【DDON】シールドセージ専用スレ Part25

!extend:on:vvvvvv:1000:512
ドラゴンズドグマオンラインのシールドセージ専用スレです

■公式サイト
┣ プロモーションサイト http://www.dd-on.jp/
┣ メンバーサイト.      http://members.dd-on.jp/
┗ Twitter #DDON    http://twitter.com/DDO_official_JP/

■公式Wiki
┗ファミ通wiki http://wiki.famitsu.com/dd-online/

次スレは >>950 が立てること
本文冒頭に !extend:on:vvvvvv:1000:512 のコマンド記入のこと
無理なら直ぐに代役を指名しましょう

前スレ
【DDON】シールドセージ専用スレ Part24
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/ogame2/1503453244/
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

ポーンと戦甲マンティやってるときとかに、全く尻尾が壊れず緑化も途切れまくり、
異常も2周してもう疲れたよってなったら無表情で怠慢ウィークやっちゃう

意外と使ってる人多いんだね
俺はランパだわ

あ、戦甲破壊にはウィーク使わずランパって事ね

>>364
アルケミストとスピランはまだ居なかったよ
プリーストはコア出せるからまだ我慢されてた
セージ・・・・だっただろ?
ゴリアテの肩にレイン吸われて何も出来ないクソーサラーより邪険にされてた
ヘイズとクラッカーで必死に使える工作してたけどなwww

>>375
プリはコア出せるだけ、セジは異常だけ、両方できる上に弱体もあるエレ以外人権なかったろ
プリも存在許されて無かったぞ
ただあの頃からソロでやる分には十分強かった

初期ゴリアテは肩の当たり判定がおかしくてサラポンで壊せないだけだったから
セージでしがみ付きジャンプバーストで一応は対応できた

セージ・・・・ 思ってた奴はまともなセージと組めなかったか自分でセージやってなかった奴で
セージはソロポンでは昔から十分快適だったからわざわざ野良PT組みに行くこともなかっただけ

修練報告をローテスから灯台まで走って報告しなきゃならないと知ってしばらく手が出なかった

修練内容を良く調べず何十体ものローグガーターを倒して灯台まで走ったなぁ

ポーンと挑み続けてようやくフォースアンカー取得できた

>>380
おめでとう
世界が変わる系のスキルだな

基本はタゲ取るんだけど
タゲ取らずにアンカしてエンチャやデバフ優先する方が良い判断を求められるのが
セージの面白い所

382ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (ワッチョイ 9bbd-Np7c [126.122.247.143])2018/01/15(月) 08:34:31.98ID:G/HH/+9N0
まともなセージにワロタ

>>しがみ付きジャンプバーストで対処できた
うん、だから当時は席無かったんだと思うよ
それでまともなセージのつもりで仕事してると思ってたとかとんだ地雷
セージスレではせめてコア出せたらってプリーストすら羨ましがってたのもう知ってる人少ないんだな

後、ソーサラーはポーンだけじゃなく肉入りも同じで後にバグとして修正されたのも知ってる人少ないみたいだな

383ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (スプッッ Sdff-zY7H [1.75.211.48])2018/01/15(月) 09:20:38.60ID:5mgJY+Ymd
盾メインの古参なんだが、最近補助職の仕事が多くなって戦闘が面白いな。幅が広くなったというか。ただ、ケミを出す機会が多くなってしまった事が少し寂しい。

Pスイングええやんこれ…
多数の雑魚に取り囲まれてる時にきれいに決まると気持ちいいな
普段はポーンにやらせてたがこんなに楽しいことしてたのか

パーフェクトスイング?

386ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (ササクッテロレ Sp7f-6iFf [126.247.192.190])2018/01/15(月) 13:40:31.92ID:SHRkmMT4p
パリーグのスイング?

コア出せたらみたいなのはネタで言ってただけでしょ

―ダウ渓谷―
針葉樹林に覆われた山中にその男は居た。

およそ山登りには似つかわぬ、
自分の背丈程もある大きな盾を持ち、
一心不乱に跳ねては、その盾を振り回している。

「あの御仁、一体何をしているのかね?」
不思議に思った旅人が尋ねる。
「あの御方は、ジンゲンを守って下さった覚者様ですよ。
何でも、ランパーなんとかという技の修行なのだとか。
見て下さい、上空にスノーハーピーが舞っているでしょう。
技の詳細までは存じ上げませんが、
きっと、あれを盾で叩き落とす技なのでしょう。」
ダウ渓谷のエリアマスターとして、男への畏敬の念から、旅人へ男の偉大さを啓蒙する。

