【サハラ】アフリカ史総合2【以南】

1世界@名無史さん2012/07/19(木) 10:14:07.740
サハラ以南のブラックアフリカと呼ばれる地域の歴史総合スレです。
古代から幅広い時代と国地域の歴史を語りましょう。


前スレ
【サハラ以南】アフリカ史総合【ブラックアフリカ】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1296298389/

2世界@名無史さん2012/07/19(木) 10:44:34.470
関連スレ

【東アフリカ】スワヒリ語圏【アラビア半島】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1332518720/l50

3世界@名無史さん2012/07/22(日) 19:05:23.230
前スレ1000行く前にdat落ちしたか

4世界@名無史さん2012/07/24(火) 15:40:57.920

5世界@名無史さん2012/07/24(火) 15:43:12.690
835 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2011/10/31(月) 13:11:39.92 0
上でギニアビサウがナンチャラ言っているけど英語でギニアビサウ史探したけど無かった。
英語ですらないとなると歴史書自体がこの世に存在して無いのではと思ってしまう。

6!kab 水 ◆TCygujgOWY 2012/07/24(火) 16:33:06.450
>>5
amazonで検索すると出てくるけど?

7世界@名無史さん2012/07/26(木) 21:58:28.130
前スレでコンゴは人口過剰だから資源の奪い合いになって
一人当たりのGDPが伸びないって言っていた人が居たけど
資源を抱えながら人口過剰なインドネシアや、95年にコンゴと同率最下位って言って良いほど
一人当たりのGDPが低いかったタジキスタンと比べて
じゃあコンゴは何だったんだろうな・・・って気さえする

8世界@名無史さん2012/07/26(木) 22:04:16.800
ギニアビサウの通史なんて英語でもあるの?
ギニアの通史だって英語じゃないのに。

9世界@名無史さん2012/07/26(木) 22:41:26.120
人口過剰もインフラや教育が整ってれば労働集約産業で
活路が拓けるが、コンゴってのはどっちもなさそうだな。
都市はジャングルで隔てられ、唯一の交通手段は
コンゴ川のオンボロ船のみ。

10世界@名無史さん2012/07/27(金) 05:30:14.010
資源が豊富なのに最貧国、って国は痛いよなあ。

11世界@名無史さん2012/07/27(金) 06:16:11.770
>>9 ナイジェリアと違って英語圏じゃないからハンデもありそう。まああの辺の人は語学の天才なんだろうけど
同条件だとエチオピアか。でもエチオピアはいつの間にか一人当たり国民所得が購買力平価を考慮しない名目で400ドル台。一方コンゴは200ドルに満たず、ついにブルンジに負けて最下位。
エチオピアもかつては最下位になったりもしたのに、しかも不毛の乾燥地帯もあるのに、まだコンゴよりはましなのか

12世界@名無史さん2012/07/27(金) 06:20:00.780
>>11

>しかも不毛の乾燥地帯もあるのに、まだコンゴよりはましなのか


不毛地帯もあるが、使える地帯もけっこうあるからね。

13世界@名無史さん2012/07/27(金) 22:28:44.100
>>9
>>人口過剰もインフラや教育が整ってれば労働集約産業で
>>活路が拓けるが、コンゴってのはどっちもなさそうだな。

昔の日本がそれに近いのかな?
人口も今でもそうだけどヨーロッパの国と比べればかなり多いし
最近の研究だと日本の経済発展は戦前の第1次大戦後から発展が続いていて
(日本の輸出品がイギリス製品の市場を脅かす程になっていたとか)
太平洋戦争で経済成長が一時的に止まっただけって指摘もある

>>11
個人的には英語圏以外でも場所と言語によってはやりようがあるって言うよね。
例えばアンゴラだと対岸のブラジルと経済面で結構提携しているっていうし
西アフリカだとフランス語圏でフランスにも近いから
言語が互いに通じるメリットは大きいし
経済的にフランスの企業と提携するのも一つの手段だと思うんだよね

14世界@名無史さん2012/07/28(土) 03:43:10.770
旧ザイールはやっぱりフランス語圏との連携が一番手っ取り早いのかな?
ベルギー領だったけどフラマン(オランダ)語は入ってこなかったんだろうか

15世界@名無史さん2012/07/28(土) 09:42:38.090
>>9

> 都市はジャングルで隔てられ

鉄道開設でなんとかならないのかな?



>唯一の交通手段はコンゴ川のオンボロ船のみ。

オンボロでない船を投入できないのだろうか?外国からの援助は得られないの?

16世界@名無史さん2012/07/28(土) 11:41:28.750
>>13
アジアは食料の生産性が高いからヨーロッパに比べて人口が多い


17世界@名無史さん2012/07/28(土) 11:59:15.260
>>14
当時のベルギーの考えではフランス語の方が優先されていて
オランダ語は特に王室関係だと軽視されていた傾向が強かった

>>15
鉄道よりも道路を整備した方が手っ取り早い気がする
他国の例さすけどカンボジアだと交通インフラが整っている割合は
道路>>>>>>鉄道
みたいだし

18世界@名無史さん2012/07/28(土) 12:50:20.770
普通、どこでも道路の方が断然優先だろ。
日本みたいな鉄道王国にいると気づきにくいかもしれんが。

19世界@名無史さん2012/07/28(土) 13:03:38.860
そりゃ鉄道だと最低でも線路引かなきゃならないからな。電車だと送電線もいるし。

20世界@名無史さん2012/07/28(土) 13:31:18.320
運行時間管理も大変だし。
あのドイツ人でさえ、日本の鉄道システムには驚嘆していた。
どんな田舎でも、時間通りに電車が運行するなど、ドイツじゃ考えられないそうだ。

21世界@名無史さん2012/07/28(土) 21:29:02.990
>>20
19世紀から鉄道を兵員動員とかで多用していたのに
ドイツの鉄道システムってそんなに弱いの?

22世界@名無史さん2012/07/28(土) 22:08:01.750
日本が別格過ぎるだけだよ。
ドイツは世界で2番目ぐらいなんじゃ?

23世界@名無史さん2012/07/29(日) 01:13:20.020
ドイツというか欧州も日常レベルではほぼ時間運行していると思うが、
遅延率とか平均遅延時間の統計を取ると差があるということなんだろうな。
インドの遅れに比べると別世界的に良好

24世界@名無史さん2012/07/29(日) 02:19:11.250
日本でも朝なんて遅れまくりだろ。
京浜東北線使ってるけど、平日で時間通りに運行するなんて月に数日程度しかない。

25世界@名無史さん2012/07/29(日) 07:34:21.420
何ここw
世界史板じゃなくて鉄道板だったの?w

26世界@名無史さん2012/07/29(日) 18:00:19.310
>>24
そもそも、あんな過密ダイヤは他の国ではないし、2分ぐらいの遅れを
いちいち遅延と認識する国も無い。

27世界@名無史さん2012/07/29(日) 18:16:21.620
首都圏は朝夕の奴隷輸送解消の為に複単線か複々線にして欲しい

アフリカは人口過剰解消の為に二人っ子政策みたいな産児制限が必要(アジアと違って食料の生産性が低い)



28世界@名無史さん2012/07/29(日) 18:37:26.68O
南アフリカは人口減
エジプトは人口増加

29世界@名無史さん2012/07/30(月) 07:09:44.260
ストラボン  エチオピア地誌
一 風土と住民
 エチオピア地方誌については本書はすでに多くのことを述べたから、この民族の諸地域もすでにエジプト地方に含めて記述
を終えているといってよいかも知れない。
 悪条件の風土  総じていえば、人の住む世界のなかの極地帯は、暑熱や寒冷が原因で寒暖の調和が悪く住むことの出来な
い気候帯のそばに位置しているから、調和のよい気候が欠落した落第品にならざるをえない。
 遊牧生活  このことは、それぞれの地域の暮らしぶりや人間生活に必要な諸条件が欠けていることから見ても、あきらか
である。この地帯の住民は暮らしも劣悪で、身体でも剥き出しにしている部分の方が多く、遊牧生活をしている。
 家畜も小型  家畜は羊、山羊、牛を所有しているが何れも小型だし、犬も小型だが、ただしこちらは気が荒く戦闘的であ
る。人びとは多分、これら家畜が生まれつき小型であることからヒントを得て、小人族ピュグマイオイがいるのではあるまい
かと思い、その物語を創作したものだろう。その証拠に、信用できる人びとのなかで、直接見た上で記述している作家はひと
りもいない。

30世界@名無史さん2012/07/30(月) 07:23:24.210
二 産物
 食料  住民は、きびと大麦を食べて暮し、これを材料にして自分たちの飲物を造る。オリーブ油の代りに牛乳から取るバターや家畜
の脂肪を使う。実のなる樹は、王の園にやし樹がいくらかある以外なにもない。一部では野草、柔らかい若芽、ロトス、葦の根も食べて
いるが、家畜の肉、血、乳、チーズをも取る。
 王都メロエ  王を神として拝み、王たちはたいてい館の内に閉じこもり、留守役のようになっている。エチオピア族の一番大きな王
都はメロエで、この市は島とおなじ名である。話によると、島の形は楕円形の大楯に似ていて、大きさは恐らく誇張した方がいいだろう
が長さ、役三、000スタディオン(五四0キロ)、幅一、000スタディオン(一八0キロ)に及ぶ。島には数多くの山と広い樹の茂
みがある。
 産出鉱物  住民には遊牧民、狩猟民、農耕民がいるし、銅の採掘場、鉄の精錬所や金山があり、貴石類も出る。
 地形  この地方をリビュア側からは大きな砂丘の数々、アラビア側からは打ちつづく切り立った山並みが囲み、上流の南からは流れ
集まる諸川アスタボラス、アスタプス、アスタソバスが囲む。また、北にはこれらの川に引きつづいてのナイルの流れが、先述したとお
りの蛇行する河床に沿ってエジプトに達する。

31世界@名無史さん2012/07/30(月) 07:28:07.060
 建築材  市内の住居は、やし樹を裂いて編んだものや煉瓦を使っている。塩はアラビア族の地方とおなじく岩塩を掘る。
 動植物  植物のなかでは、やし樹、ペルセア、黒壇、イナゴマメ樹が広く分布し、狩猟動物には象、ライオン、ひょうが
いる。象と戦う蛇をはじめそのほか何種類かの野生生物もいる。動物はふつう以上に焼けつくようで乾いた地域を避けて水の
ある沼沢地へと逃れる。

32世界@名無史さん2012/07/30(月) 07:45:05.710
三  神々と王
 ナイル河上流 メロエ位置より上流にプセボ湖があり、大きな湖で人がじゅうぶん数多く住んでいるほどの大きな島がある。ナイル河
はその西岸流域をリビュア側、その対岸流域をエチオピア側が占めているので、両側が交互に河中の諸島や流域を支配するようになって
くる。すなわち、両岸のうちで一方が優勢になるち他方がそれに追われて席を譲るという形をとる。
 武器と武装  エチオピア族は弓を使い、弓は長さ四ペキュス(一・八メートル)の木を火であぶって硬くする。また女人をも武装さ
せる。女人はほとんどが唇にブロンズの輪をはめる。また羊は山羊のような毛をしているので羊毛を取ることができず、従って人びとは
羊皮を着ている。裸で暮らす住民もいて、腰帯をも巻き、帯には羊皮の細かいのか髪を巧に編んだのを使う。
 住民が拝む神々  住民は父子なるものを神々と見なして、これが万物の原因となるものだと信じているが、死すべきものをも神と見
なす。しかし、これには名もなく、はっきりそれとわかるものではない。また、たいていは特志家や王のような人びとを神々と見なし、
そのなかでも王は万人を共に庇護し守護する神々であり、民間人のばあいなら、恩を受けた人びとがそれらの恩人を個人的に神と見なし
ている。
 また、灼熱地帯の近くに住む人びとのなかには神を信じない部族もある、と考えられている。話によるとその人びとは太陽をすら憎ん
で朝日が登るのを見かけると、陽は自分たちを焼いて戦を挑んでくるからとして悪口を叩きながら沼地のなかへ避難する。
 メロエ市ではヘラクレス、パン、イシスをも、このほかの未開民の何れかの神に加えて拝んでいる。

33世界@名無史さん2012/07/30(月) 07:48:24.860
めメロエ位置より
 ↓
メロエ市より

父子なる
 ↓
不死なる


34世界@名無史さん2012/07/30(月) 08:00:09.950
 葬制  死者の亡骸は河中へ捨てるか、ガラスで囲んだ上で家のなかに保存する。また、陶棺に納め神域のまわりに穴を掘って
埋め、この棺の上で誓いを立てるよう求め、この誓いをあらゆるもにもまして尊ぶ。
 王と祭司  容姿が際だって美しい、牧畜の業に優れている、勇気や富がある、ような人びとを王の座につける。メロエ市では
古くは祭司たちが一番高い権威の座を占め、すくなくともかれらは王に対してすら時に使いを派遣して死を勧告し、代りに別の人
間を王座につけることもあった。しかし、その後に王のなかの誰かがこの習慣を廃し、廃するために王は黄金神殿のある神域を武
力で攻め祭司全員を殺した。
 つぎのこともエチオピア族の習慣で、それによると、王のなかで身体のどこか一部にどんな風にせよ傷を受けることがあれば、
王ととりわけ親しい周りの人びとは、それとおなじ風にしておなじ部分に傷をつける。なかには(王が死ぬと)いっしょに自害す
る人びとまでいる。そして、この習慣があるため周りの人びとは王をできるかぎり守ろうとする。
 エチオピア族については以上の話でじゅうぶんだろう。

35世界@名無史さん2012/07/30(月) 12:00:07.090
凄く読みづらい。
改行の幅をもっと狭くしてくれ。

36世界@名無史さん2012/07/30(月) 13:21:09.730
悪条件の風土
 総じていえば、人の住む世界のなかの極地帯は、暑熱や寒冷が原因
で寒暖の調和が悪く住むことの出来ない気候帯のそばに位置している
から、調和のよい気候が欠落した落第品にならざるをえない。


遊牧生活
 このことは、それぞれの地域の暮らしぶりや人間生活に必要な諸条
件が欠けていることから見ても、あきらかである。
 この地帯の住民は暮らしも劣悪で、身体でも剥き出しにしている部
分の方が多く、遊牧生活をしている。


家畜も小型
 家畜は羊、山羊、牛を所有しているが何れも小型だし、犬も小型だ
が、ただしこちらは気が荒く戦闘的である。
 人びとは多分、これら家畜が生まれつき小型であることからヒント
を得て、小人族ピュグマイオイがいるのではあるまい かと思い、そ
の物語を創作したものだろう。
 その証拠に、信用できる人びとのなかで、直接見た上で記述してい
る作家はひとりもいない。

37世界@名無史さん2012/07/30(月) 13:23:36.780
食料
 住民は、きびと大麦を食べて暮し、これを材料にして自分たちの飲
物を造る。オリーブ油の代りに牛乳から取るバターや家畜の脂肪を使
う。 実のなる樹は、王の園にやし樹がいくらかある以外なにもない。
 一部では野草、柔らかい若芽、ロトス、葦の根も食べているが、家
畜の肉、血、乳、チーズをも取る。



王都メロエ
 王を神として拝み、王たちはたいてい館の内に閉じこもり、留守役
のようになっている。
 エチオピア族の一番大きな王都はメロエで、この市は島とおなじ名
である。
 話によると、島の形は楕円形の大楯に似ていて、大きさは恐らく誇
張した方がいいだろうが長さ、役三000スタディオン(五四0キロ)
幅一000スタディオン(一八0キロ)に及ぶ。
 島には数多くの山と広い樹の茂みがある。



産出鉱物
 住民には遊牧民、狩猟民、農耕民がいるし、銅の採掘場、鉄の精錬所
や金山があり、貴石類も出る。

38世界@名無史さん2012/07/30(月) 13:25:00.800
地形
 この地方をリビュア側からは大きな砂丘の数々、アラビア側からは打
ちつづく切り立った山並みが囲み、上流の南からは流れ集まる諸川アス
タボラス、アスタプス、アスタソバスが囲む。
 また、北にはこれらの川に引きつづいてのナイルの流れが、先述した
とお りの蛇行する河床に沿ってエジプトに達する。


建築材
 市内の住居は、やし樹を裂いて編んだものや煉瓦を使っている。塩は
アラビア族の地方とおなじく岩塩を掘る。


動植物
 植物のなかでは、やし樹、ペルセア、黒壇、イナゴマメ樹が広く分布
し、狩猟動物には象、ライオン、ひょうがいる。象と戦う蛇をはじめそ
のほか何種類かの野生生物もいる。
 動物はふつう以上に焼けつくようで乾いた地域を避けて水のある沼沢
地へと逃れる。

39世界@名無史さん2012/07/30(月) 13:27:16.310
ナイル河上流
 メロエ市より上流にプセボ湖があり、大きな湖で人がじゅうぶん数多
く住んでいるほどの大きな島がある。
ナイル河はその西岸流域をリビュア側、その対岸流域をエチオピア側
が占めているので、両側が交互に河中の諸島や流域を支配するようにな
ってくる。
 すなわち、両岸のうちで一方が優勢になるち他方がそれに追われて席
を譲るという形をとる。


武器と武装
 エチオピア族は弓を使い、弓は長さ四ペキュス(一・八メートル)の
木を火であぶって硬くする。 
 また、女人をも武装させる。女人はほとんどが唇にブロンズの輪をは
める。
 また羊は山羊のような毛をしているので羊毛を取ることができず、従
って人びとは 羊皮を着ている。
 裸で暮らす住民もいて、腰帯をも巻き、帯には羊皮の細かいのか髪を
巧に編んだのを使う。

40世界@名無史さん2012/07/30(月) 13:28:48.940
住民が拝む神々
 住民は不死なるものを神々と見なして、これが万物の原因となるもの
だと信じているが、死すべきものをも神と見なす。
 しかし、これには名もなく、はっきりそれとわかるものではない。
 また、たいていは特志家や王のような人びとを神々と見なし、そのな
かでも王は万人を共に庇護し守護する神々であり、民間人のばあいなら
、恩を受けた人びとがそれらの恩人を個人的に神と見なしている。
 また、灼熱地帯の近くに住む人びとのなかには神を信じない部族もあ
る、と考えられている。
 話によるとその人びとは太陽をすら憎んで朝日が登るのを見かけると
、陽は自分たちを焼いて戦を挑んでくるからとして悪口を叩きながら沼
地のなかへ避難する。
 メロエ市ではヘラクレス、パン、イシスをも、このほかの未開民の何
れかの神に加えて拝んでいる。


葬制
 死者の亡骸は河中へ捨てるか、ガラスで囲んだ上で家のなかに保存す
る。
 また、陶棺に納め神域のまわりに穴を掘って埋め、この棺の上で誓い
を立てるよう求め、この誓いをあらゆるもにもまして尊ぶ。

41世界@名無史さん2012/07/30(月) 13:29:50.790
王と祭司
 容姿が際だって美しい、牧畜の業に優れている、勇気や富がある、よ
うな人びとを王の座につける。
 メロエ市では古くは祭司たちが一番高い権威の座を占め、すくなくと
もかれらは王に対してすら時に使いを派遣して死を勧告し、代りに別の
人 間を王座につけることもあった。
 しかし、その後に王のなかの誰かがこの習慣を廃し、廃するために王
は黄金神殿のある神域を武力で攻め祭司全員を殺した。
 つぎのこともエチオピア族の習慣で、それによると、王のなかで身体
のどこか一部にどんな風にせよ傷を受けることがあれば、王ととりわけ
親しい周りの人びとは、それとおなじ風にしておなじ部分に傷をつける。
なかには(王が死ぬと)いっしょに自害する人びとまでいる。
 そして、この習慣があるため周りの人びとは王をできるかぎり守ろう
とする。

42世界@名無史さん2012/07/30(月) 23:50:15.730
唇にブロンズの輪 似たようなことをする民族は今でも比較的付近にいるな。でも輪じゃなくて皿だけど。
輪にしたのは金属の節約のためかな

43世界@名無史さん2012/07/31(火) 17:37:53.450
>>40
>葬制 死者の亡骸は河中へ捨てるか

エジプトの太陽の船も、昔、同じ葬送方法があったことの反映なんでしょうね

44世界@名無史さん2012/08/01(水) 17:33:03.960
ストラボン世界地誌 17巻第1章エジプト 

外的の恐れのない地方
 エジプト地方は大部分が太古より平和な地であった。これは、この土地
の産物で自給自足できる上に外敵が侵入し難いという土地柄のおかげであ
った。
 まず、先にふれたとおり、北は港のない海岸線とエジプト海に、東と西
は人の住まないリュビア、アラビア両山地に、それぞれ守られて
いる。
 残りの南側地域に住むのはトログロデュタイ、ブレミュエス、ヌビア、
メガバロイ諸族で、いずれもシュエネより上流のエチオピア族である。
 これらの住民は遊牧民で数も少なく実際には好戦的ではないのだがしば
しば無防備な住民を襲って掠奪を働くので昔の人びとからは好戦的だと思
われていたのである。 


エチオピアからの脅威は少ない
 また、南寄りの地域に住んでメロエ市にまで広がっているエチオピア族
はこれも少数民で、先に述べたような狭くて曲がりくねった長い流域に住
んでいるから、まとまりがない。
 また、戦をはじめ、そのほかの暮らしの上でも体制がりっぱによく整っ
ているともいえない。今日でもエジプト南部の地方では全域にわたって以
前とほぼ同じ情勢がつづいている。
 その証拠に、すくなくとも、この地方の守備は三個大隊のしかも完全な
編成を持たないローマ兵でじゅうぶん間に合っている。
 エチオピア族が恐れげもなく侵入したことがあったが、結局、自分の土
地を(征服される)危険にさらすことになった。
 エジプト駐屯のローマ軍は、この方面以外では、これほどまとまった兵
力を持たず、また、ローマがこれらの軍を総動員したことは一度もなかっ
た。
 当のエジプト民は非常に人口が多いけれども好戦的な民族ではなく、そ
の周辺の諸族も同様である。 

45世界@名無史さん2012/08/01(水) 17:42:48.810

ローマ軍の出動例
 少なくとも、コルネリウス・ガルスはアウグストゥス・カエサルからエ
ジプトの初代属州総督に任ぜられた人物だが、ヘロオン・ポリスが反乱を
起したのを攻めると、わずかの兵力を使って陥落させ、貢納問題が、もと
でテバイス県に発生した際も短期間で鎮圧した。
 その後、幾万とも知れぬアレクサンドレイア市民が集団となって投石し
ながら(総督)ペトロ二ウス目がけて押し寄せたことがあったが、その時
彼は自分の護衛兵だけを使って、これに対抗し、市民の一部を倒して残り
の市民の動きを止めた。
 アエリウス・ガルスがエジプト守備軍の一部を率いてアラビア地方へ攻
め入った際に、この地の住民が好戦的でないことを証明した次第について
は、本書ですでに述べた。
 シュライオスが裏切りさえしなかったら、彼は幸福のアラビア全土を征
服していたかもしれない。

46世界@名無史さん2012/08/01(水) 17:47:18.340
  ガルスのエチオピア討伐
戦の発端
 ところが、ガルスがアラビア族と戦った際、一部のエジプト駐屯軍が、
この将軍に従って駐屯地を離れてしまったため、エチオピア族が思い上が
った。
 そしてテバイス地方、とりわけシュエネ地方にいた三箇大隊の駐屯砦へ
攻め寄せたが、それに先立ちシュエネ、エレパンティネ、ピライ諸市を奇
襲で一撃のもとに陥れて市民を捕虜にし、アウグストゥス帝の諸像を持ち
去った。

47世界@名無史さん2012/08/01(水) 18:05:52.140
開戦
 これに対して、ペトロ二ウスは歩兵10000万足らずと騎馬隊800足らずを
もって30000の敵にあたり相手方にまずエチオピア地方の市プセルキスま
で退却を余儀なくさせると使者を送って相手方が奪ったものの返還となぜ
戦をはじめたのかの理由の弁明を求めさせた。
 そして、相手方が県の役人たちから被害を蒙っているからだと述べると
この地方の統治者は、これら役人ではなく皇帝だと答えた。
 相手方が協議するため3日間の猶予を求めながら果たすべきことを何ひ
とつ実行しないので敵陣へ攻め寄せて、いやおうなく戦闘へ走らせ、たち
まちのうちに敗走させた。
 敵兵は陣形も整わず武器も粗末だった。すなわち大型の長い楯に牛の皮
を、なめさないまま張ったのを持ち、それぞれに両刃の斧、槍、剣を持っ
て防戦していた。


エチオピア勢の崩壊とプセルキス占領
 そして敵兵は市内へ追い込まれたり無人地帯へ落ち延び、なかには水路へ
入って近くの島にかくまってもらったのもいた。このあたりは水の流れがあ
るため、ワニも割合いに少なかった。
 このなかにはカンダケ女王の将軍たちも入っていた。女王は当代にエチオ
ピア族を統治し片眼を失っていたものの男勝りの女人だった。
 とにかくペトロ二ウスは筏と船を集めて島へ向かい、そこにいた敵を全員
捕虜にすると、ただちにアレクサンドレイア市へ護送させ、プセルキア市を
攻めて陥れる。
 捕虜に加えて戦場に倒れた、おびただしい兵を数え合わせると結局、無事
に助かった兵はまったくわずかであった。

48世界@名無史さん2012/08/01(水) 18:22:15.480
王都ナパタ占領
 将軍はプセルキスから要害の地プレムニス市に達し、そのあいだ、風が襲
ってカンビュセスの遠征軍が生き埋めになったことのある砂丘地帯を突破し
た。
 そして、攻撃をかけると一撃のもとに砦を陥れ、つぎにナパタに向け出発
した。
 ここが敵の女王の都で、女王の息子が、この市にいた。当の女王も近くの
どこかの地点に布陣していた。女王は使節を出して友好を求め、シュエネ市
から連れ去った捕虜と皇帝の諸像を返還したが、将軍はナパタを攻めて陥れ
これを破却する。
 息子は脱出していた。


プレニウム攻防戦
 そして捕虜を奴隷に売ると、それから先は進軍が困難だと判断し、戦利品
を携えて再び引き返して行く。
 それからプレムニス市の城壁を強化し守備隊と兵400人のために2年分の食
糧を投入した上で、アレクサンドレイア市へ引き上げた。
 捕虜も一部を戦利品として売り1000人を最近、カンタブリ族の地方から帰
還したばかりの皇帝のもとへ送った。捕虜のなかには病に倒れたものもいた。
 この間に女王は幾万とも知れぬ兵をもって砦を攻めたが、ペトロ二ウスは
援軍を率いて出陣すると敵に先んじて砦に入り、防備を一段と固めて、この
場所を安全なものにした後、敵方からの使者が来ると使節として皇帝のもと
へと行けと命じた。

49世界@名無史さん2012/08/01(水) 18:27:09.160
アウグストゥスの寛容
 使者がローマ皇帝とは一体何者か、そのもとへと行くには、どんな道をた
どらねば、ならぬかを知らない、というので随行をつけた。
 一行はサモス島へついたが、その時アウグストゥス帝は、この島に滞在し
ティベリウスをアルメニア地方へ派遣する一方で島を発って、シュリア地方
へ進む予定だった。
 使節団は願っていた案件を、すべて叶えてもらった上に、帝から過去に課
された貢納分を帰してもらった。

50世界@名無史さん2012/08/02(木) 20:48:19.600
>>22
日本の鉄道料金はヨーロッパに比べて高いと言われてるがヨーロッパは時間が遅れる事は日常茶飯事なのに


51世界@名無史さん2012/08/03(金) 00:47:27.480
>>50

ttp://traininfo.jreast.co.jp/delay_certificate/history.aspx?R=03
ttp://traininfo.jreast.co.jp/delay_certificate/history.aspx?R=06

52世界@名無史さん2012/08/06(月) 11:37:39.340
質問スレでスルーされたのでこちらで質問させていただきます。

アフリカの国々は多民族国家が多いですが
今やっているオリンピックやワールドカップで
彼らは「○○国の代表」という意識で応援しているのか
「○○族出身者頑張れ」で応援しているのかどっちなんでしょうか?

日本の場合、「我々は日本人」という意識のもと「日本代表頑張れ」という気持に
なりますがそもそもアフリカの多くの国は近代になって西洋諸国の都合で
区分けしたものが独立したもので「○○国の代表」「我々は○○国人」という
意識はあるのでしょうか?しばしば部族対立などありますが。

もしあるとしたらそれはどういう過程で形成されたのでしょうか?
「我々は○○族だ」という意識はあるのですか?

53世界@名無史さん2012/08/06(月) 18:01:50.870
>>51
お前には口が無いのか?

54世界@名無史さん2012/08/07(火) 09:49:28.800
>>14
当時、本国でもフラマン語は俗な哩語の地位しかない。
王様はフラマン語の公用語化にすんげえ反対してたし、コンゴは王様の荘園だったし、
入ってくる理由が無いわな。

55世界@名無史さん2012/08/07(火) 16:35:29.780
植民地というならフランドルの水飲み百姓でも移民させればよかったのに。

56世界@名無史さん2012/08/07(火) 17:27:14.690
植民地じゃなくて、国王の私的な領地だろ。

57世界@名無史さん2012/08/07(火) 22:22:52.180
アフリカにヨーロッパ人が大量移民できなかった最大の原因はマラリア。
コンゴ盆地なんてもってのほかだろ。
結局ヨーロッパ人農民が定住できたのはローデシア以南に限られた。

58世界@名無史さん2012/08/08(水) 11:20:18.620
黒い人たちはマラリアにかかりにくかつたり症状が軽かったりするの?

59世界@名無史さん2012/08/08(水) 12:12:24.800
>>55
「黒猫の巣」ってブログだと
コンゴにもベルギーからの入植者もいて現地人と混血した人も居るみたい
ただしヨーロッパ風の姓を持つ人はモブツ時代に全員改姓させられたけど

>>58
20世紀前半のアフリカの人口を調べるとそうでもないんじゃないかな?
アフリカの人口増加は医療技術の発展とインフラ整備も影響しているし

60世界@名無史さん2012/08/08(水) 14:22:16.750
マラリアが多いから近代まで文明を起こすほどの人口が集中しなかったんだよ。
あとアフリカの黒人には鎌状赤血球っていうマラリアにかかりにくい
体質の人が多い。普通の環境だと貧血になりやすい欠陥体質なんだが
マラリアのおかげで淘汰されずに生き残った。

61世界@名無史さん2012/08/08(水) 14:25:34.430
貧血になりやすい割には、農場奴隷やスポーツで大活躍しているよなあ。

62世界@名無史さん2012/08/08(水) 22:27:10.330
劣性の形質で、両方鎌形赤血球の遺伝子を持ったら貧血持ちだけど、半分だけだと健康に支障が出ないでマラリアにもかからないとか
あるいは逆に鎌形遺伝子が優勢遺伝するんだっけ。どっちにせよ正常・奇形の赤血球を半分づつ持った健康で耐マラリアの人が大勢いるから社会活動に支障が出ないんだろう

63世界@名無史さん2012/08/08(水) 23:34:59.620
普段は貧血で活躍できなくてもマラリアが猛威を振るう時は生き残る
そんな遺伝子プールとして生き残ってきたんだろう。

64世界@名無史さん2012/08/08(水) 23:51:35.360
エボラ感染疑いの囚人が病院から脱走 ウガンダ
http://www.cnn.co.jp/world/35020079.html

65世界@名無史さん2012/08/09(木) 01:47:10.870
これぞREALアウトブレイク

66世界@名無史さん2012/08/09(木) 11:00:57.510
リアルも何も、普通にアウトブレイクだから

67世界@名無史さん2012/08/09(木) 20:57:27.390
バイオテロだな。
ただ感染してる囚人の心境を想像すると悲しくなるよ。

68世界@名無史さん2012/08/09(木) 22:36:04.710
>>64 なんか世にも奇妙な物語でこんな話があったような

69世界@名無史さん2012/08/09(木) 22:39:36.670
それはそうとコンゴ川のオナトラって乗って見たいよね。
乗船経験者はいるだろうか。
俺は割りと暇だった時期にまじ考えたが、手配できる旅行会社が
みつからず諦めた。

70世界@名無史さん2012/08/10(金) 00:35:24.250
>>69
大昔、テレビでやっていた
観光旅行できる雰囲気でないがすごく乗ってみたい
自力では無理そうなのでツアーがあればいいな

田中真知さんのアフリカ物語に、コンゴ川をボートで旅行する話があったな

71世界@名無史さん2012/08/10(金) 13:35:18.370
そういえばナイロビで2024年に五輪誘致めざす話があるけど
果たして誘致は成功できるのかな?

72世界@名無史さん2012/08/10(金) 13:55:14.230
ケープタウンとカイロはもう立候補しないんだろうか。
もししたら、ナイロビに勝ち目はなさそうだけど。

73世界@名無史さん2012/08/10(金) 14:01:28.310
>>71
コメント欄見ると、みんなはなっから相手にしてないみたいだね。
http://www.standardmedia.co.ke/?articleID=2000063693&story_title=Nairobi-planning-to-bid-for-2024-Olympics:-Kenyan-PM

インフラ整備が全然ってことみたいだけど、あと12年で急成長したとしても非現実的なのかな。

74世界@名無史さん2012/08/10(金) 14:27:50.080
>>71
ナイロビより先に、カイロ、テヘラン、ニューデリーなどでやってほしい

75世界@名無史さん2012/08/10(金) 14:45:34.500
テヘランは流石に無理だろう

76世界@名無史さん2012/08/10(金) 14:52:10.810
2020年開催がイスタンブールになるか東京orマドリッドになるかで変わってくるな。
東京・マドリッド開催だと、2024年もイスタンブールが手を挙げてさすがに決まるだろう。
イスタンブール開催だと、中東イスラム圏で連続して開催とはなりにくいだろうから、
サハラ以南アフリカにチャンスが出てくる・・・・ライバルはインドだろうな。

77世界@名無史さん2012/08/10(金) 16:30:29.180
>>72
南アフリカはダーバンが立候補するって聞いた
治安や隣国の政情を考えるとケニアのナイロビ可能性があると思う
(ナイロビのネックはソマリア内戦と隣国の武器流入による治安悪化)

>>74
個人的にブエノスアイレスはその気になれば
南米初の五輪を開催できたと思うんだよね。

上記以外の都市では
ポーランドがその気になればワルシャワも可能性あると思っているけど
(ポーランドは中東欧諸国では経済基盤も高い)
それと個人的に夏季開催を見たいのは京都とニューヨーク

>>76
インドだとデリーで開催かな
新興国だとクアラルンプールとドバイも強敵になりそう

78世界@名無史さん2012/08/10(金) 16:46:27.490
ブラックアフリカでオリンピック開催できる余力のある国はあるのか。
モハメドアリがザイールで試合したときみたいに独裁者がいれば
開催できるかもしれないが。

79世界@名無史さん2012/08/11(土) 22:37:17.000
エジプト結婚難 中国人花嫁斡旋ビジネス登場
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111204/mds11120417010003-n1.htm
結婚するのに多額の資金が必要となるエジプトで最近、
独身男性に中国人の花嫁を紹介するという、人身売買まがいの広告が登場

>花嫁の両親は中国に残るので世話をみる必要がない
そんな甘くないぞ、そのうち中国の一族郎党が引っ越してくる

観光地では外国人を狙った「ナンパ」のトラブルが後を絶たず、
近年は社会問題としてメディアで取り上げられることも

中東で日本人女性がもてるのもこれか

80世界@名無史さん2012/08/11(土) 23:59:02.640
エジプトはスレ違い。
アラビアスレでどおぞ

81世界@名無史さん2012/08/12(日) 01:39:49.580
>>78 赤道ギニアとか?

82世界@名無史さん2012/08/12(日) 17:03:57.970
セーシェルは?

83世界@名無史さん2012/08/12(日) 18:44:56.110
ボツワナならオリンピック開催できそうな気がする。
みんなどこそれ?ってなるだろうが。

84世界@名無史さん2012/08/12(日) 18:49:17.790
つーか、みんな何を基準でできる、できないって言ってるの?

資本力?経済成長率?道路整備?既にある競技施設の充実度?ホテルの数?治安?

85世界@名無史さん2012/08/12(日) 18:57:27.760
ボツワナなムーディーズの格付けから。
財政、インフラ、産業、政治ともに安定してる。
観光インフラはわからんが、海外からの投資も呼びやすいだろう。
結局オリンピックも投資活動なのだから。


86世界@名無史さん2012/08/12(日) 20:46:28.820
オリンピックの場合、インフラの内訳が重要。
ナイロビの場合、ホテルの数が全然足りないと指摘されていたり。

87世界@名無史さん2012/08/12(日) 21:41:58.850
開催予定都市の経済規模が一番のキーポイントなんだろう。

ナイロビの場合、都市圏人口400万人。
ケニアの購買力平価での一人頭GDPは1700ドル。
途上国では首都の一人頭GDPは地方の3倍程度あるから、5000 * 400万人 = 200億ドル。

以前オリンピックを招致しようとした福岡市で同じ計算をすると約500億ドル。

実際にオリンピックを開催した都市は何のかんの言ってもでかいよね。
アトランタとか日本じゃ名前くらいしか知られてない都市でも都市圏人口は500万人いるから
ナイロビとは桁違いの経済規模。

88世界@名無史さん2012/08/13(月) 13:07:04.930
人口を勘案した綜GDPが大事、というのは納得。
開催地の住人からも金を吸い取るわけだ、市場はでかいほうがいいもんな。
その条件だとふさわしい都市はほとんどないね。
ケープタウン
アビジャン
ダカール
ラゴス
ぐらい?どこも治安が絶望的かな。

89世界@名無史さん2012/08/13(月) 14:47:35.980
いくら都市圏人口が多いほうが良いっつっても、過半がスラムみたいなとこはその分を除かないと。
スラム地区の住人は税金も納めてなければ都市整備の恩恵を受けることもない。
むしろ、五輪の開発ブームに巻き込まれて住む場所をおっぱわれるのが関の山だ。
ラゴスあたりは、今でさえスラム住民強制退去に基づく都市開発で欧米の批判が出はじめている。

90872012/08/13(月) 21:17:14.670
オリンピックを誘致して大量のホテルを建てても、開催後ほとんど廃墟になっちまうんじゃ、
民間資本は手を出さないし、国や自治体が何でもかんでも金を出してたら、財政破綻しちまう。
交通網の整備などの膨大なインフラ投資が、開催後に生きるかどうかは
開催前の経済規模次第。

>>89
貧民人口を含めての経済規模だよ。
それだけ、経済格差が極端だからこそ、人が集まってくる。

東京オリンピック開催時も、都内の貧民街が大量に壊されたが、巨額のインフラ整備は
低所得層への仕事と住居の提供を可能にする。低所得層自身の政治的力量にも因るが。
ケニアの識字率は男90%、女80%だから、基本的なハードルは超えていると思う。
つまり教育というインフラ中のインフラは既にある。
ただし経済規模が過去の開催地に比べて小さすぎる。

ナイジェリアの識字率は男70%、女50%、セネガルの識字率は男50%、女30%だから
ラゴスやダカールではあんたの言うとおりだと思う。

つーか、ナイジェリアって新首都でオリンピック開催しようとしてたんだね。
国が崩壊するぞ。

91世界@名無史さん2012/08/14(火) 00:48:55.010
大陸持ち回りでそろそろアフリカも、ってなった場合、
まあブラックアフリカかどうかは関係なくなってしまうから、
やっぱり最有力候補はカイロになってしまうんじゃないかな。

ブラックアフリカ諸国で、オリンピック誘致を目指す都市は、
カイロが最大のライバルで、いかにカイロの優位点を越えるか、
が目標になるんじゃないだろうか。

92世界@名無史さん2012/08/14(火) 11:44:21.870
ヨハネスブルクでの五輪は治安が悪いから難しいか?


93世界@名無史さん2012/08/14(火) 11:48:07.320
でも南アフリカでサッカーのワールドカップやったよね

94世界@名無史さん2012/08/14(火) 13:41:40.980
国際機関の本部が欧米中心なのはよくないね
WHO本部をキンシャサに移転すればいいのに
世界銀行もナイロビにどうぞ

95世界@名無史さん2012/08/14(火) 18:15:56.710
>>94
国連環境計画(UNEP)の本部は、ナイロビにある。

96世界@名無史さん2012/08/14(火) 23:04:52.540
>>90
過去の例だと北京大会の会場が廃墟になりつつある

>>91
>>93
結局オリンピック開催もワールドカップと同じように
南アフリカ、エジプト、モロッコの争いになるのかな?
何だか順当すぎてつまらない気もするが

だからと言ってラゴスで開催できるとは思えんし・・・

97世界@名無史さん2012/08/15(水) 12:25:49.320
>>91
カイロのあるあたりはブラックアフリカではないから

98世界@名無史さん2012/08/15(水) 13:34:38.840
そんなこと百も承知で書いていると思うが。
ブラックアフリカに話題を限定しているのは、このスレだけの事情。
オリンピック委員会の頭には、「アフリカ」というくくりしか無い。

99世界@名無史さん2012/08/15(水) 15:16:54.960
アフリカが発展しない理由
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100207

いや、想像以上に酷い状況だな。

100世界@名無史さん2012/08/15(水) 15:48:02.840
全然歴史の事書いて無いな。

フェニキア人が1周した頃って人住んでたんだろうか。
上陸して畑作ってた位だから余り居無かったっぽいが。

101世界@名無史さん2012/08/15(水) 15:50:10.000
>>99
すぐ近くのあの国みたいだな。

102世界@名無史さん2012/08/15(水) 17:41:18.650
>>99
黒人にモラルという概念は無いみたいだね


103世界@名無史さん2012/08/15(水) 17:57:09.340
十把一絡げに、黒人と言ってしまうのはいかがなものか。

104世界@名無史さん2012/08/15(水) 19:07:28.850
>>102
それを言うと、黄色いコリアンとかチャイニーズとか突っ込み入りそう。
あわせて13億、黒人の倍も居るよ。

105世界@名無史さん2012/08/15(水) 19:15:58.900
結果論だが、史上一番幸せな黒人は奴隷貿易でアメリカに連れてこられた黒人だな。
奴隷は悲惨だというが、奴隷を算出してた西アフリカ諸国の惨状をみるにつけ。

106世界@名無史さん2012/08/15(水) 20:30:04.350
>>105
>結果論だが、史上一番幸せな黒人は奴隷貿易でアメリカに連れてこられた黒人だな。

どこがだよ。
もっとましな目にあってる黒人ぐらいいくらでもいる。

107世界@名無史さん2012/08/15(水) 20:52:45.960
>>106
まあ、その数はせいぜい10万人程度だと思う。

108世界@名無史さん2012/08/15(水) 21:15:18.450
思ったところで・・・・・

109世界@名無史さん2012/08/15(水) 21:48:09.730
アメリカの黒人は世界の黒人の幸せ上位10%に入るよ。
幸せ上位1%だとわからないけど。

110世界@名無史さん2012/08/16(木) 00:26:41.170
>>109
一人当たりの収入額ではそうかも知れないが
幸せ≠収入額

社会の下位階層に属さず、戦争や内紛が少ない国に住んでいるのが幸せなんじゃないかな
マラウィ、ザンビア、ボツワナ当たりかも

111世界@名無史さん2012/08/16(木) 00:43:44.990
ジャマイカは、治安悪い首都などをのぞくとマッタリしてて幸せそうだな

112世界@名無史さん2012/08/16(木) 10:52:14.580
>>109
>アメリカの黒人は世界の黒人の幸せ上位10%に入るよ。

今アメリカにいる連中がでしょ。
奴隷船に乗せられた連中や、主人にレイプされていた連中が、幸せなわけが無い。

113世界@名無史さん2012/08/16(木) 19:00:49.190
ブラックアフリカではガーナが政治が比較的まともらしい

オバマがブラックアフリカで一番最初に訪問した国だ


114世界@名無史さん2012/08/16(木) 19:25:23.040
ニガーは生まれながらの犯罪者

115世界@名無史さん2012/08/16(木) 20:48:54.720
ブラックアフリカ諸国の潜在力を見るときの一番の指標は識字率だよ。
一度各国の識字率を横並びににして眺めてみると良い。

116世界@名無史さん2012/08/16(木) 23:42:51.640
識字率に加えHIV感染率も考慮してくれ。
人材育てても働ける期間が短くては意味ないし。
南ア、ボツワナあたりの南のほうがこれでポイント下げるね。

117世界@名無史さん2012/08/17(金) 04:12:59.590
なんで一人あたりの国民所得がはるかに低いウガンダで封じ込めができて、南部アフリカはできないんだ
もっとも、レソトなんかは一時の人口減少から回復に転じてるようだから、密かに淘汰を乗り越えた人類のニュータイプが
誕生中なのかもしれないが

118世界@名無史さん2012/08/17(金) 12:46:44.170
>>115
これって単にインフラだけでなく現地語じゃなくて
旧宗主国の言語を採用したから識字率が低い影響もあるのかな?

まあ多民族・多言語の国をまとめるには
植民地時代からのエリート層が使っていて
なおかつ中立的な旧宗主国の言語を使わざるおえない影響もあったかも知れない

かと言って現地語を地域バラバラで公用語に採用すると
ブラックアフリカは国自体ベルギー化してまとまりが無くなる国が多いし
一応建前は旧宗主国の言語を共通語にしているから
ベルギーみたいに言語紛争が起きるのは防げてるのかな?

119世界@名無史さん2012/08/17(金) 15:43:16.310
そういえば「アルジェリアの歴史」ってのが発売されたな。
残念なのが古代中世はカットされてフランス植民地からのスタート。

120世界@名無史さん2012/08/21(火) 17:01:30.480
ブラックアフリカの大きめの都市で、もっとも治安が良い都市はどこだろうか?

やはりボツワナの首都だろうか?

121世界@名無史さん2012/08/22(水) 18:11:58.560
>>118
民族構成の一様なところ、ソマリアなんて一番荒れてるんですが・・・・・

122世界@名無史さん2012/08/22(水) 23:12:26.620
ヨーロッパが来る前のソマリアって統一国家あったか?

123世界@名無史さん2012/08/23(木) 04:47:06.940
>>122
シバの女王の時代、紅海の入り口の両岸を含む大帝国だった。

124世界@名無史さん2012/08/23(木) 11:43:54.160
>>123
それアムハラ人の国であってソマリ人が支配してたんじゃないじゃん

125世界@名無史さん2012/08/23(木) 12:26:04.240
その頃はアムハラ人もソマリア人も分かれていませんよ。
シバの女王からして、エチオピアの王であり、版図は幸福のアラビアでしょうに。
エチオピア人もアラビア人も分かれていませんわな。

126世界@名無史さん2012/08/23(木) 12:52:57.180
>>125
ユダヤ人が他のセム系民族とは別のアイデンティティーを持っている時点でそれは絶対ない。
アムハラ人とソマリア人が分かれていなかったらそれどころか全アフロアジア語族は祖語の状態まで遡らなければならない。
そもそもアクスム王国の版図はソマリ人の分布域に僅かしかかかっていない。

127世界@名無史さん2012/08/23(木) 16:14:32.49P
つまり
アムハラ人とソマリア人は、生活習慣、服装、言語、宗教、食物、人種などが
大きく違っていたかというどうかということかな

128世界@名無史さん2012/08/23(木) 16:28:52.630
>>126
アクスム王国の話なんかしていないし。シバの女王の国のことを言ってる。
それに、言語と国となんて全く別個のものだし。

129世界@名無史さん2012/08/23(木) 21:20:01.170
>>128
いずれにせよ
シバ王国は現在でいうエチオピアとエリトリアとイエメンにまたがる領域にあっただけで、
ソマリ人とも現在のソマリアの領土とも何も関係がない。

ヨーロッパが来る前はモガディシュ・スルタン国やアジューラーン王国やアダル・カリフ国なんかで渾然としていたみたいだが、これらの勢力がソマリ語を話す人々を一度でも統一した事があったのかが問題だ。

130世界@名無史さん2012/08/24(金) 09:41:43.540
>>129
シバの女王、紅海の入り口両岸から“東アフリカの角”と呼ばれるいったいまで支配してんじゃん。

131世界@名無史さん2012/08/24(金) 12:31:39.210
>>130
んな言葉尻はどうだっていい。
シバの女王は古代ソマリ語の話者じゃないからな。
ソマリ語を話すことによってソマリアを単一民族国家とするなら過去にソマリ語を話す人々独自の統一された国家があったかどうかが問題だ。
同じ言葉を話すというだけで勝手にまとめられたユーゴスラビアの様なもんならソマリアの崩壊は当然の事だろう。

132世界@名無史さん2012/08/27(月) 13:21:00.420
wikiや他のサイトや本を見る限りアダルやイファトやアジュラーンの勢力圏は
それなりに広くても現ソマリアを覆う形では無いようだ
エチオピアやジブチなどの現国境をまたいで広がることはよくあることのようだが

133世界@名無史さん2012/09/02(日) 11:24:07.580
よく女が王になる事を認めたな。部族長は常に男がなるもので女はあり得んだろ。
フェニキアにも女王がいたか。

134世界@名無史さん2012/09/04(火) 01:07:47.270
>>133
日本でも卑弥呼(天照説あり)や
神功皇后も居るから例外とも言い切れないよ
女性差別の強い朝鮮半島でさえ新羅に女王が居たし

135世界@名無史さん2012/09/04(火) 06:48:05.340
シャーマン的な能力が求められる時期もあるからね。

136世界@名無史さん2012/09/04(火) 16:48:22.310
>部族長は常に男がなるもので女はあり得んだろ。

そんなこと無いだろう
その発言の根拠は?

137世界@名無史さん2012/09/05(水) 00:22:04.15P
母系社会では、女性の方がえらい

138世界@名無史さん2012/09/08(土) 22:47:57.400
血統にこだわるなら、母系の方がはるかに確実なんだよね。
父系じゃ数代に一度は間違いwが起こる。

139世界@名無史さん2012/09/09(日) 01:30:22.540
だからユダヤ人認定は母系でつながってることが基本
エチオピアのファラシャも、フィフィみたいな風貌の北からから来たユダヤ女性を
現地の黒い男性がチョメチョメしてできた子供の子孫なのか?まあ建前以外の事柄もあるだろうな

140世界@名無史さん2012/09/09(日) 02:27:33.520
ネスレと言う食品会社もトンデモない会社でアフリカなどのカカオ農園で子供たちを奴隷のように扱っています。
まだ、5、6歳の子供達に端金で重労働させ、ノルマが達成できないと子供達の腕をちょん切ったりします。
そのため、カタワの子供たちが多くいます。
そのくせチャイルドスポンサーとか言って良い言葉で金を巻き上げることもするし、正に悪魔そのものだと思っています。

141世界@名無史さん2012/09/14(金) 10:32:20.760
あれだけ虐殺が酷かったルワンダは、今ではアフリカの奇跡と言われて経済状態は
良好だけど、国内の対立感情をどううまく収めたんだろうか。

142世界@名無史さん2012/09/14(金) 11:33:27.040
虐殺された側のツチ族だが、その武装軍が内乱に勝利し、元首となった司令官が融和策を採っている。
ツチ族は英雄の言うことには従おうという感じ、フツ族はやや気まずさがありつつ復讐を免れたので良しとしている。
チトーのユーゴスラビアと同様に、英雄の指導者がいなくなった時にどうなるかが課題だろうな。

143世界@名無史さん2012/09/16(日) 19:18:30.450
>>140
ネスレやドールは、自身で小国の政権を叩きつぶせる規模の傭兵を抱えているからねえ。
並の企業とはわけがちがう。

144世界@名無史さん2012/09/16(日) 21:01:43.590
kwsk

145世界@名無史さん2012/09/20(木) 21:14:05.330
>>139
エチオピアに関しては経歴を捏造してイスラエルへ移住するしようとする人も居て
相当問題になっているみたい
もっともエチオピアユダヤ人の存在自体も問題になっているが

146世界@名無史さん2012/09/22(土) 02:00:30.030
レンバ族はY染色体でユダヤ人とのつながりが証明されたから、さすがにユダヤ人認定は難しいのかな
いつどのルートでどうやって来たんだろう。ざっくりと北アフリカやオリエントの系統のYDNAというのではなく、コーヘンという祭司階層に特徴的な変異があるというから、
ユダヤ人が来た蓋然性は高そうだけど

147世界@名無史さん2012/09/22(土) 16:30:51.110
奇妙な造語には、隠されたものがあった

http://music.geocities.jp/jphope21/0202/3/124_1.html

「アフリカ開発会議」という会議の通称にあった。

148世界@名無史さん2012/09/27(木) 06:39:20.200
世界の雑記帳:かばんから人間の頭部、カメルーンで大学生ら5人逮捕
http://mainichi.jp/feature/news/20120926reu00m030006000c.html

>中央アフリカの一部地域では、人体の一部や希少動物は神秘的な力を持つとされ、
>オカルト的儀式に使用されるなど重宝されている。

アフリカってこういうのやたら多いな

149世界@名無史さん2012/09/28(金) 13:34:27.880
>>148

これはすごい

150世界@名無史さん2012/09/28(金) 15:17:58.570
エリートが呪術....

151世界@名無史さん2012/09/28(金) 20:50:58.110
呪術は今でもアフリカではバリバリ現役だから。

152世界@名無史さん2012/09/28(金) 21:19:13.80P
>>149
昔は世界中そんなもの
ドラキュラ公は串刺ししたし、
ルーマニアの教会の絵は首ちょんばかりだし
仏教の数珠はもともとは頭蓋骨をつないだもの

153世界@名無史さん2012/09/28(金) 21:25:03.250
ドラキュラと呪術の関係は?

154世界@名無史さん2012/09/28(金) 23:49:07.810
捕まった男の名前は、アフリカのトーゴから到着したアドリアン・オノバンジョー

当初は特別な根であると主張していたようですが、何匹か動いていたことから直ぐに没収となりました。

さて、これを何にするつもりだったのかという理由なのですが、「大好きなおやつ」だと主張し、
個人で消費するものなので持ち込みが許可されるべきという要求をしたようです。
この死骸は空港が没収しその後処分されると聞くと、男はつかめるだけつかんで本当に食べ始めたそうです。
http://labaq.com/archives/51759268.html

155世界@名無史さん2012/10/14(日) 07:30:06.470
今日はザンビアの独立記念日。
東京オリンピックの開会式には英領北ローデシアだったのが
閉会式にはザンビア共和国となる。

156世界@名無史さん2012/10/14(日) 20:04:26.610
>>155

マニアックな知識だな。良いことだ。

157世界@名無史さん2012/10/14(日) 22:15:28.240
FIFAの大会規定でアフリカ諸国だけ
「ピッチに物を振り掛けたり埋めてはならない」というのが今もあるそうな。
ゾンビパウダーをかけたり呪符を埋めて相手選手のミスを誘う目的だろうか?

158世界@名無史さん2012/10/15(月) 00:36:19.190
日本でも土俵には榧の実や昆布を埋めたりするな。これは呪いではないけど

159世界@名無史さん2012/10/18(木) 05:28:13.740
「マイクロソフトのフライトシミュレータX」というリアルさを売り出してるゲームで
アフリカを飛んでみたんだけど感動。
セネガルのダカールから離陸して、ガーナのアクラに着陸したんだけど
離陸後きれいな海が見えたあとはずっと砂漠や草原の殺風景ばかりが続く。
あまりにも単調なのでスピートを128倍にしてアクラを目指す。
アクラに近づくと、なんと高層ビルが思ったよりも多く建っており、
「おお、これがアフリカとは思えない!」と感激してしまったわ。
実際どうなんだろ。
アフリカのサハラ以南と言えども
ある程度名の知れた国の首都なら高層ビルは建ってるものなの?
少し離れればどこも殺風景なのは想像がつくが。


23 名前:異邦人さん 投稿日:2011/09/06(火) 06:14:02.52 ID:2uA/qfb60
>>22
アフリカの首都や商業都市は現在建設ラッシュかな。高層ビルが立ち並んでいるところもある。
ほとんどが中国資本の企業だが。
日本のゼネコンもアフリカに目を向ければいいのにとつくづく思う。
アフリカ某国在住邦人より。

160世界@名無史さん2012/10/20(土) 09:46:30.870
こんなにすごいガーナのお葬式
http://labaq.com/archives/51766085.html

161世界@名無史さん2012/12/01(土) 11:08:14.880
「野蛮」の発見―西欧近代のみたアフリカって、読んだことある人います?

162世界@名無史さん2012/12/24(月) 22:34:54.060
>>161
読んだけど
アフリカ観の歴史の本だね
いっそ手塚治虫のジャングル大帝もとりあげてほしかった

163世界@名無史さん2012/12/25(火) 03:27:30.130
何か類書と比べて、何か新味はあるんでしょうか?
それとも、ありきたりの内容でしょうか?

164世界@名無史さん2012/12/26(水) 21:58:02.930
申し訳ないが類書を読んでないのでわからない
まあ一般のアフリカ観と、そこから脱却する現在という
ありきたりっぽい内容ではあるが
サモリのことが後半で取り上げられていたんだが
そのあとサモリのことをもっと詳しく書いた本を読んだら面白かった

165世界@名無史さん2012/12/26(水) 22:10:30.540
レソト王国の軍隊はあってもなくても良さそうな気がするが。

1661632012/12/27(木) 00:34:32.300
>>164
レスサンクスです。
参考にします。

167世界@名無史さん2012/12/27(木) 00:54:41.23P
>>165
外向けでなく、日常警護、クーデターや暴動対策

168世界@名無史さん2012/12/27(木) 17:11:47.570
ザンビア、ジンバブエ、ザンベジ川、
バラバラに覚えていた単語も語彙が増えてくると、
なんとなく連続性が見えてくる、
バンツー系の言葉は印欧語より分化は進んでいないような気がする。

169世界@名無史さん2012/12/28(金) 00:09:32.650
それらって、みんな同根なの?

170世界@名無史さん2013/01/03(木) 03:27:39.780
ズールー語とかの南アフリカのクリック音を取り入れたバンツー諸語って、コイサン由来の語彙にだけクリック音を用いてるのかな
それともバンツー祖語のある音素がクリックに置き換わってるのかな

171世界@名無史さん2013/01/29(火) 00:45:55.390
http://megalodon.jp/2013-0129-0041-25/mainichi.jp/select/news/20130129k0000m030042000c.html
マリ:政府・仏軍、世界遺産都市トンブクトゥを制圧
毎日新聞 2013年01月28日 19時53分(最終更新 01月28日 23時27分)

【バマコ(マリ南部)服部正法、パリ宮川裕章】西アフリカ・マリでイスラム過激派との戦闘を続けている
フランス軍とマリ政府軍は28日、過激派の本拠地の一つ、北部の世界遺産都市トンブクトゥで空港を奪還した。
仏メディアが報じた。トンブクトゥの住民は毎日新聞の電話取材に
「町全体が解放された」と話しており、仏軍などは町をほぼ制圧した模様だ。

仏テレビ「フランス24」によると、27日夜から28日未明にかけ、装甲車などの両軍地上部隊が空港を制圧、
約250人の仏軍空挺(くうてい)部隊が市北部から展開した。
仏航空部隊はこれまでの約2週間でトンブクトゥの過激派拠点に約30回の空爆を加えている。

トンブクトゥ中心部の男性は28日朝、毎日新聞の取材に「行政府の建物など町の中心も仏・マリ軍が管理下に置いた。
過激派は町から逃げていったと思う。解放を喜ぶ人たちが外に出て、
物をたたいて音をかき鳴らしたり、バイクで走り回ったりしている」と話した。

仏・マリ軍は27日、別の過激派本拠地、北部ガオを奪還したばかり。
両軍は過激派の占拠する北部に進軍を続け、北部の過激派の本拠地3都市のうち2都市を、短期間で奪回したことになる。
仏・マリ軍は、ガオ、トンブクトゥの奪還後は別の本拠地キダルに向かうとみられる。

トンブクトゥは、サハラ砂漠交易の中継地で、イスラム文化の拠点都市として栄えた歴史的に重要な町。
イスラム教指導者をまつった聖廟(せいびょう)などがあり、世界遺産都市として知られる。
偶像崇拝の禁止に厳格な過激派は、町を制圧して以降、聖廟を破壊している。

172世界@名無史さん2013/03/10(日) 07:48:24.000
保守

173世界@名無史さん2013/03/12(火) 22:03:04.220
フランス軍ってなにげにすごいね。

174世界@名無史さん2013/04/28(日) 08:26:51.17P
ベナンにあるダホメ王国のアボメイの王宮群
屋根はトタン(おそらく当時は茅葺)で土壁だけど
宮殿の壁のレリーフは動物を特徴的に色彩豊かに描いたり
規模もグーグルマップで上空から見ると
メインの最大級の王宮部分は200×150m建物が入り組んでいたり
他の王の宮殿や庭園部分も含めると600×500mと
大阪城に匹敵する縄張りはあるんだよな

175世界@名無史さん2013/05/09(木) 06:45:36.680
そういえばサハラ以南のアフリカでの戦闘は「野戦ばっかり」なイメージがある。

実際には「籠城戦」もあったはずだが。

176世界@名無史さん2013/05/10(金) 23:48:38.120
ハルツームでゴードン将軍が戦死したのは籠城戦ではなかったかしら?

177世界@名無史さん2013/06/02(日) 10:27:21.300
アフリカからの資産流出は30年で1兆5000億米ドル
http://genuinvest.net/?eid=1997

「アフリカは債権者」との報告、汚職・脱税・マネーロンダリングは深刻も
http://jp.ibtimes.com/articles/44924/20130602/654557/page1.htm

178世界@名無史さん2013/06/02(日) 12:36:25.570
サハラ南部に対テロ資金=1000億円拠出を表明―安倍首相
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324182504578520050886432978.html

179世界@名無史さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.ANP
しかしマリ帝国皇帝の末裔が今、ミュージシャンになっているとは
正直驚いた。しかもアルビノで白肌の黒人と言う
サリフ・ケイタ、初代皇帝スジャンター・ケイタの子孫だそうで

180世界@名無史さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN0
有るジェリアと無いジェリアって何の有無で区別してるの?

181世界@名無史さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN0
地中海

182世界@名無史さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN0
>>175
いまは夏だから、余計にそう思うのかもしれないけど、
アフリカの篭城戦は、考えれば考えるほど悲惨だよなww
日本の戦国時代でも、やたらとゴミは遠くへ捨てろとか
毎日掃除しろとかうるさく言っているのに、
中国の陣中のお触書でも、トイレは深く穴を掘れとか
うるさく言っているのに、
まあ、トイレと水の問題で瞬く間に城は落ちていたと思う。

183世界@名無史さん2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN0
>トイレと水の問題

攻囲側にもあるぞ。
とくにオアシス都市なんかだと水源が城壁の内側にしか無いとかありそうだ。

184世界@名無史さん2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN0
>>179
「王族なのに芸人の仕事なんかやって」とか非難されたりしてるという人だっけ?

185世界@名無史さん2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN0
ふと北アフリカにブラックアフリカからの移住者が少ないのは
サハラ砂漠があるからなのかな

北アフリカと南に隣接している
ブラックアフリカ諸国の一人当たりのGDP差を見ると
北アフリカへ移住する黒人移民が少ないのは違和感がある

186世界@名無史さん2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN0
>>185
生活習慣を変えないと適応できない気候なのに
サブサハラに居残った連中が進んで進出して行きたがる様な気質なのかよと
移住する奴は数万年前にとっくに砂漠の向こうへ歩いていったわ

187世界@名無史さん2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN0
>>185 カダフィー政権崩壊前のリビアでは、いわゆる3K的な仕事はブラックアフリカからの移民が担っていたって
「リビアを知る60章」(明石書店刊)に書いてあったような。そして肝心のリビア本来の国民の子弟と言えばニート状態と。ちなみにこの本はカダフィー時代に出てる。
確か内戦状態になった時も、カダフィー派には黒人系の兵士が大勢加わっていたような。
エジプトのサダト元大統領もスーダンからの移民の子孫かな 

188世界@名無史さん2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN0
コテ付け忘れ?

189世界@名無史さん2013/09/08(日) 23:18:26.270
2020年のオリンピックが東京に決まったけど
南アフリカの都市が予定通り出ていたらどうなっていたんだろうね。

ダーバン、ケープタウン、ヨハネスブルクの三都市が興味示してたけど
南アフリカ政府から支援得られない理由で断念しているし

190世界@名無史さん2013/09/08(日) 23:19:52.440
2020年のオリンピックが東京に決まったけど
南アフリカの都市が予定通り出ていたらどうなっていたんだろうね。

ダーバン、ケープタウン、ヨハネスブルクの三都市が興味示してたけど
南アフリカ政府から支援得られない理由で断念しているし

191世界@名無史さん2013/09/09(月) 00:14:31.890

192世界@名無史さん2013/09/09(月) 00:56:20.430
2024はヨーロッパになりそうだけど、(マドリードが今回落選、パリ五輪から100年)
2028にはアフリカに来るかな。2021年の開催地決定の時はエジプトはどうなってるんだろうな
南アフリカのライバルといえばカイロくらいしか思い当たらないけど、大穴で気候のいいナイロビとか?
2020年代だとシドニーから20年以上たつから、オーストラリアのパースとかブリスベンも気になる存在だな

193世界@名無史さん2013/11/04(月) 23:28:14.06O
質問スレにも書いたのですが。

質問です。
エチオピアのアスクム王国は何年まで存続したんでしょうか?
手元にある
・山川出版社の年表では572年まで。
・新書アフリカ史(講談社現代新書、1997)では8世紀以降。
・Wikipediaでは950頃。
となっています。
どれが正しいのか…。
ググると572年を採用している所が多いようですが、根拠がはっきりしません。

194世界@名無史さん2013/11/05(火) 09:43:05.690
570年ごろのエチオピアったらアラビアへ象部隊を連れて攻め込んだり
まだ勢いがあったはずだが・・・(コーランにも出てくる)

195世界@名無史さん2013/11/29(金) 06:24:57.270
アフリカゾウを飼いならしてたのか

196世界@名無史さん2013/11/29(金) 07:56:33.650
最後の年代判明記録は572年だけど、その後この地域と思われるアラブ資料に
はアスクムが出て来なくてエチオピアしかでてこなくなるから、消滅したかも。
でもたんに海沿いから内陸に移動しただけかも。その後、消滅したかも。
ザクウェ朝のグディトがアスクムの教会などをぶっ壊しているから、このタイミング
で消滅したかも。でもグディット自体が存在しないかも。

197世界@名無史さん2013/11/29(金) 17:42:48.400
>>196
わろた

198世界@名無史さん2013/12/09(月) 01:42:44.530
つまり正しいも何もよくわからない。
最近の帝国書院の学習用資料集だと不明になっている。

199世界@名無史さん2013/12/10(火) 17:15:31.050
保守

200世界@名無史さん2014/01/12(日) 00:46:55.010
パトロール

201世界@名無史さん2014/01/18(土) 23:44:40.090
コンゴ武装勢力「活動を再開した」 安保理で報告
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140114/mds14011410410003-n1.htm

202世界@名無史さん2014/02/06(木) 10:58:55.170
少数民族ピグミーの歴史、遺伝子で解明
http://www.afpbb.com/articles/-/3007833
遺伝子解析の結果、ピグミーのような狩猟採集民族は、人類史上のある重要な時期に、初期には農耕民族だったバンツー(Bantu)語を話す民族との異系交配を避けていたことがわかったという。

203世界@名無史さん2014/02/06(木) 14:18:26.670
やはりアフリカではチビはモテないのか

204世界@名無史さん2014/02/10(月) 23:02:19.730

205世界@名無史さん2014/02/11(火) 05:07:10.620
キリスト教徒を迫害するほどのイスラム教徒勢力の長の名が「ミシェル」って
欧米か

206世界@名無史さん2014/02/11(火) 13:52:18.490
大天使ミカエルは旧約聖書中の登場者でイスラム教においても重要視されている
クルアーンにもその名が出てくるほどだから無問題

207世界@名無史さん2014/02/22(土) 01:25:57.930
黒人だけがネアンデルタール人と混血してないんだね。
つまり、彼らこそ、純粋な現代人であるっちゅうことだわ。↓

・・・ modern Europeans and Asians, but not Africans, have 1.5-2.1% of Neanderthal DNA. ・・・
http://www.theguardian.com/books/2014/feb/19/neanderthal-man-search-lost-genomes-svante-paabo

208世界@名無史さん2014/02/24(月) 01:32:21.480
京浜東北線で発生したJR東日本の不祥事兼珍事

http://www.youtube.com/watch?v=BWH_bkk0s4A&feature=channel&list=UL

209世界@名無史さん2014/03/03(月) 20:45:56.070
アフリカの文化圏って北のアラブ・イスラム圏と南のサブサハラに大別されるけど
細かく見たら黒人だけどイスラム教徒の多い地域(サヘル&スワヒリ海岸)やエチオピア正教圏もあるから
実質二分法じゃ足りないよな

関係あるけど「サヘル」と「スワヒリ」が同語源でなんとなくアラビア語のساحلという単語のニュアンスがわかる気がする

210世界@名無史さん2014/03/04(火) 14:35:12.560
一応区切りのはっきりしている西アフリカですら、境界となるサハラにはトゥアレグ人がいて、
彼らは白人と黒人の混成民族
モーリタニアのアラブ系は、スーダンと違って黒人との外見的差異が割と顕著だけど、スーダンよりもアラブ人が遅れて入ってきたのかな

211世界@名無史さん2014/03/04(火) 14:45:36.860
フルベ・イスラム国家群の歴史を知らなければ、
アフリカ西端〜中央アフリカに至る広大な領域の現況について正確には理解できない

212世界@名無史さん2014/03/05(水) 18:48:50.930
アルビノが古代のアフリカ以南から逃げてきて北アフリカに移住したって本当?

213世界@名無史さん2014/03/05(水) 22:36:54.690
ホワイトタイガーみたいに、アルビノではない白変種だったんじゃないの?

214世界@名無史さん2014/03/06(木) 03:46:58.060
桜井誠も黒人にしては色白だが。

215世界@名無史さん2014/03/07(金) 19:55:20.600

216世界@名無史さん2014/03/09(日) 07:39:22.500
現代アフリカ史の国際紛争で最も有名な[[コンゴ動乱]]のウィキペディア記事が年表だけって
さすがに寂し過ぎる・・・

217世界@名無史さん2014/03/13(木) 00:01:43.890
ブラックアフリカの戦争ってどんな感じなんだろうね。
サハラあたりはまだトヨタ戦争とかで想像つくんだが。
電撃戦とか浸透戦術とかやってんのかな。

218世界@名無史さん2014/03/13(木) 21:03:41.360
魔女と呼ばれた少女でggrks
軍オタ気取りでお気楽なことを書く自分を恥じて死ね!

