最近スプラッターが全然別のジャンル化している

1名無シネマさん(dion軍) 2018/03/20(火) 18:06:42.70
今スプラッタっていうと、体を切り刻んだり、血液表現をただ流すだけのもの
って事になってるけど

もともと昔は『スプラッター』っていうジャンルは、不死身の殺人鬼がいて
主人公たち一行の中に犠牲者が出て次々と殺されたり惨殺された死体が見つかったりするというような筋立ての作品群の事じゃなかったかな?
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

53名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/26(月) 03:07:38.07
個人的な分類と云う方が正確じゃないのか

54名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 07:50:48.05
>>53
個人的じゃないインターネットとかでみんなの使ってる分類から感じるイメージ

ここに書いたイメージ的な分類っていうのは
全体像的な分類って意味

「イメージしやすい」のイメージって単語

55名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 07:51:36.10
様式の分類

56名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 15:41:31.49
ホラー作品をあまり観てない人ほど大雑把な分け方をする
ネット上にはそんな人がいっぱい

マニアが書いた本を読もうぜ

57名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 17:08:23.63
一般大衆になじんだ言葉こそ一般的な言葉じゃないかな
一般大衆の普段使ってる言葉は、どんなイメージ?でコミュニケーションでイメージの一致する言葉

それに、グロと恐怖は別物だって最近はみんないってる
ラー作品に分類されないような、ただ残酷なだけ
グロいだけで恐怖感のないものを、同列に扱うのは違和感

58名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 18:10:15.75
ホステル、SAW、ファイナルデスティネーションはグロいだけでホラーじゃない!ポルノだ!てことか?

59名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 18:59:34.06
ポルノではないけど怖い訳でもないし
そもそも恐怖を題材にしてすらいない感じ

恐怖を題材にしてるけどグロいだけ恐怖を与えるのに失敗しているようなのも最近は
スプラッター的な怖さ&気持ちよさってそういうのからは感じない

60名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 19:00:19.12
しいて言うなら新ジャンル?

61名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 19:27:34.17
海外ではトーチャーポルノ(拷問ポルノ)と呼ぶ人もいるらしいけど
それでいいんでないの

62名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 19:32:46.63
恐怖は想像力だと思う
グロで恐怖を演出するためには、想像力を掻き立てるように持ってかないといけないんじゃないかな
もり上がったシーツを見た主人公はものすごい不安になって、一歩、また一歩、恐る恐る近付き、そっと手を伸ばし
そのシーツを捲る・・・するとそのシーツの中には同僚の惨殺体が!!
って持ってき方だったら、スプラッター的なグロ、それにちゃんと怖いし

頭の中で自分で想像して怖いって思う余地がないと
グロ画像だけじゃただショッキングなだけ
どんなに悲惨な光景でも・・・

63名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 19:34:15.18
>>54
「みんな」という幼稚な言葉を持ち出すようでは問題にならないな
あんたの言う「全体像的な分類」はあんた個人の主観でしかないんだから
「個人的な分類」ってことになるわけだ ここまで説明しないとわからんか?
言葉かデータでビシッと定義しろよ それができないなら駄々こねる赤ん坊と同じだ

64名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 19:34:53.80
>>61
SAWはスリラー
ファイナル・デスティネーションは笑いをとってるとしか
Hostelはなんだろ

65名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 19:40:29.87
>>63
古い映画やサイトでスプラッターという言葉で刺す作品の数と
掲示板とかで最近のスプラッタという言葉で刺される作品の数の違い?
統計をとったらいいと思う

66名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 19:43:50.52
>>63
要するに、恐怖映画か、そうでないか
の違い
怖さを題材にしているか、その題材がないからグロそのものが題材になっているか
怖さを出すための手段にグロを使うのが昔でいうスプラッター
そこから帆ラー要素が抜け落ちたのが今のスプラッタ

67名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 20:05:51.28
>>65
あんたが統計を取ればいいじゃないか
だが、「言葉で刺す」「帆ラー要素」とか書く人間が、説得力のある正確な
統計を取るのは無理かとも思う
>要するに、恐怖映画か、そうでないか
>の違い
要するに、とか言ってごまかしてんじゃない
恐怖映画とは何か、明確な定義を書けよ
思ってたよりずっと頭悪いようだな

68名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 20:11:07.85
>>67
恐怖映画とは受け手が恐怖を感じる事をテーマとした映画

69名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 20:15:20.18
ばかだな
俺も受け手の一人だが、一般的にホラー物に分類されない映画を観て恐怖を感じることがある
例えば「日本のいちばん長い日」も「復活の日」も「日本沈没」も「モスラ」も怖い
この4本をホラー映画に分類する定義がどこにある?