「はあ〜。あれが覚者様かい。
あんな重そうなのを持って飛び跳ねるなんて、
普通じゃないとは思ったよ!」
旅人はしきりに感心した様子で、男が修行する姿を見つめている。

当の男は観客が居ることにも気付かず、がむしゃらに盾を振り回している。
男の疲労がピークに達する頃、見計らったかのようにスノーハーピーが心地よい歌声を奏で出す。

ウ〜ウウゥ〜〜
ウ〜ウウゥ〜〜

「あれ、なんだか眠くなって…」
「はっ!いけません!あの歌声を聞いては……」
慌てて旅人を待避させようと近づいたところで意識が途絶えてしまう。

残された男もそれに抗えず、盾を構えたまま、前のめりに倒れこんだ。

まんまと獲物を眠らせる事に成功したスノーハーピーは、
歓喜にも似た雄叫びを挙げ、獲物に襲いかかる。

眠らされて無抵抗となった獲物が、引き裂かれようとしたその刹那。

掛かったッ!!!

眠らされていたはずの男が突然起き上がり、
翼をはためかせながら襲いかかる鳥人間を大盾で弾き飛ばす。
男はすかさず大盾を前に構え、猛然と走り出す。

ランパートレイドッ!!!

哀れ、地に落ちた鳥人間は、
何が起きたのかを理解する前に分厚い鋼鉄に蹂躙される事となった。

「これで50体目……!」
男は憔悴したような、為し遂げたかのような笑みを浮かべながら呟くと、
体を輝かせながら宙に浮かび上がり消えてしまった。

残されたのは、ミンチになったスノーハーピーの残骸と、眠らされた二名。
そして、空になった応急薬の瓶1本。

やがて目が覚めた二名は、覚者が薬を分けてくれた事に感謝し、
ミンチになった残骸を見て、あの重い鉄の塊ではるか上空の鳥人間を叩き落とす覚者を想像し、
その技を目に焼き付けるチャンスを逃した事を後悔したという。

アースシェイク剛しろやw

なかなか面白いw

394ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (アウアウカー Sa7f-GPXt [182.250.246.239])2018/01/16(火) 12:51:40.61ID:8EWobwtka
たまに書き込まれるセージ物語が面白くて密かに楽しみだったりするw

ランパ技で空中に飛び上がる伏線ですか

396ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (オッペケ Sr7f-wu4Z [126.212.161.102])2018/01/16(火) 17:04:38.68ID:xbMge5SQr
ファイのジャスガも鹿の暗殺も失敗しないのにセージだけたまに失敗するのは単純に受付が短いから?
ゲージに関係するから見極入れるか

―ブリア海岸―

「ははは!セージ殿。もうお疲れですか!」
前を走るファイターが小走りにジャンプしながら剣を振っている。

「なんの!」
負けじと追いすがり、ファイターと同じフォームで空中掴みを繰り出す。

セージの修練報告の為、同行したファイターが持ち掛けた灯台までの競走。
灯台までの道のりは遠く、勝敗の行方はお互いのスタミナ勝負となる事が予想された。

覚者走り

その名は疲労を軽減する走法として覚者達の間で産み出された事に由来する。
当然、覚者同士の競走では走法での差が着かず、勝負は接戦となる。

(流石はセージ殿。この走法だけでは勝たせてくれないか。
しかし、そろそろ差が着いてくる頃だ…)

中盤に差し掛かる頃、思惑通り、ファイターがリードし初める。
身に付けた装備の重量の差が、勝負へ影響し初めたのだった。

(やはり、僅かにこちらのほうが装具が軽い。この勝負もらった…!)
ファイターは勝利を確信し、追いすがるセージを尻目に笑みを浮かべた。

対するセージには秘策が有った。
修練の度に何度も通った道。
その道をいかに早く駆け抜けるか。
セージは誰よりも理解していたのである。

「そろそろ本気を出していいですかな……ファイター殿ッ!!!」

叫んだと同時にセージの装具が全て外れ、大盾とロッドのみの格好となる。
身軽になったセージは全速力でファイターを猛追する。

振り返ったファイターはセージを見て驚愕する。
(ここは野盗も出る。装具無しなど気が狂ったか!?)

