◆◆キルケゴール、キリスト教と実存主義◆◆

1ちゅん太郎2017/12/05(火) 20:39:48.880
複雑化した現代社会において人は、言語を過剰に運用するので知性的に、言語に過剰に
依存するので一般的に、言語によって過剰に分析するので受動的になる。この様に
社会構造が個人を透明化させてしまう。個人の充実のための社会が社会の充実のための
個人となり、個人の生が蔑ろにされているのではないか。それに対抗するために
生まれたのが実存主義であり、キルケゴールは感性的・個別的・能動的な生き方を
推進する。

72ちゅん太郎2017/12/18(月) 13:10:19.740
神は3条件を充たすことで神といわれるのであり、それは一般性・受動性・時間性で
あるということだ。この様な神が人類を何百万年も維持させたわけだが、近代社会に
入ると神は死んでしまった。いや、人類の進化が神を殺したのである。ニーチェの著作
における、狂人の「お前たちに言ってやろう、我々が神を殺したのだ、お前たちと
俺がだ!われわれは皆神の殺害者なのだ!」の一説はこの事を言い表してる。

3条件の一般性とは、全ての人々においてということだ。社会の流動性が低い単純
な社会においては、社会的に振舞うことと一般的に神を享受することが同時に成り
立つ。また受動性とは、神がやってくるということだ。自らが選択するのではなく
選ぶ余地が無いという所に、神の存在が当然である事を表す。また時間性とは、
歴史のただ中に神が出現するということだ。それは仮のフィクションではなく現実
的なものである。この3条件を充たすものが神といわれるのであるが、近代社会が
これを解消した。

73考える名無しさん2017/12/18(月) 13:34:16.740
キルケゴールにおいては思想こそが実存であって、実態のない形而上学は信仰だと自ら認めてるようなものではないか
そうやって何を言っても曲解する天邪鬼では哲学にはなりえない、ソクラテスのやりかたから勉強し直せ

74ちゅん太郎2017/12/18(月) 14:06:03.850
>>73
天邪鬼とレッテル貼りする前にどれだけあなたは私と議論を交わしたのか。ほとんど
交わさないうちにレッテル貼りするのは議論を回避しているようにしか思えない。
またあなたは思想や哲学の概念を理解していないようだ。思想とはこの文脈では人類
全体を導くような発想のことで、実存そのものが思想なんて基本的な国語力が欠けて
いるようにしか思えない。また哲学は主観性であるから事実問題は科学に委ねるべき
も、哲学を通俗的な人生哲学か何かと混同してるようにしか思えない。そもそも哲学
を部門ごとに分けたのが科学であって、哲学もまたどこまで行っても事実問題だよ。

75ちゅん太郎2017/12/18(月) 14:56:07.860
社会の流動性の高まりは社会を維持するために、成員各々が多様な生活をする事を
もたらした。もしかつてのように社会の成員全てが集まれば、今日の複雑な社会は立ち
行かなくなるだろう。神は最早成員全てではなく個別的な出会いになったのである。
こうして一般性は廃棄される。また自ら神へ赴くということは、成員に無神論の立場
を与えることである。無神論の立場にあるものが、敢えて神へアクセスしようと
する。しかしそれは一時的な気晴らしであって、再び着地するのは無神論の立場だ。
こうして受動性は廃棄される。また空間的にアクセスするということは、神を相対化
するということである。神へアクセスしてもいいし、しなくてもいい。行きたい時に
自己都合で合一すればよいのだ。こうして時間性は廃棄された。しかし一般性でなく
受動性でもなく時間性でもないようなものは、神ではない。これは神の取り違えで
あり、無の信仰でしかない。

こうして一般性・受動性・時間性である神は近代社会に殺され、個別性・能動性・
空間性となることで偽神となったのである。現代の我々が崇めているのは神とは
無関係な何かであって、今日も神は死んでいる。

76美魔女2017/12/18(月) 15:04:31.140
ひらひらのついてる枕とひらひらのついてない枕って

なにが違うの??

77美魔女2017/12/18(月) 15:25:14.070
ひらひらのついてる枕が雌ですよ♪🌟

78美魔女2017/12/18(月) 20:33:29.030
>>74

事実があるのではありません♪😊

あるのは解釈だけです。🍸

79DJ学術 2017/12/18(月) 20:41:59.290
化粧品とか化学の方がいいんじゃない。科学は地球自身。

80ちゅん太郎2017/12/19(火) 09:01:33.650
神は意味で捉えることは出来ない。意味とは目的合理性のことだ。つまり例えば人は
虫を捉えようとして網を振りかざす。確かにそれで虫を捉えることはできる。捕獲
するという目的を掲げて、それに対して合理的にアクセスすることで虫は捕らえられ
うるのだ。しかし神は違う。

神は確保しようと思った途端に手からこぼれて落ちてしまう。神を目指し努力した所
で神は網の目からこぼれてしまっており、いくらそれを振るっても捉えることは
出来ない。優れたキリスト者であるキルケゴールは神の捕獲に挑戦した一人である
が、彼の挙げた提案は「死後に神を確保する」というアクロバットであった。これは
彼自身が意味的に神が確保できると考えていたのではなく、現世で確保することが
不可能であると自覚していたからこそ、信仰というアクロバットに依拠せざるを
得なかったのである。

81ちゅん太郎2017/12/19(火) 09:06:18.760
この様に神の確保を目標に掲げた時点でそのこと自体は神とは無関係になる。神を
目指すということ自体が新たなる偽神の捏造であり、ニヒリスティックな振る舞いで
あり、神殺しなのだ。意味的にアクセスする神などは無への信仰という気晴らしでしか
ないだろう。では意味で捉えられない神とはどのようなものなのだろうか。

それはこちらから探したり、確保するものではない。神は確かにおり、いつでも
感じられるのだ。神が感じられるというのは無神論の立ち位置がまずあり、そこに
侵入してくるということではない。神は常にいるという関係性を示すということだ。
太陽が明日昇る事を疑う人間がいるだろうか?神はあり、神は探すものではなく
感じられる。受動性としての神がここに示される。

82考える名無しさん2017/12/19(火) 15:02:46.260
>>78
事実が何を指すかと言うと、客観性だよな

万人が妥当すると認めたものが事実と呼ばれる概念に過ぎず
そういうことは自然科学を始めとした非哲学に任せておけば良いのであって
あえて哲学でする理由はない

83ちゅん太郎2017/12/19(火) 19:19:56.950
>>82氏に論理的でない部分が3点ある。

第1点は議論もろくに交わさず早々にレッテル貼りをして結論付けたのは、
議論回避なのではないのかという点。都合悪い部分を無視しているのか。

第2点は哲学については論及するのに思想に関しては無視をしている。
これは自らの非があるのを内心認めているものの表明したくないからなのか。

第3点は哲学は科学に先鋭化したものの、その諸科学をつなぎ合わせた
世界観についての学問としてその役割を維持しているということ。例えば
唯物論であれ力学ぐらいしか科学が発展していないときは、哲学の出した
答えは機械論的唯物論だったりするし、近代的認識論も眼球を取り出し
たりして発生したものだし、ソクラテスの想起説も魂云々の科学レベルだった
から生じたもの。

この様にその時代の諸科学をあわせて打ち立てられた世界観を形成する
のが哲学だ。哲学がその様なものであるからには科学と無縁でありえるわけ
がないし、そもそもある観念が生まれるのはそれを反映する立場があるからで
あって、観念の内だけで留まるのが哲学というのは、ある種のイメージに絡め
取られているだけだ。

3点について反論を待ちたい。

84美魔女2017/12/19(火) 20:33:36.830
「恐いよ。お父さん。何か来る。大勢で…来るよ。」

85考える名無しさん2017/12/19(火) 20:34:24.370
医療関係者が またなんかいってんのかハゲ言ってんじゃろ!!

86ちゅん太郎2017/12/19(火) 23:10:23.980
神は彼岸にいるのではない。少なくとも人類を何百万年も支え続けたあの神は、現世に
存在していた。では神が彼岸に追いやられたのは何故か。それは現世で神が死んだが
ゆえにその代わりを望んで、そこでまがい物をこしらえてその代替としたに過ぎない
のである。

今日崇められている神はまがい物であり、代替品である。この様な現世で捉えられ
ない彼岸の神は、実は無なのだ。彼岸の神を掲げることを謳うものは、現世で神を
獲得することの不可能性を担保しつつ、現世で権力を獲得する。

87123師2017/12/19(火) 23:24:10.850
86.
キルケゴールが自分を否定して、人間を否定したときに、
そこに存在するものは何か。
それが神である。
そこに存在するものは、全宇宙だ、と言うバカもいる。

88ちゅん太郎2017/12/20(水) 12:14:38.840
>>87さんの言われていることは少し違うと思っていて、つまりキルケゴール
が自己を否定したのは事実だと思う。なぜなら現世で神を確保するのは無理
であることを知っているから。そこで彼が望みをつなげたのが神人イエス
であって、すなわちイエスの真似人として自己を捉えなおすということ。
だから>>87さんのいう自己否定からの新しい自己肯定が神につながる可能性
であるというのなら賛同します。

89ちゅん太郎2017/12/20(水) 18:46:15.180
あの人類を支えた神は、その人類によって今日死んでいる。そしてその神が復活すると
いうことは、けして他の何かによって代替するということではない。それは彼岸の神
でもなければ、神を僭称する教祖でもない。それは人類史に則った現実のあの神なのだ。

神とは皆のものであって初めて神といわれる。皆の神というのは通用的なものであると
いう意味だ。通用的とは自明性のことであって、これはつまり我々に通低する価値観
や概念の枠組みにおいて、神が受け入れられているということだ。

90考える名無しさん2017/12/20(水) 18:53:05.720
ちゅん太郎さん自身は、キリスト教徒なんですか?

91みゆき2017/12/20(水) 20:46:22.800
>>90
そんなわけ ないやん

92考える名無しさん2017/12/20(水) 21:19:24.270
単なる思い込みの激しいアホだよ

93考える名無しさん2017/12/20(水) 22:29:35.360
ハイヤーセルフとは自分の魂の高い波動のところです。
「大霊」「真我」とも言われています。
魂の低い波動のところを自我という。
ハイヤーセルフはどんな時に繋がるかというと
のんびりしてる時に、リラックスしてる時に。

ハイヤーセルフこそあなたを最高に愛してくれるのです。

94ちゅん太郎2017/12/20(水) 22:54:35.280
我々の個人の認識と思われているものは実は個人の認識ではなく、実は我々の認識の
影響を受けている。例えばある認識に対して議論しあえるということそれ自体が、ある
種の同型の価値観や概念を前提に行われているわけだ。犬/猫という概念があったと
して、そこでは確かに微妙な食い違いはあるにせよ、大抵は共通する線引きが
なされており、犬と猫で分けて考えられる。その様な前提的な枠組みを我々は無意識
的に採用して生活を送っている。

この様な個人の認識に先立つ、無意識下における我々に共通する通用的な価値観や
概念は共同主観性といわれるのだが、皆の神とはこの様な共同主観性が関わって
くる。すなわち時には不協和が先鋭化して更新を迫られることはあるものの、通常は
前提の枠組みとして無意識下に存在する共同主観性において、神が懐かれていると
いうことが皆の神ということなのだ。あれは犬/猫であれ、今日は暑い/寒いであれ、
あの人は美人/不美人であれ、それは自明なことである。それと同様に神はいると
いうことが自明なのである。

95ちゅん太郎2017/12/20(水) 22:57:52.700
繰り返し神とは何か、という問いについて答えるなら、それは3条件を充たすもので
ある。この条件とは受動性・時間性・一般性を充たしているということだ。受動性とは
「追わなくても存在する」ということであり、時間性とは「選択するようなものでは
なくそれでしかない」ということであり、一般性とは「個人の認識ではなく皆の認識
においてつまり自明」ということである。これが神の正体であり理念であるとする
なら、前近代における現実の神とはどのようなものだったのだろうか。

