ヘーゲルスレがなくね? [無断転載禁止]©2ch.net

1考える名無しさん2016/08/08(月) 01:42:40.820
 、_    
  ~) ヽ       __
  / / ト 、 ト、__  ~゙゙ソ
 ( i、_ノノ`  | i"~ ー=、 `ニ= 
  `ー'" ( =_ハ`>   )ノ
            ゝ'
      ,、,,..._          ピキッ
     ノ ☻ ヽ 
    / :::::   i 
   / :::::   ゙、
   ,i ::::::     `ー-、
   | ::::          i
   ! :::::..        ノ
   `ー――――― '"

610考える名無しさん2018/05/09(水) 15:44:21.11O
ヘーゲルが何で矛盾律や自然科学を軽視したかわかんない奴が
ヘーゲルについていくら語っても分析哲学や物理主義の奴等から罵倒されて
反論できないで終わるだけだろ
お前ら正気になれ
ヘーゲルについて真面目に考えろ

デュエム=クワインテーゼや仏教の関係主義とヘーゲルを結びつけて語れないとか
単に頭がおかしいだけだしヘーゲルへの侮辱だから

ヘーゲルについてまともに語ってくれ
このスレヘーゲルについて一行も語ってないじゃないか

611考える名無しさん2018/05/09(水) 15:52:40.52O
矛盾律を軽視するのは仏教と同じだろ?
仏教はあることとその矛盾することを同時に超越する
個々の自然科学的事実は軽視するのもホーリズムだからだし
個々の事実からの単純な検証は否定するのはクワインだ
いちいちの個々の物や現象からの実証的知識はヘーゲルは無視する

これがわかっていないと主流の物理主義や実証主義から黙殺され
嘲笑されて終わり

ふざけてないでヘーゲルについて論じろよ

612考える名無しさん2018/05/09(水) 17:30:12.750
自分の思い通りにならないと駄々をこねるというのは煽りにもならない

613考える名無しさん2018/05/09(水) 18:34:21.600
違う。忙しかったんや。

614考える名無しさん2018/05/09(水) 22:03:14.990
偉そうな口調の単なる相対主義の人がまた来てるのか
どうせポパーの科学哲学とか持ち出してくるんだろ?

615考える名無しさん2018/05/15(火) 09:00:32.800
>>602
タイトルは精神現象学読解入門だけど
中味はコジェーヴ哲学だからね。そのつもりで。

616DJgensei artchive gemmar2018/05/15(火) 17:08:31.490
教授の裏面かな。

617考える名無しさん2018/05/20(日) 23:20:34.93O
>>610
晩年のヘーゲルは自然科学にも言及してるよ。

618考える名無しさん2018/05/26(土) 01:23:50.620
レーニンの『哲学ノート』を読めばヘーゲルを理解したことになりますか?

619考える名無しさん2018/05/26(土) 01:31:20.030
ヘーゲルを理解するということは、ヘーゲルの著書を読むこと

620考える名無しさん2018/05/29(火) 13:24:08.250
コジェーヴがいなければバタイユもラカンもジジェクも岡本太郎もいなかった、かも

621考える名無しさん2018/06/10(日) 07:20:33.510
知覚を「超える」だの「境地」だの「透視する」だのそんな神秘的な訳語を当てるのは間違ってると思う。
ヘーゲルはもっと唯物論的な見方をしていた人だと思うから。

622考える名無しさん2018/06/10(日) 07:42:31.970
観念論の完成者を唯物論者なんかが受け継ぐからオカシクなった

623DJgensei artchive gemmar2018/06/10(日) 08:02:19.940
自分の精神の現象よりいいやつを書籍にして売れるということだよ。
ヘーゲルを読む意味は、それを超えていることにしかない。

624考える名無しさん2018/06/10(日) 08:06:15.360
若くして死ぬ程度のヤツではあったよな

625考える名無しさん2018/06/10(日) 11:48:03.260
>>622
ヘーゲルは唯物論者だろ?

少なくとも、観念で物が動くとはまったく考えてなかった。

626考える名無しさん2018/06/10(日) 15:28:18.790
ヘーゲル哲学体系は論理学、自然哲学、精神哲学で
自然哲学及び唯物論を内包している
マルクスが弁証法を受け継いだとしたらそれは彼の欠点
マルクスの資本論はヘーゲルよりカントに近い
そもそもヘーゲルの弁証法にアウフヘーベンはないと解釈すべき

627考える名無しさん2018/06/11(月) 21:20:23.010
>>626
>マルクスの資本論はヘーゲルよりカントに近い

どういうところが?

628考える名無しさん2018/06/12(火) 08:12:33.330
>>627

カントもマルクスも四象限のマトリクスを思考の基本形にしていて
ヘーゲルのように正反合で統一させていない
統一できていないというべきか

629考える名無しさん2018/06/12(火) 12:53:06.730
>>628
>カントもマルクスも四象限のマトリクスを思考の基本形にしていて

具体的には?

630考える名無しさん2018/06/12(火) 21:21:09.700
四象限ってなんか柄谷っぽい話だな
広松も四肢構造とか言ってたよな

中公クラシックス版の『法の哲学』を持っているのを忘れて
危うく長谷川宏訳の法哲学を買いそうになった。

631考える名無しさん2018/06/14(木) 22:19:24.360
今、長谷川宏訳の「精神現象学」読んでるんだけど、

意識と超感覚的なものの中間で作動する、欲望と労働というあたりがしっくりこない
誰が説明できる人いる?

それとも些末な部分は捨象して大枠だけ掴めばいいのかな

6326312018/06/14(木) 22:22:38.410
「純粋理性批判」より難しいなかこれ
純理は岩波版で読めたけど

633考える名無しさん2018/06/14(木) 22:36:38.060
中間項の場(現象界)で、対極に位置する自己意識が矛盾状態にあり、
肯定と否定する力が凌ぎを削って、それぞれ自己(個としての自意識と、不動態=神)
へと帰還する二重の運動が存するっていう理解でいいの?

634考える名無しさん2018/06/14(木) 22:41:07.990
対象(中間項において)が、それぞれに他を含み、一方の極から他方の極へと
反転、循環しているっていう理解でいいのかな?

635考える名無しさん2018/06/14(木) 22:44:58.410
『精神現象学』は長谷川訳のは読んだばかりだけど
『純粋理性批判』の百倍わかりにくいと思う。

636考える名無しさん2018/06/15(金) 00:51:33.970
弘文堂のヘーゲル事典って使える?

637考える名無しさん2018/06/15(金) 04:11:41.190
四句分別というべきだったがベン図と混同するといけないから
象限図を言葉として使った
同じことだが


  絶対的
 B | A
拡大−十−単純
 C | D
  相対的

マルクスはABCDという論理展開で記述してゆく。
それはカントの質量関係様相というカテゴリーに似ている。
四則演算-+×÷のようなものだ。
宇野弘蔵はこれをヘーゲル的トリアーデに変換した。
(生産流通分配の順序を流通を先にし流通生産分配にした)


ヘーゲル全集『大論理学(下)』武市健人訳注によると、価値形態論(マルクス)
はヘーゲルの影響下にある。
ただし、より本質的には価値形態論も四段階を踏んでいる
つまり価値形態論はヘーゲルを媒介にし、カテゴリー論(カント)に原型がある。
カントと違って、量より質が先にくる。これはヘーゲルの特徴を留めている
(詳述しないが判断力批判のカントとは同じ)
順番に差異はあるがマルクスの価値形態論はカントのカテゴリー論と相似である。

638DJ学術2018/06/15(金) 08:54:31.230
感覚を超えるものが意識化されるのか?される可能性は少ないよ。
欲望と労働の折合わせの能力なんて偏向的じゃないか?

639DJ学術2018/06/15(金) 08:58:12.250
ボギャブラの象限とか 女神転生のそれとかに接点はあるのかなあ。
空間を思い浮かべるといいね。

640考える名無しさん2018/06/15(金) 10:34:09.100
>>637
なにこのデタラメな図式?

商品は、相対的かつ単純な構造なんだよ?

641考える名無しさん2018/06/19(火) 15:12:42.940
精神現象学 第二版
G・W・F・ヘーゲル 著 / 牧野紀之 訳
四六判上製函入1072頁 12,000円(税別)
ISBN978-4-89642-555-0 C1010



読解の正確さ、註釈の親切さ、訳文の読みやすさで
評価の高い牧野訳 待望の第二版!

湧き出ずる論理の展開に先走るヘーゲルの原文を精緻に読み込み
先達学兄の業績を踏まえた上で、本文のみでその思想が理解できるよう
分かり易く言葉を補った訳。原書との格闘の跡も生々しい補注も豊富で
後覚の者必携の一書。第一版に注と訳者による付録論文、索引を追加。

642考える名無しさん2018/06/19(火) 15:18:18.330
>>640

それは貨幣も同じ?

643考える名無しさん2018/06/19(火) 16:13:27.600
>>642
貨幣は、使用価値が交換価値である商品だから、さらに単純。

644考える名無しさん2018/06/19(火) 17:36:31.430
>>636
けっこう使える
手元にあるとかなり便利

645考える名無しさん2018/06/19(火) 19:30:18.500
>さらに単純

相対的に単純ということでは?

646考える名無しさん2018/06/19(火) 19:30:37.400
資本論を普通に読んで行けば宇野のようなトリアーデにはならない
(宇野やレーニンはマルクス自身の構想を根拠にしてはいるが)
単純な価値形態が拡大されるように、単純再生産は拡大される
相対的価値形態が貨幣とされるように、相対的剰余価値も一般化される
相対的剰余価値が一般化されるように、絶対地代も歴史的になる

それぞれ前者が後者の条件としてフラクタルに存在する
それらの二項対立はヘーゲルのように止揚されることはない
カントのいうアンチノミーとして残り続ける

647考える名無しさん2018/06/19(火) 19:32:38.200
>>645

つまり商品の使用価値は絶対的

648考える名無しさん2018/06/19(火) 19:33:08.780
右上から反時計回り

 _____『資_本_論』第1巻<一>_____
|三5〜9 |二    |交換過程 |拡大 単純1  
|絶対的剰余|貨幣の資本| 2   <価値形態論>  
|価値の生産|への転化4|     一般的 貨幣|  
|_労働日8|_ロドス_|_一商品と貨幣1〜3_|  
|四相対的 |五絶対的お|     |     |  
|剰余価値・|よび相対的| 貨幣または商品流通3|  
|10〜13|・〜16 |     |     |  
|協業11_第1部:資本の生産過程_|_____|  
|     |     〜25   |     |  
| 時間18|労賃への |拡大再生産|単純再生産|  
|     | 転化17|  22 |   21|  
|____六労賃____|__七資本の_____|  
|    17〜20  |  蓄積過程21〜25|  
|出来高19|国民的相違|窮乏化 本源的蓄積24|  
|     |   20|法則23 植民理論25| 
|_____|_____|___________|

649考える名無しさん2018/06/19(火) 19:34:15.990
          
 マルクス『資本論』全三巻<一〜三>    商品と
 ___________剰余価値______貨幣〜3
|資本の変態|(資本の |絶対|資本|拡大|単純|
|  と循環| 循環過程)的_|へ4|価値形態論1
| 1〜6 |1、2、3|相対〜16一般的|貨幣|
|__資本の流通過程__|的_資本の生産過程__|
|    <二> 18〜|時間| <一> >>648
|資本の回転|社会的21|_労 賃_|商品の蓄積過程
| 7〜17|総資本20|17〜20|21〜25|
|_____|再生産表式|出来高__|_本源的蓄積24
平均、利潤率|     |     |資本|労働|
低下 利潤 |     |生産過程 |_三位一体48
商人1〜20|    <三> 49 |  |土地|
資本へ___資本主義的生産の総過程への転化|__|
|     |絶対、差額|競争の  資本家|労働者
|  利子 |  地代 |外観50 |_諸階級52
|21〜36|37〜47| 分配と |  |地主|
|複利24_資本主義的地代_生産51|__|__|
信用27
恐慌30

  絶対的
 B | A
拡大−十−単純
 C | D
  相対的

650考える名無しさん2018/06/19(火) 19:34:23.040
>>645
普通の商品は使用価値と交換価値を持つが、貨幣は交換価値しか持たないということ。

651考える名無しさん2018/06/19(火) 19:37:22.890
>>648>>649
一つ一つの概念も理解せずに、目次並べてなにがしたいんだよw

652考える名無しさん2018/06/19(火) 19:38:17.240
マルクスの間違いは相対的であるはずの貨幣を
歴史的に位置付けるなかで絶対的とした点だ
これはマルクスを読む側のヘーゲル的バイアスでもある

653考える名無しさん2018/06/19(火) 19:43:13.360
ヘーゲルとマルクスは違うが
それはマルクスが唯物論だから違うのではない
マルクスのテクストは弁証法で掬い取れない夾雑物をもつ
ただしカントのカテゴリー論、アンチノミー論と並べると見えてくるものがある

654学術2018/06/19(火) 19:43:47.620
物自体の誘導の方が。コイル的でいい時代じゃないの?

655考える名無しさん2018/06/19(火) 20:04:19.790
>>652
マルクスがどこにそう書いてるの?

656考える名無しさん2018/06/19(火) 20:05:20.500
>>653
弁償とはどういうものだと思ってるの?

657考える名無しさん2018/06/21(木) 00:45:26.270
マルクスが貨幣を絶対的とした www

658学術2018/06/21(木) 06:58:00.230
賞品が交換価値を持つわけないじゃない。ただ一つのカテゴリーの製品だもの。

659考える名無しさん2018/06/21(木) 18:34:42.040
つまんないから学術とかいうやつは書き込まなくていいよ

660考える名無しさん2018/06/21(木) 21:39:44.510
http://hegel.net/
http://hegel.net/index.htm.de
http://hegel.net/index.htm.en
               /\
              /_哲学
             /\絶対的\
            芸術_\/_宗教
           /\<精神哲学> /世界史
          /__\     /__\    
         /\主観的\   /\客観的\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\  『エンチクロペディー』/__\
     /\概念論\           /有機体学\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\ <論理学>/\       /\ <自然哲学>/\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /\有論/\  /\本質論\   /\力学/\   /\物理学\
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\

新着レスの表示
レスを投稿する