ここだけ100年前のスレ

1世界@名無史さん2014/08/13(水) 05:50:53.280
なんか、欧州の方で戦争始まってるみたいだけど、どうなるんだろうな?

2世界@名無史さん2014/08/13(水) 05:56:54.050
大したことじゃないだろ
クリスマスまでに終わる

3世界@名無史さん2014/08/13(水) 06:17:16.420
んー、俺も最初は、そう思ってたんだけどさ
セルビアとかいう小国が、オーストリアの皇太子殺しちゃったから、オーストリアがそのセルビアに
戦争吹っかけただけだって
そしたら、なんか、あれよあれよという間に欧州の列強のほとんどが参戦する戦いになっちゃった
どーなってるの?

4世界@名無史さん2014/08/13(水) 18:19:30.74i
我ドイツ帝国がフランスを下しその優秀なる兵力をもってしてロシア帝国を打倒んで我帝国の勝利で終わる!

5世界@名無史さん2014/08/14(木) 03:08:51.880
ヨーロッパの列強同士の戦争って、ひょっとして、普仏戦争以来のことか?

6予言者2014/08/14(木) 09:31:44.410
この戦争中にロシア帝国は滅びるであろう

7世界@名無史さん2014/08/14(木) 16:02:40.650
あの巨大なロシア帝国がそうそう簡単に滅びるわけないだろ
なにが予言者だキチガイ

8世界@名無史さん2014/08/14(木) 16:42:43.360
予言者といえば、ロシアの皇室に影響力のあるラスプーチンとかいう怪僧、あやうく
殺されかかったらしい
よっぽど嫌われてるんだなあ、近いうちに本当に暗殺されるかもしれないね

9世界@名無史さん2014/08/14(木) 18:48:01.980
なんかドイツが悪いみたいな雰囲気広がってるけど、先に軍隊動かしたのロシアだろ・・・

10世界@名無史さん2014/08/14(木) 20:08:38.990
いやいや、皇太子を殺されたとはいえ、無理難題を吹っかけたオーストリアが
悪いでしょ。

11世界@名無史さん2014/08/14(木) 21:31:28.650
何を言う!
こんな仮定をすること自体が不敬な話ではあるがが、もしも万が一、我が国の皇太子の裕仁殿下が
外国人に殺害されたならば、日本は当然、その国に宣戦するであろう
セルビアの一青年のしたことは、君主制の国すべてを敵に回すも同然の愚行である!

12世界@名無史さん2014/08/14(木) 22:08:13.990
陛下もセルビアを目の敵としてドイツ帝国と友邦関係を持つことになるな!

13世界@名無史さん2014/08/14(木) 22:17:15.730
待て待て
わが国は英国との間に、日英同盟を結んでいる
その英国が独逸に宣戦した以上、わが国も独逸と戦うべきではないのか?

14世界@名無史さん2014/08/14(木) 22:21:12.750
>>11
その「君主制の国すべてを敵に回すも同然」のセルビアを、ロシア君主ニコライ2世が支援しているのだが

15世界@名無史さん2014/08/15(金) 10:21:23.290
祝! パナマ運河開通

16世界@名無史さん2014/08/15(金) 22:57:02.410
トルコはどう動くんだろうな

17世界@名無史さん2014/08/16(土) 01:34:54.79O
鍵を握るのは中華民国の袁世凱皇帝であろう。

18世界@名無史さん2014/08/16(土) 06:40:08.970
またフランスの共和制が潰れるのか

19世界@名無史さん2014/08/16(土) 19:23:25.890
ベルギー国王、アルベール二世陛下の演説にはしびれたね。
あれこそ君主のあるべき姿だよ。

20192014/08/16(土) 19:24:40.860
おっといけね。
アルベール二世陛下もとい、アルベール陛下。

何やってんだ俺。

21世界@名無史さん2014/08/16(土) 21:53:13.440
まあ、アルベール陛下の強気も完成したばかりの最新技術の
粋をつくしたリエージュ要塞群という鉄壁の軍事的な裏付け
のあってのこと。
あの近代要塞を攻略するのは、ドイツ野郎にはまず無理だろ
うね。
攻めあぐねているあいだに、側面攻撃を受けて撤退するはめ
になるのは確実だろう。

22ガヴリロ・プリンツィプ2014/08/16(土) 22:00:02.340
オーストリアのお偉いさんに銃を発射したら命中しちゃった。
てへ

23世界@名無史さん2014/08/16(土) 23:36:24.800
>>22
通報

24世界@名無史さん2014/08/17(日) 03:45:52.350
このたび日本陸軍は「飛行機」や「飛行船」を配備するそうですが
これらは開発された国では、事故率が高く「未亡人製造機」と
呼ばれているのを知っていますか?
もし学校に落ちてきたら大変です!
さあ、みなさんも配備反対デモに参加しませう

25世界@名無史さん2014/08/17(日) 04:01:39.360
どうも"電話機"という道具が許せない。
あれは役に立つのか。
相手は本当に本物がしゃべってるのか。
よく聞こえないし意思疎通の阻害要因としか思えない。多分廃るわ。

26世界@名無史さん2014/08/17(日) 04:05:38.250
飛行機なんて役に立つのか?
敵から丸見えで隠れることもできない
良い的になるだけだろう

27世界@名無史さん2014/08/17(日) 18:56:56.180
いやいや、武器弾薬の搭載能力に乏しい飛行機ならば
偵察任務程度にしか使えないだろうが、ツェッペリン
伯の飛行船は十分な搭載能力もあり、地上からの砲火
の到底届かぬ3000mの高空を飛翔するとか。
海陸の区別なく攻撃能力をもつ、容易ならざる脅威と
なるのでは。

28世界@名無史さん2014/08/17(日) 19:28:43.140
実際、8月6日に、ベルギーのリエージュで、ドイツの飛行船が空から砲弾を投下するという攻撃に
使われたそうだぞ
もっとも、地上からの反撃の砲撃をくらって破損し、帰路に墜落してしまったらしい

29世界@名無史さん2014/08/17(日) 19:44:13.470
鉄道が普及したときにも、それで戦争が一変するとかほざいてた奴いたよ
新しいもの影響力を大袈裟に吹聴する奴はいつの時代にもいる

30世界@名無史さん2014/08/17(日) 20:23:18.550
いや、実際、鉄道の普及は戦争を一変させたじゃん。
南北戦争とか普墺・普仏戦争とかさ。
日露戦争もシベリア鉄道がなければそもそもおこんなかっただろうし。

んで、今度の戦争で戦場を一変させることになるのは機関銃。これ。
欧州の連中にはわからないみたいだけど、日露の時には既に猛威を振るってるしさ。

31世界@名無史さん2014/08/17(日) 20:31:39.010
情報が錯綜しておるが、どうやらリエージュが陥落したようじゃ。
何でも、ドイツは日露戦争の旅順戦に使われた28サンチ重砲を真似て、
要塞攻略用の途方もない巨砲を用意していたらしい。

32世界@名無史さん2014/08/17(日) 20:32:17.200
>>27
そんな高さのところ飛んだら息が詰まるか凍えて死ぬわ常考

33世界@名無史さん2014/08/17(日) 20:49:43.600
>>32
いやいや、富士山で言えば八合目、高山病にかかる少し前の
標高じゃで、そのあたりは考慮してのことじゃろう。
独逸は化学産業が発達しておるから、呼吸用の酸素瓶も装備
してあるのではないかの。

>>31
なんと、あのリエージュ要塞が10日で抜かれたか。
此度の戦争はてっきり要塞攻略の持久戦が中心になるものと
思っていたが、これは野戦、大規模会戦での早期決着という
ことになるのかのう。

34世界@名無史さん2014/08/17(日) 20:50:49.940
年末までに一気に決戦かな。
ヨーロッパ盛り上がってるね。

ところで満鉄着工進んでるのかな。
奉天は革命派の暴動鎮圧で、地元開拓も軌道に乗りつつあるよう。
最近評判の張作霖というのが治安維持してるらしい。
日本も頑張ってるよ。

35世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:13:25.970
8月17日、ロシア軍がついに、ドイツ領の東プロイセンに侵入したぞ
第1軍の指揮官がレンネンカンプで、第2軍がサムソノフ
情報によると、その2人、すごく仲が悪いって話だけど、ちゃんと連携できるのかねぇ?
いずれにせよ、ドイツ側がどう出るかが注目されるな

36世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:18:54.890
英国海軍がタンクっていう兵器を開発中らしいですが、
英国軍得意の変態兵器ですかね

37世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:23:00.670
帝國政府は日英同盟に基づき、独逸に宣戦布告するらしい
とりあえずの攻撃目標は、独領青島と独領南洋諸島になりそうだ

38世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:27:12.490
露西亜と共闘関係になるとは想像もつかなかったなあ。
でも、まあ、あの「黄禍論」とやらを唱える馬鹿皇帝に
一泡吹かせてやるのにはいい機会かも知れないな。

