アルバム全曲レビュースレ in 邦楽版28th [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しのエリー2015/12/11(金) 00:50:18.17ID:I7fDMyB10
商業誌/サイトにありがちなオブラートにくるまれているようなレビューではなく、率直なアルバムレビュースレ。

【基本精神】
レビューの数が多いとレビューの精度が上がります。
カブっても気にせずあなたの視点で批評してください。

【ローカルルール】
◆レビュー中の割り込みレスは控えましょう。
◆レビューする側は十分に準備をして短期間に投稿を終えてください。
◆レビューを読む人にとってレビューのレビューは通常のレビューと紛らわしいので禁止。
◆レビュー以外の長文の投稿はスレのサイズオーバーを招き、本来のレビューの邪魔なので禁止。
◆反応すると削除依頼が通らなくなるので上記に対するレス禁止。(上記と同類にみなされます)
→反応さえしなければ削除依頼が通る可能性は十分にあります。
参照:http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1117204058/60
→13thスレで削除依頼通りました。
参照:http://music7.2ch.net/test/read.cgi/musicj/1155204694/78-83
◆上記について何か言いたいことや議論したいことがあれば避難所へ
URL:http://jbbs.livedoor.jp/music/16782/

新レビュー保管サイト
http://www10.plala.or.jp/puusan/review/al_dom/al_domtop.htm
旧レビュー保管サイト
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Guitar/3494/index.html

594名無しのエリー2017/09/26(火) 11:36:22.67ID:RK8gX7oA0
6.春 ★★★★
ファンの間では人気のあるバラード。確かにいい曲ではあると思う。
どこか暗さが抜けきらないメロディーとか初めの歪んだギターの音とかもなかなかいい。
バラードでここまでシリアスな雰囲気の曲はなかなか無いんじゃないかな。あとは「Raging River」とか?
サビの歌謡曲っぽさが全開なメロディーがたまらんです。

7.破れぬ夢をひきずって ★★
ん〜〜、なんというか物足りないデキ。悪くはないけど全体的に長い。ラストのシンセも蛇足だった気がする。
でもベースはカッコいいです。

8.LADY NAVIGATION ★★★☆
あのバブリーなシングル曲がここまでブルージーな雰囲気に変貌するとはビックリ。
コーラスの人の乾いた感じの声がさらにその雰囲気を増長させるけど、これがなかなかいいんですよ。
歌詞も英語になっているのであの色んな意味で恥ずかしい歌詞が苦手だった人にはちょうどいいかもしれない。

9.もうかりまっか ☆
B'z最大の迷曲。とりあえず最後のシャウトは物凄いですが…
初めて聴いたときは訳の分からなさにフリーズしましたwwww

10.Farewell Song ★★☆
まあ最後は手堅くバラードで、って感じです。ホーン隊とかラストの「Hey Jude」みたいなコーラスから感動してください!って雰囲気が見える。
別にこれも悪くないけど、「春」とかに比べちゃうとどうしても3段ぐらい落ちるなあ。
ラストの稲葉の「こひしかるべき〜」にはワロタ。

総評. ★★★★
B'zがテレビ出演を全然していなかったいわゆる「暗黒時代」に出された7枚目のアルバム。
当時こういう内容のアルバムを2枚組で出したというのはなかなか凄いと思う。
今ではもっとハードな作品が出ていて完全にHRの方向に行ってしまったので、今聴くとポップに聴こえるかもしれないけど。
「暗黒時代」という言葉からも分かるように若干敬遠されがちなアルバムだが、全体的にはいい曲が結構揃っている。

595名無しのエリー2017/09/26(火) 11:36:50.88ID:RK8gX7oA0
でもぶっちゃけ2枚組で出さなくても良かったのでは?とも思うけど。曲数が多いのでもたれる部分はどうしてもある。
3〜4曲ぐらい削ったらもっと締まった作品になったかも。
あとこの後出た「MOTEL」というシングル曲もこのブルージーな雰囲気を受け継いだジメジメとした暗いバラード(誉めてます)になってて、それもこのアルバムに入ってたら良かったかも。
逆にこれに当時出ていた「愛のままにわがままに〜」とか「裸足の女神」は絶対この雰囲気には合わないww
2枚組という部分もあるのでB'z初めの1枚には合わないと思うけど、興味を持ったら4〜5枚目ぐらいに聴いてみたらいいんじゃないかなと思います。

596名無しのエリー2017/09/26(火) 12:04:09.11ID:3BTGdy180
乙です

597名無しのエリー2017/09/26(火) 21:58:34.72ID:6cSGZ9RW0

もうかりまっかは歌詞はアレだけど
音はブルース全開でカッチョええよね

598悪魔崇拝イルミ○ティ2017/09/28(木) 04:26:42.45ID:Ub79N/Rb0
日本人に謝りたい―あるユダヤ人の懴悔

日本国、日本民族破滅計画

・家族制度破破壊
・義理人情抹殺
・拝金主義
・突端主義
・恋愛至上主義
・3S政策事なかれ主義(Screen Sports Sex )
・享楽主義
・俗吏属僚横行
・否定消極主義
・愛国心の消滅  等々

599名無しのエリー2017/10/05(木) 12:29:57.35ID:d1YZ0/Ei0
>>595

600名無しのエリー2017/10/06(金) 15:10:15.52ID:mt966AbN0
ユニコーンの『イーガジャケジョロ』か『ゅ 13-14』お願いします

