☆ Technics総合スレッド ☆ Part13 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
前スレ
☆ Technics総合スレッド ☆ Part12
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1442735268/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

859リンク+ ◆BotWjDdBWA (ワッチョイ 6333-IIdD)2017/12/29(金) 07:10:34.17ID:mQL4J+ET0
マスターソードでナショナルの常識を斬る

リンク
「またつまらぬものをマスターソードで斬ったか?」

860名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 97bd-K9J4)2018/02/15(木) 23:22:30.19ID:ti/Dplej0

861名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ f7be-h3lW)2018/02/16(金) 22:27:10.05ID:Myg1f/7Q0
SU-V9をもらってきたけど、これ悪くないな。ただでもらってよかったのか。
松下だからなんちゃってオーディオのアンプかと思ったが、中開けてみたら
結構凝った作りだし、音も想像以上にいい。

DP-UB9000
いくらにするんだろう?
安くて30万台か?
40-50万行きそうで恐い
10万台なら良いのになあ

多分怖い方の予測で間違いないかと
最近の松下はブルジョアだけが客って方向だからなぁ

>>860
最後の画像は選択ミスだよな…

それでも良いけど(ま、買えなくなるけど)、目指している音の方向性を
もっと明確にして欲しいかな


日本で9000は発売しないみたいだな
販売会社が販売反対かあ

SB-C700買ったわ

ヨドバシで聞くとポケットラジオみたいなモゴモゴ音だけど
家で聞いたらスーパークリアで臨場感が半端ない
正直こんなに違うとは思わんかった

868名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 9338-lqPq)2018/03/22(木) 20:41:20.35ID:iyZfGwVW0
店頭で一目惚れしたSL-1700とSU-V6買った
ワクワクが止まんねぇ

これお前ら?
https://i.imgur.com/h2Xkvp9.jpg

左に写っているのはSL-QL1(K)かな?
テクニクスのレコードプレーヤーの中で最も美形なのはこのSL-QL1(K)である。

美意識は人それぞれ。テクニクスだとSL-01とか好きだな。

SL-01もかっこいいプレーヤーではあるが、なぜスイッチが木目なのか不思議。

SLP-999使いw

復活!Technics SL-1200について語ろう!その4
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/pav/1522820524/


>>854-857
第2弾 購入者キャンペーン始まったので買っちゃった。
https://dotup.org/uploda/dotup.org1505283.jpg


>>869
この6000よりうちの6000の方が綺麗だよ。

焼けて茶色のはネット外す気にならないね。

>>878
6000てなんやねん
sb-7000のtecnichs7やろ

>>879
これSB6000じゃん。

知らんのかい?w

あ、ほんまや
すまん6000やな見間違い

>>878
こんな茶色になったコーンの写真をよく見るが、元はもっと緑色っぽい色じゃなかったですか?
これは変色するんでしょうか

>>882
緑色って言うより青黒い感じだよ。

そんな個体も少なくなっててヤフオク辺りのものはその写真レベルみたい。
直射日光当たってると覿面に焼けちゃうね。

写真のも左右の濃さがかなり違うような気がする。

この頃のTechnicsのSPは独特だよね。
クロスオーバーが1.5-2kHzほどで、
高域まで伸びたウーファが採用されていた。
ヴォーカル帯域での位相回転を嫌ったようだけど、
まとまりは良かった印象がある。
シスコン(スペースシリーズ)用のSPも同じだった。

>>884
SB-7000は3wayだったが、SB-6000以下は30cmクラスでも2wayだった。
普通なら3wayにするところ。
SB-7000のような階段状の箱を作るのがコスト高だったからか?
SB-6000は30cmウーハーと3.2cmソフトドームツィーター。
クロスオーバーは1.5kHzで、ソフトドームツィーターではこれ以上下げられないし、30cmウーハーではこれ以上上げられないだろう。
個人的にはこの頃テクニクスがSB-10000, SB-E500のようなホーンシステムを出したのが意外だった。

リニアフェイス3兄弟トリオで持ってるけど6000は一番鳴らしづらい印象。
ボーカルがどーしても前に出てこない。
2Wayの弊害がもろに出てるかもね。

一般評価ではボケボケでユルユルの7000兄ちゃんが一番元気よく鳴ってるかなw

相方はMarantz1250でアナログオンリー。

3wayホーンのSB-10000の音、一度聴いてみたかったなぁ。
おそらくあの22kHzでがくんと落ちるツィーターだと、
さらにスーパーツィーターつけて4wayにする必要あっただろうけど。

