支配してたのは日本であって連合国では無かった。
実効支配が行き届かない以上、連合国としては台湾については帰属先を指定することは不可能だ。
対する2014年のクリミアはロシアが実効支配しているので、クリミアの帰属先はロシアと決まった。
ロシアは中華民国とは違い主権国家なので、国連の常任理事国として拒否権を発動できる。

166名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/29(日) 16:51:54.06ID:5JgzI4FU0
太平洋戦争は日本とアメコの戦争
端役のチュンチョンを混ぜてやろうとひねり出したのがアジア太平洋戦争www

167名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/29(日) 18:36:31.68ID:WJeROjd20
実効支配が領土の帰属を確定させるなどという法理は国際法にはないよ。
考慮されるだけ。そんな法理が原則になるなら侵略戦争を助長するだけって
簡単にわかるだろ。国際法は戦争をやめさせ講和をさせるために発展してきたんだよ。

168名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/29(日) 18:39:49.72ID:WJeROjd20
講和外交のばあい、実効支配は交渉の材料になるから強い、ただそれだけのことであって
それ以上でもそれ以下でもない。領土を敵国に実行支配されてしまった側は講和外交で
劣位になるのは自明であって、だからといって実効支配していることが講和のさいの領土権の
確定にはならない。なぜなら被占領側が不服なら講和外交を蹴ってしまえばいいのだから。
その延長線上には永久にとまらない戦争しかなく、国際法が理念とする永久平和と戦争の
抑止とは真逆の世界観しか存在しないことになる。

169名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/09(木) 22:01:33.17ID:+eTuKBAI0
    
★インドネシア モハメッド・ナチール元首相

「大東亜戦争というものは本来なら私達インドネシア人が、独立のために戦うべき戦争だった
と思います。もしあの時、私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったで
しょう。大東亜戦争はそういう戦いだったんです。」


大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならなかった。「侵略戦争」というのは、東京裁判という
インチキ茶番劇で貼られた嘘のレッテルに過ぎない。大東亜戦争の真の意義を知っている
東南アジアの人々はこう言う。「大東亜戦争によって独立できたのだ」と。


    

170名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/09(木) 22:02:01.84ID:+eTuKBAI0
  

★インドネシア アラムシャ 元第3副首相

「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り
幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と苛酷な
法律によって圧倒され壊滅されてしまった。」

「それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。
インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」


これが、東南アジアの人々に衝撃を与えた大東亜戦争の真実なのだ。
大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならなかったのである。


   

171名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/09(木) 22:03:10.03ID:+eTuKBAI0
  
インドネシアの人々は、植民地の呪縛を断ち切った日本と大東亜戦争に感謝している。
我々は、自虐の鎖を断ち切り、真に誇りある日本人になるべきであるし、東南アジア諸国
も、独裁国家・中国の台頭を恐れ、日本のリーダーシップを求めているのだ。

大東亜戦争は侵略戦争だった、というWGIPの悪の連鎖を断ち切り、大東亜戦争の真の
姿=植民地解放戦争を認識し、その結末を知れば、WGIPは消滅し、誇りある日本人が
生まれるのである。

大東亜戦争は神聖なる植民地解放戦争であり、その結果として東南アジア植民地諸国は
全て独立し、欧米植民地主義は崩壊した。日本人なら、この事実を誇りに思ってよいのだ。

これは、戦勝国であるはずの、欧米の歴史家や学者達も認める部分である。

   
  

172名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/09(木) 22:18:10.71ID:+eTuKBAI0
アメリカは日本に勝ったが、何も得るものは無かった。

イギリスもフランスもオランダも、東南アジアやインド等、アジアの全ての植民地を失った。
そして得たものは何もなく、戦後没落していく。
まるで敗戦国のようではないか。

一方の日本は、戦後の焼け野原から復興し、朝鮮特需を経て大躍進する。
まるで戦勝国のようではないか。

173名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/10(金) 21:53:16.12ID:Kua7qRjx0
結果論ではなく、大東亜戦争は植民地解放戦争だった。
大東亜戦争は白人中心の世界を根底から破壊してしまった。

1.欧米植民地主義の終焉
2.人種差別主義の終焉
3.ブロック経済の破壊

大東亜戦争はこれだけの大事業を成し遂げたのだ。
日本人は大東亜戦争をもっと誇りに思ってよい。

パヨクと韓国人は泣いて悔しがるだろうがこれが歴史の真実だ。

174名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/11(土) 07:19:47.03ID:4pJXbfO80
>>173
>結果論ではなく、大東亜戦争は植民地解放戦争だった。

1988(昭和63)年5月24日 第112回国会 参議院外務委員会 第10号議事録
政府委員(外務省条約局長):斉藤邦彦
参議院議員:吉岡吉典

政府委員:サンフランシスコ講和会議の際に日本より被害を受けたと述べた国は、
ラオス、カンボジア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、オランダといった
諸国であると承知しております。

吉岡吉典:日本の戦争のおかげで独立したと感謝を述べた国が一つぐらいありましたか。

政府委員:そのような声明を行った国はなかったと承知しております。

175名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/11(土) 07:26:00.91ID:4pJXbfO80
【外務省「サンフランシスコ会議議事録」にみる 各国代表の発言】(抜粋)

パキスタン  チャンドリイ・モハメッド・ザフルラ・カーン外相(1951年9月6日)
「四年になんなんとする間に、日本の侵略の潮はアジア各国に放火と殺戮とを齎したのであります。
(中略)
最も耐え難ったのは屈辱、人間の尊厳に対する暴行侮辱でありました。遂にその終末が参りました。
(中略)日本の占領すなわち死の苦しみに対する熾烈な記憶は依然として消えずしばしば悪夢となって
蘇ってくるのであります。」

インドネシア  アーマド・スバルジョ外相(1951年9月7日)
「日本人による占領期間中にインドネシアが被った損害は二重であります。第一に、約四百万名の
人命の損害があり第二には数十億ドルの物質的損害があります。」

フィリピン  カルロス・P・ロムロ外相(1951年9月7日)
「私は、ここで、日本の最も近い隣国の一つであり、不釣合いに重大な破壊を受け、日本のために
損害を受けた国を代表して述べているのであります。千八百万の人口のうち、われわれは百万以上の
生命を失いました。生命の損失の他に我が国民は未だに癒されない程深い精神的傷手を蒙りました。
四年間に亘る野蛮な占領と侵略者に対する不断の抵抗の後、我が国民経済は完全に破滅し去ったので
あります。」

176名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/11(土) 07:35:06.10ID:4pJXbfO80
>>173
>大東亜戦争は植民地解放戦争だった。

各国の代表的な歴史教科書における記述の抜粋

【台湾】
1937年中日戦争が勃発し、台湾は日本の南進政策の基地となった。
兵力の供給源問題を解決するため、日本は「皇民化運動」を実施した。
その後さらに台湾において徴兵制を実施し、日本軍の侵略性と暴力文化が存分に現れ出た。

【フィリピン】
経済は日本の戦争需要に対応させられ、教育もフィリピン人の考え方を日本人に合わせるよう
改変させられ、そして日本が後ろ盾になった共和国だけが政治を行った。その間に何千何万もの
フィリピン人が処刑・投獄されたが、反抗の精神は占領終結まで日本当局を苦しめ続けた。

【シンガポール】
●なぜ日本は東南アジアを攻撃したのか?
日本軍は、中国駐留軍に石油や鉄などの重要な原材料を供給するため、資源が豊富な東南アジアに
侵攻することに決めた。また、原材料を支障なく日本軍に送るため、この地域の重要な海路を
確保したかったのだ。

【インドネシア】
主に田舎の住民である「労務者」は、日本に強制的に働かされた。特に軍の施設や防衛のための
防壁や、列車の線路などをつくった。多くの「労務者」は現場で死んだ。
抗日運動は、インドネシアの独立の実現につながっていった。対日闘争を実施するのに、
インドネシアのリーダーたちは非常に慎重だった。日本の占領がとても冷酷だと知られていたからだ。
日本がやってきたことにより、オランダ植民地時代に受けた犠牲はなくなるどころか、むしろ、
事態は悪化したということである。

177名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/11(土) 14:10:17.15ID:mLT4tLNO0
>>175
サンフランシスコ講和会議は、日本を罵倒して賠償金をせしめるのが
目的なんだから、日本に公式に感謝を表明する国などない。

日本に感謝していたビルマやインドは中国の不参加を理由にSF講和会議に
は参加しなかった。

178名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/11(土) 14:11:48.07ID:mLT4tLNO0
>>176
なぜマレーシアの歴史教科書は外したのかね?

マレーシアの歴史教科書は大東亜戦争から始まるから、都合が悪いかね?

179名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/11(土) 14:19:35.00ID:mLT4tLNO0
★インドネシア ブン・トモ 元情報相

「我々アジア・アフリカの有色民族はヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが
全部失敗した。インドネシアの場合は、350年間も失敗が続いた。それなのに、日本軍が
米・英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶり
をみてアジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。
そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、 我々がやらねばならなかった。そして実は我々の力でやりたかった。」

インドネシアの植民地時代を生きた人々にとっては、独立の可能性が見えたのは
大きな光明であった。彼らは大東亜戦争に希望を見出した。

すなわち、大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならない。
馬鹿は必死で否定するが、これが歴史の真実なのである。


  

    

180名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/12(日) 16:01:34.75ID:4U7YrlWM0
★インドネシア アリ・ムルトポ准将

「日本はアジアの光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示したもので
アジア人の誇りである。 今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら韓国が
一番困ると思う。もし、日本がシンガポールの地点にあったら、インドネシア人の成功は
容易である。つまり、日本の近いところに位置していることは、幸運なのだ。」

日本は、アジア諸国を代表して大東亜戦争を行い、欧米植民地主義を粉砕し、
東南アジア諸国を独立へと導いた。アジア諸国の人々は日本に感謝している。

すなわち、大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならない。


    

181名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/12(日) 16:08:42.40ID:4U7YrlWM0
★ジャヤワルダナ(スリランカ元大統領) サンフランシスコ講和条約演説

「アジアの諸国民はなぜ、日本が自由になることを切望しているのか。それは、アジア諸国民と日本との
長きにわたる結びつきのゆえであり、また、植民地として従属的地位にあったアジア諸国民が、日本に
対して抱いている深い尊敬のゆえである。」

「当時、アジア共栄のスローガンは、従属諸民族に強く訴えるものがあり、ビルマ、インド、インドネシア
の指導者たちの中には、最愛の祖国が解放されることを希望して、日本に協力した者がいたのである。
(セイロンは日本への賠償請求権を放棄。セイロンに続き、インド、ラオス、カンボジア、も賠償請求権を
放棄)」


スリランカにとっても、日本は植民地解放の希望の星、白馬の騎士だったのである。
大東亜戦争がもたらしたものは、植民地主義の終焉と人種差別主義の終焉であった。
すなわち、大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならなかったのである。

   
   

182名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/13(月) 21:31:36.25ID:7AeDCg+y0
age

183名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/14(火) 22:16:42.17ID:4UJYeAVi0
  
ジョージ・S・カナへレ博士(ハワイ・日本経済協議会事務局長)

「日本占領軍が、インドネシア民族主義の為に行った種々の訓練の中で、最も重要なものの一つは、
インドネシアに正規軍及び準軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事であろう。この作業は、特に
ジャワ、バリ及びスマトラの各島で推し進められた。 後に、インドネシア独立軍の将校や下士官となった
者達は、殆ど全て、及び何万と言う兵士達は、この訓練を経て、軍事技術を身に付け、日本の敗戦後に
戻ってきたオランダ軍を相手に、独立戦争を戦ったのであった。

もし、この訓練が無かったなら、そして日本の降伏後、インドネシア人の手に入った日本軍の武器や
軍需資材が無かったなら、インドネシア独立戦争の行方は違った方向に進んでいたかも知れない。」

ジョージ・S・カナへレ『日本軍政とインドネシア独立』鳳出版社、1977年)


第三者的に分析しても、日本が植民地独立のためのタネをまいていたのは事実なのだ。
民族教育を施し、現地軍を組織して軍事教練を行った。これが独立のためでなく何なのだ?

即ち、大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならない。
泣きながら否定するのは馬鹿のみ。


    
    

184名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/14(火) 23:52:58.48ID:XrFvdYB90
>これが独立のためでなく何なのだ?
日本軍の補助兵力を得るため。

185名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/15(水) 14:07:57.29ID:ylPq5VK20
明治・大正には「欧米で勉強しましょう」と騙して
日本女性50万人を売却して、運んだ三井・三菱・麻生が儲けた

そして昭和になると「豊かなアメリカに移民しましょう」と言って
日本人を売春業者や奴隷商人に売却
それをルーズベルトが追い出したら昭和天皇は
「加州移民拒否の如きは日本国民を憤慨させるに充分なものである。
 かかる国民的憤慨を背景として一度、軍が立ち上がった時に、
 之を抑へることは容易な業ではない」
と人身売買を拒否したアメリカ側に真珠湾攻撃の遠因があったという
お気持ち表明

186名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/15(水) 21:23:11.44ID:Kv8mq0Sa0
  
ジョイス・C・レブラ博士(米国コロラド大学歴史学部教授)

「大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の一つは、各国の青年を教育し、組織し、
独立精神を振起した点にある。 その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。 日本の敗戦、それはもちろん
東南アジア全域の独立運動には決定的な意味を持っていた。 今や真の独立が確固とした可能性となると同時に、
西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性として浮かび上がってきたのである。

民族主義者は、日本占領期間中に(日本軍により)身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の
植民地復帰に対抗した。 そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求はもはや引き返せないところまで
進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後になって思い知ることになるのである。
(中略)さらに日本は独立運動を力づけ、民族主義者に武器を与えた。 日本軍敗走の跡には、二度と外国支配
は許すまいという自信と、その自信を裏付ける手段とが残ったのである。

東南アジアの人間は今や武器を手にし、訓練を積んでおり、政治力、組織力を身につけ、独立を求める牢固たる
意志に支えられていた。」(『東南アジアの開放と日本の遺産』秀英書房、256-257頁)


日本軍政は、東南アジア諸国の青年たちを教育し、民族意識と独立精神を植え付けた。
東南アジア諸国の人々は日本のおかげで独立への自信を手に入れた。

即ち、大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならない。
「大東亜戦争は侵略戦争アルヨ」と泣きながら否定するのは馬鹿のみ。


        
    

187名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/16(木) 21:03:57.38ID:pX8iJ1RX0
age

188名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/17(金) 05:10:36.31ID:YzlMCdlE0
一部保守「インドネシアを見よ、日本はアジア解放が目的だったのだ」

インドネシアを指して「日本は侵略者では無く解放者」と言いたがる保守系も多い。

しかし当初は領土方針で、独立運動を押さえ、代表者の大東亜会議出席すら拒否。
インパール失敗、サイパン陥落の負け確定後に、独立容認の方が得策に。

敗戦後に日本兵の一部が現地協力したが、脱走兵扱いで恩給なし。

歴史の結果には光と影があるが、現地人を労務者や食糧管理などで苦しめたのも事実。
独立容認の前は、抗日感情も強くなってた。現在の教科書でも厳しく書かれてる。

軽々しく「侵略の要素なんて無かったよ」とか現地で言うなよ。
結果論で教育等を評価してくれてる面もあるが。(経済支援目的のリップサービスも含む)

あと「現地人を軍事訓練したのが解放の証」な意見もあるが、
イギリスもインド人を軍事訓練してる。元々は単なる補助戦力。

189名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/17(金) 22:37:45.40ID:gLxqWJvP0
インドネシアを占領した日本は、スカルノ、ハッタ、といった独立運動家を解放した。
彼らに自由を与えたが、日本軍政への協力を要請し、将来の独立を確約した。
スカルノもハッタも、日本軍政への協力を受諾し、日本軍政の厳しい要求にも耐えた。

日本軍政はインドネシアに学校を沢山作り、民族教育を行って民族意識を高めた。
インドネシアに防衛軍PETAを設立し、日本式の厳しい軍事教練を課し、将来の指導者を育てた。
PETAからは、後のスハルト大統領も生まれている。

インドネシアの独立精神を育てたのは間違いなく日本軍政である。

大東亜会議にインドネシアが参加できなかったのは、まだ独立していなかったのだから当然であり、
インドネシア独立容認声明は、東條が総辞職したから小磯が声明しただけのこと。また、サイパン
陥落=負け確定は短絡的な見方であり、陸軍強硬派は負けるとは全く思っていなかった。

終戦後、インドネシアに残った日本兵がインドネシア独立戦争に参加し、インドネシア政府から英雄として叙勲
された。しかし戦後彼らは、日本政府から、脱走兵扱いされ冷遇された。しかし、独立戦争で亡くなった日本兵の
墓地に秋篠宮ご夫妻が献花し、更に小泉首相が献花したことで彼らの名誉は回復された。

馬鹿は何も知らない。


   

190名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/18(土) 07:24:38.76ID:wWZS4xCP0
>>189
>大東亜会議にインドネシアが参加できなかったのは、まだ独立していなかったのだから当然

馬鹿確定。

大東亜会議には、まだ独立してない自由インド仮政府も参加してた。
インドネシアが参加出来なかったのは、当初は独立させる気が無かったから。

191名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/18(土) 07:36:57.35ID:wWZS4xCP0
馬鹿保守「PETA(郷土防衛義勇軍)は、日本がインドネシア独立を主目的として設立」

現実は設立時に独立など確約しておらず、日本側も「反抗されるかも」など慎重論があった。

192名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/18(土) 16:29:36.64ID:N/NXbeuC0
>>186
>即ち、大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならない。

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

193名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/18(土) 18:50:25.41ID:yox/L+pP0
>>190
自由インド仮政府は、日本は承認しなかったが、ビルマ、ドイツ、フィリピン、満州国、
南京国民政府(汪兆銘政権)、イタリア、タイ、クロアチアが国家承認した。

独立国として扱って構わなかったのだ。
当時インドネシアを国家承認していた国はあるかね?

馬鹿には難し過ぎるかな?


   

194名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/18(土) 18:55:07.55ID:yox/L+pP0
民族主義者は、日本占領期間中に(日本軍により)身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の
植民地復帰に対抗した。 そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求はもはや引き返せないところまで
進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後になって思い知ることになるのである。

さらに日本は独立運動を力づけ、民族主義者に武器を与えた。 日本軍敗走の跡には、二度と外国支配
は許すまいという自信と、その自信を裏付ける手段とが残ったのである。

大東亜戦争が植民地解放戦争だったのは間違いない歴史的事実である。

195名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/19(日) 21:19:21.89ID:RlnAEJRi0
age

196名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/20(月) 12:35:32.08ID:OYg2t/eH0
オランダはともかく、イギリスは第二次大戦中から
既に戦後植民地が独立してもいいように英連邦を
構想し、実現に向けて動いていたけどこれ。
東アジアや東南アジアはウイルソンの民族自決主義に
突き動かされ、独立の気運が高まっていた。

197名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/20(月) 15:05:22.86ID:DRbN0L3r0
英連邦は第一次大戦とヴェルサイユ体制のたまものだろ。
ちょっと調べればわかる内容なのにテキトーにでっちあげんじゃないよ。
中学生相手の私塾ですら生徒に馬鹿にされんぞ。

198名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/20(月) 15:08:54.00ID:DRbN0L3r0
そもそも「第二次大戦中から独立の用意をしていた」などという言説は
ガンジーたちの闘争をけがしてるということ気が付いてないんだね

199名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/20(月) 21:53:20.20ID:W6zGrTO40
>>196
イギリスが本気で東南アジア植民地を独立させるつもりだったら、
終戦後に戻ってきて再び武力で支配しようとするはずないだろ。

しかも火事場泥棒みたいに、蘭印を盗み取って武力支配しようとした。

馬鹿も休み休み言え

200名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/20(月) 22:03:17.05ID:W6zGrTO40
★グラバイ・デサイ(インド、インド弁護士会会長・法学博士)

「インドは程なく独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。インドの独立は日本のお陰で三十年早まった。
これはインドだけではない。インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。インド四億の国民は
深くこれを銘記している。インド国民は日本の国民の復興にあらゆる協力を惜しまないであろう。他の東亜諸民族も同様
である。」

(1946年・デリーの軍事裁判に参考人として召還された藤原岩市F機関長に対する挨拶、
名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社)


日本のおかげで、イギリスの植民地だったインドの独立は30年早まった。
つまり、侵略者は米英であり、日本は解放者だったのだ。

大東亜戦争が植民地解放戦争と言われる所以である。
馬鹿は必死で否定するが。


     

201名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/21(火) 03:28:52.72ID:OAh0DH5v0
>>196
>東アジアや東南アジアはウイルソンの民族自決主義に突き動かされ、

ベトナムに関していえば、まさにファシスト・ドイツが無条件降伏したという知らせが入った後、ベトナム共産党は、
人民蜂起の準備を活発化し、その勝利がベトナムに自由をもたらしたのです。第二次世界大戦は、
人類の歴史に新しい時代を開いたと言ってよいでしょう。そして、その時代の特徴となったのは、ソ連の影響力の拡大と
アジア・アフリカ諸国民の独立を目指す戦いでした。」
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_09_02/86931349/

旧ソ連の核開発
1949年 8.29. セミパラチンスク核実験場で原爆実験に成功し、アメリカの原爆独占を終結させる
1953年 8.12. 水爆実験に成功
イギリスの核開発
1940年 原爆生産の可能性を検討する科学者委員会が設置される
1943年 アメリカのマンハッタン計画に参加
1946年 原子力研究所を設立し、独自の原爆開発計画を推進
1952年 10.03. オーストラリアのモンテベロ島で原爆実験に成功
1957年 5.15. クリスマス島で水爆実験に成功
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/Peace/J/pNuclear1_1.html

ソ連邦の核開発はイギリスよりも3年早く、アメリカの世界一極支配に終止符をもたらした。
ソ連の核兵器は一人の人間も殺すことはなく、世界平和に貢献した清潔な核兵器だった。
ソ連の戦争は祖国防衛戦争で世界を変えたが、イギリスの戦争はただの植民地戦争で影響力ゼロ。

 あ り が と う ソ 連 邦 !

202名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/21(火) 22:09:09.85ID:YYWS/x4k0
★スバス・チャンドラ・ボース(インド独立指導者)

「約40年前、小学校に通い始めていた頃に、アジアの人の国が世界の巨人、
白人帝国のロシアと戦いました。このアジアの国はロシアを大敗させました。

そしてその国が日本だったのです。このニュースがインド全土に伝わると、
興奮の波がインド全土を覆いました。インドのいたるところで、旅順攻撃や、
奉天大海戦、日本海海戦の勇壮な話によって、沸き立っていました。

インドの子供達は、東郷元帥や乃木大将を素直に慕いました。
親たちが競って、元帥や大将の写真を手に入れようとしましたが、できませんでした。
その代わりに市場で日本製の品物を買ってきて、家に飾りました。」


日本は、日露戦争に勝利し、植民地諸国に勇気を与えた。安倍談話は本当のこと
を言っているのだ。その後日本には独立運動家が多数集まり、日露戦争を研究した。

日本は植民地諸国にとって独立への希望の星だった。
即ち、大東亜戦争は植民地解放戦争だったのである。馬鹿は必死で否定するが。



      

203名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/21(火) 22:09:23.46ID:NmIeztca0
 呼んでないよ!  だ   つ   お   !!

204名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/22(水) 21:59:18.90ID:QJ4Zumq80
age

205名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/24(金) 22:03:59.81ID:tk6fgaxg0
大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならない。

206名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/25(土) 15:52:06.65ID:ba9R0TmK0
★クリシュナ・ボース(チャンドラ・ボースの姪)

「日本の人々がボースの活躍を覚えていてくれるのなら、私たちインド人も、
ボースが英国の植民地支配に抵抗するためにインド国民軍を組織したことを
支援したのが、日本だったことを思い出すべきだ」


インド国民軍と日本軍は、ともにインパール作戦を戦い、インド解放を目指した。
大東亜戦争が植民地解放戦争であったのは紛れもない事実である。

馬鹿は否定するが。


   

207名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/25(土) 21:31:50.86ID:ba9R0TmK0
★チャンドラ・ボース(インド独立指導者)

「今から約四十年前、私がようやく小学校に通い始めた頃、一東洋民族である日本が、世界の強大国のロシアと戦い、
これを大敗させました。このニュースが全インドに伝わり、昂奮の波がインドを覆いました。いたるところで旅順攻撃や、
奉天大会戦や日本海海戦の勇壮な話で持ちきりでした。私たちインドの子供たちは、東郷元帥や乃木大将を敬慕し尊敬し
ました。元帥や大将の写真を手に入れようとしてもそれができず、その代りに市場から日本の品物を買ってきて、日本の
シンボルとして家に飾ったものでした。」

「そして、インドの革命家たちは、なぜ日本が強大国をやっつけることができたのか、それを知ろうと日本に来ました。
また日本からは岡倉天心のような先覚者がインドを訪れ、全アジアを救うべき精神を説きました。実に岡倉こそ
「アジアは一つ」と断言した大先覚者でした。」(NHKラジオ放送)


日露戦争における日本の勝利は、植民地の独立運動家たちに大いなる勇気と希望を与えた。そして、日本はアジア植民地
解放運動の拠点となっていく。日本政府は列強の顔色を窺っていい顔をしなかったが、頭山満らアジア主義者たちは陰に
陽に彼らを助けた。中村屋の婿になったビハーリー・ボースもまたインド独立運動家であった。中村屋は、今も有名な
カレー店として残っている。

「アジアは一つ」これこそが大東亜共栄圏構想の底流に流れていた思想である。
大東亜戦争が植民地解放戦争であるのは疑いのない真実である。

馬鹿は泣きながら否定するが。


   
   

208名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/26(日) 13:19:44.90ID:kag79U1r0
自由インド仮政府はシンガポールで設立され、チャンドラ・ボースが主席に就任した。
ボースは大東亜会議にオブザーバーとして出席し、米英帝国主義からのアジア解放を訴えた。

209名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/27(月) 21:17:59.40ID:LEGN3mDY0
★チャンドラ・ボース(インド独立指導者)

「東亜戦争開始以来、歴史に較べるもののない日本軍の勝利はアジアのインド人に感銘を与え、自由獲得の戦いに
参加することを可能にした。日本政府は単に自己防衛のために戦うだけでなく、英米帝国主義のアジアからの撲滅
を期し、さらにインドの完全な独立を援助するものである。」

「いまやインド国民軍は攻撃を開始し、日本軍の協力を得て、両軍は肩を並べ、共同の敵アメリカ・イギリスの連
合国に対し、共同戦線を進めている。外国の侵略の軍隊をインドから駆逐しない限り、インド民衆の自由はなく、
アジアの自由と安全もなく、英米帝国主義との戦争の終結もない。」

(1944.3.20自由インド放送より)


このボースの演説内容に驚かれる方も多いことでしょう。無理もありません。私たちの多くは、先の大戦をアメリカ
・イギリスなどの自由主義・民主主義陣営と、自由を抑圧するドイツ・日本のファシズム陣営の戦いであったと教え
られてきたからです。しかし、ボースはここではっきりと、アメリカとイギリスを「帝国主義者」と呼び、その
「侵略の軍隊」をアジアから追い出さなければ、アジアの自由はないのだと言っています。

大東亜戦争が侵略者との戦い、植民地解放戦争だったのは疑いのない事実だ。
馬鹿と韓国人泣きながら否定するが。


    

210名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 07:34:19.00ID:SPQj2zFs0
>>196
>東アジアや東南アジアはウイルソンの民族自決主義に突き動かされ、

国連で演説するプーチン大統領(GettyImages)
(翻訳)
尊敬する代表の皆さん!尊敬する国連事務総長殿!尊敬する各国首脳の皆さん!紳士の皆さん!
 国際連合の70周年は、歴史と我ら全員の将来を考えるのによい機会です。1945年、
ナチズムを打倒した諸国は、戦後世界の秩序を築くべく努力を結集しました。
 思い起こしたいのは、国家間関係の原則に関する重要な決断と、国際連合の創設に関する決断は、
我が国のヤルタにおける反ヒトラー連合の首脳会談で採択されたということです。ヤルタ体制は、
この星で20世紀に起こった二度の世界大戦に出征した何千万という人々の生命に実際に敬意を払ったものであり、
過去70年間の過酷で劇的な出来事の中で客観的に人間性を保つ助けとなり、世界を巨大な波乱から救ったのです。
 国際連合は、その正当性、代表性及び広範さにおいて比類なきものであります。たしかに過去、
国連の場においては少なからぬ批判がありました。これは効率性の不十分さを示すものであり、
特に国連安保理のメンバー国間では重要な決定に関して覆いがたい対立があります。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5458

211名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 07:46:07.42ID:E9S7uRqG0
馬鹿でも韓国人でもないが、アジア太平洋戦争は
紛れもなく日本の侵略戦争だったよ。

212名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 12:50:54.82ID:D96Dz1+R0
大東亜戦争はアジア開放戦争だったよ。

213名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 15:22:35.95ID:ofBXDVo50
先ず初めに欧米宗主国から開放しなければ、
日本は侵略できない。

そして侵略を貫徹する前に日本は戦争に負けたから、
日本が開放した止まりで歴史を見る奴が居ても、何ら不思議ではない。

214名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 18:11:25.78ID:D96Dz1+R0
せやな。悪意にとってもフランスやアメリカやイギリスやオランダを侵略しただけの話し。

215名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 20:09:42.94ID:mNRHm4cH0
言葉遊びは小学生に任せるとして
問題は中国に100万の兵を送り込んで何をしたかだな
その目的は、金銀ダイヤの強奪だった
戦前から資産家の居所を探り
陸軍の後を略奪部隊がついて回った
中国人も、そうやすやすと金品を出すわけがないので
拷問して殺して略奪をしたわけ

結局、天皇家は英国王室と同じで盗賊の親分なのだ
中国のみなさん、盗まれたものの返還請求は宮内チョンまでお願いします
応じないなら人民解放軍を1億人くらい上陸させて交渉してみてください
骨董品はアメリカに売ってしまったのでアメリカに相談下さい
費用は宮内チョンまでお願いします

216名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 20:20:49.78ID:hCA8a0lw0
>>215
>問題は中国に100万の兵を送り込んで何をしたかだな

南京大虐殺とは南京大勝利で、汪兆銘とかのナンキンゴキブリがわらわらと集まって南京維新政府が出来た。
それはゴキブリがゴキブリホイホイに吸い寄せられてゴキブリホイホイに入って死んでいくのと同じだ。

「子供から全てが始まる
生かしてはおけない
貴様らもみんな死ね
貴様らの民族に未来はない
共産主義は下等人種に宿る
絶滅させるべきだ
必ず遂行する
必ず遂行する!」
<炎628   かつて白ロシアで、628の村々がドイツ軍に焼き払われた>
http://wolf.adolf45d.com/eiga628.htm

「子供から全てが始まる
生かしてはおけない
中国人もみんな死ね
チャンコロに未来はない
チンピラゴロツキは下等人種に宿る
打通させるべきだ
必ず遂行する
必ず遂行する!」

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。

217名無しさん@お腹いっぱい。2017/02/28(火) 20:50:34.88ID:05MSRUSJ0
大東亜戦争は紛れもない植民地解放戦争である。

東條が後に宣誓供述書で語るとおり、東條は全ての東南アジア植民地諸国を独立させるつもりだった。

この強い意志は、大東亜共同宣言によって世界に発表された。

大東亜共同宣言が、植民地諸国解放という日本の戦争目的を世界に知らしめたのだ。

        

218名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/01(水) 22:08:15.09ID:zYEejEIg0
  
大東亜戦争の終戦後、アジアの植民地は3年以内に独立したから、植民地解放戦争というのは嘘ではない。


       

219名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/02(木) 02:44:52.34ID:r76Acnbn0
https://goo.gl/CEXoRo
これが原因ってこと?本当?
ショックだわ。。

220名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/02(木) 03:48:49.04ID:XEozcDRS0
アフィカス死にさらせ

221名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/02(木) 10:15:56.96ID:uWP7sqdy0
>>217
おい低能
ならば中国が、在日米軍を追い払ってあげますと言ったら
1億人の人民解放軍を受け入れるか
「いいえ、結構です」と言っても
中国からは米軍が敵に見えるんだから上陸してくるぞ

222名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/02(木) 22:03:03.92ID:9Q4eFrah0
>>221
「あり得ないたとえ話」を持ち出す典型的なパヨク 
歴史と現代を混同するアホ

223名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/03(金) 21:53:20.37ID:rFG1zP5d0
東條英機は、東南アジア植民地諸国を解放した英雄である。

その業績は織田信長をも凌ぐ。

東條こそ、靖国神社の英霊にふさわしい。

224名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/04(土) 21:13:52.33ID:7JERqiqh0
1937年、ナチスの暴挙を世界に喧伝するためにハルビンで開催された極東ユダヤ人大会。
ハルビン特務機関長だった樋口季一郎らが大会に出席したことに対し、当時、同盟国であったドイツが抗議。
その抗議を東條英機は握りつぶした。

ナチスの迫害から逃れたユダヤ人を満州国に入国させたことに対するドイツ外務省の抗議を、
「当然なる人道上の配慮によって行ったものだ」と東條英機は一蹴した。

東條英機こそ、ユダヤ人を助けた情の厚い英雄なのである。



             

225名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/04(土) 21:24:28.28ID:7JERqiqh0
東條英機は、植民地解放の英雄である。

インドやマレーシアでは、今でも東條英機は救国の英雄と崇められている。

東條を嫌うのは朝鮮人とシナ人とパヨクのみ。


       

226名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/05(日) 07:56:00.10ID:6rwcCTE00
>>225
東條は結果的には英雄だろうね。日本でも結構嫌われているけど。
逆に、日本やフィリピンではマッカーサーは英雄扱いで、神の如く崇められているけどね。

227名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/05(日) 07:57:12.91ID:6rwcCTE00
日本ではマーカーサーは「神聖にして侵すべからず」だからね。

228名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/05(日) 14:15:15.77ID:6Abv7p6P0
          
マッカーサーといえば、大東亜戦争が自衛戦争であることを認めたことで有名。

東條英機も宣誓供述書で、大東亜戦争は自衛戦争だ、と出張しており、
両者の意見が一致した以上、大東亜戦争は自衛戦争であると言うのが正しい歴史認識である。

           
  

229名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/05(日) 17:06:09.03ID:6rwcCTE00
日本はGATT(→WTO)体制を勝ち取った点は、あの戦争をやった甲斐があったと思う。
その為にはあまりにも大きすぎる犠牲だったけどね。

それ以外のメリットは特にない。優秀な白人の啓蒙下にあった植民地を
土人に与えたのは、むしろ害の方が大きかった。

230名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/06(月) 07:32:36.62ID:sJDNRS0I0
>>215
>問題は中国に100万の兵を送り込んで何をしたかだな

対日戦争はオマケで、日中戦争はオマケのそのまたオマケ?

231名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/06(月) 19:55:15.47ID:OLWwORci0
自衛なわけないだろ

232名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/06(月) 20:07:20.36ID:D8givmD80
自衛だよ。日本人を大虐殺する目的で真珠湾に戦闘艦隊を
集結した米国政府が悪い

233名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/06(月) 21:39:55.27ID:EEZakEk60
<結論>
なにもかも このバカが悪いw

自らの野望で日中戦争を勃発させたのは、このバカ↓

.
_ ,. -‐ '' ´   :::::::::',   中国を空爆せよ!!        r::-  _
               :::::::::'、  鬼畜蒋介石に 正義の鉄拳を!!!     /::::::::   ´` '
                ::::::::':、    暴支膺懲!!!                       ,.:':::::::
                 ::::::::ヽ         / ̄\         /:::::::
                ::::::::丶        |      |        ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、     \_/      _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   _|__  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
              /    ,.∩     / <●>  <●>\.`、  \∩
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '               山本五十六 (日本のヒーローwww)


このバカが世界を無理やり全面戦争に引きずり込んだ


・第二次ロンドン軍縮会議の予備交渉で、無理な要求をして意図的に交渉を破綻させた
・自作自演の大山中尉事件で中国無差別爆撃を強行、計画的に侵略戦争を勃発させた
・米英不可分論でアメリカを無理やり戦争相手国にした
・ハワイをだまし討ち攻撃して、アメリカを無理やり全面戦争に引きずり込んだ
・捕虜になった陸攻隊員に自爆を強要
・ソロモン航空消耗戦で日本の航空兵力を壊滅させた

234名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/06(月) 22:10:23.42ID:woB+L1Vj0
        
★ブン・トモ インドネシア元情報相

「われわれアジア・アフリカの有色人種は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが
全部失敗した。インドネシアの場合は、350年間も失敗が続いた。それなのに日本軍が米・英・
蘭・仏をわれわれの面前で徹底的に打ちのめしてくれた」

「われわれは白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。
一度手にした自信は決して失われることはない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々が
やらねばならなかった戦争だった。そして実は我々の力でやりたかった。」

「それなのに全てを日本に背負わせて、日本を滅亡寸前にまで追い込んで仕舞った。申し訳ない。」

(昭和32年の来日の際の発言)


大東亜戦争は、白人を叩きのめし、インドネシア人達に勇気と自信を与えた。これらの
精神的な強化が、インドネシア人たちを奮い立たせ、白人に決して屈しない強靭さを与えた
のである。大東亜戦争がもたらしたこの強靭な精神力によって、東南アジア諸国は戦後、
続々と独立して行く。

大東亜戦争は神聖なる植民地解放戦争だったのである。
馬鹿は悔しがって必死で否定するが、歴史的事実に反する。無駄だ。


        

235名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 02:11:34.86ID:jvBF/r6u0
南進した日本が悪い。なにが自衛だよ

236名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 02:27:16.52ID:lo1FPLM90
南進は自衛じゃないよ。通常の宣戦布告。つーか同盟国であるドイツが
英仏に宣戦布告されてんだから不戦条約上の義務は英仏に対しては
失効してる。

237名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 02:29:47.06ID:lo1FPLM90
あー集団的自衛権ってヤツだな^^^^^

238名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 02:31:35.68ID:jvBF/r6u0
資源をじかつしたかっただけ。あほか

239名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 02:48:26.31ID:lo1FPLM90
いえいえ、集団的自衛権です

240名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 04:38:17.74ID:K4TKfuTK0
アジア太平洋戦争は日本帝国主義が引き起こした侵略戦争ですか?

241名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 12:00:43.86ID:gtpalfJQ0
そうですよ。
資源を狙ってアジア各地に侵略戦争しました。

242名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 15:04:31.03ID:lo1FPLM90
中国共産党の世界侵略要綱にはそのように記述されています

243名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 21:45:54.56ID:t664BPEV0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

244名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/07(火) 21:49:15.96ID:t664BPEV0
  

★アーノルド・J・トインビー(歴史学者)

「第二次大戦において日本人は日本の為というよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々の為に
偉大なる歴史を残したといわねばならない。その国々とは日本の掲げた短命な理想であった
大東亜共栄圏に含まれていた国々である。」

「日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前においてアジアとアフリカを
支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような不敗の半神でないことを明らかに
示した点にある。」


偉大な歴史学者・トインビーが語るとおり、大東亜戦争は、西欧植民地諸国に「独立」という
多大な利益をもたらした。大東亜戦争は植民地解放戦争だったのである。日本は戦闘では敗れた
が、負けて戦争目的を達成した。米英は失うばかりで何も得なかった。すなわち、
大東亜戦争の真の戦勝国は日本であり、米英は哀れな敗戦国に他ならない。

大東亜共栄圏の理想は植民地を独立に導いたのだ。
馬鹿は泣きながら否定するが。

     
     
         

245名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 04:58:14.70ID:i2k3aXGg0
アジア太平洋戦争は天皇制の狂気が引き起こした侵略戦争です。

246名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 05:03:35.81ID:i2k3aXGg0
しかしそれにしてもあの戦争は呼び方によってイメージが変わるのは面白いね。

大東亜戦争
自存自衛と植民地解放の為の戦争

太平洋戦争
太平洋地域における日米両国の勢力圏争いの戦争

アジア太平洋戦争
日本帝国主義による侵略戦争

247名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 05:18:47.77ID:u5s1dY340
中国共産党の世界侵略要綱にはそのように記述されています

248名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 06:43:54.15ID:i2k3aXGg0
昭和天皇がやったのですか?

