☆人間(ヒト)とは何か?思考実験 [無断転載禁止]©2ch.net

1考える名無しさん2016/08/03(水) 22:09:50.790
人間(ヒト)とは何なんでしょうか?

1)人間とは人間の肉体である?(人間の肉体こそが人間の根源?)
メガネの使用や歯科治療を受けたとして人間で無くなる?・・・まさか
義手や義足の使用者は人間ではありませんか?・・・疑う余地なく人間です
しかし、シャーレの中で培養中のヒト細胞は人間ですか?
では・・・何処まで人体を人工物に入れ替えたらヒトでは無くなるのか?
脳機能の一部を人工物で補うサイボーグが実用化されたらどうなのよ?
ゲノム編集で人工の幹細胞を作って人体に投与してゆっくりゆっくり何十年もかけて入れ替われば?

2)人間とは知的な意識である?(知的な自意識の目覚めこそが人間の根源?)
重篤な障害で知的な自意識を目覚めさせる事が絶対に不可能な者は人間なのか否か?
人工知能(強いAI)が知的な自意識に目覚めれば当然に人間と認めるべきか否か?
特定の宗教にのめり込んで他の価値観を一切理解出来なくなった妄信者は?

どう思うね?

171DJgensei artchive gemmar2018/05/08(火) 18:30:31.970
現れいで。 

172考える名無しさん2018/06/04(月) 17:50:53.050
人間とは何か?

・鬱病にならないこと
・貧乏にならないこと
・異性と楽しく遊ぶこと

173考える名無しさん2018/06/05(火) 15:39:23.300
人は誰かが具体的に定義するのではなく、大勢に抽象的に人と定義される受動的なもの

おまえらバカなの?

174DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 19:16:48.370
抽象世界の王ゲルニカ。

175DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 19:17:26.680
人間?該当者少ないな。人間と種族を共にすることとも違う。

176考える名無しさん2018/06/06(水) 01:54:46.700
>>1
今北
それはとても重要で興味深い問いだ

177考える名無しさん2018/06/06(水) 01:57:08.120
>>152
ものすごく美しい言葉なんだけど、ソースはあるの?

178考える名無しさん2018/06/06(水) 11:21:13.230
どこが美しいんだ、お前が真っ先にその犠牲者になってろ

179考える名無しさん2018/06/06(水) 11:29:15.270
>>177
俺がどっかのスレで書き込んだ奴のちょっとだけ改変した奴やな
盗作されたいや気分

勿論聖書と杜甫とDMCが元や

180考える名無しさん2018/06/06(水) 11:56:11.040
そんなくだらんものに未練たらしくしがみつかなくても誰も要らないんだから好きにしとけよ

181考える名無しさん2018/06/06(水) 12:09:32.500
やだ
許せない

182考える名無しさん2018/06/06(水) 12:27:20.480
わがまま!(笑)

183考える名無しさん2018/06/06(水) 15:51:01.510
中二病なレスだらけだねスレタイも含めて

184考える名無しさん2018/06/06(水) 16:08:03.070
態々そんなクソの足しにもならない言葉を発する為に現れるお前自身も含めてな

185DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 17:46:34.740
ヒト ヒトしき ヒト を 思い出すとき。古典に人を発掘する方が当たります。

186考える名無しさん2018/07/01(日) 20:42:26.520
ヒトとは感情より理性を優先させるものである

187考える名無しさん2018/07/02(月) 16:57:24.510
だが感情を理性で支配しきれる人はいない、なぜなら人の神経活動の
ベースシステムは脳ではなく末端神経であり、それらはホルモンによって作用している
感情といっても基本はホルモンによって働くので脳神経のネットワークなくても
神経は動くことを理解できないのが理性が全てだと思い込む
それは反射だよ、思考とは受動態意識のパターンにすぎない。

188考える名無しさん2018/10/04(木) 08:25:35.410
人間とはすけべである

189学術2018/10/04(木) 09:03:17.470
現代語 より新作古語をかなりうまくつづれるようにならないと。最初は句から。
医学の書体に侵食されないようにしておくように。

190学術2018/10/04(木) 09:04:19.080
医学の認識認知構図の書体も最低でも血統と歴史がかかわりあるから。

191学術2018/10/04(木) 09:05:06.780
神経症 ヒステリーは 哲学にも引用されたが、首席ではない成金レベル。

192考える名無しさん2018/10/04(木) 15:04:52.780
>ヒトとは感情より理性を優先させるものである
>だが感情を理性で支配しきれる人はいない

