松菊木戸孝允(桂小五郎)について語ろう15

1名無しさん@お腹いっぱい。 2018/04/15(日) 13:57:23.46ID:lTvxv0EC0
骨董品好き、植木好き、世話好き殿好き恩師好き。
そんな木戸について引き続き語っちゃげて。

前スレ
松菊木戸孝允(桂小五郎)について語ろう14
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history2/1342871083/

・sage推奨。荒らし、コピペ、脱糞君、age君は華麗にスルー。
・幕末明治に関する小説、TVやドラマの話題もOK。
・木戸周辺の人たちの話題も歓迎。
・ここ見て木戸が気になった人は松菊木戸公傳・木戸孝允日記・木戸孝允文書・木戸孝允遺文集・木戸孝允関係文書などを読んでみよう。
 大きな図書館には大抵あるよ!
・木戸に関する論文や小説は>>2以降参照

2名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 13:58:50.53ID:lTvxv0EC0
250 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2013/12/14(土) 09:20:26.42 ID:JaxK04Dhi

松尾正人『木戸孝允』は当然読んでるという前提で。

木戸の名前を冠したものでは
長井純市「木戸孝允覚書─分権論を中心として─」『法政史学』第50号 1998
森川潤『木戸孝允とドイツ・コネクションの形成』広島修道大学研究叢書第93号 広島修道大学総合研究所 1995
内山京子「木戸孝允と明治初期の新聞界」『日本歴史』12月号 吉川弘文館 2008
あと 五十嵐暁郎『明治維新の思想』世織書房 1996 収録の木戸孝允論はおすすめ。
この部分だけネットでも読めるのでググれ。
落合弘樹「国家構想の展開と木戸孝允─往復書翰から見た木戸孝允と井上馨─」『明治大学人文科学研究所紀要』第64号 2009 
これもググれば読める。

木戸についておもしろい論文が載ってた記憶があるのは
松尾正人『廃藩置県 近代統一国家への苦悶』中公新書 1986
松尾正人『維新政権』吉川弘文館 1995
松尾正人 「明治初年『新聞雑誌』の廃藩論」 『中央史学』第19号 1996
松尾正人 「山口藩知事毛利元徳の辞職「上表」」 『中央大学文学部紀要』第168号(史学科42号)1997
家近良樹『幕末政治と倒幕運動』吉川弘文館 1995
芳賀徹 編『岩倉使節団の比較文化史的研究』思文閣出版 2003
沼田哲 編『明治天皇と政治家群像─近代国家形成の推進者たち─』吉川弘文館 2002
高橋秀直『幕末維新の政治と天皇』吉川弘文館 2007
高橋秀直「廃藩政府論─クーデターから使節団へ─」『日本史研究』356号 1992

青山忠正の薩長盟約に関する論文はどこだったか忘れたが
たぶんどっかに引用されてるだろう。

まあ1980年代後半以降のまっとうな明治初年政治史の論文集なら
まずもれなく木戸についてのまっとうな記述があるから
何でも読んでみりゃいいんじゃね

3名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 14:18:03.65ID:lTvxv0EC0
最近刊行された関連書籍

プリミエ・コレクション 90 木戸孝允と幕末・維新 急進的集権化と「開化」の時代 1833〜1877
齊藤 紅葉 京都大学学術出版会
佐藤智恵『ハーバード日本史教室』(中公新書ラクレ、10月の新刊)
日本政治史の中のリーダーたち 明治維新から敗戦後の秩序変容まで
伊藤之雄・中西 寛 編 京都大学学術出版会


小説 木戸孝允 上巻:愛と憂国の生涯
小説 木戸孝允 下巻:愛と憂国の生涯
中尾 實信 (著) 鳥影社

角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」の12巻『明治維新と新政府●明治時代前期』
木戸孝允(桂小五郎) (小学館版 学習まんが人物館) 坂倉 彩子
集英社版・学習まんが 世界の伝記NEXT 木戸孝允と高杉晋作
梅屋敷 ミタ【まんが】/三上 修平【シナリオ】/河合 敦【監修・解説】

4名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 14:34:09.28ID:yEvlE/ieO
スレ立て乙

5名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 15:27:38.71ID:QxsLmEQ50
>>1

おつでごわす

全板対応の避難所  2ちゃんねる避難所@2NN 2ちゃん
http://www.2n★n.jp/refuge/  ← ★を取ってね

5ちゃんねる避難所(FC2ウィキ)(編集可能)
http://2chhinan.wiki.fc2.com

5ちゃんねる避難所(5ちゃんねるウィキ)(編集不可)
http://info.5ch.net/?curid=1660

6名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/15(日) 17:08:33.73ID:pa9SJqKU0
スレ立て乙です

龍馬宛て木戸孝允書簡発見=大政奉還、倒幕促す
ttps://www.jiji.com/sp/article?k=2018041100201

7名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/16(月) 19:01:30.33ID:GHOeDdSi0
国立国会図書館デジタルコレクションで読める主な史料・伝記
(『松菊木戸公伝』以外は1巻目のみ示しますが、全巻読めます)
『木戸孝允日記』第1
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1075389
『木戸孝允文書』第一
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920489
『木戸孝允遺文集』(全1巻)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038118
『松菊木戸孝允公伝』上
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1187471
『松菊木戸孝允公伝』下
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1187507

8名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/18(水) 08:10:02.57ID:NgfqDSY70
>>1
新スレ乙であります

9名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/19(木) 12:28:27.80ID:ubvuT1UV0
こいつの動画でも語られてるな・・・

https://www.youtube.com/watch?v=a6PI1ksqZug

10名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/21(土) 08:30:05.17ID:s23WnADu0
動画を見たけど、嫌悪感を覚えるな。
この人、在日ですか。
韓国は西郷の征韓論より木戸さんほうを嫌っているのかな。

11名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/22(日) 22:08:40.24ID:vI3lgmsD0
何?見る価値あるの?

12名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/23(月) 08:48:42.26ID:Z1rMzSK40
保守〜

13名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 12:18:58.31ID:UmLE8esi0
岩倉の木戸、大久保評価
「木戸は先見あるも、すねて不平を鳴らし、表面では議論せず、陰に局外の者へなにかと
不平ばなしをするのは、木戸の悪いくせである。大久保は才なく学問もないが、ただ確固
として動かぬのが長所だ」(冨成博著、維新から明治へその虚像と実像)

14名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/02(水) 00:01:04.15ID:AbZYplps0
高杉や木戸のような死に方をしたい。
もしくは武市、近藤、小栗。
最悪は坂本、大久保。突然襲われて心の準備もなくやられるのは御免だわ。

15名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 08:45:42.64ID:ymsYlUPL0
>>14

山縣有朋がベスト。

16名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 10:43:46.84ID:BroW45hz0
中尾本小説、齋藤本評論、皆さん読んでいるのですか?
どちらですか? 両方!というツワモノも居ますか?

さすがに価格や読破時間を考えると、自分はほぼ後者一択かと思いつつ、
晩年の病と死に至る道、その記述の差(齋藤本の方に、もう少しここがあれば…)は気になる。
やっぱり木戸さんの生涯を思い、そこの部分で感傷に浸りたいというのはありますね。

小説、まだ書店で発見できていないので、一度現物確認して最終決定します。それまでは競馬POG本で時間を埋めてね。
(都内某大型書店の検索システムでは「在庫あり」だったのに、指定された場所にあったのは齋藤本のみ。これ担当舎が入力間違ったよw)

17名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/06(日) 10:02:12.26ID:piluAoG10
古川薫氏の「維新の商人」では、木戸さんはどれくらいどういう風に描かれていますの?

18名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 22:53:35.35ID:4Iicj+HB0
大久保にも言えるが地元に強烈なアンチがいて不憫だなあと思う

19名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/14(月) 07:03:20.24ID:k7RlGyNz0
>>18

木戸の場合、熱烈なファンも少ないが、病的なアンチも少ないのでは?

20名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 06:56:09.15ID:bMeDuSe40
>>19
桂小五郎は長州のドンなんだけど、吉田松蔭、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋なんかに知名度や人気を取られているな。
せっかくの剣豪なのにな。
あと、途中で名前を変えたのも知名度が分散して良くない。

21名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 13:43:43.27ID:qsRBK+xC0
改名した動機というか理由はなんだっけ?

22名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 15:25:15.43ID:9Owda8jU0
お尋ね者になったからじゃなかった?

23名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 15:56:51.34ID:qsRBK+xC0
胃癌で病死した説があるが、腹の痛みは訴えていなかった
(少なくても記録には残っていない)ので、どうなんだろうねえ?

死の数ヶ月前に東京から京都に移動しているので
その時にはそれなりの体力が残っていたことになるが。

24名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 16:31:47.02ID:t4iG3FZc0
長州のドンとして色々やるときにお尋ね者のときの名前じゃ不都合だろってことで藩主が付けてくれたんじゃなかったっけか

25名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 21:40:05.95ID:ooAjNAQh0
羽曳野市のはびきの市民大学の司馬遼太郎の講座、東京住みで行けないからスルーしてたが

> 7/6 司馬遼太郎はどうして桂小五郎(木戸孝允)が嫌い?
> 11/30 『翔ぶが如く』と村松剛『醒めた炎 木戸孝允』に見る木戸像の違い
ttp://www.minorinosato.com/shimindaigaku/kouza18/dayori2018.05.pdf

この二つだけめっちゃ聴きたいw

26名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 08:19:17.00ID:01LiI/Xy0
貼りにきたら既に話題が出てたw
自分も距離的に難しいんだがその2コマだけでもなんとか受講できないものか…

27名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 17:00:14.18ID:/vmCUC4M0
>>25

> 司馬遼太郎はどうして桂小五郎(木戸孝允)が嫌い?


「花神」を読むと、木戸嫌いとはとても思えないのだが。

強いて言えば維新後の木戸が嫌いなのか?

新着レスの表示
レスを投稿する