【LAA】Los Angeles Angels【Rally Monkey】 Part.3

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@実況は実況板で2018/07/29(日) 08:26:31.10ID:5yVAr/RO
オフィシャルサイト
https://www.mlb.com/angels

前スレ
【LAA】Los Angeles Angels【Rally Monkey】 Part.2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/mlb/1512773388

Los Angeles Angels of Anaheim


このスレは大谷の話題は自由に書いてokです

250名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:54:51.02ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

251名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:55:06.41ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

252名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:55:09.49ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

253名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:55:24.67ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

254名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:55:28.48ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

255名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:55:43.37ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

256名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:55:46.23ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

257名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:01.41ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

258名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:04.69ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

259名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:19.88ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

260名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:22.80ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

261名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:38.35ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

262名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:41.45ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

263名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:56.58ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

264名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:56:59.49ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

265名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:57:14.71ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

266名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:57:17.53ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

267名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:57:32.73ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

268名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:57:35.67ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

269名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:57:50.71ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

270名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:57:53.73ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

271名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:58:08.82ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

272名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:58:11.80ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

273名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:58:27.81ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

274名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:58:31.68ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

275名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:58:46.80ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

276名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:58:49.98ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

277名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:59:05.08ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

278名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:59:08.22ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

279名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:59:23.36ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

280名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:59:26.36ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

281名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:59:41.46ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

282名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:59:44.43ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

283名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 19:59:59.65ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

284名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:00:02.45ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

285名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:00:17.58ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

286名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:00:20.43ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

287名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:00:35.54ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

288名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:00:38.63ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

289名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:00:53.77ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

290名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:01:00.19ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

291名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:01:15.28ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

292名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:01:18.30ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

293名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:01:33.65ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

294名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:01:36.75ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

295名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:01:52.01ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

296名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:01:54.88ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

297名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:02:10.00ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

298名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:02:13.07ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

299名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:02:28.47ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。

300名無しさん@実況は実況板で2018/10/24(水) 20:02:31.53ID:3OzFpKFX
メジャーではプレーオフが開幕したばかりだが、惜しくもプレーオフ進出を逃したチームは早くも来季に向けて動き出している。
MLB公式サイトでは、ア・リーグ西地区4位に終わったエンゼルスが抱える「5つの課題」に焦点を当てた。
記事では、メジャー移籍1年目の今季、指名打者として打率.285、22本塁打、10盗塁をマークした大谷翔平選手についても言及。
エンゼルスが抱える3番目の課題として、「2019年の打者オオタニの復帰時期」を挙げている。
レギュラーシーズン終了翌日の今月1日(日本時間2日)に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷だが、
記事では「手術により、2020年までマウンドから遠ざかることになるだろう。しかし、来季どこかのタイミングで打者として復帰する可能性が高い。
エンゼルスはオオタニの復帰に向けたタイムテーブルを設定しておらず、開幕戦に間に合うかどうか定かではない。
この手術から復帰した二刀流は存在しないため、オオタニのリハビリは他に類を見ないものになるだろう」と伝えている。
★スローイングのないDHの場合、トミー・ジョン手術からの復帰は4か月〜6か月と言われ、年単位の時間がかかる投手よりは短いとされている。
だが、打者と投手を兼ねる大谷の場合、打者として復帰することが投手としての復帰に影響を及ぼすのかどうか、
やってみないとわからないというのが正直なところだろう。
もちろん、今季の活躍を見ても、打者・大谷のパフォーマンスが打線や試合に与える影響は大きい。
だが、そこに目を奪われ、投手としての復帰が遅れるようなことがあっては元も子もない。
記事では「オオタニが打者復帰する上で、極めて重要な右肘の健康状態が損なわれてしまうと感じた場合、
エンゼルスは復帰を急かすようなことはしないだろう」と指摘。右肘の回復状態によっては、打者としての復帰も遅れる可能性があるとしている。
大谷は投手としても10試合で4勝2敗、防御率3.31の成績を残しただけに、投手陣に与える影響も大きい。
大谷にとって影響が大きな要素であることは間違いない。
特に、監督候補としては、ジョシュ・ポール・ベンチコーチ、GM特別補佐で前タイガース監督のブラッド・オースマス氏に加え、
名内野手として知られたエリック・チャベス氏の名も挙がっており、大谷の起用法にも影響する後任指揮官は、
気になるところだ。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています