★ なぜ、【一神教】はかくも駄目なのか? ★ [無断転載禁止]©2ch.net

1考える名無しさん2016/01/23(土) 00:49:34.340
一神教というよりも一神教徒は世界中で殺戮やテロをおこしまくっている。
彼らはなんでこうも頭がおかしいのか?
このままでは、人類は一神教徒によって滅ぼされるかもしれない…。

627考える名無しさん2018/03/11(日) 12:50:01.520
GBQCV

628考える名無しさん2018/07/09(月) 17:02:13.890
木田元の「ハイデガーの思想」と轟孝夫の「ハイデガー『存在と時間』入門」を改めて読んだけれど、
現実世界を現状分析した上巻だけで結局、自分の哲学を展開する予定だった下巻は出せなかった。
木田元がいう《プラトン以来の伝統的西欧哲学を乗り越える》と称したものの、結局中味無く挫折した。
轟孝夫先生は10年かけてハイデガーを理解しようと努めたようだ。
それを読んでもハイデガーに大した中味は無いようだな。
《プラトン以来の伝統的西欧哲学を乗り越える》と木田元は言うけれど、
そのプラトン哲学が3学4課となって、
そえが今のリベラル・アーツ&サイエンス(大学教養課程)になっている。
それを乗り越えるとは何だろう。
それに含まれ、或はその上にはそこから分枝した専門的な数学や物理学、天文学がある。
それでこれをどう乗り越えるのか。ポスト・モダンは答えを知っているのか。不可解である。

629考える名無しさん2018/07/09(月) 17:03:25.820
age

630学術2018/07/09(月) 17:07:41.440
ホステスのモダン焼き。燕返し。 

631考える名無しさん2018/07/19(木) 11:57:44.500
>>1
そもそも世界標準の一神教が分かってないだろ?

一神教>>>壁>>>多神教>>怨霊・もののけ・たたり

632学術2018/07/19(木) 16:24:44.860
オー マイ ゴッドファーザー は一神教で タマランティーノは多神教だよ。
策略の数に手掛かりがあるよ。未解者にいうとね。

633考える名無しさん2018/07/24(火) 20:30:49.400
固有振動数
ttps://www.youtube.com/watch?v=4ti3d3ls5Zg
メトロノーム同期 (64個)
ttps://www.youtube.com/watch?v=-s8QD3Kna6o&feature=youtu.be&t=346
【木内みどりの小さなラジオ Vol.2】ゲスト:安冨歩さん(東京大学東洋文化研究所教授)

問題をバラバラにして、一個一個かたづけたら全体がかたづくはずだ、っていう考え方。
なんですけど、これは基本的には間違っているんですね。
どうして間違っているかっていうと、あの、ホイヘンスっていう物理学者が居てですね、
…オランダ人ですね。それはあの、ニュートンを批判した人なんですけど。
そのホイヘンスの親友、お友達でスピノザっていう人が居ますね。
でその、ホイヘンスの哲学とスピノザの哲学は私、凄く大事だと思っているんですけど、
ホイヘンスが或るとき大発見をするんですね、
それは何かというと、柱時計を研究してたんですけど、当時本当に最先端技術だったんですけど、
壁に柱時計をこう二つ架けて、病気で臥せってたんですね、ホイヘンスは。

634考える名無しさん2018/07/24(火) 20:31:06.910
そうしたら或るときふと気づいたら、
柱時計って正確に同じものを作るのは不可能で、両者微妙に違うんですね。
当時の精度で丸一日、大体数秒狂うっていう、特徴が有ったんですが、
その二つの柱時計をですね壁に架けたら、
何日経ってもこう同じチックタックを…振子が…逆方向になるんですけど、
ずーと続いていることに彼は気づいたんです。
…で、全く同じタイミングでずっと二つ同じ…の続けているのでびっくりして、
それで元気になって起きだして、色々調べた結果、
壁の振動を通じて二つの柱時計が、相互作用してて(共振!みたいな)、
一つのシステムみたいになってこう作動しているので、
だからチックタックがこう、変わらないんだっていう、現象を発見したんですね。…大発見ですよね。
つまり何故大発見かっていうと、デカルトは、その、壁から外して壁と時計を調べれば、
何故チックタックがそうなるか判るはずだっていうふうに考えた訳ですけれど、それは間違ってるんですね。
壁と柱時計二つで一つのシステムになって、いるのであって、
それをバラバラにしたらもう、バラバラなんですよw 

