ものすごい勢いで誰かが質問に答えるスレ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1考える名無しさん2018/03/31(土) 15:32:50.310
質問は何でも聞け!!
知ってたら答えるし、知らんかったら知らんと書く!!
質問する奴も答える奴も、シングルだろうがプロだろうが初心者だろうがなんでもヨシ!!
くだらねえスレたてるくらいならここに書け!!

【掟】
★出された質問は残さず答える
★回答者は本人が基本でよし。間違いは他の者が指摘する
★哲板だからやや鈍い勢いってことを理解する←ここ重要
★質問者は回答が無い場合は催促する。ageて質問する

★次スレは建てたい奴が適当にやれ。 後は1000取り合戦を勝手にな!

前スレ
http://itest.5ch.net/lavender/test/read.cgi/philo/1512836294
ものすごい勢いで誰かが質問に答えるスレ
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1517630803/

2考える名無しさん2018/03/31(土) 15:33:44.540
論理力を強くするにはどうしたらいいの
というかそもそもトレーニングで伸びるものなの

3考える名無しさん2018/03/31(土) 15:44:39.610
数学をやる。
本を良く読み感想文を書く。

4考える名無しさん2018/03/31(土) 15:45:20.060
>>2
異論はあるだろうけど
中学とか高校の数学問題を解くのが良いよ

5考える名無しさん2018/03/31(土) 16:18:08.350
「論理力」なる正体不明な力を求めてやみくもに努力してもそんなもん得られんよ。

6考える名無しさん2018/03/31(土) 17:16:14.180
「論理力とはこうこうこういうもんだ」と独断的に決めて
それが見いだせる記述なり会話を研究して
それを体得するしかなくね?
他の人が否定してきても「これが俺の定めた論理力だから」としか言えんが

7考える名無しさん2018/03/31(土) 17:26:07.140
蛙邊矧憎魔璽斐螺禰佐都簑菟匙簾邊獅

これなんて読むの?

8考える名無しさん2018/03/31(土) 17:42:06.100
ヘーゲルが哲学に新しく持ち込んだのはいったい何だったのでしょうか?

9考える名無しさん2018/03/31(土) 17:44:12.490
奇怪なドイツ語

10考える名無しさん2018/03/31(土) 17:48:55.900
論理学の本を読めば。
実践的には物理の論文の検証にしか役に立たない。
一般的には数学をやれば論理力は上がると経験的に知られている。
単に口が上手く言い負かした気になるのなら弁論を学んだ方が良い。


答弁会や弁論大会を見れば分かるように
論理的な矛盾が会話内容にあっても人間の貧弱な記憶力と思考能力じゃその場で言い返せない。
それより会話能力を発達させた方が有効だ。

明石家さんまなんて誰が見ても明らかに馬鹿だが口は早いし勢いで押し切るだろ。

11禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/03/31(土) 18:37:00.010
>>1
乙!

12考える名無しさん2018/03/31(土) 19:32:31.790
>>10
弁論大会ってジャッジする人たちの論理的な力は担保されてるの?

モンティ・ホール問題みたいな多くの高名な数学者すら間違えてしまう問題がもしまたあったら、やっぱり正しいのに論理性が高すぎるがあまりに周りから理解されず、支持を得られず、間違い扱いされてしまうかもしれない

13考える名無しさん2018/03/31(土) 20:49:31.720
これ何が言いたいの?

https://i.imgur.com/SxzxJwl.jpg

14考える名無しさん2018/03/31(土) 21:28:03.500
>>13
まず、「世間知らず」という吹き出しの言葉は
a.社会の諸々の常識に詳しくない/詳しい
という使われ方をしていると思われる

しかしさらに「チームリーダー(28歳) 経験人数0人(童貞)」と「配属されたて(23歳)経験人数26人」という情報が提示されている

男性はaでもって世間について説いており、女性もaの使い方で男性の言葉を受け取っている
と思われるが、この画像の作者はさきの情報の提示によって
b.性経験が豊富でない/豊富である
という別の「世間知らず」という語の使い方の可能性を読者に示唆させている
これにより、「何も知らなくて…」という女性の言葉や男性の「まったくお前は本っっっ当に世間知らずだな」等のセリフがbの意味ではまったく正反対であるということを示そうとしている(ここにおかしみがある)

結論:俺は暇人

15考える名無しさん2018/03/31(土) 22:16:38.420
お前は童貞

16考える名無しさん2018/03/31(土) 22:26:38.140
(ここにおかしみがある)

17考える名無しさん2018/04/01(日) 00:01:33.930
情報は可能性を記述している?
不可能性は記述しない?

18考える名無しさん2018/04/01(日) 00:08:13.740
「情報」・「可能性」・「不可能性」・「記述」それぞれの言葉で何か別の使用例を提示してくれ
>>17がどのようにそれらの言葉を理解しているのかがわからん
質問に答えようがない

19考える名無しさん2018/04/01(日) 00:25:33.370
情報を記述するっていうのは対象が取ることが可能な値(情報理論で言うところの情報量)のすべてを内包していると言う意味
その取ることが可能な値が可能性で
その取ることが可能ではない値、対象が内包していない値が不可能性なのではないかということ

20考える名無しさん2018/04/01(日) 00:57:42.510
正直に告白してあんまり詳しくない分野だけども
「情報を記述する」ということが(或る?)対象が取ることが可能な値の「すべて」を内包しているということを指すのであれば
「情報を記述する」ということは「その取ることが可能ではない値、対象が内包していない値」を「内包」から除外するという仕方で示しているように思える

しかしここから果たして「不可能性を記述する」という言い方が出来ると言っていいのかどうか、俺にはわからない

「記述する」があくまでも「対象が取ることが可能な値(情報理論で言うところの情報量)のすべてを〈内包している〉と言う意味」で使われる語であるならば
「その取ることが可能ではない値、対象が〈内包していない〉値」であるところの「不可能性」を「記述する」という言い回しは避けたほうがいいのではないか?
〈内包している〉値にのみ「記述する」という語を用いたほうがいいんじゃないか?

とんちんかんなことを言っていると思ったら無視してくれ

21考える名無しさん2018/04/01(日) 01:37:22.670
>>20
確かにその通りだ
記述するという言葉は対象が取ることが可能な値のすべてにしか当てはまらない事だからね
その範囲外にあるものは記述するには含まれない
個人的に気になっていることは>>20でも言われてるように間接的にでも情報の記述から取ることが不可能である値が計り知ることが出来るのかという点
また取ることが不可能な値を計り知ることができれるとすればそれはどういう意味なのかという点

22考える名無しさん2018/04/01(日) 10:15:55.440
「可能な値を計り知ること」が>>20でもって俺が示した
>「情報を記述する」ということは「その取ることが可能ではない値、対象が内包していない値」を「内包」から除外するという仕方で示しているように思える
というこの思いと同じ意味なのかどうか、が問題になってくる

まず「可能な値を計り知ること」が「情報を記述する」ことと同じ意味だと数学的に証明するような操作は出来ない(俺の数学的知識が乏しいから。ごめんね)
しかしそんな俺でも>>20のように思えるらしい

或る〈意味〉が或る〈ことばの使用法によって示されるもの〉であるならば、多分俺は日本語だけで>>20のように思ってもいなかっただろうし計り知ってもいなかった
というのも、>>20を記述するにあたって下図のようなイメージを思い浮かべていたから
この図では、白い円の内部が或る対象の内包を示していて、色のついた部分がその外部、つまり不可能性の領域を示している
この図からして俺は
>「情報を記述する」ということは「その取ることが可能ではない値、対象が内包していない値」を「内包」から除外するという仕方で示しているように思える
と言った

23考える名無しさん2018/04/01(日) 10:16:51.030
これはつまり>>19の日本語の文章を図形イメージとともに思考し、そうして最終的に>>20の日本語の文章として提示した、ということだろう
言い換えれば、或る記号体系(大雑把に日本語の体系としておく)に図形イメージの記号体系(昔学校で習った算数・数学の図形イメージが明らかに混入している)を付け足して思考しながらも
最終的な記述方法としては日本語の記号体系を選んだ、ということだろう
(少なくとも日本語と図形イメージは使っていた。無意識のうちに何か別の体系を使っていた可能性はある。というかほぼ確実にある。より本能的な身体の体系とか)

さらに言えば>>19の文章を受けて俺はほとんど無意識のうちに図形イメージの記号体系を使用していたように思える
これを「習慣」として表現していいのか、それとも人間の別の能力なのかはわからない