39世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:33:46.280
>>36
はあ? 水槽をどう兵器として使うっていうんだよ?
適当なこと言ってんじゃねーよ

40世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:40:48.020
>>37
確かに英国は、8月7日に我が日本に、日英同盟に基づいての参戦を要請してきたが、
その後、8月10日にその要請を撤回している
ロシアを叩けるのならともかく、逆にロシアに味方してドイツと戦うことにわが国に特に
益があるとも思えぬ
大隈重信首相は、今回、中立を維持すべきだ

41世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:43:00.590
タンクを兵器に使うのか
ちょっと想像してみた

塹壕の各所に大きなタンクを設置しておいて
塹壕が敵に占拠されたらそのタンクを爆破して
塹壕内を水で溢れさせて占拠した敵を水攻めにする

42世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:45:42.320
大隈さん参戦なのか・・・
孫中山がいま日本らしいんだけど、
袁総統はちょっとアレだから、こっち支援した方がいいような。

43世界@名無史さん2014/08/17(日) 21:49:24.190
おいおいそんなに塹壕は無いよ。
だってあんなモン掘り出したらお互い止まらなくなって・・・
ヘッヘ、海まで出ちゃったらどうすんだよ。これナイスジョークね

44世界@名無史さん2014/08/17(日) 23:09:21.160
塹壕は要塞攻略戦では攻撃側に多用される戦法じゃが、
野戦で塹壕に頼るようでは、負け戰とまでは言わぬが
だいぶんに苦しい状況ということじゃぞ。

45世界@名無史さん2014/08/18(月) 12:22:32.240
みんな、アーサー・コナン・ドイルがつい最近発表した「危険!」という小説を知ってるか?
これがバカバカしい話でね
英国とある架空の小国の戦争を描いた短編なのだが、たかをくくっていたその小国の新兵器・潜水艦に船舶を
次々に沈められて、島国の英国は物資が欠乏して追いつめられてしまう、という内容だ
ただでさえ海中に隠れて敵船を攻撃する潜水艦自体が卑劣な兵器だというのに、戦艦ではなく商船や輸送船を
攻撃するなんて、いくら戦時でもそんな卑怯な戦いをする国が、欧米諸国の中にあるわけがない
ドイルは、そんなくだらない話を書くヒマがあったら、1作でも多くホームズ物の新作を書いてほしいものだよ

46世界@名無史さん2014/08/18(月) 18:51:37.120
戦争が一段落ついたら、ホームズがドイツのスパイと暗闘する話でも書くんじゃね?

そういえばこないだ漱石先生の小説連載終わったな、
親友の彼女寝取ったら親友が自殺とかいうやつ
なんか近頃の小説は暗いの多くてつまらん

47世界@名無史さん2014/08/18(月) 18:56:20.250
ちんこ立ってきた。

48世界@名無史さん2014/08/19(火) 04:05:05.920
辛亥革命で新中国が誕生したな
中国は、その豊かな人口と資源で大発展して
十年後にはアメリカをも追い越すだろう
これだけは言える
二十世紀は中国の時代だと

日本涙目wwww

49世界@名無史さん2014/08/19(火) 08:06:43.460
支那人は道端に痰を吐くのをやめるだけで百年はかかるだろ

50世界@名無史さん2014/08/19(火) 21:28:43.600
>>35
その2人、日露戦争の時に、同じロシア軍人同士でとっくみあいのケンカしたって聞いたけど、
それって本当なのか?
いずれにせよ、指揮官同士がどれほど仲が悪くても、さすがに大国ドイツに侵攻するのだから、
当然、連携はちゃんとするだろう

51世界@名無史さん2014/08/19(火) 22:47:09.120
明治大帝が崩御されて早二年
今年は大正三年か

おや、この新聞見ると支那の暦でも中華民国三年て言うんだな
そうか、聖帝陛下が崩御された二年前に清帝は廃されたんだったな

共和制とか言うらしいが、君主が居なくなって国が纏まるのかねぇ

52世界@名無史さん2014/08/19(火) 23:03:36.200
ふむ、あの国が米国のような政体で治まるとも思えぬ。
いずれ、中華民国が中華帝国に衣替えするのではあるまいか。
漢人皇帝となると、さしずめ袁世凱が即位ということかの。

53世界@名無史さん2014/08/20(水) 21:17:36.840
8月20日、ピウス10世猊下が亡くなられたぞ
欧州で戦乱が始まった年に、カトリックの頂点に立つローマ教皇が崩御とは
なんだか暗示的だな
今回の欧州の戦争、キリスト教徒たちにとって不吉なことになるのではないか?

54世界@名無史さん2014/08/23(土) 14:40:44.320
独逸に対する宣戦布告の詔勅がでたようだね。
あんなに遠い国に宣戦布告してどうするんだろ。

55世界@名無史さん2014/08/23(土) 17:35:01.000
「帝國政府、独逸に宣戰布告」
さっき、号外配ってた

青島や南洋にも独逸領はあるらしいけど、主戦場は欧州だしほとんど高見の見物だね

56世界@名無史さん2014/08/24(日) 21:56:30.390
だが、ドイツの軍事力はあなどれないぞ
フランス、英国を蹴散らした後でロシアを占領しながら横断し、わが国にまで攻めてくるのではないか?

57世界@名無史さん2014/08/24(日) 22:54:09.970
なんか、新式の機関銃が威力発揮してドイツ軍のパリ侵攻が停滞してきたらしいよ
挙げ句、機関銃弾避けるため地面に穴掘ってるとか

ひょっとしてこの戦争、意外に長引くかも知れんね

58世界@名無史さん2014/08/25(月) 22:44:42.530
>>57
停滞といっても一時的なものだろう
ここまで素早くベルギーを突破したドイツ軍がいつまでも止まっているとは思えない
すぐに進撃を再開して、結局、普仏戦争の時のように決戦になるよ
どちらが勝つにせよ、そんなに長くはかからないさ

59世界@名無史さん2014/08/26(火) 21:50:40.130
ドイツはやっぱり強いなぁ。
日本はちゅうりつでいるべきだったよ

60世界@名無史さん2014/08/27(水) 05:01:25.140
>>59
今回はドイツの敵側で参戦してしまったが判断を誤ったな
主戦場は欧州だから負けるにしても大した被害はなさそうなのが不幸中のさいわいだ

今回は判断を誤ったがこの失敗を教訓として
いつか将来の戦争ではドイツ側に付くことになるだろう

61世界@名無史さん2014/08/28(木) 04:02:25.320
英国の海軍大臣、なんか存在感があるというか、妙に気になるんだよな
この戦争で、なんかやらかしそうな気がする
名前はええと、確か、ウィンストン・チャーチルといったっけか

62世界@名無史さん2014/08/28(木) 05:48:01.600
>>60
東アジアのドイツ領占領は楽勝だけど、ドイツがフランスロシアを征服した後の報復が怖い。
三国干渉のトラウマが再び、、

63世界@名無史さん2014/08/28(木) 11:40:09.450
>>24>>26>>27
世界では、飛行機の軍事的な運用はもう始まっているぞ
1910年、アメリカのグレン・カーティスは、飛行機から模擬爆弾を落として戦艦の模型に命中させてみせて、
飛行機で戦艦を攻撃できることを証明している
1911年の伊土戦争では実戦に飛行機が使われ、イタリア軍がトルコ軍に対して飛行機から手榴弾を落とした
1912年つまり一昨年には、フランス軍がモロッコの反乱軍やその村などに飛行機から爆弾を落としている
これはさしずめ、無差別爆撃、とでもいったところかな

64世界@名無史さん2014/08/28(木) 21:11:25.60O
タイタニック乗りてー
一等客席ってどんなんだろー

誰かレポよろ。

65世界@名無史さん2014/08/28(木) 22:40:51.220
何の冗談だよ
タイタニック号なら一昨年の4月14日に、処女航海で沈没してるだろ
それとも、「ここだけ3年前のスレ」とか、そういうたぐいの、なりきりのお遊びか?

66世界@名無史さん2014/08/29(金) 00:52:13.68O
>>65
オ、オラい、田舎者なんで…すみません。

そんな事になっとたんだ…

67世界@名無史さん2014/08/29(金) 10:12:37.880
タイタニック号と言えば、ロバートソンという英国の作家が、まるでその事故を予言したかのように
そっくりな事故を描いた「愚行」という小説を、1898年の時点で発表していたそうだ
小説として描かれた絵空事が現実になることって、意外とあるんだな
>>45の小説だって、案外、似たようなことが本当に行なわれるかもよ?