おまえさ、この問題を論じるタマじゃねえよ

70名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 20:16:18.06
見たい人間の求めるものが恐怖、怖さの映画
夏に見るとスーッと涼しさを感じられる
そういうのを期待してみる作品

71名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 20:20:46.39
「見たい人間の求めるもの」を一般化できるか?
映画の観客が何千万人いると思ってんだ そいつらが一人残らず同じこと考えて映画を観てるのか?
冬に観てスーッと涼しさを感じるホラー映画はホラーじゃないのか?
おまえホラー映画ばっかり観ててろくに本読んでないだろ
そういう人間が文章を使って他人を説得できると思うなよ
俺に言わせればな、おまえみたいな考えの持ち主がいること自体が立派なホラーだよ

72名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 20:24:18.30
>>69
根本的に異なってる
受け手が恐怖を受けたいから見る映画と
恐怖を受けるという目的で見ていないけど恐怖を感じる映画

それと恐怖の種類の違いも
物質的な恐怖と精神的な恐怖

73名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 20:25:47.56
>>71
見たい人間
映画を自分でお金払ってみるんだから
求めるてるでしょ

それが何か?の違い

それが恐怖なのか
興奮なのか

74名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 20:31:12.88
もういいよ
中学生程度の思考法から全然進んでないのが分かった
じゃあな

75名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 21:01:06.27
恐怖を感じたい人とグロを見たい人の求めるものは別だと思う
作品側の構成内容も演出も

グロ映画はプロットの流れをただ順に追ってるだけに見える
恐怖映画は「〜したら」⇒「こうなる」って部分を作る印象

76名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 21:08:53.20
>>71
観客の求めるものが残酷な描写を見ただけのい人と
怖いものを見に来た人とは層が全然別

下の層たちはグロを避けたがったり嫌がる人で
上の層たちはグロこそが見たいもので、残酷描写が見れないと怒り出す人

下の層たちのグロに対する認識は安全の確保
テーブルの下をのぞき込んだら惨殺体がっていうのは
不安を取り除いて安全な気持ちになりたいから

77名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/27(火) 21:20:14.04
両方を楽しめるのが真のホラーマニアやで

78名無シネマさん(dion軍)2018/03/27(火) 21:24:53.19
>>77
でも全然別物だから分けたい・・・

グロ見たいって人は別に怖がってないよね

79名無シネマさん(やわらか銀行)2018/03/28(水) 02:22:17.62
グロの有無は気にしてないわ

ホラー映画は超大量にあるし全ての作品で怖がってられない
ほどほどの怖さでOK、面白ければ何でもいいよ

80名無シネマさん(dion軍)2018/03/28(水) 06:56:08.91
出来たらすごい怖いのがいい・・・
眠れないぐらい

81名無シネマさん(茸)2018/04/02(月) 20:08:09.42
スプラッターって元々そういう意味だったの⁉マジ初めて知った・・・
言葉の意味が時間経過と共に変わるというのはまぁ珍しくないが、
1が観たいスプラッター映画すらも無くなってきた(んだよね?)のは悲しいね

82名無シネマさん(dion軍)2018/04/24(火) 18:46:11.78
印象だけど昔のスプラッターって
主人公の仲間がいっぱいいて主人公以外の人物は次々殺害される

今のスプラッターは
主人公は一人か二人だけで仲間はそんなに殺されない印象

なんかただグロいだけ

83名無シネマさん(庭)2018/04/25(水) 00:05:28.44
これスラッシャー映画と間違えてない?

84名無シネマさん(空)2018/04/26(木) 13:00:52.67
>>83
スラッシャーがスプラッターに近いと思う
血しぶきが舞うって表現だから
もうちょっと、血みどろだけどね

最近のあの手ので、スプラッターという表現自体使わないでしょ
普通にグロ、監禁もの、血みどろって感じでいいと思う
スプラッターしゃないよ
昔風でいうと、ゴアムービーってのが
一番ぴったりくるんだけどね

85名無シネマさん(大阪府)2018/04/26(木) 14:16:13.90
>>84
80年代からスプラッターって血と臓物が出てくる残酷描写のある映画を指してたよ。スプラッター映画の代表的な監督でハーシェル・ゴードン・ルイスが紹介されてたし、ギニーピッグもスプラッター映画として紹介されてた。悪魔のはらわたなんかもそうだったし
13日の金曜日なんかはともかく、スラッシャー映画の代表みたいなハロウィンなんかはスプラッターとは言われてなかったと思うけど

86名無シネマさん(dion軍)2018/04/30(月) 00:03:13.97
>>85
みんなハロウィンはスプラッターの代表みたいに言ってるけど
むしろハロウィンをスラッシャーと呼ぶの見た事ない
スラッシャー映画ってもっと淡白な感じ

87名無シネマさん(dion軍)2018/04/30(月) 00:10:30.72
>>84
今のスプラッターっていってるものと
昔スプラッターっていってる表現って違うよね

今はとっちかというと痛みや苦しみを題材にしてる
生きてる人間を拷問してグロはグロだけど向きが違って
そんなに血は出ないけど、欠損と顔の苦痛の歪み
みたいな

昔のは殺される人間に痛みの描写はない感じ
死体をどう衝撃的に見えるか
『きゃ〜』ってお客さまの声を狙ってる
箱を開けた時、バスルームのカーテンを捲った時

88名無シネマさん(やわらか銀行)2018/04/30(月) 08:17:38.00
1999年のオーディション以降、拷問演出を取り入れた作品が注目を集めたけど、
2008年のマーターズが決定版となりそれ以降は下火よ