或る〈意味〉が或る〈ことばの使用法によって示されるもの〉である、と俺は言ったが、俺の心理過程を見るならば〈ことばの使用法〉はどうも複数の記号体系の使用であるらしい
諸々の記号体系にはそれぞれ独特の規則があると思われる(日本語然り、英語然り、数学的言語然り……)
重要なことは、ひとつの記号体系だけで考えているように思えて、その実、複数の記号体系を同時に使い、
しかも適宜それぞれの記号体系の規則を思考の過程の都合の良い部分に適用したり適用しなかったりするということだろう(少なくとも俺の思考はそうなっているらしい)

さて、以上をふまえたうえで、>>21の「可能な値を計り知ること」は上述の俺の思考過程と同じような経緯を辿っていたのかどうか、あるいはこの流れを「可能な値を計り知ること」として>>21が受け入れるのかどうか
仮に辿っていた(あるいは受け入れる)のだとすればまさしく間接的に計り知っていたことになる
そしてその意味とは、上述の思考過程における記号体系の複数の使用、記号体系の規則の貸し借り、それら規則の思考過程の全体と部分へのフレキシブルな適用、でもって回答としたい

24考える名無しさん2018/04/01(日) 10:53:16.420
「幸せ」と「快楽」の違いは何でしょうか?
また、幸せとは本質的には何と言えるでしょうか?(つまり、「幸せ」とは何だろうか?)

25考える名無しさん2018/04/01(日) 12:25:28.430
連続的、断続的な情動か瞬間的な情動

26考える名無しさん2018/04/01(日) 16:45:31.300
>>24
>>25
幸せとは「失った時にその価値に気づける性質」を持つという事はより多くの人の同意を得られるものだと思います。あって当然のものが無くなると喪失感を覚えるのは多くの人が感じた心理だと思います。
これにより快楽(依存性)とは異なるものだと言えるでしょう。

さて、他にも「幸せ」を感じられる・認識できる場合はあるでしょうか?
それとも、たったこれだけ???

それと、私は「幸せは快楽の延長である」とは考えてはいません。誤解です。

むしろそれが別物ではないかと疑問を抱いたのです。「幸せ」の将来を巡って、そこに本質的な幸せとただの快楽が混淆されたままではいけないと思ったのです。我々が見定めようとする将来が悲観的な世界になるのか、或いはそうならないのか、それは分かりません。
しかし、そもそもの「幸せ」とは何かというレベルすら合わせられなければそこには意見の対立が起こるだけです。だから問いました。
問題意識はつまりこういうことからです。
読みにくい文章で申し訳ない。

27考える名無しさん2018/04/01(日) 17:12:06.790
失う前では幸せを感じることができないってこと?
失って初めて、あぁ、今までのことが幸せだったんだ、としか認識できないと?
幸せとは過去を思い出すことであって能動的に感じることは無いと?

28考える名無しさん2018/04/01(日) 17:49:05.700
すごくわかりにくいけど>>26>>25以外にも幸せって認識する方法はないかなあ?って問うてもいるんだと思うよ

充実感や満足感は幸せとは違うの?
例えば漫画を書くのが大好きな漫画家さんが夢中になって書いてるときに感じる「私今生きてる!」みたいな感覚

29考える名無しさん2018/04/01(日) 17:52:30.410
ごめん

>すごくわかりにくいけど>>26>>25以外にも

っていうところの>>25>>27でした

30考える名無しさん2018/04/01(日) 18:23:36.160
>>27
人は恩恵が与えられなくなったり、またそれを失ったりすることで必ずしも「幸せ」を感じるワケではないとも考えられるでしょう。却って「怒り」を覚えるかもしれません。

ニーチェの「大きな恩恵は、感謝を生み出さない」には続きがあって「むしろ、相手の心に復讐の念を芽生えさせる。また、小さな恩恵が気になって忘れられない時、それは呵責の虫となって噛む」とも述べられています。

仮に明日からネット等のインフラが無くなったら幸せや感謝以外の感情が湧くでしょう。
これは「幸せ」の事例ではないかもしれませんね。

加えて、指摘のように、追想的な「幸せだった」と能動的な「幸せである」は区別の必要があると思います。

事例選びに注意して、「幸せ」とは何か、を見る必要がありますね。

31考える名無しさん2018/04/01(日) 18:46:23.330
計算力、暗算力、が優れているほど論理的にものを考える力が比例して高くなるのか?

