金の切れ目が縁の切れ目
ことわざ、そのまんまのイタリアさん