「感情を理性で支配しようとするけれども、
感情を理性で完全に抑え込むことは難しい」という紋切型にはまっている感じがする。

193考える名無しさん2018/10/04(木) 15:10:48.580
「良薬は口に苦し」

薬に優れた効果があると理解すれば、苦くても自ら進んでそれを飲もうと
するかもしれない。そのことは、苦いから嫌いだという感情を理性で
抑えこんでいることになるのだろうか。優れた効果があると理解して
いながら、それでも苦いからそれを飲みたくないと拒絶したら、
それは苦いから嫌いだという感情を理性で支配しきれなかったこと
になるのだろうか。

194考える名無しさん2018/10/04(木) 15:16:06.860
感情と理性は本当に対立しているのだろうか?
むしろ、理性とは、味を覚えることに似ているのではないか?
苦いものや辛いものが好きな幼児はいないだろう。
しかし、成長するにつれ、苦いものや辛いものが好きな食べ物になったりする。
苦かったものが苦くなくなるわけではなく、辛かったものが辛くなくなるわけではない。
にもかかわらず、苦いから嫌だ、辛いか嫌だという感情は消えて、
その苦さ、その辛さが好きになる。
そのような変化を記述することが理性の働きを理解することになるのではないか?

195考える名無しさん2018/10/04(木) 15:19:04.600
誘惑に負けるとはどのようなことか?
誘惑に打ち勝つのは理性なのか?
ヒト以外の生き物はいつでも誘惑に負けているのか?
ヒト以外の生き物も、誘惑に負けない場合は、理性を働かせているのか?
誘惑に負けることは悪なのか?

196考える名無しさん2018/10/04(木) 15:27:16.920
理性はつねに、情動を正当化する理屈付けとして働いているのではないか?
反省とは、その理屈付けに向けられるものではないのか?
反省そのものも、矛盾する理屈付けの辻褄合わせとして行われるのではないか?

197考える名無しさん2018/10/04(木) 17:02:07.280
反省能力が著しく低い人は確かにいる。
しかし、そのことが社会生活において不利に働くわけではない。
逆に、利用価値が高まって、人生の大半を順調に遅れることすら少なくないだろう。

198考える名無しさん2018/10/04(木) 17:02:33.860
遅れる ×
送れる ○

199考える名無しさん2018/10/04(木) 17:34:18.780

200ネギ(禰宜)坊主2018/10/04(木) 19:25:03.470
未熟の惑星
「人生の酸いも甘いも噛み分けた大人」などというのは、実はほとんど存在せず、
自分の舌に合わない料理を出されたと文句を言い、自分が正しいことを言っている
と確信して疑わないモンスタークレーマーばかりである。

201ネギ(禰宜)坊主2018/10/06(土) 10:31:00.840
理性と情動は対立しているのか?

理性はまずなによりも、生じている情動を正当化するように、
つまり、その情動が適正(adequate)であることの理由づけとして
働くのではないか?理性的な判断とは、心がどのようにか動き、
そのように心が動くことの適正さについての判定(よし/あし)ではないのか?
だが、「よし/あし」とは、適正さについて「心がよ(寄)るように動くこと/
心が離れるように動くこと」でないとしたら、いったい何であろうか。

反省しない人とは、自らの心の動きの適正さを疑わない人であろう。

202考える名無しさん2018/10/06(土) 14:02:07.030
人はあく(悪)を成すことができるのか?
問ひをより正確に述べるなら、「人はあく(悪)を自ら進んで追い求めることが
できるのか?」ということになる。
「あく(悪)」とは、「あ(悪)しきこと」であり、「あ(悪)し」とは、
「心が離れるように動く」という判断なのだから、「自らの『心が離れる
ように動く』こと」を積極的に追い求めるというのは矛盾だろう。
したがって、人が「あく(悪)を成す」としても、それは「あく(悪)」を
追い求めているからではなく、「あく(悪)」とされることに
何らかの「よ(善/良)さ」、すなわち、「心がよ(寄)るように動くこと」
として追い求めていることになるはずである。

203考える名無しさん2018/10/06(土) 14:16:36.330
人は「あく(悪)を成す」場合にでさえ、「よ(善/良)さ」を追い求めている
とするなら、「あく(悪)を成す」とは、いったいどのようなことを言い表して
いるのだろう。

204考える名無しさん2018/10/06(土) 15:12:05.640
絶対悪と対比されるような「善」は、それ自体が悪である。

205考える名無しさん2018/10/06(土) 15:52:15.430
人は、悪を成すときにおいてさえ、よ(善/良)さを追い求めている。
悪を成すとは、いわば、自覚的な局所最適化への執着である。
「局所最適化への執着」が「あ(悪)しきこと」とされるのは、
それによって大局的な最適化の追求が妨げられることになるからだ。

