【プロイセン】フリードリヒ大王【啓蒙専制君主】

1世界@名無史さん2012/03/13(火) 09:37:20.850
今年で生誕300周年を迎えるフリードリヒ大王。
18世紀を代表する卓越した君主である大王を語り尽くそう。
また大王に関する伝記・書籍についても情報あればお願いします。

761世界@名無史さん2017/05/20(土) 21:10:42.710
>>760
そう言ってもっと釣るつもりなのかw
浅はかなこった

762世界@名無史さん2017/05/20(土) 21:16:54.260
見えない敵と戦っているやつは大変だな

763世界@名無史さん2017/05/20(土) 22:41:22.840
しかし薩摩藩や松前藩は
「俺達はあくまで日本人であり、異民族を支配しているだけ」という認識だったと思うが
プロイセン王国はそのへんも怪しい
スラブ人だと思っていたわけもないが、どの辺までドイツ人意識があったことやら

764世界@名無史さん2017/05/20(土) 23:26:25.950
>>762
本当、見えない敵と言うか自演は大変だよ
一人将棋を楽しめる人間じゃなきゃ出来ない

765世界@名無史さん2017/05/20(土) 23:59:59.840
>>764
分かるよ!
見えない敵が独り相撲を取ってると思わないと、やってられないもんなw

766世界@名無史さん2017/05/21(日) 00:35:44.200
アスペはそういうの得意な奴多いよな

767世界@名無史さん2017/05/21(日) 00:43:33.520
>>765
>>764
何一人でやってんだよ

768世界@名無史さん2017/05/23(火) 05:57:17.320
フリードリヒ大王が指揮した戦いじゃないけど、七年戦争でのミンデンの戦いは
なんでプロイセンが勝てたのか戦闘の経緯がよくわからん
プロイセン連合軍のうっかり突出してきた兵団をフランス軍が騎兵で包囲攻撃という圧倒的有利なはずの展開で
全部跳ね返されて敗北ってどういうこと?

769世界@名無史さん2017/05/23(火) 09:49:22.110
まず一つ訂正せにゃいけんが、ミンデンの戦いにプロイセン軍は参加してない。
指揮官はプロイセン軍出身で、それまでに実績もある人だけどね。
フランス軍にとっての誤算はシュペルケン師団が増援を得ながら予想外に持ちこたえ、
正面からの攻撃にもどうにか耐え抜いたこと。そして騎兵を援護するべき歩兵集団が
連合軍の砲撃で阻止されたこと。また敗走した騎兵が友軍まで混乱に巻き込んだのも
痛かった。
ゆえに「定石通り歩兵集団を正面から、騎兵を側面からぶつければ良かったのに」と
批判されている。

770世界@名無史さん2017/05/23(火) 10:00:19.110
あ、間違えた。ミンデンの戦いならプロイセン軍も参加してたわ。
ホルシュタイン=ゴットルプ中将とフィンク・フォン・フィンケンシュタイン中将指揮下の
竜騎兵9個中隊、この他フザール3個中隊が投入されてた。

771世界@名無史さん2017/05/23(火) 16:54:25.360
なるほど、詳しい解説ありがとう!
フランス軍はこの戦いであえて定石を外して騎兵を中央に配置したってのは知ってたけど、
それが裏目に出ちゃったってことか
歩兵戦列の撃破は戦力優勢であっても騎兵だけではなかなか難しいんだな
なんか双方戦列が整わない状態で戦闘になっちゃって
戦力が逐次投入になったような記述だったけど

772世界@名無史さん2017/06/17(土) 13:24:58.420
NHKの「名曲アルバム」
今月はバッハの「音楽のささげもの」が放送されてます

773世界@名無史さん2017/08/11(金) 13:31:54.990
ヴォルテールと喧嘩別れした話なんかは
フリードリヒUの人間性を考える上で興味深いな

774世界@名無史さん2017/08/11(金) 21:40:27.190
ヴォルテールはフリードリヒ2世の宮廷で聞いた内部情報を使って金儲けをしていたからな。

775世界@名無史さん2017/08/13(日) 22:58:32.340
>内部情報を使って金儲け
その噺のソースは?