249名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 06:55:33.83ID:WTF18uDx0
そうですよ。
昭和天皇が最終決断をしました。

250名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 10:10:39.24ID:u5s1dY340
偉大なる中華民国が世界を奴隷化するのです

251名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 15:52:53.90ID:0salX+1e0
おまえはムー帝国猊下か

252名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 21:46:46.57ID:i7IM834q0
日本という国に誇りを持てず、いつまでも中国様・韓国様に土下座し続ける、哀れな自虐マゾヒスト達。
この薄汚れた負け犬共は、今日も「日本は侵略戦争をしたニダ」と大日本帝国を罵倒する。

こいつらの自虐オナニーは死ぬまで続く。

誇りなきクソ豚は金にも女にも見放され、自虐オナニーにふけりながら社会の底辺で死んで行くのだ。

愉快、愉快。バーカ

253名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/08(水) 21:49:21.81ID:i7IM834q0
           
★「ハーレムのヒトラー」と異名を取った黒人解放指導者ジョーダン

「我々、誇りある黒人は一致団結して日本を支援すべきである。何故なら日本は
彼等のためだけに戦っているのではなく世界の有色人種を代表して白人に立ち
向かっているからだ。

星条旗の為に入隊するような黒人はとんでもない愚か者でしかない。命を懸ける
べきは、東條将軍のためなのだ」(「日本から救世主が来た」より)


東條英機は、黒人を解放し、人種平等の世界を切り開いた偉人なのである。
即ち、大東亜戦争は植民地解放戦争に他ならない。

否定するのは馬鹿のみ。





          

254名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/09(木) 20:17:43.72ID:hgoIGYkIO
「アジア太平洋戦争」と呼称しろと云ってる奴ァ、後智恵でどうこう云うのが好きなサヨクなのは間違いないよね。

255名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/09(木) 21:26:32.81ID:yPP6zjyW0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争である。

256名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/09(木) 21:28:59.29ID:yPP6zjyW0
大東亜共同宣言には、東條英機の偽らざる本音がしるされている。
東條は植民地解放の英雄なのである。

このような偉大な人物を戦犯扱いして蔑む馬鹿は、 日本人の誇りを失ったクソ豚に過ぎない。


                

257名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/09(木) 22:04:17.92ID:yPP6zjyW0
                
★レイ 元インド下院議長

「日本が日露戦争に勝ったことによって、インド国民が勇気づけられ独立運動に立ち上がった」


ネルー元インド大統領も、同じようなことを言った。

アジア植民地諸国にとっては、日露戦争がアジア民族解放運動の始まりであり、
大東亜戦争がその総仕上げだったのである。大東亜戦争が植民地解放戦争であったのは、疑いの無い歴史的事実なのだ。

馬鹿は涙目で否定するが。


          
         

258名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/10(金) 07:10:45.27ID:ypp1paNS0
ネルーはそんな阿呆ではない。
日露戦争での日本の快挙を讃える一方で、
アジア各地の侵略戦争を厳しく批判している。

259名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/10(金) 21:45:01.53ID:nXtAi1aK0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない

260名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/10(金) 21:48:37.51ID:nXtAi1aK0
           
★ネルー 元インド首相

「20世紀の初め、アジアの精神に大きな影響を及ぼした事件が起こった。
それは、ロシアが日本と戦って負ける事である。あのちっぽけな日本が、
ヨーロッパのうちでも最大の、最強の国の一つであるロシアを破ったという
事は、多くの人々を驚かせた。

アジア人にとって、これは、嬉しい驚きであった。私は、今でも日本の
勝利のニュースが伝えられる度ごとに、どんなに感激したかを、まざまざと
覚えている」


日露戦争こそが、アジアにおける民族解放運動の始まりなのであった。
そして、アジア民族解放運動の終着駅が大東亜戦争である。この戦争を
きっかけとしてで、すべてのアジア・アフリカ植民地は独立するのである。

大東亜戦争が植民地解放戦争であったのは、紛れもない歴史的事実である。



                  

261名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/11(土) 09:00:00.46ID:0+f9RtHm0
都合が悪い箇所はトリミングかよ。

ネルー著『父が子に語る世界歴史3』大山 聡訳 みすず書房(1975 10刷)より
 日本のロシアにたいする勝利がどれほどアジアの諸国民をよろこばせ、こおどりさせたかということをわれわれは見た。ところが、その直後の成果は、少数の侵略的帝国主義諸国のグループに、もう一国をつけ加えたというにすぎなかった。
(中略)
 日本はその帝国政策を遂行するにあたって、まったく恥を知らなかった、日本はヴェールで
いつわる用意もせずに、大っぴらで漁りまわった。
(中略)
日本人による朝鮮人の抑圧は、歴史の中でもまことにいたましい、暗黒な一章だ。

262名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/11(土) 09:52:26.87ID:obkfJP1N0
「もっともいたましい」から「まことにいたましい」に改善したんでしたっけ

263名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/11(土) 14:30:57.15ID:HTCI4Tv70
      
朝鮮は併合したから、植民地ではなく日本の領土だ。文句を言われる筋合いは無い。

          

264名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/11(土) 14:35:47.14ID:HTCI4Tv70
           
★ネルー元インド首相

「彼等(日本)は、謝罪を必要とすることなど我々にはしていない。
それ故にインドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。
講和条約にも調印しない。」


インドは、対日賠償請求権も放棄した。インドは正義の国である。
もしアジア太平洋戦争が侵略戦争であったなら、イギリス植民地であった
インドが「植民地主義者」日本を許すはずがない。

インドが日本を一切とがめなかった、というのが、中立的なアジア太平洋戦争
評価であり、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならなかったのだ。
ネルーはそれを非常によく知っていた。



              

265名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/11(土) 23:33:56.07ID:wh+hCKjj0
レーダー追尾により自然値0.058μSv/hをはるかに上回るガンマー線が27万円程度の測定器で否が応でも計測され続ける
https://www.youtube.com/watch?v=CtiacppR5dk

9:27人工衛星(確実な部分)
https://www.youtube.com/watch?v=-Ls8O7jjK1A

266名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 01:04:12.50ID:Ix9AxgE/0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

267名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 15:28:47.09ID:CilxecoF0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争である。

268名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 17:25:22.32ID:GoFRVD7S0
大東亜戦争
大日本帝国の自存自衛と欧米列強からの植民地解放の為の戦争

太平洋戦争
太平洋地域における日米両国の覇権争いの戦争

アジア太平洋戦争
天皇制の日本帝国主義による侵略戦争

どれが正しいの?

269名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 20:25:29.11ID:XtYHYnl80
>>268
意味的には以下が最も近い

アジア太平洋戦争
天皇制の日本帝国主義による侵略戦争

但し、侵略対象を明確にしなければいけない。何度も繰り返すが、
日本はアメリカ、イギリス、フランス、中華民国、オーストラリア、オランダを
侵略し、塗炭の苦しみを与えた。アジアを侵略した、などというファジーな
表現は当を得ていない。

アジア太平洋戦争の呼称は、イデオロギー的意味はない。太平洋戦争に
先客がいるから(チリVSペルー&ボリビア)、日本及び世界は先客に遠慮し、
そう名乗るべきだ、というわけ。

270名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 21:18:31.10ID:CilxecoF0
             
★ジョイス・C・レブラ コロラド大学歴史学部教授

「大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の一つは、各国の青年を教育し、
組織し、独立精神を振起した点にある。その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。」

「日本の敗戦 それは勿論、東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。今や真の
独立が確固とした可能性となると同時に西洋の植民地支配の復活も許してはならないもう一つの可能性
として浮かび上がってきたのである。民族主義者は日本占領期間中に身につけた自信、軍事訓練、
政治能力を総動員して西洋の植民地支配復帰に対抗した。そして、日本による占領下で民族主義、
独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後に
なって思い知ることになるのである。」

(「東南アジアの解放と日本の遺産」)より

日本軍政は、東南アジア植民地諸国の人々に、強い自信と勇気と日本精神を叩き込んだ。これに
よって、東南アジア諸国の人々は独立への自信を深め、終戦後、宗主国が戻って来ても屈服せず、
独立戦争、あるいは話し合いによって独立を勝ち取ったのである。

大東亜戦争によって東南アジア植民地諸国が独立したのは紛れもない歴史的事実なのである。
馬鹿は必死で否定するが無駄だ。大東亜戦争は侵略戦争などではなく、植民地解放の聖戦なのだ。


      
             

271名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 21:41:36.41ID:GoFRVD7S0
>>269
でも、こんな感じに使われてるよね。

大東亜戦争
大日本帝国の自存自衛と欧米列強からの植民地解放の為の戦争
戦争当時の日本側の呼称で、大東亜共栄圏を正当化する意味合いがある。今日ではネトウヨが好んで使う。

太平洋戦争
太平洋地域における日米両国の覇権争いの戦争
戦争当時のアメリカ側の呼称で、戦後GHQによって日本国民の間にも広く定着している。

アジア太平洋戦争
天皇制の日本帝国主義による侵略戦争
1980年代頃に日本のアジアへの侵略責任を明確化したい左翼が使い始めた呼称。

どうですかね?

272名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 22:05:49.02ID:CilxecoF0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争である。

273名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 22:08:22.04ID:CilxecoF0
        
★ブン・トモ インドネシア元情報相

「われわれアジア・アフリカの有色人種は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが
全部失敗した。インドネシアの場合は、350年間も失敗が続いた。それなのに日本軍が米・英・
蘭・仏をわれわれの面前で徹底的に打ちのめしてくれた」

「われわれは白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。
一度手にした自信は決して失われることはない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々が
やらねばならなかった戦争だった。そして実は我々の力でやりたかった。」

「それなのに全てを日本に背負わせて、日本を滅亡寸前にまで追い込んで仕舞った。申し訳ない。」

(昭和32年の来日の際の発言)


アジア太平洋戦争は、白人を叩きのめし、インドネシア人達に勇気と自信を与えた。これらの
精神的な強化が、インドネシア人たちを奮い立たせ、白人に決して屈しない強靭さを与えた
のである。アジア太平洋戦争がもたらしたこの強靭な精神力によって、東南アジア諸国は戦後、
続々と独立して行く。アジア太平洋戦争は神聖なる植民地解放戦争だったのである。

馬鹿は悔しがって必死で否定するが、歴史的事実に反する。無駄だ。


              

274名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 22:28:47.43ID:Yc+0/TOi0
保守派を蔑称で呼ぶのは気に入らない

275名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/13(月) 21:23:00.64ID:HJMMjMEw0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争である

276名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/13(月) 21:27:53.43ID:HJMMjMEw0
           
★アーノルド・J・トインビー 歴史学者(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」より)

「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々の為に偉大なる
歴史を残したといわねばならない。その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれて
いた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前においてアジアとアフリカを支配してきた
西洋人が過去200年の間に考えられていたような不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。」


マレー半島やインドネシアで日本軍に蹴散らされて逃げ惑う白人の醜態を見て、東南アジアの人々は、
「アジア人でも白人に勝てるのだ」という強い自信を手に入れた。この自信こそが東南アジア諸国独立
の原動力となる。後に東南アジア諸国の高官となった人々の証言によれば、日本軍の到来によって祖国
の独立は近いと確信したという。日本軍は、植民地の独立を約束し、教育の充実、行政の整備、農業
工業技術の伝授、現地軍の組織と強化を行い、独立のために力を尽くした。これがアジア太平洋戦争の
真実である。馬鹿は認めないが、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。


     
      

277名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/14(火) 21:21:40.58ID:9xKNMs7p0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争である。

278名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/15(水) 22:19:24.39ID:YI96SsvK0
アジア・太平洋戦争は植民地解放戦争

279名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/16(木) 21:56:32.75ID:c2QgOp190
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争なんです。

280名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/16(木) 21:58:31.73ID:c2QgOp190
               
★ノンチック(元マレーシア上院議員)

「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れて逃げてゆく英軍を見た時に
今まで感じたことのない興奮を覚えました。しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで
将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教育をおこなって
くれたのです。」


精強な日本軍の戦いぶりが、東南アジアの人々に勇気と自信を植え付け、これが後の独立運動の原動力
となっていく。そして、日本軍政が植民地諸国を独立国家として独り立ちできるよう、民族教育を施した
ことで、東南アジア諸国の独立は秒読みとなったのである。アジア太平洋戦争の一つの側面が、
植民地解放戦争であったのは疑いの無い歴史的事実であり、真の日本人ならば、この点をしっかり理解したうえで、
世界に残る偉業を成し遂げた偉人たちを賛美する必要がある。日本人なら、靖国神社に参拝するべきだ。



             

281名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/17(金) 06:10:03.27ID:ymJul1bu0
長州マンセー
明治維新マンセー
台湾出兵マンセー
日清戦争勝利マンセー
日露戦争勝利マンセー
日韓併合マンセー
満州事変マンセー
支那事変マンセー
大東亜共栄圏マンセー
大日本帝国マンセー
大東亜戦争マンセー
原爆投下マンセー
ポツダム宣言受諾マンセー

282名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/17(金) 19:07:00.38ID:eh6rWF2E0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争

283名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/17(金) 21:33:11.80ID:ymJul1bu0
あの戦争?

284名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/18(土) 08:56:46.41ID:5ZOVscJB0
アジア?

285名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/18(土) 22:14:39.73ID:xLcJ+plv0
>>280
マレーシアの歴史教科書は、日本軍のマレー半島上陸から始まる。
つまり、日本軍の上陸こそがマレーシア建国の始まりなのである。
アジア太平洋戦争が植民地解放戦争でなくて何なのだ?

286名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/18(土) 23:35:39.52ID:h5hwR0Hd0
 
◎マハティール元マレーシア首相「私の履歴書(日経新聞)」より

 マレーシアは英国統治の歴史が余りに長く、英国統治前の記憶を
持つ老人は既におらず、英国統治が空気のように当たり前になっていた。

 クアラルンプールの統監府で英国人と共に働く事が、マレー人に
とって最高のステータスで、私もあの白亜の統監府で英国人と働く
将来を夢見て、懸命に英語を勉強した。
 美しい街にゆるやかな時間が流れ、この緩やかで平和な時が
永遠に続くと、誰もが思っていた。しかし、日本軍の侵攻で
全てが終わった。
 国境を越えた日本軍が、英国兵を銃剣で突き刺して殺したと
聞いて、マレー人は恐怖の余り、パニック状態に陥った。

 英印軍は短期間で日本軍に敗れ、英国人とインド人だけが
シンガポールやインドへと逃げて行った。長年、統監府や
英国人の家庭で働いて、英国人と共に働く以外に考えられない
マレー人はクアラルンプールに置き去りにされ、
英国人と同じ船に乗る事は、頑なに拒絶された。

 多くのマレー人は、英国人は英国人の事しか考えていないんだ、と
いう事に、ようやく気付かされて、再びショック状態に陥った。

287名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/19(日) 21:40:32.07ID:DJwWmtgm0
  
★マハティール 元マレーシア首相(1992年、香港にて)

「東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国は
あえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功を遂げた。東アジア人は、もはや劣等感に
さいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを
証明してみせた。
 もし、日本なかりせば、世界はまったく違う様相を呈していたであろう。富める国はますます富み、
貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨーロッパは、永遠に世界を
支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の言い値で
売り続けていたであろう」


アジア太平洋戦争は、白人の植民地主義を叩き潰し、白人の人種差別主義を粉砕し、新しい経済秩序
を作り上げた。植民地諸国はすべて独立し、日本の影響を受けながら立派な独立国となった。彼らは、
アジア太平洋戦争が無ければ今でも植民地のままだったであろう。

即ち、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。
否定するのは馬鹿のみ。



          

288名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/21(火) 21:27:43.44ID:7PE1iX6Y0
           
★P・Fドラッカー(経営学の泰斗)

「今次大戦で結局勝利したのは日本である」


世界の識者はアジア太平洋戦争を高く評価している。馬鹿はアジア太平洋戦争を侵略戦争と
卑下し、自虐の愉悦に浸る。こいつらは狂ったマゾヒストであり、負け犬根性が骨の髄まで
しみ込んだ人間のクズに過ぎない。

植民地諸国の解放という戦争目的を達成した日本こそが戦勝国なのだ。
ドラッカーにはそれが分かっていた。

即ち、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。



         
     

289名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/22(水) 00:12:34.14ID:infvm9UD0
開戦の日に出された声明文に戦争目的はアジア解放であると書かれている。
アジア解放は後付けでなく先付けだったということだ。
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51005582.html

帝国政府声明 昭和16年12月8日午後0時20分発表
「而して、今次帝国が南方諸地域に対し、新たに行動を起こす(開戦)
のやむを得ざるに至る、なんらその住民に対し敵意を有するものにあらず、
只米英の暴政を排除して(白人を追放し)、東亜を明朗本然の姿に復し
(植民地に成る前の東亜へ戻す、即ち独立国家に戻す)、
相携えて共栄の楽を分かたんと祈念するに外ならず
(大東亜共栄圏を確立、)。帝国は之ら住民が我が真意を諒解し、
帝国と共に、東亜の新天地に新たなる発足(八紘一宇の実現)を期すべきを
信じて疑わざる物なり」

290名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/23(木) 22:46:32.80ID:xFgdiFMG0
天皇制の日本帝国主義の狂気が引き起こした侵略戦争ですか?

291名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/24(金) 21:49:59.95ID:3S+59bnO0
いいえ、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争ですよ。

しかも、全然無謀な戦争じゃなかった。勝つチャンスはあったんですよ。

292名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/25(土) 06:32:05.78ID:sMLzxdGl0
植民地解放はただの大義名分。
本来の目的は資源の略奪。

293名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/25(土) 12:28:01.88ID:VTEnEdMv0
なんで日本の真下にアメリカ国とかフランス国とかオランダ国とか英国とかが
あったんだろうなーwごめんねオランダやイギリスから略奪しちゃってw

294名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/25(土) 14:15:51.75ID:tcz96okQ0
>>292
それは嘘。
本当に植民地を独立させたんだから。

295名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/25(土) 15:00:36.00ID:VTEnEdMv0
オランダやイギリスからは略奪したかもしれないけど、
いちおう徴発は交戦法規上みとめられてるからなあ。
しょうがないよね。オランダやイギリスは敵国だったんだもの。

296名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/25(土) 15:03:44.45ID:tcz96okQ0
★バーモウ初代首相 (ビルマ(ミャンマー))

「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに
 貢献した国はない。真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日
 ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、
 真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、
 東条大将と大日本帝国政府であった」

                (バー・モウ博士著『ビルマの夜明け』より)

日本は、東南アジアから白人を追い出すと、厳しい軍政を敷き、植民地
を独立させるために民族教育、産業の育成、国防軍の設立等、独立国家に
必要な諸政策を施していった。真っ先に独立したのがビルマである。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争であったのは疑いのない事実である。
馬鹿は必死で否定するが。



           

297名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 07:28:07.75ID:ylHnKdrl0
いくらなんでもチョソンを植民地にしていて、アジア解放戦争はないだろ?w

298名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 09:43:51.62ID:5a7xPjIT0
朝鮮半島は、併合されて日本の領土になったのです。植民地ではありません。

299名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 11:51:23.54ID:3SaANIxx0
そうね。朝鮮民族のみなさんに対しては、せっかく支那本土の朝鮮人の祖地を取り戻してさしあげたのに、われらの敗戦の
結果としてその国土をふたたび失う結果になってしまい申し訳ないことをしたと思っています。

300名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 16:24:41.69ID:BKCjFa6Z0
んじゃ、日本が解放したと称する植民地も
併合されていたところおおいから
植民地解放戦争じゃないな。
ただの侵略だ。

301名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 16:29:52.81ID:BKCjFa6Z0
というか併合したから植民地じゃないという理論が意味わからんw
マイ定義かなにかなのかな。

302名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 17:48:54.68ID:3SaANIxx0
朝鮮皇帝が日本皇帝に譲渡してきたんだからしょうがないじゃん。
おまえら臣民がなに言おうが関係ねーじゃん。もんくあるなら
朝鮮皇帝にいえよ。

303名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 17:52:22.53ID:3SaANIxx0
「陛下!なぜ我が栄光ある朝鮮国を日本皇帝ごときに譲渡なさったのですか!」
って問い詰めてこいよ。

304名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 22:11:43.73ID:5a7xPjIT0
朝鮮宮廷は、日本に併合してもらうことで纏まった。
在野にも一進会など合邦を目指す集団があった。
要するに、日本に併合してもらうことで近代化することを目指したわけだ。
朝鮮半島は植民地ではなく日本領土。

世界中で反対した国はゼロ。極めて平和的な併合条約調印であった。
併合条約は植民地にする条約ではない。念のため。

305名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 22:24:44.87ID:5a7xPjIT0
            
★モハメッド・ナチールインドネシア共和国初代首相

「日本軍のやったことで三番目に注目すべきことは、インドネシアの教育に力を入れた
ことでしょう。これもオランダの政策とまったく違っていました。オランダの植民地政庁は
長い間愚民政策を採ってきました。インドネシア人を教育すると、目覚めてオランダに
反抗するかもしれませんし、また、農業に従事するだけなら教育は必要ありません。

・・・学校に通うことのできるインドネシア人は全体の数%くらいではなかったでしょうか。・・・

ところが日本軍は、やって来ると、さっそく教育に力を入れ始めました。戦争でいったん
休校になった学校を再開し、すぐに3年間の初等国民学校と、その上にさらに3年間勉強
できる国民学校作りました。・・・日本軍がきてわずか1年あまりで、それまでの倍近くの
子供が学校に通うようになりました。」


日本軍政は、インドネシアの教育に非常に力を入れ、インドネシア人の識字率を上げ、イン
ドネシア人に強い民族意識を植え付けた。この教育重視の姿勢は、終戦まで続き、インド
ネシア独立の原動力「勇気と自信と民族意識」につながって行くのである。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争であったのは、紛れもない歴史的事実なのだ。
馬鹿は根拠もなく必死で否定するが。



                   

306名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/26(日) 22:35:24.67ID:3SaANIxx0
徳川皇帝も島津皇帝も琉球皇帝も李氏皇帝も日本国皇帝に
神聖なる統治権を譲渡したという経緯なんだよね。

307名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/27(月) 05:11:24.19ID:Xoy+UBpA0
ミャンマー独立工作は昭和15年から始まっていた。此処に出てくるオンサンとはスーチーの父親
アウンサンのことである。

南機関(みなみきかん)は、1941年から1942年にかけて存在した日本軍の
特務機関の1つ。
機関長は鈴木敬司陸軍大佐である。ビルマ(現在のミャンマー)の
独立運動の支援を任務とし、ビルマ独立義勇軍の誕生に貢献した。
今日の日本とミャンマーとの友好関係の基礎を築いたとも評価される。

1940年6月、鈴木大佐は日緬協会書記兼読売新聞特派員「南益世」の偽名
を使ってラングーンに入り、タキン党員と接触した。そこで鈴木大佐は
オンサンたちがアモイに潜伏していることを知り、
彼らを日本に招くことを決意する。11月、オンサンたちはアモイの
日本軍特務機関員によって発見され日本に到着した。
鈴木大佐はオンサンに「面田紋二」、ラミヤンに「糸田貞一」の偽名
を与えて郷里の浜松にかくまった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A9%9F%E9%96%A2

308名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/27(月) 21:22:51.38ID:JdUbc64M0
だからビルマは真っ先に独立できた。

アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。

309名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/27(月) 21:29:32.65ID:JdUbc64M0
  
★バー・モウ ビルマ元首相 (独立宣言文より)

「約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、
英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。
英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び
術策の武器をしようせり。

・・・ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、
莫大なる物資的資源、機会、文化、言語、さらに遂にはその生活様式までも失い・・・
愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば
死そのものを甘受して突進して来れり、これらの英雄はビルマの生存の
ため苦難を受け遂には斃れたり。

・・・ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつ
ありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。・・・ビルマ人はこのビルマに
対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり・・・」


ビルマの独立宣言は日本への感謝に満ちていいる。
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。

否定するのは馬鹿のみ。

              

310名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/29(水) 00:57:05.79ID:onzD71vg0
インド独立工作は開戦前の昭和16年10月から始まっていた。後付けではない先付けである。

1941年10月、駐バンコク大使館武官室勤務として開戦に先駆けて当地に入った
藤原は、南方軍参謀を兼ねる特務機関の長として、心理戦を行った。若干十名
程度、増強を受けても三十人ぐらいの部下だけで、藤原はかなり幅広い任務を
与えられた。その内容は、極端に言えば、マレー人、インド人、華僑等を味方
にすることである。その一環としてマレーシア出身の日本人である谷豊を諜報
要員として起用したのもF機関であった。谷は死後、「マレーのハリマオ」と
して日本で英雄視されることになる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%B2%A9%E5%B8%82

311名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/29(水) 04:59:39.00ID:onzD71vg0
昭和18年8月1日に執り行われたミャンマー独立式典の様子である。

日本軍とアウン・サン(アウンサンスーチーのお父さん)率いる
ビルマ独立義勇軍(現ビルマ国軍)が英国からミャンマーを奪取し直ちに
独立準備を開始し、僅か1年と6ヶ月後独立を実現した。 
このとき日本軍とビルマ軍、インド国民軍はインドの独立に向けて
インド−ビルマ国境にて英米軍と熾烈な戦闘を継続しており、
6ヶ月後の昭和19年2月に発動されるインパール作戦
(第2次インド独立戦争と呼ばれる)に発展していく。
 ビルマ独立の2ヶ月後の昭和18年10月にはビルマに続いて
フィリピン第2共和国、自由インド仮政府が独立する。
これでも貴兄らはアジアの独立は戦後もたらされたと
考えるのだろうか?
 アジアの戦後独立論はGHQと日本共産党が捏ち上げた虚構である。
アジアは戦後自発的に独立したことにしないと日本軍が
植民地解放軍になってしまう。そうなると東京裁判は成り立たない
どころか自分たちこそが植民地主義者という侵略者であったことが
暴露される。それゆえアジアは戦後偶然独立したことにして、
日本を悪者にしたわけだ。

ビルマ独立式典 1943年8月1日
https://www.youtube.com/watch?v=ML5lWWCfgRM

312名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/29(水) 07:14:30.93ID:onzD71vg0
日本がインドネシアに独立を与えた。

インドネシア独立の歌とPETA(日本軍が育成したインドネシア郷土防衛隊)の
行進の様子です。
https://www.youtube.com/watch?v=okKkr7bWCz4

313名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/29(水) 07:29:40.77ID:onzD71vg0
日本軍がかかわったベトナムの独立戦争
http://www.sanspo.com/geino/news/20141015/sot14101515300014-n4.html

314名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/29(水) 21:31:20.30ID:Gnwrnk1U0
★クリシュナ・ボース (インド独立指導者、チャンドラ・ボースの姪)

「日本の人々がボースの活躍を覚えていてくれるなら、私たちインド人も、
英国の植民地支配に抵抗するため、ボースがインド国民軍を
組織したことを支援したのが日本だったことを思い出すべきだ」

インパール作戦は、インド国民軍と日本軍は共同作戦である。無謀な作戦であったが、
その根底にあるアジア解放思想は素晴らしいものがある。インドの教科書では、
「インパール戦争」と呼ばれ、独立戦争に位置付けられている。

アジア太平洋戦争は植民地解放なのだ。否定するのは脳みその腐ったキチガイのみ。


           
              

315名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/30(木) 02:28:28.85ID:AI4dg36L0
末期には、ビルマ軍の手でビルマから駆逐されてなかったっけ?w

316名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/30(木) 03:03:18.34ID:/A+FPllQ0
ビルマ独立式典 1943年8月1日
https://www.youtube.com/watch?v=ML5lWWCfgRM

317名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/30(木) 08:39:25.36ID:Q+k20roX0
>>144
満蒙あたりに傀儡政権を作りたかったのは、シベリア出兵の頃にもあったしね
国防と、軍縮への対抗、軍閥の権益拡大が絡み合って。
傀儡国家の樹立は、シベリア出兵の頃からの強硬派の軍閥の悲願
国際協調路線に抑えられて、シベリアの傀儡国家樹立は白紙になるけど
傀儡国家樹立はずっと強硬派の軍閥の中での申し送り事項みたいなものだったのかなと
一夕会は直接シベリア出兵とは関係ないけど、その辺は受け継いでいる流れがあるだろなと

318名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/30(木) 21:38:38.69ID:p1nyqp7Z0
日帝の侵略戦争ニダ

319名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/30(木) 21:43:15.18ID:SeyaSuh40
アジア・太平洋戦争は植民地解放戦争です。

320名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/31(金) 02:41:16.45ID:Y6ymgByx0
 白人列強が日本による満州建国を認めようとしなかったのは、
利権に加わることが出来なかったからではない。満州を支那から
独立させたのが有色人種の国であることに恐怖したのである。
日本人という有色人種が、同じ有色人種である満州族を独立させたと言うことは、
同じことが彼らの植民地で起きてもおかしくはないと考えたのである。
 満州の独立を易々と認めれば、日本はその力を持って、
東南アジアの白人植民地も独立させるのではないかという恐怖が芽生えた。
だから、満州事変以降、白人列強による日本叩きが熾烈化したのである。
こう考えれば、白人列強が満州事変以降の日本の戦争を侵略戦争であると
東京裁判で決めつけざるを得なくなった理由が炙り出されてくる。
奴らは昭和7年に起きた満州独立を日本によるアジア解放の狼煙ととらえた。
彼らの疑念はその10年後に的中する。昭和17年2月15日、シンガポールの陥落に
より大英帝国は崩壊し、アジアの白人植民地は一掃されてしまう。

321名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/02(日) 11:34:04.49ID:WBl488gp0
>>320 アホ。

満州事変は、英米とも表向きは不当としたが、実質的に黙認だった。
その後も日本が周辺に介入を計り、対立に向かったんだろ。

322名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/02(日) 19:08:40.48ID:tWxTtfwo0
対立に向かった訳ではないだろ。平和は3年以上続いていた。
米英でも満州国承認への動きがあった。

国民党との衝突は偶発的なものとされるが、
共産党の陰謀である可能性が高いと思われる。

何故なら、日本と国民党が戦闘になれば、滅亡寸前の共産党が助かるから。
その先兵になったのが、張学良なのだろう。
張学良は国民党を裏切ったのだ。

323名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/02(日) 21:32:04.37ID:tWxTtfwo0
                
★ドイツの歴史教科書 産経新聞「教科書が教えている歴史より」 歴史教科書=中等教育用

「日本のナショナリストや軍国主義者は、黄色人種を白人の支配から解放するために
戦争を遂行したと主張した。この中で自分たちの利害を包み隠しているが、真実をついた
面もある。
ベトナムやインドネシア、インドなど、欧州諸国に支配されていた植民地諸国の国民に
よる独立運動は、日本(初戦)の勝利によって加速された。数年のうちにニッポンは
欧州の植民地支配層を追い出し、こうした支配層の特権が大きく損ねられたからだ。」


アジア太平洋戦争によって西欧植民地諸国の独立が著しく早まった、というのは疑いのない
歴史的真実なのである。このドイツ教科書は鋭くアジア太平洋戦争を分析している かも知れない。
確かに、日本は資源を求めていた。それは事実だ。しかし、同時に、日本軍政は植民地諸国の
独立も約束した。それも事実だ。

結果として、西欧植民地主義は終焉を迎えた。だから、アジア太平洋戦争を植民地解放戦争と
呼んで構わない。

馬鹿と韓国人は死んでも認めないが。


   
   

324名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/03(月) 22:38:56.02ID:0SNYETYR0
そんなの日帝の妄言ニダ

325名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/04(火) 01:35:42.04ID:nHu/AKhK0
靖国神社は 本来、天皇の神社で国民は全然関係なかった。

今、天皇参拝は無いw

326名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/04(火) 02:03:01.11ID:04QcUAzF0
まーたおかしな新人が登場したな
馬鹿は死んでもどんどん馬鹿が産まれてくるから手に負えねーな

327名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/04(火) 06:59:14.68ID:1DrTru7i0
靖国神社は長州人が明治天皇の名を騙って建てた神社。
天皇の神社じゃない。

328名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/04(火) 21:41:28.00ID:KcnnrBRw0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

329名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/04(火) 22:23:26.52ID:QrwYdDyo0
日露戦争の勝利は日本を
アジアの英雄たらしめたけど、
その後の日本はその期待を裏切って
西欧列強に媚びへつらい同族のアジア人中国人や韓国人を見下して
結果世界恐慌の後は欧米に手のひら返され
ブロック経済のせいでジリ貧状態
その時になって初めて
アジアの植民地解放なんか言い出して
始まったのが太平洋戦争
みっともない歴史だよ

330名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/04(火) 22:31:39.03ID:QrwYdDyo0
日本最初の右翼団体、玄洋社は
日本政府の圧力に対抗して
インド、中国、韓国の革命家たちを
支援して、アジア人の連合でもって
列強に対抗しようという大構想があった

今のネトウヨは、安倍を支持、日米安保に満足し、中韓を見下す

331名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/05(水) 00:32:50.84ID:ykDHDr1p0
あたまの悪そうなレスだなw

332名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/05(水) 22:14:43.63ID:eOSq1SxU0
           
★レーリンク 東京裁判オランダ代表判事

「日本は西洋諸国の植民地を解放した罪によって罰せられたが、四半世紀もたた
ないうちに、1960年に国連が植民地を保有することを不法行為であると宣言し、
その後、国連総会が植民地の保有を犯罪として規定すらした。 」


パヨクはパール判事のみを敵視しているが、レーリンク判事は日本が植民地を解放したと明言した。
つまり、世界の有識者から見ればアジア太平洋戦争が植民地を解放したのは歴史的事実なのである。

アジア太平洋戦争は植民地解放戦争だったのだ。

馬鹿は悔しがって認めないがこれが歴史の真実だ。



           

333名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 17:29:55.18ID:IVGEoOcJ0
>>332

まず外国人の大半が太平洋戦争を侵略戦争とみなしているのは確か。
太平洋戦争が植民地解放のための戦争だと主張しているのはごく少数。
その少数者が有識者であるという根拠がない。
それと、おせっかいかも知れないが、
憲法は押し付けであり東京裁判も不当であると考える立場なら、
外国人の意見ではなく当事者の日本人の主張を取り上げるべき。

植民地解放の戦争ならば、中国で略奪や殺戮は行うべきではないし、
そもそも日本の植民地であった韓国、台湾を独立させるべき。
またマレー、スマトラの住民を大日本帝国の臣民とさせたのは、
植民地解放の名目とも矛盾する。

侵略戦争では?

334名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 17:37:28.83ID:tDmekKll0
キミがそう思いたいのはよくわかった。でも現実は違う。

335名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 17:54:00.65ID:IVGEoOcJ0
>>334

西欧列強が恐慌の後自分たちの広大な植民地とともに
経済的に自活できるブロック経済圏を作り上げ
そのせいで日本やドイツが困窮したのは確か。

でも日本が戦争を始めた目的である
「大東亜の新秩序の形成」というのは
列強の真似事で、植民地解放ではないのでは?

336名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 18:08:02.18ID:IVGEoOcJ0
日本が強引に列強の植民地を強奪しようとして始まったのが太平洋戦争。
その両者の争いの中でうまく立ち回り独立に成功した国々がある、
というだけの話では。

確かに日本が独立のきっかけを与えたと言えるかもしれないが、
仮に日本が戦争に勝利したなら、大東亜と呼ばれる範囲の領土が
日本の植民地になったのではないかと思う。

自分の考えのどこが間違っているのか分からない。
ネトウヨ諸君の丁寧な解説に期待する。

337名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 19:52:57.61ID:tDmekKll0
きみが現実から目を背けたいのはよくわかった。でも現実は違う。

338名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 19:59:45.86ID:tofeTUnn0
>>336
>日本が強引に列強の植民地を強奪しようとして始まったのが太平洋戦争。
いや、そこまで計画性があれば、まだマシなんだが。
陸軍と海軍とで、どういう戦争をするか、きちんと計画も立てないまま、
ハル・ノートに逆上して対米戦を始めたとしか思えない。
どうやったら戦争に勝てるのか、その道筋も立てていなかったのだから。

339名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 21:41:57.39ID:ECEa1v2e0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

340名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 21:44:56.58ID:ECEa1v2e0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

いったい何を侵略したというのですか?
植民地諸国は日本軍の進撃を見て喜んでいたではありませんか。

植民地を失った白人たちから見れば侵略かもしれませんが、
我々アジア人から見れば、アジアを取り戻すための聖戦だったのです。


      

341名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 23:21:43.98ID:1reoD+C70
上から目線でなおかつ差別語を使ってる奴に誰が解説すると思うのだろうか

342名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 23:49:54.79ID:IVGEoOcJ0
>>340
中国人と韓国人に聞いて見ればいい。
ま、どうせ中韓はアジアじゃないとか思ってるんでしょうw

>>341
それは残念です。言葉尻を捕らえて
議論の余地なしと鳥越のように逃げられましても、
負け犬の遠吠えにしか聞こえません。

あなた方のいう「現実」というものが本当にあるのなら、
その確たる証拠を提示して下さるとありがたかったのですが。

事実、日本は韓国も台湾も独立させなかった上、
東南アジアの人々を大日本帝国の臣民とさせたのです。

この事実を大半の人々は、太平洋戦争は侵略戦争だった、と
捉えている。

これが現実ではないでしょうか。

343名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/07(金) 23:59:27.73ID:IVGEoOcJ0
もう一つ。
これはまた別の話ですが、あなた方はこの戦争を肯定しているのでしょうか。
仮にあなた方の主張が全く正しかったとして、
開戦の理由に正当性があったとしても、
沖縄戦、空爆、二度の原爆投下などによるこの戦争の被害を考えれば
とても肯定できたものではないはずです。
いくらアジア人のためだといってもこの被害は大きすぎます。
第一に日本人を優先すべきとの観点から、この戦争は肯定できません。
その点については、意見が一致しているのか、
それとも、この点においても反論があるのでしょうか。
意見が一致しているのであれば、
やはり二度と同じ過ちを犯さない事が正当性云々よりも大切かと思われますが。

344名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 00:02:28.09ID:0g2o2p2d0
>>337
現実から目を背けたいのはあなたの方では?

345名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 00:07:47.83ID:0g2o2p2d0
>>338
ごめんなさい。間違えていました。
植民地の奪い合いは太平洋戦争からではなく、そのもっと前からの
話でした。
その結果としての太平洋戦争でした。

346名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 08:08:51.10ID:OaE1L/sv0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争

347名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 08:30:19.81ID:ONGUOM6R0
別に植民地解放したくて始めた戦争ではないよ


【資料1】1941年12月20日大本営政府連絡会議決定の「南方占領地行政実施要領」
第 ―  方  針
 占領地ニ対シテハ差シ当リ軍政ヲ実施シ、治安ノ恢復、重要国防資源ノ急
 速獲得及作戦軍ノ自活確保ニ資ス
 占領地域ノ最終的帰属竝ニ将来ニ対スル処理ニ関シテハ別ニ之ヲ定ムル
 モノトス

第 二  要  領
 七、国防資源取得ト占領軍ノ現地自活ノ為民生ニ及ボサザルヲ得ザル重圧
   ハ之ヲ忍バシメ、宣撫上ノ要求ハ右目的ニ反セザル程度ニ止ムルモノトス
 八、現住土民ニ対シテハ皇軍ニ対スル信倚観念ヲ助長セシムル如ク指導シ、
   其ノ独立運動ノ如キハ過早ニ誘発セシムルコトヲ避クルモノトス

【資料2】1941年12月26日決定の「占領地軍政実施ニ関スル陸海軍中央協定」
陸軍ノ主担任区域
 香港、比島、英領馬来、「スマトラ」、「ジャワ」、英領「ボルネオ」、「ビルマ」
海軍ノ主担任区域 蘭領「ボルネオ」、「セレベス」、「モルッカ」群島、小「スン
 ダ」列島、「ニューギニア」、「ビスマルク」諸島、「ガム」島

【資料3】1941年12月12日閣議決定の「南方経済対策要綱」
甲地域  軍政を実施する占領地(比島、英領馬来、英領ボルネオ、蘭印)
乙地域  現地政権と共同する地域(仏印、タイ)
  南方資源を中央の物動計画に織りこむことを主とする

【資料4】1943年5月31日御前会議決定の「大東亞政略指導大綱」
六、ソノ他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通リ定ム。但シ(ロ)(ハ)以外ハ当分発
   表セス。
  (イ) 「マライ」「スマトラ」「ジャワ」「ボルネオ」「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重
     要資源ノ供給地トシテ極力コレカ開発並ヒニ民心把握ニ努ム。
  (ロ) 前号各地域ニオイテハ原住民ノ民度ニ応シ努メテ政治ニ参与セシム。
  (ハ) 「ニューギニア」等(イ)以外ノ地域ノ処理ニ関シテハ前二号ニ準シ追テ定ム。
  (ニ) 前記各地ニオイテハ当分軍政ヲ継続ス。

348名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 08:46:14.18ID:ONGUOM6R0
>>340
中国を侵略しましたよ

>アジアを取り戻すための聖戦
って、日本が中国侵略した結果、国際社会からの批判がきつくなり
中国との戦闘を継続するためには、米英らと戦争するしかなくなり
米英と戦争するために、資源が必要だから、
アジアの植民地を奪って日本の占領地にする必要があった

だから東南アジアなどを占領したのですよ。
アジアを取り戻すのではなくて、アジアを日本の占領地にする必要があったから、占領した。

349名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 08:53:15.62ID:OaE1L/sv0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

350名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 09:40:48.45ID:0g2o2p2d0
ネトウヨは国語力がない。
事実のある一部分だけを取り上げて全体を語ろうとする。
それでは、マルクス主義者同様、現実を捉える事はできない。
自分の信じることが必ず正しいと思っている。

351名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 09:44:57.59ID:0g2o2p2d0
>>349
シールズのように連呼したところで、
現実は変わりませんよ。
いい加減現実と向き合おうね。

352名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 15:12:32.47ID:OaE1L/sv0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争

353名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 16:39:47.44ID:m6u5re9+0
政府見解が事実と異なることはあります。
河野談話がいい例です。あれは無いものをあるといったために未だに外交問題になっている。

アジア太平洋戦争が侵略戦争だというなら、それも白人が押し付けた誤った認識です。
日本軍政が、植民地を独立に導いたという事実を無視しています。

アジア太平洋戦争は植民地解放に他なりません。

354名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 18:35:38.52ID:TOxo9rpl0
植民地を横取りというなら、開戦前から独立工作を初めて、開戦中に独立させる
必要はない。昭和18年にビルマ、フィリピン、自由インドを独立させ、
昭和20年にカンボジア、ラオス、ベトナムを独立させ国家承認している。
インドネシアは日本軍政下の8月17日に独立を宣言するよう指導した。

独立させることが侵略であったというなら、独立前の欧米植民地に戻ってもらうよう
日本は努力すべきである。しかしアジア各国はそれを望むであろうか?