601名無しのエリー2017/10/14(土) 15:41:48.08ID:SP++Gh2K0
くるりのTOWER OF MUSIC LOVER 2をどなたか…

602名無しのエリー2017/11/02(木) 12:17:26.75ID:IraUOfOT0
米津オナシャス

603名無しのエリー2017/11/05(日) 23:56:36.13ID:aWAWVE9X0
需要あるか分かんないけどDOESのレビューさせていただきます…。
DOES 『INNOCENCE』(7th/2016)
1.晴天 ★★★☆
かの有名な代表曲「曇天」へのアンサーソング。後期DOESの「明るくてキラキラした、希望に満ち溢れた」曲調が前面に押し出されてるが、その中では割と良い部類に入ると思う。
2.KNOW KNOW KNOW ★★☆
「銀魂」とのタイアップ曲。過去の「銀魂」のタイアップ曲と比べてもパンチが弱く地味な曲になっている上、歌詞もどこか薄ら寒さを覚える。(特に2番サビの「最強の未来掴め」とか)
3.千の刃 ★★★☆
「銀魂」用に書き下ろして没になった曲。歌詞や曲調がどこか狙いすぎな気がするが、KNOW KNOW KNOWに比べたらどっちもマシなのでこっちをOPにしてれば恐らくもうちょっと売れてた?
4.熱情 ★★★★
昔からの得意分野でもあるアングラな空気感が満載の曲。どこかアナログな音質がこの曲の良さを決定づけている。ただ歌詞は少し狙いすぎ。もうちょっと捻った表現にしても良かったかも?
5.ヘイヘイヘイ ★★★
語ることも特に無いくらいひたすらポップな曲。後期のDOESは合唱というか、掛け声多いよなあ…。
6.銀色の夜空 ★★★★☆
曲調は『MODERN AGE』の頃を彷彿とさせる切り刻むようなハードなサウンドになっていて非常に好み。ただ歌詞がストレートなメッセージをつらつら並べただけなのが非常に非常に残念。惜しい!
7.AADA...(Interlude) ★★★★★
まさかの初インスト。しかもInterludeって副題付けてる割にボリュームは結構がっつりしている。個人的にはこのアルバムのハイライト。90年代のオルタナ、グランジ、インディーが好きなら絶対ツボに入る。構成もシンプルながら完璧。

604名無しのエリー2017/11/06(月) 00:13:26.44ID:hYoRCvpp0
8.バカヤロウ ★★★
「ヘイヘイヘイ」の再来?歌詞はまだこっちのがしっかりしてる。
9.Vampire ★★★★
サバスっぽいって本人たちは言ってたけどメタル要素はそこまでない気も?まあかっこいいので問題なし。
10.まほろば鬼灯 ★★★★
フォーク。悲しげな歌詞とチェロやピアノの音色がマッチして泣ける。
11.イノセンス ★
地味!!!全く印象に残らない。
12.ロックンロールが死んで ★★★★
めっちゃブルーハーツ。シンプルすぎる気もするが、この青臭さがたまらない。ラストに持ってきたのも良い判断だと思う。
総評 ★★★★
DOES活動休止前最後のアルバム。本人たちは最高傑作と自負していたが、実際のところそうかと言われればそうではないと思う。
全体的に見て今までやってきた音楽の総括という感じだが、後期型(特にカタルシス付近)の曲がこのアルバムのイメージをマイナスにしている気がしてならない。「銀魂」のOP曲も完全に肩すかし。
ただ何度も聴いていくうちにスルメ的にハマってくる中毒性はあり、良曲も複数あるので傑作ととらえて良いと思う。
今DOESは活動を休止し、Vo.Gtのワタルは自身の新バンドを率いてソロ活動、Drのケーサクはファズピックスのメンバーとして活躍している。
再び活動を再開したその時には、初期の頃のような曲をより沢山手掛けることに期待したい。(最近のワタル氏の曲を聴いてるとあまり期待はできないが…)

605名無しのエリー2017/11/06(月) 00:16:14.45ID:hYoRCvpp0
拙い下手くそなレビューですいませんm(_ _)m

606名無しのエリー2017/11/06(月) 06:07:30.50ID:r50yLguE0
乙!

607名無しのエリー2017/11/06(月) 15:15:52.72ID:QNjpOV150
乙です

608名無しのエリー2017/11/11(土) 22:49:08.63ID:199Nrpp40
>>602
米津玄師/BOOTLEG
1.飛燕 ★★★☆
今作のオープニングトラック。前作の「アンビリーバーズ」を彷彿とさせる曲調だが、こちらは比較的生音が目立つ。コーラスワークとアコギが秀逸で、地味ながらも良くできた佳作。
2.LOSER ★★★★☆
両A面で発売された5thシングルの片面。ハチ時代の尖ったサウンドと前作から取り入れたポップサウンドがうまく融合させたダンスチューン。ヘビーなギターがとそれを支える複雑なリズムトラック
がこの曲のポイント。歌詞は過去のミュージシャン達を揶揄するようなフレーズが出てきたりと、
かなり過激だったりする。
3.ピースサイン ★★★★
アニメ「僕のヒーローアカデミア」のOPとして製作された7thシングル。
今作では最もキャッチーかな。「これぞアニソン!」と言わんばかりの取っつきやすいメロディー、
フックのある構成を持った曲。
今作では比較的アレンジがシンプルなのも特徴的で、 より「バンド感」が出ている。
かなり抽象的であるにもかかわらず、作品の世界観が連想できる詞も評価ポイント。間奏のギターソロ?には比較的ハチっぽさが感じられるかな。