ファイターの懸念通り、この様子を遠目に伺っていた盗賊達だが、
屈強な戦士を猛然と追いかける裸の男を見て、ただならぬ物を感じ、誰一人として動こうとはしないのであった。

(かくなる上はッ…!)
追い詰められたファイターは、覚悟を決め、負けじと装具を外してセージに対抗する。

(まだリードがある。このまま行けば…!)
灯台までの道のりも、後は最後の登り坂を残すところのみとなっていた。

「ははは!驚きましたよ!セージ殿。
まさか、ここまでしてくるとは!
でも、この勝負、やはり私の勝ちですね!」

余裕の表情で、後方のセージに語りかけるファイター。
しかし、セージの武具を見て、瞬時に驚愕の表情に変わる。
およそ盾とは呼べない枠のような盾、ロッドも燭台のような形に変わっていたのだった。

(なんだあの盾は!
しかも、武器微量化クレスト4差しだとっ!?)

対抗して軽い武器が無いか確認したものの、バッグに有るのは重い鈍器のみ。
対して極限まで軽量化されたセージは、覚者走りのフォームを止め、疾風の如く駆け上がって来る。

ルドルフォの家が目前となる頃、ついに勝負は決した。
リードを守るプレッシャーに負けたファイターは、
スタミナの管理が乱れて息を切らし、
セージが追い抜いて行ったのだった。

勝負が着いたところで、
死力を尽くして全力で競いあった相手をお互いに称え合う裸の男達。
そこへ、灯台から様子を伺っていたルドルフォが近付いてくる。
「ふむ。見ておったよ。修練の話の前に先ずは休め。」

無愛想なルドルフォであったが、
通された部屋のテーブルには、
ルドルフォ特製のキンキンに冷えたガラエキスが二人を出迎えていたのであった。

表現を間違えた。
足具は履いたままじゃないとスタミナが無くなってしまう。残念!

最初の数行で覚者走りかよと思ったらやっぱり覚者走りだった

懐かしい光景が頭に浮かんだw

轟砲でダッシュジャンプで落ちる人たちに覚者走りを教える日々だよ

405ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (ワッチョイ df81-GPXt [125.4.228.46])2018/01/17(水) 01:45:30.70ID:dT+0Wh++0
新作待ってました!w
他ジョブやってる時に走ってるセージの後ろ姿を眺めるのが好きだ
盾が左右にフリフリしてて可愛いと思ってしまう

すげえな
小説家に向いてるんじゃね?

いいね
細道の上り坂が目に浮かんできた

本来の職スレの楽しみ方じゃないけど、このスレ覗くのが1番楽しみになってしまった

409ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (アウアウカー Sa9d-Ll9Q [182.250.246.228])2018/01/18(木) 11:47:47.75ID:VbSt8b5Ja
ケミとの話も読んでみたいな

イビルアイの耐性
      斬     打    炎    氷    雷    聖    闇
眼    0.8     0.8    0.5   0.8    0.8     1     0.3
触手   0.15    0.15        0.15   0.15   0.3    

聖>斬打氷雷>炎>闇

ダウン倍率1.5倍
コア点灯触手はダメージ1.5倍
凍結遅延黄金化は入る 睡眠石化は無理

最近は闇効かないやつばかりだなぁ

なにもかんがえずヘイズ皿ポンとエレ連れてったら激しく死んだ

タゲ維持してブリアロで削って残りをレインで始末すると楽だった
あと、仲間がモグモグされてる時も目玉へのダメージ上がる
サイクロとかの掴みと同じ原理かな

プラタナス持っていってポーンもオバロ杖魔族返し4埋め
エレポンはあまえなのかやり方が悪いのか数回やっても2ダウン
こんままだとまた限界はアルケミでいいやんとなり微妙

3人サラポにしたらワンダウン行けたわ本体は凍結無効と勝手に思い込んでた

サラポンをファイポンに変えたら安定した。
魔法防御高いのか?

ファイポンの火力は全ジョブ屈指やで

魔防も高いっぽい

セージってイービルは何すればいいんじゃ?

あんまり言いたくないけどガチャ防具の有無で火力がびっくりするくらい違う

>>419
セージはプラタナスあるからまだマシな方では

めっちゃおもろいなwけど覚者走りのところは空中エレメント選択→決定でやってほしかったな!
次回作期待してるぜ!

422ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン (ササクッテロレ Sp45-tTNg [126.247.192.190])2018/01/20(土) 14:03:11.29ID:ljuzp5KAp
>>415
攻聖とエンチャと強附載らないからソーサラはダメ伸びないよね
イービルは物理赤だね

新着レスの表示
レスを投稿する