大東亜戦争は植民地主義を廃絶し、人種平等を実現し、白人至上主義を崩壊させ、米国における
黒人解放を加速させ、黒人を大統領にせしめた。おまけに核兵器を使えない兵器とした。植民地を失い
経済的に没落した欧州はEUを形成した。

355名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 18:45:30.59ID:TOxo9rpl0
左翼は戦中における各国独立は「見せかけの独立だ」という。しかし、
みせかけでも、植民地でいるよりましではないか?

以下はベトナムでフランス海軍が経営していた奴隷市場である。これが当時のアジアだ。
左翼は奴隷を解放することを侵略というようだ。
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51485506.html

356名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 18:54:24.68ID:TOxo9rpl0
Sir Winston Churchill said that the history likes him because he likes
to write history.

Funny!
Sir Winston Churchill is the real comedian.
It is sure that history loves Sir Winston Churchill because he made
epoch-making historic event.
He made a event of the collapsing Empire of Great Britain by making
Japanese Empire upset. Pacific war eliminated most of all colonies
on Earth.

チャーチルこそは真のコメディアンである。

 サーチャーチルは自分が歴史を好きなように歴史も彼のことを好きなはずだ
と語ったそうである。
 
 おもしろい。
 
 彼こそ真のコメディアンである。

 歴史が彼を好きであることは間違いない。何故なら彼は画期的な歴史事象を
作り上げた立役者であるからだ。

 彼は大日本帝国を怒らせるという手法を用いて、400年に渡って先人たち
が築き上げ、人類の歴史上最大の帝国である大英帝国を崩壊せしめるという、
大立ち回りを演じたからである。

 大東亜戦争は世界中の植民地を消滅せしめた。

以下は植民地解放グラフである。世界の植民地数は1941年以降激減している。
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51466091.html

357名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 22:26:17.55ID:0g2o2p2d0
もういちど言う
植民地解放戦争だというなら、
以下の点に反論してほしい。

一、植民地解放の戦争ならば、中国で略奪や殺戮は行うべきではないし、
そもそも日本の植民地であった韓国、台湾を独立させるべき。
またマレー、スマトラの住民を大日本帝国の臣民とさせたのは、
植民地解放の名目とも矛盾する。
二、日本が強引に列強の植民地を強奪しようとして始まったのが太平洋戦争。
その両者の争いの中でうまく立ち回り独立に成功した国々がある、
というだけの話では。

確かに日本が独立のきっかけを与えたと言えるかもしれないが、
仮に日本が戦争に勝利したなら、大東亜と呼ばれる範囲の領土が
日本の植民地になったのではないかと思う。

358名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 22:30:45.69ID:0g2o2p2d0
三、>>355見せかけの独立のことを植民地解放とは言わない。
それが植民地であるよりマシであっても、
言葉の定義上、それは植民地解放とは言わない。

359名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 22:35:21.78ID:0g2o2p2d0
>>354
おまけに大東亜戦争は核兵器を使えない戦争にした

人道的にその意見はどうかとおもう。被爆者がその犠牲である事を
正当化してしまう危険性がある。
アジア人全体の事より、まず日本人の命と、避けられたかもしれない被爆者たち
の命を優先すべき戦争であったことは確か。

360名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/08(土) 22:39:24.71ID:0g2o2p2d0
>>353
韓国と中国の独立を導いたのは日本軍?
自分たちの植民地を独立させず、
名目上外国の植民地を独立させたという太平洋戦争を
植民地解放戦争といえるのか?

361名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 10:24:57.00ID:ptnPJmnB0
あの戦争をアジア解放の聖戦と言うならば、
戦争開戦前に朝鮮は独立していなければならない。

362名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 12:28:45.71ID:8cBfVYcA0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

363名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 12:49:47.31ID:o8nNvLLS0
[あの戦争をアジア解放の聖戦と言うならば、
戦争開戦前に朝鮮は独立していなければならない]

当時朝鮮人は日本人であることを望んでいた故
、独立を命じても拒否したであろう。朝鮮併合自体、
朝鮮側が望んできたことである。合併国家であって、植民地
ではない。スコットランドも北アイルランドもイングランドの
植民地でないのと同じである。

364名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 12:54:39.19ID:o8nNvLLS0
小磯声明(こいそせいめい)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)中、
1944年9月7日に当時の小磯國昭首相が発した、
「東印度」(インドネシア)に対する「将来の独立認容」をうたった声明である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%A3%AF%E5%A3%B0%E6%98%8E

365名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 12:58:17.46ID:o8nNvLLS0
朝鮮併合自体、
朝鮮側が望んできたことである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88

366名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 13:24:04.11ID:8cBfVYcA0
同君王国でもよかったのにな。併合してしまう必要自体は無かったといえる。

367名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 14:18:43.34ID:QljcAbHx0
大韓帝国は、自ら望んで、日本に併合してもらった。

つまり、朝鮮は植民地ではなく日本領土なのである。

アジア太平洋戦争で独立させる対象ではない。

368名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 14:22:11.97ID:QljcAbHx0
マレー、スマトラの件は、東條首相は反対だった。だから、公式に発表させず、改定する
機会をうかがっていた。サイパン陥落まで改定できなかったが、後を継いだ小磯が
インドネシア独立容認を声明して、事実上改定された。

369名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 14:23:55.60ID:QljcAbHx0
中国には汪兆銘政権があり、日本としては何もする必要が無かった。

せいぜい、国民党と共産党のゲリラを掃討するだけである。


        

370名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 14:31:07.06ID:QljcAbHx0
   
★ククリット・プラモード  タイ国元首相

「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは
難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは
一体誰のお陰であるのか。それは『身を殺して仁をなした』日本という
お母さんがあった為である。
 
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を
賭して重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが
病の床に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」
 
 (12月8日 「サイアム・ラット新聞」)

日本が帝国主義者をアジアから駆逐したおかげで、東南アジア植民地は
全て独立することができた。当時を生きて当時を見た生き証人たちは、殆ど
誰もが、日本のおかげで独立できたと語る。

即ち、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。
否定するのは馬鹿のみ。


       
           

371名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 14:55:07.38ID:spfKTJfL0
>>367 >大韓帝国は、自ら望んで、日本に併合してもらった。

都合の良い日本擁護だな。

【朝鮮併合】
1・日本は韓国を清属国から離したが、韓国はロシアに近づくそぶり。
2・日本は日露戦で中立宣言してた韓国に強引に進駐。
3・占領下で日韓協約により国権を接収。抗日運動も弾圧。不満な皇帝(高宗)を追放。
4・日本閣議で併合方針を決定。(消極だった伊藤も承認)
5・伊藤暗殺事件に慌てた韓国でも併合機運(一進会の隆盛など)。早期の併合合意。

国際的には認められた併合だし、日本がそれを主張するのは勝手だが、
朝鮮の抗日独立派にとっては、ごく当然に日本は侵略者。

372名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 14:56:32.87ID:spfKTJfL0
戦前日本の成功モデル、満州族の独立支援が建前の満州国

・トップが満州人でも、内政の実権は次官等の日本人が握ってた。
・関東軍に背けず、選挙も国籍法も無し。人事・俸給・税制など日本人を優遇。
・帝族の範囲まで日本が決定。溥儀に跡継ぎが出来なければ日本が決定。
・現地人の土地を強引に安く奪い、日本人移民に。暴動が起きたケースも。
・満州人が主導する独立的な国作り、が目指された痕跡が無い。

解放者と言うより新たな支配者だな。
土地を奪われ暴動を起こした現地人にとっては、日本は侵略者だな。

まあ現地の発展に寄与したのも事実だが。

373名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 14:57:40.17ID:spfKTJfL0
満州国も、実質日本領に近いが、
不戦条約や九カ国条約を結んだ後なので、建前で独立国にしただけ。

374名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 19:51:04.18ID:o8nNvLLS0
「建前で独立国にしただけ」
満州族にとっては建前上の独立ではあっても、シナの奴隷でいるよりはましだろう?

375名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 19:57:35.63ID:o8nNvLLS0
【資料4】1943年5月31日御前会議決定の「大東亞政略指導大綱」
六、ソノ他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通リ定ム。但シ(ロ)(ハ)以外ハ当分発
   表セス。
  (イ) 「マライ」「スマトラ」「ジャワ」「ボルネオ」「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重
     要資源ノ供給地トシテ極力コレカ開発並ヒニ民心把握ニ努ム。
  (ロ) 前号各地域ニオイテハ原住民ノ民度ニ応シ努メテ政治ニ参与セシム。
  (ハ) 「ニューギニア」等(イ)以外ノ地域ノ処理ニ関シテハ前二号ニ準シ追テ定ム。
  (ニ) 前記各地ニオイテハ当分軍政ヲ継続ス。

**********
ハイハイ、御前会議ね、それで小磯声明を何故無視するの?
インドネシアの独立宣言は日本軍治政下の昭和20年8月17日、日本軍黙認の下行われた。英蘭からは
治安維持を命じられていたのだが。

376名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 20:04:58.29ID:o8nNvLLS0
「一、植民地解放の戦争ならば、中国で略奪や殺戮は行うべきではない」
****************
殺戮を行っていたのはシナであって日本ではない。
通州日本人虐殺事件、上海日本人租界爆撃事件への責任追及が南京侵攻であり、日中戦争
である。貿易センターで3千人殺された米国がアフガンへ侵攻したのと同じである。米国は
ビンラデン捕縛のため侵攻した。日本軍は蒋介石捕縛のため侵攻した。

377名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/09(日) 20:18:49.83ID:o8nNvLLS0
>>358 >>355見せかけの独立のことを植民地解放とは言わない。
それが植民地であるよりマシであっても、
言葉の定義上、それは植民地解放とは言わない。

*************
馬鹿が勝手に言葉を定義するな!
植民地住民から国家国民となって独自のパスポートを持つことを独立という。
日本軍がアジアを独立させるまで、アジア人は単なる植民地住民とされ、
パスポートを持つことを許されなかった。
ビルマ独立の父と呼ばれるアウンサンは昭和16年初頭にミャンマー独立工作のため日本に密航したが、
英国のパスポートも、もちろんビルマのパスポートも持っていなかった。

378名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 07:42:10.48ID:ZzKpJ2de0
中ソ紛争(1929年7月-10月)こそ満州建国の直接要因である。
 重大なる歴史事象が昭和史において忘れられている。忘れ去られていると
言う
よりも、日本共産党とその手下であった東大歴史閥が忘却せしめたと言った


妥当であろう。
 満州事変(1932年)の3年前、中ソ紛争が発生している。1922年末に誕生した

連邦はロシア帝国から満州中東鉄道(東清鉄道)の支配権を継承したが、
その支配権をめぐり中華民国政府との間に軍事衝突が発生した。
 
 当時、関東軍(満州駐留の日本軍)はこの紛争は中華民国軍が勝利し、
満州に侵入してきたソ連軍を押し返すものと考えていた。それは支那軍の中核で
あった張学良軍のほうが装備の近代化が進んでいたからである。しかし、結果は
反対で、ソ連軍は北満を蹂躙した。満州はソ連により占領され、共産化される
危機に陥ったのである。
 満州族は17世紀初頭にこの満州から北京へ出でて清国を樹立したのだが
、20世紀初頭における清国崩壊により行き場を失っていた。それゆえ、満州族は
祖先の地である満州に独立国家を樹立する希望を抱いていた。また、
関東軍は日露戦争で得た満州権益を守る責務を負っていた。中華民国軍の敗退は
関東軍と満州族に大きな危機感を抱かせた。そのソ連による共産化への対抗策が
満州独立だった。


 日本共産党左翼と東大左翼歴史閥は何故かこの中ソ紛争に蓋をして、あたかも
関東軍が満州利権を確保するため、勝手に行動を起こし、満州国を捏ち上げたか
のように歴史を捏造している。何故日共左翼・東大歴史閥がこのようにソ連邦に
有利となる歴史観を捏造したのであろうか、その理由は簡単である。

 日本共産党はソビエト共産党の犬だったからである。
なみに現在はシナ共産党
の犬をやっている。


参考:中ソ紛争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E3%82%BD%E7%B4%9B%E4%BA%89

379名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 10:19:39.24ID:NQXBl6jR0
>>367
>>377
もう話にならんなw

韓国併合以外にも、日韓合併という選択肢があったことが一つ。
韓国では戦前に三一運動という独立運動もあったことが二つ。
解放:束縛をといて自由にすること。by広辞苑
見せかけの独立は、人々の束縛を解いて自由にしてはいない。
それは見せかけではなく、単なる独立。
日本人なら日本語が使えるようになろうね、アスぺ君。
自分が日本語使えないからって周りの人を在日呼ばわりしちゃ駄目だよw

380名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 10:23:41.25ID:NQXBl6jR0
>>377
見せかけの独立≠植民地解放であって
独立≠植民地解放
とはいってない

ひまわり学級の方ですか?

381名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 10:31:22.70ID:/Gl2ENzg0
>>379
>解放:束縛をといて自由にすること。by広辞苑

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

382名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 11:43:56.15ID:iy16jdnR0
スプートニクは止めておけ(´・ω・`)さすがに

383名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 21:48:06.80ID:c3CUopcP0
見せかけか、見せかけでないか、それは主観の問題。

見せかけの独立だ、と言い張る奴は絶対に自説を曲げないし、
見せかけの独立じゃないと言い張る奴も、絶対に自説を曲げない。

議論は永久に噛み合わない。特に被害者意識の固まりの在日韓国人が絡むと厄介だ。

日本と大韓帝国双方合意の上、併合されたのに5000年の独立を保ったと言い張ったり、
日本国の一部として、平和をむさぼっていたのに、侵略戦争と罵倒したり、
なんとかして戦勝国に入ろうとして総スカン食らったり。

在日韓国人が絡むと日本近代史は滅茶苦茶だ。


              

384名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/10(月) 21:52:49.14ID:c3CUopcP0
見せかけだろうとなかろうと、独立は独立なんだけどね。
少なくとも、主権があるから、植民地じゃない。

アジア太平洋戦争が終わった後、東南アジアからインドまで、
アジアの植民地はことごとく独立してしまった。この動きはアフリカ
にも及び、アフリカ植民地も独立へと向かう。

アジア太平洋戦争が無ければ、
アジア・アフリカの植民地は今でも植民地のまっまだったかもしれない。


        

385名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/11(火) 04:33:25.37ID:CC7Sc8no0
>384
アジア太平洋戦争が終わった後、東南アジアからインドまで、
アジアの植民地はことごとく独立してしまった。

アフリカの独立は戦後だが、アジアの独立は戦中である。
アジアは戦後自力で独立したことにしないと日本軍が解放軍になり白人国家が
侵略軍になるから、マスゴミを動員して戦後独立したことに捏ち上げ、
日本人を洗脳した。

ミャンマー独立は1943年8月1日 首班はバー・モウ。
フィリピン第2共和国は1943年10月14日に独立 首班はホセ・ラウレル。
自由インド仮政府は1943年10月24日に亡命政権としてシンガポールで
独立、首班はチャンドラ・ボース。日本政府はインド洋の
アンダマン・ニコバル諸島を領土として付与。
ベトナム帝国は1945年3月9日にフランスより独立、首班はバオ・ダイ帝。
カンボジア王国は1945年3月12日にフランスより独立、
首班はノロドム・シアヌーク国王。
ラオス王国は1945年4月8日にフランスより独立、首班はシーサワーン・ウオン国王。
インドネシアは1945年8月17日にオランダにたいし独立を宣言、首班はスカルノ。

インドを含む東南アジア地域は戦争中にマレーシア、ブルネイを除く全域が
日本軍により独立していたのである。その領域は東南アジア全域の90%以上に上る。

以下は日本軍駐留期間とアジアでの独立国家数の増加をグラフにしたものである。
昭和18年から昭和20年にかけて独立国家数は直線、すなわち比例関係で伸びており、日本軍はアジア占領後、気負うことなく堅実に独立実現に邁進していたことが見て取れる。
相関係数を計算してみるとその値は0.931162となり、科学の世界では極めて
高い相関を示している。散布図から回帰式を求めると
Y=0.1897X−2.2862
となる。
このグラフで見る限り、日本軍の駐留期間と独立国家数には強い直線相関が
見られることは明らかである。
このデータ解析により、アジア独立とは日本軍進攻なしでは実現しなかったと
言う事実が科学的に明らかとなる。
駐留期間と独立国家数は比例関係にて増加している。その相関係数は0.931162。
このグラフがアジアの独立は日本軍によって達成されたことの科学的数学的証明
である。
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51408520.html

386名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/11(火) 15:58:21.24ID:6TiE5/BE0
大東亜戦争は日本での正しい呼称
でもGHQに戦時用語とか言われて
太平洋戦争と言う呼称になった

もう使っても良いはずなのに
学校の教科書でも太平洋戦争と書かれている
まあ大東亜戦争とかつかうと在日とか
近隣諸国(笑)から云々って民進党が言ってくるからねww

書いてて思った
内政干渉してるだろあいつら

387名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/11(火) 16:00:27.70ID:6TiE5/BE0
大東亜戦争は日本での正しい呼称
でもGHQに戦時用語とか言われて
太平洋戦争と言う呼称になった

もう使っても良いはずなのに
学校の教科書でも太平洋戦争と書かれている
まあ大東亜戦争とかつかうと在日とか
近隣諸国(笑)から云々って民進党が言ってくるからねww

書いてて思った
内政干渉してるだろあいつら

388名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/13(木) 22:05:45.05ID:CZQrVXCv0
最近の中学校の地理ではいきなり韓国を教えるのな。
驚いた。韓国についてなんて何も教えることないだろ。これも民主党政権の弊害か?

389名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/14(金) 00:52:00.35ID:3/obl4LH0
アメリカと中国から教えるべきだよな。もうすぐ灰となって無くなる
不浄の地の知識など親権者の同意とってから希望者にのみ
教示するくらいでちょうどいい。

390名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/14(金) 21:37:52.03ID:hsrxeFn00
過去のことばかり持ち出して、日本に喧嘩を売ってくる国のことなど教える必要はない。

391名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/15(土) 22:04:45.90ID:fTFxPB380

392名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/15(土) 22:05:22.47ID:jhpgN9px0
   
★アラムシャ 元インドネシア第3副首相

「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、
350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知な
スパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。
それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を
断ち切ってくれた。
インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」


日本軍は欧米帝国主義を打倒し、植民地諸国に歓喜と勇気をもたらした。
その後の日本軍の統治は厳しかったが、すべては独立のためのもの。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争だったのは疑いのない事実である。
否定するのは馬鹿のみ。


        

393名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/21(金) 21:24:16.84ID:YErvHkQL0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

394名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/21(金) 22:35:35.33ID:xXZHESrdO
>>387
GHQとか関係なく東亜より太平洋の方が心地よいわ

395名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/22(土) 03:19:52.15ID:O9rVdkPj0
そういう情緒論は日記にでも書いておけば?

396名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/26(水) 12:58:12.82ID:YSuCAGzl0
>>392
その頃日本がインドネシアに行ったNGO,NPOの額から言えば、この程度のリップサービスは当然でしょ。

397名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/26(水) 21:30:18.66ID:OTDd9Xyx0
>>396
お前馬鹿だろ?

398名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/04(木) 21:26:30.97ID:xnd/iQ730
  
東條英機は、植民地解放の英雄である。

インドやマレーシアでは、今でも東條英機は救国の英雄と崇められている

東條を嫌うのは朝鮮人とシナ人とバカサヨクのみ

  

399名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/04(木) 21:28:25.70ID:xnd/iQ730
          
あまり知られていないが、東條首相はアメリカ軍の日系人部隊に
以下のような内容のメッセージを送ったという。

「アメリカのためにしっかり戦いなさい」

慈悲深い言葉である。東條の人柄が表れているではないか。
東條こそ、真の侍だったのである。馬鹿は悔しがって認めないが。

      

400名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/04(木) 21:46:38.84ID:WVfKr63l0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

401名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/05(金) 01:52:09.47ID:OpU4fKbl0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

402名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/05(金) 20:34:16.33ID:F01LbLRp0
>>399
お前がバカなんだよ
日本は日本人含めてアジアの3000万人を殺した
日本の支配層は日本の土着民ではない
白人どもの手先となってアジア人を殺した

東條半島人が、日本人同士で殺し合いなさいと言ったという話じゃないか

日本兵は東南アジア各地で食料の補給もなく、日本人同士が食い合った
終戦で、満州その他に移住した日本人や派兵された日本人は帰って来るなと国会で決定した
棄民だよ
日本政府は一度も日本国民を守ったことがない
日本政府は、日本国民を海外に捨てる、売り払う、殺す
日本政府は明治から日本女性を海外に販売してたのを知ってるか?
男も奴隷用に販売していた

403名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/05(金) 22:02:08.70ID:cO0mTJO80
     
東條英機は植民地解放の英雄であり、人種差別を終わらせたヒューマニストである。

忠君にして愛国者。東條英機こそ、現代の平和馬鹿が失った全てを持っていたのだ。


     

404名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/05(金) 22:03:45.29ID:cO0mTJO80
        
アジア太平洋戦争中、東條は多くのユダヤ人を救った。
同盟国・ドイツの反ユダヤ政策に背いて助けたのだ。

東條こそは、真の人種平等主義者であり、心暖かいヒューマニストなのだ。
馬鹿は必死で否定するが


    

405名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/05(金) 22:21:09.48ID:cO0mTJO80
         
★ネルソン・マンデラ元南アフリカ共和国大統領の側近の言葉

「マンデラ氏も我々と同意見である。マンデラ氏は、『日露戦争の日本、大東亜戦争の日本、
援助する日本、工業の日本に感動した。日本に行きたい。天皇陛下にお会いしたい。』と、
毎日語っている。」


ネルソン・マンデラ元大統領が憧れていたのは、日露戦争以降の日本の全てである。
馬鹿にはわからないようだが。「マンデラが大日本帝国を賛美するわけない」とは、
何の根拠もない妄想に過ぎないのだ。

マンデラ氏は訪日を強く希望したが、日本政府が断ったのか、訪日は実現しなかった。
おそらく、マンデラ氏の正しい歴史観が戦後日本の誤った歴史観と180度異なったからであろう。

アジア太平洋戦争は植民地解放だったのは疑いのない真実である。
     
             

406名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/09(火) 21:50:41.80ID:mnKnk3qF0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

407名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/10(水) 05:53:27.16ID:Izk6+7zF0
大東亜戦争は日本が勝った -英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る
「世界史の中の日本」

408名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/10(水) 05:55:00.11ID:Izk6+7zF0
ヘンリー・S・ストークス 来日50年の総集編

世界史を俯瞰して明らかになった
大東亜戦争の真実

共産党などの左翼は、大東亜戦争は「侵略戦争」であったと言う。
そうであろうか? 史実を検証すると、そこには明らかに「アジア解放戦争」の側面が
見て取れる。
アメリカの侵略戦争や、大英帝国の植民地支配での戦争とは、明らかに違った姿を
現じている。
私は、大東亜戦争を日本がなぜ戦ったのか、その結果、何が世界に起こったのかは、
世界文明史的な俯瞰をもってしてはじめて、明らかになるものだと、そう思い始めた。
世界文明史の中で、大東亜戦争を位置づけようというような野心的な試みは、
一冊の本で果たせるものでもないが、
その第一歩を英国人ジャーナリストの私が切り開くことで、世界中に多くの
賛同者が出てくると、
そう確信している。(本文より)


1章 日本が戦ったのは「太平洋戦争」ではない!
2章 「太平洋戦争」史観で洗脳される日本
3章 日本は「和」の国である
4章 世界に冠たる日本の歴史
5章 オリエントにあった世界の文明と帝国
6章 侵略され侵略するイギリスの歴史
7章 アメリカの「マニフェスト・デスティニー」
8章 白人キリスト教徒による太平洋侵略
9章 マッカーサー親子によるフィリピン侵略
10章 大日本帝国と西欧列強の帝国主義の違い
11章 大日本帝国は「植民地支配」などしていない!
12章 日本は中国を侵略していない
13章 アメリカによる先制攻撃の「共同謀議」
14章 大統領がアメリカ国民を欺いた日
15章 大英帝国を滅ぼしたのは日本だった!

409名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/10(水) 16:01:55.24ID:cI6WRoZj0
【 The Korean War 】= Matthew B. Ridgway (朝鮮戦争で米軍中心の国連軍を率いたマシュー・リッジウェイ将軍) 著書

「韓国軍の態度だけが私の悩みだった。進撃する中国軍は韓国軍部隊を次々と敗走させ、そのたび韓国軍は補充困難な、高価な多数の(米国供与の)装備を放棄した」

●著者はマッカーサー将軍の後任として朝鮮戦争の指揮と処理に当たった。
 真摯な人柄が文章に伺えるし、軍人としても細心な注意を怠らない有能さが随所に読み取れる。
 本書は指揮官としての回顧録であるから、戦争を俯瞰した点、戦争全体の流れはわかるが、
 戦闘細部の迫力面で少し物足りないので星一減。
 しかし、マッカーサー将軍の解任の部分や、韓国軍がほとんど軍の体をなしておらず、
 中国軍に当たるとすぐ貴重な装備も武器も放り投げて潰走するのを何度もぼやいている。
 そのくせ韓国大統領の李承晩は米国が武器を自分たちに回さないと嘘八百の告げ口キャンペーンを張るのでくさっているところなど面白い。
 必要なのは地道な訓練なのに、なんでも政治がしゃしゃり出て騒ぎ立てるところは昔かららしい。
 中国軍との停戦協議など、不誠実な相手に死ぬほど疲れただろうが、立派な軍人の忍耐に脱帽です。

●翻訳の中古が馬鹿高かったので、原書を探したら米英では朝鮮戦争系の出版物が結構多いので驚きました。
 とっくに風化して忘れられた戦争なのかと思っていたので。
 どこの国でもミリオタはデータ重視のリアリストが多いですが、その目で韓国も見られているのだなと。
 韓国戦争は韓国軍が戦ったなどというファンタジーは韓国内でしか通用しないのですね。

●ベストセラー本です。日本語訳も出版されていたと思います。
 韓国軍がいかに無責任で、役に立たなかったのか、詳細にかいてあります。
 朝鮮人を知るためにも役立つ本です。

☆韓国軍がほとんど軍の体をなしておらず、中国軍に当たるとすぐ貴重な装備も武器も放り投げて潰走するのをリッジウェイ将軍は何度もぼやいている。
 一方で韓国大統領の李承晩は「米国が武器を自分たちに回さない」と嘘八百の告げ口キャンペーンを張る酷さ。

☆リッジウェイの著書によって多くの米国民が「本当の朝鮮戦争」を知っている。上官と部下が揃って逃げる韓国軍の実態も…

https://www.amazon.co.jp/product-reviews/0306802678/ref=acr_dpproductdetail_text?ie=UTF8

410名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/13(土) 11:53:47.92ID:5lSsvMGq0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

411名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/14(日) 09:21:55.23ID:M0ciKH7S0
アジア太平洋戦争って物凄い良い名前だと思うけどね。

「大東亜戦争」は肯定的な意味も含まれるために論外だけど、実は
「太平洋戦争」も問題がある。理由は、

- 「ボリビア+ペルー×チリ」の戦争(1879年-1884年、先客)で既に使われている。
- 東南アジア、中国など、太平洋に面していない場所でも戦争が行われている
 ため、地理的混乱をもたらす。

結局、アジア太平洋戦争の呼称が一番合理的なんだが、何故定着しないん
だろうか。

412名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/14(日) 14:27:40.34ID:uCGGh2CY0
出典が朝日新聞だからだろw

413名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/20(土) 22:08:38.84ID:hPiGcOu50
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です

414名無しさん@お腹いっぱい。2017/05/25(木) 21:44:44.52ID:m+15HAF+0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

415名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/04(日) 21:17:16.83ID:L9B5QtN90
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です

416名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/05(月) 14:55:23.11ID:hxH+8VPx0
スペインとアメリカの植民地から解放してくださったことを
フィリピン人を代表して感謝します

417名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/06(火) 05:28:34.28ID:zc3lLl0+0
何で感謝するの?
日本が戦争しかける前からフィリピンは独立に向けて準備中だったんだが。

418名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/08(木) 09:53:44.63ID:irlnmugT0
あの戦争のおかげで予定より1年、独立が遅れると言う迷惑をかけているんだよなあ。

419名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/08(木) 13:02:15.05ID:IBOWLv690
長い奴隷と服従の歴史から解放してくださったことを
フィリピン人を代表して感謝いたします

420名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/09(金) 21:38:39.44ID:btCmZDm+0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です

421名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/09(金) 21:59:28.89ID:btCmZDm+0
米英蘭仏の東南アジア植民地は、アジア太平洋戦争後から間もなく、すべて独立しました。
元々の方針に従って独立したのです。

アジア太平洋戦争は植民地解放戦争だったのは歴史的真実です。

422名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/09(金) 23:56:59.57ID:kjA9IkmT0
イギリスの苛烈な植民支配から解放してくださいまして
マレーシア国民を代表して日本兵のみなさんに感謝します

423名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/10(土) 21:42:40.84ID:cS8Lzv7J0
マレーシアの歴史教科書は「日本軍の上陸」から始まります。
それ以前の歴史は抹殺されていて、分からないのです。

だから、マレーシアでは日本軍上陸の日を祝います。
アジア太平洋戦争が植民地解放戦争だったのは疑いのない真実です。

424名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/11(日) 02:03:19.94ID:XhsFWfXA0
マレーシアの歴史教科書(国定教科書中学校二年用『歴史の中のマレーシア』より引用)

日本は、マレー人の解放獲得の期待を裏切った。日本人はマラヤを、まるで自分の植民地であるかのように
支配した。今度は彼らがイギリス人の座を奪ったのだ。日本の支配はイギリスよりずっとひどかった。

日本占領時代は、マラヤの国民を怖がらせた暗い時代だった。国民のすべての生活様式は、日本人が自分たちの
文化をマラヤに持ち込んだため混乱した。このことは、この地に持ち込まれた教育制度を通してみることが出来る。

日本軍政部の態度は厳しく、乱暴だった。ことのことが国民生活の状況をさらに悪化させた。健康のための
サービスはないがしろにされた。ヨーロッパ人の医師と看護婦はすべて囚人キャンプに送られた。

425名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/11(日) 16:01:18.46ID:4fERP2KQ0
イギリスの苛烈な植民支配から解放してくださいまして
マレーシア国民を代表して日本兵のみなさんに感謝します

426名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/12(月) 21:31:05.17ID:0nMGI0QF0
  
★マハティール 元マレーシア首相(1992年、香港にて)

「東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国は
あえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功を遂げた。東アジア人は、もはや劣等感に
さいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを
証明してみせた。
 もし、日本なかりせば、世界はまったく違う様相を呈していたであろう。富める国はますます富み、
貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨーロッパは、永遠に世界を
支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の言い値で
売り続けていたであろう」


アジア太平洋戦争は、白人の植民地主義を叩き潰し、白人の人種差別主義を粉砕し、新しい経済秩序
を作り上げた。植民地諸国はすべて独立し、日本の影響を受けながら立派な独立国となった。彼らは、
アジア太平洋戦争が無ければ今でも植民地のままだったであろう。

即ち、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。
否定するのは馬鹿のみ。



          

      

427名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/13(火) 11:31:50.56ID:u+3rsLS/0
 ミッドウェイの基地化が出来るかどうかはひとまず置くとして、別に大きな問題がありますね。
 大雑把な数字ですから正確は期し得ませんがオアフ-フレンチフリゲート間が約900kmですから、
B17等の飛行速度の推定を誤るとミッドウェイの零戦は会敵さえ出来ないことになります。
※平均飛行速度:オアフからの所要時間/270km:199.8分、300mk:180分、350km:154.2分、400km:135分

 米機の来週はオアフ付近の潜水艦で察知するとしても、飛行速度の推定を誤れば零戦の迎撃は空振りですし、
もし米軍が哨戒機で潜水艦に潜航を敷いていたら出撃さえ適時に察知できそうもありません。
 またB17等が本体に先立って前路哨戒隊などを繰り出していた場合、
F環礁付近に奇跡的に間に合った零戦隊と遭遇したら本隊は少し途中で待っていれば滞空時間に余裕のない零戦隊は引き上げるしかなくなってしまいます。
 ガ島の場合は日本側の都合で決めた時間に動かない基地を攻撃するだけでしたから、
その点が大きく異なりますね。

428名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/13(火) 20:23:59.61ID:nNT8Pii50
このスレ結局
>>357 >>358 >>359 >>360
に明確な反論できる奴いないの?

429名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/13(火) 20:43:20.19ID:YF1UzbY/0
前提が偏見と差別を前提とした偽論に対して学術は適切な回答を与えない。
おしまい

430名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/13(火) 20:44:27.51ID:YF1UzbY/0
で、日本兵がアジアを解放したという事実に対して
なんで明確に反論できないの?

431名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/13(火) 21:46:30.75ID:SW+H1fOR0
アジア太平戦争の間に、東南アジアの植民地は全て独立しました。
戦後、独立を認めない宗主国が戻ってきましたが、独立戦争や
粘り強い交渉で、植民地諸国は真の独立国となりました。

これは、日本軍が白人を叩きのめし、白人は不敗の神ではない
ことを思い知らせたこと、そして、日本軍が施した民族教育の賜物です。

日本の軍政は、植民地を独立国にするという難事業だったため、
非常に厳しかったけれど、与えたものも大きかったのです。

432名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/14(水) 15:38:22.71ID:an45G3sQ0
イギリス歴史家 アーノルド・トインビー
「第2次世界大戦によって、日本人は日本のためというよりも、
むしろ戦争によって利益を得た国々のために偉大なる歴史を残したと言わざるを得ない。
その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において、
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去200年の間に考えられていたような、
不敗の半神でないことを明らかにした点である。」

フランス シャルル・ド・ゴール
「シンガポール陥落は、白人植民地主義の長い歴史の終焉を意味する」

タイ ククリット・プラモード元首相
「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、
産まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが
一身を賭して重大決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。」

マレーシア ガザリー・シャフィー 元外務大臣
 「日本はどんな悪いこ事をしたと言うのか。大東亜戦争でマレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。
わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。
私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。
日本は敗れたが英軍は再び取り返すことができずマレーシアは独立したのだ。」

433名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/14(水) 18:47:19.55ID:teuplNh30
ヨーロッパによる侵略から解放してくださったことをベトナム人を
代表して感謝します。日本兵のみなさん、ありがとうございました。

434名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/14(水) 21:49:19.90ID:8cVyRQ3l0
ヨーロッパによる侵略から解放してくださったことをミャンマー人を
代表して感謝します。日本兵のみなさん、ありがとうございました。

435名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 00:10:28.04ID:mOw7FyMA0
1945年8月のソ連でさえ北海道爆撃は手付かずだったのに、太平洋戦争の日本航空隊は、
開戦から僅か数日の間に真珠湾とマレーとフィリピンを同時攻撃してるって凄くね?
ミッドウェー海戦でさえ勝てればハワイも取れて日米講和というシナリオが見えて来ないか?

436名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 03:37:08.64ID:J5DMJYD90
開戦から4年間で40隻も空母を新造してくる国あいてにハワイの占領程度で
勝てるとは思えないわ。メキシコやカナダ、南米あたりが枢軸側にいて、アメリカ
本土が陸戦に巻き込まれてる情勢でも構想しないかぎり、まあムリだろう。

437名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 07:30:13.16ID:+1v8DqX80
建艦能力の差はワシントン軍縮条約の時に思い知ってたはずなのになあ。
日本が4年で8隻起工してる間にアメリカは3年で16隻起工している。
造船設備の数からして違うのに。
本当に司馬遼太郎じゃないけど、明治大正では的確な対処してたのに、昭和に入ると信じられないほどおかしくなった。

438名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 07:30:16.28ID:tIbO1VWk0
>>436
だから日本は米国と戦争せず中国とだけ戦争すれば絶対に勝ってた。
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。

439名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 13:39:48.31ID:J5DMJYD90
全くだ。フィリピンを迂回してシンガポールとインドネシアに直行するだけで
ぜんぜん良かった。なにしろ欧州じゃフランスが占領されてなおアメリカは
中立だったんだ

440名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 13:43:28.86ID:J5DMJYD90
理想的な展開
@中国戦線のみで米国の経済封鎖をがまんする(最善
Aフィリピン迂回してマレー、インドネシアの英蘭に宣戦布告
BAに加えて対ソ参戦

アメリカをあくまで中立国にしておけば和平交渉の仲介に
さえできたのだ

441名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 21:59:53.47ID:A2dndfeI0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です。

442名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 15:06:05.33ID:+ZZ8n1LD0
>中国戦線のみで米国の経済封鎖をがまんする(最善
いや、日本の経済が破綻しちゃうよ。最善なんてとんでもない。

>アメリカをあくまで中立国にしておけば
アメリカをあくまで中立にしておくためにはアメリカの要求をある程度は呑まないと無理でしょ。
しかし日本は国際合意(ベルサイユーワシントン体制)を逸脱して拡大した支配域を認めろと言うばかりで、
アメリカと協力関係にあったイギリスと戦っているドイツと手を切る程度のことさえ拒否している。
それで、中立国にしておけるわけがない。

当時の日本は日本の都合だけを諸外国に押し付けようとしたわけだが、
日本の都合だけで相手を中立国にしておけると思ってるのなら、全く進歩してないことになるな。

443名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 15:11:21.94ID:Z8uUeOkq0
>いや、日本の経済が破綻しちゃうよ。最善なんてとんでもない

これはない。当時の民需燃料の主力は石炭で、国内と満州で
じゅうぶん調達できてた。海軍責任論者がいうように、海軍の
ことさえかんがえなければ別に経済封鎖で良かったんだよ。

>アメリカの要求をある程度は呑まないと無理でしょ
中立国は不干渉義務があります。仲介する意思がないのなら
仲介できないだけの話し。

そもそも経済封鎖などなくとも30年代の世界はブロック政策の時代であり
国際貿易を拒否し手を叩いてきたのはそもそもアメリカやイギリスのほうが先。
ほうっておいて困るのはアメリカやイギリス。

444名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 15:13:50.12ID:Z8uUeOkq0
アメリカに戦争を仕掛けずに、日中戦争と、せいぜい対ソ戦だけにしておけば
ウラジオ回廊をつかったアメリカの対ソ支援を阻止できたし、日本本土が空襲を
うけるなどという悲惨は回避できたので民間人の死傷者など3ケタ以上少なく済んだろう。

445名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 15:15:29.10ID:Z8uUeOkq0
日本はあの戦争で300万人以上が殺害されたけど、うち200万人以上は
44年以降の本土空襲の犠牲者だからな。戦闘員の死者など知れているんだ。

446名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 20:40:17.32ID:IxpruWfD0
>>443
理論構成がよくわからんのだが
なんで先にやった方が困るんだ?
それをやるとなんらかの利益があるから行ったわけであって
普通はあんまり困らない方法とってるはずだよな?

