アリストテレスから世界はおかしくなった [無断転載禁止]©2ch.net

1考える名無しさん2017/02/22(水) 05:11:31.750
これだけは間違いない

691考える名無しさん2017/05/28(日) 13:07:37.400
>>688
俺はヘラクレイトスとパルメニデスだと思ってる

692考える名無しさん2017/05/28(日) 20:53:31.360
>>691
2人で1人の、ペア哲学者だな

693考える名無しさん2017/05/28(日) 20:54:04.510
どちらか1人だけでは、哲学として機能しない

694考える名無しさん2017/05/28(日) 20:54:57.990
盛大にポロリw

695考える名無しさん2017/05/28(日) 20:56:19.610
しかし、ヘラクレイトスは今でいうトルコの人。
パルメニデスは南イタリアの人。

哲学的にも地理的にも、ギリシャ文明圏の両端にいた。

696考える名無しさん2017/05/28(日) 20:56:25.280
パルメニデスは謎すぎる

697L'Arc〜en〜Ciel2017/05/28(日) 21:28:14.950
時間は存在しない。

698考える名無しさん2017/05/28(日) 23:08:23.610
ちょうどソクラテス以前断片を読んでるけど
面白い・凄いで正に神書だわ
ソクラテス以降なんてどうでもよくなる

699考える名無しさん2017/05/29(月) 06:54:19.180
そうかもしれんな

700考える名無しさん2017/05/29(月) 07:14:59.620
ニーチェやハイデッガーも、それにヤラレた

それで、あんなふうになってしまった

701学術2017/05/29(月) 10:01:49.810

702L'Arc〜en〜Ciel2017/05/29(月) 10:26:20.660
ギリシヤの人々が一番、生き生きとしてたらしいな

703考える名無しさん2017/05/29(月) 16:41:47.290
植物的霊魂と動物的霊魂と人間霊魂の三つに分けたのが納得いかない
植物と他二種を分けるのは分かるが、動物も人間も知性の量が違うだけで質は同じだわ
キリスト教徒が動物虐待する理論的下地を用意したと考えていい
偉大な動物学者だったアリストテレスの痛恨のエラーだろ

704考える名無しさん2017/05/29(月) 16:50:26.540
あと形而上学がアリストテレスの主著のような扱いになってるのが気になるな
アリストテレスの著作自体が未編集の講義録っていうけど、その中でも形而上学はかなり乱雑な作りになってるし
内容も割と迷走してるしアリストテレス自身もこの分野に関してはまだまだ研究途上だったはず

705考える名無しさん2017/05/29(月) 17:34:59.020
>>703
>>704
分かるわあ
かなり鋭い洞察だありがとう

706考える名無しさん2017/05/29(月) 17:44:33.370
同意。
結果的には、アリスの功績は形而上学とは真逆

707考える名無しさん2017/05/29(月) 19:29:03.990
師匠が戦争経験者で政治に殺され
憤懣やるかたない想いを抱えつつ大学を作りつつ大著を残したプラトン
その弟子のアリストテレスは平時は子弟で素晴らしい研究をしていたが
まさかのマケドニア戦線でアテネから離れざるを得ず
そこからの学説は正直哲学ではない
天才は政治・戦争に悩まされそして現代は経済やテロに悩まされる
アリストテレスの功罪はアテネ時代の研究と後期の学問の細分体系化

708考える名無しさん2017/05/30(火) 20:24:41.420
>>703
それはアリストテレスのせいではない。

根本的な原因は、欧州に猿がいないこと。

「人間も動物も同じだ」という考えは、日本やインドのような
猿が住んでいる国でしか起こらない。

709考える名無しさん2017/05/30(火) 20:37:02.710
>>704
キリスト教の神学に及ぼした影響があまりに大きいので、
キリスト教圏としては、そうならざるを得ない

710考える名無しさん2017/05/30(火) 20:38:00.480
キリスト教と関係ない者から見れば、確かに動物誌こそがアリストテレスの最高傑作

ウィキペディアにもそう書いてある

711考える名無しさん2017/05/30(火) 21:34:27.850
>>708
それを考えると人類の起源が猿のいた所とも推測出来るな
インドかも知れないし日本かも知れないしまあ分からんがな

712考える名無しさん2017/06/03(土) 22:42:02.760
おーぷん2ちゃんねるのオカルト板に行って
意味不明って検索してから260番のレス見てみ。