609名無しのエリー2017/11/11(土) 23:06:04.93ID:jVrFq+Fx0
4.砂の惑星(+初音ミク) ★★★★☆
ボカロ曲として、ハチPとして、米津が久しぶりにリリースした一曲をセルフカバーした曲。
いつも通りといった感じで、今作では一番ハチらしさが現れた曲。トラックはお得意の
ガチャガチャとしたもので、様々な音が飛び交い聴いていて楽しい。歌詞は衰退したボカロ
業界を彷彿とさせるもので、当時賛否両論を巻き起こした。(米津はこの曲が原因で友達と
大喧嘩したらしい。)一応クレジットに初音ミクとあるが、存在感は皆無である。
5.orion ★★★☆
アニメ「三月のライオン」エンディグテーマとなった6thシングル。既発曲の連発でそろそろ
嫌になってくる。冬を感じさせる壮大なバラード。初めて聞いた時は微妙だと感じたが、こうして改めて聞くとストリングス
のリフと後半からメインとなるピアノなどが味わい深いことに気づいた。♪4とは対照的に、トラックが比較的シンプルなのも
特徴的。後半の溜めからの大サビ、そして残る余韻が素晴らしい。アップテンポな曲が続いて
きたので、アルバムのいいアクセントになっている。

610名無しのエリー2017/11/11(土) 23:30:45.51ID:OlMU1Jz10
6.かいじゅうのマーチ ★★★
ノスタルジックで牧歌的な曲。歌詞に「今日の日はさようなら」の一節が引用されている。
心優しい「かいじゅう」を歌った曲で、アレンジも可愛らしい。なんだか童謡みたい。
アルバムの癒し枠?
7.Moonlight ★★★★
アルバムの最後にできた曲。幻想的なシンセの音色が特徴的な、R&B調のダウナーかつサイケデリックな怪曲。
ボーカルやコーラスにかけられたエフェクトも良い。余談だが、歌詞に「HUNTER×HUNTER」が登場しており
初めて聞いた時は少し笑った。
8.春雷 ★★★★★
今作のハイライトだと思う。恋に落ちる瞬間を歌った、緩やかなダンスナンバー。個人的に
フジファブリックを連想した。テンポはそれほど早くないが、A,Bメロではメロディを詰め込むような歌い方が疾走感
を演出している。恋に落ちた時の舞い上がった気持ちを表現したような、不思議と高揚感に溢れた一曲。
9.fogbound(+池田エライザ) ★★★★
これまたダウナーな一曲。使われているサウンド、かかったエフェクトなど♪7と被っているが、
うまく差別化は図れていると思う。その要因の一つが、サビにかかる池田エライザのコーラス。
池田の出番はそれだけなのだが、幻想的で心地よく、雰囲気づくりに大切な役割を果たしている。
特に変化もなく淡々と展開していくが、後半になるにつれて気分が高揚していく不思議な曲。

611名無しのエリー2017/11/11(土) 23:54:29.21ID:zQB9W0BW0
10.ナンバーナイン ★★★☆
♪2とともに出た両A面先行シングルのもう一面。「ルーヴルNo.9展」にイメージソングとなっている。
これも初めての時は微妙に感じたが、アルバムでは比較的癖の強い曲に挟まれていて、
いい清涼剤になっている。前作「Bremen」の延長線上にあるような、キャッチーな曲。
Bメロで色々な音が入り乱れており、面白い。歌詞は退廃した世界が描かれており、♪4とかぶる。
11.爱丽丝 ★★★☆
タイトルは「アリス」の中国語表記。曲名は友人が胸にしていたタトゥーから。ギター、キーボードにKing Gnuの常田大希、ベースに
八十八ヶ所巡礼のマーガレット廣井、ドラムに元パスピエのやおたくと米津の飲み仲間が参加したカオスな一曲。
比較的これもハチ曲に近いかな。「YANKEE」に収録されていそうな猥雑な雰囲気のアッパーチューン。
ゲストプレイヤーの個性が光る佳作だが、尺がやや短いのが残念。
12.Nighthawks ★★★
♪3同様、四つ打ちを基調としたシンプルなロックチューン。米津が敬愛するBUMP OF CHICKENやRADWIMPS
に向けた曲らしい。正直あまりにも正統派すぎて印象が薄い。ライブでは盛り上がるけどね。

612名無しのエリー2017/11/11(土) 23:57:42.19ID:82jWCrwr0

613名無しのエリー2017/11/12(日) 00:11:30.51ID:kg3sgmsO0
13.打上花火 ★★★★
DAOKOとコラボした映画主題歌のセルフカバー。オリジナル版はピアノやストリングスを大幅に取り入れた
華やかなバラードだったが、今作では音数が大きく減り、アンビエント調の幻想的な曲に。さしずめ線香花火である。
メロディも一部書き換えられている。オリジナルが青春真っ只中なら、これはそれを回想している途中のように感じた。
14.灰色と青(+菅田将暉) ★★★★★
意外すぎるコラボ先が話題となったアルバムリード曲。まあアルバムの最後にありがちなバラード
なのだが、これが素晴らしくいい。珍しくあくまで「歌」をメインとしたシンプルなアレンジが
より一層曲の雰囲気を盛り上げている。感傷に浸りながらこのアルバムは幕を閉じていく