776世界@名無史さん2018/01/13(土) 13:09:11.410
大王様の好きだけど下手糞な自作の詩というプロイセンの最重要機密を漏らしたことでしょうな

777世界@名無史さん2018/01/30(火) 12:42:30.860
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

0GYXD

778世界@名無史さん2018/03/17(土) 08:08:56.950
主人にコーヒー禁止を言い渡し、自分は朝昼晩とコーヒーを愛飲。
18世紀のプロイセンにはそんな迷惑な下僕がいました。

779世界@名無史さん2018/03/19(月) 13:30:39.180
国家第一の下僕ちゃんは国民がコーヒー買うとお金が国外に流出しちゃうから禁止してるだけで
自分がちょっとだけ買う分には大丈夫だと考えてるわけ

皆がやったらだめってだけだよ

780世界@名無史さん2018/03/19(月) 15:16:28.170
国家の下僕であるが臣民個人の下僕ではないので問題ない

781世界@名無史さん2018/03/22(木) 09:49:13.260
他の領邦やスウェーデン、スイスといった他国でも出てた禁令だから問題ない

782世界@名無史さん2018/03/23(金) 02:02:51.620
茶を庶民も飲んで阿片を売りつけた英よりはましか

783世界@名無史さん2018/03/23(金) 23:59:23.810
コーヒーを飲みながらジョルダーノ・ブルーノやベアトリーチェ・チェンチの首を切ったクレメンス8世こそ極悪人

784世界@名無史さん2018/05/01(火) 21:57:25.810
大王様のおかげで我々臣民はどんぐりコーヒーを飲むことができるのですよ。
うん、おいしい。

785世界@名無史さん2018/05/01(火) 22:22:09.960
あの手の代用コーヒーでプロが作った本気の奴のみたい

786世界@名無史さん2018/05/05(土) 06:01:39.300
おまけにノンカフェインで健康的ですよ、奥さん!

787世界@名無史さん2018/05/19(土) 13:15:54.760
後のナポレオンもヒトラーも誤解ないし曲解しているがこの人の戦略目的はあくまでシレジアの領有と飛び地の連結だけ

788世界@名無史さん2018/05/20(日) 17:47:05.450
そんなことで国を滅ぼしかけたのか

789世界@名無史さん2018/05/21(月) 11:46:08.500
>>788
そらオーストリアとの国力差を縮めないと先代のユーリヒ=ベルク継承問題
みたいにさんざん神聖ローマ帝国から良いように扱われちまうからね。
「そんなこと」じゃ片付かないんだよ。

790世界@名無史さん2018/05/21(月) 20:35:52.090
>>789
何か目的が増えたぞ

791世界@名無史さん2018/05/21(月) 20:53:24.810
>>790
いや、シュレージエンの領有と飛び地の連結は結果として
オーストリアとの国力差を縮めるべ。
戦略目的、言い換えればやりたいことは変わってない。

792世界@名無史さん2018/05/21(月) 22:35:37.260
>>791
つまり、オーストリアとの国力差を縮めるのが目的で、
シュレージエンの領有と飛び地の連結はその手段という位置づけになるな。
そうなると目的を達するための手段としては不足しており、
当然のようにさらなる征服活動が必要とされる。
事実、ポーランドを分捕るチャンスがあればすかさず食いついているしな。
(第二次・第三次ポーランド分割)

793世界@名無史さん2018/05/23(水) 00:04:57.050
ナポレオンやヒトラーとの大きな違いは、七年戦争を除けばオーストリア継承戦争、バイエルン継承戦争、ポーランド分割と
外交的にうまく立ち回って、おいしいところだけうまく頂くのを達成できたところ

794世界@名無史さん2018/05/24(木) 21:15:11.910
そういう勝ち逃げは真似できるもの、という錯覚を長きにわたり与えた。
石原莞爾もその一人だったな。

795世界@名無史さん2018/05/24(木) 21:44:49.320
ナポがいなければポーランドは分割されたまま

796世界@名無史さん2018/05/24(木) 21:50:21.870
>>792
いや、だから大王が関わったポーランド分割は1次だけ。
あとはアホーな後継者がしでかしたことで、大王のせいじゃない。

797世界@名無史さん2018/05/26(土) 11:31:00.560
大王だったなら緩衝帯としてのポーランドくらいは残したか否か

798世界@名無史さん2018/05/26(土) 16:18:54.630
そもそもポーランド分割は、ほっといたら全部ロシアの領土になりそうだから三国で分割することにしたのだから、
どっちみちポーランドは消え去る運命

799世界@名無史さん2018/05/27(日) 00:56:22.720
>>793
ただし当時と後世を幻惑したのはむしろ七年戦争の奇跡の方という皮肉

800世界@名無史さん2018/05/27(日) 05:09:39.770
>>799
ビスマルクのように外交センス抜群の指導者がいたことを考えると、
皮肉の対象になるのはあくまでも七年戦争じゃなくて、七年戦争に
幻惑されたヒトラーに絞られるがね。

801世界@名無史さん2018/05/27(日) 11:44:44.700
フリードリヒとビスマルクの時代には超大国化したアメリカ合衆国がいなかったからなあ
ただこの二人ならもちろんそこも考慮に入れただろう。たぶん

802世界@名無史さん2018/05/27(日) 12:31:30.930
七年戦争についてはむしろロスバッハやロイテンのような戦術的勝利の方が取り沙汰されたからな
むしろ外交的な不利を戦術的勝利の連続で挽回するという志向が一般的になってしまった
流石にビスマルクはそれに乗らず妥協も後退も辞さなかったがそれもまた当時の彼の不人気の理由の一つだったような

803世界@名無史さん2018/05/27(日) 12:32:42.330
その土壌の延長に登場するのが当然にシュリーフェンプラン

804世界@名無史さん2018/05/27(日) 12:51:25.920
>>802
7年戦争も、実際には戦術的勝利よりは、粘り強く戦い続けたことで、ロシアとオーストリアの不和を引き出せたことが
大きい。
フリードリヒ大王も、ザクセンを押さえて長期戦に耐える資力を蓄えるという目論見で開戦したし

805世界@名無史さん2018/06/12(火) 19:47:10.960
>>785
検索したら越谷にあるようだよ。
どんぐりコーヒーを飲めるお店が。
http://www.coen.co.jp/deli/

806世界@名無史さん2018/06/14(木) 23:30:13.700
ナポレオンやヒトラーには目標や目的の限定性が無い
それこそ進める限りどこまでもで

スターリンはまだ「止まる」事も知っていたが

807世界@名無史さん2018/06/15(金) 01:29:31.230
>>806
ナポレオンはトラファルガーで敗戦したせいで
イギリスにどう足掻いてもトドメを刺せなくなったから
イギリスが経済的に終わるか、ナポレオンがどっかで負けるかのチキンレースをするしかなかった
だからイギリスが音を上げるまで一生終わらない
実際イギリスも青息吐息でナポレンは後一歩だったからロシア遠征さえしくじらなければな

フリードリヒ大王も同じようなもんでペチコート同盟が止めるって言うまで
一生内線作戦でモグラ叩きするしかなかった
大王の場合、幸運にもロシアが一番最初に脱落してくれたのが助かった

808世界@名無史さん2018/06/15(金) 10:07:08.840
>>807
ドームシュタットルで勝ってオルミュッツを陥落させ、オーストリア軍に
決戦を迫れたら対オーストリア戦は1762年まで長引かなかったかもね。

809世界@名無史さん2018/06/15(金) 21:50:32.400
ナポレオンは、ロシア遠征以前にスペインでゲリラ戦に巻き込まれた(自業自得だが)のが痛かった

810世界@名無史さん2018/06/15(金) 23:40:05.520
イギリスにトドメさせなかった結果だよなぁ
スペインに延々と海上からゲリラに支援繰り返されたのが本当どうしようもなかったな

811世界@名無史さん2018/06/16(土) 22:07:51.160
>>807
イギリスより先にフランスが大陸封鎖にギブアップして実質的な通商を再開させてたんだよな
ただし他の国には以前以上の封鎖を強制して不公平感をも倍増させていたわけで

新着レスの表示
レスを投稿する