447名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 21:11:35.50ID:TeBrVkJf0
本当は怖い 被曝汚染キムチ の不都合な真実


【韓国】古里(コリ)原発、放射性物質排出量世界最多
    他の原発に較べ最大3000万倍多く排出
https://goo.gl/mGktT9

【被曝】韓国ソウル市内の放射線量が福島緊急避難区域より高いことが判明!
https://goo.gl/fxY2cY

韓国の新生児の1割に先天性異常…5年で発生率2倍に
https://goo.gl/DfyO7h

韓国Samsung スパイウェア
https://goo.gl/Z8GoRh

南朝鮮の半導体技術自体、日本から掠め取ったマガイモノ
https://goo.gl/H7KXas


韓国やめますか それとも遺伝子異常になりますか(笑)

448名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 21:29:52.37ID:e4orV5Gl0
アジア太平洋戦争は植民地解放戦争です

449名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 22:27:10.35ID:e4orV5Gl0
          
ロスロップ・スタッタード(歴史学者)

「すでに四百年の間、連続的勝利によって、白人は本能的に自己の膨張は無限に継続するものと信ずるに至った。
1904年の日露戦争以前には、自己の膨張が停止するというような思想は白人千人中の一人にも考えがおよば
なかった。
(中略)1900年は、四百年間みなぎりきった白人潮勢の頂点であった。白人はその時、威名と実力の頂上に達した
のである。その後わずか四年にして日本は猛然起って露国に抗し、旅順港に巨砲弾を浴びせて世界を驚かした。
その刹那に白人の退潮が始まった。」

(ロスロップ・スタッタード『有色人種の勃興』長瀬鳳輔訳、政教社、147, 151頁)


安倍談話に述べられた通り、日露戦争での日本の勝利により、植民地諸国は大きな勇気を受けました。
白人は不敗の神ではなく、きちんと戦えば勝てるのです。日露戦争研究のために、東南アジアの独立
運動家たちは日本に集結し、日露戦争を研究しました。日露戦争は東南アジア植民地独立の萌芽でした。

そして独立運動の終着点がアジア太平洋戦争です。
我々は、この大戦争を誇りに思い、先人を讃えて良いのです。



           

450名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/18(日) 00:03:55.83ID:eAcsipOG0
しかし日本は日本に見習い頼ろうとしたベトナムの東遊運動の留学生を追放しているんだよなあ。
確かに日露戦争は東南アジア植民地独立の萌芽だった。
しかし、日本はそれを育てるどころか見捨てたのが現実。
萌芽した独立運動を維持し育てて言ったのは、各植民地人の努力によるものであり、彼らの功績である。
日本にアジア諸国を本当に独立させる意図は無かった。
欧米に変わって自分の勢力下に置いて資源と市場を得ようとしただけである。
大東亜戦争は日本の勢力圏を築こうと言うもので、アジア諸国を独立させるためのものではない。
独立運動は各国のもので日本はそれを利用したに過ぎない。
結果的にアジア諸国の独立に寄与したとしても、それを諸国が感謝することかあったとしても、
日本がそれを自分の功績として自賛するなど、盗人猛々しいと言うものである。

451名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/18(日) 01:17:17.76ID:83+n0rQX0
白人の植民地支配から解放してくださいまして
日本の兵隊さんに心から感謝いたします。

452名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/18(日) 22:08:46.97ID:4H+ELWuu0
         
★インドネシア アリ・ムルトポ准将

「日本はアジアの光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示したもので
アジア人の誇りである。 今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら韓国が
一番困ると思う。もし、日本がシンガポールの地点にあったら、インドネシア人の成功は
容易である。つまり、日本の近いところに位置していることは、幸運なのだ。
経済的支援を連続的に受けていると言ってもよいくらいだ。 」


ムルトポの言う通り、アジア太平洋戦争はアジア人の誇りであります。
東南アジア植民地を白人から解放し、民族教育を施し、国防軍を創設した。
全ては植民地諸国の独立のためです。確かに日本軍政は厳しかったが、
軍人精神の発露とみればその厳しさは当然でしょう。

アジア太平洋戦争は植民地解放戦争は植民地解放戦争に他なりません。
否定するのは馬鹿だけです。




            
 

453名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/20(火) 03:08:46.31ID:6iH25/rq0
■隠蔽されてきた海軍の蛮行

洋上の日本人兵の最高の望みはアメリカ船に救助されることであり、
それはアメリカの戦争捕虜収容所での生命と安全を意味していた。
ミッドウェーの洋上でのアメリカ人水兵や飛行士にとっての悪夢は日本海軍に捕らえられることであり、
それは素早い尋問のあと首をはねられるか、重しをつけられて船外に投げ捨てられることを意味していた。

日本人の戦争捕虜の取り扱いはジュネーブ条約のすべての信条に違反していた。

日本軍の手中にあった戦争捕虜の死亡率は驚異的な27%(ドイツ軍の手中のは4%)であった。
日本軍が5万いくつかの戦争捕虜を船でひとつの地域から他の地域へ運んだときに、
アメリカ軍の飛行機や潜水艦の攻撃を受けやすいように意図的に何の印もつけてない船を使い; 
その結果、108,000人のアメリカ人捕虜が亡くなった。 

アメリカ人捕虜のいる日本軍の島をアメリカの軍隊が取って代わろうとするときいつも日本軍が実行することは、
捕虜が救助される前に彼らを殺すことだった。

ギルバート島では22人の捕虜が首をはねられた。
バラレ島では90人の捕虜が銃剣で刺殺され; ウェーク島では96人の捕虜がマシンガンで銃殺された。
フィリピンのパラワンでは150人のアメリカ人が防空壕に集められ、ガソリンをかけられ火をつけられた。

この残虐性はアメリカの戦争方針に影響を与えた。

アメリカがゆっくりとした過程で日本に侵攻するという方針に反して、原子爆弾を使ってすぐに日本に大打撃を与えて
ノックアウトした大きな理由は、収容所にいる31,617人のアメリカ人捕虜を日本軍が殺すのを防ぐためであった。

454名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/20(火) 13:56:33.50ID:smDSfNek0
白人による植民地支配から解放してくださいましてありがとう。
日本軍のみなさんに感謝します

455名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/20(火) 21:46:01.08ID:u3RD/ZQs0
在日韓国人の皆さんは、そろそろ愛する祖国へ帰りましょうね。

456名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/21(水) 02:40:30.69ID:0ohg78mW0
日本兵のみなさんの献身にひたすら感謝

457名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/21(水) 21:49:23.43ID:e7m73VnB0
      
★インドネシア ブン・トモ (独立運動家、国家英雄)

「我々アジア・アフリカの有色民族はヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが
全部失敗した。インドネシアの場合は、 350年間も失敗が続いた。それなのに、日本軍が
米・英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度
持った自信は決して崩壊しない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねば
ならなかった。そして実は我々の力でやりたかった。」


日本軍の破竹の快進撃は、東南アジア植民地諸国に「独立は近い」という大いなる勇気を与えた。
そして彼らは言う「実は我々の力でやりたかった」と。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争だったのは疑いのない歴史的事実である。
泣きながら否定するのは馬鹿のみ。



        

458名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/08(火) 12:50:25.07ID:DDelYMuW0
私達は洗脳教育から脱出し
全力で自虐史観から抜け出さなくては
いけません

http://bewithgods.com/hope/jiji/daitouwa.html

459名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/08(火) 12:51:51.98ID:DDelYMuW0

460名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/08(火) 12:52:38.79ID:DDelYMuW0
「6」オーエンラチモア

「日本が立派にやりとげたことは、アジアに於ける欧米植民地の十九世紀的構造を破壊したことであった」と。
大東亜戦争の意義を讃えました。太平洋戦争とは私もいいません。
これはアメリカに都合のいい言い方なのです。

「7」オランダ国 アムステルダム市長

「日本は各地で侵略戦争をしたとペコペコ謝罪していますが、間違いです。
あなた方こそ、血を流して、アジア民族を解放し、人類最高のよいことをしたのです。本当は白人が悪いのです。
日本は敗戦しましたが、アジアの解放は実現しました。日本軍は欧米諸国すべてをアジアから追放しました。
その結果、アジア諸民族は独立を達成しました。日本の功績は偉大です。
血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分を蔑むのを止めて堂々と胸をはって、その誇りを取り戻すべきです。」

461名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/08(火) 13:26:37.21ID:DDelYMuW0
その小さな国は人種平等を世界に訴え続けた

http://p.booklog.jp/book/41714/page/880969

462名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/08(火) 17:09:54.76ID:J0Xq/xSR0
アメリカ命名の「太平洋戦争」名称を肯定してること自体ドアホ

日本人なら「大東亜戦争」一択

463名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/10(木) 21:42:23.64ID:938o2Of20
      
★ジョイス・C・レブラ コロラド大学歴史学部教授

「大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の一つは、各国の青年を教育し、
組織し、独立精神を振起した点にある。その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。」

「日本の敗戦 それは勿論、東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。今や真の
独立が確固とした可能性となると同時に西洋の植民地支配の復活も許してはならないもう一つの可能性
として浮かび上がってきたのである。民族主義者は日本占領期間中に身につけた自信、軍事訓練、
政治能力を総動員して西洋の植民地支配復帰に対抗した。そして、日本による占領下で民族主義、
独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後に
なって思い知ることになるのである。」

(「東南アジアの解放と日本の遺産」)より

日本軍政は、東南アジア植民地諸国の人々に、強い自信と勇気と日本精神を叩き込んだ。これに
よって、東南アジア諸国の人々は独立への自信を深め、終戦後、宗主国が戻って来ても屈服せず、
独立戦争、あるいは話し合いによって独立を勝ち取ったのである。

アジア太平洋戦争によって東南アジア植民地諸国が独立したのは紛れもない歴史的事実なのである。
馬鹿は必死で否定するが無駄だ。アジア太平洋戦争戦争は侵略戦争などではなく、植民地解放の聖戦なのだ。



           

464名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/11(金) 20:03:51.60ID:VLdfsezx0
>>1
大東亜戦争と閣議決定されたんだから仕方ないだろ。

右翼とか左翼とか無関係なんだよ。 大東亜戦争が正式な呼称なんだよ。

465名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/11(金) 22:18:42.22ID:cdUq1+VW0
    
アジア太平洋戦争によって、東南アジア植民地諸国が独立したのは、疑いのない事実
   
   

466名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 08:44:16.32ID:bDXf/9Mq0
>>464
じゃあ、学問とは無関係な話ですね。
学問板以外ではそう読んでくださいな。

467名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 12:35:39.44ID:mE1T42hI0
>>465
フィリピンはアメリカにより既に独立が約束されていた。
アジア太平洋戦争は、フィリピンでは日本軍が荒らした効果しかなかった
ので、大変評判が悪い。

468名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 14:14:41.70ID:cTIajCjh0
インドネシア独立戦争には日本人義勇兵が約2千人参加した

469名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 16:09:12.03ID:bDXf/9Mq0
>>468
日本政府の命令に反して日本自体の立場すら悪くさせかねない叛徒どものお話ですね

470名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 18:55:43.02ID:cTIajCjh0
インドネシア独立戦争に参加した日本兵は脱走兵扱いされ、長く日陰の存在だったが、
小泉純一郎首相の献花、さらには秋篠宮夫妻の献花によって事実上名誉回復された。

因みに、彼らはインドネシアでは国家英雄として扱われている。
やはりアジア・太平洋戦争は植民地を解放する戦争だったのだ。

471名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 19:18:50.82ID:bDXf/9Mq0
>>470
そうそう名誉回復されたよ。
脱走した時点で日本人から外れた犯罪者扱いであり
給料はおろか軍人年金ももらえずにな。
で、50年もたってようやく30万だか3万だかのお金がでたんで名誉回復。
まあ軍隊から脱走して祖国の外交的立場を危うくしたんだから仕方ないんだけど、
なぜか右翼は持ち上げるんだよな。
外国の利益のために日本に損害を与えた売国奴でしょ、この人たち。
そういう扱いをずっとしてきたんだけど
なぜかアジアの国々が日本に感謝しているとかいってホルホルしてるのがお笑いだよ

472名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 21:27:13.93ID:cTIajCjh0
インドネシア義勇兵は、日本に何の実害も与えていない。
今はその英雄譚が残っているのみである。

彼らは断腸の思いで祖国に背を向け、命をインドネシア独立の義に捧げた英雄なのである。
その生き方は侍の鑑と言っても言い過ぎではない。

日本政府のお墨付きを得、皇室からもその労をねぎらわれたのだから、十分だろう。
英雄に黙祷を捧げろ。

473名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 21:40:51.30ID:bDXf/9Mq0
>インドネシア義勇兵は、日本に何の実害も与えていない。
馬鹿言ってるんじゃないよ。
オランダ当局からの捕虜の扱いがどうなったか説明する必要があるのかね。
ああ、気にしたこともないからなんの実害もないとかいってるんだね。

主君である天皇の国日本を裏切って
他国の利益を計る侍の鏡w

474名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 21:51:43.63ID:cTIajCjh0
天皇陛下を裏切った訳ではない。
独立を助けて欲しいと請われ「植民地解放の大義」に殉じただけのことである。

アジア・太平洋戦争の大義に準じた英雄に黙祷を捧げろ 馬鹿

475名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 23:02:51.76ID:bDXf/9Mq0
当の天皇陛下こと日本国は降伏して
「植民地解放の大義」とやらを放棄した後のことですがなにか?
アジア・太平洋戦争の大義を放棄した日本国に逆らった売国奴に黙祷を捧げろと? 馬鹿か

そもそも軍の命令に逆らった反乱者が天皇を裏切ってないとw

476名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/12(土) 23:07:11.86ID:bDXf/9Mq0
アニータに公金を貢いだ公務員は犯罪者扱いされ、長く日陰の存在だったが、
服役後名誉回復された。

因みに、彼はアニータやその関係者から恩人として扱われている。
やはり彼の犯罪は外国人を貧困を解放する戦いだったのだ。

ところで献花した墓地には2000人の日本兵のうちたったの27人しか埋葬されてないんですが、
1%の名誉が回復されたんですか?w

ま、こういうことですよw

477名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/13(日) 13:27:12.15ID:ErAfCwQ30
秋篠宮ご夫妻の献花があった時点で、インドネシア義勇兵の昭和天皇への反逆罪はそそがれた

そういうことだろ

478名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/13(日) 13:28:08.09ID:ErAfCwQ30
それにしても、朝鮮人は世界のために何の貢献もしてないな

みじめな歴史だ

479代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/08/13(日) 15:15:51.05ID:3gHKDAQ80
サヨの視点からひとこと。

>>473
>ああ、気にしたこともないからなんの実害もないとかいってるんだね。

……ご批判は理解します。自分も敗戦後、ゲリラに「武装解除」したと
してオランダに処刑されたF軍医のご遺族を多少知っとります。
ゲリラと密約したと思われる当の上官は責任逃れでみな逃亡。
残された軍医が(大佐ゆえ)部隊を代表し、近くにいないオランダ
軍でなくゲリラに武器を渡し食料を調達した、その責任をとらされた。
軍医も犠牲者のひとつでしょう。ただ……それでも……。↓

480代理屋2017/08/13(日) 15:18:23.62ID:3gHKDAQ80
>>47
>祖国に背を向け、命をインドネシア独立の義に捧げた英雄なのである。

独立派ゲリラに身を投じた理由のなかには、降服するとBC級戦犯
として訴追されるおそれを抱く方々がいたこともあると訊きます。
が、そんな背景ふくめ、その方々は「アジアの解放」のスローガンを
唱える権利があると自分も信じとります。

ただし、だからアジアの独立は日本のお蔭というのは……インドの
独立派で親日派のナイル氏もいってますが間違いです。傲慢です↓

481代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/08/13(日) 15:21:31.59ID:3gHKDAQ80
>>474
>アジア・太平洋戦争の大義に準じた英雄に黙祷を捧げろ 

多くの日本の将兵が「アジアの解放」を真に希求していたことを
内外に理解してもらえるようするのは意義あることと(サヨですが)
信じてます。
けれど、だからアジア・太平洋戦争は正しかったは誤りです。
じっさい日本のスローガンは「八紘一宇」。それは天皇/日本を
家長(戸主)とする「家」に世界をするというもの。慰安婦
問題が証明するごとく、日本の家は「戸主」が必要と考えれば
娘を「身売り=人身売買」で「娼婦」にもできる制度です。
それは「家人」にされ「忠義」を強いられる諸国家・諸民族から
すれば「世界の奴隷化」と同義です。

482名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/13(日) 16:03:06.85ID:gqTBseSk0
インドネシアにおける残留元日本兵の戦後史 −残留日本人団体「福祉友の会」の分析を中心にして−
より

1991年,支給された支給金額は,元陸軍兵長・本坊高利,元陸軍上等兵・富永定仁,元陸軍一等兵・堀井豊,元陸軍兵長・大塚秀雄が最も低い35,350円で,
元陸軍軍人准尉・故小沢久の87,600円が最高額だった。受給は一回限りで,
一人当たりの支給額の平均,48,282円だった38)。
戦後46年振りに支給された一時軍人恩給額はあまりに少なかったが,
乙戸をはじめとする残留元日本兵は,これで逃亡兵・非国民の汚名は晴れたと喜んだのだった39)。 残留元日本兵は,日本政府の,残留元日本兵に対する軍人恩給は非常に遅れた。しかし,残留元日本兵にとっては,軍人恩給が支給された時に,
各自の軍歴に「逃亡」と記載されていた汚名が,抹消されたことを意味した。

要するに50年も恥多き逃亡兵として扱っておいて
雀の涙の恩給を出して侍の鏡とかなんで日本が自慢するの?
彼らの功績ですよね、これ。

483代理屋2017/08/13(日) 16:53:33.53ID:3gHKDAQ80
>>482
>雀の涙の恩給を出して侍の鏡とかなんで日本が自慢するの?
>彼らの功績ですよね、これ。

同意します。

484名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/13(日) 20:58:43.83ID:ErAfCwQ30
ここって左翼のオナニースレなのか?

惨めなもんだな

485名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/14(月) 13:44:49.45ID:C+ZaxtWp0
          
★インドネシア モハメッド・ナチール元首相

「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を
日本が代表して敢行したものです。」
「大東亜戦争というものは本来なら私達インドネシア人が、 独立のために戦うべき
戦争だったと思います。もしあの時、私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地
主義者と戦ったでしょう。 大東亜戦争はそういう戦いだったんです。」


アジア太平洋戦争の実相がこの言葉に凝縮されている。植民地にされたインドネシア人
達は独立を望みながら、宗主国の弾圧でそれが出来ずにいた。だが、日本が白人を
叩き潰し植民地主義は終焉を迎えた。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争だったのは紛れもない歴史的事実である。



         

486名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/14(月) 22:36:01.15ID:6RloXpFk0
いやあ、逃亡兵として犯罪者扱いを半世紀にわたってやらかした国から
雀の涙にもならん一時金渡して名誉が回復されたとか
侍の鏡なんていってるオナニー見せてるのは左翼だったんですかw

日本政府のお墨付きを得、皇室からもその労をねぎらわれたのだから、十分だろう。
英雄に黙祷を捧げろ。
って5万にも満たないはした金でオナニーしてるんだからしょうがないよね。

487名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 11:40:02.57ID:+21hBlxz0
宣戦の大詔にもある「植民地解放の大義」に準じたのは、軍人としての一つの生き方だろう。
日本は負けたがインドネシアはまだ独立できていない、ならばこの地のために命を捧げる、
というのは純粋な軍人精神の発露だ。

金の問題ではない。ぱよぱよちーんはすぐに金の問題に置き換えたがるがそれは単なる
もの知らずの勘繰りに過ぎない。金で買えない大事なものを見失ったか。惨めなものだ。

488名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 16:23:28.26ID:tc0Gu/j80
終戦の詔書

爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ
常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ
或ハ”同胞排擠互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之戒ム”
宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ
総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ
世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ体セヨ

はい、裏切りですね。
4年も前の方針に従ったとかいって、現在の方針を無視する軍人の生き方があるとかw

しかも功績を盗むのに金の問題ではないとかいって、
10日程度の最低時給で働いて済むような額を渡して知らん顔してるとか。
どんだけ惨めなんだよ。
つかこの問題に左翼右翼あるか?
そんなに功績が素晴らしいと思うなら、
50年の犯罪者扱いに対してもっと手厚く報いてなきゃ
そりゃおかしいだろといってるだけなのに左翼ですかw

君にとって愛国とは人の功績を盗んでオナニーすることなのかい?
惨めなものだって自己紹介かよ

489名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 17:16:31.37ID:+21hBlxz0
内容が難しく雑音だらけの玉音放送を100%理解できたとは思えない。
彼らは「戦争に負けた」と言う事実だけを知り、インドネシアに留まったのだろう。

上官は反対しただろうが「インドネシアを助けて欲しいという」現地人の願いを
むげに断れるほど冷たいパヨクでも無力な朝鮮人でもなかった。

よって彼らは故郷と決別した。
今日は終戦記念日だから、インドネシア独立戦争で斃れた御霊にも尊崇の念を捧げたい。

490名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 18:02:09.51ID:+21hBlxz0
故郷と決別したインドネシア義勇兵は紛れもない裏切者である。
だから、生き残った義勇兵たちは殆どが日本に帰らずインドネシアに
留まり、インドネシア義勇兵は日本では長らく日陰の存在であった。

しかし、小泉首相、秋篠宮ご夫妻の献花によって彼らは名誉回復
された。皇室から裏切りを許され、その功績を認められたのである。

ここから金の問題に飛躍する下品な連中がぱよぱよちーんなのだ。

491代理屋 ◆XFizselqIb3B 2017/08/15(火) 18:06:39.30ID:o+PhW1B30
日本を「家長」とする「八紘一宇」のためではなく、拙>>481
個人として戦時国際法の庇護すら受けられぬかもしれないゲリラ
として他国の植民地解放のために身を投じた姿には敬意を評する。
それは、国の命にそむいてビザを発行した杉原チウネ氏にもいえる。
後世の日本人がそれを評価するのは賛成だが、日本国の功績のように
語るのは違和感を禁じ得ない。

492名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 20:22:30.88ID:tc0Gu/j80
>>489
>彼らは「戦争に負けた」と言う事実だけを知り、インドネシアに留まったのだろう。
そういう妄想はいいからw
だいたい戦争に負けたのに
すなわち中止が命令されたのに開戦時の大義wを自分勝手に武力で追求するのが
反乱でなくてなんだというんだ。

>今日は終戦記念日だから、インドネシア独立戦争で斃れた御霊にも尊崇の念を捧げたい。
尊崇の念ってのは2000人以上の50年の犯罪者扱いを27名しかいない墓地にいって
生存者のみに数万渡すことで示せるって
君の尊崇の念はずいぶんとやすっぽいものなんだねえ。
だいたい私は日本国が彼らにまともに報いていないのに
彼らの功績を盗んで植民地解放の大義ガーとかいうオナニーして
彼らを汚すうすらみっともないまねに反対しているだけだ。
我が国がまともに対処してない事実をひたすらごまかしながら
尊崇とかいって薄汚い汚液をぶっかけるのがおぞましいんだよ。

493名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 21:05:26.73ID:+21hBlxz0
俺は、インドネシア独立戦争に参戦した日本兵を顕彰しているのであって、
インドネシア独立が日本国の功績だと言っているわけではない。

494名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 21:12:51.76ID:+21hBlxz0
インドネシア独立戦争に参戦した日本兵は、国家英雄の称号を貰い、インドネシアに
永住することとなった。歴代の大統領とも会い、インドネシア独立記念式典には毎年
呼ばれている。

秋篠宮ご夫妻の献花があって、日本からもその功績を認められ、彼らの苦難は報われた。


       

495名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/15(火) 21:28:08.07ID:tc0Gu/j80
>>493-494
だったらしきりに献花を強調する意味はなにかね?
あれこそ日本国が功績を盗もうとしている証拠だろうに。
彼らは日本国においては叛徒となる行動を行いながらも
自らの信念に殉じたわけであって
日本が偉そうに名誉回復してやるよなんてオナニーせねばならん存在ではないと思うよ。
尊崇するとかいってその相手に汚液をぶちまけるからおかしいって指摘してるの。

496名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/16(水) 15:35:05.56ID:jHj8wi9o0
皆さま、大変な博識をお持ちでただただ尊敬致しております。無学な私はとてもついていけませんが、私は日本人ですのでそれだけでこの国の全てを愛しております。そういうのもありですよ。

497名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/16(水) 21:34:25.20ID:Z0nkv+nP0
>>495
献花とは慰霊の儀式。
無知は困るね。

498名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/16(水) 22:54:24.85ID:jsZEwEi/0
帝国軍人を職業軍人と呼ぶネトウヨって何なの?
「職業軍人」は戦後軍人をバカにする風潮の中で生まれた蔑称なんだけど

499名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/17(木) 07:19:27.22ID:PYd7q4Bv0
>>497
おや、
>俺は、インドネシア独立戦争に参戦した日本兵を顕彰しているのであって、
>インドネシア独立が日本国の功績だと言っているわけではない。
ではなかったのかね?
ならば誰が慰霊しようが名誉云々の話にならんが?

あのう、その程度の理屈だと
日本における死刑囚はすべて名誉が回復されてるって話になっちゃうんですけどw

500名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/17(木) 19:17:46.16ID:7/zganQH0
  σ < 日本人は優秀で偉大で民度の高い国です
 (V)  昔も今も、時の政府がテーノーだったんですwww
  ||

501名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/17(木) 20:56:24.02ID:ZZJATO8F0
インドネシア独立戦争に参加した日本兵は脱走兵扱いだった。

だが、小泉総理、秋篠宮家の献花により日本政府からも天皇家からも
その名誉を回復され、インドネシア独立戦争に参加した功績を称えられた。

何か不満でも?

502名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/17(木) 20:57:33.05ID:ZZJATO8F0
>>499
そう思うのは、お前が馬鹿だからだよ

503名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/18(金) 04:37:19.84ID:uiFIFOk60
  σ < 499のようなテーノーは黙ってたほうがいいのらwww
 (V)  
  ||

504名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/20(日) 20:23:33.51ID:npeoLZiC0
>>501
そこの墓地には日本人兵士は27名しかいないのだがなにか不満でも?

ところで献花されると名誉が回復されるって
いったいどういう理屈で?
インドネシア独立戦争に参加した功績を称えられたとか
たしか日本とインドネシアの友好に貢献したって話だよね?
恩給一時金が何十年もたって支払われ
ついには軍人恩給はまったく話題にも上らなかったことから考えれば
脱走兵から現地除隊と見なす程度のお話では?

505名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/20(日) 20:29:16.40ID:npeoLZiC0
あーあと不満っつうかさ、
名誉回復ってんなら、脱走兵扱いしていたのは日本政府の間違いだった、
軍を脱したのは大東亜の大義wにそった行動だったと政府が明言することが必要じゃないの?
恩給一時金ってのは脱走前の勤務に対する評価でしかなく
脱走後の評価はまったくしてないし、
墓に花を添えたら名誉回復ってお目出度すぎるよ。

いやまあ馬鹿だからどうでもいいのかそのへんは

506名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/20(日) 22:13:38.29ID:W6B6/wSn0
秋篠宮家がインドネシアの墓地に埋葬された独立戦争で散華した旧日本兵に献花する
ということは、天皇家からの追悼の意思の表れである。脱走兵、天皇家への裏切者という
位置づけなら献花はあり得ない。つまり、天皇家から赦され、その功績を称えられたということ。

これは亡くなった全員の墓地を探して献花するのは不可能だから、カリバタ英雄墓地に
献花したということに過ぎず、他の日本兵に対しても同じ追悼の気持ちであることに変わりはない。

日本人なら、この程度のことは分かる筈。

507名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/20(日) 22:21:03.07ID:W6B6/wSn0
>>505
それは小泉首相の献花で解決済み

馬鹿は金の話に持っていきたがるが、これは、一国の総理大臣の献花が
どれほど重いか理解してない馬鹿の言い分に過ぎない。

総理の献花、すなわち日本政府によって名誉回復されたことになる。

508名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/22(火) 19:45:32.41ID:RkLQ18210
>これは亡くなった全員の墓地を探して献花するのは不可能だから、カリバタ英雄墓地に
>献花したということに過ぎず、他の日本兵に対しても同じ追悼の気持ちであることに変わりはない
いや、お前の妄想は本気でどうでもいいから。
着ていない服がみえる馬鹿の話をされても困るわ。
脱走兵扱いしていたのは日本政府の間違いだった、
軍を脱したのは大東亜の大義wにそった行動だったと政府が明言するだけで済むことを
なぜ、墓地全部をまわれって話にすりかえるんだい?

>総理の献花、すなわち日本政府によって名誉回復されたことになる。
あのさあ、そうすると名誉回復されたのは墓地にいる27名だけって話になるんだけどわかってるの?
残りの2000名のうち一時金を貰ったわずかな人間以外は
日本の犯罪者として異境で死んだんだが?

509名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/22(火) 21:24:23.97ID:Bpyp1xv80
完全にかまってちゃんw

510名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/24(木) 07:02:18.61ID:Jsl8D3rd0
うんうん、日本人ならわかるとかいう詭弁を
学問板で使うかまってちゃんには困ったものだよね。

マイ定義の名誉回復で死ぬまで犯罪者扱いしていた人たちの功績を盗んでオナニーしてるんだもんな
そんな馬鹿にしたようなもんで名誉回復とかおこがましいと思うのだが
そういうと尊崇しろとかお前も汚液を奴らにぶっかけろといってるようにしか聞こえないよ

511名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/26(土) 21:58:03.03ID:DzG3ZFUX0
   
★インドネシア アラムシャ 元第3副首相

「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、
 350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知な
 スパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。
 それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を
 断ち切ってくれた。
 インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」


日本軍のおかげで、インドネシアはオランダから解き放たれた。
日本軍政はインドネシアのために民族教育を行い、PETAを作り軍事教練を
施した。植民地にするつもりならこんなことはしない。

アジア太平洋戦争は紛れもなく植民地解放戦争だったのである。
泣きながら否定するのは馬鹿のみ。



   

512名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/27(日) 10:53:34.23ID:maBRRk/P0
>>508
独立戦争で亡くなった日本兵は27人だった理由は、日本脱走兵は大した戦闘をしていないから。
独立軍と対戦する宗主国軍も日本兵であり、戦争状態になりそうになると、日本人同士連絡を取り合い、
戦闘を回避していたそうです。
これは、スマトラにいた宗主国軍にいた日本兵本人から聞きました。

513名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/27(日) 10:57:34.29ID:maBRRk/P0
>>511
残念ながら、昭和18年”大東亜政略指導大綱”においてインドネシアを日本領土にすることを
決定しています。

514名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/27(日) 13:21:54.30ID:IKIp6V3a0
つーか敗戦後、武器の引き渡しや連合軍による治安維持命令(日本政府の方針)で
独立派の間で戦闘がしばしば行われ
1000人以上の死者が出てるんだが
なんで反乱してそいつらの味方した連中を大東亜戦争の大義とかいってんだ?
しかも50年もたってからちょろっと金渡して1%程度の連中がいる墓地に献花wで名誉回復とか
無知から来る愛国オナニーなのか反日左翼なのかな?w

515名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/27(日) 16:22:55.69ID:kItBv6No0
>>513
ところが1944年に小磯がインドネシア独立容認を声明した。

東條は元々インドネシアの日本領土化に反対だったので
大東亜政略指導大綱の改定を目論んでいたが、戦局の悪化
でままならず、東條の後を継いだ小磯によって声明された。

日本の指導部はこんな感じだったが、今村司令官は、スカルノ、
ハッタら独立派を釈放し、一切弾圧しない代わりに円滑な統治
への協力を要請し、スカルノらは協力を約束した。

インドネシアは国家として独立するには余りに基盤が脆弱で、
すぐに独立できる状況では無かったので、日本軍政は民族教育
を施し、PETAを組織して軍事教練を行った。

ピストル一丁すら与えなかったオランダとは大違いなのである。

516名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/27(日) 16:29:59.21ID:kItBv6No0
>>512
それは嘘

インドネシア独立戦争で戦死した日本兵の数は約500人。
(独立戦争に参加した宮原永治さん談)

カリバタ墓地に埋葬されたのはそのごく一部の27人。

517名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/27(日) 19:48:15.38ID:IKIp6V3a0
>>515
その武装で日本政府の指示の元
連合国の命令で治安維持活動した日本兵が1000人も殺されたんだけどな。

518名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/27(日) 20:08:52.37ID:IKIp6V3a0
>>515
??
蘭印の主兵力はそれこそ19世紀から現地兵ですけど?
PETAも蘭印軍すなわちオランダ軍として小銃担いでいた連中が少なくありませんし。
反乱しそうな連中にピストル一丁渡さない国って普通だと思うんだけど、
現地兵を使わない植民地軍ってのはあんまり聞いたことないなあ。
朝鮮くらいじゃねw

519名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/28(月) 05:47:23.64ID:zuUfHDTn0
支配確立したオランダと、これから切り取ろうとする日本じゃ立場が違う。
共通の敵を設定して手駒になりそうな相手に武器なりリップサービスを与えるのは、切り取る側からすれば当然の方策。
オランダも植民地化の過程で、敵の敵に武器を供与するくらいしてる。
武器の供与? 独立の承認? そんなものオランダからインドネシアを奪うための方策でしかない。

米西戦争で、アメリカはフィリピン人に武器を供与し、独立も約束したが、だからと言いえあれがフィリピン解放戦争だったとことになるのかね?

520名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/28(月) 07:13:28.29ID:X+8R9jIt0
ピストル一丁すら与えなかったオランダとは大違いなのであるというので
遙か昔から日本軍のように与えていたよって話をした。

>支配確立したオランダと、これから切り取ろうとする日本じゃ立場が違う。
というのはまあそのとおり。
それまで村単位でしかなったインドネシアの国民意識は
侵略してくる外国に対する実際の行動で高まり独立への具体的な意識がはぐくまれはじめたといってもよい。
この現象はフィリピンほかでもみられるので
たしかに日本のおかげだなw

521名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/28(月) 07:33:22.95ID:3KhoAhWM0
アラムシャとかいう人物が来日してリップサービスしたのは日本マネーによるODAがあったから。
当時はダントツで日本はインドネシアに多額の資金を援助していた。そして、それはスハルトの個人資産となり、国家財政破綻に繋がった。

頭の悪い人はそうした時代背景や、当時の日本が悪名高いタイド式ODAの問題など視野に入らないらしい。

522名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/28(月) 21:21:12.12ID:uQ34R4vp0
>>521
ODAは関係ない 
偽らざる本音だ

523名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/28(月) 21:26:16.42ID:uQ34R4vp0
            
★インドネシア モハメッド・ナチール元首相

「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を
日本が代表して敢行したものです。」
「大東亜戦争というものは本来なら私達インドネシア人が、 独立のために戦うべき
戦争だったと思います。もしあの時、私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地
主義者と戦ったでしょう。 大東亜戦争はそういう戦いだったんです。」


植民地にされたインドネシア人達は独立を望みながら、宗主国の弾圧でそれが出来ずにいた。
だが、日本が白人を叩き潰し植民地主義は終焉を迎えた。ナチールはイスラム教穏健派であったが、それでも
「私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう」と武装闘争の必要性を語った。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争だったのは紛れもない歴史的事実である。



            

524名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/29(火) 06:38:25.04ID:xS+rjE6N0
どう考えてもただのリップサービス

525名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/29(火) 20:46:23.48ID:oj3ss6Vr0
          
★モハメッド・ナチール インドネシア共和国初代首相

「日本軍のやったことで三番目に注目すべきことは、インドネシアの教育に力を入れた
ことでしょう。これもオランダの政策とまったく違っていました。オランダの植民地政庁は
長い間愚民政策を採ってきました。インドネシア人を教育すると、目覚めてオランダに
反抗するかもしれませんし、また、農業に従事するだけなら教育は必要ありません。

・・・学校に通うことのできるインドネシア人は全体の数%くらいではなかったでしょうか。・・・

ところが日本軍は、やって来ると、さっそく教育に力を入れ始めました。戦争でいったん
休校になった学校を再開し、すぐに3年間の初等国民学校と、その上にさらに3年間勉強
できる国民学校作りました。・・・日本軍がきてわずか1年あまりで、それまでの倍近くの
子供が学校に通うようになりました。」


日本軍政は、インドネシアの教育に非常に力を入れ、インドネシアの識字率を上げ、イン
ドネシア人に強い民族意識を植え付けた。この教育重視の姿勢は、終戦まで続き、インド
ネシア独立の原動力「勇気と自信と民族意識」につながって行くのである。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争であったのは、紛れもない歴史的事実なのだ。
馬鹿は根拠もなく必死で否定するが。

 
            
              

526名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/29(火) 20:48:15.39ID:oj3ss6Vr0
         

★モハメッド・ナチール インドネシア共和国元首相

「これまで植民地主義者が被植民地国の住民に武器をくれたり、訓練を施すなど前例がない。
オランダは350年間も統治しましたが、ピストル一丁くれませんでした」


現地人に武器を渡して訓練するという考え方は皇軍独特のものだ。日本軍政が本気で
インドネシア独立を目標としていたことを示す、端的なエピソードである。
即ち、アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。
馬鹿は泣きながら否定するが。



                 
               

527名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/02(土) 18:04:37.36ID:+6LSa5ee0
>ODAは関係ない 
>偽らざる本音だ
日本がインドネシアに対して行った無償ODAは国家予算の何年分にも相当するもので
今の日本で言えば借金を全部返してもう一回借金できるほどのお金を渡したものですので
リップサービスくらいいくらでもしてあげてもいいくらいです。

え、偽らざる本音?
PETAが最初に攻撃したのはスマランの反乱において日本軍に対してのものですが
首謀者スプリタイはそのまま行方不明になりついに出てくることがありませんでしたが
ODAなんかもらってもない本音で行動できる時期の独立インドネシア政府は
独立早々、不在のまま彼を初代国防軍総長に任命しました。
ついにオランダに一発も撃つこともなく日本軍だけしか相手をしていない彼を、です。
は? ナチール? 日本軍のオランダ侵攻時の蘭印軍主力が
オランダによって武装した現地人だったことをみないことにしてる
嘘のリップサービスがなんですか?
つかインドネシアは大統領が首相(行政府の長)を兼ねるので首相なんて要職はないのですが
いったい何者なんでしょうねw

えーと、これが偽らざる本音だとしたら偽りばっかりですよねw
いまだに名越に騙される馬鹿がいるとは思わなかったよ。

528名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/02(土) 20:59:19.26ID:0m4jNdHO0
           
モハメッド・ナチールとは、Mohammad Natsirが正式名称で、日本語表記はいろいろあるようです。

モハマッド・ナシール(Mohammad Natsir)という呼び方もあるようです。

WIKIでは、モハマッド・ナシールで調べれば簡単にヒットします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB

馬鹿は調査能力が低く、そんなことも分からないようです。


          

529名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/02(土) 21:03:26.78ID:0m4jNdHO0
モハマッド・ナシールは「1950年9月5日には首相に就任し、1951年まで務めた」、とWIKIに書いてありますよ。

インドネシアが独立した直後には首相職があったんですよ。そんなことも知らないんですか?

530名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/02(土) 21:04:58.43ID:0m4jNdHO0
無知な人の言うことには説得力が無いと思いませんか?

531名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/02(土) 21:35:53.19ID:+6LSa5ee0
>>528-529
ほお、それは失礼。
んで彼、半年ほど首相やってて
退任後政府に反旗を翻してインドネシア革命政府なるものに加わっちゃってるんですが
馬鹿には都合のいいところしか読めないようでw

つうか本音云々全部妄想じゃんw
ttp://www.geocities.jp/indo_ka/buku_pelajaran/
これ、インドネシアの教科書を日本語訳してくれてるからよんでみ
本音だなんて断言はせんが、まあインドネシア政府の基準を満たしたものだから

532名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/02(土) 22:15:44.61ID:0m4jNdHO0
お粗末な反論ですね。事実は事実と認めましょう。

533名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/03(日) 00:37:17.30ID:3sA74iEj0
>>532
>お粗末な反論ですね。事実は事実と認めましょう。
えーとそれは自分にいっているんでしょうか?
君の主張はムハマッドが首相だったってことだけなんですか?w
独立後の混乱時に半年ほど首相の座にあっただけで
あっというまにインドネシアの反政府勢力になっちゃった事実を認めないで
お粗末なこといってるのは誰でしょう?
それ以外には全く反論してないですし、
当方は間違いを認めてますからわたしのことじゃないですねえ。

534名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/03(日) 00:39:10.80ID:3sA74iEj0
んで必死に今現在インドネシア政府がインドネシア人に教え込もうとしている教科書はまるっと無視して
首相だったんだよ〜っていうのはお粗末な反論だと思うんですが
君にとってはまともな反論のつもりだったんでちゅか?

535名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/03(日) 15:42:52.80ID:w5Bkn13S0
         
★モハメッド・ナチール インドネシア元首相

「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の
戦争を日本が代表して敢行したものです。」

「大東亜戦争というものは本来なら私達インドネシア人が、独立のために戦うべき
戦争だったと思います。もしあの時、私たちに軍事力があったなら、私たちが
植民地主義者と戦ったでしょう。大東亜戦争はそういう戦いだったんです。」


インドネシア人は軍事力が無く、巧緻なスパイ網を張り巡らした植民地主義者に
対抗するすべが無かった。そのため350年間もインドネシアはオランダの植民地であった。

それが日本軍が来るや、一瞬にしてオランダ軍を蹴散らし、インドネシア人は勇気を貰い
独立は近いと悟った。

アジア太平洋戦争が植民地解放だったのは疑いのない事実である。



                 

536名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/03(日) 15:44:45.03ID:w5Bkn13S0
★ブン・トモ インドネシア独立運動家 国家英雄

「われわれアジア・アフリカの有色人種は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが
全部失敗した。インドネシアの場合は、350年間も失敗が続いた。それなのに日本軍が米・英・
蘭・仏をわれわれの面前で徹底的に打ちのめしてくれた」

「われわれは白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。
一度手にした自信は決して失われることはない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々が
やらねばならなかった戦争だった。そして実は我々の力でやりたかった。」

「それなのに全てを日本に背負わせて、日本を滅亡寸前にまで追い込んで仕舞った。申し訳ない。」

(昭和32年の来日の際の発言)


アジア太平洋戦争は、白人を叩きのめし、インドネシア人達に勇気と自信を与えた。これらの
精神面での強化が、インドネシア人たちを奮い立たせ、白人に決して屈しない強靭さを与えた
のである。アジア太平洋戦争がもたらしたこの強靭な精神力によって、東南アジア諸国は戦後、
続々と独立して行く。

アジア太平洋戦争が神聖なる植民地解放戦争だったのは疑いのない歴史的事実だ。



         

537名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/09(土) 13:49:49.18ID:fOCBDQJq0
>>535-536
ねえねえ、反論されてなぜか反論もせずにもとのことを繰り返すって
勧誘に来た新興宗教のおばさんの発狂とおなじ現象なんだけど
あれは君的に効果があるものと思ってるの?

538名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/12(火) 21:38:31.14ID:11f5R03A0
           
★サンパス インドネシア元復員軍人庁長官

「特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人
約1000人が帰国せず、インドネシア国軍と共にオランダと戦い、
独立に貢献してくれたことである。日本の戦死者は国軍墓地に祀り、
功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。」


日本軍の一部は、植民地解放の大義のために、インドネシアに残って、
現地人とともにイギリス、オランダと戦った。それが裏切りであろうと、
彼らにとっては義だったのである。日本人なら、インドネシアに散った
大和魂にも慰霊の祈りをささげるべきである。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争だったのは歴史的真実である。
馬鹿は否定するが。



         
                 

539名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/13(水) 00:09:43.98ID:jKxMS9sw0
>>538
あ、そのインドネシア独立の義勇軍に残った人って、現地に現地妻がいたとか、日本の嫁さんに離縁させらたれたとか、女がらみの理由が多いそうです。
これはスマトラにいた近衛師団の生き残りの人に直接聞きました。
また、日本人義勇軍は、宗主国のために戦った日本軍と連絡を取り合い、ほとんど戦闘に参加してないようです。
これも直接聞きましたから間違いありません。

540名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/13(水) 20:54:42.36ID:kQMYaLzQ0
>>538
>それが裏切りであろうと、
>彼らにとっては義だったのである。日本人なら、インドネシアに散った
>大和魂にも慰霊の祈りをささげるべきである。
そいつら含めて日本人が渡した武器によって
終戦後死なんでもいい日本人が1000人も死んでるんだってばさ。
義だか偽だかしらんが裏切りによって日本人を殺させた奴らに
慰霊の祈りを捧げるべきってどこの異世界の日本人なんだ?
なんで名誉回復wが60年以上かかったのか知ろうともしなかった馬鹿にしかわからんよなあ。
たとえば北のミサイルの精度が上がったのは日本の会社が渡した加工機械と技師のおかげで
そのせいで日本にミサイルが落ちてきて1000人死んだけど
キムチから技師の貢献を認められたらその技師と会社に尊崇の意を日本人なら払えっていってるのに気づいてる?

というか
反論されてなぜか反論もせずにもとのことを繰り返さなかったけど
反論されてなぜか反論もせずに同じようなことを繰り返すって
勧誘に来た新興宗教のおばさんの発狂とおなじ現象なんだけど
あれは君的に効果があるものと思ってるの?

541名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/13(水) 20:58:48.97ID:kQMYaLzQ0
なに、もっとわかりやすくいってやろうか?
終戦後死なんでもいいインドネシアで
日本人の裏切り者が渡した武器で死んだ日本兵1000人の遺族数万人に
お前、同じこといってみろよ。
それが裏切りであろうと、
彼らにとっては義だったのである。お前らも日本人なら、インドネシアに散った
大和魂にも慰霊の祈りをささげるべきという寝言を。
60年たって彼らのほとんどが後期高齢者になるまで
なにもできなかった理由が想像できないからそういう戯言をいうのかね?
お前がいってる義とかいう綺麗なことじゃないんだぞ。

542名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/13(水) 21:01:26.10ID:kQMYaLzQ0
彼らの返答は想像できると思うけどさ、
おまえ、馬鹿だから否定するとかいう薄汚いオナニーを続けたいかってお話をしてるんだ。
現地で苦労した人の功績を盗み、
日本人を殺した裏切りの義でオナニーするって
どんだけ馬鹿なら可能なんだ?

543名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/13(水) 21:45:43.29ID:qS8dPjw20
  
★アラムシャ インドネシア元第3副首相

「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り
幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と
苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。それを日本軍が到来するや、
たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。 インドネシア人が歓喜雀躍し
感謝感激したのは当然である。」


インドネシア人は教育も施されず、軍事力も与えられず、愚民のまま奴隷のように
働かされた。白人にはとてもかなわなかったが、日本軍があっさりやっつけてくれた。
多くのインドネシア人が大喜びし、独立は近いと悟った。

アジア太平洋戦争が植民地解放だったのは歴史的真実である。
否定するのは馬鹿のみ。




          
             

544名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/14(木) 12:29:59.83ID:ISW7esfF0
>>543
インドネシアの教科書を見ると、日本軍悪辣さが、しっかりと書いてあるが?
それでも、日本はインドネシアに感謝されていると、日本政府は世界に向けて、大々的に喧伝するべきなのか?

545名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/15(金) 05:57:45.82ID:Eo7PlbcP0
五十六さんは英雄ってことですね

http://doradoradora.exblog.jp/25613078/

546名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/16(土) 15:45:26.28ID:zIlLFPGl0
          
★インドネシア アリ・ムルトポ准将
    
「日本はアジアの光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示した
ものでアジア人の誇りである。 今、忽然として日本民族がこの地球上から
消えたら韓国が一番困ると思う。もし、日本がシンガポールの地点にあったら、
インドネシア人の成功は 容易である。つまり、日本の近いところに位置している
ことは、幸運なのだ。」


恩知らずな韓国人には理解できないことかもしれないが、日本に近い国は概ね
近代化している。そして彼は言った「大東亜戦争はアジア人の誇り」であると。

アジア太平洋戦争が植民地解放だったのは疑いのない真実である。
馬鹿は否定するが



          

547名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/17(日) 14:49:46.56ID:CUzYwe2E0
>>546
で、再度聞きますけど反論もできずに同じことを唱え続けて
これを信じないのは馬鹿とかいう姿を掲示板でさらすのは
効果的な手段であると君は思っているんですか?
君ならそういう馬鹿な姿をさらしてる奴の言うことを信じるんですか?

呪文が唱えたいなら別の板でやってくれませんかねえ

548名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/17(日) 23:20:58.55ID:szlIUbf60
アジア太平洋戦争は天皇制の日本帝国主義による侵略戦争ですか?

549名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/18(月) 13:35:33.71ID:GT4M0wfM0
>>548
うん。
特に、世界秩序を乱した枢軸側で、侵略のスタートを切ったのは
ドイツじゃないからね。日本だからね(満州事変)。
日本→イタリア→ドイツの順に、侵略戦争を始めたのは大きいよ。

550名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/18(月) 15:24:19.34ID:cRK5HOYO0
じゃあ昭和天皇はA級戦犯ですね?

551名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/18(月) 20:56:06.32ID:KvrLP9tI0
          
★ズルキフリ・ルビス (インドネシア独立義勇軍設立者の一人)

「土屋中隊長は、まだ20代半ばで、私たちとそれほど年齢は離れていませんが、常に私たちの
ことを考えていたと思います。訓練期間中、苦しくて倒れそうになると、いまはインドネシアが
独立したときの要人を育成しているのだとか、インドネシア国軍が創設されたとき中心になる軍人
を育成しているのだ、といって私たちを励ましてくれました。

同じ中隊にいたスハルトも土屋中隊長からは深い感銘を受け、大統領に就任してはじめて日本に
行ったとき、土屋中隊長にだけはぜひ会いたいといって探してもらい、20数年ぶりに会ってい
ます。」


日本軍政がインドネシア独立のために果たした役割は非常に大きかったのである。インドネシア人
は、日本軍人の侍魂を叩き込まれ、深い感銘を受け、そして、独立への強い意志を固めていくので
ある。PETAの軍人たちは、日本軍が鍛え上げた侍集団だったのである。土屋中隊長のような
模範的な人物は、インドネシア人から尊敬され、スハルトも会いにきた位である。

アジア太平洋戦争は紛れもない植民地解放戦争である。
馬鹿は泣きながら否定するが。



          

552名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/18(月) 20:59:55.14ID:KvrLP9tI0
          
★インドネシア『歴史教科書』中学3年用

「結局のところ、日本占領期は、日本軍の残虐さ、経済的苦痛、そして常食となったタピオカなどの悪夢として
多くの人々に長く記憶されることだろう。しかし、それと同時に地域住民の中で、英国の威信を低下させること
ともなった。また日本は短期間のうちに地域住民、とくにマレー人の政治的自覚を促すことに成功した。
これは戦前には全くなかったことである。」


政治的自覚に目覚めたマレー人たちは、独立を現実のものと自覚し、次々と独立していった。
アジア太平洋戦争が植民地解放戦争だったのは疑いのない真実である。
馬鹿は否定するが。


       
       

             

553名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/19(火) 18:43:52.01ID:AiIuczdx0
台湾は中華民国に「返還」されたのか?

1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約により、ポツダム宣言とカイロ宣言は破棄された。
そしてこの条約には中国が参加していない。つまりこれは大陸打通作戦の大勝利がもたらした結果なのだ。
反ファシズム聯合国からして対日戦争がオマケということなら、日中戦争はオマケのそのまたオマケで、
中国は戦勝国の地位を得られないことになる。ちなみに日中国交回復は1972年、米中国交回復は1979年。

○池田国務大臣 それはそのときに、領土権はどうかという問題と、だれが支配しているかという
問題を区別しての御質問ならば、いまのようにはっきり答えます。だから、もしそういうように言って
おるとすれば、ここではっきり申し上げますが、台湾は中華民国政府が現に支配しておる、
そして日華条約はここに適用になる、こういう意味でございます。領土権はどうかといったら、これは、
日本が放棄しただけで、中華民国の領土権はカイロあるいはポツダム宣言にはそういうことを予定
してきめておりまするが、この規定は、われわれの調印したサンフランシスコ平和条約の規定とは違います。
われわれ平和条約によって日本の外交をやっていくのであります。これが私の考えであります。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/046/0514/04602290514017a.html

そして日本の歴代内閣はこのサンフランシスコ講和条約を盾に戦後補償の全てを蹴り飛ばした。
だからこの4月28日を「大陸打通作戦勝利記念日」として、日本人であることの喜びを感じるべきなのだ。
いくらポツダム宣言の受諾を「無条件降伏」と呼ぼうが、サンフランシスコ講和条約でポツダム宣言
そのものが無効化されており、「つまびらかに読んでいない」(安倍首相)で済んでしまう。
つまりポツダム宣言は「紙くず」、そうでないなら台湾の帰属先は何処なんだと問いただせば良い。
ロシアはクリミアを取れるが中国は台湾に手が出ないから、台湾の帰属先は未定のままだ。
なおロシアのクリミア領有と中国の台湾領有とを常に比較することで、中国に恥を掻かせることができる。
まさにクリミアと台湾は、バグラチオン作戦と大陸打通作戦の再現ビデオに他ならない。

554名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/19(火) 20:30:35.45ID:tm+ThRM+0
千葉県松戸市で超有名なバドミントンクラブの新スレです

【このハゲー】八ヶ崎バドミントンクラブって何?【違うだろ】
https://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/gage/1505815941/

関係者ほか大勢の皆さまの書き込みをお待ちしております

555名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/20(水) 01:24:57.90ID:5EWXZUHi0
555

556名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/20(水) 02:20:26.17ID:eYfFtWde0
支配者である占領軍を教科書で称える国なんて世界でも日本位なもんだろ
上下朝鮮ならずとも普通は悪いように書く。そうしないと自国民のアイデンティティが確立せんからな
日本軍を良いように書いたら自らの独立価値が半減するじゃん
政府側のそういう意図も汲み取らないとな

557名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/20(水) 20:45:38.77ID:yN/kjcMk0
              
★ライス (元第25軍直属貨物廠の人夫頭)

「日本軍がシンガポールを陥落させると、オランダ人は何百年も威張っていたのに、強風を食らった
木の葉のように飛び去った。オランダ人も驚いただろうが、我々も日本軍の物凄い威力に驚いた。」

「ジャワに上陸した日本軍は9日間でオランダ軍を粉砕した。我々は350年間に何度もオランダ人と戦っ
たが追放することはできなかった。日本軍が大東亜戦争を敢行しなかったらなら、インドネシアは今
でもオランダの植民地だったのは間違いない。」(大東亜解放戦争;岩間弘)


アジア太平洋戦争が植民地解放戦争であった、という事実は、末端のインドネシア人軍属でも認識していた
周知の事実なのである。いわば、当時のインドネシア人全員の認識が、『アジア太平洋戦争は植民地解放戦争』
だったといって過言ではないのだ。

我々はこの事実の重さをしっかり認識しなければならない。
否定するのは馬鹿のみ




             

558名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/22(金) 22:06:16.55ID:yRurnL8O0
文禄・慶長の役、治承寿永の乱、文永弘安の役と言うように
元号プラスの戦役と言った方がいいと思う。

個人的には昭和の大戦と言う言い方が
いいんじゃないかと思ってるけど。

559名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/23(土) 21:01:09.62ID:JnVoigt70
             
★ジョージ・S・カナへレ博士(ハワイ・日本経済協議会事務局長)

「日本占領軍が、インドネシア民族主義の為に行った種々の訓練の中で、最も重要なものの一つは、インドネシアに
正規軍及び準軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事であろう。この作業は、特にジャワ、バリ及びスマトラの
各島で推し進められた。 後に、インドネシア独立軍の将校や下士官となった者達は、殆ど全て、及び何万と言う兵士
達は、この訓練を経て、軍事技術を身に付け、日本の敗戦後に戻ってきたオランダ軍を相手に、独立戦争を戦ったので
あった。 もし、この訓練が無かったなら、そして日本の降伏後、インドネシア人の手に入った日本軍の武器や軍需資
材が無かったなら、インドネシア独立戦争の行方は違った方向に進んでいたかも知れない。」

ジョージ・S・カナへレ『日本軍政とインドネシア独立』鳳出版社、1977年)


日本軍政は、インドネシアにPETAという民族軍事組織を作り、日本式の厳しい教練で鍛えた。その中には、若き日
のスハルト(後のインドネシア大統領)もいた。彼らは、「貴様らは将来のインドネシアの牽引役だ」とはっぱをかけ
られ、歯を食いしばって耐えた。そして、PETAは、残留日本兵ととともに独立戦争を戦い、見事に独立を勝ち取っ
たのである。

大東亜戦争が植民地解放戦争と呼ばれるゆえんである。
馬鹿は泣きながら否定するが。



   
                      

560名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/08(日) 20:45:37.03ID:oIf6TN1/0
                  
★サイデマン (インドネシア外務省上級大使)

「第2次大戦中、あるいはその直後、植民地の独立のために、外国の人々が力を貸してくれる
ということが見られました。 私の国インドネシアの場合、多くの日本の青年たちがインドネ
シアを自由にするために独立の闘士たちと肩を並べて戦ってくれました。そして多くの日本
の青年がそのために命を捧げてくれました。今日このアジア共生の祭典において、私たちの
独立のために命を捧げてくれたこれらすべての若者たちを偲びたいと思います。」


我々の祖先は、侵略戦争を戦ったのではなく、植民地解放戦争を戦ったのである。多くの
日本兵が自ら進んでインドネシア独立戦争に身を投じたのは、彼ら自身「俺たちはインド
ネシアを独立させるために戦ってきたのだ」という強い自負があったからである。

義に殉じた、我等の先祖に深い哀悼と畏敬の念を捧げたい。黙祷。

アジア太平洋戦争は紛れもない植民地解放戦争である。
否定するのは馬鹿のみ。


         
  

561名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/09(月) 23:53:36.17ID:cZNBHjlmO
なぜ日本は米国との全面戦争へ突き進んだのか?回避する策は皆無だったのか?降伏のタイミングは?
史実に基づく主張・議論から仮想・仮定の後付けまで幅広く話し合ってみましょう
基本的に満州事変からの流れで行きたい処ですが(場合によっては)明治維新日露戦争まで遡っても構いません
※荒らしはスルーでお願いします

562名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/20(金) 22:47:15.34ID:kJuMfjwu0
  
★アラムシャ(インドネシア陸軍中将)

「日本の戦争目的は植民地主義の打倒であった。その目的の大半は達成したが、南アフリカ、アジアに
まだ残っている。そんな時に行った村山演説は、植民地主義打倒の悲願を放棄したことになる。
村山さんは日本の果たしてきた歴史を踏まえ、アジア・アフリカの悲願を代表して、まだ残る
植民地主義を攻撃すべきであった。かつての日本は、スカルノ、ハッタ、バー・モウ、ラウレル・アキノ、
汪兆銘、チャンドラ・ボース等を応援したのに、たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは
遺憾である。」


たった一度の敗戦で、「日本は侵略戦争をしたニダ」という嘘を得意顔でわめき散らす売国奴が増殖
したのは、誠に残念なことである。こういう自虐史観に脳を侵された病人は、今すぐに自分の力で
本当の歴史を調べ、自虐の鎖を解き放つべきである。そのための処方箋は

「アジア太平洋戦争は植民地解放戦争である」という真実をきちんと理解することだ。
脳を侵された病人には無理かもしれんが。



          

563名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/24(火) 20:12:12.58ID:vxHDehJN0
第2次世界大戦中、オランダの植民地だったインドネシアで、
進攻した旧日本軍によって収容所に抑留されたり、強制的に働かされたりしたオランダ人ら14人が23日、長崎市役所を訪問。
田上富久市長と語り合い、世界平和への思いを共有した。

外務省が2005年から実施する「日蘭平和交流事業」の一環。
元戦争捕虜や民間抑留経験者を加害国の日本へ招き、交流や視察を通して相互理解を図っている。
オランダの一行は22日、出島や長崎原爆資料館、平和公園などを巡り、オランダと長崎の交流史や長崎原爆の惨状に触れた。

田上市長は「オランダと長崎の友好関係は今も続いている。みなさんと一緒に平和構築への気持ちを共有できれば」と呼び掛けた。
副団長のヘリット・フレデリクス・ヨルダンさん(79)は、
捕虜として長崎に連行されて被爆した父が、「後に放射線の影響で命を落とした」と説明。
「私たちは過ちから戦争の愚かさを学び、現在の平和を守り続けなければならない」と訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00010004-nagasaki-l42

719名無しさん@1周年2017/10/24(火) 19:33:12.99ID:wTCTHajo0
オランダ人は加害者でインドネシア人を奴隷にしてた側だろw

564名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/24(火) 23:27:38.62ID:2XJI11wb0
>>563
オランダは日本が侵略した6か国のうちの一つだよ。
オーストラリアに次いで忘れられがちだが。
(残りはアメリカ、イギリス、フランス、中国)

565名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/25(水) 21:16:41.98ID:otjbvgdE0
    
日本は植民地解放戦争を戦ったのです。

         

566名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/27(金) 07:49:58.38ID:J7wsxZu60
アメリカ………ベトナム戦争でベトナムに謝罪したことは一度もない。
イギリス……香港を植民地にしていたのに謝罪したことは一度もない。
フランス……ベトナム・アルジェリアを植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
オランダ……インドネシアを植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
ポルトガル……マカオを何世紀にも渡り植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
ドイツ………ナチの虐殺行為は認めたが、侵略を謝罪したことは一度もない。
ロシア………東欧諸国を戦後弾圧し続けてたが、民主化後謝罪したことは一度もない。
スペイン……フィリピンを何世紀にも渡り植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
中国………世界各地で昔も今も侵略と虐殺を続けてるが謝罪したことは一度もない。
北朝鮮………朝鮮戦争で韓国を侵略したことを謝罪したことは一度もない。
韓国…………朝鮮戦争で北朝鮮を侵略したことを謝罪したことは一度もない。
日本…………全ての戦禍国に何度も謝罪している。ついでに賠償までしている。

567名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/27(金) 20:02:55.73ID:uXd/eZoq0
そいつら植民地失ったことで国家滅亡レベルの負け方しましたっけ?
たとえばベトナム戦争が侵略?
停戦による引き分けですから謝罪求めたこともないですから
そら当たり前ですな。

つうかコピペを貼るってなにか効果的だというんでしょうか?
ヒトラーにならってのことならまあ学問板でやるこっちゃねえな

いやまあこの程度に騙される馬鹿だから効果的だと思っているという説を捨てきれませんがねw

568名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/27(金) 20:20:26.31ID:uXd/eZoq0
つーかこいつらの中ではダーバン宣言に
どの国も署名しなかったことになってるんだろうか・・・

14 植民地主義が人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容をもたらし、
アフリカ人とアフリカ系人民、アジア人とアジア系人民、および先住民族は植民地主義の被害者であったし、
いまなおその帰結の被害者であり続けていることを認める。
 植民地主義によって苦痛がもたらされ、植民地主義が起きたところはどこであれ、いつであれ、非難され、その再発は防止されねばならないことを確認する。
この制度と慣行の影響と存続が、今日の世界各地における社会的経済的不平等を続けさせる要因であることは遺憾である。

99 奴隷制、奴隷取引、大西洋越え奴隷取引、アパルトヘイト、植民地主義およびジェノサイドがもたらした大規模な人間の苦痛と無数の男性、女性および子どもたちの苦境を認め、深く残念に思い、
過去の悲劇の犠牲者の記憶に敬意を捧げ、それらがいつどこで起きたものであれ、
それらが非難されねばならず、再発が予防されねばならないことを確認するよう関連する各国に呼びかける。これらの慣行や組織が、政治的、社会経済的、文化的に、人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容をもたらしてきたことを残念に思う。

これらでは不十分だという議論ならともかく
一度も無いってもうアフォかとw

569名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/03(金) 21:00:02.26ID:pw9rGwYB0
   

★アリフィン・ベイ(インドネシア・政治学博士)

「日本に占領された国々にとって、第二次世界大戦とは、ある面では日本の軍事的南進
という形をとり、他面では近代化した日本の精神的、技術的面との出会いであった。
日本が戦争に負けて日本の軍隊が引き上げた後、アジアに残っていたのは外ならぬ日本

の精神的、技術的遺産であった。この遺産が第二次大戦後に新しく起こった東南アジア
の民族独立運動にとって、どれだけ多くの貢献をしたかを認めなければならない。
日本が敗戦国になったとはいえ、その精神的遺産は、アジア諸国に高く評価されている
のである。」


東南アジア諸国では、日本軍政に対する評価は高く、インドでは東条英機は英雄である。
大日本帝国は、東南アジアに偉大な精神的遺産を残し、これが各国を独立に導くのである。

アジア太平洋戦争が植民地解放戦争であったのは紛れもない歴史的事実なのだ。



         

570名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/18(土) 14:42:04.00ID:Ydngh3np0
             
★ジョイス・C・レブラ コロラド大学歴史学部教授(「東南アジアの解放と日本の遺産」)より

「大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の一つは、各国の青年を教育し、
組織し、独立精神を振起した点にある。その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。」


日本精神が、東南アジア諸国を独立に導いた。
アジア太平洋が植民地解放戦争だったのは歴史的史実である。



          

571名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/18(土) 14:43:49.16ID:Ydngh3np0
        

★キーナン(極東国際軍事裁判首席検事)

「東京裁判はいくつかの重大な誤判を含むのみならず、全体として、
復讐の感情に駆られた、公正ならざる裁判だった。」


東京裁判を公正で学問的に価値の高い裁判だと思い込んでいる
馬鹿はまずいない。東京裁判を経典のごとく信奉している一部の
お馬鹿なカルト信者だけが、世界中で恥を晒しているのである。


      

572名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/21(火) 18:57:40.46ID:uNQC1zJO0
今現在で本気でアジア解放戦争だと信じてる人いるの?
単なるプロパンガスだろ?

573名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/24(金) 15:22:09.84ID:kt0m7SSh0
            
★アーノルド・J・トインビー 歴史学者(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」より)

「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々の為に偉大なる
歴史を残したといわねばならない。その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれて
いた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前においてアジアとアフリカを支配してきた
西洋人が過去200年の間に考えられていたような不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。」


マレー半島やインドネシアで日本軍に蹴散らされて逃げ惑う白人の醜態を見て、東南アジアの人々は、
「アジア人でも白人に勝てるのだ」という強い自信を手に入れた。この自信こそが東南アジア諸国独立
の原動力となる。後に東南アジア諸国の高官となった人々の証言によれば、日本軍の到来によって祖国
の独立は近いと確信したという。日本軍は、植民地の独立を約束し、教育の充実、行政の整備、農業
工業技術の伝授、現地軍の組織と強化を行い、独立のために力を尽くした。これがアジア太平洋戦争の
真実である。アジア太平洋戦争は植民地解放戦争に他ならない。馬鹿は認めないが。



              

574名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/14(木) 03:19:42.04ID:uK/y9EKE0
Perl Harbor was a madman's
(President Franklin Roosevelt) plot for the US to attack Germany.
パールハーバーは 、米国がドイツを攻撃するための
狂人(フランクリンルーズベルト大統領)による たくらみだった。

Roosevelt's total economic sanctions against Japan and his contemptuous refusal of the Japanese prime minister's peace proposal in September were the crucial precursors to Perl Harbor.
日本に対するルーズベルトの全面的な経済制裁、および9月の日本の総理大臣による講和の申し出に対する彼の軽べつした拒絶は、パールハーバーに至る重要な先駆けであった。

Had we not provoked the Japanese, they would never have attacked us.
もし私達が日本人を怒らさなければ、彼らは決して私達を攻撃しなかっただろう。

https://www.youtube.com/watch?v=DL95_rXVq5U

American people will be shocked to hear what I have discovered.
アメリカ人は、この事実を聞いたらショックだろう。

Harry White, who wrote the ultimatum to Japan, the Hull note, was a Soviet' s spy.
日本に最後通牒、いわゆるハルノートを書いたハリー・ホワイトは、ソビエトの スパイだった。

Nobody in the Congress knew of such a provocative note delivered to Japan, which was desperately trying to negotiate a peaceful solution with the United States.
議会の誰も、米国と平和な解決策を協議しようとしていた日本に配達された絶望的で挑発的な通達があったことを知らなかった。

575名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/14(木) 04:05:41.05ID:uK/y9EKE0
With the note ,Japan was left with no choice but to fight back or starve to death.
ハルノートによって、日本は反撃するか、または餓死する以外、どの選択肢も残されなかった。

Threre is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
日本にはカイコしかなかったのだ。

日本に必要だった綿もウールも石油産品もスズも生ゴムや、多くの重要な産品がアジアの地にあった。

これらの供給が止められたら如何に小さな国でも戦争に突入せざるを得ない。

日本は防衛のために闘った。

極東に対して行われて軍事的裁定は間違いだったのだ。

   陸軍元帥ダグラス・マッカーサー

576名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/19(火) 21:11:47.06ID:9g6hyEFk0
第二次世界大戦の敗戦で日本は焦土と化し、戦後70年経っても外交・軍事面では米国の隷属下にあるが、
経済的には逆に米国を“植民地”化して経済発展を遂げた。 「損して得とれ」ではないが、焼け太りに成功した。
東南アジアの独立にも間接的に貢献したのは事実であるし、ここも経済的に日本の植民地にできた。(近年は中国にお株を取られたが)
支那・北朝鮮・南朝鮮の3国は互いにけん制し合う仲の悪さで日本にとって都合の良い国際環境である。
米国は今日 支那とロシアを「現状変更勢力」と記した安保政策を発表した。 第二次大戦前の日独の役割を支露両国が担っていることで
日本は米国・インド・豪州・英国と「海洋勢力」陣営を築きつつある。
なんだかんだ言っても、 大東亜戦争はじめたことは日本にとってはマイナスでは無かった。
ただ、ポツダム宣言受諾が2週間遅かった。画竜点睛を欠いたのはこの一点。
「たられば」だが、終戦が一年早ければ日本はパーフェクトだったが、これは別のお話。

577名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/24(日) 15:19:29.96ID:y1LFWbsz0
日本は今も昔も「思いやり国」だと思う。
白人植民地国家のGHQは、日本悪者論を無理やり押し付けた。それに悪乗りしている中国と朝鮮。

ところが日本は次々植民地解放をしたから さあ大変。
大英帝国は世界中に領地があるから「日の沈む暇がない国」だったが、普通に日が沈む国になった。
アメリカもフィリピンを失い、フィリピンにバナナ園を持っていたマッカーサーは残念な男だった。

578名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/26(火) 02:46:12.10ID:GaZvB1640
>>577
>日本悪者論を無理やり押し付けた
いや、普通に考えて悪者でしょ。
他国の領土、資源を奪おうと侵攻、占領、支配してるんだから。
しかもそれがフリーに許された時代ならまだしも、既に現状維持での相互不可侵、侵略禁止の国際合意ができてたんだから。

>アメリカもフィリピンを失い
もともと1944年に独立予定でしたが?
それが日本のおかげで1年遅れた。
フィリピン選出の東京裁判判事は、日本に手厳しかったそうだよ。

579名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/26(火) 10:13:39.35ID:F3ggXqnu0
>終戦が一年早ければ日本はパーフェクトだった
バカバカしい。一年早く終戦させられるのなら、
それだけの国内統制力と外交力があったなら、
そもそも最初から開戦する必要などない。

580名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/28(木) 22:12:56.54ID:LeQRwNs70
これを見た貴方は「今すぐ」に死にます死にたくなければ、このレスをコピーして他のスレに 10回貼り付けて下さい。1時間以内にです!もし無視した場合は、今日寝ている間に富子さんがやってきて
□貴方の首を絞めに来ます。富子さんは太平洋戦争の■
■時に1歳という若さで亡くなった女の子で、未だに成 □
□仏していないそうです。信じる信じないは貴方次第。 今年になってからこのレスを無視した人で、“呪われ □
□て死亡した人”が続出しています。これは富子さんの 呪い。呪われて死んでもいいのならこれを無視するこ□
□とでしょうね。
貴方がこうしているうちに富子さんが後ろから見ていますよ

581名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/28(木) 22:13:57.89ID:LeQRwNs70
>>580ですがこれ本当だと思いますか? 私不安です

582名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/30(土) 02:14:20.30ID:AzTcc2qf0
祖父や叔父の世代は言ってたな。
太平洋戦争や第二次大戦とは言わなかった。
フィリピンパブに出撃しました。

583名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/31(日) 00:36:25.37ID:4O6B1GbNO
>>442
結局日本はナチスドイツと組んだ時点で引くに引けなくなったんだろ
アメリカにも睨まれるし

584名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/01(月) 11:43:50.68ID:1MDyd6zf0
>>582
新聞、ラジオ、テレビなど各種メディアが太平洋戦争、二次大戦呼称に切り替わって50年にもなるんだが、
あなたの祖父、叔父はいくつだ?
新名称に頭の中が切りかわらないとは、当時既に成人してるとか?
そんな年寄りを例に挙げられてもなあ。

585名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/01(月) 19:20:03.85ID:eKu7s++eO
じいさんが兵士としてフィリピンに出征したんじゃないの?
そのときの感覚で言ってたんだろ

586名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 08:16:48.06ID:DzNnFZIp0
5年前に101歳でなくなったひいばあちゃんは、太平洋戦争と言ってたけどな。

587名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 21:24:15.14ID:oQAkA4A+O
別にアジアで戦争やってたんだから大東亜戦争でもいいと思うんだけどな

588名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 21:41:58.87ID:dhuzw+JR0
南太平洋でもやってますよ。

589名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 22:20:29.43ID:HfFiuAYP0
>二次大戦呼称に切り替わって
「第二次大戦」な。 おえまはいつも「第」を省略するゆとり世代ですか?

590名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 22:45:44.89ID:K7qOAvip0
>「第二次大戦」な。 おえまはいつも「第」を省略するゆとり世代ですか?

おまえこそゆとりにおもえ・・

591名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 23:27:54.53ID:HfFiuAYP0
畜生、おれがゆとりだって何故分った?おえま。
ゆとりがなく、焦って書いちまったよw  自分でも藁w

592名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/03(水) 01:16:48.21ID:l96GzYhSO
>>588
ビルマやマレー半島やシンガポールでも戦ってただろ
同時に中国でも戦ってたし

593名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/03(水) 08:15:58.24ID:0TPVvR8b0
だからアジア太平洋戦争

594名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/03(水) 16:47:05.30ID:Jii9QJUq0
WW2と書くのはゆとり

WWNo.2と書こうww

595名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/05(金) 00:09:41.63ID:qX9tkQWm0
>>9-17
 →「帝国政府声明文」で昭和16年12月9日に発表されている。
「・・・英米両国は東亜を永久に隷属的地位に置かんとする頑迷なる態度を改むるを欲せず・・・
・・・米英の暴政を排除して東亜を明朗本然の姿に復し、相携えて共栄の楽を分かたんと祈念する・・・」

596名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/07(日) 03:44:48.05ID:fenFGFQp0
呼び名はどうでもいいんだが
日米戦争がイカサマだったのは、ネットの知的上級者ブロガーでは常識なんだが
2ちゃんはかなり遅れてるな
「日米戦争がイカサマだった」というスレは立てないのか?

広島原爆を作った湯川秀樹の日記が公開されたので読んでたんだが
戦争末期でも電車に乗ってあちこち公演に回ってるのな
普通、1年以上も空爆されたら橋も線路もズタズタだろう

それに空爆する側にしたら、国を麻痺させるために官公庁の建屋を狙うだろ?
東京は106回の空襲を受けて、空爆されるのは市街地ばかりだ
まるで駅前の市街地に朝鮮人を住まわせる目的で空爆しているようなんだ

597名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/07(日) 10:58:35.55ID:2uZ3O5Sz0
>>596
何だその目的はwwww
朝鮮脳かwwww

598名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/07(日) 17:47:12.11ID:Bsj/ZKk10

599名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/07(日) 17:48:36.25ID:Bsj/ZKk10
陸軍原爆もってたの

600名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/09(火) 14:49:10.23ID:9t5y2ryG0
最近、右側の言論人から「日中戦争は中国側から仕掛けた戦争」という声が強まっているね。
盧溝橋事件は中国側からの発砲が最初だと分ってきたし、中国共産党の工作説も有力視されている。
特に第二次上海事変は完全な中国側の先制攻撃だ。 これには当然 中国側・日本国内左側の反論がある。 
日本が満州事変に最初に中国領土を侵略したので それに対する正当防衛だと。
 華北分離工作自体がシナ事変の原因だとも。
で、またまたこれには日本擁護の側からも反論がある。 満州における日本の権益を侵害してきた国民党政権に対する自衛だとか、
停戦協定を度々破っているのは中国側だと。
まあ、第二次上海事変が転換点だとすると何故日中全面戦争が起きたのか理解しやすくなるな。

601名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/14(日) 08:14:44.86ID:1Kp/y49E0
センター試験2018
日本史Aの問題
https://mainichi.jp/graphs/20180113/hrc/00m/040/001000g/14

アカの連中がセンター試験を悪用して「アジア太平洋戦争(太平洋戦争)」の呼称定着を狙ってるな。
センター試験の政治的偏向出題は以前から問題視されてきたが、執念深い奴らだ。

602名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/14(日) 08:23:20.92ID:h5lKeUc20
最近、"軍事常識の無い”右側の言論人から「日中戦争は中国側から仕掛けた戦争」という声が強まっているのは事実だね。
盧溝橋の中国軍の発砲を中国軍の攻撃で自衛とか
自衛権の概念を覆すびっくりするような話をする

603名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/14(日) 09:09:40.30ID:MpDbHECq0
>>600
最近、在日のエセ右翼を中心に、そういう宣伝が活発化している。
日本はアメリカにハメられたと、まったく中身が同じ内容の書籍が
乱売されている。

その目的は、東京裁判史観(陸軍悪玉論)を固定化し、実は海軍のほうが
諸悪の根源で日本を暴走させたという歴史の事実を隠蔽したいという
国家ぐるみの扇動だろうな


事実はこう↓

日本の海軍は日中交渉を妨害する目的で
大山中尉に自爆突入を強要し
自国の外交交渉を破綻させたうえで
それを口実に中国に対する都市爆撃を強行し
日中間を全面戦争に至らせている。

これは日本の海軍が計画的に中国に対し
不法な戦争を仕掛けたということで
邦人の保護などという話は、海軍による捏造。

日本の海軍は予算拡大を目的に
日中間を無理やり全面戦争に引きずる込んでいます。

しかも海軍はその戦争責任をアメリカと結託して責任転嫁し
汚く逃れました。

これが日中戦争の真実です。

604名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/14(日) 09:56:43.74ID:TUPkJY/R0
■日本人が知らない海軍の暴走はざっとこんな感じ

第二次上海事変では陸軍側の船津和平交渉を妨害し
大山事件を起こし(海軍の自作自演)中国都市爆撃を強行
海軍省記者クラブが海軍の宣伝に加担
シナ事変勃発に対し、国際連盟は対日非難決議を採択
(日本側の不戦条約違反、9ヶ国条約違反、不法な都市無差別爆撃)

米内海相は陸軍主導のトラウトマン交渉を破綻させ日中戦争を泥沼化

豊田海軍次官は海軍が三国同盟を認める交換条件として
南進を要求。以後、海軍はアメリカを仮想敵国だと宣伝し
対米軍事予算を拡大要求。
それが後のアメリカとの対立を決定的にさせる。

陸軍側は日米諒解案によってアメリカと交渉を進めたが
それに危機感を持った海軍側は、豊田外相が南部仏印進駐を強行。
(南部仏印に対米戦争を想定した強力な海軍航空艦隊を配備する計画)
アメリカとの対立を決定的にさせる。

陸軍側は、もし開戦となってもアメリカを戦争に引き込まない米英可分論を提案。
しかし海軍側は、米英不可分論で対抗。海軍はまずアメリカを叩くべきだと主張。

605名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/14(日) 14:07:00.31ID:2yYlLkne0
大山事件は英人含む日中共同の公式調査が行われて公式見解があると言うのに、
また修正主義発動なりや?