635考える名無しさん2018/07/24(火) 20:31:23.610
だから、元のシステムはもう、無いんですね。
柱時計が何故、揃うのかっていうことはバラバラにしたらもう分らない。
それでスピノザっていう人はその、デカルトの哲学をそのー、もの凄く深く理解して、
それももっと厳密に表現した人なんだけど、
でも彼はデカルトの哲学は根本的に間違っていると考えていて、そこが…。
そのバラバラにしたらもう世界が無くなってしまうんだ、
一つのものをバラバラにしたらもう全体ではないから。
このデカルト的なバラバラにするという考え方は間違っているんだっていうことを、指摘したんですけど。
それがだからデカルトの同時代です。
でもあの、世界はずっとそのデカルト的に、こう“バラバラに”すればいいんだと。
で、バラバラにしたら一個一個、潰したら全体も解るんだっていう大前提でずっと動いていて、
それが専門分化っていう考え方なんですね。
だから其々の分野に専門特化した人を其々作ればいいんだと。
そうしたら世界全体としては、社会全体としては、色んなことが解決するっていう。

636考える名無しさん2018/07/24(火) 20:31:51.090
まそこの専門家っていう考え方なんですけど、
でもその専門家が全く役に立たないことをあの原発事故で明らかになりましたよね。
専門に近ければ近いほど頓珍漢なことを言ってたので。
小出さんのような方、は或る意味専門家では無い訳ですね、サークルから排除されていて、
彼は原発というシステム全体として、捉えてそれが原発だけでは無くて
社会の中に原発がどういう風に埋め込まれているかって考えて
差別ってことに密接に結びついているってことを明らかにされたんですけど。
これは分析する考えでは無くて、こう全体として捉えるっていう考え方なんですね。
これは専門家から見たらダメな訳ですね。
そうじゃなくて、原発のパイプの“ここを”研究するとか、(が)専門家なんであって、
そんな小出みたいな適当なことを言っているの、『学者じゃ無い!』みたいな。
…だからこのバラバラにするっていう考え方は、本来成り立たないんだけど、
でもバラバラにするっていうことが、この近代の考え方なので、その専門分野に分かれている訳ですね。
それでその専門分化して行くんですね。

637考える名無しさん2018/07/24(火) 20:32:16.250
で、私はだからこれがその様々な問題の根源なんだっていうふうに考えるようになって、
だからその、統合しないといけない、と思ったので色んな学問分野を研究してたんですけど、
…色んなことを研究するっていうことによって学問分野の分裂っていうのを、
こう阻止しようっていうふうに考えたんですけど、それだけでは足りなくて、
芸術とか宗教とか、学問とかっていうのをこれをバラバラにするのもそもそも問題なんだって考えていて、
でーその、親鸞の研究とか、したんですけど、
老子とか、親鸞とかを研究したのはまあそういうつもりだった…宗教とか、
キリスト教なんかも少し勉強はしたんですけど。

638考える名無しさん2018/07/24(火) 20:32:35.570
で、或るとき気づいたのは、結局、そのー物事っていうのは、その、
ビットゲンシュタインっていう哲学者の考え方ですけど、語り得ないものによって支えられているんだと。
語り得ないもので支えられている…。そう、「語り」は。
「語る」ということは、何故「語り」が成り立つのかっていうことを語り続けても、結局分らなくなるんですね。
で、これ凄く分り易い例だと思うんですけど、その、私が言っていることが、
この、聞いている人に伝わるっていうのは何故かと考えたら、結構難し問題で…
私の語っていることが…語り手の語ることが聞き手に伝わって
理解されたりするっていう現象は結構不思議なことなんですね。
例えばだからその、私の考えていることっていうのがあって、それがその何か音声になって、
みどりさんに伝わって、それがまた解読されるみたいに、考えたとしたらですね、
…つまり例えば「原発」っていう言葉、私の思っている原発っていう言葉と、
みどりさんが抱いておられる原発っていう概念は違う訳ですね。
そうしたらその原発について語ったって、通じてない訳なんですね。