32考える名無しさん2018/04/01(日) 18:52:41.910
論理式への抽象化の経験と一定の大きさのワーキングメモリが必要

33考える名無しさん2018/04/01(日) 18:54:15.240
快楽はさておき…
幸せとは、「官能的・世俗的な欲が満たされている快楽に加えて精神的に満ち足りている」こと、これは自分も近い考えを持っていて同意したい考えです。

精神的に満ち足りている状態においては、心配・不安等のネガティヴなモノが何もかも感じられなくなっていて、なおかつ平穏である時、ふと何となく「幸せ」を感じることはままあると思います。
満ち足りている場合には、それ以上の欲もかかないので、精神的な苦を感じることは無いでしょう。

幸せとは「精神的平穏性」を持つモノである、さてこれはどうでしょう?

34考える名無しさん2018/04/01(日) 19:00:38.250
それでもいいんじゃね

35考える名無しさん2018/04/01(日) 19:06:08.270
戦争とかで親しい人が皆死んで何も感じられなくなって廃人のように呆けている場合は「精神的平穏性」を得ること、つまり幸せな状態なのか

36考える名無しさん2018/04/01(日) 20:03:35.060
>>35
そういう思想もありそだね

37考える名無しさん2018/04/01(日) 20:30:45.440
>>35
まず現状、「どの様な条件が整えば、「幸せ」を認識できるのだろうか?」
という条件解明の形で本質的な幸せを問い、例えば「精神的平穏性(満ち足りている様)」が有れば「幸せ」を認識できるのではないか?としてるワケですね。

そして「廃人」の場合ですと、廃人の様になってしまった以上、「幸せ」を認識し得る事はおそらく無いでしょう。
ただ、これから問おうとしているのは「「幸せ」を認識する条件は何だろうか?」ということであるので、「「廃人」の条件では幸せは認識できない」という事が言えるだけの話になっちゃうワケですね。

幸せを感じる・認識できる全ての事例で、それら全てに共通するような「条件」こそ本質的な幸せを説明できるもので、我々が対話により同意を得つつ確かめる作業により、建設的に意見を構築・共有できるモノだと思っています。

とまぁ、考え過ぎず
「「幸せ」とは何か?」「快楽との違いは何か?」から出発して、我々が確かめ得る幸せの条件を見つけようとしてるわけです。

つまり、「精神的平穏性」を持ったときあなたは「幸せ」を感じるか否か?というだけの話です。
どうでしょう?

38考える名無しさん2018/04/01(日) 20:39:16.820
廃人になってしまわれたら不幸も感じる事が出来なくなりますかね。

39考える名無しさん2018/04/01(日) 20:57:27.090
>>37
なるへそ
合点がいった

「精神的平穏性」を持つ、というか「精神的平穏性」に没入しているときは幸せを感じている気がする
ただそのときは自覚的に「幸せ〜」って感じていない気もする
振り返って「ああ、さっきまでは幸せな感じだったな」って認識する感じ

40考える名無しさん2018/04/01(日) 21:53:26.830
>>39
条件を記述する上で、その条件を言い表し難い事もあると思います。
自分は例えばお風呂に入った時の「極楽〜〜」って感じになる条件を上手く記述できる自信はありません。ただ、幸せなのはわかるのですが…。

「幸せ」の条件、本質的な幸せが記述により、出来るだけ皆に共有され、不要な対立よりも建設的な意見の構築の方に舵を切る事が出来れば、と思っています。

41考える名無しさん2018/04/01(日) 22:37:03.370
今までの人生、深く考えず勢いで生きてきました。
学生時代、失敗に気づいて親にすがり助けてもらったり(大学編入)、結婚後も親に土地をもらって家を建てたのに家を売りたいとまで考えています。(田舎すぎた)
スレチかもしれませんが、今後慎重に考え生きていくためにはどうしたらいいでしょうか。

42考える名無しさん2018/04/01(日) 23:54:55.910
>>41
ご両親が助けられない土地に行くことです
貴方は今まで何か人生で重大な決断をするときにご両親に頼って生きてきたのではないかと思います
頼れないのであれば慎重にならざるをえませんから


しかしこれは貴方が10代20代30代であれば、です
貴方はすでに御結婚までされている
おそらく貴方の都合で土地を移動することは容易に出来ないでしょう

ですので、対症療法的な手段を提示します
なにか重要な判断する際や、感情が高ぶっている際に、「この選択は現在そして未来においてどのよな影響を及ぼすか」と常に自分に問いかけるようにしてください
これを訓練して身に付けてください
『qt 質問思考の技術』という本がありますので買うなり図書館で借りるなりして参考にしてみてください(哲学の本ではありませんのでスイスイ読めます)

その他、哲学書に挑戦してみる気持ちがあるなら、デカルトの『方法序説』をお勧めします
とても薄い本で安く手に入ります(岩波文庫かちくま学芸文庫のものがオススメです
第四部には有名な「我思うゆえに我あり」の議論あります
しかしむしろ貴方には第一部から第三部が参考になるでしょう
第二部では方法の規則、すなわち判断のための規則が紹介されています
また、第三部では彼が世間を生きていくために暫定的に採用した道徳について語られています
そこで語られることすべてをそっくりそのまま真似る必要はありません
ですが、貴方が生きていく上でのヒントがきっと見出せるでしょう

43考える名無しさん2018/04/02(月) 00:29:47.520
>>42
さっそくありがとうございます。言葉が胸に刺さりました。耳を傾けない結果「なんであの時言ってくれなかったの!」と娘の頃、何度親に言ってきたか…
QT質問思考の技術、さっそくポチりました。
方法序説も読んでみたいと思います。
振り返ってみると欲しかったものを様々な理由をつけて諦めてきました。(地方都市マンションに住みたかったけど、契約後にキャンセルしてもらったり)
その土地に住んでたら子供にどんな体験をさせてあげられたか、と思うと悔しくて1人泣いたりしてました。
今後こんなことがないよう、しっかり読んで学び、しっかり働いてローン返して今度こそ欲しかったものを手に入れたいと思います。

44禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 01:11:18.180
>>41
人生うまい生きられない人が集まってるスレで聞くことかね草

45禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 01:14:08.820
ここはキミのようにうまく生きられないからは西洋哲学にすがってるんだよ

46考える名無しさん2018/04/02(月) 01:36:45.470
>>44
>>45
そういう事言うなよ

47考える名無しさん2018/04/02(月) 03:11:07.720
事実そうなんだからしょうがないだろ。
哲学やって人生が上手くいくならもっと流行ってるわ。

ただ聞く限りだと躁鬱病の気があるような気がする。
大きな決断を勢いで実行し、その後に決断を後悔するってのが典型的な症状だけどな。
躁鬱病は進行すると躁の時に思いつきで借金して事業起こしたりマンション買ってそれから少ししてから、鬱に入り売る事も商売する気力も失せて家庭が崩壊する病だ。

医者行けば脳波に異常が見つからはずだから一度受信してもいいと思う。
何も無ければそれで良いし躁鬱病なら薬で抑えられる筈。

うつ病と違って躁鬱病は脳神経に異常がある病気だから自然に治ることはないよ。

48考える名無しさん2018/04/02(月) 08:27:16.650
哲学が役に立たないというよりはむしろ哲学をやっている人間が役に立たないんだなあって思った

49考える名無しさん2018/04/02(月) 08:27:55.890
>>47
躁鬱ですか。無縁だと思ってましたが調べてみたら戸建に決めた時に近い気がしてきました。もっと調べてみます。
常に誰かより上でいたい、と言う気持ちがあり「私このハウスメーカーで家建てるのいいでしょ」が原動力となり間取り等フルパワーで決め、住んでみて「ネットに書いてあった立地がすべて」の意味に気づきました。
いつも口と脳内の理解がズレてて後から気づいて苦労します。
今回ばかりは軌道修正は難しいかもしれません。
自分の軸が弱いんだと思います。
もっとみなさんに早く相談してみればよかった。

50考える名無しさん2018/04/02(月) 10:08:44.810
>>40 つづき

とりあえず・・・
快楽に関しては「依存性」を採用しましょう。
依存性のあるものと関わることで意思決定能力の欠如が起こり自ら破滅の道へ進み、快楽を感じるワケです。つまり「自らで自らの意志決定能力を弱める場合において快楽を認識する」のです。だから快楽とは「自らで自らの意思決定能力を弱めること」でしょう。

また幸せに関しては「精神的平穏性への没入が幸せを認識させる」という洞察により、幸せとは「精神的平穏への没入」である事がとりあえずは確かめられました。

さて、一人一人が「幸せ(精神的平穏への没入)」を求め続けるとどの様な世界になるかは自分にはやはり不明瞭ではありますが、それでも「快楽」と「幸せ」を分離でき了解が取れたところで再考する価値は生まれたのではないかと思われます。
はい終わり(雑)

51考える名無しさん2018/04/02(月) 12:59:02.950
快楽は悪ですね?

52禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 13:03:12.610
西洋哲学よりも、高度な知をもつ日本人がわざわざ西洋哲学に走るのは、
日本人として壊れた、逃亡した人以外に理由はないでしょ。

53禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 13:04:49.830
>>50
このような発言は日本人なら失笑以外ないのにあえてする。
日本人の失敗作

54考える名無しさん2018/04/02(月) 13:13:00.130
スポーツ選手が競技中に感じるあの瞬間的な高揚感は幸せではないらしい

55考える名無しさん2018/04/02(月) 13:20:23.230
スポーツ選手の高揚感ってのは肉体の痛みを和らげる為に分泌される脳内ホルモンによるもので
ランナーズハイと呼ばれるもの、快楽とは違って幸せってのは人生全体を俯瞰し他者と私の関係性の中から
生ずるもっと広範な概念を指す言葉だ

56禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 13:31:20.790
>>55
ソースがない草

57考える名無しさん2018/04/02(月) 13:32:00.410
>>55
それはあなたの好きな幸せ概念でしょ
私のは違うよ
話はそれでおしまい

58考える名無しさん2018/04/02(月) 13:35:18.430
何で挑発的になってんのこいつ?一人で終わってればいいだろ

59考える名無しさん2018/04/02(月) 13:36:24.500
まぁ、波平みたいな嵐が何を言っても説得力はゼロだろうね…

60考える名無しさん2018/04/02(月) 13:38:18.890
たしかに快楽だけが幸せなんて典型的童貞おっさんが拘りそうな妄想だわな(笑)

61考える名無しさん2018/04/02(月) 13:44:44.050
>たしかに快楽だけが幸せなんて典型的童貞おっさんが拘りそうな妄想だわな(笑)

場をかき乱すようなことを言ってすまない、どうしても気になったんだが快楽「だけ」が幸せってここの誰が言っているんだ?

62考える名無しさん2018/04/02(月) 13:54:01.310
エピキュリアンも知らんのか

63禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 13:57:23.770
>>62
やんどるな

64考える名無しさん2018/04/02(月) 13:58:02.700
>>59
君に知性と教養が欠けているから発言内容を判断できていないだけでしょ(笑
殺人鬼が言葉にしようが官僚が口にしようがその言葉にある論理性に関わりがない。

つまり君は自分で波平より劣っている。
そして嫉妬していると認めたわけだがそれすら気付いていないと言う間抜けっぷりに笑かしてもらいました。

惨めだな、君は。

65考える名無しさん2018/04/02(月) 13:58:15.550
>>62
ここの誰が「私はエピキュリアンだ」って言ったのかと聞いてるんやで

66考える名無しさん2018/04/02(月) 14:03:33.410
波平のクセして他人様にブチギレする権利があるとでも思ってるのか

67考える名無しさん2018/04/02(月) 14:26:02.710
ランナーズハイは幸せじゃないと言う意見に反対してるがな、急にムキになって

68考える名無しさん2018/04/02(月) 14:31:06.340
こんな低次元なやつらが神聖たる功利主義を語ろうなどとは図々しいにもほどがある
汚らわしいから二度と口にするな

69考える名無しさん2018/04/02(月) 14:33:30.560
無茶苦茶だなあw

70禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 15:41:38.660
>>68
神聖たる功利主義草
日本人にそんな下等な話をするな。耳が汚れるわ。かす。

71考える名無しさん2018/04/02(月) 16:01:55.760
>>70
旧日本人はそろそろ日本から出て行ってもらえますか?
21世紀になって漸く目覚めたんです。
日本の10%が日本の重しになっていたんだと。

72禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 16:26:56.340
>>71
左翼草
なら日本人の優秀さ言ってみ

73禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 16:28:35.830
日本人のくせに日本人語れずに
毛唐下等思想語ってンじゃねぇわ、左翼草

74考える名無しさん2018/04/02(月) 16:41:55.760
>>72
日本人の優秀さは無い。
偶々日本という島国で侵略を受けずに奇跡的に生き延びてきた国民。
敢えて言うなら運が良かったとしか言いようがない。