にしても、46cmウーファーのシステムなんて、今じゃほとんど考えられないなぁ

むしろSB-E100のような買える値段のホーンシステムがどんな音を出していたのかに興味がある。
こんなものでも今作ればいくらになるかわからない。

>>885
リニア・フェイズ設計で問題になるタイムラインを合わせるときに、
コーンやドームのユニットを用いると、必然的にウーファの振動板の位置まで奥に下げる必要があり、
キャビネット(エンクロージャ)が複雑なものにならざるを得ないけれど、
ホーン・ユニットなら、その構造上ドライバは奥まったところにあり、
そのままの状態でユニットの位置合わせまで可能なので、
能率の高さと相まって、採用されたと聞いたことがある。

要するに、平面振動板の採用理由と同じだね。

>>886
SB-6000はドーム・ユニットなので、能率面でつながりが悪いのかもしれないけれど、
ネットワークの電解コンデンサの抜けのせいもあるかも知れないよ。
クロスオーバーが高域に上昇してしまうからね。

ちょっとうろ覚えなんだけど、一連の広帯域ウーファーに用いられるネットワークって、
確かウーファー側は完全スルーで、フルレンジ+スーパーツィーターみたいな鳴らし方だったんじゃなかったかな?

>>889
元々の発想はそうなのかも知れないが、ホーンにすればしたで金がかかるわけで、実際でかいダイキャストのホーンを2つ付けているわけで、論理が破綻していると言わざるを得ない。
単にホーンシステムを作ってみたかっただけなのでは。
テクニクスはAFPとか時々とんでもないものを作ってみせた。

いまだによくわからないのはSB-7000が一本9万円しかしなかったこと。
SB-1000でも使わなかったTechnics7の名前を10年ぶりに引っ張り出してきたにしては安すぎる。
ソニーのSS-G7だって128,000円もしたのだ。

>>890
ウーハー側も12dB/oct.で切っています。

ramsaのノウハウあったからホーンやって見たかったんじゃないかな
ダイヤフラム位置は揃ってたんじゃなかったか
そういえばテクニクスの46cmウーファ一時使ってたわ…

>>891
大きいホーンならコスト高だろうけど、
小さいもので、樹脂製(当時は非磁性体という名目で各メーカーで多用された)のホーンであれば、
数がまかなえる(低コスト化)ならば通常のバッフル上に埋め込めるというメリットは有るんだけどね。

実際、SPACEシリーズ用のSB-2090はこんなエクスポネンシャル・ホーン・ツィータを搭載していた。
このウーファも30cmの広帯域のもので、リブの形状からするとSB-6000のものをデチューン(紙コーンなど)したものみたい。
https://www.stereo.net.au/forums/uploads/monthly_02_2014/post-111985-0-48396500-1392003467_thumb.jpg

kenrick嫌いなんだがsb-1000レストア品の音
https://youtu.be/4sRR7XqTed8

1000と10000じゃ大違い

1000ってJBLのスタジャIモニターみたb「な感じのやつbセからなぁ
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/speaker/sb-1000.html

>>896
あちゃーすまん10000の間違い堪忍

>>898
これがJBLのスタジオモニターには見えんけどなあ
すごく金のかかったシステムだと思うが音は良くなかったらしい
たぶんこの後改心して何かを掴んだのであろう

それでも当時は意欲作だったそうな
この後からシスコンブーム始まる

36mm厚のエンクロージャーなど意欲作だったのは間違いないが、肝心の音がイマイチだったようだ。
メーカーの実力はいかに金をかけたかではなく、むしろいかに金をかけずに結果を出すかである。
デザインセンスがどことなくSP-10を思わせるが、テクニクスは昔からデザインセンスがよくない。

1972年にテクニクスの超高級セパレートアンプSU-10000, SE-10000が発売され、翌1973年にはアキュフェーズ初の製品群T-100, C-200, P-300が発売されるが、日本ではこの頃からコンポーネントステレオが普及していく。
オーディオコンポーネント自体は1960年代からあったがそれはマニアのものであり、一般人はセパレートステレオを買うのが普通だった。
しかしこの頃からセパレートステレオは見捨てられ、ステレオといえばコンポーネントステレオを指すことになる。

ビデの初代一万番だったら持っていたときあったよ

ゲンコツいいね。

エッジもぷにぷにしててTechnics7に使われてる物と同じ物みたいでしっかりしてるよ。

906名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ ebbe-X4KX)2018/06/11(月) 16:42:34.58ID:Toj2uJMJ0
SU-V9を修理して、アナログ再生のよさに目覚めたわ。
過去見てもデザインが高級ぽくなかったのか人気がなく、中古でも安い。
でも、MCヘッドアンプ替わりに使ってる人もいるくらいらしいから実は
超お得かもしれないと思ってきた。音で悪い評判見かけないし。
でもガラスパネルはやりすぎだな(笑)ぶつけたりすると割れちゃう。

地震で工場があぼんしたか?

テクニクスの工場は宇都宮にある

>>906
海外向けのブラックモデルがカッコイイ

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する