219世界@名無史さん2014/03/15(土) 11:14:06.140
へえ、面白そうな映画じゃん。
ツンデレさんよ、ありがとよ。

220世界@名無史さん2014/03/16(日) 20:45:27.880
HoIオタだなw

221世界@名無史さん2014/03/16(日) 20:50:02.140
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/104046/index.php?m=01

十日だか二週間だか忘れたが確か今無料のお試し期間だったはず
先月までだったかもしれんが

222世界@名無史さん2014/04/04(金) 12:35:26.930
>>202
>バンツー(Bantu)語を話す民族との異系交配を避けていたことがわかった

避けていたというよりは、皆殺しになるので逃げていた

223世界@名無史さん2014/04/06(日) 10:57:10.740
ルワンダのピグミーが厳しい状態にあるってニュースみたけど、彼らは武装闘争したりスポークスマン立てたりする力はないのかしら。
なんだか一方的に虐げられていて気の毒。

224世界@名無史さん2014/05/06(火) 20:06:04.180
>>174
これか…あまり味気ないけど、レリーフはベナンらしく独特なデザインだな
http://www.youtube.com/watch?v=XinLxUEcYbU

225世界@名無史さん2014/05/15(木) 21:10:05.390
「美味しんぼ」の騒動見て
ふと気になったけど、ブラックアフリカ諸国で
「美味しんぼ」の作中で取り上げられそうな
飯ネタって何があるんだろ

226世界@名無史さん2014/05/15(木) 21:18:41.590
ブラックアフリカでも古くからイスラム化した地域なら
食文化はけっこう発達してるかもしれないな
イスラムは食うことを重視する文化があるのか知らんが
イスラム世界はどこも食文化は発達してる

近代になってからイスラム化した所は期待できないが

227世界@名無史さん2014/05/15(木) 21:24:24.900
たぶん料理というより、食材レベルのとこで勝負したほうがよさそう・・・キャッサバとかソルガムとか

228世界@名無史さん2014/05/15(木) 22:49:18.700
>>225
ジョロフライス

229世界@名無史さん2014/05/16(金) 00:00:25.670
>>225 インジェラ、ワット、蜂蜜酒
全部エチオピアか

230世界@名無史さん2014/05/16(金) 20:52:49.680
これなんか割とおいしそう
西アフリカの鯛飯
http://cookpad.com/recipe/1829344

231世界@名無史さん2014/05/16(金) 21:01:14.120
セネガルは古くからイスラム圏だからな
イスラム世界の各地で一般的なピラフを地元の食材で作ったものだろうな

232世界@名無史さん2014/05/17(土) 01:20:28.920
ナイジェリア北部で女子学生数百名を拉致したイスラム過激派組織ボコ・ハラム、
同州の村落を襲撃するも返り討ちに遭いおよそ200人が死亡した模様
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_15/272396971/
この州って旧カネム=ボルヌ帝国領なんだな、カヌリ族が殺っちゃった?

233世界@名無史さん2014/05/17(土) 01:28:09.090
セネガルあたりは炊き込みご飯が美味いという。どこか日本で食べられる店があるといいが。
インドの炊き込みご飯ビリヤニみたいな味だろうか。

234世界@名無史さん2014/05/17(土) 01:38:08.270
火薬ごはん

235世界@名無史さん2014/05/17(土) 09:10:03.550
ウガンダではバナナを15分煮て潰してハッシュドポテト風にした
マトケは、子供のおやつ代わりになりそう

コンゴではバナナの葉で魚を包んで蒸したリボケや
牛肉をピーナッツソースを入れたスパイススープで煮詰めた
ムアンゲ等

日本ではデザートで使われる果物が料理で使用されているケースが
あるようだ。
後アフリカ料理は香辛料をたくさん使うから
インド料理と似た感じも受ける

236世界@名無史さん2014/05/17(土) 09:13:51.950
ムアンゲじゃなくムアンバfだったすまない

237世界@名無史さん2014/05/17(土) 15:42:49.580
テスト

238世界@名無史さん2014/05/17(土) 20:49:05.570
「こいつは本物のピラフじゃない!!」
(緊迫)
チャラ〜〜♪♪

239世界@名無史さん2014/05/18(日) 00:18:09.910
>>235
>バナナを15分煮て潰してハッシュドポテト風にした

不味そう('A`)オエッ



>バナナの葉で魚を包んで蒸したリボケ
>牛肉をピーナッツソースを入れたスパイススープで煮詰めたムアンゲ

これは美味そうだ

240世界@名無史さん2014/05/18(日) 00:23:28.530
>不味そう('A`)オエッ
現地のバナナは甘くないんだろが

241世界@名無史さん2014/05/18(日) 00:26:06.700
マトケは料理用の甘くないバナナで芋みたいなもんらしい

242世界@名無史さん2014/05/18(日) 08:53:53.070
江戸時代の日本よりはましなんでしょ。

243世界@名無史さん2014/05/18(日) 09:04:08.840
江戸時代の日本は少なくとも平和ではあった
島原の乱から薩英戦争まで225年のあいだ大きな戦いは無かった

アフリカにも平和でそこそこ豊かな所はあるから
そういう所なら江戸時代の日本より良いだろうが
ソマリアとかあんな所なら江戸時代の日本のほうがずっと良いだろう

244世界@名無史さん2014/05/18(日) 09:51:02.230
識字率 60%程度
平均寿命 60代
農業 8割程度

いい勝負じゃないか?

245世界@名無史さん2014/05/18(日) 10:45:12.830
>>244
同じくらい貧乏でも平和か平和でないかで
天と地ほども違う

そういえばブータン人は幸せだとかいう話があったな
あれもどこまで信用してよいか怪しいが
平和だから貧乏でもさほど辛くないというのはあるだろう

シリアはブータンよりは豊かだけど
たぶんシリア人よりブータン人のほうが幸せだろうというのは間違いない

246世界@名無史さん2014/05/18(日) 12:36:18.900
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2013/02/post_3164.html
南アフリカの料理についての紹介ページ

アフリカで香辛料を使った料理が多いのは
アラブ商人による東アフリカの交易や
大航海時代のヨーロッパとインドの中継基地として
各植民地で食べられたスパイス料理が現地人にも広がったのが理由かな

中にはカレーとよく似ている料理もアフリカ各地で散見されるし

247世界@名無史さん2014/06/06(金) 00:42:46.960
>>245 生命の危険に日々接してる中で、一番豊かな国民と言うとレバノン当たりかな
一人当たり国民所得は9000ドル台で、肥満率も世界トップクラス
飯はうまいがイスラエルとシリアに怯えて暮らしてるのか...

248世界@名無史さん2014/06/06(金) 00:54:23.210
過去の出来事まで含めると
イラクに侵攻されたときのクウェートだろうな
あのころクウェートは世界一豊かな国だったはず

249世界@名無史さん2014/06/06(金) 02:19:20.420
かっての北アイルランドも

250世界@名無史さん2014/06/07(土) 22:51:03.260
ヨハネスブルク市民とかサンパウロ市民じゃねーの?

251世界@名無史さん2014/06/18(水) 21:22:55.030
私は園芸好きなんだけど
南アフリカ原産の植物ってかなり多い、アガパンサスとかガザニアとか
南アは気候は日本でいうとどこくらいだろう?
九州くらいには涼しいのかな?

252世界@名無史さん2014/08/11(月) 21:59:01.940
南アフリカといっても広いからなあ
スイカもあのへん原産じゃなかったっけ

253世界@名無史さん2014/08/12(火) 01:04:23.020
ケッペンの気候区分で検索してみよー。
ケープタウンあたりは瀬戸内海と似てそうだな。

254世界@名無史さん2014/08/12(火) 14:37:55.890
冬暖かく夏涼しいから、あまりあてはまるところがないか
東海岸のバントゥー系の多い地域は日本の気候にそれでも近いか。君子蘭・極楽鳥花など育てやすいものはこのあたりの原産
それでもクワズールー・ナタールに一番近い気候はおそらくニュージーランド北部やオーストラリア南東部だろうけど
一方ケープタウンの方は冬雨型の気候で、夏も涼しいために、ここの原産の植物は日本ではなかなか難しい(ディサ、エリカなど)

255世界@名無史さん2014/08/17(日) 00:21:41.710
気候も温暖で可住地域も広い南アフリカに文明が育たなかったのは不思議だ。
グレートジンバブエも後世に何の影響も及ぼせずに消滅してるし。
やはりサハラ砂漠、コンゴ密林という二重の自然障壁が文明世界からかの地を遠ざけてたんだな?

256世界@名無史さん2014/08/18(月) 19:36:04.350
高地で気温が抑えられるエチオピア文明はあった。

257世界@名無史さん2014/08/18(月) 21:41:29.230
エチオピアはエジプトとナイル川っていう細い線で繋がっていたからな。
しかし歴史が長いだけで世界に何の影響も及ぼせなかった失敗した文明って感じがするな。

258世界@名無史さん2014/08/18(月) 21:45:21.340
山が険しすぎるのが難点なんだよな…
現代だって鉄道すらろくに通らないんだもん

259世界@名無史さん2014/08/18(月) 21:47:26.670
インカ文明も吐蕃も凄い山の中だったけどな。
まあどちらもパッとしない文明なのは否めナス

260世界@名無史さん2014/08/18(月) 23:16:26.130
文明が育たなかった=人口が増えなかった=農業が拡大しなかった
からだと思うけど、どうしてなんでしょ

農業技術自体は点として入っているが面で広がらなかった
マダガスカル、アラブの船、海岸周りで来ていたのに

261世界@名無史さん2014/08/18(月) 23:35:21.090
エチオピア文明がスワヒリ文明の航海術と鉄砲を手に入れられれば飛躍する可能性もあったかな。
ジブチかエリトリアあたりを外港にして。
ただこのあたりは交易路のどん詰まりだから豊かになる可能性もないんだよな。
コーヒーがもっと早くヨーロッパに普及してれば。

262世界@名無史さん2014/08/20(水) 04:00:10.100
>>260
気候が違うのでアラブ人の作物は南アフリカでは育たないんだよ

263世界@名無史さん2014/08/21(木) 23:22:11.600
ヨーロッパに似た気候の南アフリカを発見したヨーロッパ人は理想郷でも見つけた気分になっただろうね。

264世界@名無史さん2014/08/22(金) 02:12:31.860
似た気候?
夏と冬が反対になるんだけど?

265世界@名無史さん2014/08/22(金) 06:54:35.410
>>260
気候や土壌に合わせて農業技術を改良させていかないといけない。
その改良期間中に、採算が合わなくなればやめてしまう。

農業の発展と人口の他に、
周辺に異なる環境による異なる文化を形成した人々も重要。
交易などによる技術や文化の伝播。
交易のための余剰生産が必要。余剰生産の保管は食品加工につながり、
保管倉庫のため建築も発展。よりよい交易で特をするためには、
品質向上に努める。良い輸送方法。良い交易方法も考える。
周辺に別の交易相手がいないからさがしたりする。

266世界@名無史さん2014/08/22(金) 16:08:41.260
>>263 さらにそこには狩猟採集民や遊牧民がわずかに住んでいただけ
そういえばバントゥー系は、作物が育たないから南アフリカの西半分には伝統的に住んでなかったわけだけど、
バントゥー系でもナミビアのヘレロなんかは遊牧民だから、入ってきててもおかしくなかったのにな
あるいはあの人たちはホッテントットがバントゥー化したグループか?

267世界@名無史さん2014/08/22(金) 19:47:31.720
>>263
同じ作物を育てられるってこった
冬と夏どちらに雨が多いかは植物の生育に大きく影響する
『銃・病原菌・鉄』にそのことが詳しく書いてあんぞ

268世界@名無史さん2014/08/22(金) 22:15:34.990
東はバントゥー系が稠密に住んでたわけだけど、仮にそこも西半分と同様に過疎地帯だったら、
ヨーロッパ人の入植先としては西半分よりも適してたんだろうか
沿岸部だと降水量は確実に多いけど
逆にオランダ系やイギリス系にとっては蒸し暑すぎ?

269世界@名無史さん2014/08/23(土) 01:45:35.430
>>268
ウィキペ先生によると
ケープタウンは冬雨型
ダーバンは夏雨型

蒸し暑さはともかく、ヨーロッパから持ってきた小麦が育ちにくい

270世界@名無史さん2014/08/25(月) 00:05:05.620
ケープタウンって、ワイン畑が多かった

271世界@名無史さん2014/08/25(月) 01:03:31.850
ワインぐらいしかなかった。西部は、ケープ周辺しかだめ。
東部は山脈がじゃまで、北進が難しい。
西部からの東進は、乾燥地帯の突破が難しい。
オレンジ川は遡上が難しい。

272世界@名無史さん2014/08/30(土) 09:31:47.990
オレンジ川は乾季で干上がるから物資輸送に使えない。
西部の乾燥地帯が、ヨーロッパ人の拡散を防いだ。

273世界@名無史さん2014/08/30(土) 21:40:52.450
拡散したところでろくな農業ができねえ

274世界@名無史さん2014/08/30(土) 21:49:07.800
年間降水量では良くても、集中的に振るので、いまいちらしい。

275世界@名無史さん2014/08/31(日) 00:45:29.880
うどん県を見習って溜め池を作ればよかったのにな
どうもヨーロッパ人の農業はあっさりしすぎてる

276世界@名無史さん2014/08/31(日) 01:07:43.790
ヨーロッパでは天水農業(降雨依存農業)がおこなわれ、ヨーロッパ以外の人口の多い地域のように灌漑農業に依存しなかったことである。
このため、ヨーロッパ域内で食料を融通することだけでは解決不能なほど、広範囲で不作となるリスクを減らすことができたのである。
(ダイヤモンド✡ジャレド「昨日までの世界」下巻 P.337)

水を通しての作物の伝染病の蔓延を念頭に置いてるんだろうか。
灌漑システムは村単位とかできるだけ小規模にして、不要な時は水を入れないければいいだけじゃないの?
天水農業の優位って、灌漑でもたらされた水中の塩分が蓄積して、結果雨頼みよりひどい状況になる乾燥気候ならあり得るけど、
ヨーロッパで灌漑に対して天水が優位ってのはよくわからないな

277世界@名無史さん2014/08/31(日) 02:01:52.750
灌漑水路や溜池はヨーロッパではイベリア以外では存在しないの?

278世界@名無史さん2014/08/31(日) 12:38:01.530
年間降水量が比較的安定しているので、貯める必要がないけど。

279世界@名無史さん2014/08/31(日) 13:27:13.120
英国式の植民地統治は先住民根絶やしでシムシティするのが基本(労働力が資本のインド除く)
しかし暗黒大陸と地続きの南アフリカでは不可能だった
いまでもコンゴとかナイジェリアとかからとんでもない悪が流れ込んでくる

280世界@名無史さん2014/08/31(日) 18:30:00.150
フィジーはよく持ちこたえたもんだ
マレーシアのマレー人はまだ抵抗力がありそうだけど。そもそもマハティール元首相みたいに他の地域のムスリムと混血したり、同化させたりしてる
フィジーなんかあんな孤島の民族が、植民地化後もよく残ったと思う。実際初期には大勢伝染病で亡くなったとか
去年の人口が90万弱とか、5年前で90万超えてるとかデータによって一致しないけど、フィジー系が子だくさんな一方、インド系が国外に出て行ったりして、
国内の人口が流動的なのかな

281世界@名無史さん2014/08/31(日) 18:47:23.220
>>279
そんなものもないけどw

282世界@名無史さん2014/09/02(火) 20:29:18.310
>>280
もっと酷い例だとハワイだな
現地のハワイ人が病気で激減した上に移民した白人に土地を買い占められて
ハワイ王国は日系人を含むアジア系移民を受け入れて白人に対抗しようとしたけど
結局白人と日系人の利権抗争に発展して

挙句の果てに白人勢力によって王制廃止→アメリカに併合だもんな・・・

283世界@名無史さん2014/09/02(火) 22:34:12.200
外国人参政権なんてロクなもんじゃねえな

284世界@名無史さん2014/09/03(水) 01:34:21.840
フィジーやマレーのネイティブの場合、被害者意識をもつ資格はない。
経済、実務能力が明らかに欠けているのだから。保護措置でどんな企業にもネイティブの重役を入れることを義務付けたりしている。

285世界@名無史さん2014/09/05(金) 20:33:07.060
西アフリカで一妻多夫制が多い地方は、かつてアメリカ大陸向け男性奴隷狩りが
行われた地域であることが分かった。奴隷制の傷跡がここにも。

・・・West African slaves were mostly sent to the New World, where buyers strongly preferred men
capable of performing backbreaking tasks on plantations. By contrast, buyers in slave trades centered
on the Indian Ocean and Red Sea were often looking for women who could work as domestic servants
or concubines. ・・・
The researchers found that groups hit heavily by trans-Atlantic slavery were significantly more likely
to have a high percentage of polygynous marriages. ・・・
It's merely a reminder of how deeply slavery scarred every layer of African life.
http://www.foreignpolicy.com/articles/2014/09/04/is_polygyny_a_slave_to_history_west_africa_slave_trade_marriage

286世界@名無史さん2014/09/05(金) 22:11:39.680
イスラム教が一夫多妻を認めているのは、奴隷狩りの影響なのか?

287世界@名無史さん2014/09/05(金) 22:54:17.220
ボコ・ハラムがナイジェリア北部を分離させたら石油が出て外貨獲得源になってる南部が貧乏な北部に金を回さずに済むから賛成しそうな気がするんだが
南部の反政府組織はボコ・ハラムを味方だと思ってるんだろか?それとも異教徒だから敵なんだろか?

288世界@名無史さん2014/09/06(土) 11:01:39.520
>>285 一妻多夫じゃなくて一夫多妻
男不足で一人の女が多数の男を独占するって、どこのTBS版大奥よw

289世界@名無史さん2014/09/06(土) 13:44:53.550
当然だろう。
奴隷刈りで頑健な男はみな拉致されるか殺されるかした、残された男というのは弱いものか高齢者のみ。
奴隷刈りされた地域の有力者で、生き残った連中というのは、自分も奴隷売買に協力した者だけ。そうでなければ、抵抗し殺されたはず。
女は、もともと病気でも生き残る確率が高いし。

290世界@名無史さん2014/09/06(土) 15:33:20.690
そういやぁ
マレーシア航空機と
ボコ・ハラムに売り飛ばされた女子高生はどうなったのだろうか?
100年経ってもでてこなかったら21世紀神隠し事件として
月刊ムーの特集記事になりそうだが
女子高生の場合一人1000円で売り飛ばしていたみたいだか、
10万円で買い戻すと言えば、少しは親元に戻ってきそうだし、
現実に1000円で買ったのだから、10万で転売すれば
良い儲けだと考える奴も少しはいそうだが

291世界@名無史さん2014/09/06(土) 16:17:44.800
>>290
女子高生と言ってもクロンボ土人だろ
10万円で売れるわけないだろ
犬猫のほうが高く売れそうだ

292世界@名無史さん2014/09/06(土) 16:35:03.710
おまえ馬鹿?売り先は黒人相手だ。

293世界@名無史さん2014/09/06(土) 16:51:40.270
白人漢も(恥ずかしいので公然と言えないだけで)黒人女に色気をものすごく感じていないわけじゃないけどな。
黒人男はルサンチマン、出世欲とセットじゃないと、白人女にそれほど色気をふだんは感じていない。
アフリカじゃ白い肌は、希にアルビノで生まれるけど、不健康そのものとみられて、ふつうは忌み嫌われている。

294世界@名無史さん2014/09/06(土) 21:36:28.170
アメリカで一番独身率が高いのは黒人女性。魅力がないのかな?
あと一番自殺率が高いクラスタは黒人のゲイ。二重にマイノリティなのが辛いらしい。
豆な。

295世界@名無史さん2014/09/06(土) 21:41:54.050
日本で一番自殺率が高いのは中小企業経営者

296世界@名無史さん2014/09/06(土) 22:07:29.880
>>294
独身≠ノーセックス

297世界@名無史さん2014/09/06(土) 23:38:14.820
>>291 おそそはフリーセックスな日本の一部のJKよりも新品率が高いだろう
それにしても、日本は貞操観念が高かったころの方が出生率が高かったとは....

298世界@名無史さん2014/09/06(土) 23:51:58.270
ボコハラムに攫われた女子高生達は民兵に囲われて
ボコっと孕んでるんだろうな
アフリカの大地の摂理とは言え切ない

299世界@名無史さん2014/09/07(日) 00:09:27.740
ナイジェリアは石油輸出での儲けが国民の豊かさや幸福につながってないみたいだな
このままだと南北から分裂されてシリアみたいに破滅する日もそう遠くはあるまい

300世界@名無史さん2014/09/07(日) 00:13:05.780
ビアフラ戦争とかで何度も分裂してるけどな。
そもそも行政が機能してないのにラゴスとか都市として成り立ってんのが奇跡。

301世界@名無史さん2014/09/07(日) 01:31:56.920
アラブの産油国は人口少ない小国ばかりだから
石油だけで豊かになれる
サウジアラビアですら面積だけは大国だが人口で見れば小国だ

ナイジェリアは人口1億8千万の大国だから
石油収入だけで賄える規模の国ではない

302世界@名無史さん2014/09/07(日) 01:40:04.660
ナイジェリアが際立って人口爆発してるのはなんなん?
中途半端に開発が進んでるからか?

303世界@名無史さん2014/09/07(日) 02:27:26.750
>>299 赤道ギニアが一番の格差社会だろうな。一人当たり国民所得は先進国レベルだけど、庶民の生活は....?
ありえへん世界辺りで「世界一の格差社会な独裁国家」として放送してほしい

304世界@名無史さん2014/09/07(日) 03:01:29.410
アラビア半島の産油国は専制君主制とはいえ
国民にも富を分け与えてるというのに
赤道ギニアときたら

305世界@名無史さん2014/09/10(水) 13:05:54.370
西アフリカにもコンゴ盆地にも黒人王国が築かれていたのにギニア湾最奥部から赤道付近にかけては国家がなかったのはなんでだろう?
やはり密林が文明を発達させる妨げとなっているのか?イスラム教の波及もあそこで止められているみたいだが

306世界@名無史さん2014/09/10(水) 17:41:18.010
かなり遅くまでピグミーしか住んでなかったのかな

307世界@名無史さん2014/09/10(水) 21:36:12.090
最初にアフリカから搾取を始めたのはベルギーだったかな?

308世界@名無史さん2014/09/10(水) 22:15:38.310
ケニアは高原のナイロビを首都にしたのに、なんで隣国のタンザニアは比較的近年に遷都するまで、沿岸部で瘴癘地のダルエスサラームが首都だったんだろう
白人植民者がほとんどいなかったのかな。あるいはザンジバルににらみを利かせるためかな

309世界@名無史さん2014/09/13(土) 08:22:32.350
西アフリカはサハラの遊牧民と熱帯の沿岸部は民族文化が違う
英仏が民族を無視して国境を作った
沿岸部が砂漠を支配する構造のため、砂漠のトゥアレグ族は不満が多い

310世界@名無史さん2014/09/16(火) 08:32:02.940
モーリタニアとか最近までアラブ人が黒人を奴隷に使ってた
法律で禁止されたのが80年代とか

311世界@名無史さん2014/09/19(金) 22:11:09.930
モーリタニアのアラブ人って黒人とはっきり分かれてんのか?

312世界@名無史さん2014/09/19(金) 23:40:53.610
歴代大統領の写真を見たら、スーダンとは違ってはっきり白人と分かるな
もちろん多少は混ざってるけど
一番白人的なタヤ元大統領
http://www.boolumbal.org/photo/art/default/4213104-6386674.jpg?v=1337242912
イラクの布施院と似てるな
スーダン大統領でで一番白人的な?ヌメイリ
http://en.wikipedia.org/wiki/Gaafar_Nimeiry#mediaviewer/File:Gaafar_Nimeiry_DF-SC-84-10022.jpg
右の人。日本語版記事だとブラザートムみたいな写真が載ってるけど、こうしてみるとやっぱり黒人だな

313世界@名無史さん2014/09/19(金) 23:54:12.320
これは典型的なセムハム顏ですね

314世界@名無史さん2014/09/20(土) 00:18:17.640

315世界@名無史さん2014/10/10(金) 07:29:00.460
現代史

モンロビアにおける対エボラ戦争 VICE News
https://www.youtube.com/watch?v=ANUI4uT3xJI

316世界@名無史さん2014/10/17(金) 18:09:59.250
文化がもたらした歴史の傷跡は、その文化が生き続けていることから
後世まで疼き、血を流し続けるってことがやっぱあるんだね。
・・・how culture, rather than genetics, can shape lasting differences in human values and behavior.