89名無シネマさん(dion軍)2018/04/30(月) 18:05:56.09
視点が違うんだと思う
やられる側から見た血液
拷問される側から見た拷問、殺される側から見た殺戮場面
切り刻まれる側から見た、切断

もともとスプラッターはこんな感じじゃないかな
第三者から見た殺された死体、第三者から見た血液
主人公から見た他人の血液

主人公が入ってきてそこで見たものは、血液

主人公はまだ無傷
だからこそ助かりたいって気持ちが恐怖を産むんだと思う

切り刻まれるのが自分だったらもう「助かりたい」とかそういう段階じゃないから
ただのグロ映像
”痛み”

90名無シネマさん(dion軍)2018/04/30(月) 18:10:22.15
結局「助かりたい」って気持ちが恐怖を産むんだから
助かりようがなかったり、なるようになるだけなのはただのグロ映像にしかならないと思う
それか「痛み」

91名無シネマさん(家)2018/04/30(月) 23:18:36.30
80年代はどんな映画も結構一般的知名度が高かったな

エンタメ作品はもちろん、文芸映画も、スプラッターも、ミニシアター系も、
わりと映画ファンじゃなくても名前は聞けばわかるって感じだった。

スプラッターなんかも、非現実的すぎてむしろ楽しめる感覚だった
今はなんか陰惨になってるよね
マーターズなんかあらすじだけで観る気もしないわ

92名無シネマさん(やわらか銀行)2018/04/30(月) 23:38:06.47
マーターズ最高やで
観た後2日くらい引きずった

93名無シネマさん(大阪府)2018/04/30(月) 23:53:42.21
リメイク版はイマイチだけどな

94名無シネマさん(やわらか銀行)2018/05/04(金) 18:58:16.92
昔のスプラッター映画って今一つ得意じゃないんだよな
若い女が甲高い声でキャーキャー騒ぎながら逃げてくだけの喧しい印象があって

95名無シネマさん(dion軍)2018/05/05(土) 17:25:33.38
そう、視点が違うんだよね
血まみれになるのは第三者で、キャーキャーいう(怖がる)のは主人公(感情移入対象)

今のスプラッタは血まみれになる(痛がる)のが主人公(感情移入対象)

昔のは怖いけど、今のは痛い

96名無シネマさん(カナダ)2018/05/05(土) 19:33:38.38
それは単なる思い出補正

97名無シネマさん(dion軍)2018/05/06(日) 05:12:58.21
>>96
実際そうなってるよ

今のスプラッタは登場人物が血まみれになりながら叫び続けてる場面ばかりで
昔のスプラッターは血まみれで殺されてるのは視点人物以外の人物で、その殺された人を見てキャーキャーいってる人物は無傷

98名無シネマさん(dion軍)2018/05/06(日) 05:18:03.89
切り刻まれてるけどなかなか死なない主人公
切り刻まれてるから感じる感情は”痛い”

無傷の主人公が、仲間の惨殺された姿を見て感じるのはこうなったらどうしよう”怖い”

99名無シネマさん(dion軍)2018/05/06(日) 05:23:48.47
それと今の作品は他人を殺す描写もするけど
昔のと意味合いが違ってる

今の作品で他人を殺すのは”痛み”を与える目的

恐怖っていうのは定まらない未来に対して感じるものだと思う
「〜なったらどうしよう」
みたいな

それ以上どうしようもない、定まった未来で、精神的にダメージだけを与えるだけのは”痛み”
脅しとか脅迫の類では?

100名無シネマさん(やわらか銀行)2018/05/27(日) 02:11:11.58
たしかに「怖い」より「痛い」演出が多いな
ホラー以外のジャンルでグロ描写が増えたので刺激が足りなくなったわな

101名無シネマさん(dion軍)2018/05/28(月) 19:27:04.96
「刺激」っていうのは「恐怖」とは別の要素だと思う
驚いたり、衝撃を受けたりそういうその一瞬だけのが刺激でしょ

102名無シネマさん(dion軍)2018/05/28(月) 19:36:58.70
今の作品の恐怖だと思って与えてるのは衝撃
どれだけひどいグロでどれだけひどいか

でも本当の恐怖って違うよね
こう

【序盤】
なんかいかにもなんか怪しい場所を調べようとする主人公
一歩、一歩、近付き、調べようと手を伸ばす
すると
⇒思い過ごしだった、良かった

【後半】
同じようなパターンで
怪しい場所
⇒血みどろで惨殺された同僚が見つかる



今のはただの見た目だけで心理を理解できてないから薄っぺらいんだと思う
その場その場でのただの脅かしや威圧にとどまる

103名無シネマさん(やわらか銀行)2018/05/28(月) 20:26:57.78
せっかく悪魔のいけにえやってるのにな

新着レスの表示
レスを投稿する