広瀬アリスのせいで最悪の正義のセに

1名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/14(土) 11:13:25.47ID:AUkZxO7J
わろてんかのイメージ強すぎか?

2名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/14(土) 11:14:35.84ID:yIWjueTd
阿川佐和子のせいで最悪の正義のセに

3名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/14(土) 14:47:59.49ID:T8lfThYL
3

4名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/15(日) 00:27:34.65ID:RtagTHxy
能登の白牝豚若年寄女こと浜辺美波のせいで最悪の崖っぷちホテルに(超ウルトラ大爆笑)

5名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/15(日) 07:39:20.46ID:cnQRafeG
大倉鳥貴族のせいで最悪の正義のセに

これが一番妥当では

6名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/15(日) 07:52:47.56ID:C6FxltWr
>>5
渋谷すばるのせいで最悪のジャニーズ×女優の結婚に
(渋谷関ジャニ脱退で吉高の結婚もお流れに)

7名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/15(日) 15:16:52.54ID:XZxs9SK+
広瀬アリスなんていたか?

8名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/15(日) 19:33:06.25ID:RNIPRcfp
アリスの無駄使い

9名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/18(水) 23:49:22.43ID:Waeu1u/K
むしろ吉高よりアリスの方が新人検事はまりそうだけど

10名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/21(土) 01:43:02.01ID:Ju44gPtQ
言われるほど存在感ないけどリリコが凛々子の妹か!と思った。

11名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/22(日) 05:52:14.30ID:HQ56JtQx
能登の白牝豚若年寄女こと浜辺美波は広瀬アリスのビジュアルに勝てるとでも本気で思っているの?
(超ウルトラ大爆笑)

12名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/22(日) 16:08:14.24ID:arTuTO1+
豆腐いじっただけじゃねえか

13名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:24:53.70ID:Rs7gW59A
西遊記』の流行を受けて、明代から清代にかけ呉元泰、呉政泰と余象斗が、仏教と道教に関わる戯曲・雑劇と神話伝説に基づいて編纂したのが『東遊記』・『南遊記』・『北遊記』で『四遊記』と称される。

概要 編集
唐の時代に中国からインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、

物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。

また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、日本では、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

成立 編集
唐三蔵西天取経伝説 編集

敦煌の洞窟に残された9世紀頃の壁画
現実の玄奘三蔵の取経の旅は西暦629年から645年に行われた。その事績が仏教徒の間で伝説化し神聖視された痕跡が各地に残されている。

敦煌莫高窟から発見された絹本、紙本の絵画及び壁画(9世紀から11世紀半ば)には、経巻を背負い虎を伴った徒歩の行脚僧の描かれたものがあり、伝説化した玄奘とする説がある。これらの中には宝勝如来を上隅に描き入れているものがあり、「寳勝如來一軀」

と書き入れられたものもあることからこの取経者は宝勝如来に保護され、また宝勝如来と同一視されたと推定される。

莫高窟東方約 100 km の楡林窟、その更に東方約 30 km の東千仏洞の水月観音図、普賢変図(12世紀後半、西夏末

)に含まれる玄奘取経図に描かれた玄奘は猴(マカカ属のサル)と馬を伴っており、また張世南『游宦紀聞』(1228)所収の張聖者の詩(北宋末から南宋初、12世紀前半と推定される)には

「幾生三藏往西天」「苦海波中猴行復」「沈毛江上馬馳前」の字句が見え、12世紀には玄奘の取経伝説には猴と馬が取り込まれていたことが分かる。

14名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:24:55.81ID:Iu9DtOty
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさら

15名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:24:57.73ID:Ui0tkbDc
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさらやな

16名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:25:03.16ID:CzsAd54H
西遊記』の流行を受けて、明代から清代にかけ呉元泰、呉政泰と余象斗が、仏教と道教に関わる戯曲・雑劇と神話伝説に基づいて編纂したのが『東遊記』・『南遊記』・『北遊記』で『四遊記』と称される。

概要 編集
唐の時代に中国からインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、

物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。

また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、日本では、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

成立 編集
唐三蔵西天取経伝説 編集

敦煌の洞窟に残された9世紀頃の壁画
現実の玄奘三蔵の取経の旅は西暦629年から645年に行われた。その事績が仏教徒の間で伝説化し神聖視された痕跡が各地に残されている。

敦煌莫高窟から発見された絹本、紙本の絵画及び壁画(9世紀から11世紀半ば)には、経巻を背負い虎を伴った徒歩の行脚僧の描かれたものがあり、伝説化した玄奘とする説がある。これらの中には宝勝如来を上隅に描き入れているものがあり、「寳勝如來一軀」

と書き入れられたものもあることからこの取経者は宝勝如来に保護され、また宝勝如来と同一視されたと推定される。

莫高窟東方約 100 km の楡林窟、その更に東方約 30 km の東千仏洞の水月観音図、普賢変図(12世紀後半、西夏末

)に含まれる玄奘取経図に描かれた玄奘は猴(マカカ属のサル)と馬を伴っており、また張世南『游宦紀聞』(1228)所収の張聖者の詩(北宋末から南宋初、12世紀前半と推定される)には

「幾生三藏往西天」「苦海波中猴行復」「沈毛江上馬馳前」の字句が見え、12世紀には玄奘の取経伝説には猴と馬が取り込まれていたことが分

17名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:25:23.28ID:Iu9DtOty
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさら

18名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:25:25.19ID:Ui0tkbDc
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさらやな

19名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:25:37.92ID:CzsAd54H
西遊記』の流行を受けて、明代から清代にかけ呉元泰、呉政泰と余象斗が、仏教と道教に関わる戯曲・雑劇と神話伝説に基づいて編纂したのが『東遊記』・『南遊記』・『北遊記』で『四遊記』と称される。

概要 編集
唐の時代に中国からインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、

物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。

また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、日本では、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

成立 編集
唐三蔵西天取経伝説 編集

敦煌の洞窟に残された9世紀頃の壁画
現実の玄奘三蔵の取経の旅は西暦629年から645年に行われた。その事績が仏教徒の間で伝説化し神聖視された痕跡が各地に残されている。

敦煌莫高窟から発見された絹本、紙本の絵画及び壁画(9世紀から11世紀半ば)には、経巻を背負い虎を伴った徒歩の行脚僧の描かれたものがあり、伝説化した玄奘とする説がある。これらの中には宝勝如来を上隅に描き入れているものがあり、「寳勝如來一軀」

と書き入れられたものもあることからこの取経者は宝勝如来に保護され、また宝勝如来と同一視されたと推定される。

莫高窟東方約 100 km の楡林窟、その更に東方約 30 km の東千仏洞の水月観音図、普賢変図(12世紀後半、西夏末

)に含まれる玄奘取経図に描かれた玄奘は猴(マカカ属のサル)と馬を伴っており、また張世南『游宦紀聞』(1228)所収の張聖者の詩(北宋末から南宋初、12世紀前半と推定される)には

「幾生三藏往西天」「苦海波中猴行復」「沈毛江上馬馳前」の字句が見え、12世紀には玄奘の取経伝説には猴と馬が取り込まれていたことが分

20名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:26:59.21ID:CzsAd54H

21名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:11.13ID:Rs7gW59A
西遊記』の流行を受けて、明代から清代にかけ呉元泰、呉政泰と余象斗が、仏教と道教に関わる戯曲・雑劇と神話伝説に基づいて編纂したのが『東遊記』・『南遊記』・『北遊記』で『四遊記』と称される。

概要 編集
唐の時代に中国からインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、

物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。

また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、日本では、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

成立 編集
唐三蔵西天取経伝説 編集

敦煌の洞窟に残された9世紀頃の壁画
現実の玄奘三蔵の取経の旅は西暦629年から645年に行われた。その事績が仏教徒の間で伝説化し神聖視された痕跡が各地に残されている。

敦煌莫高窟から発見された絹本、紙本の絵画及び壁画(9世紀から11世紀半ば)には、経巻を背負い虎を伴った徒歩の行脚僧の描かれたものがあり、伝説化した玄奘とする説がある。これらの中には宝勝如来を上隅に描き入れているものがあり、「寳勝如來一軀」

と書き入れられたものもあることからこの取経者は宝勝如来に保護され、また宝勝如来と同一視されたと推定される。

莫高窟東方約 100 km の楡林窟、その更に東方約 30 km の東千仏洞の水月観音図、普賢変図(12世紀後半、西夏末

)に含まれる玄奘取経図に描かれた玄奘は猴(マカカ属のサル)と馬を伴っており、また張世南『游宦紀聞』(1228)所収の張聖者の詩(北宋末から南宋初、12世紀前半と推定される)には

「幾生三藏往西天」「苦海波中猴行復」「沈毛江上馬馳前」の字句が見え、12世紀には玄奘の取経伝説には猴と馬が取り込まれていたことが分かる。

22名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:14.00ID:Iu9DtOty
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさら

23名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:16.24ID:Ui0tkbDc
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさらやな

24名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:24.61ID:CzsAd54H
他ら

25名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:34.13ID:Rs7gW59A
西遊記』の流行を受けて、明代から清代にかけ呉元泰、呉政泰と余象斗が、仏教と道教に関わる戯曲・雑劇と神話伝説に基づいて編纂したのが『東遊記』・『南遊記』・『北遊記』で『四遊記』と称される。

概要 編集
唐の時代に中国からインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、

物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。

また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、日本では、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

成立 編集
唐三蔵西天取経伝説 編集

敦煌の洞窟に残された9世紀頃の壁画
現実の玄奘三蔵の取経の旅は西暦629年から645年に行われた。その事績が仏教徒の間で伝説化し神聖視された痕跡が各地に残されている。

敦煌莫高窟から発見された絹本、紙本の絵画及び壁画(9世紀から11世紀半ば)には、経巻を背負い虎を伴った徒歩の行脚僧の描かれたものがあり、伝説化した玄奘とする説がある。これらの中には宝勝如来を上隅に描き入れているものがあり、「寳勝如來一軀」

と書き入れられたものもあることからこの取経者は宝勝如来に保護され、また宝勝如来と同一視されたと推定される。

莫高窟東方約 100 km の楡林窟、その更に東方約 30 km の東千仏洞の水月観音図、普賢変図(12世紀後半、西夏末

)に含まれる玄奘取経図に描かれた玄奘は猴(マカカ属のサル)と馬を伴っており、また張世南『游宦紀聞』(1228)所収の張聖者の詩(北宋末から南宋初、12世紀前半と推定される)には

「幾生三藏往西天」「苦海波中猴行復」「沈毛江上馬馳前」の字句が見え、12世紀には玄奘の取経伝説には猴と馬が取り込まれていたことが分かる。

26名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:36.96ID:Iu9DtOty
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさら

27名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:39.61ID:Ui0tkbDc
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさらやな

28名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:27:47.51ID:CzsAd54H
他らら

29名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:04.09ID:Iu9DtOty
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさら

30名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:06.15ID:Ui0tkbDc
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさらやな

31名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:09.12ID:Rs7gW59A
                     ,x‐:∠う: ーx、
      ,。-:ー:-.、         ./^~,.。---:.、 `~:ヽ           __,,,..,__         __,, __
    ./: : : : : : : : :`ヽ      /ィ'^i::::::::::::::::::::\ :ヽ       ,ィニ´.:<^ヽ:. :`ヽ、   ,.'^:::::::::::、`ヽ、
   ./: : :; ;ィ : : :} : : k :Yヘ    //:j::{:::::::::::::::::i:::::トi:ヘ ヽ    /,r':ァ:`^ヽ、 n.: .:ヽ /::::::/::::::::::::Y:::::、:V
  /: : :l/'‐__^~` ̄rz`ヘ:ヽ  // l:{LlT^::::::::::丁^j''|1::、 :ヽ  / /{ :f.{_: : : :i : :ト、.: .: .:}/:::::::jイ:::}::::::::::)l_:トf1
  / : : :!:{  ´_,   ,。k. ト:ヘ j'/ |ハrIセh` ̄~r茫、 |hト .:V' .:/.イヽ} V:.;_: :j'''V l:l、:. :.{:::l:::::| lノヒ^:::ノ└ {::| _
 .': i: : :トi1 .府ト   i勾゙ .|:| :V{ .|ト.}xx´  ,  `~xx.j:Y| ∨.:}:/ /:} ''^ヽ   _,^~ |:i'、 : :1:|:::::| ,f筏!  .rく'|/::}
 |: :|:Y^^ヾ' `-'゜  ' `´'' j l! :}V  |:::ヘ、 ,.......、  ./l:::} .} :/{.‖{ '''  _ '  ⌒)^ lん'Y: :{:|:::::1`゙ー゜  '  '''} .: :l
 {: :1:`'ーヘk ゙゙  /゙}  ノLリ:ノ `ー|:::: ::::ト  ̄¨ x:'^::j:::'_,ノイ゙ヽ|i、ヘ.  {,r丁  ''' ノ_,ノ^!:. 代::::ヘ  r-ァ ,ノ .: .:iヘ  奈良が最高や〜
 ゙、.:ヘ: : :.\`:‐x、` ’彡.: /_,)-ー: :!::: ::::|-xNにj::::::::::ハ=-‐'7"l{:. :ヽヽヽ .ノ_,. ィ'/__,..ノ:.,ノ::ヽ、:::\ー-.ィ:::ハ: .: .: .:ヽ
f^ ̄.`:>=N :ア''''^ 弋 ̄: .: .: .: /1:: :::|´   |:::::::::j .:V: : ( : ヽ ,>‐へ<.フ' :. :. : `':へ、::,_k`ヾT.r'へ(`ヽ.: .: .: ヘ
ヽ..:/.: :. :. .:/      V : .: .: :j:. :V::::ヘ     {: ::::::{ . :1:. :. : /        {!ヽ:. .: .: .: ::l:. :. :`:. : 7     `'ー、:. ::
. Y゙:. :. : :. :. .:{        .} : .: .: :{:. :. \:::ヽ   V::::::}: ::}^<.:(         }: .: .: : : :|::. :. :. :. :.{       

32名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:15.67ID:CzsAd54H
他ららは

33名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:22.97ID:Rs7gW59A
西遊記』の流行を受けて、明代から清代にかけ呉元泰、呉政泰と余象斗が、仏教と道教に関わる戯曲・雑劇と神話伝説に基づいて編纂したのが『東遊記』・『南遊記』・『北遊記』で『四遊記』と称される。

概要 編集
唐の時代に中国からインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、

物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。

また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、日本では、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

成立 編集
唐三蔵西天取経伝説 編集

敦煌の洞窟に残された9世紀頃の壁画
現実の玄奘三蔵の取経の旅は西暦629年から645年に行われた。その事績が仏教徒の間で伝説化し神聖視された痕跡が各地に残されている。

敦煌莫高窟から発見された絹本、紙本の絵画及び壁画(9世紀から11世紀半ば)には、経巻を背負い虎を伴った徒歩の行脚僧の描かれたものがあり、伝説化した玄奘とする説がある。これらの中には宝勝如来を上隅に描き入れているものがあり、「寳勝如來一&#36544;」

と書き入れられたものもあることからこの取経者は宝勝如来に保護され、また宝勝如来と同一視されたと推定される。

莫高窟東方約 100 km の楡林窟、その更に東方約 30 km の東千仏洞の水月観音図、普賢変図(12世紀後半、西夏末

)に含まれる玄奘取経図に描かれた玄奘は猴(マカカ属のサル)と馬を伴っており、また張世南『游宦紀聞』(1228)所収の張聖者の詩(北宋末から南宋初、12世紀前半と推定される)には

「幾生三藏往西天」「苦海波中猴行復」「沈毛江上馬馳前」の字句が見え、12世紀には玄奘の取経伝説には猴と馬が取り込まれていたことが分かる。

34名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:32.30ID:CzsAd54H
他ららははさ

35名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:40.49ID:Iu9DtOty
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさら

36名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:45.29ID:Ui0tkbDc
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさらやな

37名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:28:50.73ID:Rs7gW59A
                     ,x‐:∠う: ーx、
      ,。-:ー:-.、         ./^~,.。---:.、 `~:ヽ           __,,,..,__         __,, __
    ./: : : : : : : : :`ヽ      /ィ'^i::::::::::::::::::::\ :ヽ       ,ィニ´.:<^ヽ:. :`ヽ、   ,.'^:::::::::::、`ヽ、
   ./: : :; ;ィ : : :} : : k :Yヘ    //:j::{:::::::::::::::::i:::::トi:ヘ ヽ    /,r':ァ:`^ヽ、 n.: .:ヽ /::::::/::::::::::::Y:::::、:V
  /: : :l/'‐__^~` ̄rz`ヘ:ヽ  // l:{LlT^::::::::::丁^j''|1::、 :ヽ  / /{ :f.{_: : : :i : :ト、.: .: .:}/:::::::jイ:::}::::::::::)l_:トf1
  / : : :!:{  ´_,   ,。k. ト:ヘ j'/ |ハrIセh` ̄~r茫、 |hト .:V' .:/.イヽ} V:.;_: :j'''V l:l、:. :.{:::l:::::| lノヒ^:::ノ└ {::| _
 .': i: : :トi1 .府ト   i勾゙ .|:| :V{ .|ト.}xx´  ,  `~xx.j:Y| ∨.:}:/ /:} ''^ヽ   _,^~ |:i'、 : :1:|:::::| ,f筏!  .rく'|/::}
 |: :|:Y^^ヾ' `-'゜  ' `´'' j l! :}V  |:::ヘ、 ,.......、  ./l:::} .} :/{.‖{ '''  _ '  ⌒)^ lん'Y: :{:|:::::1`゙ー゜  '  '''} .: :l
 {: :1:`'ーヘk ゙゙  /゙}  ノLリ:ノ `ー|:::: ::::ト  ̄¨ x:'^::j:::'_,ノイ゙ヽ|i、ヘ.  {,r丁  ''' ノ_,ノ^!:. 代::::ヘ  r-ァ ,ノ .: .:iヘ  奈良が最高や〜
 ゙、.:ヘ: : :.\`:‐x、` ’彡.: /_,)-ー: :!::: ::::|-xNにj::::::::::ハ=-‐'7"l{:. :ヽヽヽ .ノ_,. ィ'/__,..ノ:.,ノ::ヽ、:::\ー-.ィ:::ハ: .: .: .:ヽ
f^ ̄.`:>=N :ア''''^ 弋 ̄: .: .: .: /1:: :::|´   |:::::::::j .:V: : ( : ヽ ,>‐へ<.フ' :. :. : `':へ、::,_k`ヾT.r'へ(`ヽ.: .: .: ヘ
ヽ..:/.: :. :. .:/      V : .: .: :j:. :V::::ヘ     {: ::::::{ . :1:. :. : /        {!ヽ:. .: .: .: ::l:. :. :`:. : 7     `'ー、:. ::
. Y゙:. :. : :. :. .:{        .} : .: .: :{:. :. \:::ヽ   V::::::}: ::}^<.:(         }: .: .: : : :|::. :. :. :. :.{       

38名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:29:00.47ID:CzsAd54H
他ららははさたあ

39名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:29:05.01ID:Rs7gW59A
西遊記』の流行を受けて、明代から清代にかけ呉元泰、呉政泰と余象斗が、仏教と道教に関わる戯曲・雑劇と神話伝説に基づいて編纂したのが『東遊記』・『南遊記』・『北遊記』で『四遊記』と称される。

概要 編集
唐の時代に中国からインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、

物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。

また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、日本では、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

成立 編集
唐三蔵西天取経伝説 編集

敦煌の洞窟に残された9世紀頃の壁画
現実の玄奘三蔵の取経の旅は西暦629年から645年に行われた。その事績が仏教徒の間で伝説化し神聖視された痕跡が各地に残されている。

敦煌莫高窟から発見された絹本、紙本の絵画及び壁画(9世紀から11世紀半ば)には、経巻を背負い虎を伴った徒歩の行脚僧の描かれたものがあり、伝説化した玄奘とする説がある。これらの中には宝勝如来を上隅に描き入れているものがあり、「寳勝如來一&#36544;」

と書き入れられたものもあることからこの取経者は宝勝如来に保護され、また宝勝如来と同一視されたと推定される。

莫高窟東方約 100 km の楡林窟、その更に東方約 30 km の東千仏洞の水月観音図、普賢変図(12世紀後半、西夏末

)に含まれる玄奘取経図に描かれた玄奘は猴(マカカ属のサル)と馬を伴っており、また張世南『游宦紀聞』(1228)所収の張聖者の詩(北宋末から南宋初、12世紀前半と推定される)には

「幾生三藏往西天」「苦海波中猴行復」「沈毛江上馬馳前」の字句が見え、12世紀には玄奘の取経伝説には猴と馬が取り込まれていたことが分かる。

40名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:29:20.85ID:Ui0tkbDc
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさらやな

41名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/04/25(水) 02:29:24.48ID:Iu9DtOty
不不識波不不故行世厄呪提異諸空利日色耨行空神不即呪羯明不波相
薩呪至異経般亦色羯菩多諸諸遠無利切心呪鼻蜜不諸切諦恐行得無究
一三不有度是以滅竟苦是子老異波明波是浄行識得滅藐時如無不行亦
説空槃異無僧虚阿受究見羯無三至空空身厄羅心尽味是無厄子呪無般
呪空故一老無世皆諸呪是空子相若呪中得空無依若心色蜜離若諦蜜行
経提是耳若知無若無多想礙呪説行無相色五実多無虚声即等若是婆識
苦得説子舌神羅是離多不道大亦不是神波波減菩除諸尽相無一在多羅
受大多集真生亦浄実眼亦羯滅生故無行識識色老見波若不呪鼻怖大五
故多無滅乃菩空菩虚仏尽減呪一利死苦不菩訶故不眼明多厄菩夢耨夢
空子故深異滅羅心所故多苦界是切受羅無竟眼菩是空故生故礙波礙無
多波是呪倒死観無故想等是故竟識羅度不多見波耨無故是声藐等是蜜
苦蜜智提滅色多藐眼故識識心是般波所大婆識行意波無蜜礙羅若提是
乃滅色増受故無得無意三不提故波滅菩僧切恐多香夢是依色浄舌無般
多触知仏是槃苦老諦心味怖呪藐舌故羅知無羅明諦般法浄受諦明空受
等識子不礙無諦羅声識波諸羅無蜜阿羯行無道阿浄世即老多訶礙異是
識菩不仏是想僧槃提是眼明諦諦不有死有眼除味蜜老諦波羅般見倒異
即等滅蜜若空槃界得無亦多時無意舎切得羅照亦羅意不蜜故声呪倒波
諦無得大無羯無般薩切空集多羯仏尽遠不羅菩真三無得故無礙明色呪
生亦故無不仏心多色以色無法法多蜜度色三故不無時中無故槃羯至蜜
無得波五子阿僧提虚羅究僧復異提無無想子空羯触依得藐明深羅舎五
菩訶菩即切色色切是提波受僧苦所色利空阿般不故菩多即時利舎異心
想呪垢大不眼無羅切礙顛諸色三故是切舌相利浄不槃眼若虚不遠三諦
至是智至多呪識能日死厄大無死異般即空五無羅無声色以竟中遠多無
不照亦三無故蜜阿蜜乃羅空識識是耳空五呪耳羅亦波一意不若切羅遠
多身遠得空苦無波夢般不心若切想亦礙無増滅無波自無至蘊尽怖無色
生等自礙無実倒無所界無多諦羅薩尽無老是法諦想故波故是遠五菩想
菩羅無是異異蜜依説諸般浄色法道増蘊所多薩無無死想呪蘊中夢世薩
減得有法諸羯一不界以身無法滅度不無説即切在遠不以苦日識無老無
蜜眼色婆依蜜阿苦実舎亦羯般蜜明是乃行無不波般得薩薩般想不多色
般空蜜法波羅意般耨無即恐多皆香無不礙是滅苦無無仏舌空舎波故菩
はさはさはさはさはさはさら

42名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/05/13(日) 07:34:59.94ID:y3jEtDkC
能登の白牝豚若年寄女こと浜辺美波は広瀬アリスのビジュアルに勝てるとでも本気で思っているの?
(超ウルトラ大爆笑)

43名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/05/20(日) 13:35:05.58ID:nZrtygD+
痩せないと

44名無しさんは見た!@放送中は実況板で2018/05/24(木) 01:09:37.61ID:a/hzruss
あ、リス

新着レスの表示
レスを投稿する