600年前の黒死病の時にユダヤ人を非難し殺戮したドイツの町々は、
1920年代においても1930〜40年代のナチス時代においても、ユダヤ人を迫害した。
・・・persistent differences in anti-Semitism among towns in Germany. Communities that reacted to the Black Death
some 600 years ago by blaming and massacring Jews were far more likely to lead pogroms against Jews in the 1920s
and to turn Jews over to the Nazis in the 1930s and ’40s.・・・

信頼の文化についても同じことが言える。
・・・found a similar cultural legacy that shaped trust・・・

現在のアフリカの最貧地域は、18〜19世紀に奴隷狩りに苦しめられた地域。
・・・the poorest regions of Africa were the regions most exploited by slave traders in the 18th and 19th centuries.

ヨソもんはかどわかしと見られるし、奴隷狩りにカネもらって親戚や村の長老達が協力したんで、
人々の相互信頼性が低い。
These areas suffered decades of raiding in which any stranger might prove a kidnapper, and in which slavers
often gained access to their victims by bribing or blackmailing relatives or village authorities.・・・
The more a population was exposed to slave raiding generations ago, the lower its measures of trust and
economic activity today. The specter of slavery, they concluded, had done long-term damage to the social bonds
necessary for efficient trade. The economies and people continue to suffer accordingly.・・・
http://www.nytimes.com/2014/10/19/books/review/christine-kenneallys-invisible-history-of-the-human-race.html

317世界@名無史さん2014/10/17(金) 19:56:29.040
>>316 そう考えたら、奴隷狩りのトラウマの無いはずのソマリ人やエチオピアのアムハラ人はもっと頑張れよ、って言いたいな
特にアムハラ人なんか、雨も適度に降って、暑すぎず寒すぎない気候がいい高原を占めてるのに

318世界@名無史さん2014/10/17(金) 20:18:27.760
基本的に奴隷狩りはアフリカ人が行っていた。
ヨーロッパ人は購入していただけだしな。

319世界@名無史さん2014/10/18(土) 11:32:27.370
エチオピアの気候は周囲と違い過ぎて孤立してるんだわ
宗教・文化の違いだけじゃなく作物・食生活も独特
似た国がないなら比較して劣等感を持つこともないだろうから近代化に精力的に乗り出そうって気はあんまし起きないだろう

320世界@名無史さん2014/10/18(土) 17:47:43.500
黒人のIQが低いという根拠で時たま引っ張り出される図(先コロンブス期の世界各地の推定IQだっけ)
で、エチオピアはIQが低かったとされるアフリカの中でも特に低いグループに入れられてたな
そのころのエチオピアはアフリカ一の文明社会の一つだったというのに
その図があてにならないのか、それとも...

321世界@名無史さん2014/10/18(土) 20:20:04.940
>>320
あてにならない一択。

322世界@名無史さん2014/10/19(日) 23:48:29.060
>>319
主食がテフ、暦法がエチオピア紀元、コーヒーセレモニー…
たしかに文化圏の孤島だな

323世界@名無史さん2014/10/20(月) 01:43:21.780
あそこにバイキングを封じてたら、現在でも金髪碧眼高身長の少数民族として残ってそうw

324世界@名無史さん2014/10/21(火) 00:00:09.900
ヒトラー「(ガタッ)」

325世界@名無史さん2015/01/21(水) 11:16:47.340
スウェーデン人の平均身長が西欧人を抜き去るのは19世紀らしいけどね

326世界@名無史さん2015/01/21(水) 13:53:22.470
中世アフリカ諸国の軍隊の装備や編成ってどんなのだったんだろう?
サハラ以北はらくだ騎兵がメインだったろうけど以南は?
投げ槍持ったブッシュマンみたいなのしか想像できん
あれ?鉄器持ってたっけ?

327世界@名無史さん2015/01/21(水) 15:54:37.270
集団としての編成は知らんし、近世に踏み入れているが参考まで
https://artthesilentvoice.files.wordpress.com/2012/02/103483_540591.jpg
(16-17世紀、ベナン王国)

328世界@名無史さん2015/01/21(水) 23:57:55.240
>>325
それまでは低かったの?ずっと同じだったの?

329世界@名無史さん2015/02/25(水) 17:34:18.300
キムタク 身長163cm
三島由紀夫155cm

330世界@名無史さん2015/05/01(金) 19:52:55.210
>>326
西アフリカでは製鉄は早くからあったな
あと馬は熱帯アフリカではツェツェバエが媒介する人畜共通感染症のアフリカ睡眠病のせいで使えなかったらしい

331世界@名無史さん2015/05/02(土) 13:34:23.540
西アフリカの製鉄というとノク文化か。
前衛芸術的な彫像の出土でも知られるが
ボコハラムの連中に壊されないか心配。

332世界@名無史さん2015/06/13(土) 13:41:52.170
人類最古の遺伝子がアフリカにあるなら、他の動植物だってアフリカ起源でもおかしくない
しかし、今のアフリカは東アジアどころか西南アジアと比べても生物にとって過酷な環境にある
今のアフリカの状況を見る限り最古の生物が出た環境には思えない そもそも地球最大の大陸はユーラシアだ
何故ユーラシアや南北アメリカではなくアフリカだったのか?またアフリカの急速な環境悪化の原因は?
それが出アフリカを促したのだろう 逆に人類の起源がアマゾンやインドネシアだったらあまり人類は六大陸までは
拡大してないかも知れない

333世界@名無史さん2015/06/13(土) 14:31:23.860
人類が誕生したのは熱帯アフリカのジャングルが大地溝帯の出現で乾燥化しサバンナになったために
それまで樹上生活していたチンパンジーとの共通祖先が地上を歩かないとならなくなったためだと昔のNHKの番組でみたことがある

334世界@名無史さん2015/06/13(土) 19:18:43.110
あったね。そんな番組。

335世界@名無史さん2015/06/13(土) 20:02:56.520
>>333
それは私も見た事がある。アフリカはやはり他の大陸より段違いに自然環境が厳しくなったので、
直立歩行が必要になり、これが旧約聖書の楽園追放のモデルになったのかもな

336世界@名無史さん2015/08/01(土) 12:50:56.420
>>308
ケニアが単にイギリス植民地→独立の流れだったのに対し、タンザニアはオマーンの勢力圏から発展した国で
イスラム商人のインド洋貿易中心地がそのままスワヒリ文化の中心地だったからではないだろうか 

337世界@名無史さん2015/08/02(日) 15:27:01.760
エチオピア高原と海岸部で農業と海上交易、ニジェール川沿岸で農業と金の交易、コンゴ川沿岸でバナナ農業、ジンバブエで金の交易

サハラ以南の文明圏だと大体この4つか
サハラ砂漠の中で生活してた先住民もいるけど、そういう人たちの古代文化についてまとめたサイトを教えて
それが知りたい

338世界@名無史さん2015/08/03(月) 20:03:01.740
「africa kingdoms」で画像検索して適当なサイトを探せばいいゾ

339世界@名無史さん2015/08/24(月) 23:16:12.520
英王政復古後のチャールズ2世が、奴隷貿易を行うこととなる勅許アフリカ会社
(王室が利益の半分を得る)を設立し、また、奴隷使用を前提としたカロライナ植民地を勅許。
https://en.wikipedia.org/wiki/Royal_African_Company
・・・ after Charles II was restored to the throne in 1660, he rewarded supporters by creating
the Royal African Co. to enter aggressively into the slave trade. The English king also
chartered a new colony in Carolina. He hoped it would be close enough to the Spanish in
Florida and the Caribbean to challenge them in economic and military terms. Many of the
first English settlers in Carolina after 1670 came from Barbados. They brought enslaved
Africans with them. They also brought the beginnings of a legal code and a social system
that accepted race slavery.・・・
http://www.slate.com/articles/life/the_history_of_american_slavery/2015/05/why_america_adopted_race_based_slavery.html

要するに、英国政府が英領北米植民地における奴隷制の礎を作ったってこと。

340世界@名無史さん2015/08/25(火) 02:17:25.860
全く違うw

341世界@名無史さん2015/08/25(火) 23:30:04.080
>>337
比較的気候のよい
ブラックアフリカ南部で文明が興るのが遅すぎる

342世界@名無史さん2015/08/26(水) 00:10:17.520
>>341
冶金も農耕も独自で興らなかったのが痛かった
もともとカポイドの世界だったしね

343世界@名無史さん2015/08/26(水) 00:11:54.160
アボリジニ「・・・・」
アイヌ「・・・」
ヤクート「・・・・」

344世界@名無史さん2015/08/26(水) 00:18:59.190
アフリカで、
フェニキア人やエジプト人が興味を持つものが
採れたらまた違っていたんだろうか
貿易もできるようになるだろうし

345世界@名無史さん2015/08/26(水) 01:09:42.720
>>343
ヤクート(サハ)は製鉄技術持ってたし遊牧民族だっただろいいかげんにしろ

346世界@名無史さん2015/08/26(水) 13:02:03.610
ヤクート「ヤクート文明があったニダ」
アイヌ「w」
アボリジニ「w」

347世界@名無史さん2015/08/26(水) 14:10:22.110
アイヌやアボリジニと較べたらヤクートは実に文明的
それでも栄光ある大韓文明には匹敵しないニダけどな<丶`∀´> ホルホルホル

348世界@名無史さん2015/08/26(水) 19:42:36.680
ヤクートって突厥文字は途中までは使ってたのかな

349世界@名無史さん2015/08/27(木) 03:52:27.350
>>337
そんなサイトないので
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_kingdoms_in_pre-colonial_Africa
ここを参考にして調べていって
英語版記事から訳して日本語版に記事書いた方がいいよ
それが一番の貢献になるし、調べながら記事を書いていくと内容もはっきり記憶することが出来る

350世界@名無史さん2015/08/27(木) 19:42:53.480
>>337の言ってる地域ってどういうわけかヨーロッパユニバーサリス2という歴史ゲーで沿岸部以外にもプロヴィンス(ゲームのマス)があるところと一致してるよね

351世界@名無史さん2015/08/27(木) 22:32:23.170
>>347
ヤクートはコサック騎兵相手に敢闘した。
一定の自治を勝ち取ったのもその成果。
そういや同じ時代に、額をこすり付けるのが特技のミンジョクがいたっけなw

352世界@名無史さん2015/08/28(金) 00:27:55.650
その民族の日本語での呼称をヘボン式のローマ字表記にすると、奇しくも英語で「選ばれた」の意の語と同じ綴り
偶然だけどw

353世界@名無史さん2015/08/29(土) 00:35:07.530
>>351
戦わなくても自治など貰えただろうね

354世界@名無史さん2015/08/29(土) 02:00:23.350
戦いに負けて自治などできない程数が減った民族もいるのだが

355世界@名無史さん2015/08/29(土) 10:16:17.710
ユカギールとか?

356世界@名無史さん2015/08/29(土) 11:45:53.170
ユカギールとエヴェンキが減少して、入れ替わりにヤクートが増えたんだよなあ

元々南方にいた騎馬と製鉄という文明的な技術を持つテュルク系の下地があるためロシア(一皮剥いたらタタール人)との親和性があるし、
北へ移動するに従い家畜の品種改良、防寒対策を進めて元からいた民族よりも極寒の東シベリアで楽に暮らせるようになっていた
そんな利点を引っ下げていたから、ロシア帝国に協力する征服者の側でうまく便乗できた訳だ

357世界@名無史さん2015/09/01(火) 14:03:57.380
ヤクートとヤクルトはどう違うのか

358世界@名無史さん2015/10/15(木) 19:26:59.930
支那南部で発見された現代人類の人骨の年代測定から、
現代人類の出アフリカが2万年遡り、8万年前であった可能性が大になった。
Scientists working in Daoxian, south China, have discovered teeth belonging to modern humans
that date to at least 80,000 years ago.
This is 20,000 years earlier than the widely accepted "Out of Africa" migration that led to the
successful peopling of the globe by our species.・・・
http://www.bbc.com/news/science-environment-34531861

359世界@名無史さん2015/10/15(木) 19:44:55.440
中国の歯がその年代ってことは、当然アフリカを出た時期はそれ以前
古めに見積もると12万5千年前までさかのぼる可能性もあるってな。当然アフリカを出たのはやはりそれ以前
>the human teeth could be as old as 125,000 years, according to the researchers.

360世界@名無史さん2015/10/15(木) 20:09:25.020
遺伝子分析では6万年前だったのにな

361世界@名無史さん2015/10/15(木) 22:38:05.610
しかもスフールやカフゼーの早期現生人類よりも、歯の形状が現代人に近いとか
>"But the Daoxian fossils resemble recent human teeth much more than they look like those from Skhul and Qafzeh, which retain more primitive traits.

遭難したタイムトラベラーの遺骨とかw

【歴代のエジプト統治政体】
※紀元後のみ。《 》は、エジプトに首都を置いたことのない政権。

1971〜      エジプト・アラブ共和国
1958〜1971年 アラブ連合共和国
1953〜1958年 エジプト共和国
1922〜1953年 エジプト王国 ※ムハンマド・アリー朝の王政復古。
1882〜1922年 《イギリス領》
1805〜1882年 ムハンマド・アリー朝
1517〜1805年 《オスマン帝国領》
1250〜1517年 マムルーク朝
1171〜1250年 アイユーブ朝
 909〜1171年 ファーティマ朝 ※チュニジア発祥、969年よりエジプトを統治。
 935〜969年  イフシード朝
 905〜935年  《アッバース朝領》
 868〜905年  トゥールーン朝
 750〜868年  《アッバース朝領》
 661〜750年  《ウマイヤ朝領》
 632〜661年  《正統カリフ領》 ※アラビア半島発祥、641年よりエジプトを統治。
 629〜641年  《東ローマ帝国領》
 621〜629年  《ペルシャ帝国領》
 380〜621年  《東ローマ帝国領》
前30〜380年  《ローマ帝国領》

十字軍と蒙古襲来というイスラム存続の危機とも言える時代に
強力な王朝を相次いで輩出しており、特に、十字軍を撃退した
サラディンで有名なアイユーブ朝と、蒙古軍の撃退を成し遂げた
マムルーク朝は、今なおエジプト人ムスリムの間で人気がある。

また、ファーティマ朝が988年に設立したアル=アズハル大学は
イスラム法学の名門にして総本山であり、現在でもスンナ派の
最高権威としてエジプト国内外で広く認められている。

363世界@名無史さん2015/11/06(金) 01:07:45.310
今回の中国の歯が8万〜12万年前でスフールが10万年前なんだから
8万年の方で考えれば現代人に近くても矛盾が無いよね

364世界@名無史さん2015/11/06(金) 15:42:19.340
サヘル地帯はかつて世界一裕福な地域だったようだが、いつから世界一貧しい地域になったのだろう
今では水不足で文化レベルの立ち遅れで貧しいのが当たり前に見えるが、複合要因がありそうだな
あと東アフリカだってもっとインド洋交易でもっと啓けた地域になってもおかしくと思う
オマーンやUAEが現在豊かな地域ならイエメンやソマリア、東アフリカももっと影響があってもいいと思うのだが
アチェーが内戦状態の割に文化レベルが高い事にはインド洋文化圏を感じれるが、
タンザニアは首都の名前以外はインド洋ではなく、単なるサバンナ内陸国な感じだな
ソマリア、パキスタンだって本当はもっと沿岸を中心にエジプト、レバノン並みには発展してないといけない地域だわな
コンゴは王国崩壊後どうしたんだという感じだ そのまま現在まで全く浮上せず
どうも戦後現代史はブラックアフリカが他の途上国に比べて弱点と悪い所ばかり出ている感じだ
資源があるから争いが起きて貧しいというなら、湾岸諸国やブルネイだってそうなってもおかしくないのだから
アフリカって人口過密地帯は多いのだが、全体としては実は途上国で一番過疎大陸なのかもな

365世界@名無史さん2015/11/06(金) 18:12:25.040
>>363 ただ、デ二ソワとの混血があったとしたら、スフールよりむしろ原始的になっててもおかしくない
混血せずに華南までたどり着いたグループもいたのか

366世界@名無史さん2015/11/06(金) 18:15:01.440
>>364 下手したら白黒の移行地帯のアフリカの角が、アフリカで一番立ち遅れた場所だったりするしな
乾燥とヨーロッパの影響の少なさと地下資源の乏しさが、曲りなりの経済成長すら難しくしてるのか

367世界@名無史さん2015/11/06(金) 18:18:10.110
>>365
原始的になっててもおかしくないって事は
原始的になってなくてもおかしくないって事だよね

368世界@名無史さん2015/11/06(金) 18:49:04.750
デ二ソワの歯は見つかってなかったんだな
サピエンスより全体的に進化的な種でもおかしくないな
たった一つ見つかった、指の骨の遺伝子からわかるのは大昔に分岐したってことだけ

369世界@名無史さん2015/11/23(月) 11:23:31.390
とにかく今のアフリカ大陸は部族対立でバラバラになり、水不足で慢性的に苦しんでいる
マレーシアやインドネシアのような再浮上をするにはアフリカ大陸全体で横断的に水利、交易を
活発化させる必要がある 今の為政者に徳がないので貧しいままなのか
アフリカこそ他の大陸と比べても発展に大規模な土木力が要る

370世界@名無史さん2015/11/23(月) 12:01:56.950
徳があれば貧しくなくなるのか?

371世界@名無史さん2015/11/23(月) 12:17:26.540
徳ワロス

372世界@名無史さん2015/11/23(月) 12:44:05.450
まずはサイを絶滅から救おう。それからだ。

373世界@名無史さん2015/11/23(月) 17:52:43.280
サイ、リカオン、ゴリラ、アビシニアオオカミ.....
救うべきものが多すぎるな

374世界@名無史さん2015/11/23(月) 18:07:57.420
>>370
今のアフリカのほとんどの国を支配しているのは企業か武装集団か地元の部族長で
政府首脳には昔の王のような力がない この辺りは西・南アジアと同じか、より深刻
先進国≧東南アジア≧東アジア≧西アジア≧中南米≧南アジア≧ブラックアフリカ

375世界@名無史さん2015/11/23(月) 19:00:18.300
カルタゴはチュニジアではなく、
アフリカ東海岸に建国されるべきだった

376世界@名無史さん2015/11/23(月) 19:27:09.490
>>374
中東と似たようなものだろ

377世界@名無史さん2015/11/23(月) 20:22:26.220
アフリカってソビエト崩壊のあおりを最も受けてるのでは?

378世界@名無史さん2015/11/23(月) 20:25:26.720
ソ連から援助を貰っているところも、
冷戦で援助を貰っているところも、
影響はあるだろうね。
最近は、中国の援助が増加しているだろうけど。

379世界@名無史さん2015/11/23(月) 20:27:20.890
あおりというが、支えがないと立ち行かなくなる状態にそもそも問題があったのでは

380世界@名無史さん2015/11/23(月) 20:49:57.360
一番悲惨なのはレオポルドの私有地にされたコンゴ

381世界@名無史さん2015/11/23(月) 21:23:31.640
コンゴってベルギー支配の後はアメリカが擁立したとんでもないヤツが君臨してたんだっけか

382世界@名無史さん2015/11/23(月) 21:47:30.980
前向きに自分たちの首を締め続けるアフリカ

383世界@名無史さん2015/11/23(月) 22:05:08.230
すべてはユダヤの陰謀

384世界@名無史さん2015/11/23(月) 22:27:33.290
>>381 もぶっちゃんか

385世界@名無史さん2015/11/24(火) 00:32:34.980
>>382
独立すれば発展できると思った
夢を抱けただけで満足しよう

386世界@名無史さん2015/11/24(火) 09:08:23.930
モヒカンみたいな人がたくさんいるんだから
独裁じゃないと国の体をなさない

387世界@名無史さん2015/11/30(月) 08:06:04.610
明らかに現在より植民地になる以前の方がサヘルもソマリアも繁栄してたよな
あの豊かさはどこに行ったのか?走れペンギン

388世界@名無史さん2015/11/30(月) 08:11:44.070
イスラム商業ネットワークで金や象牙・奴隷貿易で栄えていたな。

389世界@名無史さん2015/11/30(月) 12:56:07.280
てことは蒸気船とスエズ運河と人権と動物保護のせいか?

390世界@名無史さん2015/11/30(月) 18:18:38.600
砂漠化の影響だろ

391世界@名無史さん2015/12/01(火) 08:41:59.660
アフリカは人口が増え発展すると自然破壊が進み、
一部の熱帯・温帯地域以外は自然の回復力が弱いので詰みになるんだろ。
金など鉱物は産業が発展すると一気に資源を食いつぶし、下方硬直性により自滅しやすい。
金で発展するが金(がとれなくなって)で消滅する。
中東のオイルマネー国も同じ系譜をたどるので、観光や投資などに先行投資している。

392世界@名無史さん2015/12/01(火) 10:32:09.650
入組んだ深い湾がないので海へのアクセスが少ない。
内陸で天然資源が豊富にあっても積出し港までつなげることができず手つかずも多い。
パイプラインで接続可能となり躍進している地域もある。

深い湾があれば多少は気温も下がり湿潤化も促進されただろう。

393世界@名無史さん2015/12/04(金) 01:36:11.080
カメルーンが一番恵まれた場所ってことか

394世界@名無史さん2015/12/04(金) 11:11:46.640
チャド南部の油田がチャド・カメルーン間のパイプラインでカメルーンの港から
輸出しているので、カメルーン政府にも金が入る。

395世界@名無史さん2015/12/04(金) 13:43:28.340
大陸の縁に山脈があるといい。
海面で水分を含んだ風が山脈に当たり雨を降らせ、その雨が溜まって川になり海に注ぐ。
アフリカはまるまるアフリカプレートにのっていて山脈が少ないのも難点。
おかげで地震や火山が少ないとも言えるけど。

396世界@名無史さん2015/12/06(日) 15:51:01.100
甲信越の生糸が八王子を経由して横浜港で外国に輸出するので、
横浜港の発展は、一部甲信越のおかげでもある。同じような構造かも。

397世界@名無史さん2015/12/12(土) 18:11:03.870
>>393
自分の国が産油のほうがもっと儲かるけど

398世界@名無史さん2015/12/12(土) 23:54:01.390
>深い湾があれば多少は気温も下がり湿潤化も促進されただろう。

この意味においては。でも北部に広大な乾燥地帯を擁しているか

399世界@名無史さん2015/12/13(日) 00:07:11.750
深い湾がないからだろ。

400世界@名無史さん2015/12/15(火) 06:23:29.090
>>387
金が無くなったため。アフリカの金のおかげで地中海沿岸の
北アフリカや中東が発展した。

401世界@名無史さん2015/12/15(火) 21:24:04.210
>>400
でも、今のアフリカの最貧困飢餓紛争地域にも金以外でも地下資源は沢山ある
ダイヤ、ボーキサイト、石油・・ないない尽くしのアフリカ大陸が実は宝の山 貧しい所は豊かな所
極左やイスラム過激派、麻薬マフィアみたいな恐い奴がのさばっている所ほどそういう事は多い

402世界@名無史さん2015/12/15(火) 21:54:02.310
昔の技術では海底油田とか掘れないしウランとか中世には不要だろ。

403世界@名無史さん2015/12/16(水) 03:27:27.230
フランスがセネガルから撤退する際、
フランス自身が整えたインフラや搬入した図書を全部破壊して帰った と
ヤナマール運動を指揮したらしいラッパーが語ってたんだが

実際にそんな事があるんだろうか?
門外漢である自分からすれば労力に見合わないというか、威圧する以外のメリットが薄い気もするんだけど
それだけフランスがアフリカにおいて支配的な影響力を持ってるという事なのか

404世界@名無史さん2015/12/16(水) 04:23:39.840
全て日帝が破壊したニダ

405世界@名無史さん2015/12/16(水) 04:45:23.690
>>403
団地も病院も大学もそのまま引き継いでいる。

406世界@名無史さん2015/12/19(土) 02:39:25.520
>>405
ありがとう

…だよなぁ。この話はさすがに違和感が酷かった
発展途上国として抱える問題への苛立ちが>>403で書いた様な考えに繋がったんだろうか

407世界@名無史さん2015/12/19(土) 03:31:45.260
アフリカは地形的に深い湾が少ないので深い湾があるとメリットが大きい。
ケニアには深い湾が有り良港に恵まれているので鉄道と連結して物資が大量に集まる。
もっとも集まりすぎて港湾滞留時間が現在は20,30日と非常に長い。
鉄道網と港湾の拡張事業などもあって地理的優位性でケニアは今後伸びるだろう。

408世界@名無史さん2015/12/20(日) 22:26:55.290
ジブチもそうだっけ。従来でもアフリカの角の中では一番豊かな国(とはいえ一人当たり国民所得は1000ドルちょっとと、まさに中の下の下)
海賊を制圧できれば伸びしろはあるか

409世界@名無史さん2015/12/20(日) 22:52:10.200
日本が戦後初の外国での軍事基地の設置を成し遂げた場所だねジプチ
酷暑と岩の大地で生きていくのが辛い場所だと友人が言ってたな…

410世界@名無史さん2015/12/21(月) 09:10:08.720
東アフリカはケニアから内陸の三カ国ウガンダ、ルワンダ、ブルンジへと
物流ネットワークを構築している。
ケニアのモンサバ港からは北回廊の反時計回りを構築し東アフリカ共同体の中核になっている。
2005年に関税同盟
2010年に域内関税撤廃、対外共通関税、域内共通の原産地規制
など進んでいる。

モンサバ港 96万TEU/年(2015)
博多港 91万TEU/年(2014)(日本第6位)

タンザニアは出遅れている。タンザニアのダルエスサラーム港はモンサバ港の1/3程度しかないが
こちらも内陸の三カ国へ結ぶ中央回廊は現在整備中。
もっと中央回廊が延びるとケニアのハブ港の利益が減るおそれもある。

411世界@名無史さん2016/01/05(火) 12:30:43.650
陸続とイスラーム化されて行くなかで
エティオピアがキリスト教諸国であり得た理由は?