まず人類においてはハレとケがあり、これは非日常と日常のことだ。日常とは刺激の
無い普段の生活であるが、しかし人はそれだけだと生存実感を失って生きることが
出来なくなってしまう。もし日常、すなわちケだけだと自らが生きているのかどうか
分からなくなってしまい、気が狂ってしまうだろう。そこで人類存続の課題は常に
ケを維持するためにハレを獲得することであった。

96123師2017/12/20(水) 23:04:54.700
95.
それは神の属性である。
そこには神の内容が省略されている。

97ちゅん太郎2017/12/21(木) 11:32:54.310
>>96
神とは何かについてはもう語られていて、すなわち神が自明の存在として感じられて
いるということ。根源的なものすなわち共同主観性として神の存在が刻印されていると
いうことです。信仰は不信を解消する為の運動に過ぎず、最早不信が滅殺されて自明に
なっている状態が超人です。そこでは全てが肯定されており、何が起きても神の与え
た意味として収斂されるから、十字架の上でも「神はなぜ私を捨てたのか!」とは
いわない。全身汚物まみれでも困窮にあえぎ飢えて死ぬ瞬間も幸せと感じられる。

98123師2017/12/21(木) 15:46:01.460
97.
神とは何か。
神の与えた意味、か。
それは迷信である。
なんでか。
神は信仰の対象ではないからである。
それでは何か。

99オッサンさん2017/12/21(木) 17:37:49.780
酒飲みなはれ

100考える名無しさん2017/12/21(木) 17:41:29.430
ちゅん太郎がキリスト教徒で聖書のとおりに
神を信じるなら、キリスト教的に救いもあるかもしれないが、

哲学的概念としてだけの神を語ったところで、そこに救いはあるのか?
哲学なんてそもそも無益なものだから、そういう営為も
否定はしないが、自分だったら空しいなと思った

101考える名無しさん2017/12/21(木) 17:44:01.670
キリスト教を信じるってのは、そんなに甘いことじゃない
近代人からみれば気が遠くなるほど違和感を感じるような
非合理的な要素もあるし、結局、聖書のとおりに信じるしかない

キリスト教では人間をある意味否定しているので、
人間が哲学で神を捉えようというのが、キリスト教的でない

102考える名無しさん2017/12/21(木) 17:45:51.530
それに、そんなに神を信じたいなら、神学を学ぶのが近道でないか?
神学を避けて、哲学だけやってても、基礎がなくて応用問題を
解こうとしているようなものだろう

103ちゅん太郎2017/12/21(木) 20:18:07.950
>>100
第1に俺の実存を語るつもりはないから、宗派云々は語っても意味がない。
ここで俺が語ることはキルケゴールを手がかりにした思想一般に過ぎない。

第2に個人がキリスト教を信仰することでキリスト教的救いがあると言うが、
完全に不信をなくして信ずることは意識的には不可能であるから、どこまで
いっても疑いの心は残るよ。キルケゴールはそれを見抜いて彼岸という概念を
持ち出したんだよ。信じきろうとしてもどこまでいっても自我がついて回るから、
理論上信じ切ることはできない。

第3に思想は事実に基づいて生まれるものだから、それは神学よりも哲学が
向いている。信仰に関しても神学をどこまで学んでも不信がなくなることはない。

再三再四語っていることだが、神を意識的に信じることは理論上不可能だ。
だからこそ神を信ずることが出来た前近代にニーチェは人類と神の合一を見出し、
近代以降に神は死んでいると宣言したんだ。そして近代以降の思想として
キルケゴール・ニーチェともに自己超克を否定し、前者は自己超克を捉え直して
彼岸に、後者は自己没落に神との再結を見出した。

104学術2017/12/21(木) 22:04:55.070
コプト エロスムース。

105DJ 学術2017/12/21(木) 22:11:12.400

106考える名無しさん2017/12/21(木) 22:21:20.420
預言者の媒介なく、
なんとなく超越的存在としての神がいるような気がするという状態なんだけど、
こういう信仰の仕方ってありなのかな。

107DJ 学術 統合的言語・文化・アーキブ研究所 2017/12/21(木) 22:30:25.870
https://www.youtube.com/watch?v=x8W56grYg8w