606名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/14(日) 16:37:15.46ID:h5lKeUc20
CINIIで”「船津工作」など”で検索してみろって。
まあ日本語が読めないから見たこともないだろうけど
学者の論文だからきちんとソースがついている。

607名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/14(日) 23:01:11.78ID:TwGRCHzI0
どうでもいいけどよ、 海軍ガー、
おまえ、またIDコロコロ変える自演癖が最近出てきたぞ。

608名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 00:50:06.81ID:+96VK1Y70
諸兵入り乱れてるところは描写しないが吉

609名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 03:29:58.09ID:G1rvr6mZ0
海軍ガーの言うことも分からないではないな。
やっぱ海軍は省としての利益に走ったと思う。
ただ、当事者意識が低すぎる。

610名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 07:56:56.81ID:ALHS2DPY0
いや、陸軍は省益どころか、陸軍内の閥益で戦争引き起こしてますが・・・

611名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 21:00:31.00ID:ADT7KeAn0
>>610
また海軍信者がそのようなデタラメを宣伝して
史実をねじ曲げているのか?

それはおそらく武藤章ら、陸軍の拡大派の強硬な連中が
南進論、対支一撃論ご強引に推し進めて不拡大派を
押し切ったと、そういう話だろ。

この話しはまことしやかにあちこちに書かれてるが
それを裏付ける証拠を見たことが無い。
作家の連中がお決まりで、そのように書いているが
いったい何が根拠なのか?

小説を元ネタに根拠の無い話しを定説化している。
すべてがそう。
根拠は何かと聞いても、まともな回答を得たことが無い。
戦争小説以外に、なにも証拠が無いデタラメな話が
日本では定説とされてきたが、こんなバカな国は無いわな。

612名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 21:14:34.35ID:ADT7KeAn0
その一番わかりやすい典型がこれ


辻参謀が、とたんに大喝した。
「課長にたいして失礼なことをいうな。課長は広い視野に立っておられるのだ。
課長もわが輩もソ連軍の実力は、ノモンハン事件でことごとく承知だ。
現状で関東軍が北攻しても、年内に目的を達成するとはとうてい考えられぬ。ならば、それより南だ。南方地域の資源は無尽蔵だ。
この地域を制すれば日本は不敗の態勢を確立しうる。
米英恐るるに足りない」

若い参謀はなおねばる、「米英を相手に戦って、勝算があるのですか」。
辻参謀は断乎としていった。
「戦争というのは勝ち目があるからやる、ないから止めるというものではない。
今や油が絶対だ。
油をとり不敗の態勢を布くためには、勝敗を度外視してでも開戦にふみきらねばならぬ。
いや、勝利を信じて開戦を決断するのみだ」

いつか、どこかで聞いたような辻参謀の啖呵である。
こうして太平洋戦争への道≠ヘ強力にきりひらかれた。

半藤一利『ノモンハンの夏』(文藝春秋)


半藤は辻がそのような発言を本当にしたのかどうか
何か根拠があるのか?
それともまったくの創作、捏造だと認めるのか
どっちなんだ?

司馬とか半藤とか作家の書いた小説だが
日本ではこんなインチキな小説を、あたかも史実であるかのように
NHKLで宣伝して国家ぐるみで捏造史観を国民に浸透させ
固定化しようとしてきたが
ふざけてるわな

613名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 21:34:03.02ID:iGvwpMpY0
>半藤は辻がそのような発言を本当にしたのかどうか
>何か根拠があるのか?
確かそれ、高木信武の『服部卓四郎と辻政信』を小説仕立てにしただけのものなんですけどw
んで、この高木さん、現場に居合わせたんだが、
それを否定する根拠はなにかあるのか?

614名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 21:37:19.07ID:iGvwpMpY0
失礼、高山信武だった。

615名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 21:51:26.97ID:ADT7KeAn0
>>613
ほう
では引用元の原文を正確に示してくれ

616名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 22:11:05.71ID:ADT7KeAn0
まあ出てくるわけ無いわな

もしこの書籍にそう言う事が書かれているなら
とっくの昔からくり返し宣伝しまくられてて、
いやというほど目にしてるはずだわな

617名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 23:01:04.98ID:nBqAC+ob0
>>612
全盛期の半藤先生に喧嘩を売るとはすごい自信だな。
昭和史以降半藤さんは劣化の一方だが、少なくとも全盛期は神的存在だったぞ。

618名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 23:05:24.31ID:nBqAC+ob0
辻政信は半藤先生によって完全に信頼を失墜し現在に至っている。
どれほどすごかったかというと、ノモンハンの出版の直後、山梨県で
辻の娘婿の堀内光雄(元通産大臣)が連座して選挙に落ちている。

619名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/17(水) 07:49:31.93ID:oeu5lElU0
高山正之が週刊新潮連載で半藤を批判した際についでに書いていたけど、
半藤は松本清張のゴーストライターをやってたらしいね。

620名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/17(水) 21:40:40.03ID:CuboZjUa0
>>615
>では引用元の原文を正確に示してくれ
そういうことが書いてあるよw
それが事実かどうかはお前の目で確かめろよ。

>もしこの書籍にそう言う事が書かれているなら
>とっくの昔からくり返し宣伝しまくられて
>いやというほど目にしてるはずだわな
図書館にも行けない人がどうやって目にするのかね?
ふざけたことしかいわない土足の分際でなにいってるのやら

621名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/17(水) 23:48:50.83ID:CuboZjUa0
つーか出てくるわけもないもなにも
書名・著者名を出しているんだから
常人の能力をもっていれば図書館なりで確認できるんだから
とっくに出ているんだよw
なにをどや顔で出てくるわけもないわなとかいってるんだ?
自分でどんだけ馬鹿なこといってるのか理解できませんかねえ

悪いけど根拠を調べると自分がいかにおかしなことをいってるのかわかってしまうので
絶対に調べようとしない奴の妄想による正義wとか通用しないのは
何年にもわたって証明され尽くしているとしかいいようがないよ。

622名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 01:19:48.54ID:tq6lRimj0
半藤一利は捏造された東京裁判史観(陸軍悪玉説)を固定化するため
にゴーストライターとして暗躍し捏造小説を創作し
それを多数のインチキ作家に配布してインチキ戦記を出版し、
国民にそれを扇動する腹黒い黒幕の親玉だろうな。

そしてこれはどう見ても国家ぐるみ。
政府筋やNHKほか全てのマスコミが官民一体となって
国民に嘘の歴史を固定化するため、今も暗躍している。


このような腹黒い半藤の言う事は、すべて嘘と思って間違いないw

623名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 01:26:41.65ID:tq6lRimj0
辻でも武藤でもいいから
かれらが本当に戦線拡大や南進を強行させたというのならば
(そんな権限があるわけないが)
その証拠を1コでも出したらどうだ?

そんな証拠は過去一つも見たことが無い。
すべて半藤らインチキ扇動師の黒幕が捏造した
インチキ小説やインチキ映画しか
そういう話は出てこない。


日本一のインチキ悪党作家はだれかとわれれば
私は迷うことなく、それは半藤一利だと断言できるw

624名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 02:06:45.54ID:tq6lRimj0
武藤章はなんとしても対米開戦したい海軍のアホ連中に対し
もっとも抗して対米戦回避に人力した人物。

しかし戦後、汚い海軍連中らの大嘘によって武藤は
対米戦争を主導した悪党に仕立てられて処刑されてしまう。
ここまで無念のまま殺された人物は居ないだろ。
これを放置なんか出来るわけ無い。
人間として許せんわ。

だから戦没者の無念を少しでも晴らすために
骨の髄まで心底汚い救いようの無いここの悪党とは徹底して闘うのみ。

625名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 02:10:51.58ID:tq6lRimj0
薄汚いHmanよ

そういうことだw

おまえみたいな汚い悪党に出会ったのは生まれて初めてだが
結果的には感謝しているwww

626名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 04:32:18.06ID:PlrF+GYe0
日本民法の父、穂積陳重の法窓夜話を現代語に完全改訳
短編×100話なので気軽に読めます

法窓夜話私家版 (なか見検索できます)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0776ZB4SW/

分冊版でもなか見検索できます(2-5) 5
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777N4CFF/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777N71D2/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777HC9SK/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777KDRJ7/

627名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 07:24:31.13ID:A21fWnbw0
>そんな証拠は過去一つも見たことが無い。
すべて半藤らインチキ扇動師の黒幕が捏造した
インチキ小説やインチキ映画しか
そういう話は出てこない。

いやおまえ、その証拠を見せても逃げ回ってるだけだし
そもそもそのインチキ小説呼ばわりしてるものすら読んでないじゃないw
服部の発言にしたところで彼らの作った 南方施策要綱にきっちり反映されているし
それは基本国策要綱として国家の政策に取り上げられているわけだ。
証拠を見ようともしないからそんなこともしらないで
見たこともないとかいって誰がだませるんだ?
図書館に行く能力も無い幼児とか
タイトル以外絶対に読まない奴をだますのがお前の正義なのかねw

628名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 20:40:37.24ID:z7CyLnLS0
>>627
おれが聞いてるのはまず、辻がこういう発言を本当にしたかだが?
半藤のまったくの捏造なのか、ちゃんと根拠があるのか?
根拠があると言うなら、おまえがその根拠を
ここに具体的にその内容を示せば済む話じゃないか
なぜ肝心なところで拒否するんだ?
引用文なり、要旨なりをおまえが証拠としてそれを書けば済む話。


辻参謀が、とたんに大喝した。
「課長にたいして失礼なことをいうな。課長は広い視野に立っておられるのだ。
課長もわが輩もソ連軍の実力は、ノモンハン事件でことごとく承知だ。
現状で関東軍が北攻しても、年内に目的を達成するとはとうてい考えられぬ。ならば、それより南だ。南方地域の資源は無尽蔵だ。
この地域を制すれば日本は不敗の態勢を確立しうる。
米英恐るるに足りない」

若い参謀はなおねばる、「米英を相手に戦って、勝算があるのですか」。
辻参謀は断乎としていった。
「戦争というのは勝ち目があるからやる、ないから止めるというものではない。
今や油が絶対だ。
油をとり不敗の態勢を布くためには、勝敗を度外視してでも開戦にふみきらねばならぬ。
いや、勝利を信じて開戦を決断するのみだ」

いつか、どこかで聞いたような辻参謀の啖呵である。
こうして太平洋戦争への道≠ヘ強力にきりひらかれた。

半藤一利『ノモンハンの夏』(文藝春秋)

629名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/19(金) 23:04:23.83ID:A21fWnbw0
>根拠があると言うなら、おまえがその根拠を
>ここに具体的にその内容を示せば済む話じゃないか
現場にいた人の証言として
その人の書いた本をきちんと出してやって済んでるな。

いい加減に気づけよ。
今津波が起こってる、その証拠に居間のテレビでやってるといったら
土足は引きこもりだからそれを文字にして部屋までもってこいと巫山戯てることにさ。
俺はお前のおかんでもなんでもないから
さっさと居間まで降りてこいというほかないわ。

>引用文なり、要旨なりをおまえが証拠としてそれを書けば済む話。
だから俺の言ってるようなことが書いてある。
んで、そのことは引用文なり要旨なりをだして証明できることなのか?
お前が本を自分の目で見て判断する以外の方法があったら教えてくれよ。
そもそもそれをやったところで
詳しく書かれているから、口語体だから、当時騒がれてないからだの
な〜んの証拠も出てこない名推理wすることしかできんじゃないか。
根拠のない戯言で当人の証言をひっくり返せたことが
土足のしょーもない人生の中で一度でもありましたか?

だいたい土足さんが現物を出せとよくいわれるのは
基本的に日本語に不自由しているから
出すと大概ふざけた解釈してるだけってのがあまりにも多いから
いちいち確認するよりよっぽど早いだけって話だ。

630名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 03:40:57.64ID:JEFolMQ60
結局、辻の暴走や愚かな指揮があったということを裏付けるような証拠は
一つも出てこない有様

ネット上であふれるほど辻参謀に対する誹謗中傷の書き込みがあるが
根拠はインチキ作家の半藤が書いた捏造小説か
出典の無いWikiのデタラメ記事か、
だれが何の目的でやってるかわからない怪しいネット上のへんなサイト
こんなのしかない

捏造史観固定化に遁走するほら吹きトリオ半藤、秦、保坂ら三馬鹿は
一時期、さかんに歴史の真実と称する座談会を開催し
服部、辻、瀬島の三人が日本を無謀な対米戦争へ引きずり込んだ
戦犯・悪党に仕立てようと必死に扇動していた。

なんでこの大佐以下の三人がそんな権限あるのか疑問だが
まあ半藤の童話レベルの戦史では小学生の低学年の頭のバカを対象に
想定してるのだろうから、細かいことはどうでもいいのだろう。

だれよりも対米戦争に反対していた連合艦隊司令長官・山本五十六は
そいつら陸軍下っ端ごとき参謀が日本を対米戦争に引き込み
絶対にやりたくはなかった意に反する真珠湾奇襲をやらざるをえなくなり
さぞ彼等の暴走を憎み恨んだことでしょうなw

631名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 10:19:19.05ID:1cQ3Whjm0
>>630
いくらでも証拠はあるけどね。また、半藤は国民に広く受け入れられている。
でなければ、「ノモンハンの夏」出版直後に、辻の娘婿(堀内光雄)が選挙に
落ちるわけないだろ。どれほど半藤が信頼されているかの証拠だ。

632名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 11:19:20.77ID:+CM7ydrl0
>結局、辻の暴走や愚かな指揮があったということを裏付けるような証拠は
>一つも出てこない有様
それは引きこもりにしか当てはまらない有様だな。
なんで何一つ調べようとせず
事実から目をそらす哀れな有様を晒したがるんだ?

>ネット上であふれるほど辻参謀に対する誹謗中傷の書き込みがあるが
ここに引用しろとかいったのは誰でしたっけ?
んでネット上でない現場にいた人の証言を出してやったら
なぜか絶対に見ようとしないで捏造だといってるのは誰でしたっけ?
ふざけるのもたいがいにしろって。

>戦犯・悪党に仕立てようと必死に扇動していた。
読んだこともない人の妄想だねえw
彼らは証言者の名前を挙げているんだから
そこへあたって証拠をとってこいよ
誰一人成功してないことをさw

633名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 11:31:47.50ID:BAHqc/Bt0
>>632
>現場にいた人の証言を出してやったら


肝心な中身の内容がなにも出て無いじゃないか
証言者と、その証言内容を
一例でいいから具体的にここで書いてみてくれ。

634名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 11:38:24.24ID:+CM7ydrl0
>肝心な中身の内容がなにも出て無いじゃないか
さっさと図書館に行け。
>ネット上であふれるほど辻参謀に対する誹謗中傷の書き込み
とかいったお前がなんでネット上で求めるんだ?
>出典の無いWikiのデタラメ記事か、
>だれが何の目的でやってるかわからない怪しいネット上のへんなサイト
とかいってるお前が誰ともわからない怪しいネット上の匿名掲示板の書き込み見て何がしたいんだよw
とんちんかんな反論wで反論した気分になりたいだけなら
俺がその手伝いをする義務なんかどこにもない。
きちんと現物に当たれる人に土足が適当なこといってるとわかって貰えば十分で
お前の自慰につきあうつもりはないね。

635名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 11:47:04.85ID:BAHqc/Bt0
たとえばこういう誹謗中傷宣伝サイトが
多数ある。
中身はほとんど同じだな。

http://member.tokoha-u.ac.jp/~kdeguchi/hobby/japan/responsibility.html

そして最後にこうある
どの部分がどれを参考にしたのかまったく不明


■参考文献・資料■
&#8226;五味川純平 著 [ノモンハン] 文春文庫
&#8226;半藤一利 著 [ノモンハンの夏] 文藝春秋 (1998)
&#8226;歴史と旅・臨時増刊 [太平洋戦史総覧] 秋田書店 (1991)
&#8226;NHKスペシャル [ドキュメント太平洋戦争−敵を知らず己を知らず・ガダルカナル]
&#8226;NHKスペシャル [ドキュメント太平洋戦争−責任なき戦場・ビルマインパール作戦]


利権と悪意を持った連中が組織的に
活動してるんだろうな。
おまえもその一味だろうが

636名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 11:52:04.86ID:BAHqc/Bt0
>>634
辻に対し、だれが何と証言したのか?

たったこれだけの問いに、なぜ答えられず逃げる?

637名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 11:58:26.53ID:BAHqc/Bt0
https://www.youtube.com/watch?v=HwpHtrvJ3eY


半藤一利がいかに頭が悪いかは
この動画を見ればよくわかる。

一方的にしゃべる能力にはたけてるが
考えの違う人と議論、論戦する能力はゼロw

638名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 12:38:05.37ID:cEGyogEH0
出来の悪い子がかわいいのは、犬が可愛いのと同じだ

639名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 13:32:33.72ID:PioFeA+t0
研究者じゃなくて作家先生だからな。ましてや文筆家が
弁士の才能もってるわけでもなし

640名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 15:17:28.35ID:1cQ3Whjm0
>>637
うん、見事だね。岩田温が半藤に全く歯が立たず半泣きになっているね。

641名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 15:21:03.86ID:1cQ3Whjm0
半藤の見事なのは、日本は海岸線が長くて守備ができない、という
欠点を見事に主張出来ていること。岩田は半藤に全く戦いになっていない。

日本はアメリカみたいなあらゆる資源に恵まれた天然の要害じゃないんだよ。

642名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 18:35:48.76ID:BAHqc/Bt0
>>641
べつに欠点だけじゃないが?
攻める側から見れば兵力を船団で揚陸させるという
大変な手間がかかる。

半藤は何が言いたいんだ?
日本は武力で守れないから、日本に武力は必要ないと言うのか?
何を言いたいのか意味不明

643名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 20:59:57.70ID:6OKSoAv60
>>641
岩田おこちゃま

644名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/20(土) 22:38:04.18ID:kYQa5vL9O
俺はこの番組は見てたが、近代日本の防衛線は海岸線ではなく制海権と後の制空権、すなわち海と空にあった。
今後、どうなるかは分からないが。

645名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 03:46:02.83ID:mzg0l5+q0
古来日本は海洋民族であり、且つ農耕民族だった。
両者が文化を継続していれば日本足り得たが、徳川時代?に内政に重きを置きすぎて偏っちまったんじゃないか?

646名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 16:58:49.22ID:bA3oWHtT0
>>642
日本の周囲は北朝鮮を除いて造船大国ばかりなんだけどね。
兵員を輸送する船を作る能力は、アメリカ、ロシア、中国、韓国とも問題ない。
むしろ、海上にあることで、海上封鎖に会いやすい。

647名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 17:32:56.31ID:4ddKIEGO0
【アメリカ国際スパイ博物館】日本の5大忍者の研究『ダンゾウは、幻術を使って牛を丸ごと飲み込んだ』
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1516495828/l50

648名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 18:58:18.80ID:45NkLCyC0
>>642
だから何?
日本は地政学的に武力では守れないから
日本に武力はあっても意味が無いという
半藤の意見が正しいというのか?

ちなみに史実では
米軍でさえ日本本土上陸は断念したし
欧州の戦争では大陸のフランスは簡単に敗北したが
島国のイギリスは敗北してない。

よって島国は防衛しにくいというオバカな半藤の意見は
現実の歴史と食い違っているわ

649名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 18:59:30.35ID:45NkLCyC0
訂正
>>646に対する書き込み

650名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 20:57:12.81ID:+E2OoxHU0
日本は大陸国家ではなく、なお国境が長いのだから機動防衛に特化する
必要がある、で終いなんじゃないのか?国境線が長いから防衛に向かないのは
事実で、だから先制敵地攻撃が重要で、あるいは外交が重要になるというだけの
話しだろう。

651名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 23:30:41.09ID:1KQF013C0
>米軍でさえ日本本土上陸は断念したし

こらこら、嘘を書いてはいかんよ。ただでさえ2ちゃんねる(おっと5ちゃんねる)は
デタラメ書くやつ多いから。


ダウンフォール作戦 (ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BD%9C%E6%88%A6

652名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/24(水) 05:58:02.95ID:sRCj80mg0
そんな大勢で寄ってたかって日本にどんだけ恨みがあるんだか。

653名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/25(木) 21:44:36.57ID:r7gb9k460
>>652
いや、全部日本から喧嘩を売っていった結果なんですが・・・

654名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/26(金) 21:43:07.54ID:p11rPn8q0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

655名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/27(土) 13:39:36.17ID:LFw+3iUH0
アメリカはアメリカに移住したことを当然だと思ってる。
それを美国と誉めそやしてみたり、内心は朝鮮ぽくても歓待して見せる。
文科系でも理科系でも体育会系でもない何〜んだ?

656名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/27(土) 14:37:20.10ID:pmdX0XnZ0
【東大】 試験用のトレーニングばかり  ≪カンニング学校≫  一般教養が身につかない奴 【京大】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1516715467/l50

657名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/27(土) 16:26:30.01ID:ltEG2lZg0
>>636
>たったこれだけの問いに、なぜ答えられず逃げる?
書名も著作者名も答えているのに後は自分の目で確かめるだけだ
たったこれだけのことができず逃げる?

>たとえばこういう誹謗中傷宣伝サイトが
>多数ある。
>中身はほとんど同じだな。
で、それが捏造かどうか図書館にもいけないお前が判断できないのも理解できない?

658名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/29(月) 22:38:44.31ID:9iZEbcW70
日本は大東亜戦争と太平洋戦争の2つを同時に闘って
後者を負けて前者に勝ったんだって
彼らはそれを見破れなかったんだって

勝ったお陰で黒人がこんなに元気なんだって
黒人は靖国に参って英霊に感謝すれって。www.youtube.com/watch?v=Zi0RpNSELas
ついでにオバマも、とのこと。

659名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/29(月) 22:42:58.45ID:9iZEbcW70
You are the children of Gods.

660名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 12:19:22.14ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

5LKXP

661名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/06(火) 00:11:16.22ID:i+rkaTQp0
>>653
大陸打通作戦は日本人の誇りだが?

662名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/06(火) 09:56:12.89ID:DDeWMWb/0

663名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/06(火) 13:02:01.27ID:G/fZO9F20
【m9(^Д^)】  リーマン級暴落  ≪≪日 米 同 時 破 綻≫≫  沖縄にUFO  【m9(^Д^)】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1517884399/l50

664名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/06(火) 23:24:49.77ID:qNH0/qQb0
>>661
まさに、日本人が項羽と同じということを示した作戦を誇るとはねぇ。
ちなみに、項羽は江南人で、日本人とDNAが近く気質もそっくり。

665名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/07(水) 11:27:02.57ID:V/PB9eVX0
四面楚歌だぞえらいだろw

666名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/07(水) 18:02:30.68ID:/lOmdviX0
陸軍は支那大陸で破竹の大勝利の連続なのに海軍がアメリカ奇襲などしたから民間人300万人も大虐殺された。
すべて山本五十六と海軍コミンテルンの犯罪。

667名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/08(木) 01:39:06.88ID:iS+ZZadx0
ナチスと結んで米英を攻撃した日本は「無条件降伏をしたのに、北方領土を返還しろ」と主張してるのに、
ナチスと結んでソ連を攻撃したフィンランドは「有条件降伏をしたからカレリアを返還しろ」とは言わない。
クリミアは住民投票の結果ロシア領土になったという主張と、北方四島は日本が無条件降伏した結果ロシア領土になったいう主張は、
どちらが正しくてどちらが間違いなのか、あるいは両方間違いなのか両方正しいのか。
自分としては、戦争もまた外交の一手段であり、かつ国際条約というのは強国に有利になるよう出来ており、
第二次大戦についても連合国であれ枢軸国であれ、戦争に強かった国ほど国際法上有利になるとかんがえる。

668名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/08(木) 09:11:16.65ID:rvzg4kiw0
2000年も昔の宗教でいつまで遊んでんだか

669名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/08(木) 10:20:08.13ID:O9pWAJTA0
>>667 ヨソはヨソうちはウチ
いいつづけることで敵国にダメージ与えられるなら言い続けるよ

670名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/08(木) 23:53:50.65ID:y88tVmkH0
あのう、667は  だ つ お なんですけど・・・
触られると嬉しくなってスレに住み着くので放置でお願いします

671名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/09(金) 12:27:25.31ID:B0AJXzaO0
何かむきになって大東亜戦争の呼称を肯定したり否定したりしているのを見ると
アホらしくなってくるな

中身見れば名前なんてどうでもよくなる

名前にスタンスが現れてる

672名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/09(金) 23:55:40.52ID:ihacIBfL0
もしドイツ陸軍が、日本陸軍に代わって大陸打通作戦を発動していたらどうなりますか?

ドイツ陸軍だったら、大陸打通作戦なんてケチなものではなく、大陸消滅作戦になってましたか?
南京大虐殺とか性奴隷とか、日本軍は占領地の至るところで住民を苦しめたそうですが、
どうせなら中国人を「劣等人種」としてホロコーストしておけばよかったと思います。何しろ中国人絶滅収容所
が戦後もそのまま残ってしまうのだから、言い訳のしようがなくなり、侵略戦争の反省もしっかりしたものになり、
日中関係はずっと良くなってたはずです。それからもしできれば虐殺した中国人を潰して航空燃料を精製
すればよかったと思います。文句があるなら米軍はオーバーロード作戦を中止にして、中国戦線に派兵したらいいでしょう。

キングタイガーならもっと進軍できましたか? もっと大勢の中国人を殺戮できましたか?
四式戦疾風ではなくMe262が出撃してたら、シェンノートの在支14空軍は壊滅してましたか?
ウルツブルグレーダーと88ミリ高射砲があれば、防空は万全でしたか?

今からでもドイツ語を勉強してドイツ留学して、髪の毛染めてドイツ人になりすまし、こういう発言をしてみたい
と思ってます。「たかが中国チンピラゴロツキの3500万なんて取るに足らん。97式中戦車チハなんて、
あんなへっぽこな戦車モドキ、工業水準低いわー。わがドイツ軍のキングタイガー戦車だったら、
3500万どころか5億人皆殺しにして、中国に中国人は一人も居なくなってたはずだ!」

おい、なんとかいえよ、おい!

673名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/10(土) 03:29:58.17ID:9AI/LyHN0
だつおさんの害悪は承知しています
迷惑だから学問板から出て行って欲しい

674名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/10(土) 06:52:05.68ID:ou89LaL90
ドイツは白人の立場で、黄色人人種が戦って殺し合うことが合理的だと考えたんだろう。

675名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/12(月) 19:45:21.23ID:bJbvQC9E0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

676名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/17(土) 14:41:33.60ID:1gCoDfDi0
どいつもこいつも後ろ向き

677名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/17(土) 19:38:51.01ID:3dFJYkzQ0
大東亜・太平洋戦争というのが実態に近いのではないか?
大東亜だけでも太平洋だけでも実態にはそぐわない世界史上最大の戦争

678名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/17(土) 19:42:07.77ID:3dFJYkzQ0
ちなみに独伊の西部戦線の方は大西亜・地中海戦争というべきものだった
地中海と太平洋だから、こっちの方がスケールは遥かにデカいのだ

679名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 08:52:11.57ID:R7vC+j+B0
大西亜ってなんだよw

680名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/22(木) 19:35:52.51ID:SdKCDNAw0
そんな大それた名前にするほどの大義があるんかい?

681名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/23(金) 03:53:52.31ID:075zCrGS0
ドイツの場合はただの私戦だからな。大義もへったくれもないただの復讐戦。

682名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/23(金) 11:25:03.84ID:qzfI68SD0
太平洋戦争の方が違和感があるけどね 大東亜戦争は当時の日本が使っていた物で
当然当時の考え方が反映された言い方で 一番正しい表現だと思う
戦後勝手に結果論で否定するのは歴史認識を誤る原因になる

683名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/23(金) 12:04:46.46ID:vVH6GOn20
>大東亜戦争は当時の日本が使っていた物で
>当然当時の考え方が反映された言い方で 一番正しい表現だと思う
それは、当時の日本の考え方が客観的で公正であるという前提がないと成り立たないぞ。

>戦後勝手に結果論で否定する
結果論ではなく、一方的でない情報を元にした客観的な判断なんだがな。

大東亜戦争を使いたがる人は結局、無条件で戦前の日本は正義だったとしたいだけなんだろうなあ。

684代理屋 ◆XFizselqIb3B 2018/02/23(金) 12:22:20.02ID:Tg6N3jV70
>>683
ですな。

685名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/23(金) 14:31:11.70ID:IU7WSv/s0
日本は二方面作戦を戦っていたと北の博士が言っている。

686名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/23(金) 15:14:15.98ID:075zCrGS0
太平洋戦争なんて言葉、戦後にどこぞの有象無象が作った言葉じゃん
そもそも誰がいだしたのか、ちゃんと立証できるのか?南京「大虐殺」もだがw
おまえらのは学術ではなくただの噂話の類いなんだよw

687名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/23(金) 23:14:25.21ID:vVH6GOn20
言葉なんてそんなもの。
江戸幕府だって誰が言い出したか分からない。だからと言って使うのがおかしいなんて誰も言わない。
また、太平洋戦争は連合国側呼称のPacific Warの直訳。作ったのは米政府と言う事になるだろう。

そして、大東亜戦争には、大東亜共栄圏と言う、日本のアジア支配、戦争正当化のための思想的意味合いが付きまとっている。
大東亜に地理的意味しかないと主張しても、同時期に大東亜共栄圏構想なんか出してしまってる以上、関連は否定できない。
現代でも、大東亜聖戦とか言ってる連中がいるのだから。

一方で、単に地域のみを意味するPacific Warの直訳である太平洋戦争にはそのような問題はない。
どちらが客観性、中立性を要する学問の場で使うのにふさわしいかは明白だろう。

太平洋戦争ではまだ地域的に不正確のなのでアジア・太平洋戦争という呼称が使われるようになってきたのだが、これもまた当然。

688名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 00:21:34.02ID:bcHtVZOJ0
こんなの発見した
日本における戦争呼称に関する問題の一考察 - 防衛省防衛研究所
http://www.nids.mod.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j13-3_3.pdf

689名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 01:57:12.68ID:kIiADqvD0
で、太平洋戦争って誰が言い出したんですか?

690名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 03:16:11.98ID:kIiADqvD0
>江戸幕府だって誰が言い出したか分からない

斎藤斐章「日本国民史」昭和9年

691名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 03:19:54.97ID:kIiADqvD0
>江戸幕府
明治41年「歴史科教授法」だな

>江戸時代
これが斎藤斐章「日本国民史」昭和9年

なお徳川幕府、徳川時代、旧幕時代は常用されてたので
誰が最初などということはない。それこそ明治初年から
文献にやまほどでてくるので

692名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 03:26:19.38ID:kIiADqvD0
ほんと皮肉じゃなくて《誰が言い出したのか》ってのはもっと記録にハッキリ
残していくべきなんだよ。その当時の学会じゃ数名の専門家の仲間うちだけで
資料や論文を回し読みしてるような状態だから、そういう情報が「あたりまえ」で放置されて
まともに蒐集されないわけで、ところが世代をこえてしまうと、そういう一見するとどうでも
いいような事を確認するのがとてつもなく難しくなってしまうんだよ。50年前にネットが
あれば「太平洋戦争って誰が言い出したんだ?」なんて聞けばすぐに誰かがレスして
くれた状態だったんだろうけど、50年後の現代人がいざ探すとなればとてつもない
労力を要求されることになる

693名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 12:04:10.69ID:Q4z1Nkwj0
今現在、本気でアジアの解放が目的だったと信じてる奴いるの?

694名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 13:42:50.49ID:I2FRm11Z0
たくさんいるねぇ
アジア解放が戦争の大義名分だから
実際解放してるし

695名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 17:45:04.74ID:GI5qj3/T0
>>江戸幕府
> 明治41年「歴史科教授法」だな
確認される文献上の初出はそうだとしても、それは誰が作った言葉かと言う回答にはならない。
教科書やマニュアルに載るような言葉は、それ以前からある程度広まっているはずだから。

>50年前にネットが あれば「太平洋戦争って誰が言い出したんだ?」なんて聞けばすぐに誰かがレスして
くれた状態だったんだろうけど
それはなかろう。太平洋戦争はPacific Warの直訳だから、多発的に使われだした可能性が高い。
おそらく最初の訳は戦争中だったろうが、それは広まらず、戦後改めて訳されたと思われる。

696名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 18:04:48.68ID:kIiADqvD0
学術的には検証できる権威が重要なんだよ。どこぞの子供が初出とかではなく
最初に博士号もった誰が論文に執筆したかで学術的価値は固定される。その
ばあいその報告者が「◎◎の××が初出」と紹介していればそれに準じる。
学術というのは積み上げていくことであって回答を忌避することではないんだ。

697名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/25(日) 19:55:00.70ID:BHtRLs8r0
>>694
これは皮肉でもなんでもなく確認したいのだがそれは本気でいってるの?

698名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/25(日) 22:21:19.04ID:SSNZ3fR80
帝国がアジアを解放したつうのは常識だろ

699名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/26(月) 06:32:31.05ID:Y6fDY0zs0
世界的には非常識。
日本は東〜東南アジア全域を日本の勢力圏、支配下に組み込もうとしたのが現実。
その過程で欧米の勢力を排し、欧米と敵対する現地勢力を支援したりもしただけのこと。

日本がアジアを解放したなんてのはある種の結果論でしかなく、その手の結果論で言えば、
本国を疲弊させて独立を阻止する力を失わせたと言う意味で、ナチスドイツがアジアを解放したとも言える。

700名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/26(月) 06:45:29.70ID:Y6fDY0zs0
>学術的には検証できる権威が重要なんだよ。
いや、検証は大事だが、権威は重要ではない。
アインシュタインは量子論を否定したが、検証の結果支持され続けた。
岩宿遺跡の発見者が高卒程度の学歴しかない20歳の行商人であろうと関係ない。

>学術というのは積み上げていくことであって
だから、どこの誰が言い出したかなんてのはあまり意味がないんだ。
検証が続けられ、新発見と照らし合わされながら、それが支持され続けていると言う事が大事。

701名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/26(月) 13:28:10.95ID:nFuBbe0O0
きみがそう思ってるだけだよ

702名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/26(月) 17:44:12.77ID:NE3e39Xg0
>>698
それが真の目的だったの?
石油ゲットが目的じゃないの?

703名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/26(月) 23:07:24.46ID:nFuBbe0O0
石油石油やかましいのは海軍だけだろ。なんで海軍ごときが日本の政策を決めるんだよ。

704名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/27(火) 00:02:03.03ID:AQwa53C80
海軍の意向は十分重くないかい?
じり貧どか貧の話もあるし、石油は国家の問題点でもあるし。

あと、戦争を避けようとした日米交渉は何だったのだろうか?
アジアの解放作戦までの時間稼ぎかな?

どうしてもアジアの解放の為の戦争ってのは表向きだけの気がする。

末端は信じていたのかもだろうけど。

705名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/27(火) 00:07:40.27ID:Aggn0Agx0
>>699
>ナチスドイツがアジアを解放したとも言える。

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

ベトナムに関していえば、まさにファシスト・ドイツが無条件降伏したという知らせが入った後、ベトナム共産党は、
人民蜂起の準備を活発化し、その勝利がベトナムに自由をもたらしたのです。第二次世界大戦は、
人類の歴史に新しい時代を開いたと言ってよいでしょう。そして、その時代の特徴となったのは、ソ連の影響力の拡大と
アジア・アフリカ諸国民の独立を目指す戦いでした。」
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_09_02/86931349/

706名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/27(火) 07:09:35.20ID:ATNcMJSI0
>>698
大東亜共栄圏って知ってる?
あれを50年前のプロパガンダ抜きでみれば
解放どころか支配以外のなにものでもないことはわかるはずだが
正気で解放だなんていってるの?
はっきりいって中国のチベット支配なみの代物なんだがなあ。

707名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/27(火) 12:14:03.74ID:82RGY2Mk0
海軍がアメリカに不法な奇襲攻撃さえしなければアジア解放の大義は
まったくな形で完成した。日本社会を憎悪し白人の手先として黄色人種を
殺すことで白人たちからご褒美を得ようとした卑劣な逆徒どもが海軍には
いたということ。

708名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/27(火) 12:15:50.17ID:82RGY2Mk0
>>706 大東亜戦争と共産党のチベット侵略は別の話しだよ。そういう〇〇と××は
似てるから同類だ、みたいな粗雑な議論はやめないか?ここ学問スレだぜ?

709名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/27(火) 13:03:23.67ID:nXQcfE0B0
少なくともアジア解放の目的で戦争始めたワケではないというのは事実だよ。
陸軍が南方を攻撃したのは資源の獲得と援蒋ルートの切断。
開戦の勅書の草案段階で天皇から「大義名分がない」として却下され、
それならばと「大東亜共栄圏」を盛り込んでアジアの開放を言い出した。
海軍ガー! とか意味のない責任のなすりつけこそ学問的に相応しくない。

710名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/27(火) 13:07:39.53ID:82RGY2Mk0
いいえ。アジア解放のための戦争の末端に対米開戦がくっついてただけのことです

711名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 01:48:33.20ID:rsVuxuSd0
でもインドネシアみたいな石油出る地域は日本領なんでしょ?

そもそも中国の権益や朝鮮、台湾は解放しないのかな?

何か自分に都合のいい解放だなあ。

712名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 07:09:14.79ID:PwZmqDZd0
>いいえ。アジア解放のための戦争の末端に対米開戦がくっついてただけのことです
え? アジアってどこを指すの?
独立の決まっていたフィリピンは違うよねえ

>>708
はいそうですね。
どう違うのか説明も無しに別の話だなんていう粗雑な話は止めた方がいいと思います。
一方的にアジアは日本の指導を受ける地域だと言って軍隊を送り込んだのと
一方的にチベットは中国の領土だと言って軍隊を送り込んだのは
別の話だ程度の説明は必要だと思いますよ。
こんなものを解放だと称したのは同じことですがねw

713名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 07:20:49.03ID:PwZmqDZd0
ああ、ご存じないからアジアの開放なんていってるんでしょうが
大東亜共栄圏で主権を持つ国家はただ日本一国だってご存じでした?
大東亜宣言に自主独立の尊重なんてありますけど
馬鹿馬鹿しいことにこれとは矛盾しないんですがね。
あ、その論法からするとアジアの解放なのかw

714名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 10:44:58.72ID:t8rXXh9N0
侵略主義の白人欧米列強からアジアを解放したのは事実

715名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 11:09:07.33ID:SuAZDOYU0
大東亜戦争が結果的にはアジア解放につながったのは事実だ。日本の意図とは別にしても。
まあ、結果オーライちゅうこよで。

716名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 14:43:32.64ID:KwBqeePk0
結果オーライで300万人が死んだのか
無茶苦茶な国だな

717名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 15:15:29.03ID:t8rXXh9N0
結果オーライじゃないよ。海軍が不法な対米開戦さえ強行しなきゃ
死者は2ケタは少なかった。

718名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 21:24:47.92ID:pbkxtoVd0
>>716
300万という死者数(日本のみ)というのは確かに莫大な人的被害だ。しかも日本全土 主要都市が焼け野原だから物的損害も天文学的数字だろう。その通りだ。
ただ コスパ論に矮小化させるのもアレだが、中国では戦後50年(天安門事件まで)、一体 何千万人もの人間が死んだか。
現在に至っても、民主化はなされず、独裁は強まる一方である。
それを思えば、日本の民主化 東南アジアの独立に(帝国政府の意図とは全く別だったが)結果的に命を捧げた、またはその犠牲になった死者数としてはそんなに膨大とは思わない。
第一次世界大戦 第二次世界大戦の欧州戦の死者数を考えてみたまえ。
第一次大戦はその後、何かに貢献したか?  第二次大戦、ナチスを打倒した後の欧州は、ナチス体制の代わりにスターリン体制が東欧に敷かれただけに終わった。

300万(+α)の犠牲者は日本と東南アジアをさらなる高みに押し上げた貴い人達である。

>>717
海軍ガー、おまえの寝言に付き合う暇人はこの銀河系にはいない。諦めて死ね。

719名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/01(木) 01:39:41.23ID:+h9uA2LN0
なまじ海外かぶれの世界主義者になったから、日本切腹中国介錯論みたいなのに
同調して、軍内部から日本人を皆殺しにしようと思ったんだろ。戦後極左とまったく同じ。

720名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/01(木) 07:34:35.59ID:zTmhBqbI0
解放ってのは従来の日本語の概念と違う東亜新秩序の新しい概念で
日本に侵略されることなのかねw

721名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/01(木) 07:39:53.98ID:zTmhBqbI0
つーか、それは文明の暗黒から解放して
正しい教えを伝えた西欧諸国wとどーちがうのかね?
え? 侵略主義?
タイって中立を主張していたけど武力で押し入ったって知ってた?

722名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/01(木) 13:39:46.51ID:+h9uA2LN0
日本が東南アジアから西欧列強を一掃したことにより現地の民族自立がようやく達成された
事実です

723名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/02(金) 00:04:54.06ID:jWJv26cQ0
米国は日本を戦争に追い込んでつぶした結果、
1 中国で共産党が肥大化し国共内戦で米国支援の国民党が惨敗。
2 朝鮮戦争で何年戦っても勝てず大量の犠牲者を出す。
3 東南アジア(伝播してアフリカ)の欧米植民地が独立して利権を失う。
4 ベトナム戦争で大敗北
5 中共と北朝鮮の核ミサイルに悩む。
そのうち20世紀の米国の最大の過ちは、戦前共産勢力を抑えていた日本をわざわざ
叩きつぶしたことだという意見が多くなると思う。日本は米国にとって昔も組むべき相手だった。

理不尽につぶされた日本は米国が作った9条を守って、これからもめんどくさい戦争や紛争解決は
米国に押し付けるのがよい。それが米国の犯した過ちの代償だ。

724名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/02(金) 18:54:19.32ID:noB6Vgsb0
アジアの解放
何の具体的史料なし

725名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/02(金) 18:57:48.68ID:lDgDkitg0
どうしても認めたくないんですね

726名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/02(金) 18:58:47.93ID:lDgDkitg0
>>723 関わらないのは危険。つかず離れずでやってくのが吉。

727名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 10:00:29.25ID:A5AH4ZZg0
俺は思いっきり右寄りだが
先の対戦を東亜解放とか侵略じゃないとか思えない
東亜解放も美辞麗句か独善だろう

728名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 11:42:44.27ID:G+npxxII0
いいえ。東アジアから西欧列強の奴隷主義者を叩き出し
民族自決と東アジアの本来の制度への回帰を目的とした
聖戦です。その戦いにおいて犠牲がでたのはしょうがない
もんくがあるなら自力でやればよかっただけ

729名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 12:57:36.17ID:55Y29Tr+0
>>728
各地にできた政府があからさまな傀儡政権だったんだが
仮に欧米勢力を追い出していたとして日本が宗主国として権勢を誇るだけのような
他民族の単純な解放のために戦争なんてあるわけがない
あ、別にあの大戦を批判してる訳じゃないからね
ただ美しい理由で語ろうとするとどこかで行き詰まってしまうということが言いたいだけ

730名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 13:08:06.27ID:G+npxxII0
そういう憶測はノートの切れ端にでも書いておけば?
戦時中の占領地の統治は占領軍の義務。国際法の常識では?

731名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 13:09:15.62ID:G+npxxII0
だいたいこういう馬鹿は大日本帝国はフィリピンやインドネシアを領土にしたとか
本気で考えてるからな。そういう馬鹿はウォーゲームの中に引きこもってなさい。

732名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 16:13:49.47ID:uM+unevP0
日本の戦争意図を美化するつもりはないが、欧州大戦で欧米の植民地支配力が一時的に
弱まったその瞬間に日本が欧米勢力を一時的にせよたたき出すことに成功した。
白人が日本人に負けて逃げ出したのを見て、白人の無敵神話は崩壊し、長年負け犬になっていた
諸民族が目覚め、東南アジアのみならずインド、アフリカの人々は二度と白人支配を許さなかった。
あのタイミング以外はなかったのは事実。日本が数百年に及ぶアジアアフリカの植民地支配の
ダムの一穴を開けたのも事実。

733名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 17:20:26.42ID:xl7jvaRD0
いや日本とアジア諸民族の決起はあまり関係ないと思うけどね
日本のあれがなかったとしても諸民族はいずれ立ち上がったと思う
日本が負けなかったら植民地化してたんではなかろうか?

734名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 18:41:20.59ID:jOd+Z/x30
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

735名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 18:49:07.46ID:uM+unevP0
あまり関係がない?
インドネシアやインドの独立の経緯など
世界史をもう少し勉強したほうがいいよ。

736名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 20:02:12.36ID:G+npxxII0
オランダやイギリスが領土を放棄しなきゃ日本がインドネシアやマレーを
領土になどできないんだが。国際法の基本すら分かってない・・・(´・ω・`)

737名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 20:02:23.05ID:x2aU9/Bh0
>日本が東南アジアから西欧列強を一掃したことにより現地の民族自立がようやく達成された
>事実です
そんなこといつしたんだ?
植民地の警備隊を追い払う程度のことなら
それこそズールー王国がやってるぞ?

つーか、せっかくチベットとは違うとか言ってくれた人が出たのに
コーユーこと言ってちゃだめだろw
>侵略主義の白人欧米列強からアジアを解放したのは事実

>>735
>インドネシアやインドの独立の経緯
つまり日本軍が協力したインドネシア人が最初に攻撃したのが日本軍だとか
解放を呼びかける日本軍に対してやっぱり攻撃したインドとかの経緯をみればいいわけですね。
ふむ、あんま関係ないな

738名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 20:03:07.46ID:G+npxxII0
おまえは馬鹿だから武力さえあれば領土が獲得できるとか
本気で考えてるんだなw

739名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 21:59:49.40ID:uM+unevP0
インドネシアやインドなどの独立の経緯はウエブでも詳しく解説されている。
ただ大事な点はこれはあくまでダムの一穴であって、その後アフリカなどにも伝播したということ。
これらを読んでこの程度の反論しかできないならどうしようもないね。

740名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 23:04:44.16ID:x2aU9/Bh0
で、アフリカの西欧列強はいつ一掃された経緯があるんですか?w
そもそもインドも一掃されてないんですが

これを読んでこの程度の反論というか妄想しかできないならどうしようもないね。

741名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 23:11:19.62ID:x2aU9/Bh0
あとたぶん経緯経緯と妄想の経緯を振りかざしてるのはいいが、
日本が開戦当初からオランダからの宣戦布告を受けているのにも関わらず
蘭印の保護駐留を申し出ている。
すなわち仏印と同じく、あなたたちの植民地支配を実力で保証しますっていう”経緯”はご存じないんですかね。
つまり、日本の構想通りの戦争であるならば
仏印、蘭印は植民地のまま、占領予定にないビルマ、独立予定のフィリピンを除いてしまえば
なんと解放すべき植民地は英領マレーだけなんだがここはゴムがでるので日本領にする予定だった経緯はご存じですか?
ダムの一穴とかバカな経緯を垂れ流してる暇があったら
きちんと勉強しなさいよ、ネットde真実なんかみてないでさ

742名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 23:16:07.84ID:uM+unevP0
なんで「一掃」という論点にすり替わるの?
言葉尻とらえるか、インドネシア人の日本への攻撃とか
末節やすり替え反論ばかりだね。
どうも本論では反論できないようだが、
そもそも相手を馬鹿呼ばわりした地点で、論理的反論を放棄した
ということぐらいも分からないのかね。
くだらないからもう少しマシな相手のいるスレッドに行くよ。

743名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/04(日) 01:31:55.56ID:63Vf6N1S0
アジアの解放は最初から意図した方針なの?

そのアジアに朝鮮や満州、台湾は含まれているんだろうか?

744名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/04(日) 04:57:58.78ID:6UoqVTTr0
>>743
朝鮮とか台湾とか日本の統治30年経過しても
参政権を与えようとした形跡がなかった時点で・・・

745名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/04(日) 08:45:07.31ID:GJ6Hqe4B0
>言葉尻とらえるか、インドネシア人の日本への攻撃とか
>末節やすり替え反論ばかりだね。
>どうも本論では反論できないようだが
??
一掃と違う人だったのか?
ならすまんが、・・・本論ってなに?
>インドネシアやインドなどの独立の経緯はウエブでも詳しく解説されている。
のネットde真実があるよってのに何を反論しろと?
論の形をなしてないじゃん。
だいたいにおいて当時の大東亜共栄圏の構想からすれば
アジアもアフリカも21世紀の現代においてまだ解放されてませんけどねえ。
解放されたのは日本の軍政を受け入れていた数年だけです。
まあチベット侵攻みたいなもんですわ。

746名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/06(火) 22:08:02.29ID:gWjhEVeX0
>>744
大日本帝国は国民を教育したし、学校や道路、発電所などインフラ整備をしてあった。
それを生かすも殺すも現地人とアメリカに下駄を預けたんだし。

747名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/06(火) 22:11:21.79ID:AIWHT1R80
皇民化教育だけどね

748名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/06(火) 23:14:24.14ID:YU2Q+xMA0
それは君おとくいの決めつけだね。世界の常識を教えただけの話しです。

749名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/07(水) 05:29:34.32ID:16LTe7180
いや、実際やってたでしょ。
皇民化教育。

750名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/07(水) 08:42:49.07ID:SKKCc63N0
アジアの解放戦争の史料何一つ無し。

751名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/07(水) 10:38:48.94ID:c4daans80
>>744
一部ながら、昭和初期に被選挙権はあったろ。朝鮮では道議会の参政権あったと思うが・・・・・。
ちょっと調べてみ。

752名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/07(水) 16:48:37.62ID:WBlwtQIp0
朝鮮人に参政権がなかったんじゃなくて朝鮮半島に選挙区が設定されなかったんだよ。
併合して20年やそこらで日本語もほとんどが理解してないうちに選挙区を設定せよと
いうほうがさすがにムリぢゃよ。

ちな朝鮮半島では内地人でさえ参政権が行使できなかったのは無論である。

753名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/07(水) 16:50:32.27ID:WBlwtQIp0
朝鮮半島の政治に参与したければ総督府の役人になって総督の委任専行によって
関与するしかなかった。んで、むろん総督府の役人の過半は朝鮮人だったわけで
朝鮮人による政治が日本の総督の指導のもとでなされていた、というのが実情。

754名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/08(木) 16:14:13.43ID:RntuaB/b0
>むろん総督府の役人の過半は朝鮮人だったわけで
ほとんどは下っ端だけどね。
局長級は一人の例外を除いて日本人で占められていた。

>朝鮮人による政治が日本の総督の指導のもとでなされていた
日本人による政治だよ。
企画も決定もほぼ日本人によるもの。
朝鮮人官僚は手足に過ぎなかった。

755名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/08(木) 16:49:03.72ID:zXORb7vC0
郡主、知事、参与官の大半が朝鮮人なんだが。つか、朝鮮語理解できない占領者が
現地エリートのアドバイスなしに統治できるとか本気でおもってんだなwGHQが日本
占領したときも、知事や警察署長、中央官庁のトップはみなアメリカ人だったんだろうな
おまえの低能無知な世界線ではww

756名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/08(木) 17:03:33.56ID:ZJsdU+Ig0
>>750「アジアの解放戦争」で検索すると賛否両論いっぱい出るぜ。
>>750 は証拠がないと言うが、戦後GHQの都合による歴史修正でさんざん否定されたから。

757名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/08(木) 18:27:59.73ID:kmLuaM1X0
典型的なネットde真実脳だ。
南方占領地行政実施要領(1941.11.20.大本営政府連絡会議決定)とか知らないんだろうな。
どうして学問板にこんな馬鹿が来てるんだろうな。

758名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/08(木) 19:21:24.40ID:zXORb7vC0
で、それがどうしたの?オランダから割譲うけて領土化したの?w
国際法すらしらない付け焼刃がネットde真実とかワラカスなよw

759名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/08(木) 22:12:23.42ID:Z2P6nwds0
>>754
「下っ端」つーけど、総督府の部課長など中間管理職はほとんど朝鮮人だぞ。 日本の県より大きい「道」知事は半分が朝鮮人だし。
755氏の言うように地方官僚 警察署の中間管理層は朝鮮人だ。
日本領朝鮮は膨大な朝鮮人“キャリア”官僚、朝鮮人地方議員をコントロールすることによって統治できたんだ。
京城帝国大学(現 ソウル大学)は総督府官僚を供給するために作られた大学。

760名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/09(金) 01:25:43.65ID:/C8xkeiK0
アジアの解放の戦争を聞きたい。
何処からがアジアの解放の戦争なんだろ?
真珠湾奇襲から?
満州事変から?
第一次世界大戦から?

761名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/09(金) 21:05:18.97ID:sf7woUYT0
征台の役から

762名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/09(金) 21:58:10.09ID:zZaesPeJ0
実際日本のおかげという面はあるだろうな
北朝鮮見れば自力で権力が倒れるというのはないよ

763名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/10(土) 00:49:01.22ID:TQ+5Hckc0
>>760
2014年5月24日 靖国講演  安濃宿禰(あのうすくね)からの伝言
https://www.youtube.com/watch?time_continue=12&v=06tPnOXO4Gw

764名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 11:41:51.47ID:DovIFejg0
>併合して20年やそこらで日本語もほとんどが理解してないうちに選挙区を設定せよと
>いうほうがさすがにムリぢゃよ。
つまり朝鮮の政治を朝鮮人がやるのに日本語が必要だった、とw
どこの世界の常識ですかねえ。

765名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 11:46:37.17ID:DovIFejg0
つーか知事に朝鮮人がいたから参政権が云々とかなんのギャグ?
それ戦前の話なんですよ?

766名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 12:16:44.29ID:DovIFejg0
ん、あれ。ごめん、
>併合して20年やそこらで日本語もほとんどが理解してないうちに選挙区を設定せよと
>いうほうがさすがにムリぢゃよ。
っていうから解放するつもりだったけど無理だったというお話かと思ったけど逆のこと言ってるんだよな?
こんなことしてるくらいだから解放するつもりなんか皆無だったと主張したいんだよね?

やあすまんすまん、いくらなんでもそこまで限度を超したバカだと思ったのは当方の間違いだ
血まみれの包丁を持ってきて無罪だと主張するバカだと思う愚を犯したことを許してくれ。

767名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 14:22:03.71ID:t8R6y+sw0
たしかに朝鮮半島には選挙区おかなかったというのは痛恨ごとではあるんだが
日本語はなさない国民が9割もいるようなところに政治的自由権のみ与えることは
できんよ。なにしろ皇室に反逆されては困るのでな。

768名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 14:23:21.32ID:t8R6y+sw0
せいぜい 「日本人にさえ」 朝鮮半島統治の発言権などなかったというあたりで留飲さげてくれ給え

769名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 17:27:51.70ID:Ujm9v4Sj0
クエートの億万長者https://www.youtube.com/watch?v=0TadNTRn0gs

770名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 19:54:23.27ID:DovIFejg0
>日本語はなさない国民が9割もいるようなところに政治的自由権のみ与えることは
>できんよ。なにしろ皇室に反逆されては困るのでな。
解放とはそれをやる自由を認めることで
困ったことも含めてのことなんだがご存じなかったんですか?

771名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 19:57:42.94ID:DovIFejg0
ああ、ちとむつかしかったかねえ。
30年もたって朝鮮人が

”日本語を話せないと”

政治に参加できないような状況で
植民地解放とかいってもお笑い種でしかないでしょ。
朝鮮人が多少日本の用語を導入するにしても
朝鮮語で政治できるように”解放”することを考えていたのではなく
まったく解放なんて考えてないから要日本語だったといってるんだ。

772名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 20:25:58.68ID:t8R6y+sw0
日本に併合されるまえは朝鮮王の臣民であいかわらず参政権なんかなかったんだぞ。
そんな連中を日本天皇が譲与されて、すぐに無責任に参政権など与えられませんって。
つかそもそも参政権をひろく臣民に与えることがあたかも良い事だということ自体が
偏見でしょ?ねえ中国共産党さん。

773名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 22:42:41.02ID:DovIFejg0
>日本に併合されるまえは朝鮮王の臣民であいかわらず参政権なんかなかったんだぞ。
解放なんて口からでまかせで
李朝の臣民レベルだったと理解いただけたなら幸いです。

>すぐに無責任に参政権など与えられませんって。
だから与えるロードマップすらないから
解放するつもりなんかなかったっていってるの。
30年たっても日本語ができないと政治に参加できないなんていってるのがその証拠。

で、アジアの解放とか言って無責任に独立させて参政権を与えるのはどういう理由だね?
それとも30年もたって日本語ができなければ参政権を与えないのが解放とかいいたいのかw
そうすると1975年の段階でもアジアの解放wはできないことになるな

774名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 22:44:17.95ID:DovIFejg0
でさ、1975年においてすらその段階でアジアの解放wとかさえずってたら
アジアを解放した日本に対して”独立戦争”しかけてくるよねw
ねえ、これのどのあたりがアジアの解放なの?

775名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 22:50:04.66ID:DovIFejg0
ああ、そういえば解放したとかいって侵略してるから
独立闘争しかけられてる連中がいましたな。
ねえ中国共産党さん。
中国共産党に併合されるまえはチベット王の臣民であいかわらず参政権なんかなかったんだぞ。
そんな連中を共産党が譲与されて、すぐに無責任に参政権など与えられませんって。

あ、ごめん、一応チベット自治区には参政権あったわ。
中国語が話せなければ与えられないなんて代物じゃないのがw

776名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 23:33:11.09ID:t8R6y+sw0
グダグダいわず条約まもれよ

777名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/12(月) 00:52:25.99ID:OJsGM53G0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

778名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/12(月) 02:58:40.36ID:7n7yKY8m0
侵略の割にはましだったって事?

779名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/12(月) 13:11:18.51ID:RMHwn7Th0
侵略の定義いってみろよ

780名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/13(火) 05:50:25.57ID:2pwcMnjy0
昭和初期に侵略してきたのは西欧で、有色人種の国は殆どやられた。

781名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/13(火) 20:54:50.16ID:6gMZYsB60
西欧の「侵略」は昭和に入る前に止まってるんだけど。
昭和に入って「侵略」をやらかしたのは日本、イタリア、ドイツ、ソ連

782名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/14(水) 13:16:01.49ID:KhHqqXcX0
侵略の定義をいってみろって 

783名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/14(水) 14:14:15.80ID:bJ4a7xNb0
日本人は不幸を喜ばないから侵略する気はなく、ブラジルあたりでも尽くそうとする。

784名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 01:44:35.49ID:E+YhWnVI0
>>781
ソ連は立派に領土拡大して、ドイツ人からも感謝されてるから除外だろ?

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

785名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/16(金) 00:19:10.11ID:lX3/Y4Rt0
>>781
昭和に入っても昭和を出ても「侵略」をやってるのはChina

786名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/01(日) 09:50:09.84ID:lok43vkG0
後進国は先進国を批判したりしつつ後をついて行くもんだ。
日本はアメリカを先進国と見立てたように振る舞ってきたけれど、
その結果、ならず者国家を先進国であるかのように振る舞わせてしまった。

787名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/01(日) 12:46:37.09ID:JBj/L7LT0
二 千 年 前 パ レ ス チ ナ を 守 ろ う と し た あ の 人 物 が 再 臨 !!
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1522532018/l50

788名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/02(月) 17:32:49.52ID:NJVYWbtb0
アジア・太平洋戦争て共産党が主張していることだよな

789名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/03(火) 08:11:19.36ID:X9XOemyI0
いつの時代のどこの国の共産党だよ

790名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 10:36:08.26ID:cJH6z9D40
脳内の共産党なんだろう

791名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/05(木) 09:20:47.72ID:qx9JPNq60
大東亜戦争でも太平洋戦争でもTPOに合わせて好きな方を使えばいいと思うよ。
日本の全体主義を批判したい時は太平洋戦争を使えばいいし、
主体性のない日本の吊し上げを批判する時は大東亜戦争を使えばいい。
戦争に正義なんかないから、アメリカの掲げる正義が日本のそれを叩き潰しただけ
ぐらいにドライに考えることだな。

792名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/05(木) 10:36:34.71ID:aa1XpNvo0
>>790
きょうさんとうじゃないけど日中戦争までふくめるときアジア太平洋戦争っていうな

793名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/06(金) 07:22:09.49ID:XL7f8lVJ0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/Q5Ifb-UXVic

794名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/06(金) 13:31:10.82ID:bnYuE4BF0
太平洋戦争なんてアメポチが使う言葉だろ

795名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 19:48:53.57ID:5uzxpv6U0
大東亜戦争と太平洋戦争は別件。

796名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/13(金) 04:44:58.43ID:SCCjPGzd0
大東亜戦争では日本軍が大活躍して世界から植民地をなくしてしまう結果を導いた。挙句の果てはアメリカの人種差別まで啓発させて 黒人大統領ぽいものを立てるに至らせた。
太平洋戦争は北の博士曰く「あれは大東亜戦争を成功させるためのおとり作戦でアメリカはまんまと罠にはまった」けれど、B52による無差別爆撃という国際法違反
原爆によるこれも一般市民だけを狙った破壊殺人実験という戦争犯罪、
東京裁判というジャイアン型リンチ、
憲法の改編という国際法違反戦争犯罪をさせて 結果的にアメリカを犯罪国にしてしまった というより勝手に犯罪性を自分で立証してしまった。
にも拘わらず
「アメリカは正しかった」というウソを信じたのが当のアメリカと日本と東亜三国。子の嘘が発端になって戦後の世界的混乱に拍車をかけて「人類の精神的敵没落」に至るところで
数少ない救世主政治家が現れたけれど、マスコミがこぞって猛反発しファビョっている。

797名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/13(金) 07:59:37.53ID:l6+7vh+R0
>>796
テンガな主張すぎてわびしいぜ

798名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/18(水) 11:16:54.39ID:mAKLti+E0
日本共産党はアンチ人間性のテロリスト集団だから取り締まり対象だった。
しかし来襲した占領軍は日本を弱体化すべくテロリストを野放しにした。

799名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/18(水) 11:52:27.05ID:4j48r8os0
取り締まりの対象というか国家の敵という概念だな。戦前は国民という概念ではなく臣民
すなわち君が対置し君に絶対の忠誠を誓うもののみが臣民であり憲法で保護される者で
あって、いわゆる国籍概念とは正確には違うものだったわけで、君に反逆を企てる者は
非臣民であり国体にとっての病菌であるから排除する、という国家有機体説でやっとったわけ

800名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/20(金) 15:21:41.81ID:IP7k9/Q70
うぜぇww
何を好もうが嫌おうがすきにさせてくれwwww
天皇国家中心かよwwww

と思いきや意外にそうでもない
徴兵忌避や軍部批判は結構ある

801名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/20(金) 15:32:57.55ID:deR3I1h30
戸籍国籍管理の問題はこういう議論のとき軽く扱われ過ぎるか無視されがちなんだけれども
そもそも土地の住人が誰であるかというのが古文書や墨付手書帳面で管理されてるような
時代なんだから「誰が国民であるか」などという概念は形而上では議論できても末端では
ナベの底に穴が開いているようなもんで、日本語さえ喋れれば日本人と推定され、定住地を
いわない・言えないのなら非人として犯罪者に準じて扱うしかない、というのが近代の民衆統制の
ありかたであり、これは西欧でもそうなのだからしょうがないといえるわけでな。公証人に
市民権を確認してもらい市民証を提示することで身分証明にするような英米方式を日本は
採用しなかったのだから、臣民方式でやるしかなかったのだよ。この臣民って概念はGHQ
占領下でもあつかいについて議論があり、英米型にするかという提起にたいして戸籍方法の
住民登録方法にすべしと議論した経緯がある。
.

802名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 19:59:10.13ID:iHcIgaOc0
大東亜戦争:大東亜共栄圏からあるように、あの戦争を肯定的に見る考え方が
      受け入れがたい。

太平洋戦争:インパール作戦、日中戦争など、太平洋から離れた地域にも戦線が
      あったのに、太平洋に限定するかのような用語は不適切。
      また、南米に同名の先客があるのに、知名度の力で奪うのも問題。

アジア太平洋戦争:地域、用語的に最適の名称と思われるが、何が問題なの?
      問題点を見たことがあるが、一部保守派の言いがかりでしかない。

803名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 20:05:18.35ID:zRdo3C7B0
あらたな造語の新規の提案は学術として邪道だからだよ
「アジア太平洋戦争」などというものは存在しなかったと
学者の立場からは言わざるを得なくなる。

804名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 20:07:05.63ID:zRdo3C7B0
そもそも「あの戦争を肯定的に見る考え方が受け入れがたい。」が学術ではない。
まああんたはそうなんでしょでもここ学会だからでお終い

805名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 21:00:33.61ID:yTdfUj+10
そもそも大東亜戦争のもととなる大東亜共栄圏構想自体
どう判断しても侵略としかいいようがないから
肯定的に見る考え方とはいいがたいがな。

まさか東亜で共に栄える構想だとか思ってないよなw

806名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 22:33:22.76ID:PcrBuWUG0
>>805
それって中国のことを言ってるのか?

807名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/23(月) 01:17:54.07ID:mXgsvQzj0
>>805
大陸打通作戦を誇りに思わない日本人は居ないはずだが?

808名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/23(月) 06:12:55.07ID:0w2UYdMG0
なぜ中国は大東亜共栄圏構想を盗んだと言われなければならないのか

809名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 07:07:14.35ID:a+jXBPyr0
>>805
中国まったく関係ないけど?
どっから中国が出てきたんだ?
大東亜共栄圏に比べれば一帯一路構想なんざ
友好的な話し合いの結果程度の話にすぎん。

810名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 09:49:39.58ID:/ncxrnqQ0
大東亜独り占め戦争にしよう

811名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 10:42:08.54ID:kHufyBb30
戦争開始とともに大東亜共栄圏を主張したらよかったのに
結局昭和19年くらいになってポッと出てきたこの戦争を正当化するためのただの大義名分だからな
戦局が劣勢になってこういうものにすがり頼らざるを得なくなったわけだ

決して大東亜共栄圏は侵略ではないが
そのバックにある南方資源確保、海軍の対アメリカ戦拡大路線の隠れ蓑として登場したのはいうまでもない

812名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 18:23:15.89ID:6i0XAbW20
【マイトLーヤと不正義】 テロリストが天国を求めるのは、中東が地獄だから、犯人は誰か、G7の国々
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1524536573/l50

813名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 20:57:44.12ID:a+jXBPyr0
いや、なにか誤解しているようなんだが
大東亜新秩序の名前で大東亜共栄圏構想は
1940年の近衛声明において発表されている。

ただあれ、当時の日本以外は
当時においても現代においても侵略以外の評価の下しようがない代物だし。
東亜で共に栄える構想じゃないからねえ、まあアホらしくて誰も語ろうとしないんだろうが

814名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 21:01:03.47ID:a+jXBPyr0
ttps://ci.nii.ac.jp/naid/120003805419
「大東亜共栄圏」構想における領土権概念について-国際法学者松下正壽の議論を題材として-

あたりが当時の近衛・東条のブレーンとして
大東亜共栄圏構想を唱えていた代表的な人に関する研究。

815名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/25(水) 13:07:45.12ID:rly1KZVY0
>>813
ごめん
言葉足りかった

大東亜会議開いたのか昭和19年近くなってということな
それを開戦ど同時期にやらんかったことがそもそもといいたかった

東亜秩序という構想が母体なのはしってるし
それは決して侵略ではないと
そういうことですわ

816名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 01:01:51.01ID:ma+gV31I0
>>813
>当時においても現代においても侵略以外の評価の下しようがない代物だし。

大陸打通作戦を誇りに思わない日本人は居ないはずだが?

817名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 07:35:35.10ID:wwrTdBpv0
>>816
大陸打通作戦ってそれほど誇るべきものか?
日本が項羽であることを証明したようなものではないか。
何百回勝とうと最後は負けてしまう、それの証明以外の何者でもない。

818名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 11:41:33.87ID:7vbzE1t50
>>817
ベルリンに赤旗揚がって南京に日章旗揚がって、第二次大戦が終わった。

819名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 19:23:19.90ID:ONExrsgq0
>>815
>東亜秩序という構想が母体なのはしってるし
>それは決して侵略ではないと
何言ってんだか。
結局は満州も中国も東南アジアも、東洋、東亜と呼ばれる地域は日本に従うべきであり、実際に従え、と言ってるだけだろうに。
明々白々に侵略でしかないじゃないか。

820名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 20:21:14.42ID:FUUVbvAH0
>>815
>大東亜会議開いたのか昭和19年近くなってということな
>それを開戦ど同時期にやらんかったことがそもそもといいたかった
うん、そういう言い方もできないこたないね。
でもね、その大東亜会議でうたわれた高尚な理想は
もう戦争は負けだから東亜新秩序にいってる大東亜共栄圏なんかできっこない、
負け確定でもじゃあせめて格好だけでもつけるかって代物なんだ。

負け確定で格好だけつけたものを開戦時から唱えるってありえないでしょ?
そんなこと唱えたところで武器がわいてくるわけでもなし。
植民地人が味方してくれるという妄想に浸ったところで
そいつに武器を渡して訓練を施して戦力化するのは全部自力なんだぜ?

821名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 01:19:38.48ID:uTRRkUfN0
>>819
>明々白々に侵略でしかないじゃないか

大陸打通作戦は日本人の誇りだが?

822名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 01:38:49.26ID:5uaTt6Ma0
雄敵を降したのならともかく、たかがチンピラゴロツキを蹴散らした程度が誇りとは、
お前さんの脳内日本人の誇りとやらは随分と安っぽいな。

823名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 06:10:35.88ID:J3NphYiB0
そうそう。おれもそれが言いたかった。

824名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 09:58:32.08ID:uTRRkUfN0
>>822
日本人は中国人よりは圧倒的に優秀だが?

825名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 17:18:09.50ID:RtdWUXKb0
>>819
東亜秩序に「従え」ってどこにそもそも書いてあるのかご提供願いたい

当時のアジアの大国は日本だけだ
その日本を盟主、中心に地域の安全保障を考えることが何故侵略に直結するのか?

826名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 17:34:43.53ID:RtdWUXKb0
>>820
俺が言いたかったことはそれで粗方あってるよ

あとづけでのこの戦争の肯定正当化の道具にしただけなのが当時の日本の国際政治力の低さをまさに象徴してるなと

827名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 22:36:25.13ID:cDGYTXSL0
>>825
>>819
東亜新秩序で主権を持っている国家は指導国たる日本だけだ。
ふむ、確かに従えなんていってないな。
盟主たる日本以外は主権を持ってないから日本の協力を拒否できないだけでw
で、この状態を指して「従え」って書いてないからとかいって何か意味が?

828名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 22:47:04.49ID:69pWTJxO0
>>824
だから、項羽は何度も劉邦を滅亡寸前に追いやっているだろ。
日本は項羽だって。最後は項羽は劉邦に負けて滅んだように、中国軍を
含む連合軍に負けて追い出されたじゃないか。

829名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 22:56:08.12ID:J3NphYiB0
項羽も劉邦も支那人で日本国とは関係ない

830名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 22:58:36.17ID:69pWTJxO0
>>829
項羽は楚人。楚人は弥生人として大勢日本に渡来したと言われており、
その激情的な性格は日本人そっくりと言われている。
項羽、岳飛,屈原、全部日本人そっくりだろ。

831名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 00:44:56.44ID:/YJ6fVK00
おまえが勝手にそう思ってるだけだろ
どんだけうすっぺらい想像力だよw

832名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 01:29:26.41ID:e8Fk1wzz0
>>827
>東亜新秩序で主権を持っている国家は指導国たる日本だけだ。
どこに明記されてる?

833名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 03:02:34.47ID:iHFSDxsd0
>>828
戦勝中華民国は台湾へ亡命して、そのまま現在に至るわけだが?

834名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 07:21:02.51ID:rr0Z2Vyu0
>>825
「帝国が支那に望む所は、この東亜新秩序建設の任務を分担せんことに在り。帝国は支那国民が能く我が真意を理解し、以て帝国の協力に応へむことを期待す。」
日本が一方的に提唱する新秩序に協力せよってことは従えってことですが。

835名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 10:10:24.41ID:w5+r9Wvj0
【プリッツァー賞も公認】 トルーマン 議定書 CJA イルミナティ フリーメーソン マルタ騎士団
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1524877080/l50

836名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 10:47:45.49ID:e8Fk1wzz0
>>834
はぁ?
一方的??
これとのどこが一方的??
望みと理念語ったその上で分担してこの事業をなしとげましょうとよ提案
そのために協力していただくことを期待しますと
これのどこが一方的ですなわち「従え」なの?
協力期待すると要求は全然まったく違うけど「従え」なの?

んで主権持ってるのが日本だけだというのはどれよ?

837名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 08:31:54.04ID:tYmv6OG10
>>832
>どこに明記されてる?
論文を出してあげたはずですがどこを読んだの?
近衛声明のなかで明記されてないから
その内容を具体的に説明したものとはちがうとでもいいたいのかね?
愚にもつかないことをいうのはいい加減にしてくれないかな。

>>836
>協力期待すると要求は全然まったく違うけど「従え」なの?
そのために軍事力を行使してまで押しつけてるな。
絶賛戦争中ってのを忘れてるな、この人。
っていうかさ、おまえさんの論法だと
侵略だっていってないから侵略じゃないってお話にすぎないじゃない。
その伝でいくと日本が解放wするところに
一方的に侵略されたところはまったくないなw

838名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 11:30:47.13ID:vknOHrj70
>>837
はぁ??
だからその論文の中のドコに"主権を持っている国家は指導国たる日本だけ"なんて書いてある?
己の妄想か?ww

まずこのために軍事力行使したのではないという点を判ってないのかねこの人は??
しかも清が滅びて以降中国が国の体裁をしていないという点すらスルーしてるよなこの人ww
勝手な身勝手で都合の良い「従え」解釈乙w

839名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 13:27:42.37ID:tYmv6OG10
>>838
>だからその論文の中のドコに"主権を持っている国家は指導国たる日本だけ"なんて書いてある?
己の妄想か?ww
P429下段11行目より

ええーと、ごめん、もしかして
"主権を持っている国家は指導国たる日本だけ"ってそのまま書いてないから
妄想とかいってるの??
大東亜共栄圏内の各国は領土や資源を他国に開放しなければならないが
その分配を決定できるのは劣った各国ではなく
統治能力に優れた日本だけで各国は劣っていることを自覚して従えっていってるのをさして
"主権を持っている国家は指導国たる日本だけ”といったのだが
書いてないとか妄想とか騒がれても困るぞ?

>しかも清が滅びて以降中国が国の体裁をしていないという点すらスルーしてるよなこの人ww
9カ国条約で国の体裁をなすよう援助しろと条約を交わしましたがなにか?
それを誰にも頼まれてもないのに軍事的手段でやらかしゃ侵略呼ばわりは当然でしょ。
つうか他国の状況って何か関係あんの?
そんな高尚なこと考えてるんだったら、なんで日本一国でやらかそうとしてんの?

840名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 14:07:35.80ID:1DJCqO2g0
支援をしつつ反徒を討伐していたんだよ。
げんに蒋介石反徒政府を四川においやって
各地に自治政府を設立してあげたじゃん。
まさに9か国条約の約束通り。さすがは皇国。

841名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 14:08:31.44ID:1DJCqO2g0
侵略とか思ってるの、おまえだけだよ。
人民の圧倒的大部分は日本軍に感謝してる。
毛沢東だってそう発言してたろ。

842名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 14:31:55.48ID:/RhwMjT30
中国人を3500万人虐殺した皇軍の末裔である自分は誇らしい。

843名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 14:36:57.42ID:1DJCqO2g0
うち3000万人くらいは病気や餓死で死んだんだろ。
まいにち10万人から自然死する国だぞ。

844名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 14:43:24.39ID:vknOHrj70
>>839
なんのPなんだよwなんのw
P429下段11行目とかw
それはわかったからソースリンクはってくれやw

そもそも429ページってなんぞww
そんな分厚い公文なんてあるのかよww

しかも公文なのに抜粋してその口語調なわけないだろw
君がまた君の都合で書き換え脚色したファンタジーなんだろ?w

それと領域主権という国際的に合憲で合法な言葉を知らんのかね?

誰かに頼まれないと国家安全保障すらまともに考えて実行もできないとでもいうのかよw
ナニ言ってるんだチミは?w

通州、郎坊、広安門、上海…と挙げればきりなく出てくる当時のこの状況下
自国民が大量に虐殺されてそれが各地に飛び火して挙げ句反プロパガンダにでっちあげられ利用されて黙って指くわえて見てるのが正しくて正解だとでもいうのか?
そんな国家が世界の過去の歴史においてどこにあったか教えていただきたいが

領域主権も知らなきゃ地域安全保障というものも判ってないらしいなww
>つうか他国の状況って何か関係あんの?
地政学イチから学んだらどうだ
そしてそのままその言葉近代以降大国と呼ばれたすべての国に言ってみろww
>そんな高尚なこと考えてるんだったら、なんで日本一国でやらかそうとしてんの?
だから東亜新秩序なんだろかうがw協力してくれと言ってるだろwww

845名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 14:48:53.39ID:1DJCqO2g0
皇国がまちがうわけがない。わるいのはお前ら。

846名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 23:58:12.98ID:Px5EIlED0
>>516
何が嘘だ。
私はスマトラにいた近衛師団第二連隊にいた下士官から直接聞いたんだが?
いいか、インドネシアにおける宗主国側の兵士は、ほとんど旧日本兵なんだよ。
少なくともオランダにインドネシアを奪還する軍隊は無い。また、イギリスは
オランダの為に戦う気が無い。
と言うことで、負けた旧日本兵に宗主国の軍隊として戦わせたのが現実。
日本人へ同士の戦いを避けたオランダ側、独立軍側が示し合わせたのは
当然の帰結だ。

847名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 03:47:47.13ID:LdE/31f/0
信じたい物を信じろ!
死んでも知らん。

848名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 17:19:48.39ID:HelKXvnF0
>>849
気でも狂ったのか?
ここは学問板だぞ?
正気なら429Pにある論文が429P あるってレベルの人間が何を主張するつもりだったんだ?

>そもそも429ページってなんぞww
>そんな分厚い公文なんてあるのかよww
ごめん、出してあげてものも読みもしないで
どこに書いてあるんだって聞いたてきたあげく、
公文とか言い出しちゃう基地外にどう対応していいのか教えてくれないか?

849名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 17:22:22.46ID:HelKXvnF0
>通州、郎坊、広安門、上海…と挙げればきりなく出てくる当時のこの状況下
>自国民が大量に虐殺されてそれが各地に飛び火して挙げ句反プロパガンダにでっちあげられ利用されて黙って指くわえて見てるのが正しくて正解だとでもいうのか?
それ中国側の話ですかw
知ってた?
日本軍が居留民保護っていって乗り出してくると
たいてい日本人の大量虐殺が起こるって。
まあ日本の戦術に防御の概念がないから外国では当然ともいえるが。

850名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 17:28:39.64ID:HelKXvnF0
>地政学イチから学んだらどうだ
地政学って君のような使い方するときはまず間違いなく
疑似科学といってもいいですが?
で、そんな疑似科学をもとに隣国の治安に軍事力で介入すれば侵略だよね。

>そしてそのままその言葉近代以降大国と呼ばれたすべての国に言ってみろww
うん、だからそういうのは現代ではすべての国で侵略っていわれるよね。
欧州の植民地とかどういわれてる?
当然の自衛権とかいわれてるか?
なんで日本だけが侵略じゃないの?

851名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 17:55:01.91ID:HelKXvnF0
>だから東亜新秩序なんだろかうがw協力してくれと言ってるだろwww
いやだからさ、武力で首都まで占領してから
後付けで協力してくれとか”ひとりで”いいだしちゃうのがおかしいでしょって話だわ。
それもおまえがいうところの国の体裁をなしてない連中に
押さえつけてから協力wを依頼するとかw
それさ、やくざの居座りレベルの正当性しかないぞ?

852名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 18:22:32.92ID:HelKXvnF0
>それと領域主権という国際的に合憲で合法な言葉を知らんのかね?
あ、忘れてた。
それを否定するのが東亜新秩序&大東亜共栄圏だから
違法な侵略だといってるんだが・・・・いったいおまえは何を見てるんだ??
それとも領域主権が国際的に合法だというくらいなんだから
俺のいってる大東亜共栄圏そのものが違法な侵略だと納得できたのか?w

853名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 22:50:33.29ID:Tv2iLNl00
>>852
>俺のいってる大東亜共栄圏そのものが違法な侵略だと納得できたのか?w

交通違反という程度の?

そうで無ければ何だ? 対日戦争なんてオマケなんだろ?

854名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 01:20:18.97ID:O9Vov1fH0
大陸打通作戦はいかなる観点からしても皇軍のパーフェクトゲーム。あれで米中首脳会談は消え去った。
米中関係破綻で米中首脳会談が開かれないのでは、アジアの戦後処理は未解決のままということになる。
この点は1945年だけで二回にも渡って米英ソ合意がなされたヨーロッパの戦後処理と大きく異なる。
『オーバーロード作戦が最優先で、対日戦争はオマケで日中戦争はオマケのそのまたオマケ』
というのが冷戦時代の欧米世界の一般解釈であったが、もし日中戦争がどうでもいいのなら、
米中関係もどうでもいいということになり米中関係は破綻し米中国交回復は1979年まで持ち越しだ。

855名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 02:02:48.16ID:2Pa/jWuB0
あんさんの理屈によれば大陸懦通作戦しなかったら国共内戦での中共の勝利はなかったと
いうことになるな。まあ、そうかもしれんね。

856名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 17:45:20.96ID:WAP8hkv80
ID:HelKXvnF0がツッコミどこ多すぎて酷いとかいうレベルすら逸してるなコレwww

君のその妄想ファンタジーぶりが頭から最後まですごすぎて片手間では手に負えんよww
時間足りないので暇みて少しずつ指摘してやるから待てられるかい脳内妄想ファンタジー君よ?ん?w

とりあえずおもしろすぎる内容だから晒しage

857名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 22:46:01.73ID:ZOD/LJAa0
>>853
>交通違反という程度の?
>そうで無ければ何だ? 対日戦争なんてオマケなんだろ?
そうだなあ、おまえの稼ぎも使い方も
すなわち人権すべて俺の自由にしてやるから
交通違反程度の違法行為で済ませてくれていいならそれでいいぞw

>>856
反論できないけどけちはつけたいってどういう気持ち?
突っ込みどこが多いなら片手間で2,3突っ込めばいいのにねえ

858名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/02(水) 03:04:51.59ID:So/CFEK20
お前が在日ちゃんころであることだけはよくわかった

859名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/02(水) 13:40:53.11ID:+vm0Q0Ge0
日本語のお勉強はけっこうだけど、たぶん中国語で文章書かせても
典型的な「目が滑る」内容空疎な文章しか書けないタイプやろうね
日本人の英語話者にもこういうのたまに居る

860名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 11:27:16.31ID:OGFVP6Bv0
>>858,859
繰り返すけど反論できないけどけちはつけたいってどういう気持ち?
論理が突っ込みどころが多すぎるってんで
突っ込んでみたらと聞いたら、
レッテル張りと文章の書き方wに突っ込むってどんな気持ち?

861名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 12:04:50.00ID:pr1Ap9gX0
内容がないので論じようがない

862名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 17:39:57.74ID:OGFVP6Bv0
内容がないのに片手間ではできないほど突っ込みどころはあるんだw
君のその妄想ファンタジーぶりが頭から最後まですごすぎるから
反論できないけどけちはつけたいってどういう気持ち? って聞くことしかできないよ。

なあ、悪いことはいわんから学問板なんかに首を突っ込むのはよしたほうがいい。
853から861にかけてけちをつけるだけでまったく内容がないから論じようのないことやらかしておいて
内容がないので論じようがないとかいうしかない人に向いてる板じゃないぞ?
大日本帝国無敵ファンタジーがやりたいなら別の板でおやり?

863名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 18:10:20.84ID:pr1Ap9gX0
ここは日本語の練習帳ではありません

864名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 13:46:15.25ID:/3oCMPXE0
>>862
上からみたけど
ファンタジー垂れ流してんのどうみてもオマエなんだけど

865名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 14:15:28.51ID:78t1erVI0
>>863-864
反論はできないということでよろしいですね。
ご理解いただけたようでなによりです。
ならば反論のできない論を立てた私にけちをつけて
何か自分が正しいような気分になる幻想=ファンタジーやってることもご理解ください。

866名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 14:18:00.36ID:78t1erVI0
つーか日本以外の領域主権を否定するのが大東亜共栄圏ってなんだから
侵略そのものだってソース付きで説明してあげたのに
どこがファンタジーなのかねえ?

いやまあ指摘してる人はソースすら読めない
なんで学問板に北のかよくわからないかわいそうなこだったが

867名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 14:24:03.09ID:aysHw8Ia0
侵略の定義をいってみろ

868名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 14:24:59.89ID:aysHw8Ia0
ほんとずーっと同じやつが2〜3人でえんえんコノスレに書き込んでるんだな

869名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 14:32:20.67ID:aysHw8Ia0
ICCにもローマ規定にも署名を拒否し、いま現在も侵略犯罪を着々と
すすめている支那共産政府に国際信義だの侵略犯罪だの語る資格が
あるとはとても思えませんのですが!

870名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 16:19:25.84ID:Yf7qYiUm0
せや!
満州に行こう!

871名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 16:45:38.85ID:BCV/9lYL0
ID:78t1erVI0
あのな
世の中今GWなんだよw
かまってちゃんも大概にしろw
GW終わってからゆっくり相手してやろうとおもってたのにホント君キチガイなんだなあ〜

んじゃまず手始めにいくわ
>>848
>正気なら429Pにある論文が429P あるってレベルの人間が何を主張するつもりだったんだ?
ナニ言ってるのかちょっと意味わからないんだけどw
論文?w
第一級一等一次史料の公文書否定して論文?w
ろ・ん・ぶ・ん???www
超ウケるんですがwww

つまりキミはその論文とやらを鵜呑みにして洗脳されちゃってこんなキチガイになっちゃったと?w

で、その論文とやらのソースリンクは?
お願いしてたのにご提示できませんか?w
なんでなのかなぁ〜?w
どうしてなのかなぁ〜?ww

キミが言うとおりここは学問板なのでまずはその論文とやらの著者と論文の題名を
次いでそしてその内容中身が閲覧確認できるものをご提示願おうかキミ

あとアンカ打つのも落ち着いてやってなw
俺に妄想だと本当のこと指摘されて発狂しちゃうほど相当悔しいおもいしたのは判るけどさぁ
未来にアンカ打ったら超恥ずかしいからw

872名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 17:00:48.70ID:BCV/9lYL0
>>849
>それ中国側の話ですかw
キミはこの一連の事件が中国側ことだとおもってんの?w
だとしたら日本人じゃないと言われても当然だねw

>知ってた?
>日本軍が居留民保護っていって乗り出してくると
>たいてい日本人の大量虐殺が起こるって。
ほうほう、それは何故なのか、キミのその発想となった元のソースを提示したうえで
このことをもっと深く掘ってキミの考えを述べてくれないかなw

>まあ日本の戦術に防御の概念がないから外国では当然ともいえるが。
何故、日本の戦術に防御の概念がないと言い切るのか、言い切れるのか
またそれが外国では当然のことだというその定義を述べていただこうか

873名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 17:50:01.23ID:aysHw8Ia0
侵略の定義をいってみろコラ

874名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 18:01:13.51ID:BCV/9lYL0
>>850
地政学を疑似科学とか言ってる時点で無知無学無教養w

>で、そんな疑似科学をもとに隣国の治安に軍事力で介入すれば侵略だよね。
無知無学無教養者の勝手な妄想もここまでくるとすごいなw
まさにコレ日本が侵略国でないと困る人間がいるという証明でもあるなw

>うん、だからそういうのは現代ではすべての国で侵略っていわれるよね。
>欧州の植民地とかどういわれてる?
>当然の自衛権とかいわれてるか?
>なんで日本だけが侵略じゃないの?
中国があの惨状でアジアの地域安全保障が成り立つとでもおもってんのかよw
地域の安全保障はその地域の大国の義務
しかも近代思想においてそれは当然であるとされてきた
欧米大国の植民地政策みたら日本と明らかに違うことは明白だろうがw
欧米大国は飛び地のごとく世界中に植民地つくってヘゲモニー競った
日本は覇権でなく己の国防、安全保障の面からの政策だからこそ自分の身の周りのみだった
まともな近代憲法すら当時の中国にはなく未だ半文明国
そんな安全保障上超重要なのにとても不安定な状態の隣国が列強国束になってむき出しの野望の前にさらされてるの判っててなんの手も打たない当該地域の大国など近代においてどこにある?
そんなんこれ以前にそんな例今まであったら逆に教えてくれw

そもそも自力で近代化できなかった中国がすべての不幸呼び込んでそれに日本が巻き込まれとんねん
なに被害者ヅラしてんだかw
恨むなら自国の中国でも恨むんだなキミぃ

現代思想でのグローバルスタンダードで過去を見て評価する行為がどれだけ愚かかを判ってないらしいなキミ
歴史語る資格もないわ
世界のステージが当時どこにあったのかちゃんと考察し理解できるようになってから学問板で語ろうね無知無学君w
世界全体がそのステージまであがってこれてないのにひたすら核全廃不保持をひとりが叫んでもそんなものはただの無意味な妄想でしかないのだよ

875名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 18:21:17.24ID:BCV/9lYL0
>>851
>いやだからさ、武力で首都まで占領してから
>後付けで協力してくれとか”ひとりで”いいだしちゃうのがおかしいでしょって話だわ。
>それもおまえがいうところの国の体裁をなしてない連中に
>押さえつけてから協力wを依頼するとかw
>それさ、やくざの居座りレベルの正当性しかないぞ?
上海攻略後に日本から和平交渉は切り出しスタートしてるがなにか?
それを蹴ったのは蒋介石ですがなにか?

876名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 18:41:28.49ID:BCV/9lYL0
>>852
>それを否定するのが東亜新秩序&大東亜共栄圏だから
>違法な侵略だといってるんだが・・・・いったいおまえは何を見てるんだ??
私は読んでもそんなこと一切書いてあった記憶ないので是非確認のために東亜新秩序&大東亜共栄圏のどの部分でそれをいってるのかソースをリンクしてご提示ください

さてさて脳内妄想ファンタジーなのにちゃんとソースリンクはれるかなぁ〜?ww

>それとも領域主権が国際的に合法だというくらいなんだから
もっと勉強ちゃんとして下さいね☆
学問板に顔出し、ここで語るれる知識を最低限備えてからにしないとこうやって火傷するんだよキミぃ〜w

>俺のいってる大東亜共栄圏そのものが違法な侵略だと納得できたのか?w
改めてお前の妄想ファンタジーであるということ納得できましたカッコ笑いプギャー

877名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 19:19:51.26ID:zp7Bj+ZH0
>>875
横レス失礼
>上海攻略後に日本から和平交渉は切り出しスタートしてるがなにか?
中国側はそれ以前から満州の不法占拠をやめろと言う条件の和平案を出して、日本が一方的に拒否してますが?
盧溝橋事件の原因となった豊台の不法駐留にも抗議されても無視してますね。

>それを蹴ったのは蒋介石ですがなにか?
そりゃ、占領地域を全部返さず、日本の権益や支配圏の拡大を認めろと言う内容じゃあねえ。

中国側の要求は一切無視しながら、日本側の要求の拒絶は許されないとでも言うのだろうか。
主権、領土の尊重は国交及び一次大戦後の国際条約の大前提である以上、侵攻状態にある側により正当性が求められるのだが。

878名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 19:29:08.30ID:zp7Bj+ZH0
>>836
で、亀レス失礼。
「帝国陸海軍は、克く広東、武漢三鎮を攻略して、支那の要城を勘定したり。国民政府は既に地方の一政権に過ぎず。
然れども、同政府にして抗日容共政策を固執する限り、これが潰滅を見るまでは、帝国は断じて矛を収むることなし。
帝国の冀求する所は、東亜永遠の安定を確保すべき新秩序の建設に在り。今次征戦究極の目的亦此に在す。」

>望みと理念語ったその上で分担してこの事業をなしとげましょうとよ提案
>そのために協力していただくことを期待しますと
語り、提案、期待する前に実力行使して占領して、これが戦争目的だ、従わないと壊滅させる、矛は引かないって言ってるんですが。
これが一方的でなくてなんだと?

君にとってはこれも一方的とは言わんのかも知れんが、あいにくと我々が使っているのは日本語なんだよ。

879名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 08:52:39.92ID:JE2oNOCr0
>>871
>キミが言うとおりここは学問板なのでまずはその論文とやらの著者と論文の題名を
>次いでそしてその内容中身が閲覧確認できるものをご提示願おうかキミ
いやもうとっくにこのスレソースリンクつきで出してるし
前もそういったはずだが
おまえはいったい何を言っているんだ?
どうしてなのかと問われれば
もしかしておまえの粗末な脳みそには過去レスを調べるという
機能に欠陥でもあるのか?とでもいうほかないな

>キミはこの一連の事件が中国側ことだとおもってんの?w
一連の事件で日本側にしか被害が出てないと思ってるのか?

>何故、日本の戦術に防御の概念がないと言い切るのか、言い切れるのか
え? 陸軍のドクトリンに防御の概念がないのは有名な話だと思ったが?
歩兵操典によれば
潰走などと同じく防御とはやむを得ざる場合(兵力差など)する行動であり、
攻撃のための準備行動として定義されている。
よって居留民のいる目の前の敵が交代すれば、すぐさま別の敵を求めて攻撃に移る。
すなわち居留民をほったらかして別のところにいっちゃうから
外国軍隊が我が物顔に振る舞って感情悪化してるところに放置される。
居留民虐殺の典型的なパターンだぞ、これ。

880名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 09:04:36.39ID:JE2oNOCr0
>中国があの惨状でアジアの地域安全保障が成り立つとでもおもってんのかよw
うん、こういう使い方をするのが疑似科学だといってるんだ。
地政学そのものが疑似科学だなんていってないだろ、元レスをよく読めよ。

>そんなんこれ以前にそんな例今まであったら逆に教えてくれw
当時の日本の打った手を一つ紹介しようか。
君のいうところの中国の近代化させて安定させるために
9カ国条約に基づき借款団をつくり銀価格の安定=財政再建させようと
いわゆる幣制改革のために日本に誘いをかけたが
そんなものは失敗するからとの建前で拒否した。
仕方ないので日本抜きでやったらとってもうまくいってしまったので
日本は妨害のために中国の銀をしこたま買い込んで高騰させようとはかった。
中国があの惨状でないと困るからねえ。
で、地域の安全保障がなんだって?
13年もの間軍隊を派遣し続けなきゃならなくなった史実は安定しているようにみえました?

>>875
え? いつ蹴ったの?
9カ国会議の招集があったから返答が遅くなったんですよ?
そんでその会議をぶっちしたのもやっぱり日本ですよ?

>>876
おまえはなにを読んだんだ?
読んだならソースはいらないだろうし
読んでないからソースが欲しいといってるんじゃないのか?

881名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 09:17:48.95ID:JE2oNOCr0
>欧米大国の植民地政策みたら日本と明らかに違うことは明白だろうがw
>欧米大国は飛び地のごとく世界中に植民地つくってヘゲモニー競った
>日本は覇権でなく己の国防、安全保障の面からの政策だからこそ自分の身の周りのみだった
判断基準をなぜか距離にだけおく単なるファンタジーですな。
日本と同じ程度のGNPで同じく出遅れているイタリアは
対岸のトリポリを、第二次大戦前にエチオピアあたりを狙ってる。
つーか欧米大国は国防のためにというためには
周辺諸国だけを植民地化しないといけないのかw
だいたいその理屈だと大東亜共栄圏とか欧米と同じ周辺にとどまらない植民地化になるが

882名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 11:15:49.82ID:skfZd+Qw0
>>879
はい論破〜wwwオマエの負けぇ〜wwww
その論文著者も論文名を出せない提示できないww
証拠となるもの一切提示本人からは提示できませ〜んw
妄想ファンタジー確定wwww

そもそもソースリンクって言葉知ってるのオマエ?w
オマエのその発言元になるものが記されてるURLを張ることだぞw
オマエがはった論文(笑)の文章なるもののコピペをソースリンクとは言わんのだよw
バカなの?死ぬの?キチガイなの?

>一連の事件で日本側にしか被害が出てないと思ってるのか?
戦闘になったから中国側も被害出てるんじゃ!ってか?w
それとも誤爆のことでも言ってるのかキミ?ん?w

>え? 陸軍のドクトリンに防御の概念がないのは有名な話だと思ったが?
>歩兵操典によれば
>潰走などと同じく防御とはやむを得ざる場合(兵力差など)する行動であり、
>攻撃のための準備行動として定義されている。
コピペはいいからソースをちゃんとリンクして示してくれやw
オマエが都合よく書き換えてファンタジーまた盛り込むからこういうこと言ってんだよw

>よって居留民のいる目の前の敵が交代すれば、すぐさま別の敵を求めて攻撃に移る。
>すなわち居留民をほったらかして別のところにいっちゃうから
>外国軍隊が我が物顔に振る舞って感情悪化してるところに放置される。
>居留民虐殺の典型的なパターンだぞ、これ。
つまるとこ虐殺されるほうが悪いと?
そう言いたいわけか?w
日本人じゃ決してしないイカレた発想だねw

883名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 17:26:28.74ID:skfZd+Qw0
>>880
>うん、こういう使い方をするのが疑似科学だといってるんだ。
>地政学そのものが疑似科学だなんていってないだろ、元レスをよく読めよ。
己の発言元となるソースをなにひとつ自らの手で提示してリンクで証明することもできない妄想ファンタジー奴が他人様を疑似科学呼びとかウケるんですけどww

もう一度言うわ無知蒙昧君
地政学をイチからちゃんと学べ

>当時の日本の打った手を一つ紹介しようか。
>君のいうところの中国の近代化させて安定させるために
>9カ国条約に基づき借款団をつくり銀価格の安定=財政再建させようと
>いわゆる幣制改革のために日本に誘いをかけたが
>そんなものは失敗するからとの建前で拒否した。
>仕方ないので日本抜きでやったらとってもうまくいってしまったので
>日本は妨害のために中国の銀をしこたま買い込んで高騰させようとはかった。
>中国があの惨状でないと困るからねえ。
日本語で書いたのに質問した主旨理解できなかったかな?w
近代において、真隣りの国が国内ぐちゃぐちゃの不安定でしかも全然他地域の大国が束になってその国に対して判りやすい野心野望をあらわにして
現にどんどん切り取られていってるのをただただ指くわえて見てるだけのお隣の大国など歴史上過去にありましたかと訊いておるのだよ

>で、地域の安全保障がなんだって?
>13年もの間軍隊を派遣し続けなきゃならなくなった史実は安定しているようにみえました?
アメリカは何十年も軍隊派遣して世界安全保障(笑)を実践して現に国家は安定してますがなにか?
今でもイギリス、フランス、ロシア、中国…国挙げればキリなく、現にアメリカと同様軍隊派遣まったく同じことして己が地域の安全保障つとめてますがなにか?

>え? いつ蹴ったの?
>9カ国会議の招集があったから返答が遅くなったんですよ?
>そんでその会議をぶっちしたのもやっぱり日本ですよ?
また妄想ファンタジーきたwwww
「直ちに和平が成立する場合は華北の全行政権は南京政府に委ねる」と明記されている和平条件示したのに蒋介石は九カ国条約会議で更に有利な調停期待して受理しなかったのが事実
アホなファンタジー垂れ流すのやめろオマエ
歴史をどんだけ冒涜すんだよ

>おまえはなにを読んだんだ?
>読んだならソースはいらないだろうし
>読んでないからソースが欲しいといってるんじゃないのか?
オマエのいってることがまるでファンタジーだからその裏付けをちゃんと証明しろと言ってんだよw
どの文献のどこをそうとらえて言ってるのかちゃんと示せ
できないのかぁ?wん?w
オマエがそれを読むとどうファンタジー脚色に転化するのか確認するためだ
また、引用してる文献が信頼おけるものかどうかもそれでわかる
どうせオマエが読んでる論文(笑)?なんてライトノベル程度のファンタジー小説レベルのものだろこんなんじゃww

884名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 18:07:50.37ID:skfZd+Qw0
>>881
>判断基準をなぜか距離にだけおく単なるファンタジーですな。
これは俺の言い方たが悪かったな
地政学に無知無学無教養のキミならそうとらえてしまうのも仕方ないわw
スマンスマンw

ま、イチから地政学ってもの学んでくれ
そしたらこのフレーズだけで大概理解できるもんだからw

>つーか欧米大国は国防のためにというためには
>周辺諸国だけを植民地化しないといけないのかw
地政学をまるでわかってないし
近代のグレートゲームもまるで理解してないアホなんですねw
地政学なんて国によって全然異なり周辺だけにとどまるわけないだろw
が、ひとつわかりやすい例えをあげるなら、アメリカとフィリピンなどはまったく当時のアメリカの国家安全保障外の案件であることくらいわかるだろキミでも?w
他の大国でもこのタイプのケースいつくあるかひとりでちゃんと数えられるかなキミに?w

>だいたいその理屈だと大東亜共栄圏とか欧米と同じ周辺にとどまらない植民地化になるが
はいまたここでファンタジー炸裂www
その根拠をちゃんとソース提示してくださいよw
URLリンクはって証明してくださいよww

とにかくまずはその大本になってる論文(大爆笑)?
そしてその著者名とタイトルを教えてくれよww

885名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 18:38:48.99ID:JE2oNOCr0
>>882
>その論文著者も論文名を出せない提示できないww
本当に何度も繰り返してるんだがもう出しててる。
おまえはこないだから何を言ってるんだ?
あーあーきこえなーいっていうのがおまえの”論”なのか?

>戦闘になったから中国側も被害出てるんじゃ!ってか?w
誤爆だのそんなおまえの脳内妄想語られてもなあ。
中国側民間人に被害が出てるんだよ、普通に。
例えば済南事件においては日本人が蒋介石軍に虐殺された仕返しという名目で
なぜか蒋介石軍ではなく済南が砲撃を受け2万ともいわれる民間人が犠牲になってる。

>>883
>もう一度言うわ無知蒙昧君
>地政学をイチからちゃんと学べ
それで何かいった気になるとは恐れ入ったな。
おまえのような使い方をする場合、地政学とは疑似科学となりうる。
もう一度言うわ無知蒙昧君
地政学をイチからちゃんと学べ

>現にどんどん切り取られていってるのをただただ指くわえて見てるだけのお隣の大国など歴史上過去にありましたかと訊いておるのだよ
現にどんどん切り取られていってるってのがファンタジーなんだが?
9カ国条約って知ってる?

だいたい直前までは地域の安全保障だとか地政学とかいってなかったか?
地政学に距離の概念は大事だとはいえ、距離だけでとらえてるから疑似科学だっていってるのがわかりますかあ?

886名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 18:51:11.68ID:JE2oNOCr0
>「直ちに和平が成立する場合は華北の全行政権は南京政府に委ねる」と明記されている和平条件示したのに
>蒋介石は九カ国条約会議で更に有利な調停期待して受理しなかったのが事実
それを称して蹴ってないといってるんだが、おまえの脳内では受理しなかった=拒否したことになるのか?
受理しなかったとかおまえの妄想では期限でもあったのかね?w
有利な調停を期待してとか妄想されても困るぞ。
列国を集めておいて、やっぱり日本と講話するわ
無駄な骨折りごくろうさんってやるわけにはいかんだろうに。

>コピペはいいからソースをちゃんとリンクして示してくれやw
>オマエが都合よく書き換えてファンタジーまた盛り込むからこういうこと言ってんだよw
おまえさあ、ソースが絡むことになるととことん基地外になるなあ。
陸軍の歩兵操典ってきっちりソースをだしてるじゃん。
こんなもんがみたいのか?
ttps://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A9%E5%85%B5%E6%93%8D%E5%85%B8%E2%80%95%E8%BB%8D%E4%BB%A4%E9%99%B8%E7%AC%AC7%E5%8F%B7-1970%E5%B9%B4/dp/B000J9IEIM
基地害の考えることはよくわからんな。

>オマエのいってることがまるでファンタジーだからその裏付けをちゃんと証明しろと言ってんだよw
>どの文献のどこをそうとらえて言ってるのかちゃんと示せ
しつこい。
過去ログできちんとリンク付きの論文を出してやってるのに
どこに書いてあるとか聞くからページまで教えてやってる。
それでまだおまえが読もうともしないことに責任なんかとれるかよ。

887名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 20:16:25.04ID:bSPJGe2O0
【アミシャーブ計画】やっと天皇が日本から出ていく
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/emperor/1525482597/l50

888名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/05(土) 21:05:39.68ID:D/ayJG5J0
なげえよ

微塵も読む気しねーよ
わきまえろタコ

889名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/08(火) 01:33:43.21ID:3/XTvBi80
>>877
>そりゃ、占領地域を全部返さず、日本の権益や支配圏の拡大を認めろと言う内容じゃあねえ。

大陸打通作戦は日本人の誇りだが?

890名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/08(火) 12:32:44.07ID:EtGCTsFB0
>>885
はい完全論破wwww
コイツの大敗北決定wwwww

またこんなに惨めに返り討ちされる気持ちってどうなのキミぃ〜?wwwww

ハイハイ、またしても己の発言根拠となってる論文(草&草そして草プラス草)とやらのタイトルと著者名すら言うことができませーんwwww
無知無学無教養がかみついて大やけどwwwww惨め哀れwwwwwwww

歴史学もイチから学べよキミぃ〜wwwww
歴史は史料に基づいて検証される学問だって知らんのかキミ〜w
それが出せないなんてお話にならないのだよキミぃ〜wwwwwwww
歴史語れるだけの資格がないレベルの者がのこのここの板にきたらダメだろwwww
偉そうに学問板とは云々と言い出すやつがこのザマァwwwwww
ホント馬鹿なんだねぇ〜オマエwwwwwwww
『ソースリンク』すらまともに理解もしてないのにナニをお前が語れるというのか?www
「ソース」と「リンク」を日本語でちゃんと分けて、しかも何故それが必要なのかも説明もしてやったのにそれすら理解できてないとかwwww義務教育ちゃんと受けてるぅ???wwwwwww

ここまで言っちゃうとまた悔しくて悔しくて目真っ赤で歯ぎしりしながら発狂してレス書き込んじゃうんだろキミぃ?wwwww
少しは必要とされてる資料を提示しなきゃこうやってただただ返り討ちにあって醜態晒すだけだって学習しようねキミw

公文書否定して史料価値が著しく低く最高レベルで胡散臭いその"論文(抱腹絶倒)"とやらを盲信wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
草がとまらんwwwwwwwwwwwwwwwww

証明するかたちでソースを提示できないのならそれはもはや歴史学ではそれ歴史上ないものなのだよキミぃ〜w

結論、キミの発言は、キミの発言の根拠となってるものを"証明して提示できない(ここではソースリンク)"故、キミがキミの都合ででっちあげてるだけのただの架空のフィクションである
キミがキミの都合よく脚色したファンタジーである
もしくはソースリンクはれないということでその論文(がんばって笑い堪えても笑ってしまう)自体が存在してないキミの妄想がつくりだした大嘘である
そしてその大嘘をもとに己の脳内妄想ファンタジーを垂れ流して嘘の歴史を流布
この歴史冒涜の罪は非常に重い!
責任とって切腹して死ねキチガイ!
もしくは「嘘ついてすいませんでした二度とこんなことはしません。僕はただの無知無学無教養の知ったか大好きバカペテン師パヨクです」と地面に顔が埋まるほど土下座して謝れ

ここまではその論文(全世界が笑った)だけに関してだ
他に俺がオマエにソースリンクはって証明してろっていてできてんのなにひとつないからなww
唯一やったのがみなさん周知の書でもある歩兵操典かとおもったらアマゾンリンクじゃねーかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
アマゾンリンクとかはってどうすんだバぁ〜カwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ホントこいつはソースリンク理解できてない超ド級のDQNだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

>>886
以上のことからすべてオマエの言ってるそれらのことはオマエの大嘘のでっちあげ妄想ファンタジーである(断言)
乙!
m9(^Д^)プギャー

891名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 01:30:23.05ID:dqtE5a7g0
>>1
開戦後に閣議決定されてるからな。

大東亜会議があるんだから大東亜戦争で問題無い。

892名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 01:47:07.31ID:2jIsX4CG0
なげえよ

微塵も読む気しねーよ
わきまえろタコ

893名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 12:42:21.00ID:wtq1YKDE0
>>885
済南事件に関してそのような真逆の見解するのは日本人であるならまずありえない。

上のほうであんたが書き込んだ>>849読んでもわかるけど通州事件などのあの凄惨極まる猟奇虐殺に関してもとんでもないこと言ってるよね。
これらの事件に関てそのような見解持ってるのは日本人でまずいないしありえない。

わかりやすいほど在日ちゃんころの工作だとバレバレ。
まさに中国がでっちあげてやってきた反日プロパガンダそのまんまのこと言ってる。

894名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 12:58:38.13ID:hbob5ov80
吉田松陰が斬首された悲惨なスレッド
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/dtm/1523675019/

895名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 01:09:36.79ID:Go9WOYx30
パヨクの特徴

・発言の根拠が妄想か激しいおもいこみ
・発言の根拠となるソースを求めても出せない
・ソースをそもそも理解してない
・歴史学において初歩的な史料の重要性を説いても理解できない
・一次史料よりも四次史料以下の史料価値のない得体の知れないものや、もしくは小説などのエンターテイメントフィクションや月刊ムー並みのトンデモ本を重要視する
・「ソースを出したろ」というものがなんかどこから拾ってきたかもわからん文書をコピペするだけ
・コピペしたものは己の都合よいかたちに改竄済みのもの
・是が非でもすべてに反対意見見解を述べる
・これだけ多岐わたる議論の中で一切中間意見もなければ近い見解もない
・内容がどこかで聞き覚えのある反日プロパガンダのまんま
・主観が日本になく、日本以外の国の主観ですべてを語る
・ソースリンクもなんであるのか理解してないし、教えてやっても理解できない
・平気な顔してアマゾンのリンクはる
・都合のいいように脳内変換して嘘と妄想を垂れ流しそれを流布する
・息をするように嘘をつく
・歴史をでっち上げ冒涜する
・無知であるのに知ったかぶりをしたがる
・無学のくせにプライドだけは異常に高い
・無教養のくせに捏造スキルだけはやたら高い
・アンカを未来につけて自分でレスしてみたり、過去の自分につけたりする
・他人のプライベートや都合を考えずレスを待つことができない
・大東亜戦争関連スレで大暴れして嘘と妄想を垂れ流してる
・ペテン師
・ただのバカ
・もはやキチガイ
・日本人であるか非常に怪しい

896名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 03:15:45.76ID:ztcr73VZ0
言い出した本人すら信じてない建前を他人が信じるんだから世の中面白いなあ

897名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 11:26:34.84ID:lzmUUqXv0
左翼とはそういうものだろ

898名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 21:50:35.65ID:+nUdWsHS0
>済南事件に関してそのような真逆の見解するのは日本人であるならまずありえない
ここは学問板なので国籍で結論が変わるような論を述べることがまずありえない。
そもそもあの砲撃、当時の日本国内でもなにか意味があったのかといわれるレベルの蛮行だぞ?
自国の民間人が虐殺されたからって
正規の軍隊が何万も虐殺しかえして得ることってなんですかね?

>通州事件などのあの凄惨極まる猟奇虐殺に関してもとんでもないこと言ってるよね。
まんま当てはまるけど?
>日本軍が居留民保護っていって乗り出してくると
>たいてい日本人の大量虐殺が起こるって。
7/18にシナ駐屯軍第2連隊が通州の居留民保護のために通州に進出、
26に通州新南門の外に駐屯してた第29軍39旅に攻撃、
これを短時間で排除して居留民保護の任務にあたるかと思えば
いつものごとく居留民なんか放置して少数の留守部隊を残しただけで
敵を求めて北京郊外の南苑に進出、
通州事件はこの留守をついて行われている。
そのことをいったのだがなにかとんでもないことでもあったかね?
単なる事実なんだが。

まあちょっとかんがえてごらんよ。
数日前に町の目の前で外国の軍隊が軍人とはいえ自国民を大量に殺し
戦場処理=死体処理をやらされるわけだ。
ふと町を振り返ればもともと嫌われ者だったアヘンの売人だのが
我が物顔で振る舞ってるとなれば、民間人の虐殺?って話になるだけさ。

899名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 21:51:28.43ID:+nUdWsHS0
っていうかさ、
学問板で国籍を透視できる特殊能力自慢とかいう
みっともないことをやらかすのが
日本人であって欲しくないとは思いますよw

900名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 01:56:21.59ID:dqHUrHVa0
決め付けは勘弁願いたいなwwww
論拠のある見解をぶつけ合いたい

901名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 12:11:20.78ID:qGge9r/30
>>898
だからその根拠となるソースを出せよバカパヨクw
でっち上げた大嘘妄想ファンタジー垂れ流してんじゃねーよw

902名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 14:46:11.85ID:utNVMSEy0
え?
最近はアジアがつくの?
ずいぶん譲歩したもんだねアメ公も

903名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 15:15:48.01ID:m9A0QzEJ0
朝日新聞だけが言ってる造語だよ
新たな造語を提案するのは歴史を改変したがるやつの特徴
従軍慰安婦みたいなな。

904名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 21:03:40.96ID:0JB2/Np20
朝日リスクというやつだな

905名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 08:44:37.34ID:p5uaImeA0
>>901
つ鏡
だからそれはとっくにだしてるしリンクも書いてあるというのに
いっこうに見もしない読みもしないってのはどういう馬鹿なんだ?
それを出してないというでっち上げた大嘘妄想ファンタジー垂れ流してんじゃねーよw

ログを読めない能力不足が学問板どころかここでなにをしたいんだ?

906名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 08:51:56.43ID:p5uaImeA0
おっと失礼、>>898は撤回する。
で、ソースだっけ?
どれについてソースが欲しいの?
済南事件と通州事件があるけどもどっち?
済南事件なら参謀本部や政治家の証言があるし、
通州事件は単なる経過だからすぐにだせるけど?

つーかねつ造とかわめく前に自分で探してみなかったの??

907名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/14(月) 13:51:49.98ID:qXmbSbGS0
>>905
オマエの書き込み、レスを現在から過去追うのがID変わって限度あることくらいわからんバカパヨク

そこまであるというならアンカつてけ己がはったというソースのその場所示せよこの妄想ファンタジー野郎がw

908名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/14(月) 13:55:04.02ID:qXmbSbGS0
>>906
必死にソース探してきたバカパヨク乙w

今まで妄想ででっち上げたこと言ってたことが逆に証明されてしまったなwww哀れwwwww

909名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/14(月) 22:52:57.91ID:8ejuTd730
>>907-908
つまりあらしたかったんですね。
相手をして皆さんすみませんでした

910名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 10:51:12.38ID:xMPZ5AMF0
>>909
過去ログ(レス?)にはったソースがあるというから、ならそこまで言うならアンカつけてそれを示せといったらまたそれもできませんw
しかも荒らしとかw
オマエが大嘘と妄想ででっち上げたファンタジーフィクション垂れ流して荒らしてんのにナニ言ってんだコイツw
ナニひとつまともなソースを提示して証明できないバカパヨクざまぁw m9(^Д^)プギャー

やってきてはこうやって己の発言根拠を証明できなくて何度も論破される気持ちってどうよ?w
なんで学習しないの?
ドMなの?
馬鹿なの?
死ぬの?
統合失調なの?w

ボロボロにされてもまた立ち上がって向かってくるハートの強さだけは関心w
まるでゾンビ映画w
普通一般の正常な日本人なら無理w

とにかく統合失調のくせにプライドだけは無駄に高くてみっともないからw

挙げ句、論破されまくって完全敗北でこのとおり己の糞のやくにも立たってないバカ高いプライドからその捨て台詞放たざるを得ないわけよなオマエw
捨て台詞からの逃げ態勢w惨め哀れな負け犬w

911名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 19:06:05.32ID:R03ahFZs0
>>905
それはリンク書いたあなたが把握してるだけで途中からこのスレ見てる人達にはわからないよね?

あなたがそのリンク再び書くことで簡単に済む話なのになんでかたくなにこれだけ言われてそれをしないのか疑問

912名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 19:34:20.07ID:xMPZ5AMF0
そんなまっとうな正論でこのバカパヨクの核心に触れちゃったら逃げ場なくなって悔しくて悔しくて地団駄踏んじゃうよコイツw

913名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 19:59:28.44ID:xGOqTptm0
仏領インドシナに侵攻した後アメリカから石油がとめられ南進を考えたまではいい
しかし何故アメリカに攻撃したのか日本軍部は東南アジアに侵攻すれば
アメリカ軍が必ず介入してくると思っていたがルーズヴェルト本人は
フィリピンを無視して蘭領と英領に限定された場合
議会承認が得られる保障がないことを憂慮していたのに軍部が馬鹿過ぎるわ
まぁ戦後の情報を知ってる今だから言えることだと言ってしまえばそれまでだが
モンロー主義をとっていて介入に反対だったアメリカ世論くらい知ってるべきだろ

914名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 21:16:02.61ID:kEXP+wOQ0
>>903
違うね。アジア太平洋戦争はアメリカ以外で認められている。
歴史学会ではアジア太平洋戦争の呼称を日本が提起し、イギリス、フランス、
オランダ、中国、ロシアなどの当事国も賛成している。

アメリカだけが太平洋戦争に固執し、名称変更に反対しているのが現状だ。
どうやら朝日系文化人が言い始めたのは事実らしいが。

915名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 21:19:29.08ID:kEXP+wOQ0
ちなみに、アジア太平洋戦争に賛成する国々(提起国日本、賛同国
イギリス、フランス、オランダなど)の言い分は、アジア太平洋戦争は
東南アジアやビルマ(ミャンマー)、中国などの太平洋に関係ない地域
でも行われており、太平洋戦争では地域が限定される、という理由で
名称変更を賛成している。また、ペルーやチリ、ボリビアなど古い
太平洋戦争の当事国も、アジア太平洋戦争に呼称変更してくれ、と
願い出ている。

アメリカだけが強硬に反対しているのが現状だ。

916名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 22:01:55.40ID:OC+TlEOs0
朝日新聞だけが言ってる造語だよ
新たな造語を提案するのは歴史を改変したがるやつの特徴
従軍慰安婦みたいなな。

917名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 23:31:21.64ID:kEXP+wOQ0
>>916
だから、アメリカ以外は殆どアジア太平洋戦争って呼びたいんだってば。
アメリカだけが、戦場が太平洋だったことから、思い入れがあって
アジアなしの太平洋戦争に固執しているんだよ。
教科書がアメリカのせいで、世界では化石化しつつある「太平洋戦争」
のままだけどね。

日本の内閣、官僚の答弁を聞きなよ。
アジア太平洋戦争、Asia-Pacific Warって言っているよ。

918名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/16(水) 02:58:18.37ID:/UHfjwkY0
アジア太平洋戦争って呼びたいのは朝日新聞だけ

919名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/16(水) 12:54:58.18ID:/qTTop+20
>>909
オマエがみんなに謝るのはでっち上げた大嘘と脳内妄想ファンタジーを垂れ流し流布して歴史を冒涜したことだ

オマエの一死をもって償え

920名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/16(水) 12:57:11.44ID:/UHfjwkY0
朝日毎日は日本社会に害をなす犯罪集団

921名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 11:25:04.26ID:gO2IAhRG0
もう朝日毎日はいいから。
分かりきった悪を叩いて喜ぶな暇人。

922名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 12:25:52.32ID:j6qnoyel0
70年代に当時右翼的だと言われていた「決断」というアニメをみていたが
ナレーションで太平洋戦争と言っていたぞ

923名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 12:46:07.44ID:UzwoWnnV0
原作が児島襄だからね。学生時代に東京裁判に直撃された世代だから
きほん米軍史観だよ。日本人も間違ってばかりではなかったという論調を
米軍史観から記述してるのが戦後の海軍文学や戦記文学。

924名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 16:53:35.90ID:sFj6xyNI0
ああいえば、こういうw

925名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/18(金) 22:28:43.53ID:il+4MMb10
グダグタ戦争でいいだろ。
終着点何処なんだよ?wwww

926名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 04:50:23.88ID:9i/Zx/Ek0
それまで世界に覇権を競っていた西欧はドイツと日本の活躍ですっかりしょぼくれてしまった。
しかしドイツのマルクスは燎原の火のようにロシアと中国を燃やした。
戦後ドイツの技術者はソ連とアメリカに多く運ばれたという。
それらの火の手は戦後70ねんしてようやく鎮火の兆しを見せているが、どのように収めるのが好ましいか 緊急の課題だ。

927名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 14:21:31.82ID:QO60ASj+0
まだ火を焚きつけて他国を攪乱する中国、朝鮮
アメリカは収めようとしているが、
日本は戦後のどさくさで乱され、損壊された歴史と文化を是正しなければ、世の乱れが直らない。

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する