614名無しのエリー2017/11/12(日) 00:37:35.35ID:kg3sgmsO0
総評 ★★★★☆
米津玄師が2年の歳月を破って世に送り出した4thアルバム。今作は6曲とこれまでのアルバムで最も揮発曲の多いアルバムとなった。
全体的に前作で見せたポップなサウンドを引き継ぎながらも、音の幅をぐっと広げ、
当時にかつてのサウンドを戻ってきたなという印象。
これは米津自身の変化もあるし、様々なアーティストと関わりあったことにより得た刺激が原因でもあるだろう。
また、こうして聞くと米津は職人気質だと感じた。タイアップ曲はしっかりとタイアップ先にぴったりと合うように
曲や歌詞を作ることができ、同時にアルバム曲では自身の個性や遊び心も忘れない、隙のないアルバムだと思う。
クオリティとしては十分なのだが、不満をあげるなら、今作、新曲が少ないのだ。一応8曲分は
あるのだが、これまで10曲以上は安定して新曲を入れてきたことを考えると明らかに少ない。
また、欲をいえばもう少しハチを感じさせる曲やこれまで聞いたことのない新境地となる
曲が欲しかった。米津は各アルバムごとに大きく作風を変えるので、今後の期待を込めて星五つ
はつけないこととする。

615名無しのエリー2017/11/12(日) 09:07:14.16ID:sjLbL4jh0
ありがとうございます〜

616名無しのエリー2017/11/15(水) 15:45:24.60ID:7gLreRCk0
B’zのACTIONお願いします

617名無しのエリー2017/11/25(土) 03:41:30.41ID:ukZzbFU30
リクエストを無視して久しぶりに需要があるかわからないけどアルバムレビュー挙げます。音楽用語とかの知識はガバガバなので勘弁してください。

PAUSE-STRAIGHTENER Tribute Album-

1.ROCKSTEADY/MONOEYES ★★★★★
原曲とほぼ変わらないアレンジで細美武士が歌い上げた曲。音はストレイテナーなのに声だけでMONOEYESの持ち曲だと感じるような親和性があり、バンドと曲が素晴らしくマッチした良いタッグ。

2.KILLER TUNE/go! go! vanillas ★★
ホリエが曲のプロデュースを手掛けたこともあるバニラズが、重厚な原曲を大胆にカントリー風にアレンジした一曲。あまりに大胆すぎるアレンジで原曲の要素が欠片ほどしか残っていないのが残念。バニラズにしては珍しい英語詞の曲。

3.シーグラス/back number ★★★★
切なくも爽やかさある原曲を完全にバクナン得意のバラードに作り変えた一曲。歌詞が表す夏の終わりの切ない雰囲気とバクナンの泣きメロが良い感じに調和しており、MONOEYESとは違う意味で良いタッグ。

4.SIX DAY WONDER/ACIDMAN ★★★★☆
物静かなミディアムバラードを壮大な展開に仕立て上げたACIDMANの一曲。一番のバラード調から二番のサビ時点でダンサブルに広がった上に、最後はパンキッシュに駆け抜けるという彼らだからこそ作り上げられた贅沢なアレンジ。

618名無しのエリー2017/11/25(土) 03:44:17.95ID:ukZzbFU30
5.冬の太陽/majiko ★★★☆
本アルバム唯一の女性ボーカル曲。原曲は切ない歌詞な割に激しかったのが、アコギを基にしっとりとした雰囲気にアレンジされている。ただ、シンセ音やエレキギターの音がやや派手すぎるのが個人的には残念。

6.Melodic Storm/9mm Parabellum Bullet ★★★★
原曲の疾走感は残しつつも9mm流のヘビィなサウンドでカバーした一曲。
9mmといえばスピッツのトリビュートでも"らしさ"を全開にしながらも根は忠実にカバーしたりするので個人的には当たり外れ抜きでトリビュートで名前を見ると楽しみなバンド。今回は当たりの部類。

7.TRAVELING GARGOYLE/SPECIAL OTHERS ★★★★☆
本アルバム唯一のインスト枠。バリバリのロックサウンドをカフェで流れてそうなオトナな雰囲気に改造するあたりスペアザのセンスは素晴らしいと思う。メロディに乗せて響く鍵盤が心地よい。

8.シンクロ/THE BACK HORN ★★★☆
原曲に近いアレンジながらも、バクホンの力強さが随所に滲み出たバラードナンバー。アウトロのギターソロは特にパワーを感じて好きだが、どうもAメロあたりでボーカルがねっとりと聞こえてそこが微妙だった。
個人的にはバクホンは激しい方が好き。

9.REMINDER/My Hair is Bad ★★★☆
個人的に本アルバム一番の魔改造と認定する一曲。文字数多めに駆け抜けるロックサウンドの上に、Aメロには本来無い歌詞も詰めこみ完全に自分達の曲として支配している。
聴く人によって好き嫌いは大きく別れると思うが、割り切ればなかなかに面白いと思う。しかしここでも椎木は彼女を用いるのか。

