西洋哲学と東洋哲学 その視座 [無断転載禁止]©2ch.net

1毘盧遮那2016/05/21(土) 09:39:50.710
西洋哲学はどういったもので東洋哲学はどういったものかという感じ

そのはじめヨーロッパ人はなお、青年のような心持ちで文明建設の途上にあったがために、
彼らは肯定哲学の一面にのみ心ひかれていたが、欧州大戦の悲劇はここに互いに相争うことを知らしめ、
彼らの自負した知識が結局はただ自他を傷害することのためにのみ役だったことを知らしめた。
知識の過度の肯定は知識自体の破産であることに気づいてきた。
自然を征服するという猛々しい勇気はやがて、結局は自然に克服されていたことを感ぜせしめた。
彼らはここに、やるせない気持ちでむしろ否定の哲学に耳をかすようになり、
否定の一面あってこそ、はじめて救済が存在するのだという、
未曾有の体験を味わわしめたのである。「涅槃寂静」とは、戦いぬき疲れぬいた者の安住所である。
断食者にはまず粥から養いなおすように、ヨーロッパ民族にとっていまは一時的ではあるが否定の哲学こそが良薬となっているのである
「仏陀のおしえ」(友松圓締)

>>2

772016/09/10(土) 23:28:15.780
しの認識の範疇にはなるが

上部構造(経済)と下部構造(政府)が社会にはあって、政府が経済を何とかコントロールする
役割にあるのだが、経済をコントロールするにはあまりに政府の役割は重すぎる。
そもそも人間の英知では経済を知悉することは不可能に近い。現に経済学など本物の生きた経済に
何の役にも立たない。それでも社会を支配してるのは経済と法となる。憲法の下に法律があって、
法は政府の管理下にはない。政府も法の元に存在していて、結局法を司る人間が社会の頭脳になっている。

蛙の子は蛙という言葉の通り所詮は成り上がるということは稀なのだ。
政治家なんてみんな世襲性かそうでなくてもそれに近い。社会的地位を得るためには、
まずもともと金持ちの家に生まれなければならないし、いい大学に入る意味を血肉を持って
知らなければ、途中で勉強をやる意味などということを考えるて、勉強をやらなくなる
学生なんて山ほどいる。それか家は貧しくとも生まれながらに天才的な頭脳があって、
いきなり公立校で主席になって、更に高い偏差値の公立高の主席になるほど頭脳明晰である子供は
上に行く。それは宝クジに当たるくらい稀なことだし、そんな子供は全国で毎年少数でるくらいだ。
だから橋下徹なんかは被差別部落に生まれて才能もあって努力もしていて上にいった。
短気なのは玉にきずだが、法の番人であり政治家としても才能がある。
実にもったいないがまだ若いから将来はまた政治家に押し出されるだろう。

782016/09/11(日) 00:12:49.910
で話飛び飛びになるけど、

芸能という分野は面白いな。芸能界。テレビ。人種のるつぼだ。つまりな雑多なんだよ日本人の顔が
日本人にも顔の違いがある。いろんなものがごちゃ混ぜになって共存している。
芸能にも地位がある。先ず歌舞伎役者は世襲で、役者としては上にいくシステムだ。
頭脳と同じで顔が整ったもの個性がある顔立ちのものが集められる。そしてバラエティー班とアイドル。
芸人とアイドルについてはまあごく一般的にみて、まったく世襲がない。
実力だけで成り上がることができる。もちろん落語の世界は世襲性であるが、
顔立ちが悪く一般的かあるいは貧乏な家に生まれたが、社会的地位を上げるには最適な環境にある
芸人という職業。なんの取り柄もないが自分の立ち位置を考えて、芸人になる人間も多い。
だからいろんな人間が共存している。アイドルもそう。一般人が多い。まあどちらにしても上にいくのは稀だけど
芸人はコミュ力があるからなれたという人がいるが、たぶんコミュ力は後からついてきたものだとしは推測する。
たぶん慣らせばみんな面白くなる。それでもMCになる人間とそうでない人間に区分けされる。

とにかく社会学の視点で言うと、人間はもともとその人なのではなく社会的人間であって、
社会にいる自分、社会のなかで与えられた自分の地位と性格を我々は見ていて、
それを更に良くしようと模索するか、もしくはこのままの自分の社会的地位を保守するか?
社会対自分のなかで我々は生きている。自分探しなどない。もしくは旅は今の社会の立ち位置からの逃避に過ぎない

79考える名無しさん2016/09/11(日) 00:14:33.360
です

80学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2016/09/11(日) 07:29:09.340
芸能より芸術でしょう。
それと日本の歴史俗文化は戦国に時間を割きすぎた。人が多く死んで
いるから救霊の意味もあるのだろうけど。

81考える名無しさん2016/09/11(日) 15:14:43.910
芸能は芸術の一分野ではないのか!

82考える名無しさん2016/09/11(日) 17:59:21.270
と思ったがアーカイブなんて言ってるやつだ
猟奇的に芸能人を狩って蝋で固めて蝋人形したり剥製にしだすかもしれん
恐ろしや

83考える名無しさん2016/09/11(日) 18:41:21.180
あきはユング派の精神分析受けてみると何かにヒットしそうだな

842016/10/05(水) 06:05:11.330
『キリスト教の歴史』も中途半端になってますが、ちょっとずつでもレジュメ書いていきます。
文学としての『新約聖書』も読まなければ-_-bかなり中途半端には昔読んだけどね。

しかし今は小説を一冊と『意識と本質』を読んでいる。
井筒俊彦の論理は割に平易で読みやすい。まだ半分ほども読んでないが。
これについてもここでレジュメ書いていきます

せっかく本質について勉強してるのだから、ハイデガー『形而上学入門』を読み直すことと
ニーチェも同時に読みたいね。他にもサルトル『存在と無』も読まねば。本質と言えばフッサールも必須。メルロ=ポンティとレヴィナスなんかまでいきたいが。
それでなんのために読んでいるかというと、自分の文芸のために読んでいるわけで、
小説とか随筆のネタにならんと意味がない。したがって哲学や思想の類は自分の血肉となって
自分の文章になるまで咀嚼していかないとしようがない。こういった理論は小説のなかの会話文や内省のなかで、
哲学していかないと。読みながら会話文を作成しながら読んでいる。いくつか会話文や内省ができたので、
それを小説のなかに盛り込んでいく。あとは歴史書と小説だな。
歴史も小説のなかに伏線として入れ込みたいし、
政治的な現実を表現できればな。『カストロの尻』とかいう小説もある。
例えばチェ・ゲバラのTシャツやマハトマ・ガンディーの伝記についても伏線として充分に機能するし、
そうなればキューバ危機以前と後、インドパキスタン戦争なんかが話題に上って、
イデオロギーや宗教についても小説のなかで見解を示せる(そんなに高徳なものが自分のなかにあるのか疑問だが)
小説もただ読むのではなく、ストーリーとプロットを参考にしながら、こんな時系列で物語を構築してるのかとか
こんな繋げ方してるのかとか参考にしながら読む。文体とか会話文なんかも参考にしつつな。

あとはフロイトだな。『自我論』は勿論読んだが、系譜も辿って三島由紀夫『音楽』並のものが書ければな。

次の物語は絶対面白いものにするぞ〜!

85考える名無しさん2016/10/05(水) 06:06:34.670
為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成さぬは人の為さぬなりけり

86考える名無しさん2016/10/05(水) 12:36:22.270
活動家が暗号でファックしてる電脳ファック空間にキチまったッ

87学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2016/10/06(木) 12:18:24.660
チェ ゲバラ と ロンメルに 20世紀の世界の軍人の中での最先陣の経歴アリ。
21世紀はどうなるか。

88考える名無しさん2016/10/06(木) 13:10:04.190
こないだNKH BSで放送してたドキュメンタリー番組、「カストロと
ゲバラ」だと、ゲバラは、根っからの政治人間であるカストロにうまく
利用された理想主義のお坊ちゃんって感じで描かれていたが?

89考える名無しさん2016/10/06(木) 22:48:57.320
中本裕之(なかもと ひろゆき)元弁護士(新62期)=奈良県=大阪府

性別: 男、未婚
年齢: 36歳以下(昭和54年4月2日以降生れ)
国籍: 日本人?(本人談: 2012/03/26 パスポート取得)
住所: 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう)?
最寄駅: 近鉄・生駒線 竜田川駅?
実家: 不動産を所有する資産家の分家
家族: 実家で母親と同居、兄、弟、妹?、父親と確執?
母親: 世界真光(まひかり)文明教団の信者
宗教: 聖書は半分くらいしか読んでいない
既往症: ノイローゼ(2013/1/15)
常用薬: リスペリドン(2013/1/7)
禁忌: 奈良駅には行けない事情がある
職歴: 元弁護士(新62期、大阪弁護士会、登録番号 41908)、LECでの答案添削、家庭教師
資格: TOEICスコア 680 (2011/10/01現在)
高校: 奈良県 私立帝塚山中学・高等学校卒?
大学: 京都大学法学部 大石眞ゼミ?
大学院: 関西地方の法科大学院修了
受験: 旧司法試験の東京での申込み状況を知っている
勉強: 合格まで10年かかった。『事例本』シリーズ(辰巳1997年〜絶版)を使用
ゼミ: 憲法のゼミに所属(本人談: 右寄りといえば右寄りの方)
奨学金: 毎月1万円返済、返済期間10年以上(2013/10/22現在)
体重: 63.6キロ(2011/12/20現在)
好物: 水炊き、うどん
好きなアニメ:  ザンボット3(1977年)、太陽の牙ダグラム(1981年)、聖戦士ダンバイン(1983年)
偏愛: 伊藤かな恵(声優)、明坂聡美(声優)、高倉陽毬(アニメキャラ) 、小・中学生のホモ
憧れ: 大学教授、公務員
常駐先: 緊急自然災害板(原発情報)、哲学板(千葉雅也、東浩紀)、模型板、声優板ほか
2012/09/01 小・中学生の時にホモってフェラするのが最も良い
2012/09/05 わたしはとにかく、奈良駅にはいけないのです。
2013/10/22 中途半端に頭がよかったのが不幸の始まるなのであろう。

902016/10/07(金) 21:13:31.540
井筒俊彦『意識と本質』によると

井筒が「本質」を2つに分けた
a、マーフィーヤ(特殊的意味での本質)
b、スーフィーヤ一般的意味での本質)だけど、

aは普遍的「本質」(マーフィーヤ)
bは個体的「本質」(スーフィーヤ)

詩人
リルケ
マラルメ
松尾芭蕉

それぞれでスーフィーヤとマーフィーヤという本質を追求する態度が違うらしいが。
詩について私が言えることはないが、
これについては、もう一度読み直してまとめてみる。『意識と本質3.4.5に論じられているので、
興味あれば読んでみ

今その次の『意識と本質6』のところ
禅やバカヴァット・ギータのところを読んでいるので、ここのところから。
あとでレジュメ書く

912016/10/07(金) 21:21:18.340
あとでレジュメ書くが、リルケとマラルメについては、ちょっと読んでみる必要があるな。

この間、中原中也の詩を読んだが、詩についてはさっぱりわからん。「うまく表現しているな」と感嘆するようなところはあるが。
なかなか長い時間掛けて読もうとは思わん。

922016/10/08(土) 00:51:00.000
『意識と本質』チャプター6

禅ー
すべての存在者から「本質」を消去
すべての意識対象を無化。全存在世界をカオス化してしまう。

一旦カオス化しきった世界に禅は、また再び秩序を戻す。
まったく新しい形で。さまざまな事物がもう一度戻ってくる(しかしあくまで無「本質」的に

具体的には
道元禅師『坐禅箴』
「水清くして地に徹す、漁行きて魚に似たり。空闊くして天に透る、鳥飛んで鳥のごとし」



本質が措定されていない。が、「本質」がないのに鳥は鳥として文節されている。

「川の中を泳いでいる漁」を見ている私が見ているものを禅は無化する。「川に魚が泳いでいることは現実だとしても、
それを映している私の意識がみているものは全て虚像に過ぎない。
「鳥飛んで鳥のごとし」。これも同じで鳥が飛んでいるということ自体、禅では虚像だという。

本来なら「川の中を泳いでいる漁」は確かに私の目に現実として映っている筈である。
何故なら私の意識は、川を泳ぐ漁を「本質」として、確かに現前していると確信しているから。

私たちの意識は「鳥が飛んでいる」景色を見て、「本質」を掴み取っている。
確かに鳥は飛んでいるのだ。何故ならありありと鳥が空を飛ぶ姿を私の意識は、掴んでいるから。
その現実を「本質」として捉える作用が、私の意識の自然な働きだからである。



禅はこれらの意識の働きを無化するという。
つまり実存体験事実に至るのである。
禅は鳥が空を飛んでいることを「本質」として捉える。そしてそれは虚像であることを意識として捉える。
禅の意識はメタ的に本質を無化しているのである。本当は鳥が実際に空を飛んでいることを知っている。
知っていて無化するのだ。無化して、再び秩序を戻す。そして戻した瞬間に「本質」を無化する

では、どうしてそうする必要があるのだろうか?

932016/10/08(土) 01:04:44.170
『バカヴァット・ギータ』第18章の一節(サーンキヤ哲学)

「三徳」という考え方があり、
現実在(現質)-
純質(サットヴァ)-全世界を究極的一者として眺める
激質(ラジヤス)-現象的多者の間に動揺ただならぬ意識
闇質(タマス)-愛憎に縛られた沈重な意識

感覚器官も意識も、その対象である外界の事物も、すべてこれら三種の存在エネルギーの
さまざまな混合によって現象し、いわゆる経験界を形成する。


その「三徳」は禅の「無心」「有心」「執心」に当てはまるという。

94学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2016/10/08(土) 08:57:16.230
確かに医者は理想主義的なところはあるかも。看護師としてはどうだろ。
現実的かな。それでも最高司令官になってるし、尊敬できる人物
であることに変わりはないです。

952016/10/11(火) 12:22:29.150
書き途中だったな。

96考える名無しさん2016/10/11(火) 19:39:33.540
>>15
西洋哲学と東洋哲学の違いを、差異化思考と同一化思考として捉えているが、
“差異化”の捉え方は、ハイデガ−の西洋哲学の解体としての“作られてある”という捉え方へと通じている。

972016/10/13(木) 23:10:46.670
禅に当てはめると

a、純質ー「無心」
b、激質ー「有心」
c、闇質ー「執心」

a、全存在界を究極的一者性において眺める。

b、経験的事物を個々別々なものとして差別し、それらを個々別々に認識する。

c、特定の事物に対する欲情的妄執的な態度。ある一つの対象をまるでそれが全てであるかのように
追い求める、根拠のない愛着の心

禅の「心を擬する」ー
意識のエネルギーをある一定の方向に向かって緊張させ、その先端に一つの対象を認知すること

「至道」への最大の障礙
現実を「本質」的に文節し、個々別々のものとしてしか見ることができない。
「有心」の段階においては、必ず分節的意識が作用するやいなや、存在の真相は無限の彼方に姿を消す

982016/10/13(木) 23:33:17.350
『大乗起信論』の「真相」「業相」「転相」もまた然り。

禅の心。その境地に私が至るのてあれば、あれこれ妄覚、煩瑣が起こりようもなく、
その境地を語ることはできないが、菩薩道はまだまだ修業の身。菩薩道の意識は
六波羅蜜、または十波羅蜜にあり、そのひとつに禅定波羅蜜かある。あまり詳細を語ることは儘ならないが、
「心を一にする」の一が鍵になっているは必定。

物事が一つに融け合うは、全が調和の上に成り立っているを悟ることと私は考える。
つまり物事の均衡の一つに自分が含まれているなら、対象の一々を観て、それに振り回されるのではなく、
全体の流れの最良に自分が位置するよう、常に無心になり「全存在界を究極的一者において眺める」を実践する。
それにより流れが清らかなものになるように必然的に自分の行動(十ニ縁起)、発言(真言)、心のありよう(波羅蜜)が
一つに定まってくる。その究極的な位置にいるのが、如来や仏の部類だと推測する。

99考える名無しさん2016/10/14(金) 00:40:26.950
全世界<全宇宙、全体は事事無礙法界ー
すべての物事は完全に調和して解け合っている。
何も問題のない調和した世界こそが、ありのままの世界であると。


全体を川の流れに見立てて、そこに人間の意識が介在する。
意識は基本的に自由自在だからだ。
川の流れはもともと清いものである。
清流が澱むのは工業用水や農業用水によってである。または人間がゴミを投げ込むことにより、
川の流れは汚れる。工業用水や農業用水は、人間の文明によってできた人類の叡智である。
意識は物事を複雑にする。この意識こそが全体に介在して物事の澱みを与えている。

人間は生まれて、愛する対象を見つけて愛しあい、その結果子が生まれ、育み、老いていく。
その繰り返しである。その繰り返しのなかで、澱みなく死を迎える。しかし人間には意識がある。
意識が人生のあらゆる場面において、複雑な物事を生みだす。例えば恋人をつくると、愛が生まれる。セックスをする。子供が女の腹に宿り、女は子を産む。
そのあとに互いの感情が離れるのは自然な流れである。古代人類史において、
自然な流れで子ができて、我々人類は男女が家族を形成して、子を供に育てるという道を歩んできた。
一人の人と一生を添い遂げるということは、それはそれで一つの川の流れである。
自然な川の流れだ。しかし、それは必ずしも決まっていないこと。人間の意識は自然な流れによって、
愛し合う対象ができた後も、誰かを求める。人間の意識は自由自在であるがために
一つの清い流れを堰き止めて、不倫したり、たしかなことがあるのに相手がいるからといって、
その確かな愛を回避することがある。答えはどちらも正解ではないのだ。
意識は禅的な一を観て、確かな川の流れをえらぶべきである。物事はどのような経過を辿っても不思議はない。
故にサットヴァ=無心でいることで、斯くあるべき運命に身を委ねるべきである。

子供がいようがいまいが、それは同じことである。

100考える名無しさん2016/10/14(金) 01:01:46.330
子供ができた後、別の対象に意識はが向くとしたら、それは自然なことである。
ただし意識が確かに清流が如く自然のままに、その対象に向くのであれば、
それに逆らうべきではないのだ。もしそれを回避しようとすれば、そのことばかりを想って
その対象に執着したまま人生を送ることになる。この場面の心は、執質ではない。
それはただ単に真実であっただけのことなのだ。意識がそのとき斯くあるべき運命に身を委ねなかったから
その対象を想ったまま老いていくだけのことなのだ。真実があるのなら例え妻子がいても
自然な流れに身をまかせるべきである。

それとは反対に、執質としての不倫は物事を濁流にしたり、汚染したりする。
この対象と肉体関係を結ぶとどうなるか?闇深き川底に至るのであれば、意識はそれがわかる。
意識が禅としての無心でもって、どの相手と添い遂げるかを見誤ったとしたら、
それは不倫の最中ではない。不倫のまえの妻子との因果を無心で観られなかったということである。
そもそもから間違っていたのだ。どうもしっくりこない。そのようになるだろう。

なるべく多くの人と付き合って、最後に最高の人と巡り合うというのも間違っている。
無心でいれば、そもそものはじめから間違いはないのだ。どこで無心の心でもって、
真実を見極められるかは決まっていない。

101考える名無しさん2016/10/14(金) 18:44:40.810
>>100
無心の心とは、禅の神髄ですが、西洋では「無」或いは「無心」をどのように
捉えているのでしょうか?

102考える名無しさん2016/11/24(木) 23:54:28.700
真理を発見しました (哲学系)
http://p.booklog.jp/book/106489/read

無料の電子書籍です!

103考える名無しさん2016/12/05(月) 22:47:05.460
NHK教育を見て51582倍賢くかまど(c)2ch.net
http://nhk2.2ch.net/test/read.cgi/liveetv/1480939518/

野生の思考 レヴィ・ストロース

1042017/02/23(木) 21:18:48.480
要約世界史

ユダヤ教の聖典、旧約聖書にはユダヤ人以外のメシア(救世主).として唯一エズラ記に綴られている大王がいる。
広大なペルシア帝国を築いたキュロス2世である。キュロス2世は、アッシリア帝国に迫害されていたユダヤの民を解放した。
キュロス大王はバビロン占領後、捕虜となっていたユダヤ人たちがエルサレムに戻ることを許した。
それだけではなく、ネブカルネザル2世が破壊したエルサレムの神殿を新しく建て直し、その費用を王家が負担するとまで述べた。
キュロス大王はあらゆる奴隷制を廃止したことから、「人権宣言」を行なった始めの指導者として、
キュロス大王の円筒印章のレプリカがニューヨークの国連本部の安全保障理事会議場の横に置かれている。

105美魔女2017/02/23(木) 21:35:31.860
>>101
混沌

106考える名無しさん2017/02/23(木) 21:38:56.110
その2 ゾロアスター教

キュロス大王とその子孫はゾロアスター教徒だった。ゾロアスター教といえば、ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』のドイツ語でツァラトゥストラ=ザラスシュトラ(英語訳ゾロアスター)という
預言者で、ツァラトゥストラが神から受けた啓示は『アヴェスター』とよばれる聖典に記されている。
最高神はアフラ・マズダといい、善悪を主る神である。
ゾロアスター教では、この世界史のなかでは、善と悪が常に闘いを繰り広げていて、最後には善が勝つと信じられている。
ゾロアスター教の根本原理は「人間は、進むべき道を自分で選ばなければならない。真実の道を行くかそれとも偽りの道を行くかは、それぞれで自由が与えられており、選択は人間か行う」

このゾロアスター教は今でもイランの一部地域で信仰されている。ゾロアスター教は世界で20万人いる。

107美魔女2017/02/23(木) 22:28:32.150
>>106
クリスタルボーイが悪のアーリマンの力を貰い

更に強くなったので

コブラはアフラ.マズダ善の力を受けて

闘い世界を宇宙を救いましたねー😃

108考える名無しさん2017/02/23(木) 22:29:20.570
オウム真理教に殺害された坂本堤弁護士(深夜自宅に押し入られ一家皆殺し)が住んでいた団地の他の住人(7世帯)は、
全員事件の起こる半年前より後に越してきた人達だった。

そのうち五世帯が創価の会員世帯。
神奈川県警は初動捜査の段階で、この住人達全員に行動確認をかけていた。
その矢先に城内康光県警本部長の婦警へのセクハラ疑惑や
生活安全課の警視がノミ屋(もぐりの馬券売り場)を開帳していた疑惑が突然次々と出て来て、
行確をはずしたら、マスコミからの疑惑追及は止まった。

それで勢いの付いたオウムは脱会信者の家族らを次々とVXガス(今度の金正男殺害で使われたのと同じもの)で襲撃。
当時の官房長官だった野中広務は
北朝鮮詣でから帰ると出所不明の大量の金を政界にばらまき始めて、自民党の実質的な党首におさまり
公明党を政権に引き入れた。

ネトウヨもいないし、韓流ブームもまだ無い頃だったけど、あの頃から俺達の国はもうおかしかった。

1092017/02/24(金) 04:34:10.980
キュロス大王の死後

キュロス大王は、紀元節529年スキタイ人のマッサゲタイ族との戦争により死亡した。
キュロス大王の死後。息子カンビュセス2世がマッサゲタイ族を破り、父の仇を取った。またついにエジプトをも征服した。
カンビュセス2世の従兄弟、ダレイオス1世が、その後のペルシア帝国を統治し、再編した。現在のイランに新首都ペルセポリスを建設し、スエズ運河を建設した。
またダレイオス1世は、貨幣制度を整備し、長さや重さの単位を統一した。そして、古代リディアの首都サルディスからペルセポリスまでの街道を建設し、
それを、「王の道」と名づけた。「王の道」は、交易を盛んにし、商業が発展、街道沿いには、食事を提供する宿屋を設け、
兵士を常駐させ盗賊から商人を守り、経済を発展させた。ダレイオス1世はキュロス2世同様、奴隷制を禁じ、大規模な工事には作業従事者が多く派遣されたが、労働者にはみな賃金を支払った。

1102017/02/24(金) 05:02:53.920
ダレイオス1世とペルシア帝国の衰退

紀元前512年ごろ、ダレイオス1世はスキタイ人を打倒すべく、ドナウ川流域まで軍を進め、有意に闘いを進めたが、
地理に不案内だったことが原因で、スキタイ人を捕らえそこなった。その代わりに、大王は、ギリシア北部のトラキアとマケドニアを征服し、そこに監視(サトラップ=行政長官)させペルシア帝国の北西の境界を守った。
しかし。やがて独立意識の強いアテナイやエレトリアをはじめとする都市国家は、ペルシア帝国の支配地域であるイオニアの反乱を支援し、
やがてこれらがペルシア帝国の衰退を招いた。ダレイオス大王は、紀元前492年にギリシアのイオニア反乱を鎮圧し、
ギリシア本土へと侵攻したが、紀元前490年マラトンの戦いに敗れ
その後ダレイオス大王は、マラトンの戦い後まもなく没した。

このマラトンの戦いが現在のスポーツ競技マラソンの起源となっている。マラトンの戦いが終わったとき、ギリシア軍の勝利を知らせるため、
またペルシア軍の海からの攻撃に備えるようアテナイに伝令の兵士を送った。兵士は伝令を伝え終わるとまもなく死亡したが、
この伝令の距離42キロがマラソンの現在の距離に相当する。

1112017/02/24(金) 05:23:03.520
西洋文明の基礎ギリシア国家

ダレイオス大王の死後、跡を継いだクセルクセス1世は、紀元前480年に、25万もの兵士を率い、スパルタの王レオニダスを打倒した。
レオニダスの軍勢は僅か1000足らずであり、それでも3日間に渡りペルシア軍を食い止めレオニダス軍が全滅するまでに、
ギリシア軍は残りの兵を温存し、アテナイの戦艦は次なる闘いに備えた。またアテナイの市民は孤軍奮闘のレオニダス軍のおかげで、
近くの島に避難し難を逃れ、やがて9月サラミスの海戦が始まった。ペルシア軍は機能性の高いギリシア戦艦に翻弄され、
200隻以上の舟を失い撤退する。戦意を失ったクセルクセス1世は、ボラポラス海峡を超えてアジアに退却し、
マルドニオス将軍にギリシアを倒すよう命令し、ペルシア軍は再度アテナイに侵攻したが、
「プラタイアイの戦い」と「ミュカレスの戦い」に敗れ、これをもってペルシア帝国のギリシアの領土侵略は失敗に終わった。

こうしてヨーロッパとアジアは敵対関係に陥った。
オリエントのペルシア文化と西洋のヨーロッパ文化は、ユダヤ人を巻き込んで、歴史の因縁へと発展していく。

1122017/02/24(金) 05:30:08.440
歴史って面白えなぁ。
全てが繋がっていて、ちょっとした綾でどのようなパラレルワールドも存在するんだろうな。
しは大学受験は、世界史を取っていたが、一通り通史をやっておいて良かった。いま本読み返しても、因果関係が頭にポンポン
入ってくる。

1132017/02/24(金) 05:50:14.620
世界史を紐解いていくとユダヤ人てのは、ずいぶん数奇な運命を辿っているよな。
ちなみに第一次世界大戦後、オスマン帝国が衰退し、シオニズムがヨーロッパ各地で盛んになり、
大量のユダヤ人がパレスチナに流出した。元来、エルサレムはアラブ人の聖地でもあるエルサレムに大量に移住してきたことを
アラブ人はあまり快く思っていなかった。当時のパレスチナは、イギリスが統治していたのだが、結局イスラエル建国でアラブ人とユダヤ人の対立鮮明化していく。

追って歴史を辿っていく。

114考える名無しさん2017/02/25(土) 09:10:04.110
偶像崇拝をしてはならないという教えは言葉通りの意味以外にも
例えば人などを羨望し目指したり従属したりすることの禁止も指すのではないでしょうか
http://macrospirit.seesaa.net/article/432830420.html?reload=2017-02-24T10:00:38
なかほど

1152017/02/26(日) 07:29:51.160
おまえらニーチェのツァラトゥストラを読む前に、キュロス2世くらいは、把握しとけよ。
ユダヤの民にとって、キュロス2世がどういう意味を持っていたのか?ペルシア帝国やオリエントの世界史的な意味。
それから都市国家ポリスの独立的な思考を持つギリシアとの闘い。アジアとヨーロッパ文明の対立、

そういったものくらい知っとけよ

1162017/02/26(日) 07:32:11.070
ユダヤとアラブ人

>>64>>72

1172017/04/24(月) 20:40:49.640
吹くかぜを なこそのせきと おもへども みちもせにちる 山桜かな

源義家『千載和歌集-巻第2春歌下』より

118美魔女2017/04/24(月) 20:52:23.060
ピーポー🎶

1192017/04/24(月) 21:06:30.350
奈良時代末

大和朝廷の支配に服していた地域は、宮城県仙台市の北の多賀城あたりが北限となっていた。
この時期、平安京遷都や歴史書『続日本記』の編纂を行なうなど、数々の新事業を進めていた桓武天皇は、支配領域の拡大にも積極的に乗り出した。
桓武天皇の命を受けた坂上田村麻呂は、征夷大将軍に任じられて東国と奥州に下向。
坂上田村麻呂率いる朝廷の軍勢は、さらに北を目指して奥州深く攻め入り、当地を治めていたアテルイの率いる軍勢を破った。
そのころ坂上田村麻呂は、北上川流域の胆沢(岩手県奥州市)に城柵(砦)を築き、朝廷の奥州支配の拠点とした(802年)

小学館ウイークリーブック 『戦乱の日本史 新説前九年・後三年の役』より

1202017/04/24(月) 21:28:27.900
878(元慶)秋田で反乱
939(天慶2)年 平将門の乱

平安時代後期のこと。1051年(永承6)

衣川柵(岩手県奥州市)を越えて南進してきた安倍頼時を藤原登任(陸奥守)が迎え撃ったが、大敗を喫してしまう。
同年、朝廷は源頼義を陸奥守に任じられ、奥州に派遣した。1056(天喜4)年安倍一族と朝廷側のあいだで和平が計られたが決裂し戦乱が勃発する。

1212017/04/29(土) 09:24:08.920
前九年の役・後三年の役



前九年合戦・後三年の役

122考える名無しさん2017/06/05(月) 18:34:20.430
age

123考える名無しさん2017/06/29(木) 18:18:15.840
良スレ

124考える名無しさん2017/07/29(土) 21:36:47.470
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

125考える名無しさん2017/10/13(金) 09:58:40.920
>>2
西洋人の姿そのものだわ
実際今でも欧米はそういう馬鹿多いからな
考えるのは好きな癖に当たり前のことに気付かない、知らない
中国と日本の間は渡航が難しかったらしい→日本を最初に発見したのはスペイン!みたいな池沼理論とかがデフォ

1262018/01/12(金) 22:47:53.520
アリストテレスとアレクサンドロス3世、そしてオリエンタリズム・ヘレニズム文化

アリストテレスは言う
「神とは、法(宇宙の万物を動かす「第一動者」)である。その法は、公平で、訂正や変更は認められない。
思うに、石版に刻まれたものより、確実で、優れた存在なのだ」

1272018/01/12(金) 22:54:18.280
さて、アリストテレス哲学を始めとする、ギリシャ哲学が世界に広まっていった背景にはアレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の世界征服(実際には世界の半分以下だが、かなり広大な範囲)がある。

このスレでは、アリストテレスの哲学を追っていくが、その前に別スレで世界史のおさらいをして、ヘレニズム文化の広がりについて、歴史を辿っていく。

新着レスの表示
レスを投稿する