68世界@名無史さん2014/08/29(金) 23:48:51.400
手紙を一瞬で届ける方法があれば良いのになぁ

69世界@名無史さん2014/08/30(土) 03:50:10.030
>>68
手紙とはちょっと違うけど、電報なら遠隔地の情報も速く届く
将来、その技術が発達し設備が充実すれば、手で書く手紙がすたれる時代が来るかもしれない
って、さすがにそれは夢想がすぎるかな

70世界@名無史さん2014/08/30(土) 04:40:56.720
てれぐらむか。
欧州国では改竄や捏造の電報を
政治利用されたりもするらしい。
時代に着いて行くのが大変だ。

いつか宣戦布告なんかの重大な局面で、
担当者不在で通信が遅れたりしたらどうするんだろう。
なんてまさかね

71世界@名無史さん2014/08/30(土) 16:10:06.600
今1914年だから、2000年になる頃にはそういう方法が出来てるのかなぁ
物凄く速い汽車とかも出来てるかもね

72世界@名無史さん2014/08/30(土) 20:06:44.210
バラートシという墺洪帝国の東洋学者が蝦夷研究に来日しとるようだが、
あいぬやおろっこを研究するらしい。
トランシルバニアの洪牙利人で非印欧系諸族の研究者なんだと。
"ツラン運動"というのをやってて、日本とハンガリーが同一祖先だそうだ。

数年前の露系回教徒のアブデュルレシト・イブラヒムといい、
日露戦勝以降いろんなのが来るね。
こぞって日本と大陸人が韃靼を介して同種と言う。

73世界@名無史さん2014/08/30(土) 20:24:37.290
>>71
汽車なんてもうこれ以上速くするのは無理だろう
それよりも飛行機だよ飛行機
うんと大きい飛行機を開発してそれに旅客を乗せて飛べば
世界のどこにでも三〜四日くらいで行けるようになるはず

74世界@名無史さん2014/08/30(土) 20:46:06.730
>>73
それこそ無理
飛行機はたいして大きくはできないし、そんなに多くの人を乗せられないから、旅客営業向きじゃないよ
速度は速いから、郵便物なんかの急ぎの荷物を運ぶのにはいいだろうけどね
旅客用の乗り物だったら、飛行機よりも、飛行船の方が将来有望だ

75世界@名無史さん2014/08/30(土) 21:37:13.210
生きて着地できれば、だけどな。
博覧会の上野の観覧車でも乗ってる方がマシってもんで。

鉄道は電気軌道を遠くまで伸ばして汽車の代わりにしてくらしいぜ。
そんで市内は地下に穴掘って鉄道を通すんだとよ。
今でもオラア品川から日本橋まで死ぬ気で街電通勤してんのに、
そのうちまさか横浜あたりから通勤する奴が現れんのかな。

76世界@名無史さん2014/08/30(土) 23:09:14.710
隣の州に住んでる親戚の顔を見ながら話せる
魔法の機械があれば良いんだがね
隣とはいえ遠いものだ

77世界@名無史さん2014/08/30(土) 23:13:07.230
>>76
テレヴィションというものを知ってるか?
三年前に送受信実験に成功した最新技術だ
これを利用すればそんなことも可能になるだろう
期待して待て

78世界@名無史さん2014/08/31(日) 09:03:54.110
タンネンベルクで、ドイツ軍がロシア軍に大勝したらしいぞ
さすがにドイツ軍は強いな

79世界@名無史さん2014/08/31(日) 15:02:47.890
8月30日に、ドイツの飛行機がパリに爆弾落としたらしいぞ
その爆発で、女性が1人死んだとか
軍人ではなく民間人の女性を殺すなんて、ひでーことしやがる

80世界@名無史さん2014/09/01(月) 00:49:54.720
7月末からロシアじゃ皇帝令で酒が飲めないらしい。冬になったら凍え死ぬだろうな。

81世界@名無史さん2014/09/01(月) 09:02:51.730
>>78
ものすごい完全勝利だったらしいな
こりゃ、この戦争、すぐにドイツの勝ちで終わるぞ
日本がドイツに宣戦布告したのは、やはり早まったのではないか

82世界@名無史さん2014/09/01(月) 09:55:43.860
ガリツィアではオーストリア軍が大敗北を喫したというし、まだまだ分からんよ。

83世界@名無史さん2014/09/02(火) 20:26:11.300
最近うちの連隊に配属された新兵なんだけど…
ヒットレルっていうオーストリア出身でちょび髭なんぞを
生やしているとっと生意気なヤツなんだけど、
使いものになるかなぁ?

842014/09/02(火) 20:27:47.000
とっと生意気 ×
ちょっと生意気 ○

85世界@名無史さん2014/09/02(火) 22:53:53.860
…しいまる有もで国米?かい無はでのいし笑可が向方の記表字文、皆
…か事う言とる有つつれ廃も魂和大の国帝本日大
…いしわか嘆、に実

86世界@名無史さん2014/09/04(木) 15:35:29.490
9月1日に、アメリカのシンシナティ動物園で最後のリョコウバトが死に、リョコウバトは絶滅したそうだ
かつて北米大陸に大量にいた鳥を狩り尽くして滅ぼしてしまうとは、なんと嘆かわしい
我々日本人は自然を愛するから、たとえば、日本のトキが絶滅したりその寸前まで激減するようなことは
考えられないことだ

87世界@名無史さん2014/09/04(木) 23:06:47.250
夜に月を眺めていたら、あの月にいつか人間が行く日が来るだろうかと
考えてしまったよ

88世界@名無史さん2014/09/05(金) 00:38:03.170
>>78
あのロシアに勝ったのか
その指揮者なかなかの腕っぷりだな
その功績でそのうちドイツのトップにまで上り詰めるんじゃないか?

89世界@名無史さん2014/09/05(金) 06:45:31.740
飛行船とかにも名前をつけられたりしてな

90世界@名無史さん2014/09/05(金) 06:56:53.650
>>87
さすがにそれは、ジュール・ヴェルヌやH・G・ウェルズの小説の読みすぎだと思うぞ
ところで、そのヴェルヌやウェルズのような小説のジャンルを表わす言葉はないものかな?
ホームズのような探偵の活躍を描く小説のことを推理小説というように、将来の科学の発達を描いた
空想的な小説のことを表わす言葉がほしい

91世界@名無史さん2014/09/05(金) 07:00:57.230
>>86
前半は賛成だが、後半はそうとも言えないぞ
ニホンオオカミは、1905年を最後に発見の報告がなく、おそらく絶命したかそれに近い状態だ

92世界@名無史さん2014/09/05(金) 07:03:12.640
すまん、間違えた
「絶命」ではなく「絶滅」と言いたかった

93世界@名無史さん2014/09/05(金) 20:17:15.820
>>90
なんだろうなぁ 未来小説、空想小説とも言うべきか

94世界@名無史さん2014/09/05(金) 22:25:28.140
>>86
最近、コウノトリが減っていると思うんだが気のせいか?

95世界@名無史さん2014/09/05(金) 22:59:14.540
カワウソも最近見ないなぁ
昔は川で見かけたけどな

96世界@名無史さん2014/09/06(土) 05:09:18.140
>>93
現代が舞台の話も多いから、「未来小説」というのはちょっと違うなぁ
かといって「空想小説」だけだと魔法とか怪奇の要素の小説も含まれてしまうし、そもそも小説自体が
空想的なものだし……
科学的な話であることを強調して、「科学的空想小説」……ではちょっと語呂が悪い気もするので
「空想科学小説」でどうだろう
英語なら、「サイエンティ・フィクション」あるいは「サイエンス・フィクション」、略して「SF」とでも
いったとことかな
俺の知り合いに、ルクセンブルク出身でアメリカでラジオの雑誌を出していて、そこにその種の
小説を書いてるやつがいるので、俺が考えたこの呼び方を今度教えてやろう

97世界@名無史さん2014/09/06(土) 10:33:18.970
そういや4年位前にコモドドラゴンとかいう巨大なトカゲが射殺されたらしいが、
世界にはまだ我々の知らない巨大生物がいるのかね
海の底にも何かいるのだろうか
将来はトカゲなど変わった生き物を家で飼う人が増えるのかね

98世界@名無史さん2014/09/06(土) 15:19:18.770
>>96
SF? なんかSMみたいで、そんな略語は定着しそうにないな

99世界@名無史さん2014/09/06(土) 15:43:42.53i
ドイツ軍がいよいよパリ近郊まで到達したらしいな
100万以上の軍団らしい
パリが陥落したら戦争は早期集結するだろうが、その後の欧州はいったいどうなるのか
プロシア王がフランス王を兼務するのか
アジアのフランス植民地はどうなるのかな

100世界@名無史さん2014/09/06(土) 18:33:24.960
盆明けで惚けてたら、
いつの間にセルビアと墺国との戦いが普仏戦になっとる。
なんか大ごとに。
英国も派兵してるようだし、
独は西部が終わっても露に向かわなければならない。
独兵士は超人か。まあ昨今は兵士も自動車で移動するようだが。

にしても仏の反撃はないのかな。

新着レスの表示
レスを投稿する