639考える名無しさん2018/07/24(火) 20:32:52.770
(通じたようなふりして話してはいるけれど…)。…だけど通じてるんですよね。
(通じたつもりになっている)。単につもりではないです。通じているんです、現にやっぱり。(ギリギリね)。
何か分らないですけど。でも本来通じるはずがない訳なんですよね。
…これラッセルっていう哲学者が明らかにしたことなんですけど。
だから本来、(じゃあ頼りになるものが何も無いじゃないですか)。そう、何にも無いんですよね。
だからその、語り得る範囲内で言うならば、頼りになるものは無い、
っていうふうに考えたのがビットゲンシュタインっていう哲学者で、
じゃあ何で成り立ってるんだよって言ったら、それはもう神秘の力なんだと。
語り得ないものが支えていると考えないとしょうがないよねって。

640考える名無しさん2018/07/24(火) 20:33:13.240
(じゃあ誰かがサムシング・グレートっていうような言い方しましたけど)。ああまあそんな感じですよね…
そうそう、何か、その語り得ない何か神秘的なものによって、語りは支えられているっていう。
これを認めようじゃないかっていうのがビットゲンシュタインの考えで、
でラッセルっていうさっきに哲学者はビットゲンシュタインの先生なんですけど、
いやそれは認められんって二人は論争したんですけど。
私はまあその、ビットゲンシュタイン主義者で、認めないとしょうがないよねって。
語り得ないものが在るから語り合えている、みたいな。ふうに考えざるを得なくて…

641考える名無しさん2018/07/24(火) 20:33:34.690
…結局その、伝えるっていうことを正確に伝えようとどんだけ頑張っても、絶対無理なんですね。
伝わるかどうかはもう知らないんだけれども、でも伝わるって信じる。
伝わると信じるしかなくって、信じるって何なのって何の根拠も無くってですね、
神秘みたいなものを語り得ぬものを受け入れるっていうことなんですね。
で、それが無かったら、コミニュケーションとかをする意味が無いと思ってて、
それ抜きにですね、厳密に正確に伝えられるんだって信じてましたけどかつては、
正確に厳密に語れば『伝わる』っていうふうに信じてたんですけど、全く間違いなんですね。
だからその、伝わるか伝わらないか、っていうことは、あの、それは伝わると信じる。
で『以上!』なんですけど。

642考える名無しさん2018/07/24(火) 20:33:51.560
それで私らが宗教っていうのはそれを信じて、…結局だから語り得ないものを信じるとしたら、
それをだからどういうふうに関わったらいいのかって祈るしかないんですね。
だからその語り得ないものについて祈るのが宗教だし、語り得るものについて語るのが学問なんであって、
それはその両輪みたいなものなんですね。
語り得るものについて語る、っていう行為と語り得ぬものについて祈るっていう行為は、
実は両者が在って、初めて在って支えられるって考えて…。
結局語り得ないものについては、他に祈る以外にですね、その芸術っていうものが在って、
その芸術って行為は語り得ないものについて『触れる』みたいな行為ですよね。

643考える名無しさん2018/09/21(金) 20:59:59.210
一神教側の理屈は「神のもとに皆平等」を生んだ進んだ宗教だ。
多神教は平等性を生まなかったとして、今でも彼等は一神教の優位性を主張している。

644禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/09/21(金) 21:07:11.760
>>643
仏教も平等思想だけど。

645考える名無しさん2018/09/22(土) 17:47:40.820
仏教は神などもたないね

646学術2018/09/22(土) 17:54:46.020
分裂は子供に分かれることでは?

647学術2018/09/22(土) 17:55:43.050
売春は年齢ギャップがあるとなり立ちません。

648学術2018/09/22(土) 17:56:27.110
内戦という宗教戦争の形態は新しいものです。奨励しなさい。

649学術2018/09/22(土) 17:57:14.850
血統でつるむことが宗教の限界であってはならない。

650学術2018/09/22(土) 17:57:59.850
自爆テロの本質は、人をだけ気付付けたくない心だと思う。

651学術2018/09/22(土) 17:58:49.020
ゲームのデモ画面がありありと迫っていたら、ゲームをやっていただけの世代ではない
人たちと仲良くできるだろう。

652学術2018/09/22(土) 17:59:41.310
中間層といって上下にかかわるから、中間層が、崩れるのも必然です。下取りが大事。

653学術2018/09/22(土) 18:00:22.390
民族内での繁殖を制限してはいけません。

654学術2018/09/22(土) 18:02:35.210
階層の悪の巣窟、ビルは震災でくずれました。不平等を受いれる下層民
の立場に立ってみなさい。その方がよいとは必ずしも言えない。
上層民にしてみれば、勝手に持ち上げられても、中間層下層民を養っていけない

655学術2018/09/22(土) 18:03:32.020
全体主義は既に可能事なのです。が、体がそろったり似たりして現代ではすたれるでしょう。

656学術2018/09/22(土) 18:04:25.880
国家と親戚より、冠婚葬祭の風習から考えてみなさい。まず。

657学術2018/09/22(土) 18:05:29.640
データ上の最下級が、結果として、当たり前に、先んじて最上級だっ(た)てこともあるのです。

658学術2018/09/22(土) 18:08:11.230
ニーチェの宗教観に一杯食わされた笑い話だな。

659学術2018/09/22(土) 18:09:09.360
殺戮やテロに間違いは多いが、ないと人類は昇華されない。下打ちも大事な面があるわけ。
人生の序盤では。

660学術2018/09/22(土) 18:10:27.450
お金の欲しさに戦争というより、相手を出世で送りたいんだろうね。
暴力を奪うことがつまらない犯罪であること。

661学術2018/09/22(土) 18:12:40.880
一神教の信仰は世界に一人の主人、神系をもつことで、信仰は強固、たびたび
世界最高の予言者を輩出しますが、多神教の雑多な繁殖の方が活力があり、
寝首を書かれることもないでしょう。

662学術2018/09/22(土) 18:14:09.600
声は自然に出るでしょう。意図しないで、それが自然に出るのが幻声幻視
のような幻知覚であるわけ。

663学術2018/09/22(土) 18:15:20.860
昔の神の性格のセクハラ残りより、子供たちに宗教教育をさせて外さない主選び。

664学術2018/09/22(土) 18:16:42.650
戦争に参加しない度胸も隙があり兵を失った。
テロをするなら、戦局を打開したうえで、許可をとれ。声明文がそれだ。

665学術2018/09/22(土) 18:17:36.300
中国ユーラシア以西優先の流れでいい。アメリカとはつるみすぎ。

666学術2018/09/22(土) 18:19:09.550
全か悪かどちらが自然だ?どちらが不自然だ?

667学術2018/09/22(土) 18:19:47.480
善悪。

668学術2018/09/22(土) 18:21:23.810
経営、経済の裏方の学問があって、物理、天文も光り輝く
。おのづからも。

669考える名無しさん2018/09/22(土) 18:21:55.570
つまんないから学術とかいうやつは書き込まなくていいよ

670学術2018/09/22(土) 18:22:33.410
宗教の形態にも限界があって、自己内圧的にはね、他宗と交流しないと。

671学術2018/09/22(土) 18:23:50.080
時計というフィクションによって時間が遅れ次元を失ったのです。

672学術2018/09/22(土) 18:24:38.070
主人と主婦がなぜ語り合わないのか?(聖書風)

673学術2018/09/22(土) 18:25:14.170
呪うから祈りで呪いを解くんじゃないの?

674学術2018/09/22(土) 18:26:07.440
平等まで戻れない人や平等ではチャンスのない人もいるのです。

675学術2018/09/22(土) 18:27:42.900
喧嘩教徒だよ。仏教徒は。喧嘩なんて才能生まれつきですら平等であるか?

676考える名無しさん2018/10/10(水) 14:16:26.270
一神教は人類にとって今までにない最大の災害だと私は考えている。
私はユダヤ教、キリスト教、イスラムのどれもが良いとは思っていません
ユージン・ルーサー・ゴア・ビダル

677考える名無しさん2018/10/10(水) 17:25:21.500
お前が思ってるからどうだってんだよ

新着レスの表示
レスを投稿する