412世界@名無史さん2016/01/05(火) 13:40:20.490
それなりに文明があった。

413世界@名無史さん2016/01/05(火) 17:43:25.600
山に引きこもってた

414世界@名無史さん2016/01/06(水) 02:07:31.660
と言ってもエジプトやエチオピアのキリスト教美術は
ギリシアやローマのそれの劣化コピーみたいで独自性も何もない

古代エジプトやヌビアの流れは消えたみたいだ

415世界@名無史さん2016/01/06(水) 02:09:06.620
ローマ支配化でエジプトはその独自性を失ったっぽい

416世界@名無史さん2016/01/06(水) 04:16:48.250
うんこ美味しい

417世界@名無史さん2016/01/06(水) 10:53:21.130
>>414 人物が蛭子さんが描くようなタッチ

418世界@名無史さん2016/01/06(水) 18:26:10.130
黒人と白人は遺伝的に結構近い存在なんだよね
モンゴロイドはコーカソとニグロが分かれる前に分岐したんだとか

419世界@名無史さん2016/01/06(水) 20:26:18.650
それ明らかに間違ったうろ覚えだから、ググる程度でもいいんで正しい知識をチェックされたし

420世界@名無史さん2016/01/07(木) 00:33:59.500
プトレマイオス朝の時点なら、まだエジプト人ファラオを復活させて
古代エジプト文化の復興をすることは可能だったかもね
独自性が消えたのはローマ時代からだろう
イスラム化されてからは「アラブの一区画」という感じだろうな

421世界@名無史さん2016/01/07(木) 00:35:32.950
なんとかエジプトとエチオピアを発信源とし、
ヨーロッパ、中東、インド(含む東南アジア)、中華の各文化圏と張り合える文化圏を
東アフリカ一帯に構築したかった

422世界@名無史さん2016/01/07(木) 21:27:01.770
エチオピア高原から降りると周辺の生産性は低い。
陸の孤島でしかない。

423世界@名無史さん2016/01/07(木) 21:58:07.190
ヌビア&エチオピアも古代ギリシャもどちらもエジプトの教え子なのに
なんで差が付いたのか

424世界@名無史さん2016/01/07(木) 22:44:01.130
>>423
別に大差ないね
古代ギリシャの方がローマに征服されて却ってへなちょこだし

425世界@名無史さん2016/01/07(木) 23:36:31.360
エジプトもメソポタミアの教え子だろ

426世界@名無史さん2016/01/08(金) 00:22:57.930
>>421
まるで人口を考えていないので没、却下
今どれくらい、1000年前どれくらいか

人口が多くないと周辺に伝わるような文化圏は生まれない
農業や流通で人口が多いと都市が発生し、富が増え、支配層が贅沢を満喫して文化になる
中華料理、京文化、ペルシャ文化、みんなそう

427世界@名無史さん2016/01/08(金) 00:43:41.430
>>426
エジプトは人口多いんじゃないの?

428aaa2016/01/08(金) 19:04:01.740
居ますアトラス調布に評判の

ヤフーニュースでトップを飾れそうなヤバイ一家。

夫婦はともにW大学卒で自慢、まじ迷惑なドチビ息子は万引き少年Sこと

東京電機大学中学校で評判のザキシマ亮介

桐光学園中学校の試験が終り週末に娘(ザキシマ結子)が自宅アトラス調布のキッチンで洗い物をしている時襲わた。

急に後ろから抱きしめてきた。 「慎太郎お父さん!」 って、言ったんだけど、構わず私の、、

耳を舐めてチンコが勃ってましたって件だけど・・・

こいつら一家の過去はザキシマ結子で検索!

429世界@名無史さん2016/01/08(金) 20:54:45.400
>>426 まあ史実のスワヒリ文化圏くらいの範囲を、エチオピア正教で埋め尽くすことができれば....って無理か。
ちなみに福田和代の「ユダの柩」という小説は、アフリカのアンゴラとナミビアの間にあるという設定の架空の国が舞台だけど、そこの国のとある人物が、エチオピア正教ですらないエジプトのコプト教の信者ってw
あと、映画「エクソシスト・ビギニング」のノベライズ本には、イギリス領時代のケニアのトゥルカナ人が出てくるけど、なぜか人名がヨルバ人の「フォラシャーデー」(有名な歌手シャーデーの本名)
アフリカの一部のものを他で使い回しするなよw

430世界@名無史さん2016/01/08(金) 20:56:40.840
>>426
文化の存在と人口は関係ないだろ。
発展速度や拡散に影響はするだろうけど。

431世界@名無史さん2016/01/09(土) 16:52:28.870
>>420
イスラム化されてからもエジプト人の君主はひとりもいないね

432世界@名無史さん2016/01/09(土) 18:04:54.620
コプト教徒のガリ元国連事務総長が大統領になる可能性は微レ存か
関係ないけど、微レ存のレを、漢文を読むときのレ点だと思ってたw
存すること微なり とか

433世界@名無史さん2016/01/10(日) 00:29:36.940
ギリシア民族は紀元前からずっと続いてるけど、
一瞬だけ超新星のようにエジプトから学んだ技術を超発展させて
アレクサンドロス以降一度も浮上することない
まあ民族自体消滅したエジプトよりはマシだが

434世界@名無史さん2016/01/10(日) 01:25:04.150
独自の言語は典礼言語としては残ってるから、コプト教徒がユダヤ人のヘブライ語のように本気で復活させようとしたらできなくはないんだろうけど、
エジプトにいたままじゃ無理か

435世界@名無史さん2016/01/18(月) 23:12:15.720
>>429
コプト系の美術は古代エジプトの系譜も引いてない、
単なるギリシア、ローマの劣化コピーだからダメ
ギリシアの優れたところのみを取り入れるのが理想

436世界@名無史さん2016/01/19(火) 18:28:37.110
国際社会はソマリアの治安が悪く、ソマリランドしか政府が機能していない事が分かっていながら
ソマリランドを承認しようとはしない 「平和なソマリ人の国なんて見たくねー。介入できなくなるだろーが」ってか

437世界@名無史さん2016/01/20(水) 02:44:12.770
>平和なソマリ人の国

ジブチ「うちがパイセン」

438世界@名無史さん2016/01/20(水) 12:11:03.760
モロッコは治安良さげだった

439世界@名無史さん2016/02/01(月) 07:16:54.600
あなたは40代ですか?ドーハの悲劇「中国衝撃イヤフォン」「中国悪夢イヤフォン」ですか?

それともいくつですか?

それともいくつですか?

それともいくつですか?

440世界@名無史さん2016/04/02(土) 10:09:48.480
アフリカ史に詳しい板住人にお尋ねします。
アフリカの歴史を概観したく、
『新書アフリカ史』『旧版 アフリカを知る事典』を読みました。そのうえで、
ブラックアフリカ、特に南部アフリカの医療史および宗教史に関心が向いてきたのですが、何を読むとそれらを概観できますか。
地域は南部アフリカに拘らずアフリカ全体で、メディア形式は書籍、論文その他いずれでもよく、使用言語は日本語か英語で。
些か図々しいお願いですが、どうかご教示賜りたく。

441世界@名無史さん2016/04/02(土) 14:35:54.440

442世界@名無史さん2016/04/02(土) 14:36:21.030

443世界@名無史さん2016/04/23(土) 12:52:39.220
アフリカを知る事典
アフリカ学事典
これらで概括し
あとは個別イシューで論文検索
英国に幾つものデータベースがある

444世界@名無史さん2016/08/27(土) 17:13:18.600
ボーア戦争時のイギリス軍はボーア人を強制収容所にぶち込んで
そこで命を落とす人達も少なくなかった。
沖縄戦後のアメリカ軍も同じ事を沖縄の住民にかましてたけど,
前者が相次ぐゲリラに手を焼いていたからなのに対し,後者は住民
から奪った土地を自分たちの物(軍用地)にするためという違いが
あるんだな。

445世界@名無史さん2016/08/28(日) 03:57:48.560
寛大な日本軍とは大違いだブー

446世界@名無史さん2016/08/29(月) 09:22:53.690
第二次大戦後にアフリカーナの民族主義者が単独政権を掌握した南ア。
1961年にイギリス連邦を脱退したけど,脱退後もそれまでに根付いてきた
イギリス式の社会制度,教育,軍事システム(制服とか)なんかは変えられ
なかったのね。

4474462016/08/29(月) 09:34:34.780
>>444
>沖縄戦後のアメリカ軍も同じ事を沖縄の住民にかましてた
表向きの理由はボーア戦争時のイギリス軍と同様「ゲリラを防ぐため」
だったんやろか

448世界@名無史さん2016/08/29(月) 10:10:07.740
文化侵略だ許すまじ

449世界@名無史さん2016/08/29(月) 14:36:59.500
スリナムの黒人で南アのコサ族を先祖とする人っていないんやろか。
18世紀にケープ植民地の辺境へ進んだ白人開拓民とコサ族との接触は
みられたけど,奴隷狩りでオランダがコサ族をスリナムへ送った話
なんて聞いたことない。

450世界@名無史さん2016/08/30(火) 21:08:11.520
>>446
黒人政権が発足した後の新生南ア軍では准将を佐官から
将官にしてるけど,むしろそっちのほうがイギリス色を
薄めてる感じよね。
ttp://www.dod.mil.za/ranks/ranks.htm

451世界@名無史さん2016/09/01(木) 09:28:22.450
アフリカの旧仏領諸国だけど教育面に関しては
フランス本国が反仏的な描写がなされてないか
監視したり教科書の検閲を行ったりみたいな事を
やってんのかね?

452世界@名無史さん2016/09/01(木) 09:36:06.930
やったとしてどうするの?
フランス軍が空爆でもするの?

453世界@名無史さん2016/09/01(木) 11:49:33.630
ttp://bonnoh.jugem.jp/?eid=1227960
のサイトでは独裁者をいくつかにカテゴライズしてたけど
ブラックアフリカの軍人出身独裁者で冷酷型の人って
あまり聞いたことがない。たいてい自己顕示型のような・・・・

454453・訂正2016/09/01(木) 12:08:33.420
>冷酷型の人
正しくは「自制冷酷型」の人ですた。

455世界@名無史さん2016/09/01(木) 15:08:18.220
>>453
エチオピアのメンギスツは独裁者にならなければ俺が殺される型?
自制冷酷型?
同じ軍人出身でもアミンやボカサのような自己顕示型とは毛色が
異なるような・・・・

456世界@名無史さん2016/09/10(土) 21:58:09.110
>>453
このサイトの人はいろいろと違うと思った
ムッソリーニなんか典型的な自己顕示型だし
ポルポトやスターリンは典型的な自制冷酷型じゃないのか

457世界@名無史さん2016/09/14(水) 01:32:36.720
南アのアフリカーナってオランダ系オンリーかと思ってたが
実際にはオランダ・ドイツ・フランスの混血だったのな。

それはそうとアフリカーナの先祖となったフランス人移住者は
ワイン作りを南アに伝えたけどドイツ人移住者は何を伝えたんやろ?
ビール作り?

458世界@名無史さん2016/09/16(金) 23:10:45.180
南アのアフリカーナとアメリカの白人プロテスタント

旧宗主国(南アの場合はオランダね)だけでなくドイツなど
他地域の白人プロテスタントの血も混ざってる点で
似てるような(ボソッ

459世界@名無史さん2016/09/24(土) 00:03:15.060
>>457
サハラ以南じゃないがアルジェリアのコロンもフランスだけでなく
イタリアやスペインといった南欧からの移住者もいたっけか

460世界@名無史さん2016/10/03(月) 07:00:56.790
サンジバルにはアラブ人が多いのか?

461世界@名無史さん2016/10/14(金) 08:20:00.930
本日10月14日はザンビアの独立記念日
東京オリンピックの最中に独立
10月10日の開会式には英領北ローデシアとして行進し、24日の閉会式にはザンビアとしてはしゃぎまくった

462世界@名無史さん2016/10/14(金) 08:38:02.460
と、52年間信じきってたのだが、書いたあと調べたら間違ってた。
10月24日だ・・・
「10月14日に独立しました」と当時のニュースで言ってた記憶があるんだが・・・

463世界@名無史さん2016/10/14(金) 17:03:37.720
アラブ人は奴隷狩りで謝罪したの?

464世界@名無史さん2016/10/14(金) 22:44:37.990
>>461
北ローデシア出身の白人といえば・・・・
ザンビアとなった北ローデシアで経済官僚となり後に同国の副大統領と
なったガイ・スコットとか,南アに移った後白人政権下の政府軍に入り
後に傭兵集団エグゼクティブ・アウトカムズを立ち上げたイーベン・
バーローなんかがおりますな。

465世界@名無史さん2016/10/15(土) 00:15:47.280
今月のサピオに少し書かれていたけど
北朝鮮に移住して更に悲惨な生活になった在日コリアンって
リベリアに移住したアメリカ黒人とイメージがダブるな
あれも無理に移住しないでアメリカに住み続けていた方が
まともな生活できた気がするんだが

466世界@名無史さん2016/10/15(土) 02:22:52.130
貧しくて不便でも田舎が好きな人間も居る。
貧しくて不便でも故郷の離島が好きな人間も居る。
同じようなものだろ。

467世界@名無史さん2016/10/15(土) 11:40:42.610
リベリアのアメリゴ-ライべリアンは現地の上流階級
北朝鮮の元在日は最下層
まだリベリアのほうがましか

まあバルバドスとかバハマに送られた子孫のほうが、それなりに豊かだし人種差別もないから一番の勝ち組か

468世界@名無史さん2016/10/15(土) 15:58:10.760
ハイチ「黒人奴隷が蜂起して最初の独立国家を作ったった!と思ったら糞国家になったでござる」

469世界@名無史さん2016/10/15(土) 18:12:10.230
最古の独立国エチオピアも、長く世界最下位レベルの国民所得
最近ようやく目覚めたようだけど
サンコンさんのギニアはここ20年位ずっと400ドル前後で、いつの間にかシエラレオネやモザンビークにも抜かれ

470世界@名無史さん2016/10/16(日) 22:34:11.960
アフリカ南部の白人(イギリス系,ボーア人問わず)の中で高度な専門職
の人達はイギリス本国・オーストラリア・アメリカといった英語圏の白人
地域に移ってる感じだけど,農場主の方々はザンビアやナイジェリアなど
白人農家の受け入れを奨励してるアフリカの国々に引っ越して農業を続け
てるような・・・
白人農家の中にはなぜか旧ソ連のグルジアに引っ越した人もいたっけw
www.youtube.com/watch?v=_dnNOFCDSF8

471世界@名無史さん2016/10/16(日) 22:59:12.190
>>469
最近は中国の投資で伸びている。
首都のLRTも完成、もともとあった鉄道の電化も行っている。
他の鉄道や道路の計画もある。

472世界@名無史さん2016/10/18(火) 22:40:25.620
近所にガーナのカカオ農園の息子が留学しているんだが、ガーナは糞暑くて物価が安く肌が黒い人間が暮らす日本だと言っていた。
特に日本と変わらない暮らしだそうです。

473世界@名無史さん2016/10/18(火) 23:20:51.140
ア フ リ カ で は 子 供 た ち が 飢 え て い ま す

474世界@名無史さん2016/10/19(水) 06:38:13.230
ギブミー・ガーナチョコレート

475世界@名無史さん2016/10/19(水) 19:06:38.150
苦労して独立したのにその後の内戦状態を思うと
南スーダンは独立してよかったのだろうか

476世界@名無史さん2016/10/20(木) 01:40:27.710
ソマリアなんかソマリ人の中ですらまとまれないのに、南スーダンはディンカとヌエルその他多数という民族構成じゃ、そりゃもめるか

477世界@名無史さん2016/10/20(木) 05:05:40.400
自衛隊が平和を守る

478世界@名無史さん2016/10/21(金) 02:01:56.010
我々にできるのは食料を送り続けることだけだ

479世界@名無史さん2016/10/21(金) 13:15:10.490
我々に出来ることは中国のODAを非難することだ

480世界@名無史さん2016/10/22(土) 09:03:48.730
アフリカが貧しいのはアラブの奴隷狩りの影響
アラブの奴隷狩りにより奴隷制度が確立し、ヨーロッパ人にも奴隷を売るようになった。

481世界@名無史さん2016/10/23(日) 20:48:54.150
アラブ人とはいうがザンジバルのアラブ人ってスーダンみたく
アラブ化した黒人とかアラブ・黒人間の混血なんかも多かったんかね?

482世界@名無史さん2016/10/23(日) 21:04:41.680
ザンジバルじゃ革命のときにアラブ人は皆殺しになって
生き残ったのは海外逃亡した者だけだからな

483世界@名無史さん2016/10/23(日) 21:06:03.280
そしてザンジバルの黒人はペルシア人だと自称してるんだがほんまかいな

484世界@名無史さん2016/10/24(月) 12:54:09.770
ベルベル人の反乱も鎮圧されちゃうし

485世界@名無史さん2016/10/25(火) 16:09:56.190
ダルフール紛争で非アラブ系を虐殺も奴隷貿易が後を引きずっている

486世界@名無史さん2016/10/25(火) 20:44:28.490
そういやマダガスカルの人達は黒人とマレー人のハーフか

487世界@名無史さん2016/10/28(金) 22:09:38.630
アラブ人をアフリカから駆逐せよ。

488世界@名無史さん2016/10/28(金) 23:56:27.280
>>457
フランス系のアフリカーナだがフランス人のジュリエット・ビノシュが
ジョン・ブアマン監督『イン・マイ・カントリー』でフランス系アフリカーナ
を演じて逆にフランス系アフリカーナのシャーリズ・セロンがジョン・ガイダン監督
『トリコロールに燃えて』でフランス人を演じてるのにはワロタ

>>459
作家アルベール・カミュは母方がスペイン系だっけか

489世界@名無史さん2016/11/18(金) 13:08:10.720
ジンバブエだけどムガベ亡き後の各派閥リーダーの会合って,
マフィアの親分同士の会合みたいになりそう。
議長も幹事もおらず利権の配分を巡って一触即発状態みたいな感じで。
(軍部は中立を装いながら黒幕として振る舞うのかな)

490世界@名無史さん2016/12/01(木) 18:10:18.640
世界最多のピラミッドがある国エジプトではなくスーダンか?
エジプトに1000ほど、スーダンのメロエ近郊だけで2000ほど

もっとも古代にはスーダンもエジプトに分類されていたような

491世界@名無史さん2016/12/03(土) 00:06:11.760
>>490
アフリカのスーダンに連れてこられたわけ
ですな。

492世界@名無史さん2016/12/16(金) 08:19:28.690
2012年FAO
内水面漁獲量
6位ウガンダ
8位タンザニア
9位ナイジェリア
12位エジプト
14位コンゴ民主

海藻養殖業生産量
世界7位タンザニア(日本の1/3ぐらい)

493世界@名無史さん2016/12/28(水) 00:20:24.970
内戦時代の旧ローデシアだけど

白人農家=開拓民
黒人ゲリラ=先住民
政府軍=騎兵隊

大昔の西部劇でよく描かれてたような開拓時代のアメリカ西部
っぽくも見える。

494世界@名無史さん2017/01/02(月) 10:17:23.770
今とある大阪のデパートで福袋の乞食争奪戦に待機中なんだが、ガボンとかいう国の一家が修羅モードの大阪人に怯えている。
娘が「ママ、ジュシファチギュ」とか「ママ、ジュブザレロテル」などと泣きそうな顔で何か言っている。翻訳(お母さん気持ち悪いよ。お母さんホテルに帰りたいよ。)
ちなみに母ちゃんが金を管理してるんだが、財布に万札がびっしり。
どんな国なんだガボンは、ちなみに第二外国語がフラ語だったので、父ちゃんと母ちゃんに
「福袋争奪戦では、何も考えずに袋の取っ手をつかめ。そして離すな。目当ての階にはエレベーターやエスカレーターを使わず階段を走れ。」とアドバイスしました。

495世界@名無史さん2017/02/16(木) 21:14:42.550
南アフリカの首都
それぞれ行政(プレトリア)立法(ケープタウン)司法(ブルームフォンテーン)
と拠点がバラバラなんだけど

上記3都市の中で国土の中心に近いブルームフォンテーンに
首都機能を集中させなかった理由が気になるんだけど
一応建国時から最高裁が置かれていたから
交通の便やインフラ面で不備があったとは思えないのだが

496世界@名無史さん2017/02/16(木) 22:37:00.330
三権分立なんだろ

497世界@名無史さん2017/02/17(金) 01:54:01.230
プレトリア:トランスヴァール共和国の首都
ケープタウン:ケープ植民地の首都
ブルームフォンテーン:オレンジ自由国の首都

だった事と関係あんのかな?よく知らんけど

498世界@名無史さん2017/02/18(土) 00:57:26.290
AUってエチオピア帝国だっけか?あとリビアとマリって繋がってたっけ、チャドとか中央アフリカ当たりが一番めんどい地図やね。
どう考えてもおもしろいセネ(ガンビア)の地図と大統領交替しててワロタwよう知らんがあの小さな細長い国土でもちゃんとドクトリン考えて戦略的行動したんかね。普ラウゼヴィッツはよ!!

499世界@名無史さん2017/02/18(土) 02:37:24.000
そういえばエチオピアって貧しい国だけど
この国が多民族国家ながら今の処平穏を保っているのは
他のブラックアフリカ諸国が欧米が勝手に線引きした行政区を基にした人造国家なのに対し
エチオピアは欧州の国と同じ様に自国勢力が統一を果たして
(要するに天然国家)
それがずっと続いてい居いて他のアフリカ諸国から敬意を持たれているってのもあるのかな

それと他のブラックアフリカだと
民族間の抗争が内戦に繋がるけど
エチオピアはエトルリアの独立戦争以後は内戦は起きていんだよな

500世界@名無史さん2017/02/18(土) 05:07:55.110
ツッコミどころが多すぎてコメントしようがない…
現代のアフリカについて意味のあることを喋りたいなら
アフリカを知る事典などのような簡単なレファレンスや
せめてBBCくらいは目を通したらどうかとおもう

501世界@名無史さん2017/02/18(土) 14:09:02.550
エトルリアの独立戦争クッソわろたw
エチオピアなんてアフリカ荒廃の象徴として世間に染み付いてたわな、マイケルらのチャリティーソング「We are the world」とかで
最近の若いもんからそういう固定観念が薄れつつある、という点に限っては歓迎されるべきものなんだろうなこの文は

502世界@名無史さん2017/02/18(土) 14:32:17.070
欧米を叩くための材料としてしかアフリカは価値がないブヨ

503世界@名無史さん2017/02/19(日) 00:08:39.340
>>499
地図みないのかな
エチオピアは高地で断崖と絶壁の国
だから周囲から侵攻されにくい

日本で言えば飛騨、アジアで言えばチベットみたいな地理環境

504世界@名無史さん2017/02/19(日) 04:25:45.680
だがボリビアは政情不安な安定しない国

505世界@名無史さん2017/02/20(月) 22:41:20.360
ロンドン大東洋アフリカ研究校での取り上げられる思想家が、白人(欧米人)ばかり
であることへの批判騒動が起きている。
・・・students at a prestigious・・・London’s School of Oriental and African Studies・・・
are demanding that figures such as Plato, Descartes and Immanuel Kant should be
largely dropped from the curriculum because they are white.・・・
“We’re trying to desacralise European thinkers, stopping them from being treated
as unquestionable. What we are doing is quite reasonable.”・・・

そもそも同校は、大英帝国の諸植民地の統治のために作られたもの。
The School of Oriental and African Studies was founded in 1916 “to secure the
running of the British Empire”, as historian Ian Brown puts it in his history of the
institution. Its aim was to provide “instruction to colonial administrators, commercial
managers, and military officers, but also to missionaries, doctors and teachers”.
Soas taught them the local languages as well as providing “an authoritative
introduction to the customs, religions, laws of the people whom they were to govern”.・・・

政治思想家として教えるのは26人、うち非欧米人はガンディーとファノンのみ。
“On my course in political theory,” she says, “we discussed 26 thinkers.
Just two were non--European Frantz Fanon and Gandhi.”・・・

506世界@名無史さん2017/02/20(月) 22:42:42.030
これら欧米人思想家達は全員人種主義者で植民地主義者だ、と。
Does she think that all European philosophy is tainted by racism and colonialism?
“Yes. There’s plenty of evidence to demonstrate this.”・・・

カントはもとより、ロックだって奴隷所有会社に投資。
Locke’s failure to challenge slavery and to Kant’s racial anthropology. Such views
do seem shocking today. But they seem shocking because of the transformation in
consciousness brought about in large part by the Enlightenment itself.・・・

しかし、トゥーサン・ウーヴェルテュールもマンデラも欧米啓蒙主義の申し子だと。
From Toussaint L’Ouverture to Nelson Mandela, for two centuries those battling
against European power and racial oppression looked to the Enlightenment ideals
as the fuel for their struggles.・・・
https://www.theguardian.com/education/2017/feb/19/soas-philosopy-decolonise-our-minds-enlightenment-white-european-kenan-malik

彼らが人間主義に気付くのはいつになることやら。
また、古典ギリシャの思想家達を「欧米」の範疇に入れないでよね。

507世界@名無史さん2017/02/21(火) 16:36:09.200
>>503
なんかの本で
「エチオピアは天然鎖国の国」といわれてたな
中世から近世にかけての交易もちょびちょびだったらしい

508世界@名無史さん2017/02/26(日) 10:31:05.740

509世界@名無史さん2017/03/03(金) 11:56:02.070
なんでサハラ以南アフリカからはチンギス・カンのような
征服者が現れなかったんですか?
これは黒人が平和的で征服欲がなかったから?

510世界@名無史さん2017/03/05(日) 10:04:41.870
バクリー「黒人たちは人間よりも動物に近く、彼らはもっぱら物欲に興味を持ち、しばしば食人を行い、
      ほとんど羞恥心を持たない」

イドリースィー「黒人たちは最も堕落した人々であるが、子供を生む能力は最もすぐれている人々である。
         彼らの生活はまるで動物のようで、彼らは物と女以外の欲求以外になんの関心もしめさない」

イブン・バットゥータ「彼らの教養の無さや白人に対する無礼な態度をみて、つくづくこんなところまで
             来てしまったことを後悔した」

イブン・ハルドゥーン「黒人の大半は洞穴や密林に住み、草を食い、野蛮のままで社会的集団生活をせず、
             たがいに殺して食べる。
             黒人は一般に軽率で興奮しやすく、非常に情緒的な性格で、メロディを聞けば
             いつでも踊りたがり、また、黒人はどこにおいても愚か者とされている」

サイード・アルアンダルスィー「黒人の気質は血の気が多くなり、気性は激しく、彼らの色は黒く、彼らの頭髪は縮れている。」
                  「彼らは自制心と心の安定に欠け、移り気と愚かさと無知が勝っている。
                   エチオピアの果てに住んでいる黒人、ヌビア人、ザンジなどがそれにあたる。」

511世界@名無史さん2017/03/06(月) 19:23:53.360
>>509
騎乗して移動できる動物がいなかったんじゃね?

512世界@名無史さん2017/03/07(火) 00:05:15.390
ズマ大統領、補償なしでの白人の土地の没収を呼びかける
http://indeep.jp/now-the-great-reset-of-all-over-the-world/

513世界@名無史さん2017/03/07(火) 00:09:03.210
>>509
マリ帝国とかソンガイ帝国なんか版図結構広くない?
それでもサヘル限定かあ。

あとズールー王国?

514世界@名無史さん2017/03/07(火) 00:27:29.050
>>513
コンゴは

515世界@名無史さん2017/03/12(日) 08:48:03.830
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

516世界@名無史さん2017/03/13(月) 23:27:51.200
エチオピアのセム系からチンギス・ハーン級のカリスマが生まれてたら、今頃アムハラ・ティグレ・ティグリニャは一つの民族として統一されてたりするのかな
そうなるとエリトリアが独立する動機も薄れるか

517世界@名無史さん2017/03/13(月) 23:53:10.390
>>509
サハラ以北にも南アジアにも東南アジアにもいないし、日本にも現れなかったけど。

518世界@名無史さん2017/03/14(火) 02:16:13.610
広い意味での日本語話者を統一することすら、江戸幕府ですらできてないよな
琉球は薩摩が支配下に置いてただけで

519世界@名無史さん2017/03/18(土) 23:17:51.830
ガーナの新大統領、副大臣ら含め110人の内閣発足
http://www.afpbb.com/articles/-/3121917?cx_part=txt_topics

→国民が覚えきれないのは勿論、内閣の構成員自身が全部覚えられるのかな?

520世界@名無史さん2017/03/18(土) 23:19:49.680
>>517
>日本にも現れなかったけど。

織田信長

521世界@名無史さん2017/03/18(土) 23:52:01.260
南アジアならチャンドラ・グプタ、東南アジアなら南詔がいる

522世界@名無史さん2017/03/18(土) 23:58:36.770
ヨーロッパにはナポレオンやカール大帝が居るな

523世界@名無史さん2017/03/19(日) 00:10:06.550
マリ帝国のアブ・バカリ2世とかどうよ?

524世界@名無史さん2017/03/19(日) 00:21:43.970
どの国もなんでこいつらこんなにわかれとるんやってとこ多いな

525世界@名無史さん2017/03/19(日) 00:58:23.170
>>519 にゃほにゃほ玉九郎は入閣できたかな

526世界@名無史さん2017/05/08(月) 22:44:33.130
南アフリカの白人は、少数派になった白人キリスト教徒の大虐殺の勃発を恐れている。
Civil Defense Expert: White Genocide Imminent in South Africa ≫ Alex Jones' Infowars:
There's a war on for your mind!
https://www.infowars.com/civil-defense-expert-white-genocide-imminent-in-south-africa/

527世界@名無史さん2017/05/10(水) 00:45:05.200
>>511
暑い地域にも遊牧民はいるんだがなぁ・・・

528世界@名無史さん2017/07/04(火) 15:59:36.210
南アのアフリカーナには黒人(あとマレー人やホッテントットなんかも)の血が入ってる
ってのを何かの本で見たおぼえがあるが、アパルトヘイト体制を維持しようとした
ピーター・ボタ元大統領って
ttps://www.biography.com/.image/c_fill%2Ccs_srgb%2Cg_face%2Ch_300%2Cq_80%2Cw_300/MTIwNjA4NjMzNzQ5MDc5NTY0/p.jpg
肌の色を黒くしたら黒人っぽくも見える顔立ちのような。

529世界@名無史さん2017/07/23(日) 07:45:34.830
人気ライオン、息子も射殺される…国立公園外で 【ヨハネスブルク=木村達矢】

アフリカ南部ジンバブエの国立公園近くで、2年前に米国人ハンターに殺された
雄ライオン「セシル」の子供が、ハンターに射殺されたと21日、AFP通信などが報じた。
人気が高かったセシルに続く親子2代の悲劇で、野生動物の狩猟に対する批判が、
改めて高まる可能性がある。
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170722-50055/


白人男性は危険な集団であり、適切に管理されるべき。
アングロサクソンはライオンだけでなく、有色人種もまた趣味としての狩猟の
対象にしてきた。地政学者のマッキンダーは、アフリカで黒人を狩猟している。

530世界@名無史さん2017/07/23(日) 10:34:11.700
>>528 ボタって名前自体、コイサン諸語のどれかでBo!(クリック音)aみたいな発音の名前から来たのかと思ってた
一応オランダ語由来らしいけど
https://en.wikipedia.org/wiki/Botha

531世界@名無史さん2017/07/23(日) 14:00:36.040
>>529
野生動物の狩猟を金で売って儲けようとする卑しいニガーのほうが問題

532世界@名無史さん2017/07/26(水) 23:46:05.300
なんでナイロート系やクシュ系は喜望峰までたどり着かなかったんだろう
遊牧だけじゃ冷涼な南部アフリカではやっていけなくて、農耕も必要だった?でも先住民のコイコイは遊牧民になってたしな
ナイルサハラ系やアフロアジア系はバントゥーみたいに人口爆発が起きなかったから、東アフリカを離れて南下する必要がなかったのかな

533世界@名無史さん2017/08/02(水) 13:53:19.010
定期的に西アフリカの大国を破壊しに来るモロッコとかいう国

534世界@名無史さん2017/08/02(水) 20:16:49.280
モロッコが壊すのは男性の金玉だけじゃないのか
ってあれはヨーロッパから来た外国人医師が個人的にやってたことだそうだけどw

535世界@名無史さん2017/08/03(木) 00:10:59.280
モロッコはガーナ王国もソンガイ帝国も滅ぼしてサハラ以南の発展を妨げた感ある

536世界@名無史さん2017/08/03(木) 20:17:44.530
更には未だに西サハラを束縛

537世界@名無史さん2017/08/08(火) 13:35:24.560
クロンボ土人

538世界@名無史さん2017/08/08(火) 13:50:42.210
アラブ人の奴隷狩りによって荒廃してしまった

539世界@名無史さん2017/08/08(火) 16:51:15.870
欧米白人(西アジアの金髪碧眼は別)は黒人に黄人以上の強い差別感情を持っていた
アジアや新大陸に石造りの建造物があった場合に、それを現地人が作った事は否定しなかった
あくまで異教の建物であっても現地の有色人種の建造物であるとはした
これがブラックアフリカのジンバブエで発見されると、徹底して現地民の建設である事は否定してかかった
これは白人が作ったとして譲らなかった 白人考古学者が調査結果でバンツー系の住民による建設と報告しても全く相手にしなかった
黄赤褐色人の文明は存在を認めても、黒人文明だけは長く絶対に認めなかった

540世界@名無史さん2017/08/08(火) 16:56:56.550
欧米を叩くためにアフリカを利用しよう。
立ち上がれ愛国戦士!
みんなで愛国史観を育もう!

541世界@名無史さん2017/08/08(火) 19:24:19.100
チョン半島に古墳が見つかるとチョンじゃない日本人が作ったと主張し、
チョン文明だけは長く絶対に認めなかった。

542世界@名無史さん2017/08/08(火) 21:59:31.590
日本も欧米人も大差がないな

543世界@名無史さん2017/09/03(日) 12:38:04.180
ウィキペ参照だとリベリアの解放奴隷の子孫って全人口の2.5%しかいないんだよね
(25%じゃない)
南アの白人(9%)やカラード(9%)よりも少ない

544世界@名無史さん2017/09/03(日) 12:46:40.160
>>542
南チョン半島は日本の領土だったとか言い出すしな

545世界@名無史さん2017/09/03(日) 15:03:11.820
南も北も36年間日本の領土だったけどな

546世界@名無史さん2017/09/06(水) 20:36:36.810
アメリカの属国として70年あまり

547世界@名無史さん2017/09/19(火) 22:10:32.140
イギリスが去って50年経つのに、アフリカの多くの裁判官が未だにカツラを着けているのは何故か?
It’s been 50 years since Britain left. Why are so many African judges still wearing wigs?・・・
https://www.washingtonpost.com/world/africa/its-been-50-years-since-britain-left-why-are-so-many-african-judges-still-wearing-wigs/2017/09/14/6dc03b50-7ea6-40f8-9481-7f034498a790_story.html

イギリス風の名前の方が問題だよ。

548世界@名無史さん2017/09/20(水) 18:22:38.220
ありがとうイギリス様
僕たちに文化を授けてくれたイギリスに感謝

549世界@名無史さん2017/09/21(木) 21:39:43.250
>>541
チョンに作れるわけがない。すべてはウヨジナル。

550世界@名無史さん2017/09/21(木) 22:47:00.460
コンゴ王国は王や王子や首都の名前もポルトガル風にしたが、
なんでこんなことをするんだろうな?
歴史好きの人間の神経を逆なでするためにやってるとしか思えん

551世界@名無史さん2017/09/21(木) 23:55:09.840
日本も高度な文明国である中国風に漢字一文字にして喜んでいたよね

552世界@名無史さん2017/09/22(金) 00:10:56.000
最近のキラキラネーム
両親とも日本人なのに外国人風の名前もあるね

ジョージ
マリア
レオ
ライト
ジュリアン
アリア
レオナ
ジュリ
ノエル
レナ
アトム
マリオ

553世界@名無史さん2017/09/25(月) 18:14:47.530
>>551
あれは同じ東アジアの中だからまだ許容範囲
タイがアンコール王朝から学ぶのと同じ
コンゴ王国の規範となる国家や文明がブラックアフリカにあれば問題無かった

554世界@名無史さん2017/09/25(月) 19:40:15.690
サヘル周辺の国はアラブ風だろ、マリ帝国のムハンマドとか

555世界@名無史さん2017/10/02(月) 23:44:39.700
サヘルローズのサヘルと同語源なのか?

556世界@名無史さん2017/10/03(火) 12:10:20.080
>>553 エチオピアの存在を教えてあげたかった

557世界@名無史さん2017/10/03(火) 19:21:12.230
>>556
エチオピアは純粋なアフリカというより中東に近いがまあ贅沢は言わん

558世界@名無史さん2017/10/03(火) 19:33:15.710
>>551
何の話だ?

559世界@名無史さん2017/10/03(火) 19:34:07.500
日本史を勉強しろ中卒

560世界@名無史さん2017/10/03(火) 19:37:06.250
>>557
ブラックアフリカにってのエチオピアは、
ヨーロッパにとってのギリシア

561世界@名無史さん2017/10/04(水) 23:15:44.270
水曜日のダウンタウンで
「アフリカ人ならどの国のアフリカ人だか分かる説」ってのやっていたけど
ケニア人(東海岸人)だけ明らかに雰囲気が違うよね。
後は全員、西海岸人
https://www.youtube.com/watch?v=rcZNe90lyes&t=119s

562世界@名無史さん2017/10/05(木) 00:15:56.390
西南アフリカの中心地だったコンゴが自分達を蹂躙した侵略者の王の名前を付けた都市の名を独立後も変えないなんて
ブラックアフリカの中心地:スーダン エチオピア チャド ニジェール マリ 
モーリタニア ガーナ ナイジェリア コンゴ ジンバブエ等

563世界@名無史さん2017/10/05(木) 19:36:27.630
侵略者=文明を授けてくれた者と同義だからな

564世界@名無史さん2017/10/05(木) 23:12:55.970
地図や標識を変えるにもお金がかかる

565世界@名無史さん2017/10/21(土) 00:39:18.770
銀行預金残高対GDP比 2016年
世界3位ナミビア

銀行大好きナミビア人?

566世界@名無史さん2017/10/26(木) 01:16:49.420
画像検索で南ア白人の家を見てみたけどなぜか平屋建てが多いのね

567世界@名無史さん2017/10/26(木) 22:59:23.530
南ア軍の黒人高官ってANCゲリラの出身者が多そうだけど、
ANC政党内の派閥抗争が軍内部にまで及んでたりする?

568世界@名無史さん2017/10/29(日) 02:01:21.090
アパルトヘイト時代の反体制作家ブレイテン・ブレイテンバッハ,
この人の兄貴は軍の特殊部隊隊長としてレキースの創設に携わるなど
それこそ体制側の人間として活動してたのね。

569世界@名無史さん2017/10/31(火) 02:54:12.920
グレートトレックを経て作られたボーア人国家、トランスバール共和国とオレンジ自由国。
大統領の中には旧宗主国オランダに留学してた人もいるのね。

ttps://en.wikipedia.org/wiki/Martinus_Theunis_Steyn
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Thomas_Fran%C3%A7ois_Burgers

570世界@名無史さん2017/11/07(火) 22:13:40.780
70年代後半の南ア,
当時の警察トップは60代半ば(この年齢だと普通なら引退?)で
就任してたけど,同時期軍のトップはこれより一回り若い40代半ば
で就任してたんやな。

当時の警察トップ
ttp://www.samirror.com/gen-mike-geldenhuys.html
当時の軍トップ
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Magnus_Malan

571570・訂正2017/11/07(火) 22:15:05.900
>同時期軍のトップ
同時期の軍トップ 
だったorz

572世界@名無史さん2017/11/09(木) 11:09:32.650
>>570
普通だったら50半ばで就任しそうな感じだけど
両極端やな

5735722017/11/09(木) 11:26:23.400
余談ながら前任の軍トップはそれこそ50半ばで就任してたっけか
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Hugo_Biermann

574世界@名無史さん2017/11/13(月) 10:53:02.760
レス570に載ってる警察トップ,5年後に後任となった人物が1928年
生まれとあったから1913年ではなく1923年の間違いじゃないのかと
思った。

実際にはどっちなんだろうな。

575世界@名無史さん2017/11/22(水) 06:27:33.500
なんか無性にマイルス・デーヴィスのジンバブウェを聞きたくなった。
でも、勤めがあるから、今すぐには・・・

576世界@名無史さん2017/11/22(水) 06:38:36.080

577世界@名無史さん2017/11/25(土) 23:55:14.650
そういやジンバブエではムガベが大統領を辞任したっけ

578世界@名無史さん2017/11/26(日) 02:38:07.970
TOTOも思い出してあげてください

579世界@名無史さん2017/11/26(日) 06:03:46.640
便器?

580世界@名無史さん2018/01/30(火) 09:40:12.390
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

G052K

581世界@名無史さん2018/03/28(水) 20:16:20.780
2008年ルワンダで女性議員が過半数を超える(世界初)。

582世界@名無史さん2018/03/28(水) 22:09:10.790
発展途上国ってそういう変な所で「女性進出」を進めて国威発揚しようとするよね
中間管理職の女性率世界一(フィリピン)とか女の将校を租税乱造してる某北の国とか

583世界@名無史さん2018/03/30(金) 17:53:38.220
女性議員比率
1位ルワンダ
71位中国
116位韓国
158位日本

584世界@名無史さん2018/03/30(金) 19:16:06.760
日本の女性議員でよく聞く名前を思い浮かべてみると
女性議員が多いから途上なんじゃないかと・・・

そんなわけじゃないのは解ってるんだけどな

585世界@名無史さん2018/03/30(金) 22:40:13.540
よく知らないのに何だが、ルワンダは事情があるのだろう
この前の戦争、内乱で男が戦死か、国外に流出しているとか

586世界@名無史さん2018/03/31(土) 02:15:45.590
>>584
平均的な男女はともかくとして
能力的なトップに関しては男女に格差があるとは生物学的にどうしても覆せないからな
筋力はもちろんのこと、将棋でも女性は男性の棋士に敵わないしで頭脳にも限界値には差がある

587世界@名無史さん2018/03/31(土) 12:59:05.130
将棋はそもそも女性の競技人口、絶対数が違う。
TOEICは男526、女668点

>>585
憲法で30%以上としている。
クオータ制導入前で25%ぐらい。クオータ制導入で50%を超えた。

クオータ制なしならNYで1/3ぐらい。

588世界@名無史さん2018/03/31(土) 16:05:42.970
NYじゃんくてNZね

589世界@名無史さん2018/03/31(土) 18:06:07.870
>>587
将棋は小学生くらいまでは、男女のトップにそんなに差は無いのに、中学生くらいから差がどんどん開いていくのは
競技人口の差では説明できない
むしろ、男に勝てないので辞めていく人間が多いから、結果として競技人口に差ができるんじゃないのか

590世界@名無史さん2018/04/01(日) 01:31:22.960
頭がいいとかじゃなくて、根本的な問題として向いているかいないかだな
本邦の女性政治家は賢しくはあるのかもしれないけど・・・

世界にはサッチャーみたいに肝据えて何かをなす人もいるけどね

591世界@名無史さん2018/04/22(日) 19:33:38.050
>>585
ルワンダ内戦の死者は非戦闘員が9割なんですけど
まぁこれはルワンダに限らずアフリカの内戦はどこもそう
モザンビーク紛争何て犠牲者の平均年齢が11歳だったり

592世界@名無史さん2018/04/22(日) 19:39:02.090
それと女性議員が多いのもルワンダに限らずブラックアフリカはどこもそういう傾向がある
議員の女性率ランキング上位10国のうち半分はブラックアフリカ
ほか女性の就労率子供をもつ女性の就労率も総じてブラックアフリカは高い

593世界@名無史さん2018/04/26(木) 22:08:13.310
アニヲタWiki(仮)の「世界一幸運な男/世界一不幸な男」だけど
ここ基準だと「世界一不幸な男」にはならないよね。
参考
https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/6627.html
世界一幸運な男は、日本人の妻を持ち、アメリカ人の家に住み、イギリス人の給料を貰い、中国人のコックを雇う男。
世界一不幸な男は、アメリカ人の妻を持ち、日本人の家に住み、中国人の給料をもらい、イギリス人のコックを雇う男。

あえてアフリカで統一するとエチオピア人のコックが入って
最後のオチがヨハネスブルグになりそう

594世界@名無史さん2018/04/27(金) 14:05:10.470
エチオピア人の妻を持ち、アフリカーナ―の家に住み、イギリス系南アフリカ人の給料をもらい、
さてコックはどの国民?アフリカ全部でいいなら北アフリカのどこかの国になるのかな

595世界@名無史さん2018/04/27(金) 18:32:28.110
>>594
>北アフリカのどこかの国
モロッコとか・・

596世界@名無史さん2018/04/27(金) 23:19:56.130
アニオタってこういう出典が不確かな愛国ポルノ的デマすぐに真に受けるよな
そもそも外国人が日中韓の区別がつくわけないだろ
自国の女が世界で一番良いと思うのは世界共通らしいけどな

597世界@名無史さん2018/04/28(土) 00:13:09.230
ふーんあっそ(無関心)
はい次の無識なチョッパリ

598世界@名無史さん2018/04/29(日) 18:04:20.000
>日本人の家に住み、中国人の給料をもらい、イギリス人のコックを雇う男。

中国人もイギリス人も日本人より狭い家に住んでるけどな

599世界@名無史さん2018/04/29(日) 19:27:04.570
そう思いたいんでつねわかりまつ

600世界@名無史さん2018/04/30(月) 00:58:46.510
人が生活するのに適した地を人数で割ると
日本のほうが中国より広いという話もあるしな

601世界@名無史さん2018/04/30(月) 18:30:24.540

602世界@名無史さん2018/05/03(木) 18:32:43.920
>>596
チョンファン以外のチョンは半島に帰る様に

603世界@名無史さん2018/05/03(木) 20:20:54.270
>>600
どう考えても日本のほうが狭いよ
地図とか見たことないの?日本の国土の9割近くは山だよ
で残り1割の平地に家がびっしりと立て込んでいる

604世界@名無史さん2018/05/03(木) 21:05:36.180
エチオピアってたびたび統一王朝が現れたのに、なぜ固有語由来の国名が生まれなかったんだろう
エチオピアもアビシニアも外来語由来(それぞれギリシャ語とアラビア語)だし
エチオピアは韓・朝鮮やベトナム(越南)みたいに、固有語の国名が生まれないほど外来文化に染まった場所でもなさそうなのに
フィリピンやインドネシアみたいに歴史的にはまとまっていなかった時期が長い場所でもないのに

605世界@名無史さん2018/05/03(木) 23:59:46.050
>>604
日本人がそれを言うとブーメランになるからやめろwwwwwwww

606世界@名無史さん2018/05/04(金) 00:15:34.960
>>603
どういう計算したかは知らんが一応公に出た数字だ
日本に山が多いのは事実でおかげで森が多く残っているけどそれでも森林は6割
中国は大半が砂漠かその過程だな
ちなみにフランスは国土の6割が耕作可能らしい


日本の9割が山の根拠をプリーズ

607世界@名無史さん2018/05/04(金) 02:13:36.270
>>604
偉大なる中国様から見て大陽の方向の国です。

608世界@名無史さん2018/05/04(金) 12:44:03.210

609世界@名無史さん2018/05/04(金) 14:55:09.040
>>605
一応美名みたいなもんだけど秋津州とか大和とかあるし
生物の標準和名でも日本固有種であることを示す接頭辞みたいにヤマトを使うし
エチオピアにもアムハラ語かゲえず語の国名が実はあったりするのかな

610世界@名無史さん2018/05/04(金) 19:45:09.190
>>609
てかアビシニアは自称のハベシャが訛ったものだからそもそも外来語由来ではない
https://en.wikipedia.org/wiki/Abyssinian_people

611世界@名無史さん2018/05/04(金) 21:33:35.290
ジャップランドより優れているとは許せない

612世界@名無史さん2018/05/04(金) 23:13:09.090
自国の首都名に他国名
ポート・オブ・スペイン

613世界@名無史さん2018/05/04(金) 23:39:17.570
>>606
可住地面積を調べてみると
中国は
723万平方メートル
http://dataranking.com/index.cgi?RG=7&CO=China&GE=ee&LG=j
で日本は
11万平方メートル
http://dataranking.com/index.cgi?RG=7&CO=Japan&GE=ee&LG=j

となっている
中国は日本の10倍の人口があるが可住地は70倍あるので単純計算で居住可能面積あたりの中国の人口密度は日本の7分の1ということになる

人が生活するのに適した地を人数で割ると日本のほうが中国より広いという君の話のほうが興味深いな
一体どういう計算なんだ?調べてみると日本の実質的な人口密度は都市国家並みなんて話もでてくるが

614世界@名無史さん2018/05/05(土) 01:15:45.530
中国
耕作可能地105万7200km^2(世銀2013)

615世界@名無史さん2018/05/08(火) 00:13:56.520
>>612
自国の空港名に他国の偉人の名
ネルソン・マンデラ国際空港(カーボヴェルデ)

616世界@名無史さん2018/05/08(火) 21:20:22.700
オランダ領時代のケープ植民地に渡った白人女性、調べてみたらオランダ人や
(宗教的迫害を嫌ってオランダに逃れていた)フランス人新教徒は目にしても,
ドイツ人は意外と見かけなかった。

旦那・子供と一緒にオランダ経由でドイツから移住したのかと思ってたけど,ドイツ人は
オランダ東インド会社の兵士として採用された男が単身で渡ってたのね。

617世界@名無史さん2018/05/10(木) 04:16:01.510
>>179 超遅いレスだが
私も王族の末裔がミュージシャンて聴いてへえ〜と思ったクチだが、よく調べると
マリでは王族・神官のような家柄でないとプロの音楽家になれないのだった。マリの
代表的なミュージシャン、サリフ・ケイタ、ロキア・トラオレ、トゥマニ・ジャバテ
アリ・ファルカ・トゥーレ、Trio Da Kaliなどみな名家の出身で
ケイタ、トラオレ、トゥーレ、トゥマニはそれぞれ近年大統領を輩出している家柄だ
コラなどの伝統的なマリの楽器は神事などに用いられるもので大衆はさわることも
できない。また欧米に留学して有名アーティストとセッションしたりできるのも財力の
ある家柄だからということらしい。
民族音楽というと民衆の音楽と勘違いしがちだが少なくともマリやセネガルでは
特権階級のものなのだった。ケイタやトラオレを聴くと大正歌謡のような日本人に
親しみやすい曲があったりするのでそういう感じはしないんだけど。
https://www.youtube.com/watch?v=DbWimgQKtMI

618世界@名無史さん2018/05/14(月) 21:17:56.670
>>593
いつの時代の話をかにもよる
農村戸籍でなければ今の中国の方が日本より
景気が良く給料が良いという話もある
これもいつまで続くか分からん
中国人のコックには深刻な公害に汚染された
食品に無頓着な奴も多い
イギリスの労働者階級は戦後の社会福祉はともかく給料自体は高いかな?
イギリスは世界中から富を収奪した割には
ケインズ以前に庶民に還元した要素は低い
2000年代以降のアメリカは経済崩壊、暴動だらけでアカンだろ、という釣りか

619世界@名無史さん2018/05/14(月) 21:22:12.750
中国のコックよりもインドのコックの方が個人的には味が好みだ

620世界@名無史さん2018/05/14(月) 21:35:09.410
>>29
ここの板で今更書いてもだが
エチオピアとスーダンは外部から同じような
大雑把な意味で命名されているからややこしいよな
ギニアもしかり
ここでエチオピア族とされてるのはクシュ族であってアムハラ族ではなく、古代ギリシャではエチオピアが西隣のスーダンにズレてる訳だ
逆にクシュという名前が全く出てこないのが不思議だな

621世界@名無史さん2018/05/14(月) 21:54:38.980
世界経済のネタ帳で1980年のデータ見たけど
「世界の一人当たりの購買力平価GDP」
http://ecodb.net/ranking/old/imf_ppppc_1980.html
「世界の一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング」
http://ecodb.net/ranking/old/imf_ngdpdpc_1980.html

内陸国で隣接国も酷いし
おおよそ産業なんて発展する国じゃないだろ・・・と思っている国の下に
(ニジェールとか中央アフリカとか)
中国とインドが居るのが興味深いな(最下位に近い所)
もっと後の90年のデータだとベトナムが最下位周辺に居たりする

あと80年のデータだと「世界の一人当たりの名目GDP」の項目で
コンゴ(旧ザイール)が47位 で台湾(49位)より上なのがビビった

622世界@名無史さん2018/05/23(水) 18:36:58.440
ニジェールも赤道アフリカもオイルマネー。
アラブ土人国のバーレーンやUAEやサウジなどと同じ構造
人口に対するオイルマネー額の関係で格下だけど。

623世界@名無史さん2018/05/25(金) 01:22:43.060
>>370
無いのは論外

624世界@名無史さん2018/05/25(金) 01:22:56.600
>>371
不道徳野郎ワロス

625世界@名無史さん2018/05/25(金) 01:23:19.670
>>372
うるせぇ

626世界@名無史さん2018/05/25(金) 01:23:51.540
>>352
で?どうした「ミンジョク」(笑)

627世界@名無史さん2018/05/25(金) 01:24:08.050
>>353
無理だなお前のような腰抜けがいたらな

628世界@名無史さん2018/06/03(日) 23:15:40.690
15世紀末、コンゴ王国の王子ポルトガルに行く

629世界@名無史さん2018/06/04(月) 01:18:18.500
フルメタルジャケットでハートマン軍曹がほほえみデブを罵る際,
直訳で“コンゴの人食い族“って表現が出てた。

630世界@名無史さん2018/06/04(月) 17:08:39.840
下朝鮮なんて日本が教育する前までの李氏朝鮮時代なんて暗黒期というほど荒廃してた
植民地時代を否定して自民族の優位性を誇りたい方は惨めだよね
結局白人や日本人への嫉妬でしかない
ウリナラファンタジーとか惨め

631世界@名無史さん2018/06/04(月) 17:25:37.790
すれ違い、ネトブタは豚小屋に帰れ

632世界@名無史さん2018/06/04(月) 22:15:34.110
ビオコ島はヨーロッパ人が発見した時点で先住民がいたのに、なぜサントメ島は奴隷を連れてくるまで無人だったんだろう
同様に北アフリカでも、カナリア諸島には先住民がいたのに、アゾレス諸島とマデイラ諸島は15世紀まで無人島だった

633世界@名無史さん2018/06/04(月) 23:28:37.510
カナリア諸島の先住民は、北アフリカのベルベル系のグアンチェ族だな
カスティーリャ王国は15世紀を通じてこの島の征服に乗り出し、1488年に征服を
完了させている
グアンチェ族は征服時には約16万人いたとされるが、征服による犠牲とその後の
ヨーロッパ人による入植の中で数を急減させ、グアンチェ語は廃れ住民間の
混血も進んだために、現在のカナリア住民にグアンチェの痕跡を見ることは難しい

634世界@名無史さん2018/06/05(火) 19:26:29.400
>>632
ビオコ島はカメルーン山から見える

635世界@名無史さん2018/06/06(水) 00:58:21.440
カナリア諸島ってヨーロッパ人到達前にイスラム教は伝播したのか?

636世界@名無史さん2018/06/06(水) 01:53:06.550
カナリア諸島といえばフランコ将軍の左遷先

637世界@名無史さん2018/06/08(金) 21:14:55.870
カナリア島民とかカナリア系の人々ってカナリア諸島を探検
したジャン・ド・ベタンクールにちなんでかベタンクール姓を
持つ人が多いってウィキに書いてあるけどホンマかいな?

638世界@名無史さん2018/06/14(木) 08:44:05.630
モーリシャスはオランダのマウリッツ公にちなんでその名が
冠せられてるそうだけど,地名だと“モーリティア“となりそうな
気がするのにそうはならなかったのね。

639世界@名無史さん2018/06/17(日) 08:45:40.840
ふとイギリス系の国って飯マズ国扱いされ易いけど
(アメリカ、オーストラリア等)
南アフリカはメシマズ国扱いされない例外だよね。

640世界@名無史さん2018/06/17(日) 21:05:58.440
>>637 英語読みしたらベッテンコートか
有名人
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88
ポルトガル人の姓としてはどう発音するんだ?アメリカで改姓したとは書いてないけど

641世界@名無史さん2018/06/19(火) 22:56:13.460
>>638
ビスマルク諸島とかバレンツ島とかヴィクトリア島とか、だいたいそのまんまだろ

642世界@名無史さん2018/06/20(水) 09:45:09.960
マウリッツ(ラテン語読み:マウリティウス)

だから何w

643世界@名無史さん2018/06/20(水) 22:20:03.430
そんなWikipediaに書いてあることをドヤ顔で言われてもな

644世界@名無史さん2018/07/02(月) 16:29:34.690
>>616
>ドイツ人はオランダ東インド会社の兵士として採用された男が単身で渡ってたのね。

となりのナミビアがドイツの数少ない植民地だったから、
そっから流れて来たのでは

645世界@名無史さん2018/07/04(水) 00:44:15.040
>>643
本や学術系のサイトで知った情報がたまたまウィキに載っててもこの調子じゃうかつに
投稿できねえな

>>644
ドイツがナミビアに進出したのってオランダがケープ植民地領有してた頃よりずっと後じゃね?

646世界@名無史さん2018/07/12(木) 09:55:42.980
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

MV9

647世界@名無史さん2018/07/13(金) 00:46:17.410
W杯期間中だからサッカーネタで
アフリカサッカー連盟の本拠地がカイロになった理由って何だろうな?

・アジアサッカー連盟(本部マレーシア:クアラルンプール)
・欧州サッカー連盟(本部スイス:ニヨン)
・南米サッカー連盟(本部パラグアイ:アスンシオン)
となるべく中間地域に本拠地があるんだよね
北中米だけ何故かアメリカのマイアミだが

そう考えるとアフリカの場合、中間ポイントの主要都市に本部置くならラゴスなんだろうけど
(サッカーもナイジェリアは若年層の大会で優勝経験が多い)
設立当初(アフリカサッカー連盟の設立は1957年)は
大規模な施設置いても問題無い都市がカイロしかなかったって事?

648世界@名無史さん2018/07/13(金) 02:10:39.640
ナイロビでもよさそうだけど....

649世界@名無史さん2018/07/13(金) 03:57:41.940
マイアミもカリブ海に面してるから中米や西インド諸島との交通の便はいいだろう
カイロもサッカー連盟が出来た頃は飛行機での旅客移動が一般的ではなく船旅が当たり前だったのだからアフリカの交通の中心はエジプト一択となる

650世界@名無史さん2018/08/26(日) 00:37:03.340
リベリアって国の成り立ちからして国のアイデンティティーって何だろうな・・・考えたくなるような歴史してるよね。
何もかも中途半端というか
アメリカ黒人が土地を買って独立した割に
アメリカからの黒人移民も少ない(リベリアのアメリカからの黒人移民は南アフリカの白人やカラードよりも割合は低い)
だからと言ってイスラエル見たいに現地人を追い出す事も出来ず
少数のアメリコ・ライベリアンが現地の先住民族を奴隷のようにこき使う体制が出来上がり
この点、アパルトヘイト時代の南アフリカと似てるけど
南アフリカ見たいに国際大会を成功させる資金力がある訳でも無いし誘致出来るアテも無い

651世界@名無史さん2018/08/26(日) 07:19:06.140
黒人であるというアイデンティティ

憲法により
、『黒人または黒人の家系であるもの』だけが国民であり土地を所有できる。

リベリア政府が避難しているアフリカの古き良き伝統である儀式殺人(生け贄)。

652世界@名無史さん2018/08/26(日) 15:04:49.490
>>650 便宜置籍船から入ってくるはずの莫大な金はどこに消えてるんだろうね

653世界@名無史さん2018/08/26(日) 18:03:15.240
2008/09年の収入は1602万7500米ドル

歳入の6.4%をまかなうに過ぎない

2010年のGDPは1050億円

654世界@名無史さん2018/08/26(日) 18:24:14.380
そもそも料金が安価だから便宜置籍の意味があるわけで、国が潤うほど高いなら意味がない

655世界@名無史さん2018/08/27(月) 14:20:40.140
パナマ船籍1位は日本(どうせ時差があわないさ)
リベリア船籍1位はドイツ(時差の関係か?)

656世界@名無史さん2018/08/27(月) 21:22:40.370
じゃあリベリアは何を思って便宜置籍船受け入れなんか始めたんだろう
タックスヘイブンと違って自国経済に与える好影響は限定的みたいだし
額が少なくても、とにかく歳入の足しになれば何でもいいってことか。なるべくなら労少なく始められるものをとか?
ひょっとしてリベリアって記念切手とか記念硬貨も乱発してたりするのかな?

657世界@名無史さん2018/08/27(月) 22:41:18.470
リベリア人の海運王って聞いたことないわ

658世界@名無史さん2018/09/02(日) 09:56:46.330
現在のアフリカのベニン近辺に、王国が、18世紀から19世紀末にかけて存在。
欧米諸国による奴隷狩りで男性が少なくなったこともあり、女性だけの部隊も大活躍することとなり、
侵略してきたフランス軍と戦った最後の戦闘では、彼女達434人中生存者は17人だけだった。
http://www.bbc.com/travel/story/20180826-the-legend-of-benins-fearless-female-warriors

659世界@名無史さん2018/09/11(火) 18:05:36.070
アフリカ人の奴隷狩りでしょ。

660世界@名無史さん2018/09/11(火) 22:28:51.910
ヨーロッパ人の奴隷商人は、現地の奴隷商人から奴隷を買っただけだからな
自分達が売ったものを狩られたとか言ってるのか

661世界@名無史さん2018/09/11(火) 23:20:31.420
>>657
自分たちで船を所有している割合が少ないから

2011年大型船
パナマ所有1251隻(パナマ船籍は6413隻)
リベリア所有190隻(リベリア登録は2771隻)

662世界@名無史さん2018/09/12(水) 10:31:25.500
>>661
船籍と所有てどう違うんや?

663世界@名無史さん2018/09/12(水) 18:38:23.530
>>857
リベリア
大資本家がいない。
国家予算100-200億円
国内トップクラスの資産家が数億円。

リベリアの航空会社100%を支配しても
リベリアの小売業100%を支配しても
リベリアの電力100%を支配しても
数億円

日本の場合

国家予算(一般会計)100兆円
トヨタ 23兆円
孫正義 2.3兆円
柳井正 1.8兆円
佐治信忠 1.5兆円

国内50位で1000億円ぐらい

664世界@名無史さん2018/09/12(水) 20:04:40.420
経済を牛耳る層はレバノン出身のアラブ人なんだっけ

665世界@名無史さん2018/09/12(水) 21:11:02.000
中古の貨物船を買い取って
西アフリカの諸国へ小分け輸送ぐらいしかできない。


リベリアのトップクラスの富豪が米国に38.5万米ドルの屋敷を購入して話題になる程度。

666世界@名無史さん2018/09/12(水) 23:43:22.250
ひょっとして大統領選に出たかつての海外でのサッカーのスター選手って、リベリア国内では日本でいう孫正義レベルの富豪なのか
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2
女性候補に敗れた記憶があるけど、今は念願かなって大統領なのねw

667世界@名無史さん2018/09/13(木) 19:51:09.870
モンゴル(人口300万人、一人当たりGDP1万ドル)

朝青龍、銀行経営など総資産100億円、モンゴル47-48位あたり


日本だと、大正製薬、ブリヂストン、セガ、平和(パチンコ)、コーエーテクモ、GMO、スギ薬局創業者・社長相当

668世界@名無史さん2018/09/13(木) 21:10:23.860
>>664
フランス語を流暢に話しフランスに留学経験を持つキリスト教徒が
多かったりすんのかね?

669世界@名無史さん2018/09/13(木) 21:56:18.290
リベリア最大の企業

書類上リベリア、事実上米国企業のロイヤル・カリビアン・クルーズ
株式時価70-80億ドル

リベリアのGDPを余裕で超えている

670世界@名無史さん2018/09/13(木) 23:08:02.350
バクリー「黒人たちは人間よりも動物に近く、彼らはもっぱら物欲に興味を持ち、しばしば食人を行い、
      ほとんど羞恥心を持たない」

イドリースィー「黒人たちは最も堕落した人々であるが、子供を生む能力は最もすぐれている人々である。
         彼らの生活はまるで動物のようで、彼らは物と女以外の欲求以外になんの関心もしめさない」

イブン・バットゥータ「彼らの教養の無さや白人に対する無礼な態度をみて、つくづくこんなところまで
             来てしまったことを後悔した」

イブン・ハルドゥーン「黒人の大半は洞穴や密林に住み、草を食い、野蛮のままで社会的集団生活をせず、
             たがいに殺して食べる。
             黒人は一般に軽率で興奮しやすく、非常に情緒的な性格で、メロディを聞けば
             いつでも踊りたがり、また、黒人はどこにおいても愚か者とされている」

サイード・アルアンダルスィー「黒人の気質は血の気が多くなり、気性は激しく、彼らの色は黒く、彼らの頭髪は縮れている。」
                  「彼らは自制心と心の安定に欠け、移り気と愚かさと無知が勝っている。
                   エチオピアの果てに住んでいる黒人、ヌビア人、ザンジなどがそれにあたる。」

671世界@名無史さん2018/09/16(日) 00:18:10.380
リベリア大学
2013年受験者数2万5000人、全員最低合格ラインに到達せず合格0人

2014年1万3000人で合格15人

2018年合格率17.5%

672世界@名無史さん2018/09/16(日) 02:10:54.280
>>671
家が裕福→子供の教育にお金をかける→大学進学希望→海外の大学へ

673世界@名無史さん2018/09/16(日) 10:25:43.800
 
    ■■■■■
   ■■■■■■■
  ■■■■■■■■
  ■■■■■■■■     ________
  ■■ ■ ■■ ■ ■■  /       
 ■■■■■ ■■■■ < >>660 自分達で売り払ったのに被害者面? アフリカでよくあること
 ■■■■■ ■■■■  \            
 ■■■■   ■■■     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ■■■■■■■■
  ■■■■■■■■
  ■■■    ■■
   ■■■■■■■
     ■■■■■

674世界@名無史さん2018/09/16(日) 21:17:55.320
ゼニス銀行

ナイジェリア最大の商業銀行
支店・営業所が500以上
従業員数4000

数は力なり

横浜銀行 4863(地銀トップ)
静岡銀行 4029(地銀5位)

675世界@名無史さん2018/09/17(月) 03:56:41.720
人口は日本を超えたのにな
そして人口増加率が高いから、どこに支店を作っても当分は右肩上がりしそう
ただ、客が預けてくれる金を集めるのが大変か
だから規模が日本の地銀並み?

676世界@名無史さん2018/09/17(月) 11:05:34.520
トゥンブクトゥはなぜ衰退したのか

677世界@名無史さん2018/09/17(月) 23:00:43.340
ゼニス銀行
総資産3兆円

バンコ・デ・オロ・ユニバンク(フィリピン1位)
総資産3兆円

ライバル国はフィリピン

浜銀、静銀だと総資産13-11兆円

678世界@名無史さん2018/09/20(木) 18:11:51.350
黒人政権移行後の南ア軍ってANCゲリラ各派の寄せ集まりで互いに
連携とれてなさそうなイメージがあるけど,(かつて各ゲリラのリーダーや
パトロンだった)ANC有力者の系統に分かれての派閥抗争はすさまじいんかな?

679世界@名無史さん2018/09/20(木) 18:50:10.830
>>677 人口1億越えでも国民所得が2〜30万円といった国では、せいぜいこの辺の規模か
国内最大の銀行は人口が2億越えで所得が近いインドネシアでこの倍、人口も所得も倍程度違うブラジルだとさらにインドネシアの倍くらいの規模となるのかな
インドネシア マンディリ銀行 8兆円?
https://en.wikipedia.org/wiki/Bank_Mandiri
ブラジル ブラジル銀行 34兆円?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E9%8A%80%E8%A1%8C

新着レスの表示
レスを投稿する