だからこそ日本人は進化しなければならない。
謂わば右翼を克服する事が日本人に課せられた宿題。

75禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 16:44:11.250
日本の高度な社会に落ちこぼれて下等な毛唐思想に逃げ込み
どこに行っても通用せんわ草

76考える名無しさん2018/04/02(月) 16:44:37.270
止揚するんですよ。
国民全体で。
右翼に対する批判から新たな価値観を作り上げる。
これが君の嫌う毛唐から学んだ知恵ですね。

ついて来れない日本人は溢れ落ちていくだけだよ。
腐っているなら捨てるまで。

77禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 16:45:45.150
>>74
ならなんで人類史上最高豊かさと公平さを達成できてるのかね(笑)

78禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 16:46:44.850
>>76
落ちこぼれむからって立ち位置作ろうてしてるんじゃないよ草

79考える名無しさん2018/04/02(月) 16:58:02.410
>>77
さて止揚の意味がわかって無いのかな。
今より先に行くために必要なんだよ。
日本は長く足踏みをしてしまった。

>>78
先に進むのに疲れたからと言って老害になってはいけないよ。

80考える名無しさん2018/04/02(月) 19:05:19.690
>>74
優秀な民族っているかな?民族単位で優秀ってやつ。
それは優生学になっちゃうかな?

81考える名無しさん2018/04/02(月) 19:12:25.050
迷惑かけてる自覚もないクソ太郎に発言権はない

82考える名無しさん2018/04/02(月) 19:15:31.430
ひまわりの種おいしいのだ

83考える名無しさん2018/04/02(月) 19:25:49.540
遠い未来の人類は我々とは違ったものになるんでしょうか?

84考える名無しさん2018/04/02(月) 19:44:54.150
>>83
「違ったもの」について色々なレベルで考えられるんだろうけど
少なくとも今の日本人は昔と比べて大きくなってるっぽいよね

85考える名無しさん2018/04/02(月) 19:48:07.340
>>84
今の常識が通用しないとか、そういう可能性もあるのかな。

86考える名無しさん2018/04/02(月) 19:51:30.820
遠い昔の人類が我々と違っているものかを考えたら
おのずと答えは出る

87考える名無しさん2018/04/02(月) 19:57:47.800
人類が頑張って現在の常識を維持しようとしても環境というか宇宙は変化していくっぽいから
どうしたって変わるだろうっていう推測は出来る

88禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 20:10:59.830
日本の高度な社会から落ちこぼれて下等な毛唐思想に逃げ込んでも
どこに行っても通用せんわ草

89考える名無しさん2018/04/02(月) 20:38:28.350
偏見しかないバカ太郎に哲学は無理だって
ソクラテスの伝統に立ち返って脳ミソをフラットにしてから来い

90DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/04/02(月) 20:44:53.890
だから原人がいないように私たちもどこからきたかどこかへ行くのです。

91考える名無しさん2018/04/02(月) 21:36:23.280
>>18さん

92考える名無しさん2018/04/02(月) 21:58:09.900
>>18さん
考えている人だな。
言語と図形を両方使っているという指摘は正しいように思う。
意味を介して、言語に用いられている論理と図形に用いられている論理の類似性、置換性を利用して理解を深めているんだろうな、我々は。

93禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/02(月) 22:33:18.100
>>89
逃げるねぇ草
ド日本人の顔して

94考える名無しさん2018/04/03(火) 00:52:57.470
>>83
「人間的本質は、その現実性においては、社会的諸関係のアンサンブル(総体)である」(マルクス)から、社会が変われば、人間は変わる

95考える名無しさん2018/04/03(火) 06:28:03.700
うんち

96禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/03(火) 08:03:57.410
なぜ西洋人は下等なのか?

97考える名無しさん2018/04/03(火) 08:18:50.570
生き物のうんちはたいてい分解等されて再利用されていくものだけど
宇宙にはまったく再利用される余地のない廃棄物というものはあるのかね?

98禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2018/04/03(火) 08:32:02.270
>>97
生態系があれば再利用される

99考える名無しさん2018/04/03(火) 09:28:30.690
利用とは何か
物質と生物の境目は何か
人間の体も分子レベルで見れば物質だ

そして系とは星雲のような運行をしているもの

つまり宇宙は巨大生物の巣窟だった

100考える名無しさん2018/04/03(火) 09:37:07.330
>>99
な、何だってー!?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています