Vシネマについて語ろうよ2(任侠系) [無断転載禁止]©2ch.net

549名無シネマさん(家)2018/01/13(土) 17:37:12.54ID:Fwaaxd/B
>>548
清水健太郎や田代まさしの初期の頃は確かにそう言わ
れてたけど、先駆者がまたやらかしてから「受け皿作っ
てやってもどうせまた、やるんだろ」となり、販売の
要となる大手レンタル本部からも「そういう人が出て
る作品はウチではちょっと・・」となる。

結局、製作費かけて苦労して作っても「お蔵入り」の
可能性も大。できれば使いたくない、が本音。
少し前の話だが、加勢大周が稲の実録モノをやって
(撮影は発売より、1年くらいまえだったらしいが、
編集やらなんやらの時期に薬物でパクられる)
「お蔵入り」の危機。

稲の幹部がモデル(主役)だし、製作側は肝を冷やす。
結局、前編・後編がリリースはされたのだが、ジャケ写に
は他の出演者の写真、クレジットも加勢の名前は一切なし。
予告編にも後ろ姿のみ。本編では一番出番も台詞も多いのに、
というマヌケな作品であった。

もっとマヌケだったのが、その作品のモデルになった幹部
(現在のNO.2)が、発売日直前に借金の担保になってる
土地を家族名義に書き換えて逮捕され新聞沙汰になるとい
うオチがつく。

あれだけ常連だった大和武士も暴力事件以降は見なくなっ
たし、Vシネも他のメディアに近くなった。

ただ、岡崎礼の場合、制作プロデューサーに「仕事くれ」と
言いに行って断られて相手の腿だかを刺して罪になったとこを
みると、犯罪以前にいろいろと問題があったのかもしれんね。
長くてすまぬ。

新着レスの表示
レスを投稿する