ファラス アゼナ

https://www.youtube.com/watch?v=x8W56grYg8w

忘れ去られたダンジョン男 

LIBERO INN SECRETARY

FOO SAL FIGTER SEPA TACRO

オリオン座のカンピオーネ WERT ★ ★ ★
                   ☆ ☆彡 ch

超云支竜 

アッリー 

セラフィム ライト うp  👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

108考える名無しさん2017/12/22(金) 00:19:51.220
聖書を読みなさい。

109考える名無しさん2017/12/22(金) 03:32:57.770
聖書を読む限り、
キリスト教の神って概念じゃなくて生きている存在だと思う
概念で捉えても意味ないというか

110123師2017/12/22(金) 08:46:14.840
109.
神の現象学である。

111考える名無しさん2017/12/23(土) 20:49:33.850
>>103
疑いの心を持たない信者はたくさんいる。その証拠にカトリックにはたくさんの殉教者がいる
意識だろうが何だろうが少しでも疑いがあれば神の為に死ぬことはできない
キルケゴールはそれを無視して自分の主観を語ってるに過ぎない

112考える名無しさん2017/12/24(日) 17:33:47.850
それも所詮、あほ太郎のイメージするキルケゴール像にすぎない

113ちゅん太郎2018/01/06(土) 21:42:50.320
>>111
その殉教者とやらは近代以降にも居りかつ近代から現代にかけてそれを
代表する者なのか。もし前近代であるならそれは当たり前の事だろう。
キルケゴールが敢えて主張したのは、近代という社会が虚無の時代だからだ。
さあ早く近代以降の殉教者の名前を列挙してみたまえ!

114考える名無しさん2018/01/06(土) 21:55:31.510
第二次世界大戦のために死んだ米兵と大東亜戦争のために死んだ日本人兵だろうな。

115ちゅん太郎2018/01/07(日) 02:00:21.200
>>114
近代化する為に人々を動員する為、想像上の共同体としてメディアを通じ、アメリカ
なら独立戦争を根拠としたり無名戦士の墓などを利用し、日本なら御真影などで天皇
を象徴とした。こうして前者の先発資本主義国も後者の後発資本主義国も国民的
共同性を調達し、その結果それぞれが近代国民国家を樹立する。この様に近代的
ナショナリズムは文化的人造物であって、極言すれば国民総洗脳の所産であり、虚無
とは関係が無い。

116考える名無しさん2018/01/07(日) 02:50:48.350
              __
             /:::::\  ペンてるお
           /::✺ 🐽 ✺\
          /:: | ` `👄´' |:) 

117考える名無しさん2018/01/12(金) 22:28:13.200
>>115
お前が頭でちょろっと考える程度の論理で簡単に人が死ねる訳無いだろうがタコ

118DJ学術 2018/01/12(金) 22:30:54.880
フッセ゚ルであれフッサールであれ、法の 精神 現象 学者なんて当代要るのかい?

119考える名無しさん2018/03/11(日) 04:34:53.770
とても簡単な嘘みたいに金の生る木を作れる方法
役に立つかもしれません
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

A4N98

120考える名無しさん2018/03/11(日) 13:16:08.730
A4N98

121考える名無しさん2018/04/22(日) 07:02:52.150
驚愕の事実拡散

創価の魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)の正体は、米国が仕掛けてるAI

パトカーの付きまといも、子供の奇声も、ドアバンも、ヘリのノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)も全て、米国が仕掛けてるAIが、人を操ってやってる。救急車のノイズキャンペーンに至っては、サイレンで嫌がらせにする為だけに、重篤な病人を作り出す冷徹さ


集スト(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)も、クソダニ米国の腐れAIが波動(周波数)を悪用して作り出したもの。波動で人を操ってやる。真実は下に

http://bbs1.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=pr02&mode=view&no=46

https://shinkamigo.wordpress.com

122考える名無しさん2018/04/22(日) 14:04:40.360
この板には一定数ちゃんとした哲学者がいるんだな

新着レスの表示
レスを投稿する