しかし、ここで注意しなければならないのが、局所最適化への執着と
大局的な最適化の追求の関係である。大局的な最適化は、局所最適化
と対比される、追求されるべき「絶対的な善」として存在するわけではない。
追求されるべき大局的な最適化は、それに固執することが悪とされる局所最適化
との関係においてしか存在し得ず、その追求そのものが善であり、
その追求は決して止められてはならないのである。大局的な最適化を、
あらかじめ存在する「絶対的な善」であると思い込んだとたん、それは
もはや大局的な最適化の追求ではなく、局所最適化への執着となる、
つまり、悪を成すことになるのだ。

206考える名無しさん2018/10/07(日) 00:01:24.630
誤:
「あく(悪)」とされることに何らかの「よ(善/良)さ」、すなわち、
「心がよ(寄)るように動くこと」として追い求めている
正:
「あく(悪)」とされることを何らかの「よ(善/良)さ」、すなわち、
「心がよ(寄)るように動くこと」として追い求めている

207ネギ(禰宜)坊主2018/10/10(水) 10:48:44.320
主体性は、できない/あたはないことの自覚、かなわない状況(inadequacy)の
認識として現れ、かなしい心として物象化される。かなしい心をもつことに
おいてこそ人は主体的であり、不確かさの自覚こそが理性である。

208考える名無しさん2018/10/10(水) 10:54:19.650
哲学において、理性が情動と対立させられるとともに優先され、主体が
理性的な存在であると陰に陽に前提とされてきたことは、極めて多くの
哲学的議論において奇妙な倒錯をもたらしている。

209考える名無しさん2018/10/10(水) 11:05:26.510
理性を不確かさの自覚ではなく、何か明確で確実な論理のようなものと
思いなし、主体を理性的な存在と見なす限りで、主体は、純粋に主体的
であればあるほど、主体性は霧散して消失することになり、純粋な主体
とはどのようなものかを問うならば、主体性はもはや消えているのだから、
主体について語ることはできないことにならざるを得ない。

210ネギ(禰宜)坊主2018/10/10(水) 11:15:52.300
日本語で哲学するのであればまず、心(mind)心(heart)問題にまず取り組まない限り、
心(mind)身体(body)問題について議論することなど到底無理な話であることは
明白だろう。なぜ誰もそれを指摘しないのか、そのことが問われなければならない。

211考える名無しさん2018/10/10(水) 11:16:45.540
誤: 心(mind)身体(body)問題
正: 心(mind)身(body)問題

212考える名無しさん2018/10/10(水) 11:18:53.680
誤: かなわない状況(inadequacy)
正: かなはない状況(inadequacy)

日本語の正書法も明らかに哲学を阻害している。

213考える名無しさん2018/10/10(水) 11:23:11.130
まずは自分の哀れさを素直に認めることでしょう。

214考える名無しさん2018/10/10(水) 13:18:12.560
誤: 主体性は霧散して
正: 主体性が霧散して

215考える名無しさん2018/10/10(水) 16:22:34.750
情動と切り離された、あるいは、少なくとも情動に関して中立を保ったまま、
理性のみによって自我が成立すると考えてしまった誤りは、人が他の動物に
対して理性を有することにおいて優位であるとすることを陰に陽に前提とする、
いわば最初のボタンの掛け違いに由来するのだろう。

216考える名無しさん2018/10/10(水) 16:26:46.360
他の動物は情動に身を任せているだけであるという偏見から反転して、
今度は他の動物にも理性がある(ただし、人より劣る、または人と異なる)
という、やはり情動と理性を対立させることを維持する倒錯が生まれる。

217考える名無しさん2018/10/11(木) 10:10:35.370
できない/あたはないことが自我を凝縮し、できる/あたふことが自我を拡散する

218ネギ(禰宜)坊主2018/10/11(木) 20:15:58.930
理性とは、不確かさの自覚に他ならないのに、理性と情動と対比して、情動
から切り離し、前者を後者より優位であると考える愚行によって、不確かさ
を「理性の限界/綻びの表れ」と見なす笑い話のような倒錯が、思想哲学業界
では常態化してしまったのだ。

219考える名無しさん2018/10/11(木) 20:21:19.470
誤:理性と情動と対比して
正:理性を情動と対比して

220学術2018/10/11(木) 20:35:34.060
理性があるから動きと思考が分裂するんじゃないの。だけど理性無しでも自我は崩壊するでしょう。理性と情動は分かれているわけじゃなく構造上まったく別でもない。

221学術2018/10/11(木) 20:36:59.610
理性はほかの動物より上である根拠はなく反応も遅く最下位ランクだよ。
超ー理性というモノがあればかなり下取りのものだよ。

新着レスの表示
レスを投稿する