きっと必要なことが書いてある。

713考える名無しさん2017/06/03(土) 22:45:34.600
>>712
きちがいだな

714考える名無しさん2017/06/04(日) 00:10:10.580
>>712

>>259 いい文章だね。
もしまだ思いついた言葉を掲示板に書いているだけだったら、残念だな。あなたの文章を読んで救われる気持ちになる人がいるはず。
プリントオンデマンドというのが今はあるから利用してみるといいよ。
あなたが作った本、自分は読んでみたいね。<br><br>http://www.dreamgate.gr.jp/news/995

715考える名無しさん2017/07/17(月) 16:19:24.350
おまとめサポート
(平成29年7月よりスタート)

他社のおまとめローンの審査が通らなかった方、ご相談下さい。

・勤続年数2年以上の方
・金融事故のない方
・来店可能な方

保証人、担保は不要です。

まずは、お電話でお問い合わせ下さい。
特定非営利活動法人 STA

716考える名無しさん2017/08/23(水) 16:23:41.630
ニコマコス倫理学の1巻6章でアリストテレスは善のイデア批判をしてるけど、批判が当たってるとは思えない
むしろアリストテレスのイデア理解そのものが間違ってる感があるな
「長期にわたって白いものが、一日だけ白いものよりもいっそう白いということはない以上、永続的であるという点で善のイデアがよりが善いといことはないだろう」とあるが、
永続のものにも、一瞬のものにも白や善を与えるのがイデアというもので、イデア=長期的、永続的という時間の範疇で考えてるアリストテレスは間違っていると思う
善のイデアは善といっても個別的な善でなく、「実在を超えるもの」であるところの善なんだから、「カテゴリーが違うものでも善と呼ばれるので、善は共通的なものではない」というアリストテレスの批判は当たらない
実在のカテゴリーを超えてそれぞれ個別のものに善と言うものを与えるのが善のイデアなんだから

717考える名無しさん2017/09/01(金) 05:52:32.260
イデア論は時期によって概念が変わる
おそらくアカデメイアではひとによって言ってることがばらばらだっただろう
アリストテレスはその無数のプラトンの影、悪魔と戦い偉大な哲学をつくりあげヨーロッパの知そのものになった
そこから科学は生まれた
プラトン厨はバカ

718考える名無しさん2017/09/01(金) 09:03:19.820
千のPlato

719考える名無しさん2017/09/02(土) 02:53:33.720
悪魔なのはアリストテレスだろ
誤謬さえも超絶論理力で正しく見せてきた化け物

720考える名無しさん2017/09/02(土) 14:16:05.170
アリストテレス女説

721考える名無しさん2017/09/06(水) 19:39:07.280
四原因説のなか目的因っていらなくね?
目的因って、何を目的にするかって言えば形相しかないわけで、形相因あれば目的因いらないよな。
目的因が単に行為者の意欲だとするならば、それは動かされた結果だから動因に含まれることになる。
家建てるっていう目的は、家という形相の為と、家によって快適に暮らしたいという欲望によって動かされたわけなんだか目的因って無用。
あるいは目的因を立てるっていうなら、むしろ形相因がいらないことになる。
何らかの目的を果たした結果が何らかの形として現れることなんだから。むしろこっちの方が正しいかも。

722考える名無しさん2017/09/08(金) 21:34:31.550
>>721
第一の動因なる者が措定されて、それは(第一の動因は自身は決して動かされない不動なるものであるので、愛される者の美が愛する者を動かすように間接的にであるが)他者を動かす。
そうすると、第一の動因なる者は、自らは他者の動因であるが、動かされる者にとっては第一の動因なるものは目的因となる。
このように動因と目的因は同じ軸にあるものとされる。
四原因説は動因―目的因の軸と、形相因―素材因の軸の二つが組み合わさって出来てる。
なので、この四つの中から一つを任意になくすことはできない。

723考える名無しさん2017/10/28(土) 15:48:39.160
もしかして人種差別があるのもアリストテレスのせい?

724考える名無しさん2018/01/21(日) 18:42:55.450
そうかもな

725考える名無しさん2018/01/23(火) 18:39:19.180
まあ戦争の時代なんであんまり悪くは言えんがそれが故浅くなった事が残念
アリストテレスほどの天才は歴史上そうは出てこんし諸葛孔明に匹敵するわ

726考える名無しさん2018/01/23(火) 20:25:13.510
アリストテレスというか文系はゴミ

727考える名無しさん2018/01/23(火) 21:04:48.530
アリストテレスは生物学者

728美魔女2018/01/24(水) 00:43:05.050
🍈メロンのようなオッパイの美魔女で〜す☆💟

729考える名無しさん2018/01/24(水) 13:22:07.020
干し柿になる前に活用しろよ

730美魔女2018/01/24(水) 14:56:34.140
「西洋哲学歴史はプラトンの膨大な注釈なのです。」

⭐🌺

731考える名無しさん2018/01/24(水) 16:32:43.100
イデオロギーが解釈を歪める。このことは古代から変わらない。
古事記に出てくる人物に「あしはらのしこを」というのがいる。その名前を
素直に解釈すれば、辺り一円の平定者、つまり、「der Er­obe­rer」(独語)と
いうことになる。だが、イデオロギー的にそのように解釈されてしまうと
都合が悪いので、「あしはら」は特定の地理的な場所の名称であるとされ、
「しこを」は醜い男であるとされる。これは、既に古代に始まった解釈の
歪曲だろう。しかし、言語の用法は、イデオロギーを無視して自然な
連想からの解釈を保持してしまう。

732考える名無しさん2018/01/24(水) 16:41:10.470
相撲で「しこ」を踏む。「しこ」の語源は、不明であるとされ「四股」など
と表記されるが、土俵を踏み固める動作であるので、「平定する」ことが
容易に連想される。「しこを踏む」が意味しているのは、「面一になる
ように踏む」ことである。「しく」という動詞の本来の用法は今では忘れ
られているものの、「〜に如(し)くはなし」という慣用表現が残っている。
なぜ「しく」というのか尋ねても、答えられる日本語の話者は一般には
ほとんどいないだろう。だが、この場合も、「しく」は「面一になる」こと
を意味しており、英語の「even」や独語の「gleich」に言い換えてみれば、
その意味するところは一目瞭然となる。「〜にしくはなし」とは、「〜と
面一になるものはない」、つまり、「〜には及ばない」という意味となる。
「如(し)くはなし」と「カーペットを敷(し)く」は、イントネーションも
異なり、別々の表現となっているが、それでも、語源的には「面一にする」
という意味合いを共通にしていると考えられる。

733考える名無しさん2018/01/24(水) 16:49:19.610
さらに、「しっかりと」つかむという表現があり、現代語の「しっかり」と
より古い「しかと」承るの間のように、「しっかり」と「しか」の間の関係
は、今でもある程度、保たれているものの、「如(し)く」や「敷(し)く」との
関係や、ましてや、相撲の「しこ」や「あしはらのしこを」の「しこ」との
関係については、想起する人すらわずかだろう。だが、「確(たし)かに」と
いう表現について考えてみると、「手(た)しか」にという語源的解釈がすぐに
思い浮かぶ。つまり、「たしかに」とは、「手に面一に」、「ぴったりと」
という意味となる。もちろん、この解釈が絶対的に「たしか」であるという
ことはできないが、それでも、イデオロギー的な解釈が、いかに自然な解釈
を妨げているかは、この事例だけからも容易に推察することができるはず
である。

734考える名無しさん2018/03/11(日) 04:08:46.470
とても簡単な嘘みたいに金の生る木を作れる方法
役に立つかもしれません
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

J38W7

735考える名無しさん2018/03/11(日) 13:02:56.460
J38W7

736考える名無しさん2018/04/19(木) 11:49:17.090
政治学 家政論 (新版 アリストテレス全集 第17巻)
アリストテレス (著), 内山 勝利 (編集), 神崎 繁 (編集, 翻訳), 中畑 正志 (編集), 相澤 康隆 (翻訳), 瀬口 昌久 (翻訳)
出版社: 岩波書店 (2018/3/29)

737考える名無しさん2018/05/02(水) 11:52:37.740
『形而上学』『二コマコス倫理学』をトマス・アクィナスが
注釈したものはかつて全集に収められていたようだが、
単一で新書などで出版してほしい。

738考える名無しさん2018/05/02(水) 16:44:09.030
知性は単一だからもれももまえらも本当は同一なんだぞ
アリストテレス先生が言っているから間違いないんだぞ
肉体を構成している素材の結合が解かれたら本来一に戻って永遠に生きるんだぞ
でもそん時はもれとかもまえらとか個に関する意識はもうないから今の状態とは全然違うんだぞ

739考える名無しさん2018/05/15(火) 09:03:39.060
アリストテレスから世界はまともになった。
ただアリストテレス自身は田舎者だ。

740考える名無しさん2018/05/22(火) 15:21:34.840
日大より加計の方が100倍悪いのに、
ワイドショウは日大のことばかり。

マスコミは偏向している。

741考える名無しさん2018/06/06(水) 14:48:11.170
新版の形而上学は期待できる?
新版全集の一般的評価ってどうなん?

新着レスの表示
レスを投稿する