619名無しのエリー2017/11/25(土) 03:45:34.01ID:ukZzbFU30
10.SENSELESS STORY TELLER STORY/ASIAN KUNG-FU GENERATION ★★★★★
恥ずかしながら原曲を知らなかったのでトリビュートに合わせて慌てて原曲を聴いたため、原曲とカバー曲を聴く順番が逆になってしまった。ただ、あとで原曲を聴くとアジカンとのマッチ具合がかなり高く感動した。テナーの1番のファンを公言するゴッチの愛が詰まった一曲。

11.Farewell Dear Deadman/the pillows ★★★★
このトリビュートアルバムが出来るきっかけとなった恩師によるカバー。原曲よりもよりシンプルにアレンジされているが決して元を崩さないようにカバーされており、これもまたテナーへの愛を感じた。

12.SAD AND BEAUTIFUL WORLD/ストレイテナー ★★★★
かつて行った人気投票で一位に輝いた事もある曲をテナー自身でリアレンジした一曲。イントロはピアノでより叙情的に、元が2003年の曲ということもあり全体的にはややスタイリッシュにまとまっている。

総評 ★★★★☆
ストレイテナー20周年を記念して作られたトリビュートアルバム。メンバーも選曲やバンド選びに関わっているとあって、どれもストレイテナーへの愛やリスペクトを感じさせられる。
若手は若手らしく自分たちの個性をぶつけ、テナーと年代の近いバンドは自分達の色を残しつつも原曲に限りなく雰囲気を近づけて、トリビュートアルバムとしての1つの理想形を聴かされた。
テナーファンは勿論、参加バンドのファンもストレイテナーへの入口としてオススメできる。

620名無しのエリー2017/11/26(日) 18:02:02.68ID:aOSkmi350
乙。やっぱり3人時代の曲が多いね

621名無しのエリー2017/11/29(水) 00:12:22.78ID:Dj9VXfA20
みなさん乙乙

ACTION B'z

1.純情ACTION ★★★☆
いきなりエンジン全開なナンバー。B'zらしいと言えばB'zらしい。
3分ちょいと無駄も少なくコンパクトな曲。悪く言えばこじんまりとして少し地味。
内容はなにか行動しろ!という稲葉らしいメッセージ。ACTION〜ACTION〜♪の掛け声はなかなかダサくて良し。

2.黒い青春 ★★★★★
ジャズテイストの疾走感あるハードロック。タイトル通り苦々とした青春曲。
昔の2ちゃんねらーなら共感するのも多そうな歌詞。個人的にも色々来るものがある。
稲葉ソロとかならもっとねちっこく暗くなりそうだけどB'zなので良い感じにライト。曲調は重いけど。
ラストの鬱屈とした感情を爆発させたようなシャウトは圧巻。根暗な名曲。

3.SUPER LOVE SONG ★★★★☆
シングル。B'zらしいハードロックナンバー。スーパーなラブソングと言いながらノリノリな曲。
最初聞いたときはなんじゃこりゃと思ったが聴いてると段々クセになってくる。ドラムが激しくてかっこいい。

4.満月を照らせ ★★★
ハードな曲3連発からようやく落ち着いた曲。どこか微睡むようなギターが印象的。
ぼんやりとした曲調だけどテーマはいじめという重い内容。耳が痛い人も多いかもしれない。

5.パーフェクトライフ ★★★★
軽快でノリの良いナンバー。色々とハードなのが続いたのでなんかホッとする。
鬱々とした気分を吹き飛ばすような爽快感がある。歌詞に共感できる人も多いのでは。

622名無しのエリー2017/11/29(水) 00:14:54.85ID:Dj9VXfA20
6.一心不乱 ★★★☆
松本の青春を歌ったという曲。稲葉の歌い方いつもと違うのでちょっとモヤっとする。
タイトル通りわき目もふらず一心不乱に頑張れという内容。がむしゃらにひきこもれ!という歌詞が目から鱗。

7.FRICTION - LAP2 - ★★★
全英詞のロックナンバー。元は#3のカップリングだけどアルバムバージョン。
レースゲームの主題歌だっただけに疾走感満載。オリジナル版のほうが好きだけど。

8.ONE ON ONE ★★★★
ピアノが印象的なミディアムテンポなバラード。「OCEAN」みたいないかにもって感じではなく良い感じにポップ。
爽やかで軽やかなサウンドで聴いてて心地いい。あまりB'zにない無いタイプの曲で新鮮に感じる。

9.僕には君がいる ★★☆
ピアノ中心のバラード。B'zとしては珍しくギターがまったく登場しない。
壮大とか仰々しいというわけではなくものすごく普通。ギターソロからCメロまでが少し賑やかな程度で基本しんみり。
亡き人を想う曲なので沁みる人は沁みる。アクが強い曲に囲まれてるのでなんか埋もれてしまった感がある。
今作は曲数が多いのでこの曲ぐらいから若干ダレてくる。

10.なんという幸せ ★★★★
働いても働いても楽にならないワーキングプアを歌ったナンバー。50年代のアメリカポップスを意識してるらしい。
内容曲調と聴いてて息苦しい。無理やり幸せだと言ってるようで痛々しい。タイトルとは裏腹にどんどん不幸な気分になっていく。
あまり救いの無い曲だけどそれがなんだかクセになる気がする。

623名無しのエリー2017/11/29(水) 00:20:20.93ID:Dj9VXfA20
11.わるいゆめ ★★★★☆
ジャズっぽいアレンジの曲。稲葉お得意の女に捨てられておかしくなった男の歌である。
歌詞はちょっと変わってる表現が多くユーモア。相変わらず稲葉の作詞ってちょっと斜め上。
地味だけど完成度は高いと思う。

12.HOMETOWN BOYS' MARCH ★★★
前3曲から打って変わって底抜けに明るい能天気な曲。B'z史上最もハイテンションだと思う。
初めて聞いたときは面食らったが取りあえず楽しい曲ではある。展開も多く面白い。
それでもちょっと気恥ずかしさはあるけど……。

13.光芒 ★★★★★
「HOMETOWN BOYS' MARCH」と打って変わり暗くハードなバラード。今作は振れ幅が大きい流れが続く。
とにかくひたすらに暗い。思い通りにいかない現実を嘆いた歌詞が心を抉る。おい稲葉やめろ。
それだけにラストの大サビは感動的な気分にさせられる。暗い闇に光が射すような怒涛の展開が素晴らしい。
大サビの歌詞はなかなかの名フレーズだと思う。B'z屈指のバラード。

624名無しのエリー2017/11/29(水) 00:23:10.99ID:Dj9VXfA20
14.トラベリンメンのテーマ ★★
「BIG」や「あいかわらずなボクら」のようなお遊び曲。箸休め的な脱力ソング。
悪くは無いけど今までのそれらに比べるとネタ的に弱い。

15.オレとオマエの新しい季節 ★★★★
ラテン調のナンバー。珍しくコンガなんか参加させて本格的。
2番途中から松本のエレキギターが主張しだしたときは笑った。終盤へ掛けての盛り上がりが最高。

16.永遠の翼 ★★★
シングル。「OCEAN」のような壮大なバラード。悪くは無い出来だけどちょっとベタすぎる。

17.BUDDY ★★★☆
あまりB'zらしくない曲が多かった今作だが最後の最後はB'zらしいロックナンバー。元は前作「MONSTER」のボツ曲。
力強い歌詞が良い。BUDDYとは相棒という意味だけど松本のことを歌ってると思うと仲良すぎて笑う。

総評 ★★★★☆
2007年に発売されたB'zとしては16枚目のオリジナルアルバム。1枚組のアルバムとしては過去最多の17曲入り。
テーマがマンネリの打破ということなので今までB'zがやらなかったようなタイプの曲が多い。実験的。
雰囲気は全体的に暗め。タイトル通り「ACTION起こして現状を変えろ!」という内容の曲が多い。
B'zの王道から外れた作品なので「ultra soul」的なのを期待するとがっかりするかもしれない。初心者には不向き。
あとさすがに曲数が多すぎるので通して聴くと中盤でダレる。ダークな流れが続くので聴き終ると若干の疲労感。
それでもハマる人はとことんハマる一枚だと思う。稲葉の暗い歌詞が好きな人はかなり気に入りそう。
人によってはオンリーワンな作品。個人的にも偏愛な一枚。

625名無しのエリー2017/11/29(水) 00:27:50.09ID:Dj9VXfA20
>>621
満月を照らせじゃなくて満月よ照らせで

626名無しのエリー2017/11/29(水) 14:52:07.15ID:ivJG36dc0
おぉ、乙です!
ニューアルバム発売おめ

627名無しのエリー2017/12/18(月) 22:10:43.46ID:q2z1rPMd0
GRAPEVINEの「ROADSIDE PROPHET」

1.Arma ★★
シングル。
「このままここで終われないさ」「物語は終わりじゃないさ」という歌詞や高らかに鳴るホーンから前向きな気概が感じられ、とても頼もしい。
曲自体は今ひとつ突き抜けない感じがしてあまり好きじゃない。

2.ソースオペラ ★★★★★
前作からの流れを感じるウネウネシンセから始まる曲。
楽器各々の表情がとても豊かで聴いていて気持ちが良い。
田中さんお得意のちょっと暗めの短編集の一遍みたいな雰囲気の歌詞に心地よくモヤモヤさせられる。

3.Shame ★★★★
Armaのカップリングで、このアルバムの中で一番テンポが速い曲。
「カッカッカッカッ」と引っ掻くようなイントロが印象的。
曲の感触としてはKOL(キックアウト ラヴァー)に近いかな。

628名無しのエリー2017/12/18(月) 22:12:12.94ID:q2z1rPMd0
4.これは水です ★★★★
田中さんの気だるげな歌唱や鬱屈した音を鳴らす弦楽器からこれは悲しい曲なのかなと思いきや「何者も悔いたもれ〜」のところで急に茶化すようなメロディを入れてきてびっくり。怪曲。

5.Chain ★★★★★
先行配信曲。
少年の複雑な心情を落ち着いた調子で歌い上げる。
めちゃくちゃ好き。

6.レアリスム婦人 ★★★★
小気味良い音のギターから始まり、最後まで程良いテンションで踊れる曲。ライブだとさらに楽しめそう。
「戦慄(わなな)かせる」なんて言葉は初めて聞いた。

629名無しのエリー2017/12/18(月) 22:13:45.64ID:q2z1rPMd0
7.楽園で遅い朝食 ★★
うーん曲に関しては特に言うことなし...嫌いではないよ。
歌詞は婉曲的だけど結構メッセージ性の強いことを言ってると思う。

8.The milk (of human kindness) ★★
演奏は激しいけど歌のトーンは終始低い。
俯きながら横に揺れる感じ。かなりのスルメ曲(死語?)

9.世界が変わるにつれて ★★★
...正直言って7曲目からここまでの3曲は地味というか素朴というかなんというか。
この曲はイントロが好みだから★+1

630名無しのエリー2017/12/18(月) 22:16:02.98ID:q2z1rPMd0
10.こめかみ ★★★★
またマッタリか...と思いきやこれがかなりアツい曲だった。
強い情念のこもった歌詞、曲が進んでいくうちにどんどん熱を帯びていく歌唱と演奏。とてもいい。

11.聖ルチア ★★★★★
前作のラストトラックTOKAKUに引き続き今作も比較的テンションの高い曲で締め括られる。
メロディの良さはもちろん、歌詞の言葉選びも田中節炸裂で最高。
個人的にこの曲がベストトラック。

総評 ★★★★
「曲にフックがない」「全体的に薄味」「落ち着きすぎ」なんて声がちょくちょく聞かれる今作。
自分は名盤!とまではいかなかったけど好きな部類のアルバムだなとは思った。

「インダストリアル」「Two」「NOS」「Neo Burlesque」「太陽と銃声」「流転」「UNOMI」辺りの曲を聴く時の耳で臨めば割としっくりくると思う。

631名無しのエリー2017/12/19(火) 03:10:26.00ID:Chy/P3c90
>>630
乙です
バインはクオリティ安定してて良いよね

632名無しのエリー2017/12/19(火) 12:18:47.62ID:1by16T5q0

実際ライブのレアリスム婦人は楽しい

633名無しのエリー2017/12/20(水) 05:03:11.67ID:42qjZUfe0
バイン乙
聴きやすそうでいいね

634名無しのエリー2017/12/20(水) 13:42:21.85ID:xO4HOdOn0
乙ー。
なんか面白いタイトルの曲が多いね

635名無しのエリー2018/01/01(月) 20:52:44.92ID:b2LNY6Rf0
PCで就職しなくても稼げる方法とか

グーグル検索⇒『工藤のジョウノウノウ』

HP9TANCSZQ

636名無しのエリー2018/01/23(火) 04:40:22.56ID:VcfVoxXH0
無名インディーズだけどちょっとぐっと来たので投下

I'm Not Me「Slows」

1.HOPE(or) ★★★★
重めのリフを引っ張りつつ、ひたすらに暗い歌詞をぶちまけるミドルテンポの曲。
完全なシロップやTHE BACK HORNの直系。
とにかく後ろ向きな歌詞と、投げやりなボーカルがばっちりハマる。
「車輪の下から這い出てきた、でもそこも地図には載ってた」
かと思いきやCメロで転調し僅かな希望が見える。
「明日また死ななかったら、明後日生きよう」と終わる

2.I'm Not Me#1
ひたすら潰れた音の鳴るインスト。
正直全体の流れからしたら浮いている気もする

3.プールサイド ★★★★★
本作のベストトラック。
静かな始まりからサビで一気に爆発するバラード。ちょっとCocco的。
歌えてるかスレスレの高音の美メロでぐっと捕まれる。
「箱舟の上でかくれんぼしてた、僕らはいなくなったまま今日だ」と、後ろ向きだがひたすら純粋で美しい歌詞の出来がかなり良い。

637名無しのエリー2018/01/23(火) 04:41:17.44ID:VcfVoxXH0
4.三角点 ★★★★
「三角点に陽が落ちる」
「どうかせめてこのオレンジ色の真ん丸が、僕の走馬燈に不意に笑いかけますように」
と声を張るサビのエモーショナルが全てのフォークロック的なバラード。
amazarashiとかにも近い印象。
今にも自殺しそうな危なっかしいテンションのボーカルが映える。
ラストの転調でぐっと盛り上がり、怒涛のように押し寄せる感情が聴きどころ

5.ロスト ★★★
ミドルテンポで淡々と進む静かな曲。
いかにも打ち込みっぽいメロディアスなベースが印象的。ART-SCHOOLとかPlentyに近い路線。
歌詞はART-SCHOOLよろしくひたすらセックスして絶望してる。
セックスのことを「君は寝そべって仰向けの蛙のポーズ」と描写する変態性。
「機械みたいな瞳」とかART-SCHOOLにもあったよな確か。歌い方も機械みたいになって若干丁寧

638名無しのエリー2018/01/23(火) 04:42:07.91ID:VcfVoxXH0
6.未来 ★★★
ぼやっとしたシューゲイザー的な音像と四つ打ちが不気味な疾走感を醸し出すアップテンポ。
歌い出しから「未来が死んだ」で、以降いかにして未来が死んだのかをしつこく絶望的に繰り返す。
大きな展開をせず、同じリフに何種類かのメロディを乗せて転がしていく手法はシロップ的。
メロディアスなベースもシロップ的。
緊張感と切迫感でグサグサ刺してくるような一曲

7.首都高速 ★★★
90年代J-POP的な作法の、ムーディで夜っぽい雰囲気の歌謡曲ロック。
なんかPlastic Tree思い出した。
ちょっとV系っぽさあるな。
録音時期が違うのか、ボーカルが他の曲に比べてかなり不安定。
ただソングライティングの質は高く、展開が多いが一貫した切ない雰囲気。
「高速バスの車窓程度に投げかけられる感傷」と歌詞も切なげ

8.藍色の彼女 ★★★★
まったりしながらも何となく切ないイントロから始まるバラード。
フォーク路線とシューゲイザー路線の中間といった感じで、総じてポップにまとめている。
感情が前面に出たボーカルがハマっている。
最後に2曲目と同じフレーズが入って意味深

9.夏の死神 ★★★★
いきものがかり辺りがやりそうなポップでかわいい曲調をバックに、不穏な歌詞を不安定なボーカルが歌う怪曲。
「君の好きな夏が過ぎ、僕は口ずさむよ、蘇るように、うだるような夏の光は、ぐちゃぐちゃになって消えたから」というサイコキラーじみた歌詞。
路線としては初期スピッツに近いのか。本作で一番猟奇的かも

639名無しのエリー2018/01/23(火) 04:43:42.48ID:VcfVoxXH0
10.夏がきこえる日 ★★★
ひたすらリフを軸に進んでいくアップテンポの曲。
前曲から引き続き夏の歌。
リフそのものを変えることなく、変化と展開があって飽きさせない作曲センスはやはり高い。
歌詞はやはり切なめで、「さよなら」と連呼して終わる

11.セイゾン ★★★
カントリータッチで歌詞を言い聞かせるようなバラード。
死ぬ直前の走馬燈を見ているような一曲で、タイトルとは裏腹に今にも死にそうな曲。
「今日までいなくなれなかっただけだろう」
「まだ死ねないのかな、まだ終わらないのかな」
と連呼して終わる。
内容としては歌ができたから死んでもいい、みんなありがとう、という感じ

640名無しのエリー2018/01/23(火) 04:44:01.38ID:VcfVoxXH0
12.進化論 ★★★★
アップテンポなイントロから始まり、せわしなく動き回るベースラインが印象的な曲かと思わせて急に静かになる。
路線としては引き続きフォーク系。
しかし歌詞は救いようがなく
「誰でもない体、あるかないかさえ分からない世界で、寂しさが描くだけの妄執に騙されて進め」
「化け物になってしまった僕の夢」
「みるみる駄目になってしまった僕の笑顔」
とどうしようもない

13.スロウ ★★★★
タイトルナンバー。
スローテンポなバラード。
曲名からモロだが中身も気持ちGRAPEVINEっぽいメロディアスなサビが聴きどころ。
歌詞は「不在したことで理解したなら何を見ていたんだろう」
とひたすら喪失感にさいなまれている。
泣きそうな歌い方がこういう曲には似合う

14.遠鳴り ★★★★
元気なリフで進んでいくノスタルジックなミディアムテンポ。
「大体慣れていく」という歌詞が救いのようにもあきらめのようにも繰り返される。
どこかおかしげで寂しげな風景描写を交えながら、とにかくトランス状態に連れていかれる

15.1# eM toN m'I
インスト。2と同じ

641名無しのエリー2018/01/23(火) 04:45:55.11ID:VcfVoxXH0
(総評)
★★★★
京都発一人家バンド、と銘打たれたインディーズバンド、I'm Not Meの1stアルバム。
知り合いに第二の神聖かまってちゃんかもしれないと言われて視聴。
聴いてみたら神聖かまってちゃんというよりは別の何かだった。
メンバーは京大文学部在学の大学院生一人で、打ち込みがメイン

まず目に見えて武器なのはソングライティング能力。
歌詞、曲ともにかなり幅広いジャンルを高いクオリティでこなしている。
特に歌詞はかなりのレベルで、風景にしても心理にしても描写が丁寧で、いかにも文学好きな感じ
歌詞を売りにしようとする多くのバンドと比較しても、語彙力も表現力も相当高いレベル。
言葉は全体的に自己否定に向かうが、風景の描写がとにかく裕なので見せ方が多彩。
かつ分かりにくくもなく、曲ごとに情景がよく浮かぶ。
韻を踏んだり言葉遊びの要素もあって、救いがない以外の全方位によい歌詞

曲は全体的に暗い、切ない、悲しい、辛いものが多く、リフを中心に立ち上げていくスタイル。Syrup16gやTHE BACK HORN、ART-SCHOOL、森田童子、鬼束ちひろ、Coccoなど歴戦の鬱アーティストの影響をダイレクトに受けている感じ。
メロディセンスはかなり高く、所々で耳に残る美メロ

ボーカルは声質がよく、歌い方にも個性があるが、歌唱力はかなり微妙なレベルで、低音は音程が、高音は発生が不安定。
伸びしろはあると思うのでボイトレをして

音は打ち込みメインのはずなのにモタっている箇所があったりツメの甘さはあるし、音も軽い。
しかしそれがゆえに重苦しくなり過ぎずポップになっているところもある

総じて、これらのアラも含めて謎の中毒性があり、不思議と頭を離れないところがある。
曲ごとに誰々っぽい、というのはあるが全体として聴いたら器用に散らばっている。

技術はない、めちゃくちゃ粗い、新しいわけでもない、しかし妙なセンスと中毒性があった。
あと普通に詩集出してほしい。これからの伸びしろに期待を込めて星四つ

642名無しのエリー2018/01/23(火) 07:45:40.84ID:Pbi5brig0
>>641

気になるな聴いてみよう

643名無しのエリー2018/01/23(火) 12:00:10.02ID:dVgnYDLV0
>>641
気になってググッてみたらお笑い芸人なのね
何かの間違いかと思ったぜ

644名無しのエリー2018/02/03(土) 16:52:46.29ID:jfKWH4T20
椎名林檎の「三文ゴシップ」か「日出処」お願いします

新着レスの表示
レスを投稿する