川´3`) 山下達郎 Part148

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1NO MUSIC NO NAME2018/10/06(土) 11:12:20.57ID:LIJo78w5
<関連サイト>
・山下達郎オフィシャルサイト
http://tatsuro.co.jp/
・山下達郎スペシャルサイト
http://wmg.jp/tatsuro/
・ワーナーミュージック・ジャパン【MOON RECORDS】
http://wmg.jp/artist/tatsuro/
・ソニーミュージック/アリオラジャパン【RCA/AIR】
http://www.sonymusic.co.jp/artist/tatsuro/
・ソニーミュージック/ソニーレコード【ナイアガラ】
http://www.sonymusic.co.jp/artist/tatsurofromniagara/

<前スレ>
川´3`) 山下達郎 Part147
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/musicjm/1537953855/

490NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:15:50.07ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

491NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:16:22.82ID:dkxUHB4U
・9¥「dhむj67yね0ぽ:@;

492NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:16:41.59ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

493NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:17:24.98ID:dkxUHB4U
mんきb火ヴgycftxでzsりゅcfv着hぼbvhybtrf7rd6エェd6

494NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:17:45.56ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

495NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:18:01.41ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

496NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:18:34.59ID:dkxUHB4U
んじょいヴgyycfrxzれdのjhびうvgtxdbふおhyvびtcfgxdてxぜd

497NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:18:50.39ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

498NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:19:21.82ID:dkxUHB4U
のjhびうvgyzさえぎゅv

499NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:19:37.77ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

500NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:19:54.74ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

501NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:20:10.66ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

502NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:20:25.65ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

503NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:20:40.78ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

504NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:21:17.69ID:dkxUHB4U
lpこいjふygtfrdせわq

505NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:21:50.71ID:dkxUHB4U
mkんじじゅhygvgvgfcfcxdxdzszさw

506NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:22:22.48ID:dkxUHB4U
、lkmんっじふyghbvgvgfcfcxdxdzszすぁわ

507NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:22:37.81ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

508NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:23:14.52ID:dkxUHB4U
pゎせfcfcfcvgvghbhbんjんjmkmk、l、lココ時事ふふygyg

509NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:23:30.39ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

510NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:23:46.44ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

511NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:24:02.54ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

512NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:24:18.51ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

513NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:24:34.76ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

514NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:25:07.25ID:dkxUHB4U
、l、l、lmkmkmkんjんjhbhbふふygygtftfrdrディフェンダーcfcfcxdxdxdszzss

515NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:25:29.78ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

516NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:25:45.68ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

517NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:26:30.17ID:dkxUHB4U
わわえせsrdrdtftfvgvghbhbjんjここplplmkmkんjん

518NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:26:45.73ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

519NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:27:00.59ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

520NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:27:16.66ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

521NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:27:32.83ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

522NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:27:48.92ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

523NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:28:04.75ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

524NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:28:37.32ID:dkxUHB4U
@;@;plplココ爺十分jんjhbhbvgvgmkmkcffCDxxdrdrdせせわわ

525NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:29:14.84ID:dkxUHB4U
wawaqseesrdrdtftfvgvghbhbjnnjkmmkokkoplpl@;@;;.;.,l,lmk

526NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:29:50.83ID:dkxUHB4U
;。;。、l、lmkmっ個個個個一時うっふhbhbvgvgygygtctcfcfcrxrxdせせざわw

527NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:30:06.57ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

528NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:30:22.78ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

529NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:30:38.88ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

530NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:30:53.76ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

531NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:31:10.77ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

532NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:31:26.94ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

533NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:31:42.82ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

534NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:32:20.74ID:dkxUHB4U
。;:・、lpl@;ここ時事ふふygygtftfhbhbvgvgfcfcxdxdせせわわqzpl

535NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:32:58.86ID:dkxUHB4U
:「:「¥」¥」:・:・;。;。@;@;@;@;@;@;plpぉこkmkmくぁわqsdvfbgんふうhygygtftf

536NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:33:31.45ID:dkxUHB4U
@;@;plplここじいjんjんjふふふふふふygyghbhb

537NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:33:47.66ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

538NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:34:02.98ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

539NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:34:20.63ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

540NO MUSIC NO NAME2018/10/29(月) 14:34:35.65ID:dkxUHB4U
BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る
いつまでも少女じゃいられない。
アナログ12inchレコード『Distortion』 JAPAN LIMITED EDITION (完全生産限定盤)
1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月
19日にYUIMETALがBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。
昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-M
ETALとMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイ
クは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともま
だ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。
ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。という
か、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ
た。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。
今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。
BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後
にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく
各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルと
メタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。
過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMET
ALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイ
トルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だっ
た。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたの
である。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、
アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。
BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの
手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な
「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパター
ンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタ
イ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MO
AMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強
い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。
前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマ
ッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&M
OAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していっ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています