フロイト

1没個性化されたレス↓2011/12/21(水) 13:23:12.04
夢とは何か?
誰が何を見ているのか?
顕在意識が無意識の欲望(リビドー)充足を見ているのだ。

53没個性化されたレス↓2013/02/21(木) 16:33:35.43
リビドーとしかいいようがない

54没個性化されたレス↓2013/02/23(土) 22:02:48.74
精神疾病への対処は出家か魔女の咒だった時代に唯物的アプローチをすると幼児期の記憶やとりわけリビドーになってしまうよ。だがフロイトがいなかったら心理学部もなかったかその後の研究が遅れたことであろう

55没個性化されたレス↓2013/02/24(日) 13:36:47.92
どういう意味?

56没個性化されたレス↓2013/02/24(日) 16:42:54.25
魔女の乱痴気騒ぎが幼児後退した性衝動ということですな

57没個性化されたレス↓2014/01/16(木) 12:00:37.32
http://www.afpbb.com/articles/-/3006594
フロイトの遺灰が盗難未遂、英ロンドン
2014年01月16日 10:29 発信地:ロンドン/英国

【1月16日 AFP】英ロンドン(London)の警察当局は15日、
精神分析学を確立したオーストリアの精神分析医ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)と
妻マーサ(Martha Freud)の遺灰が、盗難未遂の被害にあったことを明らかにした。
遺灰を収めた約2400年前の骨つぼが大きな損傷を受けたという。

ロンドン北部にある火葬場兼霊廟(れいびょう)の
「ゴールダーズ・グリーン・クリマトリアム(Golders Green Crematorium)」に安置されていた骨つぼは、
紀元前4世紀にギリシャで作られたもので、昨年12月31日から翌1月1日にかけて盗難未遂に遭ったという。
ロンドン警視庁は市民らに対し、犯行を企てた「無神経な」者たちの発見に向けた協力を呼び掛けている。

1939年9月に死去したフロイトの遺灰は、自宅近くの同霊廟に安置され、
その後、1951年に亡くなった妻マーサの遺骨も同じ骨つぼに入れられていた。

この骨つぼは、ギリシア神話のワインと恍惚の神ディオニソス(Dionysus)が描かれたもので、
同じ精神分析医で親しい友人であったマリー・ボナパルト(Marie Bonaparte)が生前のフロイトに贈ったものだった。

ナポレオン・ボナパルト(Napoleon Bonaparte)の末裔で、ギリシャ・デンマーク王子の妃であったマリー・ボナパルトは、
1938年にアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)がオーストリアを併合した際、
フロイト夫妻と娘のアンナ(Anna Freud)のウィーン(Vienna)脱出を助けた人物だった。
(c)AFP/Alice RITCHIE

58没個性化されたレス↓2014/09/20(土) 14:15:48.24
今日の教育は、若い人々がいずれは他人の攻撃欲動の対象にされるにちがいないのに、そのための心の
準備をしてやらないという点で罪を犯している。若い人々をこれほど間違った心理学的オリエンテーションの
まま人生に送りこむ今日の教育の態度は、極地探検に行こうという人間に装備として、夏服と上部イタリアの
湖水地方の地図を与えるに等しい。そのさい、倫理の要求のある種の濫用が明白になる。すなわち、どんな
きびしい倫理的要求を突きつけたにしても、教師のほうで、「自分自身が幸福になり、また他人を幸福にする
ためには、人間はこうでなければならない。けれども、人間はそうではないという覚悟はしておかねばならな
い」と言ってくれるなら、大した害にはならないだろう。ところが事実はそうではなくて、若い人々は、「他の人
たちはみなこういう倫理的規則を守っているのだ。善人ばかりなのだ」と思いこまされている。そして、「だか
らお前もそういう人間にならなければならないのだ」ということになるのだ。(『文化への不満』)

ふむ・・

59考える名無しさん2014/09/21(日) 11:22:17.01
日中の疲れは、肉体の回復に「オーソ睡眠」、精神の回復に
「パラ睡眠」と言われている。(推測される理論)
肉体は、副交感神経優位(アセチルコリン)で細胞の栄養(タンパク同化)
が中心。他方、日中、「抑圧されていた神経回路」は、「パラ睡眠」時に
解放され(脳波も覚醒時に類似し、夢も見やすい)、神経回路の調整、正常化
がなされ、精神の乱れが安定化する。
勿論、「性関係の意識」も抑圧されるが、フロイドの様に、また、一部の
精神心裡学者の様に、大部分を「性」に結びつけるのは、どうであろうか。
しかし、睡眠中でも性欲はあり、夢精などその一例である。(男性では、
性欲の亢進は衝動的に処理されるので夢精となる。)
最近では、内分泌(ホルモン)や神経伝達物質と「性欲」との関係も研究
されて、いる。

60考える名無しさん2014/09/21(日) 11:31:45.61
なを、オナニーは、一般には健康に「悪影響しない」が、過激な
乱暴な行為を別にすれば、「精神的、心理的な罪悪感を抱く必要
はない。」ストレスとなる様なら、オナニーでストレスを処理する
のが、精神衛生上の利点がある。

61没個性化されたレス↓2014/11/18(火) 12:53:55.00
『われわれの子どもたち、成人のなかの神経症者たち、そしてまた未開民族においては、
われわれは、「思考の全能」への信仰とも言うべき心的現象を見いだすのだが、われわ
れの判断によれば、これは、われわれの心的行為、ここでは知的行為と言うべきものが
外的世界を変えることができるとする、思考の持つ影響力の過大評価に他ならない。』

62没個性化されたレス↓2014/11/18(火) 12:54:27.02
『われわれの子どもたち、成人のなかの神経症者たち、そしてまた未開民族においては、
われわれは、「思考の全能」への信仰とも言うべき心的現象を見いだすのだが、
われわれの判断によれば、
これは、われわれの心的行為、ここでは知的行為と言うべきものが外的世界を変えることができるとする、
思考の持つ影響力の過大評価に他ならない。』

63没個性化されたレス↓2014/11/18(火) 17:05:19.12
フロイトを浅く広く知りたいのですがオススメの入門書あったら教えてください。m(._.)m

64没個性化されたレス↓2014/11/23(日) 01:34:53.93
フロイト漫画講座

65佐藤光2014/12/09(火) 12:20:50.16
イドなんて存在しませんよ

66佐藤光2014/12/09(火) 12:27:28.79
フロイトはいらない子

67注釈の人2015/05/30(土) 12:17:34.32
フロイトがマルクス主義から命令を受けて、言論弾圧の手段として心理学という分野を始めたなら、彼の評価は大きく変わるのでしょうね。
現在の心理学の使われて方が批判者に精神病というレッテルを貼りつけるという言論弾圧の手段としての使われ方をしている所から、やはり原点から疑わなくてはなりませんからね。

68没個性化されたレス↓2015/05/30(土) 12:24:13.17
えーと日本語が不自由なようだけど
陰謀論を展開したいのかな
さっさと死ねばいいのに

69注釈の人2015/05/30(土) 13:59:46.13
>>68

ここの25番に日本語の読解力がない人がレスを返してますが。

http://itest.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1350363132/

皆さん、見ての通り人の命を軽んじる人がこの観点に関しての情報操作をしているようですよ。
2ちゃんねるでも殺伐とした表現を使うようになりましたね。
昔の反応は「氏ね」だったでしょうに。

70没個性化されたレス↓2015/05/30(土) 16:46:27.96
命を軽んじようが重んじようが、そんなのどうでもいいじゃん
おまえの文章が支離滅裂なことには変わりない

71注釈の人2015/06/12(金) 02:51:29.47
心理学を言論弾圧の手段として使っている具体例です。

http://itest.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1420848388/

こんな事をさせる為に、フロイトはマルクス主義から命令を受けて心理学を始めたんでしょうね。

72注釈の人2015/06/19(金) 23:44:55.80
この前のページ、削除要請でもされたんですかね。
繋がりません。
この前の精神病院内部の暴行死。
あれも、こういう話を振っていなければ発覚してなかったんでしょうね。
私が書き込むと、なぜかそれを誤魔化すような動きが事件が目立ちますんで。
まるで言論弾圧の仕方がナチスそのものですね。
精神病院は日本のアウシュビッツといった所でしょうか。
命令を出しているのが同じマルクス主義だけにそんな所も似るんでしょうね。
ナチスは国家社会主義なだけに。

73没個性化されたレス↓2015/06/20(土) 15:16:39.62
そうですか

74没個性化されたレス↓2016/01/19(火) 06:49:10.88
        ,___ ,..-──....、
       /:::::::::`'::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ,/:::::::::::::;;;_;:-、::::::::::::::::::::::::::::::l
     l::::::::::/   `ー-;::::::::::::::::::::::ソ
     |::::::/         `ー'ヾ:::::r'
     ゝ:r'            `i;;:}
    r'`;;ト_〓〓ニ、  ,ニ〓〓_ _r'"7  敢えて言わせてもらえば男根の抽象化である!
    {6 'l┃ーo-、l━l ,-oー テ''ぃル
    _ゝ.| |   ̄ ┃┃  ̄ .ノ !/              |  \ \
    // ))))─'''ノ  `ー─''" |'                |
   /_ ⊂ノ   ' ・ ・ '     /            | ヽヽ .|\
 / /   :、   皿皿皿   .イ     i 、、 | ヽヽ |\   |  \
 \ \    ..    ̄   /  ド ド |ヽ   |\  |    |
/ /\ `ー---`  ._..  '     
/ / `ー─-、      ⌒\
/       ノ      />  >
        /  ×  / 6三ノ
       /  /U\ \
―    /  ん、  \ \
――  (__ (   >  )
⌒ヽ   ’ ・`し' / /
  人, ’ ’, ( ̄ /
Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
         \_つ

75没個性化されたレス↓2016/03/18(金) 02:06:52.39
フロイト精神分析の費用

一回一万五千円
週四日
最低二年
五百七十六万円以上

(健康保険利用不可全て実費)

76没個性化されたレス↓2016/07/26(火) 18:38:43.38
当時のレートでってこと?

77没個性化されたレス↓2016/07/28(木) 20:34:04.54
女性限定、恋愛相談サイトオープン。
5000名を超えるイケメンカウンセラーが在籍中♪

自己紹介動画はいつでも見放題です!

メンガ って検索してください!

78没個性化されたレス↓2016/08/06(土) 17:55:42.44
精神分析なら鑪先生に教わったら。まだやってるの。

79没個性化されたレス↓2016/08/07(日) 23:02:49.46
ヒミツの日記を書いてます。

http://blogs.yahoo.co.jp/logbcabin

よろしくです。

80注釈の人2016/08/16(火) 09:53:42.45
ここには、前にも書きましたがもっと解りやすく書きますね。

心理学とは、もともとマルクス主義が言論弾圧の為に作り出した学問です。
言論弾圧の為に使われる心理学の現在における用法とは、こちらを御覧下さい。

学会員にされた嫌がらせ書いてけ
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1385132266/

私も言論弾圧を受けた一人として、こんな学問をこの世から滅ぼすべきだと考えている訳ですよ。
臨床心理学の開祖フロイトは、上記のリンク先にも出てくるシュタインがいたウィーン大学の出身です。
つまり、カール・マルクスの師匠であり、大日本帝国憲法を作った伊藤博文が学んだ人物であるシュタイン(共産主義)のいた大学です。
たまたま、憲法作りの為に伊藤博文が学んだ人物が、カール・マルクスの師匠だったという偶然はありえるはずもなく、
日本の開国も元々カール・マルクスの策によるものだと考えるのが自然です。
そして、その人物のいるウィーン大学もマルクス主義の関係者しか教鞭をとることの出来なかった大学だと見るべきですね。
マルクス主義の支配者クラスの人物がいる大学だと、例外の教授がいる事そのものが不自然ですので。
一国を短期間で支配下におく思想が、ウィーン大学を支配下においてなければ矛盾してます。
それにフロイトが初期に研究した分野は「ヒステリー」に関してです。
マルクス主義の基本的な洗脳方法は、マルクス主義だという事を隠した「嫌がらせ役 」によって相手を追い込み、
「懐柔役」が それを助けて恩を売り、取り込むというやり方を使います。
こんなやり方をされて、キレない人はいないと思いますよ。
それに気付いた人の口封じか
、組織内の裏切りに対しての口封じ目的が目的だと解りやすい研究テーマです。
カール・マルクスはラッサール(マルクスの弟子でナチスの源流)と偽装対立する事によって組織を分けました。
フロイトも弟子のユングと偽装対立する事によって組織を分けています。
これはマルクス主義の組織の基本戦術で、複数のダミー組織を作る事によって追及された時の組織の崩壊を一部に止める為と、
上記の「嫌がらせ役」、「懐柔役」の関係に分ける事を目的としています。


文字制限で書ききれないので、次に書きます。

81注釈の人2016/08/16(火) 09:57:28.11
>>80
の続きです。


普通は弟子は師匠の技を継ぐもので、この時点で不自然なんですけどね。
それに分派というのは、普通はその学問が成熟した後に起こるもので。


それと、私は自分の個人情報を隠すなどとセコいマネはしませんので。
私の名前は「注釈の人」こと、本名、荒谷直人。
私は兵庫県尼崎市の東難波町にある県営住宅の402号室からこれを書いています。
16年間、彼らマルクス主義と戦い、6年前、彼らの言論弾圧の手段として西宮市にある仁明会病院という場所に放り込まれました。
マルクス主義から監視社会作りに都合のよい事件を起こせと命令された宅間守も入っていた所で、情報の隠蔽に適した場所です。
私の書いてある事がおかしいと思えるなら、どうぞここにでも報告して下さい。
今度放り込まれたら確実に言論弾圧に見えるでしょうけどね。
(以前の件もすでにそう見えるでしょうが。その為に私はHNの実名を公開しています。)
その時は、そこの濱野先生によろしくお伝え下さい。
人の目の前で指をボキボキならす先生は、生まれて始めて見ましたよ。

82没個性化されたレス↓2016/08/16(火) 18:25:53.57
ナマポが1000円弁当くってると
ナマホがおわるときはしんだときだを
同時に書いてきて
しかもおまんこ記事までついてくる
旧日本軍の旗みたいな
アソコの騒動なんでつよ

83没個性化されたレス↓2016/10/24(月) 04:58:42.96
フロイトはユダヤ人だよ
注意して読むべき

84没個性化されたレス↓2016/10/24(月) 06:53:06.81
人々が行動主義に異を唱えるのは、彼らが「心的装置」に固執するからではないだろうか。
あなたがもし「そんなものは実在しない、それは虚構なのであって、だから
事実へ帰ろう」と主張すれば、彼らはまずその固執を捨てなくてはなくなる。
(B・F・スキナー)

85没個性化されたレス↓2016/10/24(月) 16:33:07.38
>>75
そうそう、で悩みなんか何も聴いていなく
母子関係を歪んだ目できめつける
そんなのが大家でスーパーバイザー(笑)だって
お金が。。。。。。。。

86没個性化されたレス↓2016/10/24(月) 22:41:31.54
フロイトはショーペンハウアーのパクリだからね

87没個性化されたレス↓2016/10/24(月) 23:20:43.93
タナトスを超えるにはエロスだとフロイト先輩が・・・


須藤凜々花が。・・・

88D2017/01/11(水) 14:23:45.83
いまさらですが先日クローネンバーグの「ザ・フライ」を初めて見ますた。
ハエと融合してグロテスクな人外と化した主人公と人間であるヒロインの関係は
まだ言語を獲得せず人間になっていない赤ん坊と母親の関係をトラウマ的に反
復したものではないかと思いますた。
ヒロインと元恋人同士で現在は険悪な関係にあった上司(編集長)の男が最終的
には主人公を共通の敵にすることによってちょっとヨリが戻ったみたいになったの
はエディプスっぽい状況ですね。

89没個性化されたレス↓2017/02/02(木) 20:22:34.58
米国議会図書館の巨大なフロイトコレクションがデジタル化されました
http://www.artnews.com/2017/02/01/the-sigmund-freud-collection-at-the-library-of-congress-has-been-digitized/

90学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/03(金) 20:47:30.96
ジンクムント フロイド

91没個性化されたレス↓2017/09/10(日) 14:04:57.70
 ところで先ほど精神病患者の変化という話をしましたが、精神分析に来る患者も時代ととも
にずいぶん変わっています。フロイトでも初期に診ていたヒステリー患者と、晩年に診ていた
患者とではその間に大きな変化があります。しかし、全般的に言えるのは、フロイトの時代と
比べて、今は患者がみずからの生を物語る能力がなくなってきている、ということです。この
ような現象も病理の軽症化と何らかの関係があるのかもしれません。フロイトの患者たちは
物語る能力に長けています。そして、その語りが、患者が秘めた病理に向かって収束されて
いきます。一方で、現代の患者たちは−−ヒステリー患者は貴重な例外です−−みずから
の生を散漫とした形で、明確な歴史もエピソードも作ることなく生きているように思えます。そ
ういう患者たちの語りは、病理の所在がはっきりせず、また語りが病理の核心に向かうことが
ない。こういう患者側の変化も精神分析の衰退の一つの要因になっているように思えます。
つまり、生が希薄化、断片化していて、しかもそれらが言葉によって歴史化されていないた
め、言葉を治療手段とする分析治療が鋭角的な手ごたえをもったものとして機能しない。も
ちろん分析家の側にも責任はあるでしょう。分析家は、患者の側の変化を敏感に感じ取るこ
となく、いまだに硬直した理論で分析行為を行っています。患者の生のあり方が変わってき
たなら、それに即して分析家は新しい臨床を始めていくべきなのです。それがほとんどなさ
れていないのが現状なのです。
http://kitarubekiseishinbun.blog.so-net.ne.jp/2012-02-11

92没個性化されたレス↓2017/09/10(日) 15:36:48.75
>>91
昔かフロイトなんて関係ない相談者多かった
バカなインテリは、フロイト神なので押し付けて金取ってた
フロイトに強いのはこの世界のステータスだったのでね
今も拠り所にしてる

93没個性化されたレス↓2017/09/27(水) 10:38:01.64
一般的に、人が特定の人物と同一化を起こす場合、対象となる人物の様々な性格を取り入れるので
はなく、たった一つの特徴を取り入れるという形で生じるという興味深い事実があるのです。これはフ
ロイトが指摘
したことです。同一化というとその人の特質を出来る限り取り入れることだと思いがちで
すが、実はたった一つの特徴を取り入れればそれで足りるのです。フロイトはこのたったひとつの特
徴のことを Ein einziger Zug と呼んでいます。
http://euroclinique-dc.com/_src/sc4139/seminaire20120620of208386815B838D83N838A83j815B83N95B689BB95948CF68EAE83T83C83g.pdf

94没個性化されたレス↓2017/11/22(水) 01:00:32.00
抑圧はフロイトによって明らかにされた心の働きで、意識すると激しい深い苦
痛、不快、不安が起こる心の内容を無意識の中に押し込んでしまう心の働きと
して一般に理解されている。ところが、ドイツ語の Verdrangung は、座っていた
席からその人を追い出し、そこに別な人が座る現象を意味する。つまり、ただ
単に心の内容(本来の願望)を無意識に追い出すだけでなく、そこに別な心の
内容(たとえばヒステリーの症状)を置き換えてしまう心の働きを含む。それ
ゆえに、Verdrangung を英語では抑圧 repressionと訳すことには疑問が生じる。
http://leo.aichi-u.ac.jp/doitsugo/files/2003/funatani.pdf

95没個性化されたレス↓2017/11/28(火) 10:05:46.37
フロイトが何かを明らかにしたなんて話は聞いたことが無いンゴ

96没個性化されたレス↓2018/02/19(月) 17:02:57.78
誰でもできる在宅ワーク儲かる方法
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

TM6N0

97没個性化されたレス↓2018/03/05(月) 12:07:44.93
精神神経症において問題となるのは抑圧によって「心的緊張がある表象から離れその表象
は見捨てられて、他の表象へと移動し、今度はその表象が前の表象の心理学的役割を演じ
続ける」という心的機制であるからだ。

https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/192728/1/kjs_018_017.pdf

98没個性化されたレス↓2018/04/01(日) 10:18:08.54
 しかし、マーラーにしてみれば、精神の根底から揺りかえされたのであり、第十交響曲の
草稿の余白に、私宛にほとばしり出たような言葉の断片を書きつけたのもその頃であった。
彼は自分の送ってきた生活の中に、神経病者的なもののあることを自覚し、突然、ジークム
ント・フロイトに相談しようと思い立った(そのころフロイトはオランダのライ´アンに住んでいた)。
彼がフロイトに自分の心の異様な状態と不安感とを説明すると、フロイトは鮮かに彼の精神
を鎮静させてくれた。彼はマーラーの告白をきいて、激しく彼の誤りを責めたという。「どうして
あなたのような身分の方が若い女に一緒にいてくれと頼む気になるんですか」と彼は聞いた。
彼の結論は以下のようだった。「私は君の奥さんを知っている。あの人は父親を愛しており、
父親に似た人間だけしかえらばないし、愛さないのだ。あなたの年齢は、あなたはひじょうに
恐れているようだが、実はあの人にとっては魅力のある年齢だ。だから心配することなどない。
一方、あなたは自分の母親を愛している。それで、あらゆる女のうちに自分の母親のイメージ
を求めている。あなたのお母さんは、生活に疲れ、やつれ果てていた。あなたは無意識のうち
に、自分の奥さんを同じ目に会わせたいと望んでいるのだ」

99没個性化されたレス↓2018/04/01(日) 10:19:50.13
 フロイトの言ったこの二つはともに当たっていた。グスタフ・マーラーの母の名はマリーといっ
た。彼の最初の頃の衝動は、私の名前をマリーに変えようということだった。しかも彼はマリー
のrの発音が不得意であったにもかかわらずなのである。さらに私を知るにつれ、私の顔が
もっと「悩みを持っている」ほうがよいと言った。ある時彼が私の母に、私があまり苦労をし
ないで育ってきたのは残念なことだ、というと、母はこう答えた、「だいじょうぶよ――いまに
そうなるから」と。
 私も、求めるのは、小柄で、やせて、頭がよく、精神面の秀でた男性ばかりであった。それ
は、私が知っており、愛している私の父の面影なのである。
 フロイトの診断は、マーラーの精神状態を整えることができた。もっとも当人は母に対する
心理的な固定の件は認めようとしなかった。彼はその種のことには目を背けて認めようとし
なかった。

第14章 夏ー1910年 マーラー 愛と苦悩の回想 アルマ・マーラー 中公文庫1987年 313~4頁

100没個性化されたレス↓2018/05/21(月) 14:45:54.20
「固定」は固着のことかな?

101没個性化されたレス↓2018/05/22(火) 05:31:16.56
フロイトの著書で
オススメある?
一切つも読んだことないからさ

102没個性化されたレス↓2018/06/03(日) 16:43:42.16
最近出たやつのほうが翻訳がしっかりしてる確率は高い

103没個性化されたレス↓2018/06/06(水) 16:38:42.95
『ウィトゲンシュタインと精神分析』ヒートン,ジョン・M(岩波書店)
http://booklog.kinokuniya.co.jp/nakayama/archives/2010/03/post_65.html
> ウィトゲンシュタインがフロイトを高く評価しているのは意外だが、よく考えてみれば、不思議ではない
>のかもしれない。どちらも語ることによる治療(トーキング・キュア)を目指していたからだ。ウィトゲンシュ
>タインは、言語の形而上学的な使い方のために、哲学のうちに「瘤」(『哲学探求』一一九節)のようなもの
>ができているのであり、日常的な言語の分析によって、哲学の瘤を治療することができると考えていた。そ
>れだけではなく、「ウィトゲンシュタインにとっては、セラピー(治療)とは二人で思考を共有すること」(p.15)
>だったであり、フロイトの治療の実践と共通する要素があったのである。

新着レスの表示
レスを投稿する