【You☆I】潜入&凸なんでもあり 参

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/14(木) 04:11:56.82
UIに潜入してるか〜凸はほどほどにな〜
踊り子にお触りする時は生かさず殺さずだぞ
過去に凸した人もカミングアウトするもしないも自分次第〜
楽しければいいこと〜ガハハハハ

前スレ【You☆I】潜入&凸なんでもあり
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/mog2/1528381704/
【You☆I】潜入&凸なんでもあり 弐
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/mog2/1528809540/

594名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:28:30.81
三キチさんすか?

595名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:29:27.87
登場人物何人いるんだよ

596名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:32:12.16
そうですよ

597名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:32:42.47
はい

598名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:37:57.48
ラビット関根が急に、
「どうもどうもどうも、根津甚八です。」
と、顔をしかめながら言ふのをきいて、鈴村博志は、今更のやうにギクリとした。
「だつて、予定は来月初めぢやないか。まだ二週間はたつぷりあるぜ」
「あたしもそのつもりだつたのよ。だから、なんにも用意なんかしてないわ。でも、病院へ行くひまあるかしら……。苦しい、とても苦しい」
 さう言つたまゝ、ラビット関根は、そこへ突つ伏してしまつた。
 鈴村博志は途方にくれた。今すぐ病院へ電話をかけて、それで間に合ふかどうか? 医者が駈けつけて来るとしても、それまで自分ひとりでどうすればいゝのか?
「弱つたな。とにかく、しつかりしろよ。万一の用心に、そこの産婆にでも来てもらはう。病院へは、むろん連絡はするがね」
 彼は、ラビット関根のために夜具を敷き、隣家の細君にちよつと声をかけておいて、ドテラ姿のまま家を飛びだした。
 思へば迂闊な話である。結婚してから既に十五年、これが最初の経験ではなく、ラビット関根は、三度身重になり、そのうち二度は流産といふあつけない結果であつただけに、こん度は大事をとつて、毎月医者に見せ、いよいよとなつたら入院する手筈をきめてゐたのである。

599名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:40:42.41
「ああ、なんという骨の折れる職業をおれは選んでしまったんだろう」と、ポール牧は思った。
「毎日、毎日、旅に出ているのだ。自分の土地での本来の商売におけるよりも、
商売上の神経の疲れはずっと大きいし、その上、旅の苦労というものがかかっている。
汽車の乗換え連絡、不規則で粗末な食事、たえず相手が変って長つづきせず、
けっして心からうちとけ合うようなことのない人づき合い。
まったくいまいましいことだ!」ポール牧は腹の上に軽いかゆみを感じ、
頭をもっとよくもたげることができるように仰向けのまま身体を
ゆっくりとベッドの柱のほうへずらせ、身体のかゆい場所を見つけた。
その場所は小さな白い斑点だけに被おおわれていて、
その斑点が何であるのか判断を下すことはできなかった。
そこで、一本の脚でその場所にさわろうとしたが、すぐに脚を引っこめた。
さわったら、身体に寒気がしたのだ。

600名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:41:18.20

601名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:53:52.15

602名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 12:58:43.18

603名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:03:40.34

604名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:04:03.05

605名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:06:37.94
四十年勤め上げた會社を退職し、
何やら張り合いの無い日々を送る内、
大學生の孫に「退屈しのぎに遣って見たまへ」
と勸められた弐チヤンネル。
當初は「こんな電腦掲示板、何たる幼稚加減」と
莫迦にしてゐたものの、遣つて見ると存外に面白ひ。
罫線と記号とを組み合わせて描出した
若き乙女の図繪に「ゆとり乙」と何度と無く罵られるにつけ、
食ふや食はずやで慌しく過ぎ去つた學生時代が自ずと思ひ返され、
「戰爭さえ無ければ、小生もこのやうな青春が送れたやも知れぬ」と獨りごちることも屡々。
すつかり虜となつた今では、孫の部屋から
漆黒色の電腦計算機をせしめては書齋に篭もり
存分に「祭り」を堪能する毎日を送つている。
「薔薇乙女乱痴気騷亂」なる祭りスレツドを拜讀した際には、
その餘りに理不盡な經緯に憤慨し、
臺所で葱を刻む家内に「かような暴擧が許されていいものか!」
と熱辯を振るって呆れられる始末。
年甲斐もない、とはこのことと後で赤面することしきり。
同年代の友人達が癡呆や重い病に惱まされるなか、
かように老いて尚矍鑠としてオフ會に向かえるのも、
ひとえに弐チヤンネルのおかげかと思えば、
再三に渡る「半年ROMつてろ」の罵り文句も、
何やら「まだまだ死ぬには早いよ」と言われているようで愉快極まりない。
ひとつ間違えれば自らが乗り込んでいた機體と同じ名前を持つ
コテハンに出會える日を樂しみにしつつ、今日もデスプレヱに向かうずら

606名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:08:44.31
お腹すいてきた

607名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:11:00.43
彼はまた以前の姿勢にもどった。「ダンカンバカヤロウ」と、彼は思った、
「人間をまったく薄ばかにしてしまうのだ。人間は眠りをもたなければならない。
ほかのガンバルマンたちはまるでハレムの女たちのような生活をしている。
たとえばおれがまだ午前中に宿へもどってきて、
取ってきた注文を書きとめようとすると、
やっとあのダンカンは朝食のテーブルについているところだ。
そんなことをやったらおれのそのまんまがなんていうか、見たいものだ。
おれはすぐさまくびになってしまうだろう。
ところで、そんなことをやるのがおれにとってあんまりいいことでないかどうか、
だれにだってわかりはしない。
ユーレイのためにそんなことをひかえているのでなければ、
もうとっくに辞職してしまっているだろう。ダンカンの前に歩み出て、
思うことを腹の底からぶちまけてやったことだろう。
そうしたらダンカンは驚いて机から落っこちてしまうにちがいなかったのだ! 
机の上に腰かけて、高いところから店員と話をするというのも、
奇妙なやりかただ。おまけにそのまんまのほうは、
ダンカンの耳が遠いときているので近くによっていかなければならないのだ。
まあ、希望はまだすっかり捨てられてしまったわけではない。
両親の借金をすっかりダンカンに払うだけの金を集めたら――
まだ五、六年はかかるだろうが――きっとそれをやってみせる。
とはいっても、今のところはまず起きなければならない。
おれの汽車は五時に出るのだ」

608名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:11:28.80
きやわたん

609名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:12:37.71

610名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:12:52.67

611名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:15:30.21
今日は可愛い絵はないの?

612名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:27:42.16

613名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:28:05.64

614名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:31:48.50

615名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:31:58.33

616名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:36:06.70
いえーい

617名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:36:51.08

618名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:38:58.77

619名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:39:34.94
うえーい

620名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:40:18.85
四十年勤め上げた會社を退職し、
何やら張り合いの無い日々を送る内、
大學生の孫に「退屈しのぎに遣って見たまへ」
と勸められた弐チヤンネル。
當初は「こんな電腦掲示板、何たる幼稚加減」と
莫迦にしてゐたものの、遣つて見ると存外に面白ひ。
罫線と記号とを組み合わせて描出した
若き乙女の図繪に「ゆとり乙」と何度と無く罵られるにつけ、
食ふや食はずやで慌しく過ぎ去つた學生時代が自ずと思ひ返され、
「戰爭さえ無ければ、小生もこのやうな青春が送れたやも知れぬ」と獨りごちることも屡々。
すつかり虜となつた今では、孫の部屋から
漆黒色の電腦計算機をせしめては書齋に篭もり
存分に「祭り」を堪能する毎日を送つている。
「薔薇乙女乱痴気騷亂」なる祭りスレツドを拜讀した際には、
その餘りに理不盡な經緯に憤慨し、
臺所で葱を刻む家内に「かような暴擧が許されていいものか!」
と熱辯を振るって呆れられる始末。
年甲斐もない、とはこのことと後で赤面することしきり。
同年代の友人達が癡呆や重い病に惱まされるなか、
かように老いて尚矍鑠としてオフ會に向かえるのも、
ひとえに弐チヤンネルのおかげかと思えば、
再三に渡る「半年ROMつてろ」の罵り文句も、
何やら「まだまだ死ぬには早いよ」と言われているようで愉快極まりない。
ひとつ間違えれば自らが乗り込んでいた機體と同じ名前を持つ
コテハンに出會える日を樂しみにしつつ、今日もデスプレヱに向かうんだなこれが

621名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:40:25.19

622名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:40:46.87

623名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:42:16.02
 時刻ごとに見廻りにくる巡邏
じゅんらの一隊であろう。
 明け方、まだ白い残月がある頃、いつものように府城、官衙かんが
の辻々をめぐって、やがて大きな溝渠
こうきょに沿い、内院の前までかかってくると、ふいに巡邏のひとりが大声でいった。
「ひどく早いなあ。もう内院の門が開いとるが」
 すると、ほかの一名がまた、
「はて。今朝はまた、いやにくまなく箒目ほうきめ
立てて、きれいに掃ききよめてあるじゃないか」
「いぶかしいぞ」
「なにが」
「奥の中門も開いている。番小屋には誰もいない。どこにもまるで人気ひとけがない」
 つかつか門内へ入っていったのが、手を振って呶鳴った。
「これやあ変だ! まるで空家だよ!」
 それから騒ぎだして、巡邏たちは奥まった苑内まで立ち入ってみた。
 するとそこに、十人の美人が唖おし
のように立っていた。
「どうしたのだ? ここの二夫人や召使いたちは」巡邏がたずねると、美姫のひとりが、黙って北のほうを指さした。
 この十美人は、いつか曹操そうそう
から関羽へ贈り、関羽はそれをすぐ二夫人の側仕そばづかえに献上してしまい、以来、そのまま内院に召使われていた者たちであった。
 関羽は曹操から贈られた珍貴財宝は、一物も手に触れなかったが、この十美人もまたほかの金銀緞匹だんひつと同視して、置き残して去ったものである。
 ――その朝、曹操は、虫が知らせたか、常より早目に起きて、諸将を閣へ招き、何事か凝議していた。

624名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:43:57.79

625名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:46:22.29

626名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:47:23.85

627名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:48:18.91
岡村綾子はママン

628名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:48:41.97

629名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 13:52:49.91

630名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:00:58.07

631名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:03:24.70

632名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:03:56.23
もうない垢や稼働してない垢のことをこいつらはいつまでいってんだろうな…タヒぬまでいってろ

633名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:05:47.72

634名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:06:42.52

635名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:07:45.61

636名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:09:42.31

637名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:11:59.55

638名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:13:17.03

639名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:13:23.70

640名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:22:55.86
やくみつる

641名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:26:11.94
数年前の放置垢、稼働してない垢ね〜
さすが筋金入りのホラ吹きデブ女だね
ほぼ全部わかってんだよ
おたくのお向かいチエちゃんが泣いて喜ぶわけだ
すぐ食いついてきたよ

642名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:28:58.81
「ああ、なんというヅラの取れる職業をおれは選んでしまったんだろう」と、やくみつるは思った。
「毎日、毎日、旅に出ているのだ。自分の土地での本来の商売におけるよりも、
商売上の神経の疲れはずっと大きいし、その上、旅の苦労というものがかかっている。
船の乗換え連絡、不規則で粗末な食事、たえず相手が変って長つづきせず、
けっして心からうちとけ合うようなことのない人づき合い。
まったくいまいましいことだ!」やくみつるは腹の上に軽いかゆみを感じ、
頭をもっとよくもたげることができるように仰向けのまま身体を
ゆっくりとベッドの柱のほうへずらせ、身体のかゆい場所を見つけた。
その場所は小さな白い斑点だけに被おおわれていて、
その斑点が何であるのか判断を下すことはできなかった。
そこで、一本の脚でその場所にさわろうとしたが、すぐに脚を引っこめた。
ブルッ...寒気するわ、何か羽織ろっと。
今度は頼むで!待っとるでな!
面舵いっぱ〜いキリッ

643名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:39:26.71

644名無し戦隊ナノレンジャー!2018/06/16(土) 14:39:45.96

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています