ラテンアメリカ・中南米諸国の歴史〜その2〜

1世界@名無史さん2011/09/02(金) 05:39:09.540
その名の通りラテンアメカ・中南米諸国の歴史について語るスレです。

前スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/whis/1296739671/

638世界@名無史さん2017/03/08(水) 19:06:08.030
ノリエガ将軍が危篤らしい

639世界@名無史さん2017/03/09(木) 07:51:15.750
>>637
「なんで欧米には箸がなかったの?」と問うが如し

640世界@名無史さん2017/03/18(土) 07:03:40.870
スペインに滅ぼされたコロンビアのムイスカ人が南米でインカ帝国に次ぐ規模の王国だったらしいが
日本の歴史の教科書には全く記述がないな
何かタブーでもあるのか

641世界@名無史さん2017/03/18(土) 08:57:15.080
南米史そのものがタブーだからな

642世界@名無史さん2017/03/18(土) 20:45:46.150
フランシスコ・ピサロの出身地からペルーにピサロの像が送られた
事があったけど,ペルーの「白人特権層」にとってピサロは英雄?

643世界@名無史さん2017/03/19(日) 00:31:35.130
コステロはあちらのドラマだと敵には容赦ない一方、味方のインディオを保護したり清濁併せ持った人物として描かれてるけど
ピサロに良い印象はないな

644世界@名無史さん2017/03/19(日) 00:33:37.550
>>637
中米にも南米にもカリブ海にも北米大陸にもあったぞ?
合金も何種類もあったが、どんな本を読んだ?

645世界@名無史さん2017/03/19(日) 00:36:00.890
>>640
日本ではアステカとマヤとインカだけが国家とお思いの方が多いもんで・・・
怒れ、タラスカよムイスカよマプチェの民よ!

646世界@名無史さん2017/03/19(日) 00:45:19.350
ムイスカの工芸品
http://i.imgur.com/19GKAN8.jpg

647世界@名無史さん2017/03/19(日) 01:15:54.790
ムイスカといえば
西洋人も知らなかったプラチナを既に加工していた偉業が名高いな。

値打ちが最初分からず「platinum(ちっぽけな銀)」と訳したスペ公ゥゥゥ・・・

648世界@名無史さん2017/03/19(日) 02:49:56.870
マプチェの英雄ラウタロとか誰も知らんよな

649世界@名無史さん2017/03/19(日) 23:46:34.880
ムイスカ族のバカタ王国なんて
日本じゃ教科書どころかwikiにすら出てこない
無名も無名
スペイン語や英語のwikiだと充実してるんだが
誰か訳して転載できぬか

650世界@名無史さん2017/03/20(月) 00:38:29.160
冷戦期の軍事政権における人権侵害
アルゼンチンでは追及が激しくてピノチェトのチリでも秘密警察DINAの面々
が投獄されたけどブラジルの場合はそういった話を聞かない。
ブラジルって今なお軍部が隠然たる影響力を持ってたりする?
よくわからんけど。

>>647-649
ムイスカ・・
だめだ,響きからしてラピュタのアレが頭をよぎるorz

651世界@名無史さん2017/03/20(月) 06:57:19.500

652世界@名無史さん2017/03/23(木) 04:25:43.560
スペイン、ポルトガル語に堪能な同志はおらんものか
マジでwikiを充実させて欲しいわ

653世界@名無史さん2017/03/24(金) 21:55:41.160
コロンビアのムイスカと
チリのマプチェを日本のテレビで取り上げたのは多分・・・

「世界・ふしぎ発見!」だけだ。

654世界@名無史さん2017/03/29(水) 17:53:48.920
歴史だけじゃ飽き足らず最近スペイン語学び始めた

655世界@名無史さん2017/03/29(水) 19:51:23.230
まじか やったー
もしよろしければ手始めにここを訳してくれまいか
https://es.wikipedia.org/wiki/G%C3%BCecha

656世界@名無史さん2017/04/01(土) 11:26:03.880
ベネズエラ最高裁、議会から立法権剥奪 「クーデター」との批判も
http://www.afpbb.com/articles/-/3123380

657世界@名無史さん2017/04/15(土) 00:18:25.630
アルゼンチンだけどエビータが長生きしてたらその後のイサベルと
同じ道をたどってたんじゃないかって気もする。

658世界@名無史さん2017/04/23(日) 09:01:40.730
「犯された女の子供たち」
メキシコ麻薬カルテルが残虐な理由
藤原章生 (毎日新聞記者)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5963

アイデンティティーに隠された「しみ」

 なぜ、そうなのか。それは、メキシコ人は、ぼんやりとでも、自分の中に消しがたい「しみ」を隠しているからだ。
自分自身を全面的に肯定できない傷、暗さを抱えている。

 それは、大多数の先住民が少数のスペイン人に犯され、隷属させられ「メキシコ人」を名乗らざるを得なかった運命
から来ている。自分たちのアイデンティティーは「犯された女の子供たち」であり、恨む相手も敵も自分たちの中にいる。
だから、楽天的にあっけらかんとは自己肯定できないーーというのがパスの説だ。

 同じ中南米でも、メキシコは先住民の犯され方が実に広く深かった。そんな歴史を背負い、生を無邪気に肯定できない
からこそ、死を軽んじるというのだが……。

 これは1950年にパスが欧州で母国を思い書き記したエッセーであり、彼が見るメキシコ人の象徴的な特徴である。

 それが、ここ数年のカルテルの死者の扱いに合致するかどうか。カルテルのやり方は、パスの言う「死を茶かし、
かわいがり」「大好きな玩具」というよりももっと陰惨で、単に死者を馬鹿にしているだけで、残酷さを誇示している
ようにしか思えない。パスの洞察は、カルテルには通じないのかもしれない。

659世界@名無史さん2017/04/23(日) 20:47:16.750
所詮中南米人は根無し草なのさ

660世界@名無史さん2017/05/30(火) 09:44:35.900
19世紀のブラジルではゴムの輸出のおかげで空前の好景気に沸き、ゴム成金が生まれた。

成金たちはアマゾンのジャングルの真ん中にオペラハウスが建てられ、
馬車馬にシャンパンを飲ませ、
札束を池で飼っているアマゾンの巨大魚ピラルクに食わせて「高い札ほどうまいらしい」とうそぶいた。

661世界@名無史さん2017/05/30(火) 10:43:33.620
>>658
インディオの女たちにとって最高の好物は白人のペニスだからな

662世界@名無史さん2017/06/04(日) 10:58:13.650
アルゼンチンに鉄道が敷かれると、それは即座に経済に影響をおよぼし、農産物、とくに穀物、
砂糖、ワインを土台に好景気を生み出した。

そしてそれが刺激となって、逆に鉄道網の急激な成長がうながされた。

また、冷蔵船の登場のおかげでまもなく牛肉の輸出も盛んになった。新鮮な状態のまま
ヨーロッパの市場に送れるようになり、したがって高値で売れるようになったからである。

663世界@名無史さん2017/06/15(木) 09:51:41.450
>>662
21世紀になってようやくそのインフラが整備されつつあるね
長い停滞期間だったわ

664世界@名無史さん2017/06/24(土) 20:28:40.150
南米は今でも非先進国が大半を占めています。
理由はいろいろあるでしょう。そして原因の一つをご紹介します。

それは議会の選挙制度です。

「民主主義だったらなんでもいいんじゃないのかよ!!」そんなことはありません。選挙制度がダメだと民主主義は簡単に衆愚政治(ポピュリズム)に直行します。
単純に選挙をした場合、たとえば極端な例だと港区、芦屋市と北海道、高知、宮崎を一つの選挙区にして港区民と北海道民、高知県民、宮崎県民でそれぞれ一人一票ずつ与えて単純合算したら、不適切な選挙結果になることは見え見えです。
なぜなら白金台、麻布や六麓荘、山手町、岩園町、朝日ヶ丘町のような高級住宅街を多数擁する平均年収(所得)1000万円以上の港区民や芦屋市民と、
平均年収300〜400万円の北海道民、高知県民、宮崎県民では、判断力のレベルが極端に異なるからです。
そのため怪しい泡沫候補や、幸福実現党、維新政党新風や新社会党、緑の党みたいな怪しい泡沫政党に票が集積して議会に送り込まれる可能性が出てくるのです。
こうして民主主義は、衆愚政治(ポピュリズム)に陥りうるのです。

したがって選挙制度に工夫をして、一人一票で衆愚政治に陥らないようにすることが必要なのです。

その工夫とは1選挙区につき、1候補者のみを選定することです。
たとえば小選挙区制だったり、比例代表制や大選挙区制でも勝者総取り方式を採用したりすることです。
こうすることで、泡沫候補や泡沫政党が議会に議席をもてないように促す効果が表れるのです。

「少数派意見ガー!!」「民意ガー!!」「死に票ガー!!」とか発言する方がいますが、そんな方々は、この100年間どんなときも圧倒的な超大国であり続けたアメリカや
世界経済で急激に台頭したインド、韓国、オーストラリアがどれもこれも小選挙区制をメインに使い続けていたという現実に目を向けるべきなのです

そして南米諸国の多くは議会選挙に比例代表制や大選挙区制を使っているのです。

国家運営で重要な要素は三権分立であり、議会の選挙制度だけが重要なわけではありません。
もし南米諸国が小選挙区制だけであったならば、多少はマシな国家・大陸になっていたことでしょう。


・・・そしてそれができずに、衆愚政治に陥りやすいのが、南米の南米たるゆえんなのです。

665世界@名無史さん2017/06/24(土) 22:34:22.350
>>664
はぁぁぁ?
選挙権に収入制限儲けてた戦前とかポピュリズム丸出しだっただろ

666世界@名無史さん2017/06/25(日) 23:49:06.090
つうかアルゼンチンってラテンアメリカで初めてジェット機を開発したような国なのに…

667世界@名無史さん2017/06/26(月) 10:07:59.690
とにかくクーデターが切り札として存在している限り
社会改革は進まないだろうなあ・・・

668世界@名無史さん2017/07/16(日) 23:10:39.640
中南米は殺人横行地帯。
・・・Latin America is home to just over 8 percent of the world’s population
but a third of its homicides; between 2000 and 2016, 2.6 million people were murdered.
Most countries have seen their homicide rate fall, but in Latin American countries,
it is on the rise.・・・

そもそも、殺人を犯しても、まず捕まることはない。
 The Latin American countries included on the Global Impunity Index, from Mexico’s
Center for Studies on Impunity and Justice, are categorized as nations of “high” impunity.
Mexico is No. 2 on the list, after the Philippines. If we take into account the crimes
that are never reported and remain unaccounted for, the two countries have an impunity
rate of 99 percent. People kill because they can get away with it.・・・
https://www.nytimes.com/2017/07/15/opinion/sunday/latin-america-murder-homicide.html

この根本原因を、いつか追究してみたいね。

669世界@名無史さん2017/07/20(木) 18:42:33.020
南米の太平洋戦争(1879−84)

6年なのに大統領が替わりすぎ
チリ2人、ペルー6人、ボリビア5人

670世界@名無史さん2017/08/21(月) 11:40:26.780
本書きました。タイトルはマリファナ青春旅行です。
良かったら読んで下さい。
大麻好きには楽しめる内容です。
4冊売れました。買ってくれた人ありがとう!

https://www.amazon.co.jp/dp/B073TSXLG8

671世界@名無史さん2017/08/29(火) 17:49:42.830
>>668
日本人女性も度々殺されている
全て行方不明のかたちで処理されている

672世界@名無史さん2017/08/29(火) 18:18:58.600
中南米が土人なのはスペイン人の血の影響なのかインカアステカの陰惨な生け贄文化の影響か
北米の先住民とは明らかに凶暴性が違うよね

673世界@名無史さん2017/08/29(火) 20:56:06.960
>>672
スペイン人のもたらした階級社会のせい

674世界@名無史さん2017/09/06(水) 14:57:07.550
すべての責任はスペイン人に!
生け贄はスペイン人の影響だ!

675世界@名無史さん2017/11/23(木) 19:20:03.390
4500年の歴史持つベンタロン遺跡で火災、壁画も焼失 ペルー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-35110374-cnn-int
http://www.afpbb.com/articles/-/3150504

貴重なプレ・インカの壁画がああぁ

676世界@名無史さん2017/12/01(金) 19:47:34.490
古代アンデス文明展行った人いる?

677世界@名無史さん2017/12/31(日) 07:02:17.170
12月24日に入口の前を通ったわ
第九聞きに言ったからね

678世界@名無史さん2018/01/07(日) 14:49:29.730
カリブ海に浮かぶ小国、トリニダード・トバゴのフランス系白人の一部は、貴族性や
白人としての純血性を誇り、近年までフランス系カリブ海市民としか結婚しなかった。
昨今は配偶者をフランスから連れてくるか、カリブ海域で歴史のあるヨーロッパ系
一族から選ぶことが多い。彼らはそこまでして「白さ」にこだわるのである。

679世界@名無史さん2018/01/07(日) 21:29:04.140
>>676

頭蓋変形の本物があったぞ。

しかしアンデス文明ではすでに銅や銀、金が知られていたのに、
なぜ装飾品だけの利用品だったのか。
なぜ銅鍋や銅剣を作らなかったのか

680世界@名無史さん2018/01/10(水) 17:59:00.920
ここで聞いていいのかわからないので、ダメならスルーしてください
中南米に3ヶ月弱行くことになったので、今まで知らなかった歴史について何か読もうと思っています
キューバやメキシコ関連は色々読んでるので、ペルーのインカ帝国が征服されたような話を探してます
手に入りやすい本でお勧めがあったら教えてください

681世界@名無史さん2018/01/16(火) 18:52:31.930
ガイアナはイギリスの植民地だったため、公用語として南米で唯一、英語が使用されている。
かつてインドを植民地にしていたイギリスは、ガイアナに多数のインド人を労働力として
連れてきた。そのため、この国では今も人口の半数近くをインド系が占めている。
国民の生活もインド風で、街にはヒンドゥー寺院が立ち並び、南米の国とは思えない
景色が広がる。

682世界@名無史さん2018/01/18(木) 02:52:56.440
【医学】16世紀メキシコ、アステカ帝国の全人口の約80%が死亡した「悪性伝染病」、原因菌を特定か 研究
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1516106136/

683世界@名無史さん2018/01/20(土) 01:27:31.700
あまり知られていないが、ベリーズには大勢のメノナイト(キリスト教再洗礼派)が住む。
これはベリーズがメノナイトを1960年代から積極的に誘致し、そのメノナイト・
コミュニティがほぼ半世紀の間に拡大した結果である。

684世界@名無史さん2018/01/20(土) 04:00:25.450
ベリーズはまた台湾人も多い

685世界@名無史さん2018/01/20(土) 08:15:21.810
ベリーズにはドイツ系のメノナイトが多いよ

686世界@名無史さん2018/01/20(土) 09:45:22.670
ベリーズは農業開発を条件としてメノナイトの集団移住を認めて密林の開拓に
取り組み、ほぼ半世紀を経た21世紀初頭のベリーズは農産物の輸出国に変身している。

687世界@名無史さん2018/01/30(火) 06:28:23.560
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

IFPR3

688世界@名無史さん2018/02/03(土) 11:16:14.160
イギリスとラテンアメリカの関係があまり語られないのはなぜなのかね。
例えば、1825年前後では、イギリスの輸出総額はほぼ4000万ポンドであったが、
そのうち、合衆国とラテンアメリカに1100万ポンドが流れており、ちょうど
1000万ポンド程度であった植民地(アジア・アフリカ・カナダ・カリブ海など)
を凌駕していた。

新着レスの表示
レスを投稿する