満州国

1名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 18:34:56.61ID:bOA7wBZ00
1932-1945

2名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 13:14:52.53ID:01GuBHnQ0

3名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/02(水) 16:37:34.37ID:ojPy5hY70
終了

4名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/03(木) 20:34:10.19ID:vA0Tey5z0

5名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/04(金) 01:12:33.80ID:sXA25BqM0
【悲報】ついに産経新聞すら改憲を諦める

本格論議は参院選後、発議は32年夏の東京五輪以降とか参院選で確実に改憲勢力が2/3割れるから実質的に改憲が不可能ってことじゃん
安倍がやりたかった9条改憲は諦めて、立憲民主党や維新の片山代表も賛成する解散権の制限とかに変更するのか?


憲法改正 国会発議の道なお遠く 東京五輪後にずれ込む公算 首相に立ちはだかる「2つの壁」

5/3(木) 15:43配信 産経新聞

 3日は憲法記念日。安倍晋三首相(自民党総裁)が平成32(2020)年の新憲法施行の方針を掲げて1年を迎える。
自民党は今年3月の党大会で、9条での自衛隊明記など「改憲4項目」の条文素案を発表したが、
発議権を有する国会は参院が2月に憲法審査会を開いたきりで動こうとしない。
もはや年内発議は絶望的となり、本格論議は参院選後、発議は32年夏の東京五輪以降にずれ込む公算が大きい。        

■外れた思惑

 「この1年間で改憲議論は活発化した。議論はいよいよ煮詰まっている」

 首相は1日、訪問先のヨルダンで記者会見を開き、改憲機運が醸成されつつあるとの見方を示した。

 とはいえ、首相が1年前に思い描いたのは、今夏に衆参両院で改憲を発議し、
今秋に国民投票を実施するスケジュールだった。衆院選と国民投票のダブル投票も想定していたとされる。

 思惑は外れた。長引く「もり・かけ」疑惑に加え、財務省の公文書改竄(かいざん)などが次々に発覚し、国会は空転。
もはや今国会は憲法審査会での改憲4項目の審議入りは困難となった。
秋の臨時国会の2カ月程度の会期では、発議にこぎつけるのは絶望的だといえる。

■論議すら困難

 31年は、4月の統一地方選、6月の20カ国・地域(G20)首脳会議、夏の参院選など政治日程がめじろ押し。
加えて4月末に天皇陛下が譲位され、5月1日の皇太子さまの即位・改元に伴う行事も相次ぎ、改憲発議どころか、国会の憲法論議さえ難しい。

 32年も夏に東京五輪・パラリンピックがあり、通常国会の大幅延長はできない。
しかも国民投票法の規定では、国会で発議後「60日以後180日以内」に国民投票を実施しなければならない。
この日程を考慮すると、改憲発議は早くとも32年夏以降となる。

■党内にも異論

 自民党は、5月の連休後にも衆参の憲法審査会を開き、改憲4項目の審議入りを目指すが、
維新を除く6野党に応じる気配はない。特に立憲民主党や共産党などは「安倍政権の改憲論議には応じない」ととりつく島もない。

 連立与党の公明党も改憲論議に消極的だ。憲法審査会の開催には応じる意向を示すが、
議題を国民投票法改正に限定するよう求めており、改憲4項目の議論に踏み込もうとしない。

 自民党内でも異論はくすぶる。党条文素案は、首相の意向を受け、
憲法9条はそのまま残して自衛隊を明記する案だが、石破茂元幹事長らはなお憲法9条2項の削除を求めている。

 「憲法は最終的に国民が国民投票で決める。そのためには、しっかり国会で議論がなされ、理解が深まることが大切だ」

 首相は1日の会見でこうも語った。一向に動こうとしない国会へのいらだちの表れだといえなくもない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000514-san-pol

6名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 12:48:42.86ID:MYb2xPAO0
満州や東トルキスタン、チベットて支那なの?

7名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 14:04:08.45ID:ieqLOsUu0
腐れ朝鮮人天皇の故郷を奪還するために戦争させられ
満州開発のために国富を注いでしまって国民は飢餓状態になった

明治からの日本は朝鮮人支配でメチャクチャだ
明治の近代化というのは日本の女の子を欧米に売りまくって
船で運んだ三井三菱が財閥になってしまうくらいに売りまくって
朝鮮人らが酒池肉林になって西洋風の建物が建ったというわけだ

8名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 16:52:56.62ID:cgKHniM/0

9名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 00:46:17.30ID:vGWZS0/O0
満州にはかつて高句麗という国があり
そこから百済が生まれて
その百済の王族連中が民を置き去りにして日本に逃げてきた

その後で、新羅の連中も日本に逃げてきた
中国の攻撃が厳しかったようだ
逃げてきた新羅の連中が天皇を営業する
そして先行して日本に来ていた百済の連中もマネして天皇を始める

そういうわけで日本には下劣で凶暴な二匹の天皇がいるんだね
今の天皇は百済系であり、新羅系天皇は70年前に朝鮮に帰っている
その帰った新羅系天皇の嫁としてめぐみちゃんを送っている

新着レスの表示
レスを投稿する